「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える
                  

トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 小栗上野介関係文書(MF:個人蔵)

小栗上野介関係文書(MF:個人蔵)

小栗上野介関係文書(MF:個人蔵)

受入事項  複製

資料形態  マイクロフィルム

数量  1巻

旧蔵者  小栗上野介 (小栗忠順、おぐりこうずけのすけ)

旧蔵者生没年  1827 – 1868

旧蔵者履歴  文政10(1827)東京生まれ。安政2(1855).10小栗家(2500石)を継ぐ。安政4(1857).1使番、安政6(1859).9目付、万延元(1860).1~9遣米使節の一員として渡米、万延元.11外国奉行、文久元(1861).7外国奉行罷免、文久2(1862).6勘定奉行、この間文久2年6月には陸軍軍制改革に着手、同年8月に町奉行に転じて後、12月勘定奉行(歩兵奉行を兼ねる)、文久3(1863).7陸軍奉行(20日たらずで罷免)。元治1(1864).8勘定奉行、元治元(1864).12~慶応元(1865).2軍艦奉行。横須賀での製鉄所建設の基礎をつくった。慶応元.5~慶応4(1868).1勘定奉行、大政奉還後は強硬な抗戦論を主張、政府軍に捕えられ、慶応4(1868).4.6死去。

受入公開  1950年6月、個人所蔵資料よりマイクロフィルム作成

主な内容  小栗上野介日記(ペン書写本)

検索手段  (目録なし)

原資料の所在  宮内庁書陵部蔵

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究