Text皮膚科学

南山堂/1998.3

当館請求記号:SC591-G125


目次


目次

  • 1 皮膚の構造と機能
    真鍋求
    1
    • I. 皮膚の構造
      4
      • 1. 表皮
        5
      • 2. 真皮
        7
      • 3. 皮下組織
        8
      • 4. 付属器
        8
      • 5. 血管
        12
      • 6. リンパ管
        12
      • 7. 神経
        12
    • II. 皮膚の機能
      13
      • 1. 角層のバリアー機能
        13
      • 2. メラニン色素の紫外線防御作用
        13
      • 3. 発汗の温度調節作用
        13
      • 4. 皮脂の抗菌作用
        13
      • 5. 皮膚常在菌叢の抗菌作用
        13
      • 6. 経皮吸収機能
        13
      • 7. その他
        14
  • 2 発疹学と皮膚病理組織
    三原一郎
    15
    • I. 発疹学
      15
      • A. 基本となる発疹名
        16
      • 1. 斑
        16
      • 2. 丘疹
        18
      • 3. 局面
        19
      • 4. 結節,腫瘍(腫瘤)
        19
      • 5. 小水疱
        20
      • 6. 水疱
        20
      • 7. 膿疱
        21
      • 8. 鱗屑
        22
      • 9. 痂皮
        22
      • 10. 鱗屑痂皮
        22
      • 11. びらん
        22
      • 12. 潰瘍
        23
      • 13. 亀裂
        24
      • 14. 萎縮
        24
      • B. その他の発疹名
        24
      • 1. 蕁麻疹,膨疹
        24
      • 2. 苔癬
        25
      • 3. 苔癬化
        25
      • 4. 疱疹
        25
      • 5. 胼胝
        25
      • 6. 〓瘡
        25
      • 7. 面皰
        25
      • 8. 粃糠疹
        25
      • 9. 多形皮膚萎縮症
        25
      • 10. 紅皮症
        25
      • 11. 黒皮症
        25
      • 12. 乾皮症
        25
      • 13. 魚鱗癬
        25
      • 14. リベド(皮斑)
        25
    • C. 臨床診断へのアプローチ
      25
      • 1. 分布
        25
      • 2. 配列
        26
      • 3. 個疹
        27
      • 4. 触診
        27
    • II. 皮膚の病理組織学
      28
      • A. 皮膚生検について
        30
      • 1. 皮膚生検の適応
        30
      • 2. 生検部位の選択
        30
      • 3. 生検手技
        31
      • 4. 固定
        31
      • 5. 染色
        31
      • B. 皮膚のさまざまな変化を表現する病理学用語と関連疾患
        31
      • 1. 表皮の変化に関連する用語
        31
      • 1) 表皮過形成
        31
      • 2) 表皮低形成
        32
      • 3) 角質増生(過角化)
        32
      • 4) 多顆粒細胞症
        32
      • 5) 寡顆粒細胞症
        33
      • 6) 海綿状態(表皮細胞間浮腫)
        33
      • 7) 風船様変性(表皮細胞内浮腫)
        34
      • 8) 棘融解
        34
      • 9) 膿疱
        34
      • 10) 異常角化細胞(壊死性角化細胞)
        34
      • 11) 液状変性(空胞変性)
        35
      • 12) 顆粒変性
        35
      • 2. 真皮の変化に関連する用語
        35
      • 1) 細胞浸潤
        35
      • 2) 血管およびその周囲の変化
        39
      • 3) 結合織の変化
        39
      • 4) 沈着
        41
      • 3. 皮下脂肪織の変化
        41
      • 1) 脂肪織炎
        41
      • 2) 膜様脂肪細胞壊死
        41
      • 3) 褐色脂肪変化
        41
      • C. 病理組織診断アプローチ
        42
  • 3 角化機転
    北島康雄
    43
    • A. 角化の概念
      44
    • B. 正常の角化
      45
      • 1. 表皮の構造とケラチノサイトの角化
        45
      • 2. ケラチノサイトの細胞回転
        45
      • 3. 形態学的角化
        46
      • 4. 生化学的角化
        47
      • 1) ケラチンパターンの形成
        47
      • 2) コーニファイドエンベロープの形成
        50
      • 3) 角質細胞間脂質の形成
        50
      • 4) 角質細胞の脱落
        51
  • 4 角化症(角化異常症)
    吉池高志
    52
    • I. (非炎症性)角化症
      54
      • 1. 魚鱗癬
        54
      • 2. (遺伝性)掌蹠角化症
        57
      • 3. 汗孔角化症
