「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える
                  

トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 財部彪関係文書

財部彪関係文書

財部彪関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  76点

書架延長  1.6m

旧蔵者  財部彪(たからべたけし)

旧蔵者生没年  1867 – 1949

旧蔵者履歴  慶応3(1867).4.7宮崎生まれ。海兵15期、1908.12第1艦隊参謀長、1909.12~14.4海軍次官、1915.2第3艦隊長官、1915.12旅順要港司令官、1917.12舞鶴鎮守府長官、1918.12佐世保鎮守府長官、1922.7横須賀鎮守府長官、1923.5加藤(友)内閣・第2次山本内閣海軍大臣、1924.1軍事参技官、1924.6加藤(高)内閣,第1次若槻内閣海軍大臣、1927.4軍事参議官、1929.7浜口内閣海軍大臣、1930.10軍事参議官、1932.4予備役、1949.1.13死去。

受入公開  1980年、個人より寄贈

主な内容  1890年~1943年にいたる日記54冊(1904年分は欠)および1911~48年の手帳14冊。日記帳は大部分が1年に1冊用いられる当用日記であり、手帳は小判のものが多い。殆ど毎日欠かさず記述され、海軍の事情を知る上で有用。海軍兵学校(1889~90頃)当時の父財部実秋宛書簡写1通、「戊辰日記」(財部実秋)3冊も含まれる。

検索手段  財部彪関係文書目録(PDF 398KB)

複製  冊子複製版(57冊)で閲覧

関連文献

【資料紹介】
「憲政資料室の新収資料 財部彪文書」「国立国会図書館月報』241、1981.4
樋口秀美「財部彪」『近現代日本人物史料情報辞典』第2巻、吉川弘文館、2005
『財部彪日記 海軍次官時代』上・下巻、坂野潤治他編、山川出版社、1983(1909.12.1.~1915.2.28.の日記)

【伝記】
『いま甦る提督財部彪』樋口兼三編、財部彪顕彰会、1991

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究