トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 斎藤実関係文書(その2)

斎藤実関係文書(その2)

斎藤実関係文書(その2)

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  160点

書架延長  0.3m

旧蔵者  斎藤実 (さいとうまこと)

旧蔵者生没年  1858−1936

旧蔵者履歴  安政5(1858)10.27岩手水沢生まれ。1879.7海軍兵学校6期卒、1893.12海軍省人事課兼軍務局課僚、1894.3軍艦千島訴訟事務取扱、1894.9侍従武官、1895.2和泉副長、1895.5常備艦隊参謀、1896.11富士副長、1897.12秋津洲艦長、1898.10厳島艦長、1898.11海軍次官、1900.5兼海軍省軍務局長、1904.2大本営海軍軍事総監兼海軍軍務部長、1905.1兼艦政本部長・海軍教育本部長、1906.1〜14.4第1〜2次西園寺、第1〜3次桂、山本内閣海軍大臣、1919.8〜27.12、1929.8〜31.6朝鮮総督(1925.4子爵)、1927.4ジュネーヴ軍縮会議全権委員、1927.12枢密顧問官、1932.5〜34.7内閣総理大臣、1935.12内大臣、1936.2.26暗殺。

受入公開
2004年2月、古書店より購入、同年7月28日公開。

主な内容  書簡(85点)は斎藤実、斎藤斉(実養嗣子)宛が大部分を占める。実宛書簡は、海軍協会の創立に関する八代六郎書簡他、14名からの来簡。斉宛の発信者は実の他、石井菊次郎、岡田啓介他であり、実の死去に際しての悔やみ状も多い。
書類には明治期の海軍関係資料が多く、高千穂・扶桑接触事件(1889年)、呉海軍造兵廠沿革、家産関係、斉への送金関係他がある。

検索手段
斎藤実関係文書(その2)目録(PDF 436KB)

関連資料の所在
「斎藤実関係文書(その1)」 「斎藤実関係文書(MF)」(当室所蔵)
斎藤実記念館(岩手県奥州市)に、斎藤旧蔵書・写真等(斎藤実関係文書 マイクロフィルム目録、早稲田大学図書館編・ニチマイ刊、1996あり)

関連文献
【資料紹介】
「斎藤実関係文書(追加分)」『国立国会図書館月報』523、2004.10

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究