「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える

環境圏の新しい燃焼工学

フジ・テクノシステム/1999.12

当館請求記号:PA571-G5


目次


目次

  • 監修のことば
  • 執筆者一覧
  • 第1編
    燃焼現象の科学
    1~530
    • 第1章
      燃焼現象の解明
      • 第1節
        燃焼の化学反応
        <角田敏一>
        3
        • 1.
          燃焼速度
          3
          • 2.
            予混合燃焼
            5
          • 2.1
            燃焼形態
            5
          • 2.2
            燃焼反応
            5
          • 2.3
            所要空気量
            6
          • 2.4
            混合比
            6
          • 2.5
            燃焼生成物の温度と組成
            7
        • 3.
          拡散燃焼
          8
        • 4.
          すすの生成物
          9
      • 第2節
        複雑な場での燃焼現象
        12
        • 2-1
          乱流燃焼機構
          <古川純一>
          12
          • 1.
            層流と乱流
            12
          • 2.
            乱流予混合火炎
            12
          • 3.
            乱流拡散火炎
            13
        • 2-2
          層流燃焼機構
          <古川純一>
          14
          • 1.
            層流予混合火炎
            14
          • 1.1
            火炎構造
            14
          • 1.2
            燃焼速度
            14
          • 1.3
            可燃限界
            15
          • 1.4
            バーナ火炎の安定性
            15
          • 2.
            層流拡散火炎
            16
          • 2.1
            火炎構造
            16
          • 2.2
            ろうそくの炎
            16
        • 2-3
          燃焼排出物の発生機構
          <新井雅隆>
          18
          • 1.
            燃焼生成物と燃焼排出物
            18
          • 2.
            断熱火炎温度と燃焼平衡生成物
            19
          • 3.
            未燃排出物
            19
          • 4.
            窒素酸化物
            20
          • 5.
            すす
            25
          • 6.
            燃焼灰
            28
        • 2-4
          噴霧燃焼
          <新井雅隆>
          29
          • 1.
            液体の燃焼
            29
          • 2.
            液滴の燃焼
            29
          • 3.
            液滴の燃焼速度
            30
          • 4.
            液滴群の燃焼
            32
          • 5.
            噴霧火炎の構造
            33
        • 2-5
          旋回流燃焼
          <新井雅隆>
          36
          • 1.
            保炎装置
            36
          • 2.
            ブラフボディ後流の流れ
            36
          • 3.
            スワール数と旋回流の特性
            37
          • 4.
            旋回流燃焼器
            41
        • 2-6
          二段燃焼
          <新井雅隆>
          44
        • 2-7
          表面燃焼
          <桑原茂>
          48
          • 1.
            表面燃焼
            48
          • 1.1
            表面燃焼
            48
          • 1.2
            通気性固体の構造
            48
          • 1.3
            バーナ構造
            49
          • 1.4
            燃焼特性
            49
          • 2.
            表面燃焼の応用
            52
          • 2.1
            ボイラ・吸収冷温水機
            52
          • 2.2
            工業胴加熱炉
            52
          • 2.3
            乾燥炉,食品焼成炉
            52
        • 2-8
          対向燃焼
          <吉田亮>
          53
          • 1.
            層流予混合火炎
            53
          • 2.
            層流拡散火炎
            57
          • 3.
            乱流予混合火炎
            59
          • 4.
            乱流拡散火炎
            61
        • 2-9
          部分燃焼(合成ガス製造)
          <小山俊太郎>
          65
          • 1.
            部分燃焼の基本反応
            65
          • 2.
            部分燃焼方式
            66
          • 3.
            合成ガス利用プロセス
            67
      • 第3節
        特殊条件環境における燃焼現象
        68
        • 3-1
          微小重力場における燃焼現象
          <津江光洋>
          68
          • 1.
            気体燃料の燃焼
            68
          • 2.
            69
          • 3.
            固体燃料の燃焼
            71
          • 4.
            燃焼計測
            73
        • 3-2
          電場および磁場における燃焼現象
          <藤田修>
          75
          • 1.
            電場における燃焼現象
            75
          • 1.1
            電場影響の原理
            75
          • 1.2
            電場による燃焼速度,火炎安定性の変化
            76
          • 1.3
            電場と燃焼生成物
            76
          • 2.
            磁場における燃焼現象
            76
          • 2.1
            磁場影響の原理
            76
          • 2.2
            磁場における火炎の観察
            77
          • 2.3
            磁場が化学反応におよぼす影響
            78
        • 3-3
          高圧下における燃焼現象
          <津江光洋>
          80
          • 1.
            予混合燃焼
            80
          • 1.1
            層流燃焼速度
            80
          • 1.2
            可燃限界と消炎
            81
          • 1.3
            乱流燃焼速度
            81
          • 1.4
            すす生成
            81
          • 2.
            拡散燃焼
            82
          • 2.1
            平行流(同軸)拡散燃焼
            82
          • 2.2
            液体燃料の燃焼
            82
        • 3-4
          超臨界雰囲気中での液滴燃焼現象
          <津江光洋>
          86
          • 1.
            単一成分液滴の燃焼特性
            86
          • 1.1
            燃焼速度定数
            86
          • 1.2
            燃焼時間
            86
          • 1.3
            火炎形成
            87
          • 1.4
            超臨界蒸発状態への遷移
            87
          • 1.5
            理論解析
            88
          • 2.2
            成分燃料液滴の燃焼特性
            88
          • 2.1
            段階燃焼
            88
          • 2.2
            燃焼時間
            89
        • 3-5
          振動場雰囲気における燃焼現象
          <佐藤雅紀>
          91
          • 1.
            振動燃焼
            91
          • 2.
            振動燃焼の分類
            91
          • 2.1
            ヘルムホルツ振動
            91
          • 2.2
            音響学的振動
            91
          • 3.
            燃焼に伴って生じる自励振動の発振条件
            92
          • 3.1
            Raylelghの条件
            92
          • 3.2
            Putnamの条件
            92
          • 4.
            振動燃焼の状態とその特性
            93
          • 4.1
            変動量の状態
            93
          • 4.2
            混合比特性と振動燃焼領域
            94
          • 4.3
            励振の時間条件
            94
          • 4.4
            励振の空間条件
            95
          • 5.
            振動燃焼の抑制
            95
        • 3-6
          固体燃料ラムジェットの燃焼現象
          <辻角信男>
          97
          • 1.
            固体燃料ラムジェットエンジンの概要
            97
          • 2.
            SFRJにおける固体燃料の燃焼解析
            97
          • 3.
            SFRJ用固体燃料の性能向上研究
            99
          • 4.
            SFRJ実用化の問題点と将来性
            100
        • 3-7
          水素ラム燃焼現象
          <田丸卓>
          101
          • 1.
            水素燃料ラムシェットエンジン
            101
          • 2.
            ラムとスクラムジェットエンジン
            101
          • 3.
            ラムジェットエンジンの燃焼
            102
          • 3.1
            ブラフボディ型保炎器
            102
          • 3.2
            噴流保炎型燃焼器
            103
          • 4.
            実用燃焼器設計
            104
        • 3-8
          超過エンタルピー燃焼現象
          <長谷川敏明>
          106
          • 1.
            超過エンタルピー燃焼現象とは
            106
          • 2.
            超過エンタルピー燃焼
            106
          • 2.1
            燃焼方式
            106
          • 2.2
            熱循環方式
            106
          • 2.3
            燃焼応用例
            107
          • 3.
            空気予熱燃焼との差異
            107
          • 4.
            新しい超過エンタルピー燃焼
            108
          • 4.1
            燃焼原理
            108
          • 4.2
            燃焼システム
            108
          • 4.3
            燃焼適用例
            109
      • 第4節
        火災の燃焼現象
        112
        • 4-1
          火災現象概論
          <佐藤研二>
          112
          • 1.
            火災について
            112
          • 2.
            可燃性物質の初期状態による燃焼の様子の違い
            112
          • 3.
            火災の経過と現象
            113
          • 3.1
            火災の初期
            113
          • 3.2
            火災の成長期
            114
          • 3.3
            火盛期
            114
          • 3.4
            火災の終期
            115
          • 4.
            煙の発生・流動
            116
          • 5.
            特殊な物質の火災
            116
          • 6.
            火災の対策
            118
        • 4-2
          火災現象
          119
          • 4-2-(1)
            気体物の火災と基本現象
            <大谷英雄>
            119
          • 1.
            気体物の火災と爆発
            119
          • 2.
            可燃性ガスの火災の消火
            119
          • 3.1
            自然発火性ガス
            120
          • 2.2
            毒性ガス
            120
          • 2.3
            天然ガス井の火災
            120
          • 2.4
            支燃性ガス
            120
          • 4-2-(2)
            液体物の火災の特徴と基本現象
            <伊藤昭彦>
            121
          • 1.
            可燃性液体の燃焼
            121
          • 2.
            液面上の燃え広がり
            121
          • 2.1
            予混合型燃え広がり
            122
          • 2.2
            予熱型燃え広がり
            122
          • 2.3
            混合型燃え広がり
            124
          • 3.
            プール火災
            124
          • 4-2-(3)
            固体物の火災の特徴と基本現象
            <須川修身>
            129
          • 1.
            固体の燃焼
            129
          • 2.
            固体としての高分子の燃焼
            129
          • 2.1
            木材
            129
          • 2.2
            合成高分子
            132
          • 3.
            火炎伝播
            134
          • 4-2-(4)
            火災と放射
            <早坂洋史>
            136
          • 1.
            火災における放射の貢献度
            136
          • 2.
            火災における放射の見積り
            136
          • 2.1
            火災から放射により放出される熱量
            136
          • 2.2
            放射により放出される熱量の見積り
            135
          • 3.
            サーマルカメラによる放射の計測
            138
          • 3.1
            実験
            138
          • 3.2
            サーマルカメラによる放射計測
            138
          • 4.
            今後の展望
            139
      • 第5節
        熱流動
        <西村龍夫>
        141
        • 1.
          火災と渦
          141
        • 2.
          渦構造と混合
          141
          • 2.1
            渦の発生と発達
            141
          • 2.2
            均一場における混合
            143
          • 2.3
            不均一場における混合
            145
        • 3.
          噴流拡散炎
          145
          • 3.1
            層流
            145
          • 3.2
            層流から乱流への遷移
            148
          • 3.3
            乱流
            149
    • 第2章
      燃焼の高効率化
      • 第1節
        各種燃料の燃焼の高効率化
        151
        • 1-1
          粉体燃料
          <神原信志>
          151
          • 1.
            石炭の燃焼方式
            151
          • 2.
            石炭の特性
            152
          • 2.1
            化学的性状
            152
          • 2.2
            物理的特性
            154
          • 3.
            微粉炭の燃焼機構
            156
          • 3.1
            燃焼過程の概観
            156
          • 3.2
            揮発化過程
            156
          • 3.3
            チャー燃焼過程
            157
          • 4.
            窒素酸化物の生成機構
            158
          • 4.1
            thermalNOの生成機構
            158
          • 4.2
            promptNOの生成機構
            158
          • 4.3
            fuelNOxの生成機構
            158
        • 1-2
          液体燃料
          <鹿島實>
          161
          • 1.
            石油系液体燃料製造法
            161
          • 1.1
            ガスおよびLPG
            161
          • 1.2
            ナフサおよびガソリン
            161
          • 1.3
            灯油,軽油およびジェット燃料
            163
          • 1.4
            重油
            163
          • 2.
            液体燃料の燃焼の効率化
            165
          • 2.1
            ガソリン
            165
          • 2.2
            ディーゼル軽油
            169
          • 3.
            ディーゼル自動車の排出ガス対策
            171
          • 4.
            重油
            172
          • 4.1
            粘度
            172
          • 4.2
            引火点
            172
          • 4.3
            流動点
            173
          • 4.4
            灰分
            174
          • 4.5
            硫黄分
            174
          • 4.6
            発熱量
            174
          • 4.7
            安定性
            174
          • 5.
            灯油
            175
        • 1-3
          気体燃料
          <仲町一郎>
          177
          • 1.
            気体燃料の種類
            177
          • 2.
            気体燃料の特徴
            177
          • 3.
            高効率燃焼
            177
          • 4.
            安定燃焼の条件
            178
          • 4.1
            着火温度,着火エネルギー
            178
          • 4.2
            消炎距離
            179
          • 4.3
            燃焼限界
            179
          • 4.4
            燃焼(火炎)の安定化
            180
          • 5.
            燃焼の状態曳
            184
          • 5.1
            気体燃料の発熱量・理論空気量
            184
          • 5.2
            燃焼ガス量,排気損失
            185
          • 5.3
            未燃損失
            186
          • 5.4
            COの生成
            186
          • 5.5
            すすの生成
            187
          • 5.6
            火炎温度
            188
        • 1-4
          固体燃料
          <成瀬一郎>
          190
          • 1.
            石炭の燃焼現象の流れ
            190
          • 1.1
            石炭物性
            190
          • 1.2
            粒子周りでの燃焼現象
            191
          • 1.3
            粒子内での燃焼現象
            193
          • 1.4
            燃焼完結
            195
          • 2.
            各種石炭燃焼ボイラの特徴
            195
          • 3.
            クリーンコールテクノロジーの新展開
            196
        • 1-5
          COM,CWM
          <武野計二
          今本敏彦>
          198
          • 1.
            COM,CWMとは
            198
          • 2.
            CWM
            198
          • 2.1
            添加剤の作用と種類
            198
          • 2.2
            流体としての特性
            199
          • 2.3
            CWMとしての望ましい性質
            200
          • 2.4
            製造プロセス
            202
          • 2.5
            燃焼特性
            202
          • 2.6
            実用化状況
            205
          • 3.
            COM
            206
          • 3.1
            製造技術と流動特性
            206
          • 3.2
            開発利用状況
            207
        • 1-6
          燃焼抑制
          <斎藤直>
          210
          • 1.
            燃焼抑制とは
            210
          • 2.
            着火・消炎現象とダムケラー数
            210
          • 3.
            消火と燃焼抑制
            211
          • 4.
            難燃化と燃焼抑制
            213
      • 第2節
        燃焼技術の効率化
        216
        • 2-1
          酸素利用による燃焼の効率化
          <一楽祐一>
          216
          • 1.
            酸素利用の過去からのトレンド
            216
          • 2.
            酸素利用燃焼の特徴
            216
          • 2.1
            火炎温度の上昇
            216
          • 2.2
            燃焼速度の増加と燃焼範囲の拡大
            216
          • 2.3
            排ガス量の減少による省エネルギー
            217
          • 2.4
            ガス放射率の向上
            217
          • 2.5
            その他の効果
            218
          • 3.
            酸素を利用した燃焼におけるNOx生成
            218
          • 3.1
            燃焼空気の酸素濃度の違いによるNOx生成特性
            218
          • 3.2
            酸素冨化燃焼の低NOx化の可能性
            218
          • 3.3
            酸素燃焼におけるNOx生成の実際
            219
          • 3.4
            二段燃焼酸素バーナによる低NOx化
            220
          • 3.5
            空気燃焼と酸素燃焼のNOx比較
            220
          • 4.
            酸素の製造法と経済性
            220
          • 5.
            酸素利用の実例
            221
          • 5.1
            酸素燃焼ガラスタンク窯
            221
          • 5.2
            酸素燃焼回転式鋳鉄溶解炉
            221
          • 5.3
            酸素富化燃焼
            222
          • 6.
            今後の酸素燃焼の展開
            222
        • 2-2
          触媒燃焼
          <竹内正雄>
          223
          • 1.
            触媒燃焼の原理と分類
            223
          • 2.
            触媒燃焼の特徴
            224
          • 3.
            燃焼用触媒
            224
          • 4.
            触媒燃焼の応用
            225
          • 4.1
            低温燃焼(表面反応型)
            225
          • 4.2
            高温燃焼
            226
          • 4.3
            ハイブリッド触媒燃焼
            228
        • 2-3
          希薄予混合気燃焼-予混合希薄燃焼ガソリンエンジンの燃焼制御技術-
          <安東弘光>
          230
          • 1.
            予混合希薄燃焼
            230
          • 2.
            予混合希薄燃焼エンジンのための流動と混合の制御の基本的な考え方
            230
          • 2.1
            流動制御の考え方
            230
          • 2.2
            混合制御の考え方
            232
          • 3.
            タンブルを用いた予混合希薄燃焼エンジン
            233
          • 3.1
            混合の制御
            234
          • 3.2
            乱れの制御
            236
        • 2-4
          蓄熱式燃焼
          <岸本健>
          240
          • 1.
            蓄熱式燃焼
            240
          • 1.1
            超過エンタルピー燃焼
            240
          • 1.2
            リジェネ燃焼
            240
          • 2.
            リジェネ燃焼(高温空気燃焼)の特徴
            241
          • 2.1
            火炎形状
            242
          • 2.2
            火炎の色
            243
          • 2.3
            燃焼化学特性
            244
          • 2.4
            低NOx排出特性
            245
          • 3.
            高温空気燃焼効果
            246
          • 3.1
            すす発生抑制
            246
          • 3.2
            反応速度の低下に起因する低騒音化
            246
          • 3.3
            省エネルギー性能
            247
          • 4.
            蓄熱式燃焼器の例
            247
          • 5.
            蓄熱体
            248
          • 5.1
            蓄熱体の材料
            248
          • 5.2
            蓄熱体の温度の変化と熱解析
            249
        • 2-5
          異相系の予混合燃焼(微粉炭,油)
          <小谷田一男
          沖裕壮>
          251
          • 1.
            予混合燃焼の概要
            251
          • 1.1
            固体燃料の予混合燃焼
            251
          • 1.2
            液体燃料の予混合燃焼
            252
          • 2.
            予混合燃焼における燃焼の改善と環境保全性の向上技術
            252
          • 2.1
            微粉炭燃焼の高効率化
            252
          • 2.2
            噴霧燃焼の高効率化
            254
      • 第3節
        燃焼の効率化のための微粒化技術
        <柄澤隆夫>
        257
        • 1.
          粒体の微粉化
          257
        • 2.
          液体の微粒化
          258
          • 2.1
            単孔ノズルからの微粒化
            258
          • 2.2
            異種平均粒径表現の意義
            262
          • 2.3
            粒径分布と最大粒径
            263
          • 2.4
            微粒化法各種
            264
        • 3.
          固液混相燃料の微粒化
          264
      • 第4節
        プラズマおよびレーザを応用した燃焼技術
        267
        • 4-1
          放電生成プラズマの燃焼への応用
          <木村逸郎>
          267
          • 1.
            放電によるプラズマの生成
            267
          • 1.1
            放電の種類
            267
          • 1.2
            プラズマジェット(プラズマトーチ)
            267
          • 2.
            放電生成プラズマによる燃焼反応促進機構馳
            268
          • 2.1
            プラズマによる燃焼反応促進機構の一般的考察
            268
          • 2.2
            均一撹絆燃焼器による燃焼反応促進機構の検討
            268
          • 2.3
            プラズマ構成ガスの影響
            269
          • 3.
            放電生成プラズマの燃焼への応用例
            270
          • 3.1
            火花放電による可燃性混合気の点火
            270
          • 3.2
            超音速燃焼に対する放電生成プラズマの適用
            270
          • 3.3
            放電による燃焼排出汚染物質の制御
            273
          • 3.4
            プラズマジェットによる固体ロケットの燃焼制御
            275
        • 4-2
          レーザの燃焼への応用
          <堀澤秀之>
          277
          • 1.
            レーザの種類と特徴
            277
          • 1.1
            レーザ開発の経緯
            277
          • 1.2
            各種レーザの特徴と用途
            277
          • 2.
            レーザによる着火・燃焼反応
            277
          • 2.1
            レーザによる可燃性混合気着火の特徴
            277
          • 2.2
            レーザによる可燃性混合気の着火・燃焼促進
            279
          • 2.3
            レーザによる固体の着火・燃焼促進
            280
    • 第3章
      可燃性物質の爆発・発火危険性と評価
      • 第1節
        可燃限界・火炎伝播速度と爆発現象
        <平野敏右>
        283
        • 1.
          可燃限界
          283
        • 2.
          火炎伝播速度
          285
        • 3.
          爆発現象
          287
      • 第2節
        爆発限界と測定法
        <近藤重雄>
        292
        • 1.
          爆発限界測定法
          292
        • 2.
          爆発限界の理論的側面
          293
          • 2.1
            爆発限界にかかわる規則性
            294
          • 2.2
            爆発限界の温度依存性
            294
          • 2.3
            爆発限界の圧力依存性
            294
        • 3.
          分解爆発性
          296
        • 4.
          不活性ガス添加による爆発限界の変化
          296
        • 5.
          「Fナンバー」について
          298
      • 第3節
        危険性化学物質の発火・爆発性・反応危険性
        <菊池武史>
        301
        • 1.
          実験前の予備調査
          301
          • 1.1
            文献調査
            301
          • 1.2
            熱化学計算による潜在危険性予測
            301
        • 2.
          化学物質の熱安定性評価
          303
          • 2.1
            スクリーニング試験
            303
          • 2.2
            プロセス,貯蔵条件下での熱安定性および熱暴走試験
            303
          • 2.3
            暴走反応の放散口設計に関連した熱量計
            305
          • 2.4
            熱量計の比較
            306
        • 3.
          反応性化学物質の評価
          306
          • 3.1
            混触危険性,自然発火性
            306
          • 3.2
            機械的感度試験
            306
          • 3.3
            着火・燃焼性試験
            306
          • 3.4
            爆燃試験
            307
          • 3.5
            熱分解試験(圧力容器試験)
            307
          • 3.6
            衝撃起爆試験
            307
          • 3.7
            SADT試験
            308
        • 4.
          化学物質の危険性評価例:4―ニトロフエノール
          308
          • 4.1
            事前検討
            308
          • 4.2
            実験
            308
          • 4.3
            評価
            308
        • 5.
          化学反応の危険性評価
          309
          • 5.1
            危険性評価手順
            309
          • 5.2
            反応熱量計による危険性評価
            309
          • 5.3
            セミバッチ反応の危険評価例
            310
          • 5.4
            安全なセミバッチ反応器の検討手順
            312
        • 6.
          評価フローチャート
          312
          • 6.1
            熱安定性評価フローチャート
            312
          • 6.2
            反応危険性評価フローチャート
            313
      • 第4節
        爆発危険性の評価
        <大谷英雄>
        316
        • 1.
          自己反応性の化学物質
          316
        • 2.
          可燃性の化学物質
          317
        • 3.
          混杏危険性のある化学物質の組合せ
          317
    • 第4章
      燃焼の環境対策
      • 第1節
        燃焼改善技術による脱硫技術
        <松田仁樹>
        319
        • 1.
          硫黄化合物の発生機構
          319
        • 2.
          脱硫技術
          320
          • 2.1
            燃焼事前脱硫
            320
          • 2.2
            燃焼炉内脱硫
            321
          • 2.3
            排煙脱硫
            323
      • 第2節
        燃焼改善技術による脱硝技術
        326
        • 2-1
          燃焼抑制技術
          <玄後義>
          326
          • 1.
            NOの生成機構(原理)
            326
          • 1.1
            themalNO
            326
          • 1.2
            fuelNO
            327
          • 2.
            NOx抑制燃焼技術
            327
          • 2.1
            ボイラにおける低NOx燃焼技術
            327
          • 2.2
            ガスタービンにおける低NOx燃焼技術
            337
          • 2.2
            排煙脱硝技術
            <小林敬古>
            339
          • 1.
            排煙脱硝技術の概要
            339
          • 2.
            選択接触還元法
            340
          • 2.1
            選択接触還元法の概要
            340
      • 第3節
        窒素酸化物除去触媒
        <浜田秀昭>
        349
        • 1.
          室累酸化物の荘質と発生原因
          349
        • 2.
          窒素酸化物低減技術と触媒
          349
        • 3.
