化学物質毒性ハンドブック 第1巻

丸善/1999.12

当館請求記号:SD2-G49


目次


目次

  • 1 産業中毒学:回顧と展望
    執筆/J.A.Zapp
    執筆/Jr.J.Doull
    翻訳/内君裕史
    Iー1
  • 2 職業性発がん物質
    執筆/R.P.Beliles
    執筆/C.O.Schulz
    翻訳/式居裕子
    Iー13
  • 3 化学物質の毒性の判定および分類基準
    執筆/E.J.Sowinski
    執筆/F.L.Cavender
    翻訳/飯沼佑子
    Iー37
  • 和文索引
    Iー389
  • 英文索引
    Iー397
  • CAS番号索引
    Iー407
  • 各章の詳しい目次は,各章の冒頭のページに掲載.
  • 1章 産業中毒学:回顧と展望
    • 1.1 中毒学のあけぼの
      Iー2
    • 1.2 攻撃から防御へ
      Iー3
      • 1.2.1 中世
        Iー3
      • 1.2.2 16世紀から19世紀
        Iー3
      • 1.2.3 19世紀と20世紀
        Iー4
    • 1.3 産業毒性試験の発達
      Iー6
    • 1.4 許容濃度設定における毒性学の役割
      Iー9
      • 1.4.1 許容濃度設定のための閾値法
        Iー9
      • 1.4.2 許容濃度設定のための非閾値法
        Iー10
    • 1.5 展望
      Iー11
  • 参考文献
    Iー11
  • 2章 職業性発がん物質
    • 2.1 沿革
      Iー15
    • 2.2 発がん性の証拠の分類
      Iー17
    • 2.3 リスク評価の科学的根拠
      Iー22
      • 2.3.1 危険有害性の査定:職業性発がん物質の認定
        Iー22
      • a. ヒト
        Iー22
      • b. 動物
        Iー24
      • c. 機序解明試験
        Iー25
      • 2.3.2 職業性発がん物質の分類
        Iー26
    • 2.4 職業性発がん物質のリスク評価
      Iー27
      • 2.4.1 評価するがんの選択
        Iー27
      • 2.4.2 薬物動態
        Iー27
      • 2.4.3 リスク推定の方法
        Iー32
  • 参考文献
    Iー36
  • 3章 化学物質の毒性の判定および分類基準
    • 3.1 はじめに
      Iー38
      • 3.1.1 背景
        Iー38
      • 3.1.2 有害物質の政府規制
        Iー38
    • 3.2 主要な分類法
      Iー39
      • 3.2.1 職業安全衛生局の危険有害性周知基準
        Iー39
      • 3.2.2 カナダの作業環境危険有害物質情報システム
        Iー39
      • 3.2.3 欧州共同体の危険物質の分類
        Iー40
    • 3.3 毒性分類基準とその比較
      Iー40
      • 3.3.1 急性毒性
        Iー40
      • 3.3.2 皮膚腐食性
        Iー41
      • 3.3.3 皮膚・眼刺激性
        Iー41
      • 3.3.4 感作性
        Iー42
      • 3.3.5 慢性毒性
        Iー42
      • a. 発がん物質の分類
        Iー42
      • b. 催奇形物質の分類
        Iー45
      • c. 突然変異誘発物質の分類
        Iー46
    • 3.4 まとめ
      Iー47
  • 参考文献
    Iー47
  • 4章 たばこの煙と作業環境
    • 4.1 はじめに
      Iー50
      • 4.1.1 配偶者喫煙と疾患
        Iー50
      • 4.1.2 健康への影響
        Iー50
      • 4.1.3 配偶者疾患と職業病
        Iー51
    • 4.2 複雑な混合物
      Iー51
      • 4.2.1 希釈,取込み
        Iー53
      • 4.2.2 作業環境基準
        Iー54
      • 4.2.3 紙巻きたばこに換算した許容濃度
        Iー54
    • 4.3 職業性心臓病
      Iー55
      • 4.3.1 虚血性心疾患
        Iー56
      • 4.3.2 アテローム性冠状動脈硬化
        Iー58
      • 4.3.3 不整脈と心筋症
        Iー60
      • 4.3.4 職業性心臓病のまとめ
        Iー60
    • 4.4 職業性新生物疾患
      Iー61
      • 4.4.1 職業安全衛生局のカテゴリーI 発がん可能性物質
        Iー61
