「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える
                  

トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 三条家文書(MF:神宮文庫蔵)

三条家文書(MF:神宮文庫蔵)

三条家文書(MF:神宮文庫蔵)

受入事項  複製

資料形態  マイクロフィルム

数量  5巻

旧蔵者  三条実万(さんじょうさねつむ)、三条実美(さんじょうさねとみ)

旧蔵者生没年  1802 – 1859(三条実万)、1837 – 1891(三条実美)

旧蔵者履歴
<三条実万>
京都生まれ。享和2(1802).2.15京都生まれ、文化2(1805).2叙爵、文化11(1814).12従3位、文政7(1824).6権大納言、天保2(1831).9議奏、嘉永1(1848).2武家伝奏、安政4(1857).5内大臣、安政5(1858).日米通商条約勅許問題では勅許反対の立場に立ち、将軍継嗣問題については、一橋慶喜の擁立に賛成した。安政5.12洛外上津屋村の別邸に隠棲、安政6(1859).4幕府の強制により落飾・謹慎。安政6.10.6死去。
<三条実美>
天保8(1837).2.7京都生まれ。実万の第4子。号は梨堂。富田織部・池内大学に学ぶ、嘉永2(1849).12叙爵、文久2(1862).9従三位・権中納言、文久2.10議奏、文久2.12国事御用掛、文久3(1863).大和行幸、同年8.18の政変により、同志の公家達と共に長州に下向(七卿落ち)、慶応1(1865).1太宰府に移り、慶応3(1867).12同地で王政復古を迎える。慶応3.12.27日議定、慶応4(1868).1副総裁。慶応4(1868).4輔相、明治2(1869).4史局総裁、明治2.7右大臣、明治4(1871).7太政大臣、1884.7公爵、1885.12内大臣、1889.10黒田内閣瓦解後臨時内閣総理大臣を兼任、1891.2.18死去。

受入公開  1968年、「神宮文庫」所蔵資料の一部を撮影、マイクロフィルム作成。

主な内容  神宮文庫所蔵資料のうち、三条実美関係を中心とする意見書・嘆願書、明治新政府の探索書、民情調査報告のほか、三条家家扶日誌(1884~1889)他。

複写のための注記  複写要許可

検索手段  三条家文書(MF:神宮文庫)目録

複製  冊子複製版(19冊)で閲覧

原資料の所在  神宮文庫蔵

関連資料の所在
「三条家文書(所蔵)」(当室所蔵)
「山城国三条家文書」(国文学研究資料館蔵、江戸期も含む三条家日記を中心、神宮文庫「三条家文書」の欠年部分を補う。『山城国諸家文書目録(その一)』史料館収蔵目録63集、国文学研究資料館史料館、1996に目録・解題)

関連文献

【資料紹介】
広瀬順晧「三条実美関係文書」『日本近代思想大系』別巻(近代史料解説・総目次・索引)加藤周一他編、岩波書店、1992
「神宮文庫史料調査」『東京大学史料編纂所報』12、1977、「伊勢市神宮文庫所蔵史料調査」『同上』15、1980(神宮文庫の三条家文書の一部を調査・マイクロフィルム撮影した際の目録を付す)

【伝記】
『三条実美公年譜』宮内省図書寮編、宮内省蔵版、1901(宗高書房復刻、1969)(当時の三条家所蔵文書を調査の上編纂)

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究