大山巌関係文書(寄託)

受入事項
寄託
資料形態
原資料
数量
1,197点 
デジタル化済:一部(48件) 国立国会図書館デジタルコレクションへのリンク
書架延長
11.9m
旧蔵者
大山巌 (おおやまいわお)
旧蔵者生没年
1842-1916
旧蔵者出身地
鹿児島
旧蔵者履歴
天保13(1842).10.10鹿児島生まれ。西郷隆盛の従弟。戊辰戦争参加を経て、明治3(1870).8~4(1871).3欧州差遣、明治4(1871).7陸軍大佐、明治4.8陸軍少将、明治4.11~1874.10フランス・スイス留学、帰朝後陸軍の建設にあたる。1875.11~78.12陸軍省第1局長、1877.2西南戦争出征、熊本城篭城の際攻城砲兵指揮官、1878.12兼参謀本部次長、1879.10兼大警視、1880.2兼陸軍卿、1881.11兼参議、1882.9兼参謀本部長、1885.12第1次伊藤内閣陸軍大臣、以後第2次松方内閣発足時まで在職(~1896.9)、1886.7~87.7兼海軍大臣、1891.5陸軍大将、枢密顧問官、1894.9第2軍司令官、1898.1元帥の称号を受ける、1898.2東宮御補導、1899.5参謀総長、1904.5満洲軍総司令官、1905.12参謀総長、1907.9公爵、1914.4内大臣、1916.12.10死去。
受入
1972年1月、個人より寄託
主な内容
陸軍関係者書簡、西南戦争・日清戦争関係書類のほか、日記(明治3年~大正5年)、辞令類が多く残っている。また、西南戦争・日清戦争・日露戦争の錦絵や写真もまとまっている。
検索手段
複製

マイクロフィルムで利用(一部は原資料)

複写のための注記
複写要許可(郵送での連絡)
関連文献
【資料紹介】
長南政義「大山巌」『近現代日本人物史料情報辞典』第3巻、吉川弘文館、2007
【伝記】
『元帥公爵大山巌』全2巻、大山元帥伝刊行会編 、1935