      • 4.4.2 職業安全衛生局のカテゴリーII 発がん可能性物質
        Iー62
      • 4.4.3 職業性新生物疾患のまとめ
        Iー64
    • 4.5 職業性気道疾患
      Iー64
      • 4.5.1 気道刺激
        Iー65
      • 4.5.2 慢性閉塞性肺疾患
        Iー65
      • 4.5.3 気管支喘息
        Iー65
      • 4.5.4 気道刺激物の典型ニコチン
        Iー66
    • 4.6 結論
      Iー66
  • 参考文献
    Iー67
  • 5章 アセトン
    • 5.1 生産,用途
      Iー70
    • 5.2 物理・化学的性質
      Iー70
    • 5.3 分析法
      Iー70
      • 5.3.1 生体試料
        Iー70
      • 5.3.2 環境試料
        Iー70
    • 5.4 バックグラウンドレベル
      Iー72
      • 5.4.1 血液,尿,呼気
        Iー72
      • 5.4.2 空気,水
        Iー73
    • 5.5 内因性アセトンの増加
      Iー73
    • 5.6 短時間暴露—ヒト
      Iー74
      • 5.6.1 実験室における研究
        Iー75
      • 5.6.2 実地調査
        Iー77
      • 5.6.3 症例
        Iー77
    • 5.7 短時間暴露—実験動物
      Iー80
      • 5.7.1 in vivo試験
        Iー80
      • 5.7.2 in vitro試験
        Iー84
    • 5.8 化学物質相互作用
      Iー85
      • 5.8.1 シトクロムP450の誘導
        Iー85
      • 5.8.2 拮抗作用
        Iー85
      • 5.8.3 増強作用
        Iー86
    • 5.9 代謝
      Iー91
      • 5.9.1 同化作用
        Iー91
      • 5.9.2 異化作用
        Iー94
    • 5.10 薬物動態
      Iー98
      • 5.10.1 ヒト
        Iー98
      • 5.10.2 実験動物
        Iー103
    • 5.11 亜慢性毒性
      Iー105
      • 5.11.1 吸入
        Iー105
      • 5.11.2 経口
        Iー105
      • 5.11.3 皮下,経皮
        Iー106
    • 5.12 発生毒性,生殖毒性
      Iー106
      • 5.12.1 in vivo試験
        Iー107
      • 5.12.2 in vitro試験
        Iー107
    • 5.13 慢性毒性
      Iー108
      • 5.13.1 ヒト
        Iー108
      • 5.13.2 実験動物
        Iー109
    • 5.14 遺伝毒性
      Iー110
      • 5.14.1 細菌による変異原性試験
        Iー110
      • 5.14.2 酵母による変異原性試験
        Iー110
      • 5.14.3 チャイニーズハムスター細胞による変異原性試験
        Iー111
      • 5.14.4 その他の哺乳類細胞による変異原性試験
        Iー111
  • 参考文献
    Iー111
  • 6章 アルデヒド,アセタール
    • 6.1 アルデヒド
      Iー122
      • 6.1.1 物理・化学的性質
        Iー122
      • 6.1.2 化学
        Iー124
      • 6.1.3 合成
        Iー125
      • 6.1.4 測定法
        Iー125
      • 6.1.5 生理的影響
        Iー125
      • 6.1.6 代謝
        Iー127
    • 6.2 アルデヒド化合物
      Iー129
      • 6.2.1 飽和脂肪族アルデヒド
        Iー129
      • a. ホルムアルデヒド
        Iー129
      • b. パラホルムアルデヒド
        Iー131
      • c. アセトアルデヒド
        Iー132
      • 6.2.2 アルデヒドの亜硫酸水素塩付加物,アルデヒドの亜ジチオン酸塩付加物
        Iー132
      • 6.2.3 高級脂肪族アルデヒド
        Iー132
      • 6.2.4 ハロゲン化アルデヒド,その他の置換アルデヒド
        Iー133
      • 6.2.5 不飽和脂肪族アルデヒド
        Iー133
      • a. アクロレイン
        Iー134
      • b. クロトンアルデヒド
