「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える
                  

トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 近衛文麿関係文書(MF:陽明文庫蔵)

近衛文麿関係文書(MF:陽明文庫蔵)

近衛文麿関係文書(MF:陽明文庫蔵)

受入事項  複製

資料形態  マイクロフィルム

数量  14巻

旧蔵者  近衛文麿(このえふみまろ)

旧蔵者生没年  1891 – 1945

旧蔵者履歴  1891.10.12東京生まれ、近衛篤麿の長男。1904.1公爵、1912.7第1高等学校卒、1912.9東京帝国大学文科大学哲学科入学(翌月京都帝国大学法科大学転学)1916.10~45.12貴族院議員、1917.7.京都帝国大学法科大学政治学科卒、1919.1~11パリ講和会議に随員として出張、1926.5~1931.12東亜同文書院院長、1931.9内務省地方局雇、1933.6貴族院議長、1937.6~39.1、1940.7~41.10内閣総理大臣(うち1938.9~10兼外務大臣)、1939.1~40.6枢密院議長(うち1939.1~8兼平沼内閣国務大臣)、1945.8~10東久邇内閣国務大臣、1945.10内大臣府御用掛、1945.12.16自殺。

受入公開  1968年、陽明文庫所蔵資料よりマイクロフィルム複製。

主な内容  政治・外交関係の書類が多く、書簡は少ない。自筆の手記や覚書、近衛内閣関係者の追憶、日中戦争関係、五相会議関係、東亜新秩序声明関係、日独伊防共協定・三国同盟関係、日米交渉関係、国民総動員関係、新体制運動、大政翼賛会、企画院、紀元二千六百年奉祝行事関係、日ソ関係、独ソ関係、近衛の遺書など。

整理の方法  目録の作成は、防衛庁防衛研究所戦史部(当時)による。

複写のための注記  複写要許可

検索手段  近衛文麿関係文書(MF:陽明文庫蔵)目録

原資料の所在  財団法人陽明文庫(京都市右京区)蔵(当資料群の原本の他「山本有三蒐集近衛文麿公史料」・日記(1944年6月~7月)も所蔵)

関連資料の所在
「近衛篤麿関係文書(MF:陽明文庫蔵)」(当室所蔵)
防衛省防衛研究所図書館(東京都目黒区)、早稲田大学図書館(東京都新宿区)でも同内容のマイクロフィルムを所蔵

関連文献

【資料紹介】
庄司潤一郎「近衛文麿」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004(同書第3巻に追加情報あり)

【資料集(翻刻)】
『近衛日記』共同通信社、1968(1944年6~7月の日記、当資料群には撮影されていない)
『現代史資料』第44巻(国家総動員2)今井清一・伊藤隆編、みすず書房、1974(近衛新党・新体制関係資料として当資料群の一部を収録)

【伝記】
『近衛文麿』全2巻、矢部貞治、弘文堂、1952(のち読売新聞社、1976復刊、当資料群を利用)

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究