トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 野村益三関係文書

野村益三関係文書

野村益三関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  104点

書架延長  1.5m

旧蔵者  野村益三 (のむらますぞう)

旧蔵者生没年  1875−1959

旧蔵者履歴  1875.3.5東京生まれ。野村靖の嗣子。1904.3東京帝国大学農科大学卒。和歌山県立粉河中学校教諭、1909.2襲爵(子爵)。1910年ドイツ留学。1911.7貴族院議員に就任し、1946年まで在任。教科書調査会副会長、帝国水産会長、産業組合中央金庫、大日本育英会各評議員、国語審議会委員、北支那開発株式会社監事等を歴任。1959.12.25死去。

受入公開  1984年、個人より寄贈

主な内容  帝国議会の議事速記録や官報号外を綴じた「議会二十年」、本人の履歴や辞令、写真などをテーマごとにまとめた「野村益三伝記資料」の綴、「国民体力管理制度関係書類 昭和14〜19年」、「帝国水産統制株式会社関係書類」、「文政審議会等関係書類」、「国語調査会関係書類」等、野村益三が委員等関係のあった各種団体、委員会の一件書類綴で構成。この他に、本人の著作や雑誌も含まれる。

整理の方法  野村靖関係文書目録と一体で受入整理。

検索手段  野村靖関係文書目録(付:野村益三関係文書目録)(PDF 728KB)に収録

複製  マイクロフィルム(22巻)で閲覧

関連文献
【資料紹介】
小宮一夫「野村益三」『近現代日本人物史料情報辞典』第2巻、吉川弘文館、2005

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