        Iー134
      • c. ケテン
        Iー134
      • d. その他の不飽和アルデヒド
        Iー134
      • 6.2.6 脂肪族ジアルデヒド
        Iー134
      • 6.2.7 芳香族アルデヒド,複素環式アルデヒド
        Iー135
    • 6.3 アセタール
      Iー137
  • 参考文献
    Iー139
  • 7章 エポキシ化合物
    • 7.1 総論
      Iー142
      • 7.1.1 化学
        Iー142
      • 7.1.2 製法,用途,発生源
        Iー142
      • 7.1.3 測定法
        Iー143
      • 7.1.4 生理的影響
        Iー143
    • 7.2 各論
      Iー146
      • 7.2.1 オレフィンオキシド
        Iー146
      • a. はじめに
        Iー146
      • b. エチレンキシド
        Iー146
      • c. プロピレンオキシド
        Iー151
      • d. ブチレンオキシド
        Iー153
      • e. ブタジエンジオキシド
        Iー154
      • f. エポキシ化グリセリド
        Iー155
      • g. ビニルシクロヘキセンモノオキシド
        Iー156
      • h. ビニルシクロヘキセンジオキシド
        Iー156
      • i. スチレンオキシド
        Iー157
      • 7.2.2 グリシジルエーテル
        Iー158
      • a. はじめに
        Iー158
      • b. 脂肪族モノグリシジルエーテル
        Iー159
      • c. 芳香族モノグリシジルエーテル
        Iー163
      • d. 脂肪族ジグリシジルエーテル
        Iー165
      • e. 芳香族ジグリシジルエーテル
        Iー167
      • f. ポリグリシジルエーテル
        Iー174
      • 7.2.3 グリシジルエステル
        Iー177
      • a. フタル酸のジグリシジルエステル
        Iー177
      • b. ヘキサヒドロフタル酸のジグリシジルエステル
        Iー177
      • c. ネオデカン酸のグリシジルエステル
        Iー178
      • 7.2.4 その他のエポキシ化合物
        Iー179
      • a. エピクロロヒドリン
        Iー179
      • b. グリシドール
        Iー181
      • c. グリシドアルデヒド
        Iー182
      • d. ビス(2,3ーエポキシシクロペンチル)エーテル
        Iー183
      • e. 3,4ーエポキシシクロヘキシルメチルー3,4ーエポキシシクロヘキサンカルボキシラート
        Iー183
  • 参考文献
    Iー184
  • 8章 エーテル
    • 8.1 総論
      Iー190
      • 8.1.1 発生源
        Iー190
      • 8.1.2 用途
        Iー190
      • 8.1.3 物理・化学的性質
        Iー190
      • 8.1.4 衛生基準
        Iー190
      • 8.1.5 危険有害性,光化学分解
        Iー190
      • 8.1.6 毒性
        Iー194
    • 8.2 アルカンエーテル
      Iー196
      • 8.2.1 ジメチルエーテル
        Iー196
      • 8.2.2 ジエチルエーテル
        Iー197
      • 8.2.3 メチルプロピルエーテル
        Iー198
      • 8.2.4 プロピルエーテル
        Iー198
      • 8.2.5 ジイソプロピルエーテル
        Iー198
      • 8.2.6 メチルーtーブチルエーテル
        Iー199
      • 8.2.7 tーアミルメチルエーテル
        Iー200
      • 8.2.8 ジブチルエーテル
        Iー200
      • 8.2.9 その他のアルカンエーテル
        Iー201
    • 8.3 アルケンエーテル
      Iー201
      • 8.3.1 ジビニルエーテル
        Iー201
      • 8.3.2 エチルビニルエーテル
        Iー201
      • 8.3.3 アリルエーテル
        Iー201
      • 8.3.4 その他のアルケンエーテル
        Iー201
    • 8.4 ポリオキシエーテル
      Iー202
    • 8.5 ハロゲン化アルキルエーテル