          現行の窒素酸化物除去触媒技術
          350
          • 3.1
            非選択的還元一三元触媒法
            350
          • 3.2
            アンモニアによる選択還元
            351
        • 4.
          新しい窒素酸化物除去触媒技術
          352
          • 4.1
            炭化水素による選択還元
            352
          • 4.2
            NOx吸蔵還元触媒システム
            354
          • 4.3
            直接分解
            355
          • 4.4
            電気,光を用いるNO分解
            355
      • 第4節
        ダイオキシン
        <仲山伸次>
        357
        • 1.
          ダイオキシンの概要
          357
        • 2.
          燃焼過程におけるダイオキシンの発生
          359
        • 3.
          ごみ焼却場におけるダイオキシン発生抑制
          363
          • 3.1
            日本における取組みの経緯
            363
          • 3.2
            ダイオキシン排出抑制方法
            365
      • 第5節
        燃焼共鳴騒音現象
        <秋山巖>
        370
        • 1.
          燃焼振動の特徴
          370
          • 1.1
            燃焼振動と燃焼騒音
            370
          • 1.2
            Rayleighの判定条件
            370
          • 1.3
            シンギングフレーム
            371
        • 2.
          燃焼振動の形態
          373
          • 2.1
            燃焼容器内不安定
            373
          • 2.2
            システム不安定
            374
          • 2.3
            固有不安定
            374
        • 3.
          燃焼振動の抑制方法
          374
          • 3.1
            シンギングフレーム
            374
          • 3.2
            熱音響学的不安定
            374
    • 第5章
      燃焼の計測
      • 第1節
        火炎計測
        <水谷幸夫>
        383
        • 1.
          火炎温度の計測
          383
          • 1.1
            概説
            383
          • 1.2
            接触法
            384
          • 1.3
            分子数密度法
            386
          • 1.4
            放射・吸収法
            388
          • 1.5
            分子励起法
            389
          • 1.6
            音速法
            389
        • 2.
          流速の計測
          390
          • 2.1
            概説
            390
          • 2.2
            トレーサ法
            390
        • 3.
          ガス組成の計測
          391
          • 3.1
            概説
            391
          • 3.2
            サンプリング法(接触法)
            391
          • 3.3
            光学的分析法(非接触法)
            392
      • 第2節
        熱流動計測
        395
        • 2-1
          赤外線熱計測
          <板倉安正>
          395
          • 1.
            赤外線熱計測の基礎
            395
          • 2.
            実存物体からの放射
            396
          • 3.
            赤外線システム
            396
          • 3.1
            放射束の測定法
            396
          • 3.2
            構成要素
            397
          • 3.3
            性有旨才旨標
            398
          • 3.4
            大気の吸収・散乱と背景放射
            399
        • 2-2
          熱画像計測
          <井越昌紀
          加藤俊之>
          401
          • 1.
            熱画像計測の基礎
            401
          • 1.1
            画像計測
            401
          • 1.2
            熱画像計測
            401
          • 1.3
            熱画像の性質
            402
          • 2.
            熱画像装置
            403
          • 2.1
            熱画像の表示
            404
          • 2.2
            画像センサ
            404
          • 3.
            熱画像の計測への応用
            406
          • 3.1
            工業的応用
            406
          • 3.2
            リモートセンシング
            406
          • 3.3
            監視
            407
          • 3.4
            医学的応用
            407
          • 3.5
            書貧査
            408
      • 第3節
        液体の微粒化測定法
        <柄澤隆夫>
        409
        • 1.
          液滴の挙動測定
          409
          • 1.1
            液滴の分裂
            409
          • 1.2
            液滴の運動
            409
        • 2.
          噴霧計測法
          409
        • 3.
          液浸法による噴霧粒子群の粒径・粒度分布測定
          410
          • 3.1
            噴霧粒子採取器
            411
          • 3.2
            噴霧粒子撮影装置
            411
          • 3.3
            受止皿
            412
          • 3.4
            受止液
            413
          • 3.5
            液浸法における誤差要因
            413
        • 4.
          流れの場における噴霧の挙動シミュレーション
          414
        • 5.
          凍結法
          415
          • 5.1
            凍結法装置の構造と測定方法
            416
          • 5.2
            比較測定の例
            418
      • 第4節
        レーザによる燃焼計測
        <廣安博之>
        419
        • 1.
          レーザ計測
          419
        • 2.
          流れ測定
          419
        • 3.
          噴霧および粒径測定
          421
        • 4.
          化学種濃度の測定
          425
        • 5.
          温度の測完
          426
        • 6.
          火炎の計測
          426
    • 第6章
      燃焼モデル・解析技術・シミュレーション
      • 第1節
        撚焼の解析技術
        <辻村欽司>
        429
        • 1.
          燃焼解耕の日附
          429
        • 2.
          光学的解析
          429
        • 3.
          物理量計測解析
          430
        • 4.
          化学分析
          431
        • 5.
          シミュレーション計算解析
          431
        • 6.
          燃焼実験解析
          432
        • 7.
          解析手法の選択
          433
      • 第2節
        燃焼の可視化
        <飯田訓正>
        434
        • 1.
          シャドウグラフ法,シュリーレン法による予混合火炎の可視化
          434
          • 1.1
            基本光学系
            434
          • 1.2
            シャドウグラフ,シュリーレン法の応用例(予混合気の燃焼速度計測)
            436
        • 2.
          二色法による火炎温度とすす濃度計測
          437
          • 2.1
            二色法の原理
            438
          • 2.2
            二色法の計測例
            440
        • 3.
          ラジカル発光計測による燃焼解析
          444
          • 3.1
            燃焼反応とラジカル発光
            444
          • 3.2
            2ストロークATACエンジンのラジカル発光計測例
            445
      • 第3節
        燃焼の数値解析シミュレーション
        451
        • 3-1
          微粉炭
          <富泉浩童>
          451
          • 1.
            微粉炭燃焼シミュレーションにおける周辺モデルについて
            451
          • 1.1
            流動解析モデルについて
            451
          • 1.2
            伝熱解析モデルについて
            451
          • 1.3
            気相反応モデルについて
            452
          • 1.4
            NO生成モデルについて
            452
          • 2.
            微粉炭燃焼モデル
            453
          • 2.1
            揮発分放出モデル
            453
          • 2.2
            チャー燃焼モデル
            453
          • 2.3
            総括的な取扱い
            454
          • 3.
            微粉炭燃焼シミュレーションの応用例
            455
        • 3-2
          燃焼の数値解析(ガス)
          <天野寿二>
          458
          • 1.
            数値解析技術への期待
            458
          • 2.
            ガス燃焼の数値解析の種類
            458
          • 2.1
            均一反応場数値解析
            458
          • 2.2
            一次元燃焼場数値解析
            459
          • 2.3
            二次元・三次元燃焼場数値解析
            460
          • 2.4
            乱流燃焼解析
            462
          • 3-3
            油燃焼
            <平戸瑞穂>
            466
          • 1.
            燃料油の燃焼反応
            466
          • 2.
            石油の物性と性状
            466
          • 3.
            液体燃料の微粒化
            469
          • 4.
            単一油滴粒子の蒸発と燃焼
            470
          • 5.
            油滴噴霧群の燃焼
            472
          • 6.
            石油の燃焼反応機構
            474
    • 第7章
      燃料の特性および燃焼試験
      • 第1節
        ガス燃料
        <長谷耕志>
        477
        • 1.
          ガス燃料の種類
          477
          • 1.1
            天然ガス
            477
          • 1.2
            液化石油ガス
            478
          • 1.3
            製造ガス
            478
          • 1.4
            都市ガス
            478
        • 2.
          ガス燃料の特性
          479
          • 2.1
            発熱量
            479
          • 2.2
            理論空気量および空気比
            479
          • 2.3
            火炎温度
            479
          • 2.4
            燃焼速度
            480
          • 2.5
            燃焼範囲
            480
          • 2.6
            混合ガスの燃焼限界
            482
        • 3.
          ガス燃料の互換性
          482
          • 3.1
            ガス燃料の燃焼性
            482
          • 3.2
            ウオッベ指数と燃焼速度による互換域
            482
          • 3.3
            MCPの計算式
            483
      • 第2節
        液体燃料
        <鹿島實>
        485
        • 1.
          ガソリン
          485
          • 1.1
            蒸留試験法
            486
          • 1.2
            蒸気圧測定法
            487
          • 1.3
            実験室オクタン価
            487
          • 1.4
            走行オクタン価測定法
            487
          • 1.5
            オクタン価要求値
            488
        • 2.
          ディーゼル軽油
          488
          • 2.1
            着火性
            488
          • 2.2
            低温流動性
            490
        • 3.
          重油
          492
          • 3.1
            A重油
            492
          • 3.2
            陸上小型燃焼設備
            492
          • 3.3
            燃焼性
            493
          • 3.4
            C重油
            493
          • 3.5
            混合安定性
            495
          • 3.6
            熱安定性
            496
          • 3.7
            貯蔵安定性
            496
          • 3.8
            安定性の評価方法
            497
          • 3.9
            灯油
            499
      • 第3節
        固体燃料
        <富永浩章>
        501
        • 1.
          固体燃料の種類と性状
          501
          • 1.1
            種類と特徴
            501
          • 1.2
            一般分析
            502
          • 1.3
            石炭およびコークスの性状
            502
          • 1.4
            廃棄物の性状と燃焼技術
            503
          • 1.5
            固体燃料の利用形態
            504
        • 2.
          固体燃料の燃焼試験法
          504
          • 2.1
            固体燃料の燃焼形態と燃焼試験
            505
          • 2.2
            燃焼試験に用いられる装置とその特徴
            505
          • 2.3
            各燃焼試験装置の概要
            507
      • 第4節
        特殊燃料(火薬類)
        <黍沢俊雄>
        514
        • 1.
          概説
          514
          • 1.1
            火薬類の分数
            514
          • 1.2
            火薬類の反応
            515
        • 2.
          火薬類の性能試験法
          516
          • 2.1
            概説
            516
          • 2.2
            安定度
            516
          • 2.3
            感度試験
            517
          • 2.4
            威力試験
            522
          • 2.5
            火工品の性能試験
            525
        • 3.
          国連勧告のクラス1火薬類の試験
          528
  • 第2編
    応用
    531~1572
    • 第1章
      高効率・クリーン化を目標とした自動車用エンジンの燃焼
      • 策1節
        ガソリンエンジンの燃焼
        <川鍋智彦>
        533
        • 1.
          ガソリンエンジンの熱効率
          533
        • 2.
          ガソリンエンジンの燃焼
          536
          • 2.1
            理論空燃比燃焼方式
            536
          • 2.2
            希薄燃焼方式
            538
      • 第2節
        ガスエンジンの燃焼
        <塩路昌宏>
        544
        • 1.
          燃焼特性
          544
        • 2.
          燃焼方式
          545
        • 3.
          均一混合気火花点火方式
          545
        • 4.
          デュアルフユーエル方式
          547
        • 5.
          直接噴射方式
          548
        • 6.
          他のガス燃料の利用
          548
      • 第3節
        アルコールエンジンの燃焼
        <佐藤由雄>
        551
        • 1.
          アルコール燃料
          551
          • 1.1
            アルコールの生成
            551
          • 1.2
            自動車用燃料としてのアルコール
            551
        • 2.
          アルコールエンジンの燃焼技術
          553
          • 2.1
            予混合火花点火エンジン
            554
          • 2.2
            筒内噴射圧縮点火エンジン
            558
          • 2.3
            筒内噴射補助燃料圧縮点火エンジン
            562
          • 2.4
            筒内噴射成層燃焼エンジン
            564
        • 3.
          排出ガス後処理によるNOx低減
          573
        • 4.
          始動時の排出ガス対策
          574
        • 5.
          耐久性・信頼性に関する課題
          574
      • 第4節
        水素エンジンの燃焼
        <山根公高>
        578
        • 1.
          自動車燃料としての水素の性質
          578
          • 1.1
            比重
            578
          • 1.2
            発熱量
            578
          • 1.3
            点火希薄限界濃度
            578
          • 1.4
            点火エネルギー
            578
          • 1.5
            自発火温度
            578
          • 1.6
            断熱火炎温度
            579
          • 1.7
            消炎距離
            579
          • 1.8
            燃焼後のモル数の変化
            579
        • 2.
          水素エンジンの特徴
          579
          • 2.1
            外部混合方式
            580
          • 2.2
            内部混合方式
            585
          • 2.3
            水素噴流の形成
            587
          • 2.4
            高圧噴射の着火と火炎伝播
            588
          • 2.5
            異常燃焼
            590
          • 2.6
            排気特性
            592
      • 第5節
        ディーゼルエンジンの燃焼
        <池上駒>
        597
        • 1.
          概要
          597
        • 2.
          燃焼の各段階
          597
          • 2.1
            噴霧過程
            597
          • 2.2
            噴霧内の混合気形成と着火
            599
          • 2.3
            初期燃焼過程
            599
          • 2.4
            主燃焼と汚染物質の生成
            599
        • 3.
          燃焼室形式
          601
        • 4.
          汚染物質の制御
          602
      • 第6節
        自動車用エンジン燃焼の計測診断技術
        604
        • 6-1
          ガソリンエンジン
          <伊東輝行>
          604
          • 1.
            燃焼の可視化
            604
          • 2.
            ガス流速
            605
          • 3.
            艶温度場
            606
          • 4.
            濃度場
            608
          • 4.1
            背景
            608
          • 4.2
            MPiの場合のリーンバーンエンジン
            608
          • 4.3
            LIFの適用
            608
          • 4.4
            LIFの課題と対策
            608
          • 4.5
            模擬燃料の効用
            610
          • 4.6
            濃度場の定量化
            610
          • 4.7
            その他の手法
            611
          • 5.
            反応場の追跡
            613
          • 6.
            エンジンに適用される光ファイバ
            613
        • 6-2
          ディーゼルエンジン
          <横田克彦>
          615
          • 1.
            燃焼現象の診断技術
            615
          • 1.1
            高速度燃焼観察法
            615
          • 1.2
            燃焼火炎の温度計測法
            616
          • 1.3
            燃焼火炎の流動計測手法
            618
          • 1.4
            燃焼室内ガスサンプリング技術
            619
          • 1.5
            燃焼現象のシミュレーション予測法
            620
          • 2.
            燃料噴霧の診断技術
            621
          • 2.1
            噴霧の発達状況の把握
            622
          • 2.2
            噴霧粒径測定について
            623
          • 2.3
            噴霧内の蒸気濃度計測法について
            624
          • 2.4
            燃料噴霧の数値解析法
            625
          • 3.
            空気流動の診断技術
            626
          • 3.1
            空気流動の可視化
            626
          • 3.2
            流動シミュレーション
            627
      • 第7節
        トライボロジーと燃焼条件
        <染谷常雄
        瀧口雅章>
        629
        • 1.
          燃焼とトライボロジー
          629
          • 1.1
            エンジンのトライボロジーと燃焼の関係
            629
          • 1.2
            エンジンの摺動部位とエンジントライボロジーの特徴
            629
          • 1.3
            エンジントライボロジーに関係のある燃焼条件
            629
        • 2.
          トライボロジーの基礎
          630
        • 3.
          エンジンオイル
          631
          • 3.1
            エンジンオイルの役割
            631
          • 3.2
            エンジンオイルの課題
            631
          • 3.3
            添加剤
            632
          • 3.4
            エンジンオイルの粘度分類と粘度指数
            632
          • 3.5
            エンジンオイルの品質と性能
            633
        • 4.
          燃焼に起因するエンジンオイルの劣化と摩耗およびその対策
          633
          • 4.1
            4サイクルガソリンエンジン
            633
          • 4.2
            2サイクルガソリンエンジン
            634
          • 4.3
            ディーゼルエンジン
            635
        • 5.
          エンジンの排気浄化とトライボロジー
          636
          • 5.1
            ガソリンエンジン
            636
          • 5.2
            ディーゼルエンジン
            636
        • 6.
          燃料とエンジントライボロジー
          641
        • 7.
          ディーゼルエンジンの高出力化とトライボロジー
          642
          • 7.1
            ピストンリングのスカッフィング
            642
          • 7.2
            高出力化と軸受損傷
            642
        • 8.
          その他
          642
          • 8.1
            燃費低減とトライボロジー
            642
          • 8.2
            異常燃焼とトライボロジー
            643
      • 第8節
        自動車用エンジンの流動1燃焼シミュレーション
        <内藤健>
        645
        • 1.
          空気流れ
          645
          • 1.1
            吸排気系流れの計算方法
            645
          • 1.2
            燃焼室内流れの計算方法
            646
          • 1.3
            解析例
            647
        • 2.
          燃料の流れ
          649
          • 2.1
            噴射後の液体燃料噴霧の粒子モデル
            649
          • 2.2
            適用例
            652
        • 3.
          燃焼
          652
          • 3.1
            燃焼モデル
            654
          • 3.2
            計算例
            657
    • 第2章
      産業(工業)用エンジンにおける燃焼のエンジニアリング
      • 第1節
        産業(工業)用エンジンにおける点火システムと燃焼技術
        <吉國宏>
        661
        • 1.
          ピストン型往復エンジンの点火方式
          661
        • 2.
          電気火花点火エンジンと燃焼
          662
          • 2.1
            4サイクルおよび2サイクルエンジン
            662
          • 2.2
            電気火花点火システム
            665
          • 2.3
            ガソリンエンジンの燃焼
            670
        • 3.
          圧縮着火エンジンと燃焼
          674
          • 3.1
            圧縮着火エンジンの性能
            674
          • 3.2
            2サイクルディーゼルエンジンの掃気と給気
            675
          • 3.3
            シリンダ内の燃焼
            676
          • 3.4
            排気
            677
          • 3.5
            ディーゼルエンジンの燃焼室
            677
      • 第2節
        工業用ガスエンジン
        <米沢裕策>
        681
        • 1.
          ガスエンジンのあゆみ
          681
        • 2.
          ガス燃料の特徴
          681
        • 3.
          各種ガス燃料への対応
          681
        • 4.
          ガスエンジンの燃焼方式
          683
          • 4.1
            ガソリンエンジンベース型ガスエンジン
            683
          • 4.2
            ディーゼルベース型ガスエンジン
            683
        • 5.
          定置用ガスエンジン
          686
          • 5.1
            定置用ガスエンジン
            686
      • 第3節
        産業(工業)用ディーゼルエンジン
        <渡部栄久>
        691
        • 1.
          ディーゼル噴霧の微粒化機構
          691
          • 1.1
            燃料加圧装置
            691
          • 1.2
            燃料高圧噴射管系
            692
          • 1.3
            燃料噴射ノズル
            692
        • 2.
          ディーゼル燃焼の燃焼制御
          694
          • 2.1
            第1期:着火遅れ(噴射開始から着火まで)
            694
          • 2.2
            第2期:無制御燃焼期
            694
          • 2.3
            第3期:制御燃焼期(圧力の急上昇の完了から噴射終わりまでの期間)
            695
          • 2.4
            第4期:後燃え期(噴射終了から燃焼の終わりまで)
            695
          • 2.5
            気流
            695
        • 3.
          ディーゼル燃焼における低燃費・低公害化技術と排気
          696
      • 第4節
        ガスタービン
        <大塚敬介
        水野光春>
        700
        • 1.
          ガスタービンの燃焼器として必要な機能
          700
          • 1.1
            ガスタービン機関の一要素としての燃焼器
            700
          • 1.2
            ガスタービンの燃焼器として必要な機能
            700
        • 2.
          燃焼器の形式と構造
          701
          • 2.1
            ガスタービン燃焼器の形式
            701
          • 2.2
            燃焼器の構造
            702
        • 3.
          ガスタービンの燃焼機構
          704
          • 3.1
            燃焼器内の燃焼
            704
          • 3.2
            燃料の噴射
            707
          • 3.3
            燃料の着火
            712
          • 3.4
            燃料の仕様
            717
        • 4.
          ガスタービン燃焼器における低公害化技術
          721
          • 4.1
            ガスタービン排気規制値
            721
          • 4.2
            対策概要
            722
          • 4.3
            NOx低減策各論
            724
          • 4.4
            今後の方向
            725
      • 第5節
        希薄燃焼エンジンの燃焼
        <浅香浦太郎>
        730
        • 1.
          希薄燃焼
          730
          • 1.1
            層状給気による希薄燃焼
            731
          • 1.2
            筒内直接噴射方式による希薄燃焼
            732
          • 1.3
            その他のエンジンの希薄燃焼
            734
        • 2.
          希薄燃焼における吸気
          735
          • 2.1
            吸気方法
            735
          • 2.2
            可変吸気システム
            735
        • 3.
          希薄燃焼における燃料噴射装置
          736
          • 3.1
            高圧燃料噴射弁
            737
          • 3.2
            高圧燃料噴射システム
            738
      • 第6節
        パルスジェット燃焼
        <菱田学
        林光一>
        739
        • 1.
          パルスジェット燃焼研究の歴史
          739
        • 2.
          パルスジェット燃焼の数値計算による解析
          741
          • 2.1
            パルスジェット燃焼の支配方程式
            741
          • 2.2
            計算例
            742
      • 第7節
        ジェットエンジン-燃焼特性と燃料について-
        <大塚敬介
        水野光春>
        749
        • 1.
          ジェットエンジンの燃焼器に要求される特性
          749
          • 1.1
            小型,軽量
            749
          • 1.2
            高負荷燃焼
            749
          • 1.3
            着火特性
            751
          • 1.4
            低公害燃焼
            752
        • 2.
          ジェットエンジンの燃料
          754
          • 2.1
            燃料に要求される特性
            754
          • 2.2
            燃料の規格
            756
      • 第8節
        スターリングエンジン
        <吉國宏>
        759
        • 1.
          スターリングエンジンの開発推移
          759
          • 1.1
            起源と第1開花期
            759
          • 1.2
            第2開発期から現代まで
            759
        • 2.
          スターリングエンジンの概要
          759
          • 2.1
            基本構成
            759
          • 2.2
            スターリングサイクル
            761
          • 2.3
            スターリングエンジンの動作原理
            762
          • 2.4
            スターリングエンジンの特徴
            763
          • 2.5
            出力特性
            764
        • 3.
          熱源と加熱システム
          764
          • 3.1
            多種燃料・熱源への適合性
            764
          • 3.2
            加熱システム
            765
          • 3.3
            エネルギーの流れと熱効率
            767
        • 4.
          開発状況と利用システム
          767
          • 4.1
            ムーンライト計画
            769
          • 4.2
            自動車用
            769
          • 4.3
            空調機
            770
          • 4.4
            潜水船用
            770
          • 4.5
            ソーラ発電
            770
          • 4.6
            低コスト,ローテクエンジン
            771
      • 第9節
        蒲ネレーシ・ンシステムの原動機として利用
        • 1.
          序論
          772
          • 1.1
            ガスコージェネレーションシステムの概要
            772
          • 1.2
            触媒を用いたNOx除去方法と問題点
            773
        • 2.
          尿素脱硝システム
          773
          • 2.1
            概論
            774
          • 2.2
            簡易脱硝システム
            775
        • 3.
          NOx吸蔵還元型三元触媒
          775
        • 4.
          NO直接分解触媒
          776
        • 5.
          炭化水素類によるNOx選択還元触媒
          776
          • 5.1
            概論
            776
          • 5.2
            希薄燃焼ガスエンジンへの適用上のポイント
            776
          • 5.3
            メタンを還元剤としたNOx選択還元触媒
            777
          • 5.4
            非メタン低級アルカンを還元剤としたCo―ゼオライト系NOx選択還元触媒
            779
          • 5.5
            その他の炭化水素類によるNOx選択還元触媒
            782
      • 第10節
        産業(工業)用エンジンの計測・燃焼診断
        <渡部栄久>
        784
        • 1.
          ディーゼル燃焼の解析技術
          784
        • 2.