        58
      • 4. Darier病
        59
      • 5. 毛孔性角化症(苔癬)
        59
      • 6. 黒色表皮腫
        60
      • 7. 胼胝・鶏眼
        60
    • II. 炎症性角化症
      61
      • 1. 乾癬
        61
      • 2. 類乾癬
        65
      • 3. 扁平苔癬
        66
      • 4. 毛孔性紅色粃糠疹
        67
      • 5. Gibertばら色粃糠疹
        68
  • 5 メラニン生成機転
    富田靖
    69
    • 1. メラニンの定義
      69
    • 2. メラニンの機能
      69
    • 3. メラニンの構造
      70
    • 4. メラニンの生成経路
      70
    • 5. メラノソームの形成について
      71
    • 6. メラニン,メラノソーム生成の調節
      71
    • 7. 人種による皮膚色について
      72
    • 8. メラニン生成に関与する遺伝子について
      72
    • 9. メラニン生成と色素異常症
      73
  • 6 色素異常症
    市橋正光
    74
    • I. 色素増多症
      75
      • 1. 遺伝性因子
        75
      • 1) von Recklinghausen病
        75
      • 2) Albright症候群
        75
      • 3) 扁平母斑
        77
      • 4) Becker母斑
        77
      • 5) 雀卵斑
        77
      • 6) 多発性黒子(LEOPARD)症候群
        77
      • 7) PeutzーJeghers症候群
        78
      • 8) 神経皮膚黒色症
        78
      • 9) 遺伝性対側性色素異常症
        78
      • 10) 色素性乾皮症
        78
      • 11) 網状肢端色素沈着症
        79
      • 12) 太田母斑
        79
      • 13) 蒙古人斑
        79
      • 14) 伊藤母斑
        79
      • 15) 青色母斑
        79
      • 16) 色素失調症
        80
      • 17) FranceschettiーJadassohn(FーJ)症候群
        80
      • 18) 骨髄性プロトポルフィリン症
        80
      • 2. 代謝・内分泌異常
        81
      • 1) Addison病
        81
      • 2) Cushing病
        81
      • 3) 異所性ACTH産生腫瘍
        81
      • 4) ヘモクロマトーシス
        81
      • 5) 副腎性器症候群
        81
      • 6) 晩発性皮膚ポルフィリン症
        81
      • 7) 肝斑
        82
      • 8) ペラグラ
        82
      • 9) 皮膚斑状アミロイドーシス
        82
      • 3. 薬物・化学物質
        83
      • 1) 固定薬疹
        83
      • 2) 光感作性物質による色素沈着
        83
      • 3) 光線性白斑黒皮症
        83
      • 4) 抗腫瘍薬による色素沈着
        83
      • 4. 物理的因子
        83
      • 光線性花弁状色素沈着
        83
      • 5. 腫瘍
        84
      • 色素性蕁麻疹
        84
      • 6. 炎症後色素沈着
        84
      • 1) Riehl黒皮症(女子顔面黒皮症)
        84
      • 2) 固定性色素異常性紅斑
        84
      • 7. その他の色素沈着症
        85
      • 後天性真皮メラノサイトーシス
        85
    • II. 色素脱色症
      85
      • 1. 先天性に発症
        85
      • 限局性白皮症
        85
      • 2. 後天性に発症
        85
      • 1) 尋常性白斑
        85
      • 2) 脱色素性母斑
        86
      • 3) 脱色素性色素欠失症
        86
  • 7 日光と皮膚
    宮地良樹
    87
    • I. 日光
      88
      • 1. 日光の分類
        88
      • 2. 紫外線の皮膚に対する功罪
        89
      • 3. 紫外線の強さの変化
        90
    • II. 紫外線による生理的皮膚傷害
      91
      • 1. 急性反応
        91
      • 1) サンバーン
        91
      • 2) 最少紅斑量
        91
      • 3) サンタン
        92
      • 4) スキンタイプ
        92
      • 2. 慢性反応
        93
      • 1) 光老化
        93
      • 2) 光発癌
        93
    • III. 光免疫学
      94
      • 1. 紫外線の免疫抑制作用
        94
      • 1) 紫外線腫瘍
        94
      • 2) 接触過敏症
        94
      • 2. 紫外線による免疫抑制作用機序
        95
      • 1) Langerhans細胞(LCs)への影響
        95
      • 2) 表皮細胞由来可溶成分
        95
    • IV. 光防御
      95
      • 1. 皮膚の内因性紫外線防御機構
        95
      • 2. 物理的光防御
        96
      • 3. 化学的光防御
