「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える

口腔咽頭疾患の検査法

金原出版/1997.5

当館請求記号:SC657-G19


目次


目次

  • 第1章 唾液腺機能検査法
    日野剛
    1
    • I はじめに
      日野剛
      岡本美孝
      3
    • II 唾液腺の基礎的知識
      日野剛
      岡本美孝
      3
      • 1. 唾液腺の臨床解剖
        3
      • 1) 耳下腺
        3
      • 2) 顎下腺
        3
      • 3) 舌下腺
        3
      • 4) 小唾液腺
        4
      • 2. 唾液腺の組織構造
        5
      • 3. 唾液分泌の生理
        6
      • 4. 唾液の特性
        6
    • III 総唾液分泌量検査
      日野剛
      岡本美孝
      7
      • 1. 総唾液採取法
        7
      • 1) 吐唾法
        7
      • 2) 吸引法
        8
      • 3) 綿球法
        8
      • 2. 総唾液採取上の注意点および問題点
        8
      • 3. 総唾液分泌量測定
        8
      • 1) 安静時総唾液分泌量
        8
      • 2) 刺激時唾液分泌量
        11
    • IV 単一唾液腺分泌機能検査
      井野千代徳
      15
      • 1. 耳下腺,顎下腺の唾液分泌量検査
        15
      • 1) 用意するもの
        15
      • 2) 手技法
        15
      • 2. 舌下腺,小唾液腺(下口唇腺,口蓋腺)の唾液分泌量検査
        15
      • 1) 用意するもの
        15
      • 2) 手技法
        17
      • 3. 測定結果
        19
      • 1) 耳下腺,顎下腺の唾液分泌能
        19
      • 2) 舌下腺および小唾液腺(下口唇腺,口蓋腺)の分泌能
        19
      • 4. 判定基準
        21
      • 1) 単一耳下腺唾液分泌量
        21
      • 2) 単一顎下腺唾液分泌量
        23
      • 3) 舌下腺および小唾液腺
        24
      • 5. 考察
        25
    • V 99mTcーPertechnetateによる唾液腺機能検査
      佐藤正美
      26
      • 1. 方法
        26
      • 2. 評価法
        27
      • 3. 正常値
        30
      • 4. 実際例の提示
        30
      • 5. 利点と欠点
        30
      • 6. 総唾液分泌量との比較
        31
  • 第2章 扁桃およびアデノイドの検査法
    形浦昭克
    33
    • I 扁桃およびアデノイドの解剖および画像診断
      林泰弘
      35
      • 1. 解剖
        35
      • 1) 口蓋扁桃
        35
      • 2) 咽頭扁桃
        37
      • 2. 画像診断
        39
      • 1) 上咽頭側面X線検査
        39
      • 2) CT・MRI検査
        39
    • II 扁桃およびアデノイドの視診および触診
      八木沢幹夫
      41
      • 1. 扁桃の視診
        41
      • 1) 扁桃の大きさ(扁桃肥大)
        41
      • 2) 大きさの表現法
        42
      • 3) 発赤
        42
      • 4) 表面の性状
        42
      • 5) 周囲組織との関係
        42
      • 2. 扁桃の触診
        43
      • 3. アデノイドの視診および触診
        43
      • 1) 前鼻鏡検査
        43
      • 2) 後鼻鏡検査
        43
      • 3) 触診
        43
      • 4) 内視鏡検査(軟性あるいは硬性鏡使用)
        44
      • 5) X線検査
        44
    • III 扁桃およびアデノイドの細菌検査
      赤木博文
      増田游
      45
      • 1. 検査手順
        45
      • 2. 常在細菌
        47
      • 1) 口蓋扁桃
        47
      • 2) 咽頭扁桃
        47
      • 3. 年齢による細菌の変化
        47
      • 4. 起炎菌
        49
      • 5. 扁桃周囲膿瘍
        49
      • 6. 特異的扁桃炎
        49
    • IV 病巣感染の検査
      51
      • 1. 一般的診断法
        小島未知郎
        51
