「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える
                  

トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 西徳二郎関係文書

西徳二郎関係文書

西徳二郎関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  94点

書架延長  0.3m

旧蔵者  西徳二郎 (にしとくじろう)

旧蔵者生没年  1847 – 1912

旧蔵者履歴  弘化4(1847).7.25鹿児島生まれ。明治3(1870).6ロシア派遣、明治4(1871)文部省留学生(ロシア)、大久保利通よりロシア政体取調を委託される、1876.3フランス在勤、1878.2ロシア在勤、1881.6太政官軍事部兼参謀本部御用掛、1882.6太政官大書記官兼宮内大書記官、ロシアのアレキサンドル3世戴冠式に参列の有栖川宮熾仁親王に随行、1886.6特命全権公使、1887.1ペテルブルク駐剳、1895.8男爵、1897.3枢密顧問官、1897.11~98.6第2次松方、第3次伊藤内閣外務大臣、1899.10特命全権公使・北京駐箚、義和団事件遭遇、1901.11枢密顧問官、1912.3.13死去。

受入公開  1953年、個人より譲渡

主な内容  書簡と書類に分かれる。書簡の差出人は黒田清隆、山県有朋、伊藤博文等で、1897年前後の外交に関するものが多く、83通。書類は西の手記(露帝鉄道遭難略記)など14点。

検索手段  西徳二郎関係文書目録(PDF 192KB)

関連文献

【伝記】
『男爵西徳二郎伝』坂本辰之助編刊 1933(ゆまに書房復刻 2002)

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究