        96
      • 4. 抗酸化能の増強
        96
  • 8 皮膚の免疫アレルギー機構
    島田真路
    97
    • I. Coombs and Gellの分類
      99
      • 1. I型アレルギー(アナフィラキシー型)
        99
      • 2. II型アレルギー(細胞毒アレルギー)
        99
      • 3. III型アレルギー(免疫複合体アレルギーArthus反応)
        100
      • 4. IV型アレルギー
        101
    • II. 免疫担当細胞
      101
      • 1. 一般的な免疫担当細胞
        101
      • 1) T細胞
        101
      • 2) B細胞
        102
      • 3) マクロファージ
        102
      • 4) 肥満細胞
        102
      • 5) 好酸球
        102
      • 6) 好中球
        103
      • 2. 皮膚に特異的な免疫担当細胞
        103
      • 1) Langerhans細胞
        103
      • 2) ケラチノサイト
        103
    • III. 皮膚の免疫・アレルギーに関与する分子
      104
      • 1) サイトカイン
        104
      • 2) 細胞接着分子
        105
      • 3) 補体
        106
      • 4) HLA
        106
  • 9 湿疹・皮膚炎
    上原正巳
    107
    • 1. 接触皮膚炎
      108
      • 1) 刺激性接触皮膚炎
        108
      • 2) アレルギー性接触皮膚炎
        109
    • 2. アトピー性皮膚炎
      110
    • 3. 脂漏性皮膚炎
      113
      • 1) 乳児脂漏性皮膚炎
        113
      • 2) 成人期脂漏性皮膚炎
        113
    • 4. 貨幣状湿疹
      113
    • 5. 自家感作性皮膚炎
      113
    • 6. うっ滞性皮膚炎
      114
    • 7. 皮脂欠乏性湿疹
      114
    • 8. 汗疱
      114
    • 9. Vidal苔癬
      115
  • 10 蕁麻疹・皮膚〓痒症
    山本昇壮
    116
    • I. 蕁麻疹
      116
      • 1. 急性および慢性蕁麻疹
        118
      • 2. 物理性蕁麻疹
        121
      • 1) 機械性(人工)蕁麻疹
        121
      • 2) 圧蕁麻疹
        122
      • 3) 寒冷蕁麻疹
        122
      • 4) 日光蕁麻疹
        122
      • 5) 温熱蕁麻疹
        122
      • 6) コリン性蕁麻疹
        122
      • 7) 水性蕁麻疹
        122
      • 3. 接触蕁麻疹
        123
      • 4. 血管性浮腫,血管神経性浮腫,Quincke浮腫
        123
      • 付1) 蕁麻疹様血管炎
        123
      • 付2) 色素性蕁麻疹
        124
      • 診断のための一般諸検査
        124
    • II. 皮膚〓痒症
      125
      • 概念
        125
      • 1. 汎発性〓痒症
        125
      • 2. 限局性〓痒症
        125
      • 1) 陰部〓痒症
        125
      • 2) 肛門〓痒症
        126
      • 治療
        126
  • 11 薬疹・中毒疹
    安野洋一
    127
    • I. 薬疹の定義と分類
      129
      • 1. 定義
        129
      • 2. 分類
        129
      • 1) アレルギー機序によるもの
        129
      • 2) 非アレルギー機序によるもの
        130
    • II. 薬疹の疫学と病型
      131
      • 1. 疫学
        131
      • 2. 病型
        131
    • III. 薬疹の診断・検査と治療
      133
      • 1. 診断
        133
      • 2. 検査
        134
      • 3. 治療
        135
  • 12 紅皮症
    飯島正文
    136
    • 1. 定義と同義語
      136
    • 2. 分類
      136
    • 3. 病因と病態
      137
    • 4. 臨床症状
      137
      • 1) 湿疹続発性紅皮症
        137
      • 2) 各種疾患続発性紅皮症
        138
      • 3) 中毒性紅皮症
        138
      • 4) 乳児落屑性紅皮症
        138
      • 5) 腫瘍性紅皮症
        138
    • 5. 病理組織学的所見
      138
    • 6. 診断と検査指針
      139
    • 7. 治療
      139
    • 8. 経過・予後
      139
    • 付1) 術後紅皮症
      139
    • 付2) 丘疹—紅皮症(症候群)
      139
  • 13 紅斑症・紫斑
    中川秀己
    140
    • I. 紅斑症
      140
      • 1. 多形滲出性紅斑
        141
      • 2. 結節性紅斑
        142
      • 3. 硬結性紅斑
        143
      • 4. 環状紅斑
        144
      • 5. 持久性隆起性紅斑
        145
      • 6. Sweet病(急性好中球性皮膚症)
        145
    • II. 紫斑
      146
