トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 末次一郎関係文書

末次一郎関係文書

文書群名
末次一郎関係文書
受入事項
所蔵
資料形態
原資料
数量
1,286点
書架延長
11.7m
旧蔵者
末次一郎(すえつぐいちろう)
旧蔵者生没年
1922-2001
旧蔵者履歴
1922.10.1佐賀生まれ。佐賀商業学校卒、1944陸軍豊橋予備士官学校卒、1944陸軍中野学校二俣分校卒(第1期)、1944西部軍管区司令部、1949日本健青会(引揚者の生活支援等)創設、1964新樹会(日本健青会のOB中心、政策提言、青年運動の指導者育成などを行う団体)創設、1970安全保障問題研究会創設、1993ロシア科学アカデミー世界経済国際関係研究所名誉政治学博士、1996ロシア連邦国家友好章、2001.7.11死去。
受入公開
2019年5月、個人より寄贈、2019年10月29日公開。
主な内容
沖縄返還や北方領土問題について、終生在野で活動した末次一郎氏の旧蔵資料。国内外の政治家や研究者との関係が深く、懇談・会議の記録が多く残る。講演のメモや、原稿、ノート、日ソ・日ロ関係の資料の他、日本健青会、新樹会、安全保障問題研究会等、末次一郎が主催した関連団体の資料や会報も含む。アルバムや写真も多い。
検索手段
末次一郎関係文書目録(PDF 1.5MB)
関連文献
【資料紹介】
伊藤隆「末次一郎」「近現代史の人物史料情報」『日本歴史』807、2015.8
  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究