          産業(工業)用エンジン噴霧の計測,可視化,画像処理
          787
        • 3.
          産茱(工業)用エンジン排嵐微粒子の計測,可視化,画像処理
          789
    • 第3章
      産業用燃焼炉のエンジニアリング
      • 第1節
        一般産業用ボイラの燃焼技術
        793
        • 1-1
          石油・ガスの燃焼技術
          <山田陸雄>
          793
          • 1.
            石油・ガス燃料
            793
          • 1.1
            石油燃料
            793
          • 1.2
            ガス燃料
            794
          • 2.
            液体・ガスの燃焼
            795
          • 2.1
            燃焼と着火温度
            795
          • 2.2
            発熱量
            795
          • 2.3
            理論空気量と空気比
            796
          • 2.4
            排ガス熱損失
            797
          • 2.5
            燃焼ガス温度
            797
          • 2.6
            液体燃料の燃焼
            798
          • 2.7
            油燃焼装置
            799
          • 2.8
            ガス燃料の燃焼
            803
          • 2.9
            ガス燃焼装置
            803
        • 1-2
          石炭・劣質残渣油
          <木本恭司>
          808
          • 1.
            微粉炭燃焼における低NOx燃焼技術
            808
          • 2.
            計算手法と総括反応モデル
            808
          • 3.
            燃料性状の影響
            809
          • 3.1
            単段燃焼時の炉内燃焼特性
            809
          • 3.2
            燃料性状による炉出口でのNO排出濃度とその予測
            811
          • 4.
            二段燃焼によるNOx低減効果
            812
          • 4.1
            単段燃焼と二段燃焼との比較
            812
          • 4.2
            二段燃焼用空気量の影響
            813
          • 4.3
            二段燃焼用空気吹込み位置の影響
            813
          • 5.
            劣質残渣油
            816
          • 5.1
            燃料性状と燃焼挙動の特徴
            816
          • 5.2
            二流体式アトマイザによる微粒化特性
            817
          • 5.3
            炉内燃焼実験と排気ガス特性
            819
        • 1-3
          小型貫流ボイラ
          <廣川一男>
          823
          • 1.
            小型貫流ボイラ
            823
          • 2.
            ボイラ性能
            824
          • 3.
            燃焼技術
            826
      • 第2節
        工業用燃焼炉の燃焼技術
        829
        • 2-1
          均熱炉・加熱炉
          <永井精和>
          829
          • 1.
            製鉄プロセスの概要
            829
          • 2.
            均熱炉・加熱炉の働き
            829
          • 2.1
            均熱炉
            829
          • 2.2
            加熱炉
            830
          • 3.
            均熱炉・加熱炉で使用される燃料
            830
          • 4.
            均熱炉・加熱炉の燃焼装置(バーナ)
            831
          • 4.1
            ハイターンダウン性能
            832
          • 4.2
            廃熱回収と低空気比燃焼性能による省エネ性能・低NOx性能
            832
          • 4.3
            火炎形状の最適化
            834
        • 2-2
          熱処理炉
          <南田実>
          835
          • 1.
            燃焼炉の加熱方式
            835
          • 1.1
            直接加熱方式
            835
          • 1.2
            間接加熱方式
            838
          • 2.
            温度制御と流量制御
            838
          • 2.1
            温度制御方法
            838
          • 2.2
            温度制御の動作方式
            838
          • 2.3
            バーナの流量制御方法
            838
          • 3.
            燃焼安全装置
            840
          • 3.1
            安全に関する関係法令
            840
          • 3.2
            安全装置
            840
        • 2-3
          溶融亜鉛めっき設備
          <石垣雅教>
          842
          • 1.
            概要
            842
          • 2.
            アームコーゼンジミア方式
            842
          • 3.
            無酸化炉方式
            843
          • 4.
            その他の方式
            844
          • 4.1
            直火還元炉
            844
          • 4.2
            ラジアントチューブ加熱炉
            845
          • 5.
            燃焼の制御
            845
          • 6.
            亜鉛めっきラインの設備と操業
            846
        • 2-4
          硫黄燃焼炉
          <林正徳>
          848
          • 1.
            硫黄の種類と取扱い
            848
          • 1.1
            硫黄の種類
            848
          • 1.2
            取扱い上の注意事項
            848
          • 2.
            硫黄燃焼の目的と前処理
            848
          • 2.1
            硫黄燃焼の目的
            848
          • 2.2
            燃焼にあたっての前処理
            849
          • 3.
            硫黄の燃焼装置
            849
          • 3.1
            硫黄燃焼の特徴
            849
          • 3.2
            パーナ(サルファーガン)
            850
          • 3.3
            燃焼炉
            851
          • 4.
            最近の動向
            852
        • 2-5
          液中燃焼装置
          <稲垣甫>
          854
          • 1.
            液中燃焼
            854
          • 2.
            液中燃焼装置
            854
          • 2.1
            高速短炎バーナ
            854
          • 2.2
            液中燃焼缶
            854
          • 3.
            液中燃焼装置の応用
            855
          • 3.1
            温水製造装置,液化ガスの蒸発装置
            855
          • 3.2
            濃縮装置
            856
          • 3.3
            有機塩化物の焼却処理装置
            856
          • 3.4
            濃厚廃水の焼却処理
            856
      • 第3節
        工業用大型燃焼炉の燃焼技術
        <廣川一男>
        859
        • 3-1
          セメントキルン
          859
          • 1.
            焼成炉の変遷
            859
          • 2.
            焼成反応とロータリキルン
            863
          • 2.1
            焼成反応
            863
          • 2.2
            ロータリキルンの様式と構造
            863
          • 2.3
            キルン内の粉体の運動とキルンの性能
            866
          • 2.4
            キルン内温度分布とコーティング
            866
          • 3.
            燃焼装置
            867
          • 3.1
            重油
            867
          • 3.2
            微粉炭
            868
        • 3-2
          ガラス溶融炉
          870
          • 1.
            るつほ炉
            870
          • 2.
            タンク窯
            870
          • 2.1
            溶融炉
            870
          • 2.2
            清澄部
            872
          • 2.3
            成形部
            872
          • 2.4
            ドッグハウスと投入機
            872
          • 2.5
            ポート(吹出し口)・バーナ
            873
          • 2.6
            溶解部の生産規模と加熱方式
            873
          • 2.7
            スロート,ネック,フロータ
            873
          • 2.8
            溶融ガラスの流れと伝熱
            874
          • 2.9
            溶解面積と燃料使用量
            874
          • 2.10
            排熱回収装置
            875
          • 2.11
            可使熱量
            876
          • 3.
            ガラス熱処理炉
            876
          • 3.1
            フロート法
            876
          • 3.2
            テンパー法
            877
      • 第4節
        工業用燃焼炉の設備設計
        <新宅蝶征>
        880
        • 1.
          炉本体の設備設計
          880
          • 1.1
            炉形式の選定
            880
          • 1.2
            燃焼炉の大きさ
            882
          • 1.3
            炉構造物
            887
          • 1.4
            燃焼設備容量の決め方
            888
          • 1.5
            排気設備
            891
        • 2.
          効畢を高めるための付常設備
          892
          • 2.1
            被熱物の直接予熱
            892
          • 2.2
            蓄熱器
            893
          • 2.3
            換熱器
            893
          • 2.4
            蓄熱燃焼
            895
          • 2.5
            蒸発冷却
            897
    • 第4章
      廃棄物燃焼のエンジニアリング
      • 第1節
        廃棄物の燃焼特性
        <鍋島淑郎>
        899
        • 1.
          都市ごみの性状
          899
          • 1.1
            都市ごみの処理方法
            899
          • 1.2
            ごみの組成
            899
          • 1.3
            ごみの発熱量
            901
        • 2.
          焼却施設の機能
          903
          • 2.1
            処理能力
            904
          • 2.2
            熱灼減量
            904
          • 2.3
            火格子燃焼率
            904
          • 2.4
            燃焼室熱負荷
            904
          • 2.5
            燃焼室出口温度
            904
          • 2.6
            二次公害防止対策技術
            905
        • 3.
          ダイオキシン類低減対策
          906
          • 3.1
            ダイオキシンとは
            906
          • 3.2
            ごみ焼却炉からのダイオキシン発生
            907
          • 3.3
            ごみ中の原因物質
            908
          • 3.4
            ダイオキシンの排出形態
            908
          • 3.5
            ダイオキシンの排出低減の考え方
            909
          • 3.6
            ダイオキシン類削減のための新ガイドライン
            909
      • 第2節
        応華物癬却炉
        <関口善利>
        912
        • 1.
          廃棄物の発生量と処理の現状
          912
        • 2.
          廃棄物の性状と焼却特性
          913
          • 2.1
            一般廃棄物(都市ごみ)の性状
            914
          • 2.2
            産業廃棄物の性状と燃焼特性
            914
        • 3.
          炉の運転方式による分類
          918
          • 3.1
            バッチ炉
            918
          • 3.2
            機械化バッチ炉
            918
          • 3.3
            准連炉
            918
          • 3.4
            全連炉
            918
        • 4.
          焼却炉の形式
          919
          • 4.1
            ストーカ式焼却炉
            919
          • 4.2
            流動床炉
            920
          • 4.3
            ロータリキルン式焼却炉
            921
          • 4.4
            立て型焼却炉
            924
          • 4.5
            直接溶融式焼却炉
            925
          • 4.6
            スプレッダーストーカ式焼却炉
            927
          • 4.7
            その他の焼却炉
            927
        • 5.
          焼却炉の選定
          927
        • 6.
          これからの処理システム
          929
      • 第3節
        廃プラスチックの燃料化技術
        <小山昌夫>
        932
        • 1.
          廃プラスチック油化の化学
          932
          • 1.1
            油化処理の経緯
            932
          • 1.2
            廃プラスチックの熱分解の化学
            932
          • 1.3
            主鎖の分解例
            933
          • 1.4
            側鎖の分解例
            935
          • 1.5
            耐熱性ポリマーの熱劣化
            936
        • 2.
          廃プラスチック油化技術の各種方式
          936
          • 2.1
            初期の廃プラスチック油化技術
            936
          • 2.2
            最近の油化技術
            937
          • 2.3
            海外の状況
            937
        • 3.
          都市ごみ系廃プラスチックの燃料化
          938
          • 3.1
            都市ごみ系廃プラスチック処理状況
            938
          • 3.2
            都市ごみ系廃プラスチックの油化
            939
      • 第4節
        廃タイヤの燃料化技術
        <新井節雄>
        950
        • 1.
          廃タイヤの発生および再利用状況
          950
          • 1.1
            タイヤの原材料
            950
          • 1.2
            原形利用
            951
          • 1.3
            加工利用
            952
        • 2.
          セメント焼成キルンでの熱利用(燃料化)
          952
          • 2.1
            セメント製造プロセスの概要
            953
          • 2.2
            タイヤの燃焼と反応メカニズム
            953
          • 2.3
            燃料化システム
            955
        • 3.
          その他の熱利用技術
          956
          • 3.1
            乾留法(熱分解法)
            956
          • 3.2
            直接燃焼法
            958
          • 3.3
            発電設備での廃タイヤの利用
            958
          • 3.4
            生石灰焼成での廃タイヤ利用(奥多摩工業(株)瑞穂工場)
            959
          • 3.5
            中小ボイラでの廃タイヤの利用
            959
      • 第5節
        廃棄物の固形化燃料のエンジニアリング
        <小山和男>
        961
        • 1.
          ごみ固形燃料(RDF)化発電
          961
          • 1.1
            概要
            961
          • 1.2
            現状でのRDF使用例
            961
          • 1.3
            RDF使用および燃焼
            961
        • 2.
          固形燃料化システム
          964
          • 2.1
            概要
            964
          • 2.2
            一般廃棄物のRDF化
            965
          • 2.3
            産業廃棄物のRDF化
            967
        • 3.
          ごみ燃料化をベースとした地域ごみ発電システム
          969
          • 3.1
            概要
            969
          • 3.2
            RDF導入形態
            972
          • 3.3
            RDFの位置づけと規格
            974
      • 第6節
        一般廃棄物処理におけるゼロ・エミッション・アプローチ
        <岩崎友彦
        宍戸朗>
        975
        • 1.
          一般廃棄物処理の抱える問題
          975
        • 2.
          一般廃棄物処理におけるゼロ・エミッション・アプローチ
          976
        • 3.
          リサイクルに関する3つの幻想
          976
          • 3.1
            マテリアルリサイクルの幻想
            977
          • 3.2
            サーマルリサイクルの幻想
            977
          • 3.3
            リサイクル規模の幻想
            977
        • 4.
          ZEデュアル・ハブ構想
          977
          • 4.1
            経済的メリットを有するサテライト・ハブの規模
            978
          • 4.2
            経済的メリットを有する中継方式
            978
        • 5.
          サテライト・ハブとは
          979
        • 6.
          センター・ハブとは
          981
      • 第7節
        医療廃棄物焼却技術
        <田中嘉治
        松井雅治>
        984
        • 1.
          医療廃棄物の特性
          984
          • 1.1
            廃棄物の種類
            984
          • 1.2
            廃棄物の発生量
            985
          • 1.3
            廃棄物の組成
            985
          • 1.4
            廃棄物の形態
            985
        • 2.
          医療廃棄物の焼却処理要件
          986
          • 2.1
            焼却処理の目的と要件
            986
          • 2.2
            適正処理の基準
            986
        • 3.
          焼却処理システム
          986
          • 3.1
            燃焼装置
            986
          • 3.2
            排ガス処理装置
            988
          • 3.3
            医療廃棄物の焼却処理実施例
            989
        • 4.
          焼却溶融システム
          991
          • 4.1
            焼却溶融処理の基本概念
            991
          • 4.2
            焼却溶融炉の構造と機能
            991
          • 4.3
            揺動式焼却溶融炉の設備構成
            992
          • 4.4
            医療廃棄物の焼却溶融処理実施例
            992
        • 5.
          医療廃棄物適正処理の経済性
          993
      • 第8節
        ダイオキシン類の測定法
        <橋場常雄>
        996
        • 1.
          総論
          996
        • 2.
          試料の採取方法
          996
          • 2.1
            排ガス試料の採取方法
            996
          • 2.2
            灰試料の採取方法
            998
          • 2.3
            排水試料の摂取方法
            998
        • 3.
          分析方法
          998
          • 3.1
            分析方法の概要
            998
          • 3.2
            試料の前処理
            1000
          • 3.3
            ガスクロマトグラフ質量分析による同定と定量
            1003
        • 4.
          結果の表示
          1005
          • 4.1
            ダイオキシン類の表示方法
            1005
          • 4.2
            定量下限
            1005
          • 4.3
            濃度表示方法
            1005
      • 第9節
        ダイオキシン抑制燃焼技術
        <小川弘>
        1007
        • 1.
          有機ハロゲン化合物の生成
          1007
          • 1.1
            ハロゲン化芳香族炭化水素
            1007
          • 1.2
            ダイオキシン類
            1008
          • 1.3
            コプラナーPCB
            1008
          • 1.4
            排ガス中ダイオキシン類
            1009
        • 2.
          ダイオキシン類の生成機構
          1010
          • 2.1
            燃焼過程におけるダイオキシン類の生成
            1010
          • 2.2
            熱回収・ガス冷却過程におけるダイオキシン類の生成
            1011
          • 2.3
            ダイオキシン抑制反応物質
            1012
          • 2.4
            ごみ焼却炉におけるダイオキシン類の発生機構
            1012
        • 3.
          ダイオキシンの抑制技術
          1014
          • 3.1
            ダイオキシンの抑制燃焼技術
            1014
          • 3.2
            都市ごみ焼却炉におけるダイオキシン対策
            1016
          • 3.3
            廃棄物焼却炉のダイオキシン類の排出規制
            1016
      • 第10節
        バグフィルタによるダイオキシン類対策技術
        <平井修司>
        1020
        • 1.
          バグフィルタの特性
          1020
        • 2.
          バグフィルタによるダイオキシン削減技術
          1022
          • 2.1
            排ガス処理システム
            1022
          • 2.2
            排ガスの低温化
            1022
          • 2.3
            活性炭吹込み
            1025
          • 2.4
            高効率除去
            1025
          • 2.5
            触媒による分解
            1026
        • 3.
          今後の課題
          1026
      • 第11節
        溶融技術
        <池田史郎>
        1028
        • 1.
          溶融の効果
          1028
        • 2.
          溶融技術の要点
          1028
          • 2.1
            灰分の溶液化
            1028
          • 2.2
            高温の発生と保持
            1029
          • 2.3
            炉内温度の計測と制御
            1031
          • 2.4
            溶融炉の炉壁
            1031
          • 2.5
            融液の取出し
            1032
          • 2.6
            燃焼ガスの排出
            1032
        • 3.
          溶融炉の諸型式
          1032
          • 3.1
            コークスベッド式溶融炉
            1032
          • 3.2
            表面溶融炉
            1033
          • 3.3
            旋回溶融炉
            1033
          • 3.4
            アーク式溶融炉
            1034
          • 3.5
            プラズマ式溶融炉
            1034
          • 3.6
            電気抵抗式溶融炉
            1035
      • 第12節
        燃焼処理による有害物質の安全廃棄
        1036
        • 12-1
          保存処理木材
          <石原茂久>
          1036
          • 1.
            木材の防腐処理規定
            1036
          • 2.
            保存処理木材の処理・処分方法
            1036
          • 2.1
            有機系薬剤による処理木材の焼却廃
            1036
          • 2.2
            CCA処理木材の焼却に伴う挙動
            1037
        • 12-2
          絶縁油
          <小谷田一男
          沖裕壮>
          1039
          • 1.
            絶縁油の種類と性質
            1039
          • 1.1
            絶縁油の種類
            1039
          • 1.2
            絶縁油の性状
            1039
          • 2.
            PCB含有絶縁油およびPCBの保管と処理
            1039
          • 2.1
            保管状況
            1039
          • 2.2
            処理状況
            1041
          • 3.
            PCB含有絶縁油およびPCBの焼却処理状況
            1042
          • 3.1
            PCB含有絶縁油などの処理技術の開発状況
            1042
          • 3.2
            PCB含有絶縁油などの焼却処理技術の開発状況
            1042
          • 4.
            絶縁油としてのPCBの焼却処理
            1044
          • 4.1
            高温熱分解試験
            1044
          • 4.2
            高温熱分解処理
            1046
          • 5.
            PCB含有絶縁油の焼却処理
            1048
          • 5.1
            PCB含有絶縁油の熱分解・焼却試験
            1048
          • 5.2
            微量PCB含有絶縁油の試験炉による燃焼試験
            1049
          • 6.
            絶縁油処理の今後の課題
            1053
        • 12-3
          不明薬品の焼却処理
          <新井充>
          1054
          • 1.
            不明薬品とその廃棄処理方法
            1054
          • 2.
            不明薬品処理の問題点とその解決法
            1054
      • 第13節
        廃棄物焼却施設における燃焼爆発
        <安田憲二>
        1056
        • 1.
          可燃ガス発生のメカニズム
          1057
        • 2.
          ガス発生に影響する因子
          1058
          • 2.1
            焼却灰,フライアッシュ中のアルミニウム含有量
            1058
          • 2.2
            灰と冷却水が接触した後のpH値
            1058
          • 2.3
            水と焼却灰等との反応比
            1058
          • 2.4
            灰の粒径
            1058
          • 2.5
            フライアッシュ等の酸化還元電位
            1059
        • 3.
          水素発生量の経時変化
          1059
        • 4.
          燃焼爆発の事故防止対策
          1059
    • 第5章
      石炭燃焼ボイラの燃焼技術・溶融還元炉の燃焼
      • 第1節
        ストーカ
        <成瀬一郎>
        1061
        • 1.
          ストーカ炉の背景
          1061
        • 2.
          ストーカ燃焼炉の分類と特徴
          1061
        • 3.
          ストーカ炉の性能と基本構造
          1063
        • 4.
          ストーカ炉内の燃焼機構
          1064
        • 5.
          環境汚染物質の生成・消滅特性
          1064
          • 5.1
            ばい塵
            1064
          • 5.2
            硫黄酸化物
            1065
          • 5.3
            窒素酸化物
            1065
          • 5.4
            その他の環境汚染物質の低減対策とストーカ石炭ボイラの適用炭種
            1066
          • 5.5
            発展途上国におけるストーカ炉利用のための新固体燃料
            1067
      • 第2節
        微粉炭
        <神原信志>
        1071
        • 1.
          微粉炭の燃焼技術
          1071
        • 2.
          微粉炭燃焼設備の特色
          1071
          • 2.1
            粉砕設備
            1072
          • 2.2
            微粉炭バーナ
            1072
          • 2.3
            ボイラ火炉
            1074
        • 3.
          窒素酸化物の抑制技術
          1074
          • 3.1
            二段燃焼
            1075
          • 3.2
            排ガス再循環
            1075
          • 3.3
            低空気比燃焼
            1076
          • 3.4
            混炭による燃焼改善
            1076
        • 4.
          ボイラ特性に及ぼす石炭性状の影響
          1076
          • 4.1
            燃焼試験による燃焼性予測
            1077
          • 4.2
            石炭性状による燃焼性予測
            1078
          • 4.3
            石炭特性によるNOx発生性予測
            1080
          • 4.4
            炭質評価ソフトウェア
            1080
      • 第3節
        流動層
        1082
        • 3-1
          常圧流動層
          <森滋勝>
          1082
          • 1.
            流動層燃焼(FBC)
            1082
          • 2.
            気泡型流動層石炭燃焼ボイラ
            1082
          • 3.
            外部循環型流動層燃焼ボイラ
            1083
          • 4.
            常圧流動層ボイラの実用化
            1084
        • 3-2
          加圧流動層
          <藤間幸久>
          1086
          • 1.
            加圧流動層のねらい
            1086
          • 2.
            石炭加圧流動層燃焼複合発電の現状
            1086
          • 2.1
            加圧流動層ボイラとガスタービン
            1086
          • 2.2
            部分ガス化・加圧燃焼・ガスタービン
            1087
          • 3.
            加圧流動層燃焼温度と圧力
            1087
          • 4.
            複合発電用加圧流動層燃焼システム
            1088
          • 4.1
            燃料・脱硫剤供給
            1088
          • 4.2
            燃焼器(加圧流動床)
            1090
          • 4.3
            流動層内熱交換
            1090
          • 4.4
            流動材貯蔵ホッパ(気泡型)
            1090
          • 4.5
            除塵装置
            1091
          • 4.6
            その他
            1091
          • 5.
            石炭の加圧燃焼の特徴
            1091
          • 5.1
            燃焼速度
            1091
          • 5.2
            脱硫
            1092
          • 5.3
            窒素酸化物
            1092
          • 6.
            石炭燃焼以外の適用
            1092
          • 6.1
            石炭部分ガス化複合発電
            1092
          • 6.2
            バイオマスガス化
            1093
        • 3-3
          循環流動層
          <永東秀一>
          1096
          • 1.
            基本原理
            1096
          • 2.
            循環流動層ボイラの概要
            1096
          • 3.
            循環流動層ボイラの種類と特徴
            1096
          • 3.1
            外部熱交換器付属型循環流動層ボイラ
            1097
          • 3.2
            外部熱交換器省略型循環流動層ボイラ
            1100
          • 3.3
            中速循環型循環流動層ボイラ
            1100
          • 3.4
            高速循環型内部循環流動層ボイラ
            1101
          • 3.5
            低速循環型内部循環流動層ボイラ
            1102
      • 第4節
        石炭のガス化
        <津留義通>
        1105
        • 1.
          ガス化とガス化剤
          1105
        • 2.
          ガス化の基本反応
          1105
        • 3.
          石炭ガス化炉のプラント
          1106
        • 4.
          ガス化温度と圧力の影響
          1107
        • 5.
          ガス化炉の形式
          1108
          • 5.1
            各ガス化炉の特徴
            1108
        • 5.2
          石炭ガス化炉の傾向
          1110
        • 6.