      Iー202
      • 8.5.1 クロロメチルエーテル
        Iー202
      • 8.5.2 ビス(クロロメチル)エーテル
        Iー202
      • 8.5.3 ジクロロエチルエーテル
        Iー202
      • 8.5.4 ジクロロイソプロピルエーテル
        Iー204
      • 8.5.5 その他のハロエーテル
        Iー204
    • 8.6 芳香族エーテル
      Iー206
      • 8.6.1 アニソール
        Iー206
      • 8.6.2 フェネトール
        Iー207
      • 8.6.3 グアイアコール
        Iー208
      • 8.6.4 ヒドロキノンエーテル
        Iー208
      • 8.6.5 ヒドロキノンモノメチルエーテル
        Iー208
      • 8.6.6 ヒドロキノンモノエチルエーテル
        Iー209
      • 8.6.7 ヒドロキノンジメチルエーテル
        Iー209
      • 8.6.8 ヒドロキノンモノベンジルエーテル
        Iー209
      • 8.6.9 オイゲノール
        Iー210
      • 8.9.10 イソオイゲノール
        Iー210
      • 8.6.11 メチルオイゲノール
        Iー211
      • 8.6.12 メチルイソオイゲノール
        Iー211
      • 8.6.13 ブチル化ヒドロキシアニソール
        I ー211
      • 8.6.14 バニリン
        Iー213
      • 8.6.15 エチルバニリン
        Iー213
      • 8.6.16 フェニルエーテル
        Iー214
      • 8.6.17 フェニルエーテルービフェニルエーテルの共融混合物
        Iー214
      • 8.6.18 ビス(フェノキシフェニル)エーテル
        Iー215
      • 8.6.19 クロロフェニルエーテル
        Iー216
      • 8.6.20 デカプロモジフェニル士オキシド
        Iー217
    • 8.7 環状エーテル
      Iー218
      • 8.7.1 セルロースエーテル
        Iー218
      • 8.7.2 メチルセルロース
        Iー219
      • 8.7.3 ヒドロキシプロピルメチルセルロース
        Iー219
      • 8.7.4 カルボキシメチルセルロース
        Iー219
      • 8.7.5 エチルセルロース
        Iー220
      • 8.7.6 ヒドロキシエチルセルロース
        Iー220
      • 8.7.7 クラウンエーテル
        Iー220
  • 参考文献
    Iー221
  • 9章 有機過酸化物
    • 9.1 はじめに
      Iー226
      • 9.1.1 検出方法
        Iー226
      • 9.1.2 大気捕集法
        Iー226
      • 9.1.3 分析法
        Iー226
    • 9.2 各物質
      Iー227
      • 9.2.1 ペルオキシニ炭酸
        Iー227
      • 9.2.2 ジアシルペルオキシド
        Iー230
      • 9.2.3 ペルオキシエステル
        Iー234
      • 9.2.4 過酸化ケトン
        Iー239
      • 9.2.5 過酸化ジアルキル
        Iー242
      • 9.2.6 ペルオキシケタール
        Iー245
      • 9.2.7 ヒドロペルオキシド
        Iー247
      • 9.2.8 過酸
        Iー250
      • 9.2.9 過酸化スルホニル
        Iー251
      • 9.2.10 過酸化シリル
        Iー251
  • 参考文献
    Iー252
  • 10章 脂肪族ニトロ化合物,脂肪族硝酸エステル,脂肪族亜硝酸エステル
    • 10.1 脂肪族ニトロ化合物
      Iー256
      • 10.1.1 はじめに
        Iー256
      • 10.1.2 発生源,生産
        Iー256
      • 10.1.3 用途,産業危険有害性
        Iー256
      • 10.1.4 物理・化学的性質
        Iー256
      • 10.1.5 分析法
        Iー257
      • 10.1.6 生理的影響
        Iー258
      • 10.1.7 衛生基準
        Iー261
      • 10.1.8 各論
        Iー262
      • a. ニトロメタン
        Iー262
      • b. テトラニトロメタン
        Iー262