      • 1. 血小板減少性紫斑
        147
      • 2. 血管性紫斑
        148
      • 3. その他の紫斑
        149
      • 1) 血管皮膚炎または慢性色素性紫斑
        149
      • 2) 単純性紫斑
        149
      • 3) 女子深在性紫斑
        150
      • 4) 高γグロブリン血症性紫斑
        150
      • 5) 機械的刺激による紫斑
        150
  • 14 水疱症
    151
    • I. 自己免疫性水疱症
      小川秀興
      池田志斈
      151
      • 1. 天疱瘡群
        153
      • 2. 水疱性類天疱瘡と妊娠性疱疹
        157
      • 3. 後天性表皮水疱症
        158
      • 4. 疱疹状皮膚炎と線状IgA皮膚症
        160
      • 5. 瘢痕性類天疱瘡(良性粘膜類天疱瘡)
        161
    • II. 先天性表皮水疱症
      橋本功
      162
  • 15 膿疱症
    飯塚一
    168
    • 1. 膿疱性乾癬
      169
    • 2. 疱疹状膿痂疹
      169
    • 3. 角層下膿疱症(sheddonーwilkinson病)
      169
    • 4. 掌蹠膿疱症
      169
    • 5. 稽留性肢端皮膚炎
      170
    • 6. 好酸球性膿疱性毛嚢炎
      170
    • 付) 壊疽性膿皮症
      170
  • 16 膠原病
    溝口昌子
    172
    • I. エリテマトーデス(紅斑性狼瘡)
      174
      • 1. 全身性エリテマトーデス(SLE)
        174
      • 2. 亜急性皮膚エリテマトーデス
        178
      • 3. 慢性円板状エリテマトーデス
        179
      • 4. 深在性エリテマトーデス
        180
      • 5. 新生児エリテマトーデス
        180
    • II. 皮膚筋炎・多発筋炎
      180
    • III. 強皮症
      183
      • 1. 進行性全身性硬化症
        183
      • 2. 限局性強皮症
        186
    • IV. 重複症候群(オーバーラップ症候群)
      187
    • V. 混合性結合組織病(MCTD)
      187
    • VI. Sjogren症候群
      187
    • VII. 慢性関節リウマチ(RA)
      188
    • VIII. リウマチ熱
      188
    • IX. 結節性多発動脈炎
      188
  • 17 血管炎
    白井利彦
    189
    • 1. 白血球破壊性血管炎(壊死性血管炎)
      189
    • 2. リンパ球性血管炎
      192
    • 3. 肉芽腫性血管炎
      192
    • 4. 閉塞性血管炎
      194
    • 5. 結節性血管炎(Bazin硬結性紅斑)
      194
  • 18 肉芽腫症
    小玉肇
    195
    • 1. 異物肉芽腫
      197
      • 1) 異物反応
        197
      • 2) アレルギー性肉芽腫反応
        197
    • 2. 類壊死性肉芽腫
      198
      • 1) 環状肉芽腫
        198
      • 2) リポイド類壊死症
        198
      • 3) リウマチ結節
        199
      • 4) 環状エラストリック巨細胞性肉芽腫(日光性肉芽腫,エラストファジック巨細胞性肉芽腫)
        199
    • 3. サルコイドーシス
      199
    • 4. 非Langerhans細胞性組織球症
      200
      • 1) 若年性黄色肉芽腫
        200
      • 2) 汎発性黄色腫
        200
      • 3) 丘疹性黄色腫
        201
      • 4) 発疹性組織球腫
        201
      • 5) 類壊死性黄色肉芽腫
        201
      • 6) 皮膚細網組織球腫
        201
    • 5. Langerhans細胞性組織球症
      201
      • 1) LettererーSiwe病
        201
      • 2) HandーSchullerーChristian病
        202
      • 3) 骨好酸球性肉芽腫
        202
      • 4) 自然消失性細網組織球症
        202
    • 6. その他
      203
      • 1) 肉芽腫性口唇炎
        203
      • 2) 乳児殿部肉芽腫
        203
      • 3) 顔面播種状粟粒性狼瘡
        203
      • 4) 毛細血管拡張性肉芽腫(化膿性肉芽腫)
        203
      • 5) 顔面肉芽腫
        204
  • 19 皮膚の物理化学的障害
    上出良一
    205
    • I. 温熱,寒冷,電流による皮膚障害
      207
      • 1. 熱傷
        207
      • 2. 化学熱傷(薬傷)
        209
      • 3. 凍傷
        209
      • 4. 凍瘡
        209
      • 5. 電撃傷
        209
    • II. 光線性皮膚障害
      209
      • 1. 光線による皮膚障害
        209
      • 2. 光線過敏症
        209
      • 1) 色素性乾皮症
        210
      • 2) 薬剤,化学物質による日光過敏症
        211
      • 3) 日光蕁麻疹
        213
      • 4) 種痘様水疱症
        214
      • 5) ペラグラ
        214
    • III. 放射線による皮膚障害
      214