          石炭中の無機質成分(灰分)の挙動
          1110
        • 7.
          水素添加ガス化
          1111
      • 第5節
        石炭の前処理技術
        <山下亨>
        1113
        • 1.
          選炭とアドバンストコールクリーニング
          1113
        • 2.
          選炭プロセスの概要
          1113
        • 3.
          破砕・粉砕
          1113
          • 3.1
            ロータリ・ブレーカ
            1113
          • 3.2
            ロールクラッシャ
            1115
        • 4.
          篩い分け・分級
          1115
          • 4.1
            振動スクリーン
            1115
          • 4.2
            分級サイクロン
            1116
        • 5.
          選別
          1116
          • 5.1
            ジグ水選
            1116
          • 5.2
            重液バス
            1117
          • 5.3
            重液サイクロン
            1117
          • 5.4
            ウォーター・オンリー・サイクロン
            1118
          • 5.5
            スパイラル
            1118
          • 5.6
            浮選
            1118
        • 6.
          固液分離・脱水・廃水処理
          1119
          • 6.1
            シープベンド・脱水スクリーン
            1119
          • 6.2
            遠心脱水機
            1120
          • 6.3
            真空フィルタ
            1120
          • 6.4
            シックナ
            1121
        • 7.
          アドバンスト・コールクリーニング技術
          1121
          • 7.1
            カラム浮選
            1121
          • 7.2
            オイルアグロメレーション
            1122
          • 7.3
            アルカリ浸出
            1123
      • 第6節
        石灰による石炭燃焼のクリーン化
        <渡部輝雄>
        1125
        • 1.
          石灰の利用技術
          1125
        • 2.
          炉内脱硫技術
          1125
          • 2.1
            炉内流動床による脱硫法
            1125
          • 2.2
            炉内乾状態吹込み法
            1126
        • 3.
          湿式脱硫技術
          1127
          • 3.1
            反応のメカニスム
            1127
          • 3.2
            吸収液pHと脱硫性能
            1128
          • 3.3
            型式とフローシート
            1128
        • 4.
          簡易脱硫技術
          1130
          • 4.1
            簡易脱硫性能比較
            1130
          • 4.2
            簡易脱硫プロセス
            1131
        • 5.
          石灰による石炭燃焼のクリーン化のまとめ
          1132
      • 第7節
        溶融還元炉における炉内反応
        <武内美継>
        1133
        • 1.
          製鉄プロセスの概要
          1133
        • 2.
          溶融還元法の概要
          1133
        • 3.
          DIOS溶融還元法の炉内反応
          1135
        • 4.
          Romelt法の特徴と燃焼
          1137
        • 5.
          溶融還元法の二次燃焼
          1138
          • 5.1
            二次燃焼率と石炭原単位の関係
            1138
          • 5.2
            溶融還元法の二次燃焼の特徴
            1138
          • 5.3
            溶融還元法の炉内温度と二次燃焼
            1138
          • 5.4
            二次燃焼に及ぼす石炭中VMの影響
            1139
        • 6.
          溶融還元法の熱収支
          1140
        • 7.
          溶融還元法の燃焼面の今後の課題
          1140
      • 第8節
        固体燃料高温反応場での非接触温度計測法
        <成瀬一郎>
        1142
        • 1.
          温度計測の目的
          1142
        • 2.
          各種温度計測法の概要
          1142
        • 3.
          高温場における気体温度の光学的測定
          1142
          • 3.1
            Na-D線反転温度測定法
            1142
          • 3.2
            光散乱を利用した測定法
            1143
        • 4.
          高温場における固体温度の光学的計測
          1144
    • 第6章
      高効率発電システムにおける燃焼技術
      • 第1節
        高温・高効率発電システムにおける燃焼技術
        <金子祥三>
        1147
        • 1.
          高効率発電システムの概要
          1147
          • 1.1
            超臨界圧発電プラント
            1147
          • 1.2
            石炭ガス化炉複合発電
            1147
          • 1.3
            加圧流動床ボイラ複合発電
            1152
          • 1.4
            排気再燃コンバインドサイクル
            1153
        • 2.
          高効率発電システムにおける燃焼技術
          1154
          • 2.1
            超臨界圧ボイラ用燃焼技術
            1154
          • 2.2
            石炭ガス化炉(噴流床ガス化炉)複合発電用バーナの特徴
            1158
          • 2.3
            加圧流動床ボイラ複合発電の燃焼方式
            1159
          • 2.4
            排気再燃バーナ
            1161
      • 第2節
        コンバインド発電システムにおける燃焼技術
        <稲田満>
        1162
        • 1.
          コンバインド発電システム
          1162
          • 1.1
            コンバインド発電システムの高効率化
            1162
          • 1.2
            燃焼技術の課題
            1163
        • 2.
          環境保全のための燃焼技術
          1163
          • 2.1
            低NOx燃焼技術
            1163
          • 2.2
            サーマルNOxの低減
            1164
          • 2.3
            フユーエルNOxの低減
            1167
        • 3.
          燃料多様化のための燃焼技術
          1168
        • 4.
          高温化のための燃焼技術
          1171
    • 第7章
      産業用燃焼炉の低公害化技術
      • 第1節
        燃焼の低公害化技術
        1173
        • 1-1
          二段燃焼
          <長谷川敏明>
          1173
          • 1.
            空気二段燃焼
            1173
          • 1.1
            燃焼原理
            1173
          • 1.2
            燃焼器構造
            1173
          • 1.3
            NO排出抑制効果
            1174
          • 2.
            燃料二段燃焼
            1174
          • 2.1
            従来の燃料二段燃焼原理
            1174
          • 2.2
            NOx排出抑制効果
            1175
          • 3.
            新しい燃料二段燃焼
            1175
          • 3.1
            一次燃焼形態の影響
            1175
          • 3.2
            燃料噴流の流動
            1176
          • 3.3
            燃料二段燃焼機構
            1179
        • 1-2
          触媒燃焼
          <肥塚淳次>
          1183
          • 1.
            触媒燃焼と燃焼炉(機器>の低公害化
            1183
          • 2.
            触媒燃焼における低NOx化
            1183
          • 2.1
            燃焼におけるNOxの生成と抑制
            1183
          • 2.2
            触媒燃焼による低NOx化
            1184
          • 3.
            高温触媒燃焼法と低NOx化
            1185
          • 3.1
            高温触媒燃焼の2つの概念
            1185
          • 3.2
            ハイブリッド触媒燃焼と低NOx化
            1185
          • 4.
            高温燃焼触媒とガスタービン燃焼器の開発
            1186
          • 4.1
            高温燃焼触媒の開発
            1186
          • 4.2
            高温触媒燃焼器の開発
            1188
        • 1-3
          リバーニング燃焼(炉内脱硝)
          <坂井正康>
          1192
          • 1.
            リバーニングの目的と低NOx燃焼への展開
            1192
          • 2.
            炭化水素燃料によるNOx分解現象
            1192
          • 2.1
            燃料種とNOx分解
            1192
          • 2.2
            HCによるNO分解の基本条件
            1193
          • 3.
            炭化水素燃料によるNOx分解特性
            1193
          • 3.1
            空気比(λ)による変化
            1193
          • 3.2
            NO濃度による変化
            1193
          • 3.3
            反応温度による変化
            1193
          • 3.4
            反応時間による変化
            1193
          • 4.
            リバーニングによるNOxの酸化と還元
            1194
          • 5.
            炉内脱硝法の様式とNOx低減特性
            1195
          • 6.
            炭化水素燃料による還元燃焼
            1196
        • 1-4
          高温L空気燃焼による次世代りジェネ燃焼技術
          <森田光宣>
          1199
          • 1.
            高性能工業炉開発プロジェクトの概要
            1199
          • 2.
            高性能工業炉開発の基盤技術としての高温空気燃焼
            1199
          • 3.
            リジェネ技術の発展史
            1200
          • 3.1
            リジェネレーティブバーナの出現
            1200
          • 3.2
            NOx問題との直面
            1200
          • 3.3
            国家プロジェクトの開始
            1201
          • 3.4
            高性能工業炉設計の再構築
            1201
          • 4.
            高温空気燃焼の原理と効果
            1201
          • 5.
            高温空気燃焼の汎用性
            1202
          • 6.
            プロジェクト成果の概要
            1203
          • 6.1
            高温空気燃焼火炎の特徴
            1203
          • 6.2
            火炎分光特性
            1204
          • 6.3
            NOx特性
            1204
          • 6.4
            炉温平均化技術
            1206
          • 6.5
            炉温高温化(高エクセルギー伝熱)技術
            1207
          • 6.6
            燃焼制御技術
            1207
          • 6.7
            実用炉試設計の例
            1207
          • 6.8
            わが国の工業炉実態調査結果
            1209
          • 7.
            今後の方向
            1210
      • 第2節
        NOxの生成と分解
        <小谷野岳
        御園生誠>
        1211
        • 1.
          NOxの生成について
          1211
        • 2.
          NH3触媒式
          1213
        • 3.
          NH3無触媒式
          1214
      • 第3節
        SOxの回収技術
        1216
        • 3-1
          石灰石こう法
          1216
          • 3-1-(1)
            石灰石こう法概論
            <高晶徹>
            1216
          • 1.
            石灰石こう法排煙脱硫技術の現状
            1216
          • 1.1
            プロセスの概要
            1216
          • 1.2
            吸収塔とタンク酸化法
            1217
          • 2.
            今後の動向
            1218
          • 3-1-(2)
            CT-121プロセス(JBR方式)
            <東村達>
            1220
          • 1.
            概要
            1220
          • 2.
            排煙脱硫装置への要求
            1220
          • 3.
            排煙処理全体システムへの適合
            1221
          • 4.
            排煙脱硫装置プロセスフロー
            1221
          • 4.1
            ばい塵処理方式(灰混合/灰分離)
            1221
          • 4.2
            ガス系フロー
            1222
          • 4.3
            液系のフロー
            1223
          • 5.
            JBR
            1223
          • 5.1
            概要
            1223
          • 5.2
            JBR内の化学反応
            1224
          • 5.3
            JBRの特徴
            1224
          • 6.
            CT-121プロセスの今後の方向性
            1226
          • 6.1
            脱硫装置の方向性
            1226
          • 6.2
            CT-121プロセスの今後の方向性
            1226
        • 3-2
          マグネシウム法
          <大筒功三>
          1227
          • 1.
            水酸化マグネシウムの製造法
            1227
          • 2.
            プロセスの概要
            1227
          • 3.
            プロセスの特長
            1227
          • 4.
            吸収塔型式
            1228
          • 5.
            不二機械式・水マグ放流法の特徴
            1228
          • 5.1
            MNA型吸収塔
            1228
          • 5.2
            STA型吸収塔
            1228
          • 5.3
            DH型吸収塔と湿式電気集塵機
            1229
          • 5.4
            最近の設計事例
            1229
          • 6.
            簡易硫マグ石こう法
            1230
        • 3-3
          活性炭法
          <渡部輝雄>
          1231
        • 1.
          使用する活性炭の特徴
          1231
        • 2.
          プロセスの概要
          1231
          • 2.1
            吸着反応工程
            1231
          • 2.2
            脱離再生工程
            1232
          • 2.3
            副生品回収工程
            1232
        • 3.
          プロセスとフロー
          1232
          • 3.1
            プロセス基本フロー
            1232
          • 3.2
            二段脱硫・脱硝プロセス
            1233
          • 3.3
            部分二段脱硫・脱硝プロセス
            1233
          • 3.4
            半工程安注プロセス
            1233
        • 4.
          脱硫性能
          1234
          • 4.1
            SO2濃度と脱硫率
            1234
          • 4.2
            排ガス温度と脱硫率
            1234
        • 5.
          脱硝性能
          1234
          • 5.1
            NOx濃度と脱硝率
            1234
          • 5.2
            SO2濃度と脱硝率
            1234
          • 5.3
            排ガス温度と脱硝率
            1235
          • 5.4
            半工程安注と脱硝率
            1235
        • 6.
          集塵性能
          1235
          • 6.1
            部分分離効率
            1235
          • 6.2
            入口出口粒度分布
            1236
          • 6.3
            排煙の不可視化
            1236
        • 7.
          有害廃棄物の処理
          1237
          • 7.1
            活性炭によるダイオキシンの吸着
            1237
          • 7.2
            活性炭によるダイオキシンの脱離
            1237
          • 7.3
            脱離分解の理論化
            1238
        • 8.
          活性炭法のまとめ
          1238
      • 第4節
        燃焼排ガスからのCO2回収除去技術
        <山田陸雄>
        1240
        • 1.
          緒言
          1240
        • 2.
          基礎試驗
          1240
          • 2.1
            試験吸収液
            1240
          • 2.2
            装置および操作
            1241
          • 2.3
            分析法
            1242
        • 3.
          CO2パイロットプラント試験
          1242
        • 4.
          基礎試験結果
          1243
          • 4.1
            CO2除去性能と分解アミンおよびアンモニア
            1243
          • 4.2
            HSSの蓄積とCO2除去率の低下
            1245
          • 4.3
            アルカノールアミン補給によるηco2の回復と沸点上昇
            1245
        • 5.
          パイロット試験速度
          1246
          • 5.1
            HSSの蓄積速度
            1246
          • 5.2
            HSSと液再生熱量の関係
            1246
          • 5.3
            劣化物の定量
            1247
      • 第5節
        ばい塵の回収技術
        <大塚馨象>
        1249
        • 1.
          ばい塵(ダスト)の定義と発生施設
          1249
        • 2.
          ばい塵の特性
          1249
        • 3.
          集塵装置・集塵方式
          1250
        • 4.
          集塵装置計画時の留意事項
          1251
        • 5.
          集塵装置の実際
          1252
          • 5.1
            サイクロン集塵装置
            1252
          • 5.2
            電気集塵装置
            1252
          • 5.3
            バグフィルタ
            1254
        • 6.
          排煙処理システムにおけるばい塵処理
          1256
          • 6.1
            従来型石炭火力のばい塵処理
            1257
          • 6.2
            PFBCシステムのばい塵処理
            1257
          • 6.3
            IGCCシステムのばい塵処理
            1258
          • 6.4
            廃棄物発電システムにおけるばい塵処理
            1259
      • 第6節
        ガス処理技術
        <魚屋和夫>
        1263
        • 1.
          大気汚染物質
          1263
        • 2.
          有害ガス処理プロセス
          1265
          • 2.1
            燃料の多様化
            1265
          • 2.2
            排ガス性状
            1266
          • 2.3
            排ガス処理方法
            1270
          • 2.4
            排ガス処理プロセス
            1272
          • 2.5
            CO2,N20についての課題
            1274
      • 第7節
        白煙防止技術
        <山口公敏>
        1276
        • 1.
          冷却塔の白煙発生と環境公害問題
          1276
        • 2.
          白煙発生の科学的原理
          1276
        • 3.
          白煙防止型冷却塔の基本的設計パターン
          1276
        • 4.
          白煙防止のための冷却塔の設計技術と運転技術
          1277
          • 4.1
            冷却塔と冷凍機の組合せ方
            1277
          • 4.2
            冷凍機の選定
            1277
          • 4.3
            冷却塔のファンの機能
            1277
          • 4.4
            冷却水温度のコントロール方法
            1278
      • 第8節
        電子ビーム照射による排煙処理
        <田中雅>
        1279
        • 1.
          技術の概要
          1279
          • 1.1
            反応メカニズム
            1279
          • 1.2
            システムフロー
            1280
          • 1.3
            効果,メリット
            1280
          • 1.4
            開発経緯
            1280
        • 2.
          反応特性
          1281
          • 2.1
            脱硫特性
            1281
          • 2.2
            脱硝特性
            1282
        • 3.
          副生品
          1282
        • 4.
          システム構成主要機器
          1282
          • 4.1
            ガス冷却装置
            1282
          • 4.2
            電子ビーム発生装置
            1283
          • 4.3
            反応器
            1283
          • 4.4
            X線遮蔽措置
            1285
          • 4.5
            副生品回収設備
            1285
        • 5.
          基本的な電子ビーム胆射仕様決定手順
          1285
        • 6.
          従来方式との比較
          1285
      • 第9節
        燃焼技術による脱臭技術
        1287
        • 9-1
          直接燃焼法・蓄熱燃焼法
          <出雲正矩>
          1287
          • 1.
            直接燃焼脱臭の必要条件
            1287
          • 2.
            直接燃焼装置
            1288
          • 2.1
            特徴
            1288
          • 2.2
            構造
            1288
          • 2.3
            廃熱回収
            1289
          • 3.
            蓄熱燃焼装置
            1289
          • 3.1
            蓄熱燃焼装置の構造・原理
            1290
          • 3.2
            基本特性
            1291
          • 3.3
            蓄熱材
            1291
          • 3.4
            形式
            1292
          • 3.5
            問題点と対策
            1294
          • 4.
            燃焼装置の燃料消費量
            1296
        • 9-2
          触媒燃焼
          <室井高城>
          1297
          • 1.
            原理
            1297
          • 2.
            特徴
            1297
          • 3.
            触媒式脱臭装置
            1297
          • 4.
            燃焼反応
            1297
          • 5.
            触媒寿命
            1299
          • 6.
            適用例
            1299
          • 6.1
            印刷工場
            1299
          • 6.2
            金属匠P届姻
            1300
          • 6.3
            化学プラント
            1300
          • 6.4
            炉内浄化
            1300
          • 6.5
            触媒燃焼体
            1301
          • 6.6
            焼却炉
            1301
          • 6.7
            生活関連触媒
            1301
      • 第10節
        燃焼による廃液処理
        <三好康彦>
        1302
        • 1.
          燃焼による処埋の慧義
          1302
        • 2.
          燃焼処理の長所・短所
          1302
        • 3.
          廃液の種類と特徴
          1302
        • 4.
          燃焼の種類と特徴
          1303
          • 4.1
            噴霧燃焼
            1303
          • 4.2
            床燃焼
            1304
          • 4.3
            流動床燃焼
            1304
          • 4.4
            湿式燃焼
            1304
        • 5.
          排ガス対策
          1305
          • 5.1
            排ガス予冷装置
            1305
          • 5.2
            塩化水素
            1305
          • 5.3
            亜硫酸ガス
            1305
          • 5.4
            フッ化水素
            1305
          • 5.5
            無機塩類
            1306
        • 6.
          廃液燃焼の事例
          1306
          • 6.1
            写真廃液
            1306
          • 6.2
            焼酎廃液
            1308
          • 6.3
            廃油
            1309
      • 第11節
        燃焼に起因する電波障害
        <堀勲
        今村常男>
        1311
        • 1.
          雑音の発生源
          1311
        • 2.
          雑音の発生と伝搬機構
          1311
          • 2.1
            放電に伴うノイズ
            1311
          • 2.2
            雑音の伝搬-放射雑音
            1313
          • 2.3
            雑音の伝搬-伝導雑音
            1314
        • 3.
          燃焼機器用変圧器の原理
          1314
          • 3.1
            漏洩変圧器式燃焼機器用変圧器
            1314
          • 3.2
            電子イグナイタ
            1315
        • 4.
          雑音伝搬経路
          1315
          • 4.1
            火花放電から発生する雑音の伝搬
            1315
          • 4.2
            燃焼機器から漏出する雑音の伝搬
            1316
        • 5.
          燃焼機器による電波障害の現状
          1316
        • 6.
          自動車による電波障害の現状
          1317
        • 7.
          電波障害対策
          1318
          • 7.1
            火花放電部分の雑音低減
            1318
          • 7.2
            放射雑音の軽減
            1319
          • 7.3
            伝導雑音の軽減
            1321
        • 8.
          雑音の規制
          1323
          • 8.1
            雑音測定項目
            1323
          • 8.2
            雑音規格と測定項目
            1323
          • 8.3
            雑音の許容値
            1324
        • 9.
          雑音の測定
          1324
          • 9.1
            雑音電力の測定
            1324
          • 9.2
            雑音端子電圧の測定
            1327
          • 9.3
            雑音電界強度の測定
            1328
          • 9.4
            点火システムの試験用装置
            1329
        • 10.
          今後の課題
          1329
      • 第12節
        燃焼器の騒音と振動
        <岸本健>
        1332
        • 1.
          燃焼騒音の分類
          1332
        • 2.
          燃焼轟音
          1333
          • 2.1
            火炎の乱れと騒音強度
            1333
          • 2.2
            燃焼熱と騒音強度
            1334
          • 2.3
            燃焼轟音の定式化
            1335
        • 3.
          燃焼騒音の測定方法
          1335
          • 3.1
            マイクロホンによる測定
            1336
          • 3.2
            圧力センサによる測定
            1336
          • 3.3
            燃焼騒音の測定
            1336
          • 3.4
            音響インテンシティの測定
            1337
        • 4.
          燃焼轟音の低減策
          1338
        • 5.
          燃焼振動
          1339
          • 5.1
            燃焼振動のメカニズム
            1339
          • 5.2
            燃焼振動の発振条件
            1340
          • 5.3
            燃焼振動のエネルギー経路
            1340
          • 5.4
            典型的な燃焼振動モード
            1341
          • 5.5
            渦発生による周波数
            1342
          • 5.6
            周波数の推定
            1342
        • 6.
          燃焼振動の例
          1344
          • 6.1
            燃焼振動の例(圧力変動マップ)
            1344
          • 6.2
            振動燃焼抑制の例
            1346
          • 6.3
            外部音による振動の抑制方法
            1346
          • 6.4
            制振法の難点
            1346
    • 第8章
      産業用燃焼炉の燃焼計測と制御
      • 第1節
        炉内温度分布計測
        <今田典幸>
        1349
        • 1.
          計測原理
          1349
        • 2.
          計測装置
          1350
          • 2.1
            音響センサ
            1350
          • 2.2
            導波管部伝播時間補正
            1350
          • 2.3
            信号処理
            1351
        • 3.
          潰頃定糸吉果
          1351
          • 3.1
            工業用小型ボイラ
            1351
          • 3.2
            回収ボイラ
            1353
          • 3.3
            事業用ボイラ
            1354
      • 第2節
        火炎状熊監損システム
        <西村真>
        1356
        • 1.
          火炎検出器
          1356
          • 1.1
            電気的検出器
            1356
          • 1.2
            光学的検出器
            1356
        • 2.
          火炎状態監視システム
          1359
          • 2.1
            音響式
            1359
          • 2.2
            光学式
            1360
      • 第3節
        流動層内現象の計測法
        <幡野博之
        武内洋>
        1364
        • 1.
          測定技術の発展
          1364
        • 2.
          測定法の分類
          1365
          • 2.1
            外部走査方式
            1365
          • 2.2
            内部走査方式
            1365
          • 2.3
            現象の凍結
            1367
        • 3.
          測定対象
          1367
        • 4.
          光学的測定
          1369
          • 4.1
            光学繊維検出端
            1370
          • 4.2
            映像に基づく測定法
            1373
      • 第4節
        画像処理による燃焼計測
        <早坂洋史>
        1376
        • 1.
          産業用燃焼炉における燃焼計測の現状
          1376
        • 2.
          画像処理の適用例
          1376
          • 2.1
            CCDによる改良フレームディテクタの例
            1376
          • 2.2
            分光器による燃焼診断装置の例
            1378
          • 2.3
            サーマルカメラによる大気開放下の大型火炎の測定例
            1379
        • 3.
          今後の展望
          1381
      • 第5節
        燃焼の最適化と燃焼制御
        <広井和男>
        1382
        • 1.
          燃焼系と最適燃焼ゾーン
          1382
          • 1.1
            燃焼系
            1382
          • 1.2
            最適燃焼ゾーン
            1382
          • 1.3
            燃焼制御のポイントと最適化へのアプローチ方法
            1383
        • 2.