      • c. ニトロエタン
        Iー264
      • d. 2ーニトロプロパン
        Iー264
      • e. 1ーニトロプロパン
        Iー265
      • f. ニトロブタン
        Iー265
      • g. 塩素化モノニトロパラフィン
        Iー265
      • h. トリグロロニトロメタン
        Iー266
      • i. ニトロオレフィン
        Iー267
    • 10.2 脂肪族硝酸エステル
      Iー268
      • 10.2.1 概要
        Iー268
      • 10.2.2 製造,用途
        Iー269
      • 10.2.3 薬理学,症候学,作用機序
        Iー269
      • 10.2.4 動物の病理所見
        Iー270
      • 10.2.5 産業の影響
        Iー270
      • 10.2.6 分析法
        Iー270
      • 10.2.7 耐性機序
        Iー270
      • 10.2.8 各論
        Iー270
      • a. 硝酸メチル
        Iー270
      • b. 硝酸エチル
        Iー271
      • c. 硝酸プロピル
        Iー271
      • d. 硝酸イソプロピル
        Iー272
      • e. 硝酸アミル
        Iー272
      • f. エチレングリコールジニトラート
        Iー272
      • g. ニトログリセリン
        Iー274
      • h. プロピレングリコール1,2ージニトラート
        Iー275
      • i. ペンタエリトリトールテトラニトラート
        I1ー276
      • j. サイクロナイト(RDX)
        Iー277
      • k. HMX
        Iー277
    • 10.3 脂肪族亜硝酸エステル
      Iー278
      • 10.3.1 物理・化学的性質,用途
        Iー278
      • 10.3.2 生理的影響
        Iー278
      • 10.3.3 各論
        Iー279
      • a. 亜硝酸メチル
        Iー279
      • b. 亜硝酸エチル
        Iー280
      • c. 亜硝酸ブチル
        Iー280
      • d. 亜硝酸イソアミル
        Iー280
    • 10.4 まとめ
      Iー281
  • 参考文献
    Iー281
  • 11章 Nーニトロソアミン
    • 11.1 総論
      Iー284
      • 11.1.1 名称,化学的性質,産業上の発生源
        Iー284
      • 11.1.2 環境中での発生源,環境内挙動
        Iー287
      • 11.1.3 検出方法
        Iー288
      • 11.1.4 規制
        Iー288
    • 11.2 物理的性質
      Iー290
      • 11.2.1 急性毒性
        Iー290
      • 11.2.2 薬物動態,代謝
        Iー290
      • 11.2.3 生殖発生毒性
        Iー293
      • 11.2.4 変異原性
        Iー293
      • 11.2.5 長期暴露の影響
        Iー301
      • 11.2.6 疫学
        Iー303
      • 11.2.7 職業性被曝
        Iー303
    • 11.3 リスク評価
      Iー304
  • 参考文献
    Iー304
  • 12章 有機リン酸化合物
    • 12.1 総論
      Iー310
      • 12.1.1 動物の症状
        Iー310
      • 12.1.2 動物の肉眼的,顕微鏡的病理所見
        Iー310
      • 12.1.3 ヒトの被曝
        Iー311
      • 12,1.4 治療
        Iー312
    • 12.2 各論
      Iー312
      • 12.2.1 AbateマルR
        Iー312
      • 12.2.2 アセフェート
        Iー313
      • 12.2.3 クロルピリホス
        Iー314
      • 12.2.4 DDVP
        Iー314
      • 12.2.5 DelnavマルR
        Iー315
      • 12.2.6 ダイアジノンマルR
        Iー315
      • 12.2.7 ジメトエート
        Iー316
      • 12.2.8 DipterexマルR
        Iー317
      • 12.2.9 EPN
        Iー317
      • 12.2.10 エチオン
