「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える
                  

トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 望月小太郎関係文書

望月小太郎関係文書

望月小太郎関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  260点

書架延長  0.6m

旧蔵者  望月小太郎 (もちづきこたろう)

旧蔵者生没年  1865 – 1927

旧蔵者履歴  慶応元(1865).11山梨生まれ。慶応義塾卒業後イギリスに留学、ミドル・テンプル大法科卒。露国皇帝戴冠式に山県遣露大使に随行、英国女王即位六十年祝典に伊藤博文に随行し参列、英文通信社創立、1902.8衆議院議員当選(第7~9,12~15回総選挙)、憲政会総務、井上馨の最晩年の私設秘書の役割をはたす、1927.5.19死去。

受入公開  1971年、個人より寄託を経て2003年1月、寄贈。

主な内容  書簡と書類に分かれる。書簡は135通、うち望月発信書簡控が94通あり、井上馨宛26通、山県有朋宛30通を含む。書類は第2次大隈内閣期の政治関係書類が主なもので、第2次大隈内閣(1914~16)の成立に尽力した井上馨と他の元老・閣僚等との会談の覚書、訪問記、会見記などがある。その他に、望月小太郎の覚書や手帳28冊(1901~27年)がある。

検索手段  望月小太郎関係文書目録(PDF 164KB)

複製  次の資料はマイクロフィルムで利用。
資料番号30

関連文献

【資料紹介】
竹林晶子「望月小太郎」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004(同書第4巻に追加情報あり)

【資料集(翻刻)】
『第二次大隈内閣関係史料』山本四郎編、京都女子大学、1979

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究