          アドバンスト燃焼制御技術
          1383
          • 2.1
            専焼基本形ダブルクロスリミット燃焼制御方式
            1384
          • 2.2
            混焼基本形ダブルクロスリミット燃焼制御方式
            1386
          • 2.3
            改良型ダブルクロスリミット燃焼制御方式
            1387
        • 3.
          燃焼制御のさらなる高度化
          1389
          • 3.1
            燃焼状態評価指標
            1389
          • 3.2
            排ガス02濃度制御の付加
            1390
      • 第6節
        CARSによる非接触温度測定
        <川口靖夫>
        1392
        • 1.
          CARS法の概要
          1392
          • 1.1
            CARS法の長所
            1392
          • 1.2
            CARS法の短所
            1392
        • 2.
          CARSによる温度測定方法
          1393
        • 3.
          CARS温度測定システム
          1394
        • 4.
          温度測定結果と考察
          1396
    • 第9章
      産業用燃焼炉の腐食損傷と補修
      • 第1節
        工業炉の高温遮熱構造
        <笠井博>
        1399
        • 1.
          熱の移動
          1399
          • 1.1
            熱の流れと遮熱
            1399
          • 1.2
            伝導・対流・放射と断熱
            1399
        • 2.
          断熱(遮熱)材料
          1400
          • 2.1
            断熱れんが
            1401
          • 2.2
            不定形断熱材
            1404
          • 2.3
            繊維質断熱材
            1406
          • 2.4
            ケイ酸カルシウムボード
            1413
        • 3.
          炉体放熱の遮熱構造
          1413
          • 13.1
            遮熱構造の分類
            1413
          • 3.2
            セラミックファイバ断熱構造
            1414
          • 3.3
            高強度断熱構造
            1417
          • 3.4
            れんが積み構造による遮熱
            1419
          • 3.5
            内面断熱と外面断熱
            1422
          • 3.6
            水冷による冷却遮熱
            1422
          • 3.7
            空気流れによる遮熱
            1423
        • 4.
          その他の放熱防止
          1426
          • 4.1
            断熱板
            1426
          • 4.2
            ライニングおよび塗装
            1426
      • 第2節
        高温腐食損傷と腐食防止
        <笠井博>
        1427
        • 1.
          腐食損傷
          1427
          • 1.1
            腐食と侵食
            1427
          • 1.2
            炉に使用される材料
            1427
          • 1.3
            高温環境
            1427
        • 2.
          耐火物の反応と腐食
          1427
          • 2.1
            固体相互の反応
            1427
          • 2.2
            気体との反応
            1429
          • 2.3
            液体との反応
            1430
          • 2.4
            腐食防止対策
            1434
        • 3.
          窯炉構造鋼材の腐食と防止
          1437
          • 3.1
            鉄鋼材料の窯炉への使用
            1437
          • 3.2
            窯炉構造鋼材の種類
            1438
          • 3.3
            窯炉構造鋼材の腐食
            1438
          • 3.4
            廃棄物焼却炉鋼材の腐食
            1440
          • 3.5
            ボイラ鋼管の腐食
            1442
          • 3.6
            腐食防止
            1444
      • 第3節
        工業炉の補修技術
        <笠井博>
        1447
        • 1.
          補修方法の種類
          1447
        • 2.
          補修計画と準備
          1447
          • 2.1
            補修計画の作成
            1447
          • 2.2
            基礎架台等の調査
            1447
          • 2.3
            炉体の損傷の調査
            1447
          • 2.4
            付帯装置の確認
            1447
          • 2.5
            炉体補修方法の検討
            1448
          • 2.6
            補修機材の調査確認
            1448
          • 2.7
            補修計画の周知徹底
            1448
        • 3.
          施工準備と施工
          1448
          • 3.1
            解体
            1448
          • 3.2
            やりかた(遣方)
            1449
          • 3.3
            墨出し
            1449
          • 3.4
            仮設設備の準備
            1449
          • 3.5
            仮設足場の準備
            1449
        • 4.
          れんが積み補修
          1450
          • 4.1
            図面検討と墨付け
            1450
          • 4.2
            れんが加工
            1450
          • 4.3
            モルタル(とろ)練り
            1451
          • 4.4
            とろ付け
            1452
          • 4.5
            目地押し
            1453
          • 4.6
            迫り枠
            1453
          • 4.7
            れんが積み方法
            1454
        • 5.
          不定形耐火物補修
          1456
          • 5.1
            キャスタブルの種類
            1456
          • 5.2
            キャスタブルの混練
            1457
          • 5.3
            流し込み
            1457
          • 5.4
            ポンプによる圧送
            1457
          • 5.5
            圧入補修方法
            1457
          • 5.6
            プレキャストブロック
            1458
          • 5.7
            養生と乾燥
            1458
          • 5.8
            低温凍結防止
            1458
        • 6.
          吹付け補修
          1458
          • 6.1
            吹付け材の種類
            1458
          • 6.2
            吹付け方法の分類
            1459
          • 6.3
            吹付け補修
            1460
        • 7.
          溶射補修
          1461
          • 7.1
            溶射補修方法
            1461
          • 7.2
            溶射方式の種類
            1461
          • 7.3
            溶射材種類
            1463
        • 8.
          ラミング補修
          1463
          • 8.1
            エラミング補修方法
            1463
          • 8.2
            ラミング材の種類
            1463
        • 9.
          パッチング補修
          1463
        • 10.
          セラミックファイバの補修
          1463
    • 第10章
      産業用燃焼設備診断技術と安全対策
      • 第1節
        燃焼診断
        <三浦隆利
        青木秀之>
        1465
        • 1.
          燃焼診断とは
          1465
        • 2.
          燃焼診断の重要性
          1465
        • 3.
          シミュレーションの必要性
          1465
        • 4.
          シミュレーションモデルの構成
          1466
        • 5.
          燃焼シミュレーションによる診断例
          1466
          • 5.1
            石油コークス・特C重油混焼ボイラにおける診断例
            1466
          • 5.2
            微粉炭燃焼ボイラにおける診断例
            1468
          • 5.3
            シミュレーションによる燃焼診断の問題点
            1470
      • 第2節
        燃焼設備診断技術
        1471
        • 2-1
          燃焼炉の点検とトラブル対策
          <宮重忠>
          1471
          • 1.
            燃焼安全の三大要素について
            1471
          • 2.
            ガス加熱炉の安全設計について
            1471
          • 3.
            ガス加熱炉の点検方法・ポイント
            1472
          • 4.
            トラブル対策事例
            1478
          • 5.
            今後の課題
            1478
        • 2-2
          燃焼ガス成分の計測
          <千田二郎
          足立正之>
          1479
          • 1.
            燃焼ガス成分計測の意義
            1479
          • 2.
            燃焼ガスの分類と計測
            1479
          • 3.
            非分散赤外線分析法
            1479
          • 4.
            化学発光法
            1480
          • 5.
            紫外線誘起発光法
            1480
          • 6.
            水素炎イオン化法
            1481
          • 7.
            フーリエ変換赤外分光法
            1481
          • 8.
            質量分析法
            1482
          • 9.
            ガスクロマトグラフイ法
            1482
          • 10.
            サンプルガスハンドリング
            1483
      • 第3節
        炉壁耐火物の診断計測
        <河野幸次>
        1484
        • 1.
          炉壁耐火物の診断計測技術の概要
          1484
        • 2.
          耐火物残厚診断計測技術
          1484
          • 2.1
            冷間での残厚計測方法
            1484
          • 2.2
            熱間での目視による残厚計測方法
            1485
          • 2.3
            温度測定法による残厚計測技術
            1485
          • 2.4
            光学センサを用いた残厚計測技術
            1485
        • 3.
          耐火物表面状態診断技術
          1486
        • 4.
          耐火物内部状態診断・計測技術
          1487
      • 第4節
        産業用燃焼炉の安全対策
        1489
        • 4-1
          爆発の防止
          <本田尚士>
          1489
          • 1.
            爆発とは
            1489
          • 2.
            燃焼炉の爆発
            1489
          • 3.
            安全運転の操作手順
            1489
          • 4.
            水蒸気爆発の防止
            1496
          • 5.
            危険物質の爆発限界値
            1496
        • 4-2
          地震災害対策
          <矢部五郎>
          1497
          • 1.
            産業燃焼設備の地震被害
            1497
          • 2.
            産業用燃焼設備の地震被害実例
            1497
          • 3.
            産業用燃焼設備の地震対策
            1498
          • 3.1
            政策(地震対策の方針)決定
            1498
          • 3.2
            地震対策に必要な燃焼設備設計の留意点
            1498
          • 3.3
            地震荷重の選定から部材の設計まで
            1499
        • 4-3
          炉の事故とその原因
          <三宅正志>
          1500
          • 1.
            炉の事故
            1500
          • 1.1
            爆発現象
            1500
          • 1.2
            爆発の被害
            1500
          • 1.3
            爆発事故の分類
            1500
          • 2.
            炉の事故とその原因
            1500
          • 2.1
            燃焼に伴う燃料爆発事故
            1501
          • 2.2
            溶剤蒸気の爆発事故
            1502
          • 2.3
            可燃性雰囲気ガスの爆発事故
            1502
          • 2.4
            蒸気の爆発事故
            1503
        • 4-4
          安全管理基準
          <廣川一男>
          1504
          • 1.
            加熱炉とは
            1506
          • 2.
            気体燃焼
            1506
          • 3.
            液体燃焼
            1507
          • 4.
            固体燃焼
            1508
          • 4.1
            微粉炭燃焼技術
            1508
          • 4.2
            廃棄物などのストーカ燃焼技術
            1508
    • 第11章
      煙突計算基準
      • 第1節
        ビル用煙突の通風計算
        <小笠原祥五>
        1511
        • 1.
          概要
          1511
        • 2.
          通風力
          1511
          • 2.1
            煙突の理論通風力
            1511
          • 2.2
            煙道の理論通風力
            1512
          • 2.3
            送風機による強制通風力
            1512
        • 3.
          通風抵抗
          1512
          • 3.1
            煙突の通風抵抗
            1512
          • 3.2
            煙突排出部の通風抵抗
            1513
          • 3.3
            煙道の通風抵抗
            1513
          • 3.4
            ボイラ内抵抗
            1514
        • 4.
          煙突の計算
          1514
          • 4.1
            煙突の高さ
            1514
          • 4.2
            煙突寸法の計算
            1516
        • 5.
          煙突の共用
          1517
          • 5.1
            発電機とボイラの煙突共用
            1517
          • 5.2
            ごみ焼却炉とボイラの煙突共用
            1517
      • 第2節
        プラント
        <巻幡敏秋>
        1518
        • 1.
          排煙拡散
          1518
          • 1.1
            大気汚染の現状
            1518
          • 1.2
            排煙拡散の一般特性
            1518
          • 1.3
            大気中の拡散現象
            1519
        • 2.
          通煙計算法
          1524
          • 2.1
            排煙条件
            1524
          • 2.2
            煙路形状
            1524
          • 2.3
            計算手順
            1524
          • 2.4
            通煙計算例
            1525
          • 2.5
            煙路設計上の留意点
            1525
    • 第12章
      業務用および家庭用燃焼機器の燃焼システム
      • 第1節
        家庭用温水機器
        <石川善弘>
        1527
        • 1.
          家庭用温水機器の概要
          1527
        • 2.
          構造
          1528
          • 2.1
            燃焼系
            1529
          • 2.2
            制御
            1530
      • 第2節
        業務用ボイラ
        <茅原敏広
        川上昭典>
        1533
        • 1.
          業務用ボイラの概要と最近の動向
          1533
          • 1.1
            ボイラの概要
            1533
          • 1.2
            小型貫流ボイラの特徴
            1533
          • 1.3
            最近の動向
            1533
        • 2.
          ガスバーナ
          1534
          • 2.1
            拡散燃焼式
            1534
          • 2.2
            予滉合燃焼式
            1534
          • 2.3
            低NOx技術
            1534
        • 3.
          油バーナ
          1536
          • 3.1
            油圧噴霧式
            1536
          • 3.2
            低NOx技術
            1536
        • 4.
          小型貫流ボイラの制御
          1536
          • 4.1
            燃焼制御
            1536
          • 4.2
            水位制御
            1537
          • 4.3
            安全装置
            1537
          • 4.4
            マイコン制御
            1537
      • 第3節
        家庭用暖房機器
        <石川善弘>
        1538
        • 1.
          概要
          1538
        • 2.
          構造
          1538
        • 3.
          燃焼系
          1540
          • 3.1
            バーナの概要
            1540
          • 3.2
            低NOx技術
            1540
          • 3.3
            低騒音化
            1540
        • 4.
          制御
          1541
          • 4.1
            安全装置
            1541
          • 4.2
            燃焼制御および室温制御
            1541
    • 第13章
      環境管理と環境監査
      • 第1節
        燃焼と環境マネジメントシステム
        <高城重厚>
        1543
        • 1.
          燃焼と地球温暖化現象
          1543
          • 1.1
            燃焼と環境
            1543
          • 1.2
            地球平均気温の上昇とCO2の増加
            1544
          • 1.3
            地球温暖化への共通認識
            1545
          • 1.4
            1PGC第2次評価報告書(SAR)
            1545
          • 1.5
            気候変動問題への国際的取組み
            1546
          • 1.6
            第3回締約国会議(COP3)
            1547
          • 1.7
            CO2削減への対応
            1549
        • 2.
          環境マネジメントシステム(EMS)
          1550
          • 2.1
            EMSの背景
            1550
          • 2.2
            共通の概念
            1550
          • 2.3
            ISO1400シリーズ規格
            1551
          • 2.4
            ISO1401の特徴および要求事項
            1551
          • 2.5
            EMAS
            1553
          • 2.6
            環境活動評価プログラム
            1553
        • 3.
          環境監査
          1553
          • 3.1
            環境監査の定義
            1553
          • 3.2
            監査の種類
            1554
          • 3.3
            認証機関
            1555
          • 3.4
            EMS監査の実施
            1555
          • 3.5
            EMSの認証取得
            1557
      • 第2節
        ごみ焼却施設におけるLCA
        <園家啓嗣>
        1559
        • 1.
          LCA
          1559
          • 1.1
            LCAの概念
            1559
          • 1.2
            LCA評価の手順
            1560
        • 2.
          焼却施設のLCA
          1561
          • 2.1
            LCAの目的と詫価範囲
            1561
          • 2.2
            インベントリー分析
            1561
          • 2.3
            LCA試算結果
            1564
      • 第3節
        加圧流動層ボイラ層内管へ適用される容射コーティングのLCA評価
        <園家啓嗣>
        1566
        • 1.
          調査項目
          1566
          • 1.1
            LCA評価の環境負荷性因子
            1566
          • 1.2
            溶射加工
            1567
          • 1.3
            溶射皮膜の廃棄
            1567
          • 1.4
            高温摩耗試験
            1567
        • 2.
          LCA評価結果
          1568
          • 2.1
            環境負荷性評価
            1568
          • 2.2
            高温摩耗特性評価
            1570
          • 2.3
            コスト因子の評価
            1570
          • 2.4
            耐摩耗特性を考慮した必要肉厚当りの特性比較
            1571
  • ■索引
    1573

索引

  • 「あ」
    • アーク式溶融炉
      1034
    • アーク直接注入法
      273
    • アームコ-ゼンジミア方式
      842
    • アイソメレート
      163
    • アスファルト
      198
    • アセチレン
      296
    • 新しい超過エンタルピー燃焼
      108
      • -適用の小型貫流ボイラシステム
        110
      • -の燃焼原理
        108
      • -の燃焼システム
        108
      • -の燃焼適用例
        109
    • 新しい燃料二段燃焼
      1175
    • 圧縮着火エンジン
      674
      • -のシリンダ内の燃焼
        676
    • 圧縮着火方式
      661
    • 圧力指数
      80
    • 圧力損失(ガスタービン燃焼器)
      705
    • 圧力噴霧式バーナ
      255
    • 圧力容器試験
      307
    • アドバンスト・コールクリーニング
      1113
    • 後燃え期
      695
    • アニュラ型バーナ
      805
    • アニュラ型燃焼器
      701
    • アフターバーナ
      102
    • 油の予混合燃焼
      251
    • アブレーション型の分解
      133
    • アルキレート
      161
    • アルコール
      • -改質ガス
        557
      • -混合燃料
        556
      • -燃料の特性
        551
      • -の混合気形成
        552
    • アルコールエンジン
      551
      • -(衝突噴霧)
        570
      • -(多噴霧方式)
        567
      • -(単噴霧方式)
        567
      • -(副室式)
        565
      • -圧縮点火の条件
        558
      • -始動時の排出ガス対策
        574
      • -の点火性と燃焼特性
        552
      • -の点火促進剤
        564
      • -の燃焼技術
        553
      • -の希薄燃焼
        555
    • アルゴリズム
      646
    • アンサンブル平均型乱流モデル+Magnussenmodel
      654
    • アンチノック性
      166
    • アンモニアによる選択還元
      351
  • 「い」
    • 硫黄圧力噴霧バーナ
      850
    • 硫黄燃焼
      • -の硫黄圧力噴霧バーナ
        850
      • -の回転噴霧式バーナ
        851
      • -の空気噴霧バーナ
        850
      • -のサルファーガン
        850
      • -炉
        848
    • イオン化化学反応
      75
    • イグナイタプラグ
      714
    • 井桁組
      131
    • 異種平均粒径表現の意義
      262
    • 移床式火格子
      1062
    • イソオクタン
      609,610,611
    • 1cm3の液体を微粒化した場合の諸数値
      469
    • 一次元燃焼場数値解析
      459
    • 一次領域(ガスタービン燃焼器)
      706
    • 一般廃棄物処理
      • -施設での火災・爆発事故
        1056
      • -におけるZEデュアル・ハブ構想
        977
      • -におけるサーマルリサイクル
        977
      • -におけるサテライト・ハブ
        979
      • -におけるゼロ・エミッション・アプローチ
        975
      • -におけるセンター・ハブ
        981
      • -におけるマテリアルリサイクル
        977
    • 医療廃棄物
      • -焼却技術
        984
      • -適例処理の経済性
        993
      • -の形態
        985
      • -の種類
        984
      • -の焼却処理システム
        986
      • -の焼却処理実施例
        989
      • -の焼却処理要件
        986
      • -の焼却溶融システム
        991
      • -の焼却溶融処理実施例
        992
      • -の組成
        985
      • -の特性
        984
      • -の発生量
        985
    • インタクーラ化
      698
  • 「う」
    • ウインドボックス
      854
    • ウェーク火炎
      30,31,471
    • 上込めストーカ炉
      1061
    • ウエストブルック
      212
    • ウェル熱電対
      385
    • ウオッベ指数
      482,483
    • 受止液
      413
    • 受止皿
      412
    • 渦構造と混合
      142
    • 渦度方程式
      745
    • 渦の発生と発達
      142
    • 宇宙ステーション
      68
  • 「え」
    • エアアシスト式
      712
    • エアレジスタ
      800
    • 液化石油ガス
      478
    • 液化天然ガス
      795
    • 液浸法
      • -による誤差要因
        413
      • -による噴霧粒子群の粒径・粒度分布測定
        410
    • 液体
      • -の燃焼
        29
      • -の微粒化
        258
      • -の微粒化特性
        470
    • 液体燃焼の安全管理基準
      1507
    • 液体燃料
      161
      • -の燃焼
        82
      • -の燃焼の効率化
        165
      • -の予混合燃焼
        252
      • -噴霧の粒子モデル
        649
    • 液体物
      • -の火災の基本現象
        121
      • -の火災の特徴
        121
    • 液中燃焼
      854
      • -缶
        854
      • -式焼却炉
        927
      • -装置の温水製造装置
        855
      • -の高速短炎バーナ
        854
    • 液滴
      • -蒸気分布濃度の測定例
        424
      • -火炎中のすすからの散乱光像
        73
      • -の運動
        409
      • -の挙動測定
        409
