「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える
                  

トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 岡崎邦輔関係文書

岡崎邦輔関係文書

岡崎邦輔関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  30点(225通)

旧蔵者  岡崎邦輔 (おかざきくにすけ)

旧蔵者生没年  1853 – 1936

旧蔵者履歴  嘉永6(1853).3.15和歌山生まれ。陸奥宗光の従兄弟。大蔵省、内務省、司法省出仕を経て、1878.10新宮警察署長。1880.6和歌山警察署長。1888.5米国留学(ミシガン大学)。1891.9 辞職した陸奥に代わり衆議院議員選挙に出馬、当選(補欠選挙、第2回総選挙当選、第3回は出馬せず、第4・5回総選挙当選)、1895.7伊藤内閣と自由党との提携を斡旋、1897.1古河合名理事、1897.3自由党入党、1898.11憲政党結成に参画、1900.10~12逓信省官房長、第6~9回総選挙には出馬せず、1908.5衆議院議員(第10~15回総選挙当選)、1911.12政友会院内総務補佐政務調査会委員長、1913.2政友倶楽部結成、1913.6政友会に復党、1913.12政友会政務調査会長、1914.12院内総務、1915.5政友会総務、1925.4~7加藤高明内閣農林大臣、1928.4貴族院議員、1936.7.22死去。

受入公開
(1)1963年度以前、陸奥宗光書簡(軸装15巻、全102通)を個人より受入(資料番号1~15)。
(2)2014年11月、伊東巳代治書簡(軸装7巻、全64通)について、個人よりの追加寄贈を受入(資料番号23~29)、2015年2月4日公開。
(3)2016年11月、原敬書簡・西園寺公望書簡・伊藤博文書簡(軸装7巻、全58通)および岡崎邦輔書簡1通について、個人よりの追加寄贈を受入(資料番号16~22および30)、同月公開。
(※資料番号16~22は1980年頃、岡崎家所蔵資料よりマイクロフィルムを作成し「岡崎邦輔関係文書(MF:個人蔵)」として閲覧に供していたものの原資料である。)

主な内容  主に岡崎邦輔宛の書簡。陸奥宗光書簡(102通)は明治20年代後半から明治30年にかけての書簡であるが、多くは年代不明。伊東巳代治書簡(64通)は主に、日清戦争後の伊藤博文内閣と自由党との提携、および第二次山県内閣と自由党との提携に関するもの。原敬書簡(37通)は明治29年ごろから原内閣成立直前までの時期のもので、初期の陸奥グループの動きや政友会の党活動に関連。西園寺公望書簡(17通)は短文の書簡が多く、伊藤博文書簡(4通)は、日清戦争後の伊藤内閣と自由党の提携、星亨の逓信大臣辞任に関連。

検索手段  岡崎邦輔関係文書目録(PDF 384KB)
(なお、陸奥宗光書簡については『陸奥宗光関係文書目録』(憲政資料室目録第4)国立国会図書館参考書誌部編、1966 の末尾に、「岡崎邦輔宛陸奥宗光書簡(岡崎家旧蔵分)」として目録あり。)

複製  陸奥宗光書簡、原敬書簡、西園寺公望書簡、伊藤博文書簡はマイクロフィルム(2巻)で閲覧。

関連資料の所在  「憲政史編纂会収集文書」716(当室所蔵)に、本資料群の写本(部分)あり

関連文献

【資料紹介】
伊藤隆「岡崎邦輔」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004

【資料集(翻刻)】
『岡崎邦輔関係文書 解説と小伝』伊藤隆・酒田正敏著、自由民主党和歌山県支部連合会、1985

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究