「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える
                  

トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 中江兆民関係文書

中江兆民関係文書

中江兆民関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  59点

書架延長  0.2m

旧蔵者  中江兆民 (なかえちょうみん)

旧蔵者生没年  1847 – 1901

旧蔵者履歴  弘化4(1847).11.1高知生まれ。本名篤介。明治3(1870).5大学南校大得業生、明治4(1871).11司法省出仕、フランスへ留学。1874.6帰国、1874.10仏学塾を開く。1875.2~5東京外国語学校長、1875.5~77.1元老院権少書記官、1881.3『東洋自由新聞』創刊、1881.4同紙廃刊。民権運動を指導、同時にルソーの『民約論』等を翻訳した。1890.7衆議院議員、1891.4議員辞職。1897.12国民党結成。1901.12.13死去。門下に幸徳秋水等がいる。

受入公開  1987年、個人より譲渡

主な内容  『一年有半』『続一年有半』の出版に関する書類、兆民宛の書簡(幸徳秋水、栗原亮一、宮地茂平)、アルバム、1872年から73年の渡仏期の兆民から母柳および弟虎馬宛の絵葉書、名所写真など。

検索手段  「中江兆民関係文書目録」(PDF 260KB)

デジタル化資料  国立国会図書館デジタルコレクションに一部の資料が掲載

複製  マイクロフィルム(1巻)で閲覧

関連文献

【資料紹介】
井田進也「中江兆民」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004

【資料集(翻刻)】
『中江兆民全集』第16巻、松本三之介他編、岩波書店、1986(兆民の母柳、弟虎馬宛書簡を収録)

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究