      • -の燃焼
        29,470
      • -の燃焼速度
        30
      • -の燃焼速度定数
        31
      • -の分裂
        409
    • 液滴群
      • -燃焼指数G
        32
      • -燃焼実験装置
        70
      • -の燃焼
        32
    • 液滴接写装置原理図
      412
    • 液面上の燃え広がり
      121
    • 液面燃焼
      29
    • エクサイプレックス法
      423
      • -による衝突噴霧の測定装置
        423
    • エネルギー収支
      533
    • エネルギー放出危険性
      302
    • 塩基価
      633
    • エンジンオイル
      631,633
    • エンジン性能と排出ガス特性
      554
    • エンジンの排気浄化
      636
    • 煙点
      175
      • -の圧力依存性
        83
    • 煙突計算基準
      1511
    • 煙突の通風力
      892
    • エンドポート式
      873
    • エンベロープ火炎
      29,31,471
  • 「お」
    • 追いだきダクトバーナ
      806
    • オクタン価
      166
      • -要求値
        488
    • オゾン破壊係数
      211
    • オットーサイクル
      534
    • オフアキシス・ホログラフィック系の概略
      421
    • オリマルジョンだき
      1156
    • 音響学的振動
      91
    • 音響式温度計
      1352
    • 音響不安定
      373
    • 温室効果ガス
      1545
    • 温水機器
      • -の安全装置
        1530
      • -の給排気方式別分類
        1528
      • -の低騒音化
        1530
      • -のバイパスミキシング
        1531
    • 温水機器の濃淡燃焼バーナ
      1530
    • 温水製造装置
      855
    • 温度
      • -の確率密度関数
        1397
      • -の測定
        426
    • 温度境界層の厚さ
      377
    • 温度場
      606
    • 音波によるCTスキャニング法
      1381
  • 「か」
    • 加圧流動床
      • -の燃焼器
        1090
      • -の燃料・脱硫剤供給
        1090
      • -の流動材貯蔵ホッパ
        1090
    • 加圧流動床燃焼の除塵装置
      1091
    • 加圧流動床ボイラ複合発電
      1152
      • -の燃焼方式
        1159
    • 加圧流動層
      1086
      • -内熱交換
        1090
      • -ボイラ
        1086
    • カーボンファイバ
      1413
    • 外郭燃焼
      33,474
    • 外殻燃焼
      798
    • 解析技術
      784
    • 塊炭(原炭)
      504
    • 回転カップ噴霧器
      255
    • 回転式(燃料噴射)
      710
    • 回転シャッタ(ポータブル型)式噴霧粒子採取器
      411
    • 回転プリズム法
      390
    • 回転噴霧式バーナ
      802,851
    • 回転ミラー
      390
    • 回転炉床式焼却炉
      927
    • 開発された水素自動車の排気特性の例
      594
    • 外部群燃焼
      33,474,798
    • 外部混合・後期高圧噴射併用の場合
      593
    • 外部混合方式
      592
    • 外部循環型流動層燃焼ボイラ
      1083
    • 外部熱交換器省略型循環流動層ボイラ
      1100
    • 外部熱交換器付属型循環流動層ボイラ
      1097
    • 灰分
      1110
    • 外面断熱
      1422
    • 火炎
      • -から放射により放出される熱量
        136
      • -と渦
        141
      • -の安定化
        183
      • -の色
        243
      • -の輝炎放射
        885
      • -の計測
        426
      • -のスペクトル分析
        1378
    • 火炎安定性の変化
      76
    • 火炎温度
      188
      • -の上昇
        216
    • 火炎角度法
      3
    • 火炎画像解析システム(ディーゼルエンジン)
      789
    • 火炎球
      69
      • -構造の模式図
        69
    • 火炎形状
      87,242
    • 火炎計測
      383
      • -の音速法
        383,389
      • -の接触法
        383,384
      • -の光干渉法
        387
      • -の分子数密度法
        383,386
      • -の分子励起法
        383,389
      • -の放射・吸収法
        383,388
    • 火炎検出器
      1356
    • 火炎状態監視システム
      1359
    • 火炎伸張率
      69
    • 火炎構造
      16
    • 火炎長
      803
    • 火炎伝播速度
      285
    • 火炎伝播の理論展開
      134
    • 化学種濃度の測定
      1425
    • 化学発光法
      392,1480
    • 過給エンジンのインタクーラ化
      698
    • 拡散炎型バーナ
      184
    • 拡散火炎
      655
    • 拡散燃焼
      82,695,803
    • 拡散燃焼用バーナ
      805
    • 各種ガスの耐火物におよぼす侵食
      1431
    • 各種気体燃料の機関特性および排気特性
      549
    • 各種混合気の断熱火炎温度
      480
    • 各種燃料の燃焼特性
      544
    • 各種燃料油滴の燃焼時の蒸発定数
      472
    • 各種ノズルでの粒径変化
      259
    • 各廃棄物の参考性状
      504
    • 影写真法
      386
    • 下限界
      15
    • 火災
      • -現象概論
        112
      • -と放射
        136
      • -における放射の貢献度
        136
      • -における放射の見積り
        136
      • -の経過と現象
        113
      • -の終期
        115
      • -の消火
        210
      • -の初期
        113
      • -の成長期
        114
      • -の対策
        118
      • -の燃焼現象
        112
    • 火災感知器
      118
    • 過剰酸素下での燃焼熱
      302
    • ガスエンジンの燃焼
      544
    • ガス火炎
      387
    • ガスクロマトグラフィ法
      1482
    • ガス処理技術
      1263
    • ガスタービン
      700
      • -における低NOχ燃焼技術
        337
      • -燃焼器
        228
      • -燃焼器のスワラ部
        703
      • -燃焼の一次領域
        706
      • -燃焼の希釈領域
        707
      • -燃焼の二次領域
        707
      • -のアニュラ型燃焼器
        701
      • -のイグナイタプラグ
        714
      • -のカン型燃焼器
        701
      • -のキャニュラ型燃焼器
        701
      • -のサルフィデーション
        718
      • -の低公害化技術
        721
      • -のトーチイグナイタ
        715
      • -の燃焼器
        700
      • -の燃焼器内の燃焼
        704
      • -の燃料処理プロセス
        718
      • -の燃料による高温腐食
        718
      • -の燃料の着火
        712
      • -のバナジウム・アタック
        718
      • -排気規制値
        721
      • -用燃料
        717
    • ガス・ディーゼル・エンジン
      662
    • ガス燃料
      681
      • -の火炎温度
        479
      • -の燃焼性
        482
      • -の燃焼速度
        480
      • -の燃焼範囲
        480
    • ガス
      • -の互換性図
        483
      • -の種類と燃焼特性
        482
    • ガスバーナ
      805
      • -(アニュラ型)
        805
      • -(追いだきダクト)
        806
      • -(ガン型)
        805
      • -(完全予混合)
        805
      • -(スパッド型)
        805
      • -(部分予混合)
        805
      • -(ボイラ用低NOr)
        806
      • -(予混合燃焼用)
        805
      • -(リング型)
        805
    • ガス噴射式
      712
    • ガス放射
      885
    • ガス放射率
      217
    • 火盛期
      114
    • 画像処理による粒径計測
      415
    • 画像処理法
      409
    • ガソリン
      161
      • -規格
        485
      • -揮発性に影響されるエンジン性能
        486
      • -の揮発性
        165
      • -の実用性能
        166
      • -の蒸気圧測定法
        487
      • -の蒸留試験法
        486
      • -の性状項目
        166
      • -の清浄性
        168
    • ガソリンエンジン
      • -のシリンダ内の燃焼
        671
      • -の熱効率
        533
      • -の燃焼
        533,670
      • -のノッキング
        673
      • -ベース型ガスエンジン
        683
    • 活性炭法
      1231
    • 家電機器に用いられる各種の触媒
      227
    • 加熱による木材熱分解
      130
    • 加熱炉
      829
      • -の保有基数
        1506
    • 可燃限界
      15,283
      • -と消炎
        81
    • 可燃性
      • -液体の燃焼
        121
      • -ガスの火災の消火
        119
      • -の化学物質
        317
      • -物質の初期状態による燃焼の様子の違い
        1121
      • -雰囲気ガスの爆発事故
        1502
    • 可燃物の最大燃焼速度と無次元配置数ψとの関係
      132
    • 可変起爆剤試験
      307
    • 可変吸気システム
      735
    • 火薬類
      • -の安定度
        516
      • -の威力試験
        522
      • -の感度試験
        517
      • -の静的効果
        523
      • -の性能試験法
        516
      • -の着火感度
        521
      • -の動的効果
        522
      • -の熱感度
        520
      • -の反応
        515
      • -の分類
        514
    • ガラスタンク窯
      221
    • ガラス溶融炉
      • -のエンドポート式
        873
      • -のサイドポート式
        873
      • -の成形部
        872
      • -の清澄部
        872
      • -のタンク窯
        870
      • -の投入機
        873
      • -のドッグハウス
        872
      • -の溶融部
        870
      • -のるつぼ炉
        870
    • 渦流燃焼室式
      680
    • カン型燃焼器
      701
    • ガン型バーナ
      805
    • 環境活動評価プログラム
      1553
    • 環境保全のための燃焼技術
      1163
    • 還元燃焼
      338
    • 監査作業
      1556
    • 乾式脱硫法
      324
    • 乾式法(ガスタービン低公害化)
      722
    • 間接加熱方式
      838
    • 間接噴射式
      601,602
    • 完全予混合バーナ
      805
    • 乾燥炉
      52
    • 感度とその試験法
      518
    • 換熱器
      893
    • 還流式(燃料噴射)
      709
  • 「き」
    • 輝炎
      25
    • 輝炎バーナ
      187
    • 機械的リンケージ式
      839
    • 幾何学的燃料圧送量
      694
    • 危険性化学物質
      301
    • 危険性評価手法
      301
    • 危険物の性質
      1490
    • 擬似DNS
      654
    • 希釈領域(ガスタービン燃焼)
      707
    • 基準空気過剰率設定形排ガスO2濃度制御
      1390
    • 基礎方程式
      • -(Euler型)
        646
      • -(Lagrangian型)
        646
    • 気体燃焼の安全管理基準
      1506
    • 気体燃料
      177
      • -の着火
        178
      • -の発熱量
        184
    • 気体物
      • -の火災と基本現象
        119
      • -の火災と爆発
        119
    • 北川危険度
      299
    • 凝着摩耗
      631
    • 希薄拡散燃焼
      337
    • 希薄燃焼
      535
      • -エンジン
        730
      • -ガソリンエンジン
        230
      • -の可変吸気システム
        735
      • -の吸気方法
        735
      • -のスワール型筒内噴射
        732
      • -の層状給気
        731
      • -のタンブル型筒内噴射
        733
      • -の筒内直接噴射方式
        732
      • -法
        687
      • -方式
        538,684
    • 希薄燃料の高圧燃料噴射弁
      737
    • 揮発分放出モデル
      453
    • 気泡型流動層石炭燃焼ボイラ
      1082
    • 逆火
      180
    • キャニュラ型燃焼器
      701
    • 急拡大トンネル
      183
    • 吸気管燃料噴射による希薄燃焼
      538
    • 吸光法
      389
    • 吸収冷温水機
      52
    • 吸排気系流れ
      645
    • 京都議定書
      1547
    • 局所燃焼効率
      104
    • 気流層石炭ガス化炉
      1109
    • 気流による液滴の分裂模様
      409
    • 気流微粒化式
      711
    • 均圧弁式
      839
    • 均一撹搾燃焼器
      268
    • 均一混合気燃焼における諸量の空間分布の予測
      546
    • 均一混合気火花点火方式
      545
      • -によるシリンダ内圧力経過の実測と予測
        545
    • 均一赤熱燃焼
      49
    • 均一場における混合
      143
    • 均一反応場数値解析
      458
    • 均熱炉
      829
  • 「く」
    • 空気過剰率設定制御
      1389
    • 空気過剰率の低下
      328
    • 空気サイクル
      534
    • 空気室式
      680
    • 空気流れ
      645
      • -による遮熱
        1423
    • 空気二段燃焼
      1173
    • 空気比
      185,797
    • 空気噴霧バーナ
      850
    • 空気流動
      626
    • 空気冷却遮熱
      1426
    • グラスウール
      1409
    • クリーンコールテクノロジー
      196
    • くん焼
      112,113,116
  • 「け」
    • ケイ酸カルシウムボード
      1413
    • 経団連環境自主行動計画
      1548
    • 軽油
      163,794
    • 軽油規格
      489
    • 下水汚泥
      917
    • 煙の発生・流動
      116
    • 限界空気濃度
      297
    • 限界酸素量
      297
    • 減光係数
      116
    • 懸垂法受止皿
      412
  • 「こ」
    • 高圧下における燃焼現象
      80
    • 高圧気流型噴霧式バーナ
      801
    • 高圧磁石発電点火法
      666
    • 高圧燃料噴射弁
      737
    • 高温化のための燃焼技術
      1171
    • 高温気体温度
      • -の光学的測定
        1142
      • -の光錯乱を利用した測定法
        1143
    • 高温空気燃焼
      • -による次世代リジェネ燃焼技術
        1199
      • -の原理と効果
        1201
      • -の汎用性
        1202
    • 高温固体温度の光学的計測
      1144
    • 高温触媒燃焼法と低NOχ
      1185
    • 高温スラッジ
      634
    • 高温燃焼触媒とガスタービン燃焼器の開発
      1186
    • 光学繊維検出端
      1370
    • 光学的分析法
      391
      • -(非接触法)
        392
    • 後期高圧噴射
      592
    • 工業用
      • -エンジン
        661
      • -ガス燃焼設備の安全技術指標
        1472
      • -加熱炉
        52
      • -ディーゼルエンジン
        691
    • 工業用ガスエンジン
      681
      • -の希薄燃焼方式
        684
      • -のデュアル燃料方式
        685
      • -火花点火
        684
      • -の予混合
        684
    • 工業雷管の爆発試験
      525
    • 高空における再着火
      752
    • 高効率発電システム
      • -における燃焼技術
        1154
      • -の概要
        1147
    • 合成ガス製造
      65
    • 合成ガス利用プロセス
      67
    • 高性能工業炉開発プロジェクトの概要
      1199
    • 高速循環型内部循環流動層ボイラ
      1101
    • 高速短炎バーナ
      854
    • 高速度火炎計測装置
      617
    • 高速度燃焼観察法
      615
    • 高粘度油用バーナ
      802
    • 高濃度塩酸回収装置
      856
    • 高発熱量
      479
    • 鋼板の臨界温度
      843
    • 高微粉度ミル
      335
    • 高負荷燃焼
      749
    • 鉱油
      1039
    • 高炉ガス
      478
    • コークスベッド式溶融炉
      1032
    • コークス炉ガス
      478
    • コージェネレーションシステム
      772
    • コージェネレーション用ガスエンジン
      • -のCo-ゼオライト系NOχ選択還元触媒
        779
      • -のNOχ吸蔵還元型三元触媒
        775
      • -のNOχ除去
        773
      • -のNO直接分解触媒
        776
      • -の炭化水素NOχ選択還元触媒
        776
      • -の尿素脱硝システム
        774
      • -のメタン型のNOχ選択還元触媒
        777
    • ゴースティング火炎
      115
    • 小型貫流ボイラ
      823
    • 黒体空洞光ファイバ温度計
      386
    • 国連勧告のクラス1火薬類の試験
      528
    • 個々の液滴に付随しない火炎
      30,31
    • 50/60鋼管試験
      307
    • 固体NMR
      503
    • 固体混相燃料の微粒化
      265
    • 固体電解質を利用したNO分解触媒
      355
    • 固体としての高分子の燃焼
      129
    • 固体燃焼の安全管理基準
      1508
    • 固体燃料
      190
      • -高温反応場での非接触温度計測法
        1142
      • -における粒子内での燃焼現象
        193
      • -における粒子周りでの燃焼現象
        191
      • -の試験分析法
        501
      • -の種類と特徴
        501
      • -の熱分解装置
        508
      • -の燃焼
        71
      • -の燃焼形態
        156,505
      • -(の)燃焼時の火炎伝播
        71
      • -の予混合燃焼
        251
      • -ラムジェットエンジン
        97
      • -ラムジェットの燃焼現象
        97
    • 固体物質の燃焼過程
      129
    • 固体物の火災の特徴
      129
    • 固体放射
      885
    • 固体ロケットの燃焼制御
      275
    • 固定層石炭ガス化炉
      1108
    • コヒーレントラマン散乱法
      604
    • コプラナ-PCB
      357,1008
    • ごみ固形燃料(RDF)化発電
      961
    • ごみ焼却場
      363
    • 固有不安定
      374
    • コルモゴロフのマイクロスケール
      59
    • コロナ放電
      273
    • 混合ガス
      • -の燃焼限界
        482
      • -の燃焼に関する性質
        481
    • 混合型燃え広がり
      124
    • 混合危険性のある化学物質の組合せ
      317
    • 混合制御
      232
    • 混合燃料における機関性能および排気特性
      550
    • 混合比特性と振動燃焼領域
      94
    • 混焼するケース
      1386
    • 混触危険性
      306
    • コンバインド発電システム
      1162
  • 「さ」
    • サーマルNOχの低減
      1164
    • サーマルカメラ
      1379
      • -による放射の計測
        138
    • 最小着火エネルギー
      751
    • 最大層流燃焼速度
      4
    • 最大分解熱
      302
    • 最低燃料消費率
      696
    • 最適燃焼ゾーン
      1383
  • サイドポート式
    873
    • サウター平均径
      598
    • 鎖床式火格子
      1062
    • 雑音伝搬経路
      1315
    • 雑音
      • -の規制
        1323
      • -の測定
        1324
      • -の発生源
        1311
      • -の発生と伝搬機構
        1312
    • サファイアを使った光ファイバ式放射温度計
      1368
    • サルファーガン
      850
    • サルフィデーション
      718
    • 酸価
      633
    • 酸化チタンを触媒とする光触媒反応によるNO除去
      355
    • 酸化炉方式連続溶融炉亜鉛めっき炉
      842
    • 産業廃棄物
      912
      • -の焼却特性
        913
      • -の処理の現状
        912
      • -の性状
        913
      • -の発生量
        912
    • 産業用
      • -エンジン
        661
      • -ディーゼルエンジン
        691
    • 産業用燃焼設備
      • -の地震対策
        1498
      • -の地震被害
        1497
    • 三元触媒
      225,536
    • 三元触媒法
      350,686
    • 三次元燃焼場数値解析
      460
    • 酸素の製造法と経済性
      220
    • 酸素バランス
      302
    • 酸素富化燃焼
      222
    • 酸素利用燃焼
      216
    • 散布式・逆送移床式ストーカ燃焼装置
      1062
    • サンプリング・プローブ
      391
    • サンプリング時間増加による粒径増加
      414
    • サンプリング法
      391
    • サンプルガスハンドリング
      1483
  • 「し」
    • シース熱電対
      385
    • シートホールノズル
      692
    • ジェットエンジン
      749
      • -の高空における再着火
        752
      • -の高負荷燃焼
        749
      • -の最小着火エネルギー
        751
      • -の着火特性
        751
      • -の低公害化対策
        753
      • -の燃料
        754
    • ジェット燃料
      163
    • ジェットバブリングリアクタ
      1223
    • 紫外線誘起発光法
      1480
    • 直火形無酸化炉
      1386
    • 直火還元炉
      844
    • 直火炉
      880
    • 時間/圧力試験
      307
    • 自己着火時の燃焼
      558
    • 自己排ガス再循環方式
      833
    • 自己反応性の化学物質
      316
    • 示差走査熱量測定
      303
    • システム不安定
      374
    • 自然発火性
      306
      • -ガス
        120
    • 下込めストーカ炉
      1061
    • 実験室オクタン価
      487
    • 湿式脱硫技術
      1127
    • 湿式脱硫の吸収液pHと脱硫性能
      1128
    • 湿式排煙脱硫法
      323
    • 湿式法(ガスタービン低公害化)
      722
    • 実質安全用量
      359
    • 実存物体からの放射
      396
    • 実用燃焼器設計
      104
    • 質量分析法
      1482
    • 自動車
      • -による電波障害の現状
        1317
      • -用ガスエンジンの燃焼方式
        544
      • -用ガソリン機関の燃焼方式
        536
    • 支燃性ガス
      120
    • 磁場
      • -影響の原理
        76
      • -が化学反応におよぼす影響
        78
      • -における火炎の観察
        77
      • -における燃焼現象
        76
    • シャドウグラフ
      436
      • -法
        434
    • シャボン玉法
      3
    • 重質油バーナ
      1156
    • 集塵装置
      1250
      • -計画時の留意事項
        1251
      • -の実際
        1252
    • 集塵方式
      1250
    • 修正分解熱
      303
    • 修正ボーダーライン法
      487,488
    • 修正ユニオンタウン法
      487
    • 自由噴流拡散火炎
      9
    • 重油
      164,172,793
      • -の安定性
        174
      • -の安定性の評価方法
        497
      • -の硫黄分
        174
      • -の引火点
        172
      • -の灰分
        174
      • -の混合安定性
        495
      • -の貯蔵安定性
        496
      • -の熱安定性
        496
      • -の燃焼性
        493
      • -の粘度
        172
      • -の発熱量
        174
      • -の流動点
        173
    • 従来型石炭火力のばい塵処理
      1257
    • 主燃焼と汚染物質の生成
      599
    • シュリーレン法
      386,434,436
    • ジュワー瓶試験
      304
    • 循環流動層
      1096
      • -ボイラ
        1096
    • 順送移床式ストーカ燃焼装置
      1062
    • 常圧流動層
      1082
      • -ボイラ
        1083
    • 省エネルギー
      247
    • 消炎
      54
      • -距離
        179
      • -限界曲線
        61
      • -限界濃度
        59
      • -限界の測定
        56
    • 蒸気濃度計測法
      624
    • 蒸気の爆発事故
      1503
    • 焼却灰分
      • -の融液化
        1028
      • -の融点
        1028
      • -融液の粘性
        1028
    • 焼却LCAのインベントリー分析
      1561
    • 焼却灰からの可燃ガス発生のメカニズム
      1057
    • 焼却炉
      • -の運転方式
        918
      • -の選定
        927
    • 焼却炉内空塔速度
      1096
    • 焼却炉の形式
      919
      • -回転炉床式焼却炉
        927
      • -ストーカ式焼却炉
        919
      • -スプレッダ・ストーカ式焼却炉
        927
      • -多段式焼却炉
        927
      • -立て型焼却炉
        924
      • -直接溶融式焼却炉
        925
      • -流動床炉
        920
      • -ロータリキルン式焼却炉
        921
    • 衝撃感度試験
      517
    • 衝撃起爆試験
      307
    • 上限界
      15
    • 焼成反応
      863
    • 衝突噴霧(アルコールエンジン)
      570
    • 蒸発式(燃料噴射)
      710
    • 蒸発燃焼
      29,471
    • 蒸発冷却
      897
    • 初期液滴直径と消炎直径との関係
      70
    • 初期燃焼過程
      599
    • 初期燃焼期
      694
    • 触媒
      349
      • -式脱臭装置
        1297
      • -寿命
        1299
      • -による高温燃焼
        226
      • -による低温燃焼
        225
    • 触媒燃焼
      223,1183,1297
      • -における低NOχ
        1183
      • -廃ガス処理装置
        226
    • 食品焼成炉
      52
    • シラン
      298
    • シリンダ内の燃焼
      671,676
    • シンギングフレーム
      371
    • シングルクロスリミット燃焼制御方式
      1384
    • 振動指数
      378
    • 振動燃焼
      91
      • -における圧力変動量の状態
        93
      • -の状態とその特性
        93
      • -の分類
        91
      • -の抑制
        95
    • 振動の励起のしやすさを表す指数
      377
    • 振動場雰囲気における燃焼現象
      91
    • 真発熱量
      479
      • -(石炭の発熱量の表示)
        154
  • 「す」
    • 水蒸気爆発
      1496
    • 水蒸気噴射
      337
    • 水素
      • -の異常燃焼
        590
      • -の過早着火とノッキング
        591
      • -の急激な燃焼
        591
      • -の高圧噴射の着火と火炎伝播
        588
      • -の熱面点火と火炎伝播
        588
      • -の火花点火と火炎伝播
        589
    • 水素炎イオン化法
      1481
    • 水素エンジン
      578
      • -の外部混合方式
        580
      • -の高圧噴射方式
        586
      • -の低圧噴射方式
        585
      • -の特徴
        579
      • -の内部混合方式
        585
      • -の排気特性
        592
    • 水素添加による石炭ガス化
      1111
    • 水素燃料特性のガソリンとの比較
      578
    • 水素燃料ラムジェットエンジン
      101
    • 水素噴流の形成
      587
    • 水素ラム燃焼現象
      101
    • 水中燃焼(液中燃焼)
      854
    • 水冷による冷却遮熱
      1422
    • 末広型トンネル
      183
    • すす
      25
      • -体積割合
        81
      • -の酸化速度
        11
      • -の生成
        187
      • -の生成物
        9
      • -の低減
        274
      • -排出量の抑制
        273
      • -発生限界
        26
      • -発生抑制
        246
    • スターリングエンジン
      759
      • -のスターリングサイクル
        761
      • -の熱交換システム
        760
      • -の流動層ヒータ