        Iー318
      • 12.2.11 ホノホス
        Iー318
      • 12.2.12 ImidanマルR
        Iー319
      • 12.2.13 IsopestoxマルR
        Iー319
      • 12.2.14 マラチオン
        Iー320
      • 12.2.15 メタミドホス
        Iー320
      • 12.2.16 メチルパラチオン
        Iー321
      • 12.2.17 ナレッド
        Iー321
      • 12.2.18 パラチオン
        Iー322
      • 12.2.19 ホレート
        Iー322
      • 12.2.20 PhosdrinマルR
        Iー323
      • 12.2.21 ホスファミドン
        Iー323
      • 12.2.22 シュラーダン
        Iー323
      • 12.2.23 シストックスマルR
        Iー324
      • 12.2.24 TrithionマルR
        Iー324
  • 参考文献
    Iー325
  • 13章 アルカリ性物質
    • 13.1 アンモニア,水酸化アンモニウム,アンモニウム塩
      Iー328
      • 13.1.1 発生源,用途,産業被曝
        Iー328
      • 13.1.2 物理・化学的性質
        Iー328
      • 13.1.3 大気測定
        Iー329
      • 13.1.4 生理的影響
        Iー329
      • 13.1.5 衛生基準
        Iー330
      • 13.1.6 個人用保護具
        Iー330
      • 13.1.7 火災および爆発データ
        Iー331
    • 13.2 水酸化カルシウム
      Iー331
      • 13.2.1 発生源,用途,産業被曝
        Iー331
      • 13.2.2 物理・化学的性質
        Iー331
      • 13.2.3 生理的影響
        Iー331
      • 13.2.4 衛生基準
        Iー331
    • 13.3 酸化カルシウム
      Iー332
      • 13.3.1 発生源,用途,産業被曝
        Iー332
      • 13.3.2 物理・化学的性質
        Iー332
      • 13.3.3 生理的影響
        Iー332
      • 13.3.4 個人用保護具
        Iー332
      • 13.3.5 衛生基準
        Iー332
    • 13.4 カリウム
      Iー332
      • 13.4.1 発生源,用途,産業被曝
        Iー332
      • 13.4.2 物理・化学的性質
        Iー332
      • 13.4.3 生理的影響
        Iー332
    • 13.5 水酸化カリウム
      Iー332
      • 13.5.1 発生源,用途,産業被曝
        Iー332
      • 13.5.2 物理・化学的性質
        Iー333
      • 13.5.3 大気測定
        Iー333
      • 13.5.4 生理的影響
        Iー333
      • 13.5.5 衛生基準
        Iー333
      • 13.5.6 個人用保護具
        Iー333
    • 13.6 ナトリウム
      Iー333
      • 13.6.1 発生源,用途,産業被曝
        Iー333
      • 13.6、2 物理・化学的影響
        Iー333
      • 13.6.3 生理的影響
        Iー333
      • 13.6.4 大気測定
        Iー334
      • 13.6.5 衛生基準
        Iー334
    • 13.7 炭酸ナトリウム
      Iー334
      • 13.7.1 発生源,用途,産業被曝
        Iー334
      • 13.7.2 物理・化学的性質
        Iー334
      • 13.7.3 大気測定
        Iー334
      • 13.7.4 生理的影響
        Iー334
      • 13.7.5 衛生基準
        Iー334
      • 13.7.6 個入用保護具
        Iー334
    • 13.8 水酸化ナトリウム
      Iー335
      • 13.8.1 発生源,用途,産業被曝
        Iー335
      • 13.8.2 物理・化学的性質
        Iー335
      • 13.8.3 大気測定
        Iー335
      • 13.8.4 生理的影響
        Iー335
      • 13.8.5 衛生基準
        Iー335