      • 1. 急性障害(急性放射線皮膚炎)
        214
      • 2. 遅発性障害(慢性放射線皮膚炎)
        214
  • 20 皮膚代謝障害
    高森建二
    216
    • I. アミノ酸・蛋白質代謝異常症
      218
      • 1. 全身性白皮症(眼白皮症,白子)
        218
      • 2. フェニルケトン尿症
        218
      • 3. 高チロシン血症II型(RichnerーHanhart症候群)
        219
      • 4. Hartnup病
        220
      • 5. アミロイドーシス
        220
      • 6. 皮膚粘膜ヒアリノーシス
        221
      • 7. 膠様稗粒腫
        221
      • 8. クリオグロブリン血症
        221
    • II. 糖質・ムコ多糖代謝異常症
      222
      • 1. ムコ多糖症
        222
      • 2. ムチン沈着症
        222
    • III. 脂質代謝異常症
      223
      • 1. 黄色腫
        223
      • 2. スフィンゴリピドーシス
        224
    • IV. 核酸代謝異常症
      226
      • 1. 痛風
        226
      • 2. LeschーNyhann症候群
        226
    • V. ポルフィリン代謝異常症
      226
      • ポルフィリン症
        226
    • VI. 電解質・金属代謝異常症
      229
      • 1. 石灰沈着症
        229
      • 2. 亜鉛欠乏症候群(腸性肢端皮膚炎)
        229
      • 3. ヘモクロマトーシス
        229
    • VII. ビタミン代謝異常症
      230
      • 1. ビタミン欠乏症
        230
      • 2. ペラグラ
        230
    • VIII. 結合織代謝異常症
      231
      • 1. EhlersーDanlos症候群
        231
      • 2. 弾力線維性仮性黄色腫
        231
      • 3. Werner症候群
        232
      • 4. 皮膚弛緩症
        232
  • 21 皮膚付属器とその病変
    伊藤雅章
    233
    • I. 毛髪とその病変
      235
      • 1. 正常の毛髪
        235
      • 2. 毛髪疾患
        235
    • II. 脂腺とその病変
      239
      • 1. 正常の脂腺
        239
      • 2. 脂腺疾患
        239
    • III. 汗腺とその病変
      241
      • 1. 正常の汗腺
        241
      • 2. 汗腺疾患
        241
    • IV. 爪とその病変
      243
      • 1. 正常の爪
        243
      • 2. 爪疾患
        243
  • 22 増殖因子と癌遺伝子
    吉川邦彦
    248
    • I. 細胞成長因子
      249
      • 1. トランスフォーミング・グロースファクターーα(TGFーα)
        249
      • 2. アンフィレグリン(AR)
        250
      • 3. ヘパリン結合性表皮増殖因子(HBーEGF)
        250
      • 4. トランスフォーミング・グロースファクターーβ(TGFーβ)
        250
    • II. 細胞膜情報伝達系
      251
      • 1. Aキナーゼ(PKA)
        251
      • 2. Cキナーゼ(PKC)
        251
      • 3. チロシンキナーゼ
        252
    • III. 癌遺伝子
      252
    • IV. 癌抑制遺伝子
      253
      • 1. p53
        253
      • 2. pRb
        253
  • 23 皮膚腫瘍
    255
    • I. 良性皮膚腫瘍
      神崎保
      255
      • 1. 表皮角化細胞由来の腫瘍
        258
      • 1) 表皮母斑
        258
      • 2) 脂漏性角化症,老人性疣贅
        258
      • 3) ケラトアカントーマ
        258
      • 4) 粉瘤,表皮嚢腫,類上皮嚢腫
        258
      • 5) 老人性面皰
        259
      • 6) 稗粒腫
        259
      • 7) 粘液嚢腫
        259
      • 2. 皮膚付属器腫瘍
        259
      • 1) 脂腺母斑
        259
      • 2) 老人性脂腺増殖症
        259
      • 3) Fordyce状態
        260
      • 4) 皮様嚢腫
        260
      • 5) 石灰化上皮腫,毛母腫
        260
      • 6) 汗管腫
        260
      • 3. メラノサイト・神経系腫瘍
        260
      • 1) 扁平母斑
        260
      • 2) 単純黒子
        260
      • 3) 母斑細胞母斑
        261
      • 4) 若年性黒色腫
        261
      • 5) 蒙古斑
        262
      • 6) 太田母斑
        262
      • 7) 青色母斑
        262
      • 8) 神経線維腫
        262
      • 9) 神経鞘腫
        262
      • 4. 間葉系(結合織性)腫瘍
        262
      • 1) 皮膚線維腫
        262
      • 2) アクロコードン
        262
      • 3) 軟性線維腫
        263