        765
    • スターリングサイクル
      761
    • ストーカ式焼却炉
      919
    • ストーカ石炭ボイラの適用炭種
      1066
    • ストーカ燃焼炉の分類と特徴
      1061
    • ストーカ炉
      1061
      • -からの環境汚染物質の生成
        1064
      • -内の燃焼機構
        1064
      • -の性能と基本構造
        1063
      • -利用のための新固体燃料
        1067
    • ストリーベック曲線
      630
    • スパッドガスエレメント
      378
    • スパッド型バーナ
      805
    • スプレーライニング
      1416
    • スプレッダ・逆送移床式ストーカ燃焼装置
      1062
    • スプレッダ・ストーカ
      1062
      • -式焼却炉
        927
    • スペースシャトル
      68
    • スポットテスト
      175
    • スラッギング
      1074
    • スワール
      230,598,600,615,786
      • -型筒内噴射
        732
      • -数
        38
      • -数と旋回流の特性
        37
      • -流
        538,542
    • スワラ部(ガスタービン燃焼器)
      703
  • 「せ」
    • 制御燃焼期
      695
    • 製造ガス
      478
    • 製鉄プロセス
      1133
      • -用加熱炉
        829
      • -用均熱炉
        829
    • 静電式噴霧器
      256
    • 赤外線検出素子の種類
      405
    • 赤外線システムの構成要素
      397
    • 赤外線システムの性能指標
      398
    • 赤外線センサ
      405
    • 赤外線熱計測
      395
    • 石炭
      • -およびコークスの一般分析値
        503
      • -等の性状とその用途
        502
      • -の化学的性状
        152
      • -の水分
        153
      • -の特殊分析
        502
      • -の特性
        152
      • -の燃焼方法
        151
      • -の破砕・粉砕
        1113
      • -の発熱量
        154
      • -の篩い分け振動スクリーン
        1115
      • -の篩い分け・分級
        1115
      • -の粉砕性
        154
      • -の分析法
        152
      • -の分類
        153
      • -の前処理技術
        1113
    • 石炭加圧燃焼
      • -の脱硫
        1092
      • -の窒素酸化物
        1092
      • -の燃焼速度
        1091
    • 石炭ガス化
      1105
      • -温度と圧力
        1107
      • -剤
        1105
      • -における無機質成分(灰分)
        1110
      • -燃料電池複合発電プラント
        1150
      • -の基本反応
        1105
      • -炉の形式
        1108
      • -炉のプラント
        1106
      • -炉複合発電
        1147
      • -炉複合発電用バーナの特徴
        1158
    • 石炭スラリー噴霧
      45
    • 石炭性状
      • -によるNOχ発生性予測
        1080
      • -による燃焼性予測
        1078
    • 石炭燃焼
      • -試験による燃焼性予測
        1077
      • -ボイラ
        195,1061
    • 石炭の選別
      1116
      • -のアルカリ浸出
        1123
      • -のウォーター・オンリー・サイクロン
        1118
      • -の遠心脱水機
        1120
      • -のオイルアグロメレーション
        1122
      • -のカラム浮選
        1121
      • -のシーブベンド・脱水スクリーン
        1119
      • -のジグ水選
        1116
      • -のシックナ
        1121
      • -の重液サイクロン
        1117
      • -の重液バス
        1117
      • -の真空フィルタ
        1120
      • -のスパイラル
        1118
      • -の浮選
        1118
    • 石炭破砕用ロータリ・ブレーカ
      1113
    • 石炭部分ガス化における流動層
      1093
    • 石炭部分ガス化複合発電
      1092
    • 石炭ブリケットによる炉内脱硫法
      323
    • 石炭分級サイクロン
      1116
    • 石炭粉砕用ロールクラッシャ
      1115
    • 赤熱表面温度
      50
    • 石油転換ガス
      478
    • 石油の燃焼反応機構
      474
    • セタン価
      170,488,489
    • 絶縁油
      • -(鉱油)
        1039
      • -の種類
        1039
      • -の廃棄処理
        1039
    • 石灰(石)石こう法
      1216
      • -湿式脱硫反応のメカニズム
        1127
      • -と湿式脱硫の充愼塔方式
        1128
      • -と湿式脱硫のスプレー塔方式
        1129
      • -と湿式脱硫のパブリング法
        1130
    • 石灰による石炭燃焼のクリーン化
      1125
    • 石灰燃焼における石灰の利用技術
      1125
    • 石灰法簡易脱硫技術
      1130
    • 石灰法簡易脱硫性能比較
      1130
    • 石灰法乾式脱硫技術
      1131
    • 石灰法半乾式脱硫技術
      1131
    • 接触法
      391
    • 絶対放射強度法
      388
    • セメントキルン
      859
    • セラミックスの分野における固-気反応
      1429
    • セラミックファイバ
      1409
    • セルロース火炎の伝播速度と周囲空気流速の関係
      72
    • ゼロ・エミッション(ZE)
      976
    • 旋回器
      799
    • 旋回溶融炉
      1033
    • 旋回流
      183
      • -燃焼
        36
      • -燃焼器
        41
    • 選択触媒還元
      687
    • 選択接触還元法
      340
    • 選炭
      1113
      • -の固液分離・脱水・廃水処理
        1119
      • -プロセス
        1113
  • 「そ」
    • 総括反応モデル
      808
    • 走行オクタン価
      487
    • 総合的危険性評価
      303
    • 層状給気
      541,542,731
    • 相対放射強度法
      388
    • 総発熱量
      479
      • -(石炭の発熱量の表示)
        154
    • 送油率
      694
    • 層流拡散火炎
      16,57,803
    • 層流と乱流における燃焼現象
      12
    • 層流燃焼機構
      14
    • 層流燃焼速度
      80,181
    • 層流燃焼速度と燃料濃度
      4
    • 層流予混合火炎
      14,53
      • -の構造
        14
    • 測定法の分類
      410
    • 袖火
      183
    • 粗粒炭
      504
  • 「た」
    • ターンダウンレシオ
      832
    • ダイオキシン
      357,906
      • -の排出形態
        908
      • -の排出低減
        909
      • -の排出抑制のための排ガス処理システム
        366
      • -の発生抑制のための燃焼改善
        365
      • -排出抑制のためのガス冷却設備
        366
      • -抑制燃焼技術
        1007
      • -抑制反応物質
        1012
    • ダイオキシン類
      28,1008
      • -削減の新ガイドライン
        909
      • -のガスクロマトグラフ質量分析による同定
      • -と定量
        1003
      • -の種類
        996
      • -の除去のための活性炭吹込み
        1025
      • -の触媒による分解
        1026
      • -の生成機構
        1010
      • -の測定試料の採取方法
        996
      • -の測定法
        996
      • -の排ガス試料の採取方法
        996
      • -の灰試料の採取方法
        998
      • -の排水試料の採取方法
        998
      • -の分析結果の表示
        1005
      • -の分析資料の前処理
        1000
      • -の分析方法
        998
      • -の抑制燃焼技術
        1014
    • 大学における化学系廃棄物処理システム
      1054
    • 耐火物
      887
      • -の還元雰囲気ガス腐食
        1429
      • -の気孔率・通気率
        1434
      • -の気体による変質
        1434
      • -の結合組織腐食
        1427
      • -の高温高圧水蒸気腐食
        1430
      • -の高温雰囲気ガス腐食
        1429
      • -の酸性水溶液腐食
        1430
      • -の水素還元腐食
        1430
      • -のスポーリング
        1434
      • -の組織体内部拡散腐食
        1428
      • -の損耗機構
        1431
      • -の緻密性・強度
        1434
      • -の電気化学的腐食
        1433
      • -の内部拡散腐食
        1428
      • -の表面拡散腐食
        142S
      • -の表面張力と表面エネルギー
        1434
      • -の水腐食
        1430
      • -の溶融物による腐食
        1433
      • -の冷却効果
        1437
    • 大気汚染物質
      1263
    • 大気の吸収・散乱
      399
    • 対向燃焼
      53
    • 対向ノズルバーナ
      56,57
    • 対向流拡散火炎
      • -における消炎
        68
      • -における消炎時の燃料濃度と火炎伸張率
      • -の関係
        68
    • 第3回締約国会議
      1547
    • 耐熱金属材料
      887
    • 代表的ポリビニルポリマーの物理的性質
      133
    • 耐容1日摂取量
      358
    • 滞留時間
      863
    • 対流伝熱炉
      881
    • ダイレクトシミュレーション
      464
    • 多管式貫流ボイラ
      1533
    • 多管式小型貫流ボイラ
      823
    • 打撃感度試験
      519
    • 多孔質円筒バーナ
      56,58
    • ダストの特性
      1249
    • 多段式焼却炉
      927
    • 脱硝技術
      326
    • 脱硝性能
      1234
    • 脱硫技術
      319
    • 脱硫剤吹込み法
      321
    • 脱硫性能
      1234
    • 立て型焼却炉
      924
    • 竪型ミル
      1072
    • ダブルカーネル法
      • -の原理
        436
      • -の光学系
        436
    • ダブルクロスリミット燃焼制御方式
      1384
    • 多噴霧方式(アルコールエンジン)
      567
    • ダムケラー数
      210
    • 単一液滴燃焼
      799
    • 単一成分液滴の燃焼特性
      86
    • 単一油滴の燃焼火炎
      470
    • 段階混合燃焼
      184
    • 段階燃焼
      88
    • 炭化水素
      591
      • -による選択還元
        352
      • -の結合エネルギー
        467
      • -の分類
        467
      • -NOχ選択還元触媒
        776
    • 炭化水素燃料
      • -による還元燃焼
        1196
      • -によるNOχ分解現象
        1192
      • -によるNOχ分解特性
        1193
    • 単管式貫流ボイラ
      1533
    • 単管式小型貫流ボイラ
      823
    • タンク窯
      870
    • 単孔ノズルからの微粒化
      258
    • 炭質による分析
      502
    • 炭質評価ソフトウェア
      1080
    • 炭種
      • -の性状
        152
      • -の燃焼試験
        153
    • 単純渦巻式(燃料噴射)
      708
    • 弾性流体潤滑
      630
    • 単体ガス
      • -の燃焼速度
        480
      • -の燃焼に関する性質
        481
    • 単段燃焼
      809,812
    • 単滴燃焼
      33,474
    • 断熱火炎温度
      19,479
    • 断熱理論燃焼ガス温度
      797
    • 断熱れんが
      1401
    • タンブル
      230
      • -型筒内噴射
        733
      • -流
        538,542
    • 単噴霧方式(アルコールエンジン)
      567
    • 暖房機器
      • -の給排気方式分類
        1538
      • -の暖房方式分類
        1538
  • 「ち」
    • 蓄熱器
      893
    • 蓄熱式燃焼
      240
    • 蓄熱式燃焼器
      247
    • 蓄熱体
      248
    • 蓄熱貯蔵試験
      308
    • 蓄熱燃焼
      895
    • 蓄熱燃焼装置
      1289
    • 蓄熱燃焼法
      1287
    • 蓄熱量
      887
    • 窒素酸化物
      20,349
      • -の低減
        274
    • 窒素のQ枝CARSスペクトル
      1395
    • チャー
      156
      • -燃焼モデル
        453
    • 着火エネルギー
      178
    • 着火遅れ
      694
    • 着火性試験
      307
    • 着火特性
      751
    • 中空円環状液膜噴流の挙動
      261
    • 中速循環型循環流動層ボイラ
      1100
    • 超音速燃焼
      270
    • 超音波CT法
      389
    • 超音波噴霧器
      255
    • 超過エンタルピー
      240
    • 超過エンタルピー燃焼
      • -(新しい超過エンタルピー燃焼)
        108
      • -現象
        106
      • -と空気予熱燃焼との差異
        107
      • -の熱循環方式
        106
      • -の燃焼応用例
        107
      • -の燃焼方式
        106
    • 超臨界圧発電プラント
      1147
    • 超臨界圧ボイラ用燃焼技術
      1154
    • 超臨界液滴燃焼の理論解析
      88
    • 超臨界蒸発状態への遷移
      87
    • 超臨界燃焼の成分燃料液滴の燃焼特性
      88
    • 超臨界雰囲気中での液滴燃焼現象
      86
    • 直接加熱方式
      835
    • 直接燃焼装置
      1288
    • 直接燃焼脱臭の必要条件
      1287
    • 直接燃焼法
      1287
    • 直接燃料
      601
    • 直接分解
      355
    • 直接噴射式
      548,602,677
      • -エンジン
        598
      • -の機関性能および排気特性
        549
    • 直接噴射方式における燃焼経過の例
      549
    • 直接溶融式焼却炉
      925
    • 直噴ガソリンエンジン
      604
    • 直噴式ディーゼル
      616
    • 沈殿法受止皿
      412
  • 「つ,て」
    • 通気性固体の構造
      48
    • 通常重力場における層流噴流拡散火炎
      69
    • 低圧空気型噴霧式バーナ
      801
    • ディーゼルエンジン
      597,615,635
      • -の汚染物質の制御
        602
      • -の火炎画像解析システム
        789
      • -の渦流燃焼室式
        680
      • -の空気室式
        680
      • -の主燃焼と汚染物質の生成
        599
      • -の初期燃焼過程
        599
      • -の直接噴射式
        677
      • -の燃料加圧装置
        691
      • -の燃料高圧噴射管系
        692
      • -の燃料噴射ノズル
        692
      • -の排出微粒子の計測
        789
      • -の噴霧過程
        597
      • -の噴霧の可視化
        787
      • -の噴霧量計
        787
      • -の予燃焼室式
        678
    • ディーゼル軽油
      • -CFPP
        490
      • -の硫黄分
        171,491
      • -の着火性
        169,488
      • -の低温流動性
        170,490
      • -の動粘度
        491,171
      • -の流動点
        490
    • ディーゼル自動車の排出ガス対策
      171
    • ディーゼル燃焼
      597
      • -の後燃え期
        695
      • -の解析技術
        784
      • -の拡散燃焼
        695
      • -の気流
        695
      • -の最低燃料消費率
        696
      • -の初期燃焼期
        694
      • -のスワール
        786
      • -の制御燃焼期
        695
      • -の着火遅れ
        694
      • -の熱発生率
        785
      • -の燃料噴射率
        785
      • -の排気
        696
      • -の爆発的燃焼期
        694
      • -の無制御燃焼期
        694
    • ディーゼル噴霧
      622,691
    • ディーゼルベース型ガスエンジン
      683
    • 低温水素のNOχ低減効果
      592
    • 低温スラッジの生成
      634
    • 低過剰空気燃焼領域
      1383
    • 低公害化技術(ガスタービン)
      721
    • ディコーンプロセス
      362
    • 定常温度測定
      385
    • ディスプレーサ型スターリングエンジン
      763
    • 低スラッギングバーナ
      1157
    • 低騒音化
      246
    • 低速循環型内部循環流動層ボイラ
      1102
    • 定置用ガスエンジン
      686
      • -の希薄燃焼法
        687
      • -の三元触媒法
        686
      • -の低NOχ化処理方法
        686
      • -の排ガス脱硝法(選択触媒還元)
        687
    • 低発熱量
      479
    • 低負荷帯での安定燃焼
      253
    • ディフューザ(ガスタービン燃焼器)
      706
    • 低NOχ
      245
      • -高効率燃焼方式
        1155
      • -化処理方法
        686
      • -化の可能性
        218
      • -燃焼技術
        1155,1163
      • -バーナ
        328,1072
    • 低O2燃焼
      1155
    • 滴下
      259
    • 鉄鋼業における炉体診断・計測技術
      1485
    • デフラグレーション試験
      307
    • デポジット
      168
    • デュアルフューエル(燃料)方式
      547,685
      • -における燃焼経過の例
        547
    • 点火装置のエネルギー
      714
    • 点火プラグ
      669
    • 電気抵抗式溶融炉
      1035
    • 電気火花感度試験
      307
    • 電気火花点火方式
      661,662
    • 電気雷管の性能試験
      525
    • 電子ビーム照射による排煙処理
      1279
    • 伝熱解析モデル
      451
    • 天然ガス
      477,794
      • -希薄燃焼機関の特徴
        545
      • -井の火災
        120
      • -の組成例
        477
    • 伝播火炎
      654
    • 電波障害対策
      1318
    • 電場
      • -影響の原理
        75
      • -と燃焼生成物
        76
      • -における燃焼現象
        75
      • -による燃焼速度
        76
  • 「と」
    • ドイツ連邦物質試験研究所式摩擦感度試験器
      306
    • 等温貯蔵試験
      303
    • 導火線の性能試験
      527
    • 凍結法
      415
      • -装置(8号機)
        416
      • -装置の構造と測定方法
        416
    • 同軸流噴流拡散火炎
      9
    • 灯芯燃焼
      29
    • 筒内直接噴射方式
      732
    • 筒内噴射成層燃焼エンジン
      564
    • 筒内噴射(直噴)による希薄燃焼
      541
    • 筒内噴射補助燃料圧縮点火エンジン
      562
    • 導爆線の性能試験
      527
    • 灯油
      163,175,499,794
      • -規格
        499
    • 等容サイクル
      534
    • トーチイグナイタ
      715
    • 特殊な物質の火災
      116
    • 毒性ガス
      120
    • 毒性等価換算濃度
      357
    • 毒性等価係数
      358
    • 特別管理廃棄物
      984
    • 都市ガス
      478
    • 都市ごみ
      899
      • -系廃プラスチックの燃料化
        938
      • -焼却炉からのダイオキシン発生
        907
      • -焼却炉におけるダイオキシン対策
        1016
      • -の焼却施設の機能
        903
      • -の焼却施設の二次公害防止
        905
      • -の処理方法
        899
      • -の組成
        899,914
      • -の発熱量
        901
    • ドッグハウス
      872
    • トライボロジー
      629,630,635,636,638,641,642
    • トレーサ濃度法
      388
    • トレーサ法
      390
  • 「な」
    • 内部群燃焼
      33,474,799
    • 内面断熱
      1422
    • 流れ測定
      419
    • 流れの場における噴霧の挙動シミュレーション
      414
    • ナフサ
      161
    • 難燃化
      213
    • 難燃性繊維織物
      214
  • 「に」
    • 二競争反応モデル
      453
    • 2サイクルガソリンエンジン
      634
    • 二次元アレイセンサ
      404
    • 二次元燃焼場数値解析
      460
    • 二次効果法
      390
    • 二重弁式(燃料噴射)
      708
    • 二重露光写真法
      409
    • 二次領域(ガスタービン燃焼器)
      707
    • 二色カラーシート法
      421
      • -による流速測定の原理
        421
    • 二色法
      388
      • -による火炎温度
        437
      • -による火炎温度測定
        441
      • -によるすす濃度計測
        437
      • -の原理
        438
    • 二段燃焼
      44,338,812,1173
      • -酸素バーナ
        220
      • -法
        328
      • -方式
        833
    • 二段反応型
      67
    • 二波長レーザ光吸収・散乱光度法
      423
      • -による噴霧計測の原理
        423
    • 2ピストン型スターリングエンジン
      762
    • ニューマチック・プローブ法
      389
    • 尿素脱硝システム
      774
    • 二流体式アトマイザ
      817
    • 二流体噴霧式バーナ
      255
    • 認証機関
      1555
  • 「ぬ,ね」
    • 抜山-棚沢式
      264
    • 熱音響理論
      376
    • 熱画像計測
      401
      • -の応用分野例
        406
    • 熱画像装置
      403
    • 熱画像データ
      139
    • 熱画像の性質
      402
    • 熱型検出素子
      405
    • 熱勘定
      888
    • 熱交換システム
      760
    • 熱再生器
      240
    • 熱灼減量
      904
    • 熱処理炉
      835
      • -の間接加熱方式
        838
      • -の直接加熱方式
        835
    • 熱線風速計法
      390
    • 熱電対の測定誤差の補正
      385
    • 熱伝導式炉
      881
    • 熱発生率
      785
    • 熱分解試験
      307
    • 熱分析試験装置
      507
    • 熱面点火
      570
    • 熱流動
      141
    • 熱量計
      304
    • 燃焼
      • -に起因する電波障害
        1311
      • -に伴う燃料爆発事故
        1501
      • -に伴って生じる自励振動の発振条件
        92
      • -による廃液処理
        1302
      • -の化学反応
        3
      • -の可視化
        604
      • -の気相反応モデル
        452
      • -の光学的解析
        429
      • -の効率化のための微粒化技術
        257
      • -の支配方程式
        741
      • -の数値解析(ガス)
        458
      • -の物理量計測解析
        430
    • 燃焼LCAの試算結果
      1564
    • 燃焼改善
      319
    • 燃焼火炎
      • -の温度計測法
        616
      • -の流動計測手法
        618
    • 燃焼ガス量
      185
    • 燃焼器
      700
    • 燃焼機器による電波障害の現状
      1316
    • 燃焼機器用変圧器の原理
      1314
    • 燃焼技術による脱臭技術
      1287
    • 燃焼器内の燃焼(ガスタービン)
      704
    • 燃焼器の騒音と振動
      1332
    • 燃焼限界
      179
    • 燃焼現象
      • -の解明
        3
      • -の化学分析
        431
      • -のシミュレーション
        620
      • -のシミュレーション計算解析
        431
    • 燃焼ごう(轟)音
      370,1332,1333
      • -の低減策
        1338
    • 燃焼効率
      156
      • -(ガスタービン燃焼器)
        705
    • 燃焼事前脱硫
      320
    • 燃焼実験解析
      432
    • 燃焼室出口温度
      904
    • 燃焼室内ガスサンプリング技術
      619
    • 燃焼室内流れ
      646
    • 燃焼室熱負荷
      904
    • 燃焼絞り比
      832
    • 燃焼シミュレーション
      621,645
      • -による診断
        1466
    • 燃焼処理による有害物質の安全廃棄
      1036
    • 燃焼振動
      370,1332,1339
      • -の抑制方法
        374
      • -の例
        1344
      • -を回避する燃焼炉の設計法
        377
      • -を回避するバーナの設計法
        377
    • 燃焼制御オーバシュート抑制
      1389
    • 燃焼制御の速応化捕償
      1388
    • 燃焼生成物
      18
    • 燃焼設備点検要領例
      1475
    • 燃焼騒音
      370
      • -の測定方法
        1335
      • -の分類
        1332
    • 燃焼速度
      3,14,181
      • -(ガス体)
        482,483
    • 燃焼速度計測
      437
    • 燃焼速度定数
      86,473
    • 燃焼速度と圧力指数
      80
    • 燃焼速度の増加
      216
    • 燃焼灰
      28
    • 燃焼排ガスからのCO2回収除去技術
      1240
    • 燃焼灰から可燃ガス発生のメカニズム
      1057
    • 燃焼排気特性
      51
    • 燃焼排出物
      18
      • -の発生機構
        18
    • 燃焼範囲の拡大
      216
    • 燃焼反応促進
      268
    • 燃焼反応中に見られるラジカル
      445
    • 燃焼反応の総括反応式
      18
    • 燃焼負荷率(ガスタービン燃焼器)
      705
    • 燃焼平衡生成物
      19
    • 燃焼方式
      545
    • 燃焼容器内不安定
      373
    • 燃焼用触媒
      224
    • 燃焼抑制
      210
    • 燃焼炉内空塔速度
      1096
    • 燃焼炉内脱硫
      321
    • 燃焼炉の爆発
      1489
    • 燃速試験
      307
    • 粘度指数
      633
    • 燃料
      • -(ガスタービン用)
        717
      • -(加熱炉用)
        830
      • -(均熱炉用)
        830
    • 燃料油の燃焼反応
      466
    • 燃料加圧装置
      691
    • 燃料空気サイクル
      534
    • 燃料高圧噴射管系
      692
    • 燃料消費率SFC
      101
    • 燃料処理プロセス
      718
    • 燃料性状の比較
      552
    • 燃料多様化のための燃焼技術
      1168
    • 燃料二段燃焼
      1174
    • 燃料二段燃焼機構
      1179
    • 燃料による高温腐食
      718
    • 燃料の着火(ガスタービン)
      712
    • 燃料の噴射
      707
    • 燃料比
      153
    • 燃料噴射
      • -のエアアシスト式
        712
      • -の回転式
        710
      • -のガス噴射式
        712
      • -の還流式
        709
      • -の気流微粒化式
        711
      • -の蒸発式
        710
      • -ノズル
        692
      • -の単純渦巻式
        708
      • -の二重弁式
        708
      • -の予混合予蒸発式
        712
      • -率
        785
    • 燃料噴霧
      621,625
    • 燃料噴流の流動
      1176
  • 「の」
    • 濃厚廃水の焼却処理
      856
    • 濃淡燃焼
      1352
    • 濃度画像計測法
      626
    • 濃度場
      608,610
    • ノッキング
      656,673
  • 「は」
    • バーナ
      • -火炎の安定性
        15
      • -近傍燃焼ガス温度分布
        51
      • -構造
        49
      • -タイル
        183,800
      • -の自己排ガス再循環方式
        833
      • -の二段燃焼方式
        833
      • -流量制御の機械的リンケージ式
        839
      • -流量制御の均圧弁式
        839
      • -流量制御の流量制御式
        839
    • 廃液燃焼の事例
      1306
    • 廃液の種類と特徴
      1302
    • 排煙
      • -の拡散と気象条件
        1518
      • -の大気中拡散現象
        1528
      • -のダウン・ウォッシュ現象
        1518
      • -のダウン・ドラフト現象
        1518
    • 排煙処理システムにおけるばい塵処理
      1256
    • 排煙脱硝技術
      339
    • 排煙脱硫装置プロセスフロー
      1221
    • バイオブリケット
      1068
    • バイオマスガス化
      1093
    • 排ガス再循環・混合
      328
    • 排ガス脱硝法(選択触媒還元)
      687
    • 排ガス熱損失
      797
    • 排ガス量の減少
      217
    • 排気再循環
      535
    • 排気再燃コンバインドサイクル