      • 13.8.6 個人用保護具
        Iー335
    • 13.9 過酸化ナトリウム
      Iー335
      • 13.9.1 発生源,用途,産業被曝
        Iー335
      • 13.9.2 物理・化学的性質
        Iー335
      • 13.9.3 大気測定
        Iー335
      • 13.9.4 生理的影響
        Iー336
      • 13.9.5 衛生基準
        Iー336
      • 13.9.6 個人用保護具
        Iー336
    • 13.10 リン酸三ナトリウム
      Iー336
      • 13.10.1 発生源,用途,産業被曝
        Iー336
      • 13.10.2 物理・化学的性質
        Iー336
      • 13.10.3 大気測定
        Iー336
      • 13.10.4 生理的影響
        Iー336
      • 13.10.5 衛生基準
        Iー336
      • 13.10.6 個入用保護具
        Iー337
    • 13.11 メタケイ酸ナトリウム
      Iー337
      • 13.11.1 発生源,用途,産業被曝
        Iー337
      • 13.11.2 物理・化学的性質
        Iー337
      • 13.11.3 大気測定
        Iー337
      • 13.11.4 生理的影響
        Iー337
      • 13.11.5 衛生基準
        Iー338
      • 13.11.6 個入用保護具
        Iー338
  • 参考文献
    Iー338
  • 14章 リン,セレン,テルル,硫黄
    • 14.1 リン
      Iー342
      • 14.1.1 発生源,用途,産業被曝
        Iー342
      • 14.1.2 物理・化学的性質
        Iー342
      • 14.1.3 大気測定
        Iー342
      • 14.1.4 生理的影響
        Iー342
      • 14.1.5 衛生基準
        Iー344
    • 14.2 リン化合物
      Iー344
      • 14.2.1 五酸化二リン
        Iー344
      • 14.2.2 リン酸
        Iー344
      • 14.2.3 三硫化四リン
        Iー344
      • 14.2.4 五塩化リン
        Iー344
      • 14.2.5 塩化ホスホリル
        Iー344
      • 14.2.6 五硫化二リン
        Iー345
      • 14.2.7 三塩化リン
        Iー345
      • 14.2.8 ホスフィン
        Iー345
    • 14.3 セレン
      Iー346
      • 14.3.1 発生源,用途,産業被曝
        Iー346
      • 14.3.2 物理・化学的性質
        Iー346
      • 14.3.3 大気測定
        Iー346
      • 14.3.4 生理的影響
        Iー347
      • 14.3.5 衛生基準
        Iー348
    • 14.4 セレン化合物
      Iー348
      • 14.4.1 セレン化水素
        Iー348
      • 14.4.2 六フッ化セレン
        Iー349
      • 14.4.3 塩化セレニニル
        Iー349
    • 14.5 テルル
      Iー349
      • 14.5.1 発生源,用途,産業被曝
        Iー349
      • 14.5.2 物理・化学的性質
        Iー349
      • 14.5.3 大気測定
        Iー349
      • 14.5.4 生理的影響
        Iー350
      • 14.5.5 衛生基準
        Iー350
    • 14.6 テルル化合物
      Iー350
      • 14.6.1 六フッ化テルル
        Iー350
      • 14.6.2 テルル化水素
        Iー351
    • 14.7 硫黄
      Iー351
      • 14.7.1 発生源,用途,産業被曝
        Iー351
      • 14.7.2 物理・化学的性質
        Iー351
      • 14.7.3 大気測定
        Iー351
      • 14.7.4 生理的影響
        Iー351
      • 14.7.5 衛生基準
        Iー351
    • 14.8 硫黄酸化物
      Iー351
      • 14.8.1 発生源,用途,産業被曝
        Iー352
      • 14.8.2 物理・化学的性質
        Iー352
      • 14.8.3 大気測定