      • 1) はじめに
        51
      • 2) 病巣扁桃における自覚症状
        51
      • 3) 病巣扁桃における局所所見
        51
      • 4) 全国集計における調査の実施
        52
      • 2. 臨床検査
        竹内淳
        53
      • 1) 血液所見
        53
      • 2) 尿所見
        55
      • 3) 細菌学的検査
        55
      • 4) 病理組織学的検査
        55
      • 5) 炎症性扁桃陰窩細胞診
        55
      • 3. 局所病巣診断法
        56
      • A. 誘発試験ー扁桃マッサージ法
        大谷裕美子
        荒牧元
        56
      • B. 誘発試験ー超短波法
        伊藤博隆
        60
      • C. 打消試験ーインプレトール法
        浜本誠
        62
      • D. 打消試験ー陰窩洗浄法
        横山雄司
        66
    • V 扁桃病巣感染症診断基準の標準化
      志藤文明
      形浦昭克
      増田游
      赤木博文
      伊藤博隆
      竹内淳
      八木沢幹夫
      小島未知郎
      荒牧元
      大谷裕美子
      林泰弘
      浜本誠
      横山雄司
      村形寿郎
      杉山信義
      69
      • 1. はじめに
        69
      • 2. 扁桃誘発試験の再評価
        69
      • 1) 誘発試験方法による差異
        70
      • 2) 健常群における扁桃誘発試験結果
        70
      • 3) 扁桃病巣感染症二次疾患群における扁桃誘発試験結果
        70
      • 4) 健常群と扁桃病巣感染症二次疾患群との変動値の比較
        70
      • 5) 健常群と扁桃病巣感染症二次疾患群との誘発試験陽性率の比較
        71
      • 6) 扁桃誘発試験陽性基準値の検討
        71
      • 3. 現行診断法の意義と限界
        73
      • 1) 掌蹠膿疱症
        73
      • 2) 尋常性乾癬
        73
      • 3) IgA腎症
        74
      • 4) 慢性微熱
        75
      • 4. おわりに
        75
  • 第3章 味覚機能検査法
    池田稔
    79
    • I はじめに
      池田稔
      81
      • 1. 味覚受容器について
        81
      • 2. 味覚の支配神経とその伝導路について
        81
      • 3. 味覚の臨床機能検査法について
        81
    • II 電気味覚検査法および濾紙ディスク法
      池田稔
      82
      • 1. 電気味覚検査法
        82
      • 1) 検査部位
        82
      • 2) 測定手技
        84
      • 3) 検査結果の記載法
        85
      • 4) 判定基準
        85
      • 2. 濾紙ディスク法
        86
      • 1) 検査部位
        87
      • 2) 測定手技
        88
      • 3) 検査結果の記載法
        89
      • 4) 判定基準
        89
      • 3. 電気味覚検査および濾紙ディスク法検査の簡略法
        89
      • 4. 味覚神経別検査による味覚障害の鑑別
        90
    • III 食塩味覚閾値判定濾紙(ソルセイブ)による味覚検査
      西元謙吾
      古田茂
      92
    • IV 米国の味覚検査
      松田十四
      93
      • 1. ペンシルヴェニア大学耳鼻咽喉科内の研究施設Smell and Taste Center
        94
      • 1) 閾値上検査(suprathresholdtest)
        94
      • 2) Quadrant test(舌分画味覚検査)
        96
      • 3) 閾値検査(threshold test)
        97
      • 2. シンシナティ大学Taste and Smell Center
        99
      • 1) Taste scaling/Intensity test(閾値上検査)
        100
      • 2) Spatial test(領域別味覚検査)
        101
      • 3. エール大学耳鼻咽喉科
        102
      • 1) 閾値上検査
        102
      • 2) Spatial test
        102
    • V 他覚的味覚機能検査
      前谷近秀
      104
      • 1. 測定方法
        104
      • 2. 臨床診断への有用性
        105
      • 3. 問題点
        105