      1153
    • 排気再燃バーナ
      1161
    • 排気損失
      185
    • 廃棄物
      • -の固形化燃料のエンジニアリング
        961
      • -の性状と燃焼技術
        503
      • -の燃焼特性
        899
      • -の溶融技術
        1028
      • -の溶融技術の要点
        1028
      • -の溶融の効果
        1028
    • 廃棄物焼却施設における燃焼爆発
      1056
    • 廃棄物焼却炉
      912
      • -鋼材の腐食
        1440
      • -におけるダイオキシン類の発生機構
        1012
      • -における有機ハロゲン化合物の生成
        1007
      • -のダイオキシン類の排出規制
        1016
      • -排ガス中ダイオキシン類
        1009
    • 廃棄物処理業における労働災害
      1056
    • 廃棄物燃焼
      899
    • 廃棄物発電システムにおけるばい塵処理
      1259
    • 背景放射
      399
    • ばい塵
      • -の回収技術
        1249
      • -の定義と発生施設
        1249
      • -の特性
        1249
    • ハイターンダウン性能
      832
    • 廃タイヤ
      • -の加工利用
        952
      • -の乾留法
        956
      • -の原形利用
        951
      • -の再利用状況
        950
      • -の生石灰焼成での利用
        959
      • -のセメント焼成キルンでの燃料化
        952
      • -の中小ボイラでの利用
        959
      • -の直接燃焼法
        958
      • -の燃焼と反応メカニズム
        953
      • -の燃料化技術
        950
      • -の燃料化システム
        955
      • -の発生状況
        950
      • -の発電設備での利用
        958
    • 灰バンカー内の燃焼爆発の事故防止
      1059
    • バイフューエル方式(ガス/ガソリン)
      683
    • 廃プラスチック
      • -の燃料化技術
        932
      • -油化技術の各種方式
        936
      • -油化処理の経緯
        932
      • -の熱分解の化学
        932
    • ハイブリツト触媒燃焼
      228
    • ハイブリッドロケットエンジン
      98
    • 廃油
      916
    • パイロプローブ
      508,509
    • 白煙発生の科学的原理
      1276
    • 白煙防止型冷却塔の基本的設計パターン
      1276
    • 白煙防止技術
      1276
    • 白煙防止のための冷却塔の設計技術と運転技術
      1277
    • 爆発限界
      292
      • -測定法
        292
      • -の圧力依存性
        294
      • -の温度依存性
        294
    • 爆発現象
      287
    • 爆発的燃焼期
      694
    • バグフィルタ
      • -入口排ガスの低温化
        1022
      • -によるダイオキシン削減技術
        1022
      • -によるダイオキシン類対策技術
        1020
      • -の特性
        1020
    • 爆風による被害
      290
    • 波状流領域
      260
    • 裸熱電対
      385
    • 発煙性の傾向
      133
    • 発火点試験
      306
    • バックドラフト
      114
    • バックファイヤ
    • 発光・吸収法
      391,392
    • バッチ炉
      880
    • バッテリ式点火法
      667
    • 発熱量
      795
      • -当りのCO2排出量
        544
    • バッフルバーナ
      184
    • バナジウム
      174
    • バナジウム・アタック
      718
    • ハニカム触媒
      226
    • パルスジェット燃焼
      739
      • -の渦度方程式
        745
      • -の支配方程式
        741
    • ハロゲン化炭化水素化合物
      211
    • ハロン消火剤
      211
    • ハロンの代替消火剤
      213
    • 半乾式脱硫法
      324
    • 半径方向すす濃度分布の経時変化
      73
    • 反射式検出端
      1370
    • 反応場
      613
  • 「ひ」
    • 微圧振動
      1360
    • 光減衰法
      73
    • 火格子燃焼率
      904
    • 飛散ダスト量とガス温度との相関
      1354
    • ビジュアルフィードバック燃焼制御
      1390
    • 微小重力
      • -環境
        77
      • -場における層流噴流拡散火炎
        69
      • -場における燃焼現象
        68
    • 比推力
      101
    • ピストン型往復エンジン
      661
      • -の圧縮着火方式
        661
      • -のガス・ディーゼル
        662
      • -の高圧磁石発電点火法
        666
      • -の点火プラグ
        661,669
      • -の電気火花点火方式
        661,662
      • -のバッテリ式点火法
        667
      • -のフライホイールマグネト
        667
      • -のヘッセルマン方式
        662
      • -の焼玉着火方式
        662
    • ビスブレーカ重油
      494,495,496
    • 非接触法
      391,392
    • 必要燃焼量
      891
    • ピトー管法
      390
    • 火花点火
      684
    • 火花放電による可燃性混合気の点火
      270
    • 比表面積
      155
    • 被覆熱電対
      385
    • 非分散赤外線分析法
      1479
    • 微粉炭
      504,1071
      • -の揮発化過程
        156
      • -のチャー燃焼過程
        157
      • -の燃焼過程
        156
      • -の燃焼機構
        156
      • -の燃焼技術
        1071
      • -の予混合燃焼
        251
      • -バーナ
        1072
      • -粉砕設備
        1071
      • -ボイラ火炉
        1074
      • -ボイラにおける石灰性状の影響
        1076
      • -粒子の燃焼過程
        505
    • 微粉炭燃焼
      808
      • -試験炉
        510
      • -シミュレーション
        451,454,455
      • -設備
        1071
      • -における窒素酸化物の生成機構
        158
      • -におけるNOχ抑制技術
        1074
      • -の総括反応モデル
        808
      • -の単段燃焼
        809,812
      • -の二段燃焼
        812
      • -の炉内燃焼特性
        809
      • -ボイラにおける診断
        1468
      • -モデル
        453
      • -流動解析モデル
        451
      • -炉
        151
    • 微粉炭ボイラにおける石灰性状の影響
      1076
    • 表面燃焼
      48
      • -の応用
        52
    • 表面溶融炉
      1033
    • 微粒化法各種
      264
    • 微粒化方式の分類
      265
    • 微粒化模様の変化(ノズル径0.22mm)
      259
    • 微量電量滴定酸化法
      491
    • ビル用の防災システムの構成例
      118
  • 「ふ」
    • ファウリング
      1074
    • ファンヒータ
      1538
    • フーリエ変換赤外分光法
      503,1481
    • プール火災
      121,124,137
      • -火炎の放射特性
        136
      • -の計測実験
        138
    • フェノールNOχの低減
      1167
    • 不活性ガス添加による爆発限界の変化
      296
    • 吹消え
      180
    • 不均一場における混合
      145
    • 複合発電用加圧流動層燃焼システム
      1088
    • 複雑な場での燃焼現象
      12
    • 副室式(アルコールエンジン)
      565
    • 腐食摩耗
      631
    • フッ化炭化水素系消火剤
      213
    • 物質の放射率
      402
    • プッシュプル方式
      846
    • プッシュプル遮断装置
      1424
    • 不定形断熱材
      1404
    • 部分燃焼
      • -(合成ガス製造)
        65
      • -の基本反応
        65
      • -方式
        66
    • 部分噴霧流領域
      261
    • 部分予混合バーナ
      805
    • 不明薬品の焼却処理
      1054
    • フライホイールマグネト
      667
    • プラスチック系廃棄物
      915
    • プラズマジェット
      267
    • プラズマジェット・点火プラグ
      270
    • プラズマ式溶融炉
      1034
    • プラズマトーチ
      267
    • フラッシュオーバー
      114
    • ブラフボディ型バーナ
      141
    • ブラフボディ型保炎器
      102
    • ブラフボディ後流の流れ
      36
    • ブリストロム
      212
    • ブルーフレーム燃焼
      49
    • プロセス安全設計手順
      310
    • ブロックライニング
      1416
    • プロッケージ比
      102
    • 雰囲気炉
      880
    • 分解燃焼
      471
    • 分解爆発性
      296
    • 分光放射発散度
      395
    • 分散剤
      199
    • 分子のポテンシャル曲線
      445
    • 噴射圧力
      598
    • 噴射量計
      787
    • 分子励起法
      391,393
    • 粉体燃料
      151
    • 噴霧火炎の構造
      33
    • 噴霧過程
      '597
    • 噴霧計測法
      409
    • 噴霧周辺部の拡大写真
      422
    • 噴霧・蒸気のシュリーレン再生像
      422
    • 噴霧内の混合気形成と着火
      599
    • 噴霧燃焼
      29
    • 噴霧の可視化
      787
    • 噴霧粒径測定
      421,623
    • 噴霧粒子採取器
      411
    • 噴霧粒子撮影装置
      411
    • 噴霧流領域
      261
    • 噴霧(レーザによる燃焼)
      421
    • 噴流拡散炎
      145
      • -における層流
        145
      • -における層流から乱流への遷移
        148
      • -における乱流
        149
    • 噴流床ガス化炉
      1158
    • 噴流保炎型燃焼器
      103
  • 「へ」
    • 平滑流領域
      260
    • 平行流(同軸)拡散燃焼
      82
    • 米国鉱山局型の装置
      292
    • 平面火炎法
      3
    • 平面レーザ散乱法
      73
    • 平面レーザ誘起加熱法
      73
    • 平面レーザ誘起蛍光法を用いた化学種濃度測定
      73
    • ペーパライニング
      1414
    • 壁面衝突モデル
      652
    • ヘッセルマン方式
      662
    • ベニアリング
      1416
    • ヘルムホルツ振動
      91
    • 変動温度測定
      386
  • 「ほ」
    • ボアポリッシュ
      635
    • ボイラ
      52
      • -鋼管の腐食
        1442
      • -における低NO、燃焼技術
        327
      • -用低NOχバーナ
        806
    • 放射加熱
      885
      • -式炉
        882
      • -の火炎の輝炎放射
        885
      • -のガス放射
        885
      • -の固体放射
        885
    • 放射線励起法
      491
    • 放射束の測定法
      396
    • 暴走反応測定装置
      304
    • 暴走反応の放散口設計に関連した熱量計
      305
    • 放電によるプラズマの生成
      257
    • 防犯・防災モニタシステム
      407
    • 保炎器
      799
    • 保炎装置
      36
    • 保炎筒
      800
    • 保炎板
      184,799
    • ボードライニング
      1416
    • 保存処理木材の燃焼処理
      1036
    • ポリ塩素化ビフェニル
      1039
    • ポリマー主鎖の分解例
      933
    • ポリマー側鎖の分解例
      935
    • ポリマーの熱劣化
      936
    • ボルテックスバーナ
      854
    • ホログラフィ干渉計
      387
    • ポンピング損失
      534,537,538,542
  • 「ま~む」
    • マーキング法
      390
    • マグネシウム法
      1227
    • マッフル
      838
    • 摩耗
      631
    • 水噴射
      337
    • 乱れの燃焼促進のメカニズム
      12
    • 未燃損失
      186
    • 未燃排出物
      19
    • 未燃率
      156
    • 脈動燃焼
      1332
    • ミラーサイクル
      534
    • 無酸化炉方式
      843
    • 無制御燃焼期
      694
  • 「め」
    • メタノールエンジン
      • -性能と排出ガス特性
        559
      • -の軽油点火
        562
      • -の早期燃料噴射
        561
      • -の燃焼室の遮熱化
        561
      • -のDME点火
        564
    • メタノール希薄燃焼エンジンシステムの例
      556
    • メタノールの2サイクルエンジン
      562
    • メタン型のNOχ選択還元触媒
      777
  • 「も」
    • 燃え広がり
      112,121
      • -(液面上)
        121
      • -(混合型)
        124
      • -(予混合型)
        122
      • -(予熱型)
        122
    • 木材クリブを燃焼させた場合の燃焼による重量減少
      131
    • 木質系廃棄物
      914
    • モンテカルロ法
      451
  • 「や,ゆ」
    • 焼玉着火方式
      662
    • 油圧噴霧式バーナ
      802
    • 有炎燃焼
      112
    • 有害ガス処理プロセス
      1265
    • 有機塩化物の焼却処理
      856
    • 有機汚泥
      916
    • 有機系薬剤処理木材の焼却廃棄
      1036
    • 遊離炭素
      600
    • 油滴間無次元距離
      474
    • 油滴噴霧群の燃焼
      472
  • 「よ」
    • 溶剤蒸気の爆発事故
      1502
    • 溶射コーティング
      • -の環境負荷性評価
        1563
      • -の高温摩耗特性評価
        1570
      • -のコスト因子の評価
        1570
    • 溶融亜鉛めっき設備
      • -の直火還元炉
        844
      • -のプッシュプル方式
        846
      • -のラジアントチューブ加熱炉
        845
    • 溶融亜鉛めっきの無酸化炉方式
      843
    • 溶融還元プロセス
      • -(DIOS法)
        1135
      • -(Romelt法)
        1137
    • 溶融還元法
      1133
      • -の二次燃焼
        1138
      • -の熱収支
        1140
    • 溶融還元炉
      1061
      • -における炉内反応
        1133
    • 溶融技術
      1028
      • -の要点
        1028
    • 溶融層石炭ガス化炉
      1109
    • 溶融の効果
      1028
    • 溶融炉
      • -の燃焼ガスの排出
        1032
      • -の融液の取出し
        1032
      • -の炉内温度の計測と制御
        1031
      • -の炉壁
        1031
    • 窯炉構造鋼材
      • -の種類
        1438
      • -の腐食
        1438
    • 予混合
      684
      • -火炎
        5
      • -型燃え広がり
        122
    • 予混合燃焼
      5,80,337,803
      • -の混合比
        6
      • -の所要空気量
        6
      • -の燃焼形態
        5
      • -の燃焼生成物の温度と組成
        7
      • -の燃焼反応
        5
      • -(微粉炭,油)
        251
      • -用バーナ
        805
    • 予混合火花点火エンジン
      554
    • 予混合予蒸発式
      712
    • 予燃型燃え広がり
      122
    • 予燃焼室式
      678
    • 4サイクルガソリンエンジン
      633
    • 4500Kと2200Kの黒体の放射能の比と波長との関係
      427
  • 「ら」
    • 落槌感度試験
      306
    • ラジアントチューブ
      838
      • -加熱炉
        845
      • -バーナ
        354
      • -方式
        842
    • ラジカルの発光過程
      444
    • ラジカル発光計測
      444
    • ラジカル発光計測システム図
      '446
    • ラジカル発光スペクトル計測
      446
    • ラジカル発光像の計測例
      445
    • 落下実験用PLIF計測システムの概略
      72
    • 落球打撃度試験
      306
    • ラムジェットエンジンの燃焼
      102
    • ラムとスクラムジェットエンジン
      101
    • 乱流火炎
      803
    • 乱流拡散火炎
      13,61,137
    • 乱流燃焼解析
      462
    • 乱流燃焼機構
      12
    • 乱流燃焼速度
      4,81,182
    • 乱流予混合火炎
      12,59
    • 乱流予混合気の燃焼実験結果
      5
  • 「り」
    • リーンバーン
      352
      • -エンジン
        604,606,608
    • 陸上小型燃焼設備
      492
    • リジェネ
      240
      • -燃焼
        241
      • -燃焼化学特性
        244
    • リバーニングによるNOχの酸化と還元
      1194
    • リバーニング燃焼(炉内脱硝)
      1192
    • 粒径測定(レーザによる燃焼)
      421
    • 粒径分布と最大粒径
      263
    • 硫酸製造用硫黄燃焼設備
      848
    • 粒子画像相関法
      390
    • 粒子個別追跡法
      390
    • 粒子追跡法
      604
    • 粒子内での燃焼現象
      193
    • 流体力学的不安定
      374
    • 流動床燃焼試験炉
      511
    • 流動床炉
      920
    • 流動層
      1082
      • -石炭ガス化炉
        1109
      • -燃焼
        1082
      • -ヒータ
        765
      • -炉
        151
      • -炉内脱硫法
        322
    • 流動場
      606
    • 流量制御式
      839
    • 量子型検出素子
      405
    • 理論乾き排ガス量
      797
    • 理論空気量
      185,796
    • 理論湿り排ガス量
      797
    • 理論燃焼ガス量
      153
    • 理論燃焼空気量
      153
    • 理論排ガス量
      796
    • 臨界温度
      843
    • リング型バーナ
      805
  • 「る,れ」
    • ル・シャトリエ(Le Chatelier)
      179
      • -の法則
        482
    • るつぼ炉
      870
    • 冷却塔の白煙発生と環境公害問題
      1276
    • 励振の空間条件
      95
    • 励振の時間条件
      94
    • レイリー散乱法
      388
      • -によるエンジン筒内濃度面計測の装置
        425
    • レーザ
      277
      • -回折法
        422
      • -光減衰CT(computed tomograph)法
        422
      • -照射時噴霧の各成分からのイメージ
        424
      • -切断
        281
      • -ドップラー法
        390
      • -ドップラー流速計
        419,604
      • -二焦点法
        391
      • -による可燃性混合気の着火・燃焼促進
        279
      • -による固体の着火・燃焼促進
        280
      • -による着火・燃焼反応
        277
      • -による燃焼計測
        419
      • -誘起蛍光法
        143
      • -誘導蛍光検出法
        619
    • レキュペレータ
      893
    • 劣質残渣油
      816
      • -の二流体式アトマイザ
        817
    • 連続炉
      880
  • 「ろ,わ」
    • ろうそくの炎
      16
    • ロータリエンジン
      649
    • ロータリキルン式焼却炉
      921
    • ロータリキルンの滞留時間
      863
    • 炉鋼材の高温腐食防止
      1444
    • 炉床負荷
      882
    • 炉体構造部分補修方法
      1447
    • ロックウール
      1409
    • ロツサー
      211
    • 炉内乾状態吹込み法による脱硫
      1126
    • 炉内脱硝法
      333
      • -の様式とNOχ低減特性
        1195
    • 炉内脱硫
      1O82
      • -技術
        1125
    • 炉内燃焼特性
      809
    • 炉内流動床による脱硫法
      1125
    • 炉壁耐火物の診断計測技術
      1484
    • ワイドレンジバーナ
      254
    • ワイヤメッシュ
      508,509
    • ワニスの生成
      634
  • 「A」
    • A重油
      492
    • abrasion型の分解
      133
    • acoustic instability
      373
    • AMD
      262
    • ARC
      304
    • arithmatic mean diameter
      262
    • AST
      304
  • 「B」
    • BAM式摩擦感度試験
      520
    • BAM式摩擦感度試験器
      306
    • blockage比
      102
  • 「C」
    • C型燃焼限界曲線
      68
    • C重油
      493
    • CARBフェーズIIガソリン
      485
    • CARS
      606,607,1392
    • CARS法
      425,611
    • CCA処理木材の焼却廃棄
      1036
    • CCDの映像
      1376
    • chemi-ionization
      75
    • CHETAH
      301,316
    • CHIYODA THOROUGHBRED 121
      1220
    • COの生成
      186
    • Co-ゼオライト系NOχ選択還元触媒
      779
    • CO2削減
      1549
    • coa1-oil mixture
      257
    • coal-oil slurry
      257
    • coal-water mixture
      257
    • coal_water slurry
      257
    • coherent anti-Stokes Raman scattering法
      425
    • COM
      198,206,257
      • -用二流体アトマイザ
        265
    • combustion chamber instability
      373
    • COP3
      1547
    • COS
      257
    • CT-121プロセス
      1220
    • CUF燃焼
      1155
    • CWM
      198,257,504
      • -の燃焼モデル
        266
      • -用二流体アトマイザ
        265
    • CWP
      504
    • CWS
      257
  • 「D」
    • deacon process
      362
    • degenerate four-wave mixing法
      425
    • Descrete Ordinate法
      451
    • DEWM法
      425
    • DIOS法
      1134,1135
    • DO法
      451
    • DSC
      303
  • 「E」
    • EGR
      535,636,637
    • EMAS
      1553
    • excess enthalpy combustion
      240
    • external group combustion
      33
    • external sheath combustion
      33
  • 「F」
    • Fナンバー
      298
    • FBC
      1082
    • FID
      612
    • Flamelet model
      654
    • fluid-dynamic instability
      374
    • Flux法
      451
    • fuel NO
      327
    • fuel NOχ
      158
  • 「G,H」
    • GHSV(空間速度)
      1297
    • group combustion number G
      32
    • HBRE
      98
    • HGI
      154
    • hybridrocket engine
      98
  • 「I」
    • IGCCシステムのばい塵処理
      1258
    • internal group combustion
      33
    • intrinsic instability
      374
    • IPCC第2次評価報告書
      1545
    • ISO 14000シリーズ
      1551
  • 「J,K」
    • JBR
      1223
    • JIS K 2202-1996
      485
    • JIS K 2203-1996
      499
    • JIS K-2204-1996
      489
    • KL値
      443
  • 「L」
    • L2F
      391
    • Large Eddy Simulation
      648
    • laser Doppler velocimetry
      419
    • laser-induced fluorescence of ambient-gas
      426
    • laser-induced fluorescenceによる流速測定
      421
    • laser-induced incandescence法
      427
    • LDV
      419,604,606
      • -によるエンジン筒内の流速測定の装置概略
        420
    • LIFA
      426
    • LIFによる流速測定
      421
    • LII法
      427
    • lower limit
      15
    • LPG
      161
  • 「M,N」
    • maximum combustion potential
      483
    • MCP
      483
    • MTBE
      163
    • Na-D線反転温度測定法
      1142
    • Na-D線反転法
      388
    • Net Plosive Density
      303
    • NH3
      • -触媒式
        1213
      • -無触媒式
        1214
    • NO生成モデル
      452
    • NO直接分解触媒
      776
    • NOχ
      326
      • -化の可能性
        218
      • -吸蔵還元型三元触媒
        775
      • -吸蔵還元触媒システム
        354
      • -除去
        773
      • -低減手段
        328
      • -の生成について
        1211
      • -排出抑制効果
        1174,1175
      • -量を低減
        253
  • 「O,P」
    • ODP
      211
    • particle imaging veIocimetry法
      421
    • PCB
      1039
      • -含有絶縁油などの化学処理技術
        1042
      • -含有絶縁油などの焼却処理技術
        1042
      • -含有絶縁油の焼却処理
        1048
      • -含有絶縁油の処理状況
        1041
      • -含有絶縁油の熱分解・焼却試験
        1048
      • -含有絶縁油の保管状況
        1039
      • -の高温熱分解試験
        1044
      • -の高温熱分解処理
        1046
    • PCDD
      358
    • PCDF
      358
    • penetration depth
      377
    • PFBCシステムのばい塵処理
      1257
    • PIV
      604,606
      • -による流速分布測定の装置概略
        420
      • -法
        421
    • planar laser-induced fluorescence法
      426
    • PLIF
      • -法
        426
      • -を用いた化学種濃度測定
        73
    • PMMA粒子群の火炎伝播速度と平均粒径および粒子密度の関係
      72
    • prompt NO
      158
    • PTV
      604
    • Putnamの条件
      92
  • 「R」
    • Rayleighの条件
      92
    • RDF
      918,961
      • -化(一般廃棄物)
        965
      • -化(産業廃棄物)
        967
      • -(固形燃料)化システム
        964
      • -の土地自治体への導入形態
        972
      • -の燃焼
        961
      • -利用地域ごみ発電システム
        969
    • regenerator
      240
    • Rittingerの式
      258
    • Romelt法
      1135
    • RSST
      305
  • 「S」
    • SADT試験
      308
    • SAE粘度分類
      632
    • SAR
      1545
    • Sauter's mean diameter
      258
    • SFRJ
      97
      • -実用化の問題点と将来性
        100
      • -における固体燃料の燃焼解析
        97
      • -用固形燃料の性能向上研究
        99
    • singing flame
      371
    • single droplet combustion
      33
    • SMD
      258
    • SOF酸化触媒
      641
    • solid fuel ramjet engine
      97
    • sooting limit
      26
    • soot volume fraction
      81
    • specific fuel consumption
      101
    • specific impulse
      101
    • system instability
      374
  • 「T~V」
    • TDI
      358
    • TEF
      358
    • TEQ
      357
    • thermal NO
      158,326
    • tolerable daily intake
      358
    • toxicity equivalency quantity
      357
    • upper limit
      15
    • virtually safe dose
      359
    • VSD
      359
    • VSP2
      305
  • 「W,X」
    • WMC化
      130
    • wood crib pile
      131
    • wood-metal-composite化
      130
    • wood-polymer-composite化
      130
    • WPC化
      130
    • X線回析
      503
    • X線光電子分光法
      503