トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 杉孫七郎関係文書(寄託)

杉孫七郎関係文書(寄託)

文書群名
杉孫七郎関係文書(寄託)
受入事項
寄託
資料形態
原資料
数量
390点
書架延長
1.5m
旧蔵者
杉孫七郎(すぎまごしちろう)
旧蔵者生没年
1835-1920
旧蔵者履歴
天保6(1835).1.16山口生まれ、幕府の文久遣欧使節に随行し、欧州各国を視察、明治3(1870).3山口藩権大参事、1870.10宮内大丞、明治5(1872).7秋田県令、1873.5宮内大丞、1874.6宮内少輔、1877.12宮内大輔、1882.12兼特命全権公使・ハワイ皇帝戴冠式参列、1884.1~87.12皇居御造営事務局長、1884.4兼内蔵頭兼皇太后宮大夫、1884.7~10兼博物局長、1886.2~97.4皇太后宮大夫、1886.2兼内蔵頭、1887.5子爵、1895.7~96.2兼図書頭、1897.9枢密顧問官、1898.8~1900.3兼東宮御所御造営局長、1920.5.3死去。
受入公開
1972年以降、個人より寄託。2019年、個人より追加寄託(請求番号1001~1041)
主な内容
書簡は285通で、井上馨(61通)、木戸孝允(50通)の発信書簡が特に多い。書類は幕末維新期のものが大半で、山口藩関係、第2次長州征討時の石州出張関係、広島応接関係、戊辰戦争の参謀時代の松山出張関係などである。2019年追加分には、慶応期から大正期までの日記(「日乗」及び「日載」)が断続的に含まれる。
複写のための注記
複写要許可
検索手段
杉孫七郎関係文書(寄託)目録(PDF 735KB)
複製
マイクロフィルム(4巻)で閲覧(請求番号37-3~7、1001~1041は原資料で閲覧)
関連資料の所在
「維新史料引継本」(東京大学史料編纂所(東京都文京区)所蔵)中に、日記・関係書簡(写本)あり
山口県立山口博物館(山口市)に杉孫七郎関係資料あり
関連文献
【資料紹介】
竹林晶子「杉孫七郎」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004
  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究