        Iー352
      • 14.8.4 生理的影響
        Iー353
      • 14.8.5 衛生基準
        Iー353
    • 14.9 硫化水素
      Iー353
      • 14.9.1 発生源,用途,産業被曝
        Iー353
      • 14.9.2 物理・化学的性質
        Iー354
      • 14.9.3 大気測定
        Iー354
      • 14.9.4 生理的影響
        Iー354
      • 14.9.5 衛生基準
        Iー356
    • 14.10 二硫化炭素
      Iー357
      • 14.10.1 発生源,用途,産業被曝
        Iー357
      • 14.10.2 物理・化学的性質
        Iー357
      • 14.10.3 大気測定
        Iー357
      • 14.10.4 生理的影響
        Iー357
      • 14.10.5 衛生基準
        Iー358
    • 14.11 一塩化硫黄
      Iー358
      • 14.11.1 発生源,用途,産業被曝
        Iー358
      • 14.11.2 物理・化学的性質
        Iー358
      • 14.11.3 大気測定
        Iー358
      • 14.11.4 生理的影響
        Iー359
      • 14.11.5 衛生基準
        Iー359
    • 14.12 塩化チオニル
      Iー359
      • 14.12.1 発生源,用途,産業被曝
        Iー359
      • 14.12.2 物理・化学的性質
        Iー359
      • 14.12.3 大気測定
        Iー359
      • 14.12.4 生理的影響
        Iー359
      • 14.12.5 衛生基準
        Iー359
  • 参考文献
    Iー359
  • 15章 ケイ素およびアスベストなどのケイ酸塩
    • 15.1 はじめに
      Iー362
    • 15.2 吸入した粉じんと繊維の毒性
      Iー363
    • 15.3 ケイ素
      Iー364
      • 15.3.1 発生源,生産,用途,産業被曝
        Iー364
      • 15.3.2 物理・化学的性質
        Iー365
      • 15.3.3 分析法
        Iー365
      • 15.3.4 生理的影響と衛生基準,許容濃度
        Iー366
    • 15.4 二酸化ケイ素
      Iー366
      • 15.4.1 結晶質シリカ
        Iー366
      • 15.4.2 非晶質シリカ
        Iー369
    • 15.5 天然産のケイ酸塩
      Iー370
      • 15.5.1 アスベスト
        Iー370
      • 15.5.2 その他の天然ケイ酸塩鉱物
        Iー377
      • a. エリオン沸石
        Iー377
      • b. ケイ灰石
        Iー377
      • c. タルク,せっけん石,パイロフィライト
        Iー378
      • d. 雲母
        Iー379
      • e. アタパルジャイトとセピオライト
        Iー379
      • f. カオリン
        Iー379
      • g. パーライト
        Iー380
      • h. 軽石と火山じん
        Iー380
      • i. あい晶石
        Iー380
    • 15.6 ポルトランドセメント
      Iー380
    • 15.7 合成可溶性ケイ酸塩
      Iー381
    • 15.8 人造鉱物繊維
      Iー381
      • 15.8.1 生産
        Iー382
      • 15.8.2 用途と産業被曝
        Iー382
      • 15.8.3 分析法
        Iー383
      • 15.8.4 生理的反応
        Iー383
      • 15.8.5 衛生基準,許容濃度
        Iー384
    • 15.9 炭化ケイ素
      Iー384
      • 15.9.1 生産,用途,産業被曝
        Iー384
      • 15.9.2 生理的影響
        Iー384
      • 15.9.3 衛生基準,許容濃度
        Iー385
    • 15.10 その他のケイ素化合物
      Iー385
      • 15.10.1 ハロゲン化ケイ素
        Iー385
      • 15.10.2 シラン
        Iー386
      • 15.10.3 シリコーン(ポリジメチルシロキサン)
        Iー386
  • 参考文献
    Iー387