      • 4) 肥厚性瘢痕,ケロイド
        263
      • 5) 小児指線維腫症
        263
      • 5. 間葉系(血管・リンパ管性)腫瘍
        263
      • 1) 単純性血管腫
        263
      • 2) クモ状血管腫
        264
      • 3) OslerーRendurーWeber病,遺伝性出血性毛細血管拡張症
        264
      • 4) 血管拡張性歩行失調症
        264
      • 5) 貧血母斑
        264
      • 6) イチゴ(苺)状血管腫
        264
      • 7) 老人性血管腫
        264
      • 8) 海綿状血管腫
        264
      • 9) 静脈湖
        265
      • 10) 毛細血管拡張性肉芽腫
        265
      • 11) 被角血管腫
        265
      • 12) グロムス腫瘍
        266
      • 13) リンパ管腫
        266
      • 6. 間葉系(脂肪・筋肉・骨・造血組織性)腫瘍
        266
      • 1) 脂肪腫
        266
      • 2) 平滑筋腫
        266
      • 3) ガングリオン
        266
      • 4) 皮膚石灰沈着症
        266
      • 5) 爪下外骨腫
        267
      • 6) 副耳
        267
      • 7) 皮膚良性リンパ球腫
        267
      • 8) 木村病
        267
      • 9) 若年性黄色肉芽腫
        267
      • 10) 肥満細胞腫,肥満細胞症,色素性蕁麻疹
        267
    • II. 悪性皮膚腫瘍
      斎田俊明
      268
      • 1. 上皮系悪性腫瘍
        271
      • 1) 有棘細胞癌とその前駆症
        271
      • 2) 基底細胞上皮腫
        275
      • 3) 皮膚付属器の癌
        275
      • 2. メラノサイト系悪性腫瘍
        277
      • 1) 悪性黒色腫
        277
      • 2) 特殊な悪性黒色腫
        281
      • 3. 間葉系悪性腫瘍(肉腫)
        281
      • 1) 隆起性皮膚線維肉腫
        281
      • 2) 異型線維(性)黄色腫
        282
      • 3) 悪性線維性組織球腫
        282
      • 4) 皮膚の脈管肉腫,悪性血管内皮細胞腫
        282
      • 5) Kaposi肉腫
        283
      • 4. その他の悪性皮膚腫瘍
        283
      • 1) Merkel細胞癌
        283
      • 2) 他臓器悪性腫瘍の皮膚転移
        283
  • 24 悪性リンパ腫/白血病の皮膚変化
    小野友道
    284
    • I. 悪性リンパ腫/白血病の特異皮膚病変
      286
      • 1. 皮膚悪性リンパ腫
        286
      • 1) 皮膚T細胞リンパ腫
        286
      • 2) 成人T細胞白血病/リンパ腫
        288
      • 3) 皮膚B細胞リンパ腫
        289
      • 4) Kiー1リンパ腫
        289
      • 5) Hodgkin病
        289
      • 2. 白血病,節性リンパ腫および他の臓器のリンパ腫からの浸潤特異病変
        289
      • 付1) リンパ腫様丘疹症
        289
      • 付2) 皮膚偽リンパ腫
        289
    • II. 悪性リンパ腫/白血病の非特異皮膚病変
      289
      • 1. 非感染性反応性皮膚病変
        290
      • 1) 皮膚〓痒症
        290
      • 2) 後天性魚鱗癬
        290
      • 3) 紫斑
        290
      • 4) Sweet病
        290
      • 5) POEMS症候群
        290
      • 2. 皮膚感染症
        290
      • 1) ウイルス感染症
        290
      • 2) 真菌感染症
        290
    • III. 悪性腫瘍先天性異常症候群
      290
    • IV. 悪性リンパ腫/白血病治療により発生する皮膚病変
      291
    • V. 皮膚悪性リンパ腫の診断
      291
  • 25 母斑症
    新村真人
    292
    • 概念
      293
    • 1. 結節性硬化症(BournevilleーPringle母斑症)
      293
    • 2. 神経線維腫症1(von Recklingーhausen病)
      294
    • 3. 神経線維腫症2
      295
    • 4. SturgeーWeber症候群
      295
    • 5. 色素血管母斑症
      296
    • 6. 神経皮膚黒色症
      296
    • 7. PeutzーJeghers症候群
      296
    • 8. 色素失調症(BlochーSalzberger症候群)
      296
    • 9. 基底細胞上皮腫症候群
      297
  • 26 皮膚の感染防御機構
    玉置邦彦
    298
    • 1. 皮表における防御機構
      299
    • 2. 表皮における防御機構
      299
    • 3. 表皮—真皮における防御機構
      299
    • 4. 真皮における防御機構
      299
  • 27 皮膚細菌感染症
    池谷敏彦
    301
    • I. 総論
      303
      • 1. 細菌感染症の原因菌
        303
      • 2. 細菌感染症の分類と原因菌
        303
    • II. 急性膿皮症
      304
      • 1. 毛嚢性膿皮症
