トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 松本学関係文書(MF:岡山県立記録資料館蔵)

松本学関係文書(MF:岡山県立記録資料館蔵)

文書群名
松本学関係文書(MF:岡山県立記録資料館蔵)
受入事項
複製
資料形態
マイクロフィルム
数量
24巻
旧蔵者
松本学(まつもとがく)
旧蔵者生没年
1886-1974
旧蔵者履歴
1886.12.28岡山生まれ。1911.7東京帝国大学法科大学卒、1911.11内務省入省、愛知県試補、1913.6秋田県警務課長、1915.5静岡県保安課長、1916.4鹿児島県勧業課長、1918.6警察講習所教授、1921.12土木局道路、港湾、河川、庶務の各課長、1925.9神社局長、1926.9静岡県知事、1927.5鹿児島県知事、1929.7福岡県知事、1931.5社会局長官、1932.5警保局長、1934.1~47.5貴族院議員、1937.10~43.1日本文化中央連盟常務理事、1947.1~48.3中央警察学校長、1947.3~63.10日本港湾協会会長、1952.6~72.6日本河川協会会長、1974.3.27死去。
受入公開
1989年、関西学園関西高等学校所蔵資料よりマイクロフィルム作成。1990年公開。
主な内容
主に警保局長時代から、1942年頃までの貴族院議員時代の文書。(1)右翼団体、(2)共産主義関係、(3)選挙関係、(4)出版、(5)政治、(6)思想対策・労働問題、(7)外事関係、(8)都市問題及び中国関係、(9)農村救済運動・中央協力会議、(10)厚生省関係、(11)日本文化中央連盟関係、に分けられており、警保局長時代の資料には、、共産主義運動、治安維持法、2.26事件関係資料などを多数含む。
検索手段
松本学関係文書(MF:岡山県立記録資料館蔵)目録(PDF 1814KB)
原資料の所在
岡山県立記録資料館蔵。2008年3月、関西学園関西高等学校から岡山県立記録資料館に変更。
関連資料の所在
「松本学関係文書(所蔵)」(当室所蔵)
「内政史研究会旧蔵資料」183~189(当室所蔵)松本の談話速記録あり
関連文献
【資料紹介】
古川隆久「松本学」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004
【その他・論文】
『松本学氏談話速記録』上下(『内政史研究資料』52~55、56~58、1967)
『現代史を語る』第4巻(松本学〔述〕)、伊藤隆監修、現代史料出版、2006(同上書に人名索引、著作目録と解説[黒澤良]を附す)
  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究