トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 高木惣吉関係文書

高木惣吉関係文書

文書群名
高木惣吉関係文書
受入事項
所蔵
資料形態
原資料
数量
164点
書架延長
2.8m
旧蔵者
高木惣吉(たかぎそうきち)
旧蔵者生没年
1893-1979
旧蔵者履歴
1893.11.1熊本生まれ。1915.12海軍兵学校43期卒、1927.11海軍大学校25期卒、1930.6海軍省副官兼財部、安保両海軍大臣秘書官、1933.4横須賀鎮守府人事部付、1933.11海軍大学校教官、1936.12大臣官房臨時調査課員兼軍務局員、1937.10臨時調査課長、1939.11海大教官兼研究部部員、1940.11大臣官房調査課長、1942.6舞鶴鎮守府参謀長、1943.5少将、1943.9軍令部出仕、1943.11兼海大研究部主事、1944.3海軍省教育局長、1944.9軍令部出仕兼海大研究部部員、1945.3海軍省出仕、1945.9予備役、東久邇内閣副書記官長、1979.7.27死去。
受入公開
1995年、個人より寄贈。1998年、追加寄贈(カード資料の原本など)。
主な内容
戦前の日記・手帳や高木本人が作成したカード資料、自筆原稿などからなる。1935年から47年までにいたる日記および1928年から50年にいたる手帳は、政界との調整や終戦工作に奔走する高木の動静を伝える。カード資料は、戦中から戦後にかけての軍部・政界の状況についてのメモ書き、新聞切り抜き、抜き書きなどである。
検索手段
高木惣吉関係文書目録
関連資料の所在
「第二次世界大戦期の日本の文書(憲政資料室所蔵 JRW-1)」
※カード資料と同様のものが「高木惣吉 終戦関係覚え書」として含まれる。
防衛省防衛研究所図書館(東京都目黒区)にも関係資料あり
海上自衛隊幹部候補生学校(広島県江田島市)にも関係資料あり
関連文献
【資料紹介】
加藤陽子「高木惣吉」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004
石田暁子「高木惣吉カード資料一、二」(稀本あれこれ)『国立国会図書館月報』550、2007.1
【資料集(翻刻)】
『高木海軍少将覚え書き』毎日新聞社、1979
『高木惣吉日記 日独伊三国軍事同盟と東条内閣打倒』毎日新聞社、1985
『高木惣吉 日記と情報』上・下、伊藤隆他篇、みすず書房、2000(1937~45年の日記・情報メモなどを時系列的に編纂・収録)
  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究