      • 4. 将来の展望
        106
    • VI おわりに
      池田稔
      106
  • 第4章 閉塞性睡眠時無呼吸の検査法
    宮崎総一郎
    109
    • I 概説
      岩永耕一
      宮崎総一郎
      111
      • 1. はじめに
        111
      • 2. 症状
        111
      • 3. 疫学
        111
      • 4. 小児のOSAS
        112
    • II 問診
      岡本牧人
      113
      • 1. 本人からの聴取
        113
      • 1) 身長および体重
        113
      • 2) 睡眠について
        113
      • 2. 家人からの聴取
        114
      • 1) いびきおよび呼吸状態
        114
      • 2) 無呼吸の観察
        114
      • 3) 既往歴(小児の場合)
        114
    • III 診察,症候
      岡本牧人
      114
      • 1. 全身所見
        114
      • 2. 耳鼻咽喉科的局所所見
        115
      • 1) 前鼻鏡所見
        115
      • 2) 口腔,咽頭所見
        115
      • 3) 中咽頭計測
        116
      • 4) 後鼻鏡所見
        116
      • 5) 間接咽頭鏡所見
        116
    • IV 血液検査
      岩永耕一
      118
    • V セファロメトリー
      岡本牧人
      朝倉光司
      118
      • 1. 撮影法
        118
      • 2. 成人SASにおける計測
        121
      • 1) 主な計測
        121
      • 2) その他の計測
        121
      • 3. 小児アデノイド・扁桃肥大での計測点
        121
      • 1) アデノイドの大きさ
        121
      • 2) 扁桃の大きさ
        122
      • 4. セファロメトリの長所と短所
        122
      • 1) 長所
        122
      • 2) 短所
        122
      • 3) 対策
        123
    • VI カセット録音,ビデオ記録
      宮崎総一郎
      123
    • VII ポリソムノグラフ
      垣鍔典也
      124
      • 1. 脳波(EEG)
        124
      • 2. 眼球運動(EOG)
        125
      • 3. 筋放電(EMG)
        125
      • 4. 鼻口呼吸
        126
      • 5. 胸腹壁運動
        126
    • VIII 簡易検査
      126
      • 1. レスピグラフ,レスピソムノグラフ
        朝倉光司
        126
      • 2. アプノモニター
        朝倉光司
        128
      • 3. パルスオキシメータ
        朝倉光司
        宮崎総一郎
        128
      • 4. 睡眠時呼吸音記録(スリーブソノグラフ)
        朝倉光司
        131
    • IX 特殊検査
      131
      • 1. CT,MRI
        岩永耕一
        131
      • 1) CTによる画像診断
        131
      • 2. MRIによる画像診断
        岩永耕一
        132
      • 3. 音響分析
        垣鍔典也
        134
      • 4. ソムノフルオロスコピー
        宮崎総一郎
        135
      • 5. 薬物使用睡眠検査
        垣鍔典也
        136
      • 6. 気道内圧測定
        宮崎総一郎
        137
      • 7. 睡眼自動解析
        宮崎総一郎
        139
      • 1) 睡眠時呼吸障害検査システム
        140
      • 2) 自動解析の問題点
        143
      • 8. ミューラ一法(ミューラ一法を併用した内視鏡検査)
        岡本牧人
        146
      • 1) 方法
        146
      • 2) 評価
        146
    • X 健康保険点数
      岩永耕一
      148
    • XI 診断基準,重症度判定基準,手術適応基準
      149
      • 1. 診断基準
        岡本牧人
        149
      • 2. 重症度判定基準
        岡本牧人
        150
      • 1) 無呼吸apneaの定義
        150
      • 2) 低換気hypopneaの定義
        150
      • 3) 重症度
        151
      • 3. 手術適応基準
        垣鍔典也
        153