トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 大鳥圭介関係文書

大鳥圭介関係文書

大鳥圭介関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  12点

書架延長  0.1m

旧蔵者  大鳥圭介 (おおとりけいすけ)

旧蔵者生没年  1832−1911

旧蔵者履歴  天保3(1832).2.28兵庫生まれ。播磨赤穂の医師小林直輔の子。備前閑谷黌で漢学、大坂の適塾で医学、江戸の江川塾で西洋砲術を学ぶ。戊辰戦争では会津若松の救援をはかって失敗、函館五稜郭で抵抗、投獄。出獄後新政府に出仕、明治5(1872).1開拓使御用掛、明治5.2兼大蔵少丞、米国差遣、1874.9陸軍省出仕、1875.1工部省出仕、1875.6工学権頭兼製作頭、1875.11工学頭、1877.1工部大書記官・工作部長、1881.12工部技監、1882.8兼工部大学校長、1882.12元老院書記官、1886.4〜88.7兼学習院長、1887.4兼華族女学校長、1889.6〜95.5特命全権公使・清国駐箚、1893.7兼朝鮮国駐箚・公使兼勤、1895.11枢密顧問官、1900.5男爵、1911.6.15死去。

受入公開
1952年7月、個人より寄託を経て1971年4月、寄贈。

主な内容  
大鳥圭介の日記・手記・論稿類
1.流落日記(明治2(1869).5.18出五稜郭〜6.30の日記) 
2.蔵輝論(日清関係・日朝関係・台湾・ルソンに関する論稿、駐清公使時代)
3-イ.長城游記(万里の長城訪問記、駐清公使時代)
3-ロ.附長城游記の春に題す
4.長城游記
5.清国農業につき問答
6.油(石油に関する論稿)
7-イ.木材防腐説
7-ロ.電信柱へ丹礬注入試験ノ結果概略
7-ハ.電信柱ノ総数・取換数・命数平均

検索手段
大鳥圭介関係文書目録(仮)(PDF 100KB)

複製  マイクロフィルムで利用。

デジタル化資料  国立国会図書館デジタルコレクションに一部の資料が掲載

関連資料の所在
「大鳥圭介関係資料」(学習院大学史料館蔵。「南柯紀行」、英米産業視察記録、家族書簡等)
兵庫県歴史博物館(姫路市)に、家族書簡あり

関連文献
【資料紹介】
福本龍「大鳥圭介」『近現代日本人物史料情報辞典』第2巻、吉川弘文館、2005(同書第3巻に追加情報あり)

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究