「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える
                  

トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 陸奥宗光関係文書

陸奥宗光関係文書

陸奥宗光関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  2,433点

書架延長  11.3m

旧蔵者  陸奥宗光 (むつむねみつ)

旧蔵者生没年  1844 – 1897

旧蔵者履歴  弘化元(1844).7.7和歌山生まれ。幕末期海援隊に参加。慶応4(1868).1外国事務局御用掛、慶応4.3徴士外国事務局権判事、慶応4.5会計官権判事、慶応4.6大阪府権判事、明治2(1869).6~8兵庫県知事、明治2.10和歌山藩政改革に参与、明治4(1871).8神奈川県知事、明治4.11~明治5(1872).7神奈川県令、1873.5~74.1大蔵省三等出仕兼租税頭、1875.4元老院議官、1978.6土佐立志社陰謀事件で拘引される、1883.1宮城監獄より出獄、1884.4~86.2欧米歴訪、1887.4特命全権公使、1888.2ワシントン在勤仰付、1890.2メキシコ駐箚公使、1890.5第1次山県内閣農商務大臣、1890.7~91.9衆議院議員、1891.5~92.3第1次松方内閣農商務大臣、1891.8~9内閣政務部長、1892.3枢密顧問官、1892.8~96.5第2次伊藤内閣外務大臣、1895.2日清講和条約全権弁理大臣、1897.8.24死去。

受入公開  1952年1月、個人より譲渡

主な内容  書簡の部と書類の部に分かれる。書類の部は、初期資料、憲法・議会、予算案修正、政務部・世伝御料・予戒令、農商務関係等の内政に関する項目に分けられた資料と、蹇々録、外交一般、条約改正、日清戦争、日清講和、三国干渉、遼東還付、各国との関係等の陸奥外交に関する項目に分けられた資料から成り立つ。他に陸奥の著作、辞令等を含む。

整理の方法  陸奥家よりのものに、加えて、書店より購入した陸奥系譜他5点を含む。

検索手段
『陸奥宗光関係文書目録』(憲政資料目録第4)国立国会図書館編刊、1966
「陸奥宗光関係文書目録」(電子展示会憲政資料目録)で上記目録を見られます。

デジタル化資料  国立国会図書館デジタルコレクションに一部の資料が掲載

複製  冊子複製版(57冊)で閲覧。マイクロフィルム(13巻)でも閲覧可。資料番号55のみ原資料で閲覧。

関連資料の所在  神奈川県立金沢文庫に、シュタイン等の講義ノート(英文)あり

関連文献

【資料紹介】
『「蹇々録」の世界』中塚明、みすず書房、1992
小宮一夫「陸奥宗光」『近現代日本人物史料情報辞典』第2巻、吉川弘文館、2005

【資料集(翻刻)】
『蹇々録』中塚明校注、岩波文庫、1983
檜山幸夫「陸奥宗光著「蹇々余録草稿」」(1)~(4)、『中京法学」』17(1)、17(2)、20(1)、20(3)、1982.7~86.3

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究