「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える
                  

トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 野津道貫関係文書

野津道貫関係文書

野津道貫関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  247点

書架延長  8.4m

旧蔵者  野津道貫 (のづみちつら)

旧蔵者生没年  1841 – 1908

旧蔵者履歴  天保12(1841).11.3鹿児島生まれ。戊辰戦争参加後、明治4(1871).3薩摩藩3番大隊付教頭として上京、1873.3陸軍省第2局副長、1874.1近衛参謀長心得、1877.2第2旅団参謀長(西南戦争出征)、1878.11陸軍省第2局長、1878.12東京鎮台司令長、1879.9東京鎮台司令官、1884.2陸軍卿大山巌の欧州出張に随行、1885.1帰朝、1884.7子爵、1885.5広島鎮台司令官、1888.5第5師団長、1894.12第1軍司令官、1895.8伯爵、1895.11近衛師団長、1896.5東京防禦総監、1896.10東都都督、1900.4教育総監、1904.1軍事参議官、1904.6第4軍司令官、1906.1元帥、1907.9侯爵、1907.9貴族院議員、1908.10.18死去。

受入公開  1979年、個人より寄託を経て1996年、寄贈

主な内容  書簡と書類に分かれる。書簡は、高島鞆之助、日清戦争中の山県有朋、日露戦争中の上原勇作からの来簡及び野津道貫発信のものなど、116通。書類は西南戦争、日清戦争、日露戦争の日誌などの関係書類を中心に兄の野津鎮雄(1835~80)の伝記資料などが含まれる。

検索手段  野津道貫関係文書目録

関連文献

【資料紹介】
「野津道貫文書」『国立国会図書館月報』220、1979.7
村山久江「野津道貫」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004(同書第3巻に追加情報(長南政義執筆)あり)

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究