        304
      • 2. 汗腺性膿皮症
        306
      • 3. 付属器とは無関係な膿皮症
        307
      • 4. 急性膿皮症の治療
        309
    • III. 慢性膿皮症
      310
    • IV. 特殊な細菌感染症
      310
  • 28 真菌症
    312
    • I. 表在性真菌症
      滝内石夫
      312
      • A. 白癬
        315
      • 1. 表在性白癬
        315
      • 2. 深在性白癬
        317
      • 3. 白癬疹
        317
      • B. カンジダ症
        318
      • 1. 皮膚カンジダ症
        318
      • 2. 粘膜カンジダ症
        319
      • C. 瘢風
        320
    • II. 深在性皮膚真菌症
      中嶋弘
      321
      • 1. スポロトリコーシス
        322
      • 2. クロモミコーシス
        323
      • 3. フェオヒフォミコーシス(皮下型)
        324
      • 4. 皮膚クリプトコックス症
        324
      • 5. 輸入真菌症
        325
      • 6. 皮膚ノカルジア症
        325
      • 7. その他
        326
  • 29 リケッチア・スピロヘータ・原虫・動物性皮膚疾患
    荒瀬誠治
    327
    • I. リケッチア感染症
      327
      • 1. ツツガムシ病
        327
      • 2. 日本紅斑熱
        329
    • II. スピロヘータ感染症(梅毒を除く)
      330
      • Lyme病
        330
    • III. 皮膚の寄生虫症
      332
      • 1. 皮膚リーシュマニア症
        332
      • 2. 人体顎口虫症
        333
      • 3. クリーピング病
        334
    • IV. 虫による皮膚疾患
      334
      • 1. マダニ刺咬症
        335
      • 2. イエダニ症
        335
      • 3. トリに寄生するダニ刺症
        336
      • 4. コナダニ症,サトウダニ症
        336
      • 5. チリダニ症
        336
      • 6. 疥癬
        336
      • 7. シラミ
        337
      • 8. ノミ刺症
        338
      • 9. 蚊刺症
        338
      • 10. ハチ刺症
        338
      • 11. ムカデ刺症
        338
      • 12. 線状皮膚炎
        338
      • 13. ケムシ(ドクガ)皮膚炎
        339
  • 30 ウイルス性皮膚疾患
    本田まりこ
    340
    • 1. 単純ヘルペス
      343
    • 2. 帯状疱疹
      345
    • 3. 疣贅
      345
    • 4. 伝染性軟属腫
      347
    • 5. 水痘
      348
    • 6. 突発性発疹
      349
    • 7. 手足口病
      349
    • 8. GianottiーCrosti症候群
      350
    • 9. 伝染性紅斑
      351
    • 10. 麻疹
      351
    • 11. 風疹
      353
    • 12. 伝染性単核症
      354
    • 13. HTLVー1感染症
      355
    • 14. 後天性免疫不全症候群
      356
  • 31 性感染症
    川島真
    358
    • 1. 梅毒
      360
    • 2. 性器ヘルペス
      361
    • 3. 尖圭コンジローム
      363
    • 4. 伝染性軟属腫
      363
    • 5. 疥癬
      364
    • 6. ケジラミ症
      364
    • 7. 軟性下疳
      364
    • 8. 鼠径リンパ肉芽腫症
      365
    • 9. 後天性免疫不全症候群(AIDS)
      365
  • 32 皮膚結核・結核疹
    本田光芳
    367
    • I. 真性皮膚結核
      368
      • 1. 尋常性狼瘡
        368
      • 2. 皮膚疣状結核
        370
      • 3. 皮膚腺病
        371
      • 4. 潰瘍性粟粒結核,潰瘍性皮膚結核症,粘膜皮膚移行部結核症
        372
    • II. 結核疹
      372
      • 1. Bazin硬結性紅斑
        372
      • 2. 顔面播種状粟粒性狼瘡
        373
  • 33 Hansen病(らい)
    昆宰市
    375
    • 1. 概要
      376
    • 2. 感染源,感染経路および感染と発病
      376
    • 3. Hansen病の疫学の現状
      376
    • 4. Hansen病感染症の特徴
      376
    • 5. Hansen病の症状と病理の病型による比較
      377
    • 6. Hansen病の診断のポイント
      377
    • 7. 鑑別診断
      378
    • 8. Hansen病の治療
      378
    • 9. Hansen病(らい)予防法
      378
  • 34 内臓障害と皮膚変化
    石橋明
    380
    • I. 内臓悪性腫瘍と皮膚変化
      381
      • 1. 特異的皮膚病変(皮膚転移)
        381
      • 2. 非特異的皮膚病変
        382
      • 1) 悪性黒色表皮腫
        382
      • 2) LeserーTrelat症候群
        382
      • 3) 環状紅斑,葡行性迂回状紅斑
        382
      • 4) 紅皮症
        382
      • 5) 痒疹,皮膚〓痒症
        382
      • 6) 皮膚筋炎
        382
      • 7) 疱疹状皮膚炎,類天疱瘡,天疱瘡,腫瘍随伴性天痘瘡
        383
      • 8) 後天性魚鱗癬,Bazex症候群
        383
    • II. 糖尿病と皮膚変化
      383
      • 1) 糖尿病性浮腫性硬化症
        383
      • 2) 糖尿病性黄色腫
        383
      • 3) 糖尿病性壊疽
        383
      • 4) 糖尿病性リポイド類壊死
        383
      • 5) 播種状環状肉芽腫
        383
      • 6) 前脛骨部色素斑
        384
      • 7) 糖尿病性水疱
        384
      • 8) 皮膚感染症
        384
    • III. 消化管障害と皮膚変化
      384
      • 1) 腸性肢端皮膚炎
        385
      • 2) 転移性Crohn病
        385
      • 3) 壊疽性膿皮症
        385
      • 4) 疱疹状皮膚炎
        385
      • 5) 顔面血管拡張(カルチノイド症候群)
        385
    • IV. 肝臓障害と皮膚変化
      385
      • 1) 黄疸,皮膚〓痒症
        385
      • 2) くも状血管腫,手掌紅斑,紙幣状皮膚
        385
      • 3) 晩発性皮膚ポルフィリン症
        385
      • 4) 黄色腫
        386
      • 5) 女性型乳房,性毛減少
        386
      • 6) 痒疹,メラニン性痒疹
        386
    • V. 肺障害と皮膚変化
      386
      • 1) 太鼓ばち指,時計皿爪(Hippocrates爪),黄色爪(症候群)
        386
      • 2) 続発性肥大性皮膚骨膜症
        386
    • VI. 腎臓障害と皮膚変化
      386
      • 1) 全身性皮膚〓痒症
        386
      • 2) 穿孔性皮膚症
        386
    • VII. 内分泌障害と皮膚変化
      387
      • 1) Cushing症候群
        387
      • 2) Addison病
        387
      • 3) 汎発性粘液水腫
        387
      • 4) 脛骨前部粘液水腫,限局性粘液水腫
        387
      • 5) 壊死性遊走性紅斑
        387
    • VIII. 妊娠と皮膚変化
      387
      • 1) 色素沈着,多毛,妊娠線,くも状血管腫
        387
      • 2) 妊娠性痒疹
        388
      • 3) 妊娠性〓痒症
        388
      • 4) 妊娠性疱疹
        388
      • 5) 疱疹状膿痂疹
        388
    • IX. 造血系疾患と皮膚変化
      388
      • 1) 全身性アミロイドーシス
        388
      • 2) びまん性(正脂血性)扁平黄色腫
        388
      • 3) 丘疹性ムチン沈着症(粘液水腫性苔癬,硬化性粘液水腫)
        388
      • 4) 毛包性ムチン沈着症(ムチン性脱毛症)
        388
      • 5) Sweet病,壊疽性膿皮症
        389
      • 6) 造血系腫瘍の特異疹
        389
      • 7) 免疫力低下による皮膚の感染症,悪性腫瘍
        389
  • 35 皮膚疾患の治療
    手塚正
    390
    • I. 外用療法
      392
      • 1. 外用薬の種類
        392
      • 2. 外用療法
        394
    • II. 光線療法
      394
      • 1) 日光療法
        394
      • 2) 赤外線療法
        394
      • 3) 紫外線療法
        394
      • 4) Goeckermenn療法
        394
      • 5) PUVA療法
        394
    • III. 放射線療法
      395
      • 1) 軟X線療法
        395
      • 2) 電子線
        395
      • 3) 速中性子線
        395
    • IV. 理学療法
      395
      • 1. 凍結療法
        395
      • 2. 温熱療法
        396
      • 3. レーザー光線療法
        396
    • V. 全身療法
      397
      • 1) 抗ヒスタミン薬
        397
      • 2) 抗アレルギー薬
        397
      • 3) 副腎皮質ホルモン
        398
      • 4) その他の抗炎症薬
        398
      • 5) 抗生物質
        399
      • 6) 抗ウイルス薬
        399
      • 7) 免疫抑制薬
        399
      • 8) DDS
        399
      • 9) ビタミン剤
        399
  • 37 皮膚外科
    大塚藤男
    400
    • I. 皮膚外科手術の準備と基本
      401
      • 1. 説明と同意
        401
      • 2. 検査と前処置
        401
      • 3. 切開と縫合
        401
    • II. 皮膚外科手術の手技
      401
      • 1. 縫縮術
        401
      • 2. 有茎植皮術
        401
      • 3. 遊離植皮術
        403
  • 日本語素引
    406
  • 外国語素引
    418