化学物質毒性ハンドブック 第2巻

丸善/1999.12

当館請求記号:SD2-G49


目次


目次

  • 16 芳香族ニトロ化合物,芳香族アミノ化合物 執筆 T.J.Benya H.H.Cornish 翻訳 飯沼佑子
    IIー1
  • 17 脂肪族アミン,脂環式アミン 執筆 T.J.Benya R.D.Harbison 翻訳 飯沼佑子
    IIー59
  • 18 有機フッ素化合物 執筆 D.M.Aviado 翻訳 樹手規子
    IIー99
  • 19 脂肪族炭化水素 執筆 F.Cavender 翻訳 武居裕子
    IIー117
  • 20 脂環式炭化水素 執筆:F.Cavender 翻訳 武居裕子
    IIー139
  • 21 芳香族炭化水素 執筆 F.Cavender 翻訳 武居裕子
    IIー155
  • 22 ハロゲン化ベンゼン 執筆 A.P.Leber T.J.Benya 翻訳 富田明子
    IIー215
  • 23 有機塩素系殺虫剤 執筆 A.P.Leber T.J.Benya 翻訳 富田明子
    IIー241
  • 24 フェノール,フェノール化合物 執筆 R.E.Allan 翻訳 長谷真理子
    IIー269
  • 和文索引
    IIー297
  • 英文索引
    IIー305
  • CAS番号索引
    IIー315
  • 各章の詳しい目次は,各章の冒頭のページに掲載.
  • 16章 芳香族ニトロ化合物,芳香族アミノ化合物
    • 16.1 概要
      IIー2
      • 16.1.1 芳香族ニトロ化合物
        IIー2
      • 16.1.2 芳香族アミノ化合物
        IIー2
      • 16.1.3 物理的性質と毒性
        IIー2
      • 16.1.4 毒性
        IIー3
    • 16.2 各論
      IIー12
      • 16.2.1 2ーアセチルアミノフルオレン
        IIー12
      • 16.2.2 oーアミノフェノール
        IIー12
      • 16.2.3 mーアミノフェノール
        IIー13
      • 16.2.4 pーアミノフェノール
        IIー13
      • 16.2.5 oーニトロフェノール
        IIー14
      • 16.2.6 mーニトロフェノール
        IIー14
      • 16.2.7 pーニトロフェノール
        IIー14
      • 16.2.8 ジニトロフェノール異性体
        IIー15
      • 16.2.9 ピクリン酸
        IIー16
      • 16.2.10 4,6ージニトローoークレゾール
        IIー17
      • 16.2.11 2,6ージニトローpークレゾール
        IIー17
      • 16.2.12 アニリン
        IIー17
      • 16.2.13 Nーメチルアニリン
        IIー18
      • 16.2.14 N,Nージメチルアニリン
        IIー18
      • 16.2.15 Nーエチルアニリン
        IIー19
      • 16.2.16 N,Nージエチルアニリン
        IIー19
      • 16.2.17 oーニトロアニリン
        IIー19
      • 16.2.18 mーニトロアニリン
        IIー20
      • 16.2.19 pーニトロアニリン
        IIー20
      • 16.2.20 oークロロアニリン
        IIー21
      • 16.2.21 mークロロアニリン
        IIー21
      • 16.2.22 pークロロアニリン
        IIー21
      • 16.2.23 ジクロロアニリン異性体
        IIー22
      • 16.2.24 2,6ージクロロー4ーニトロアニリン
        IIー23
      • 16.2.25 4ークロロー2ーニトロアニリン
        IIー23
      • 16.2.26 テトリル
        IIー23
      • 16.2.27 4,4'ーメチレンビス(2ークロロアニリン)
        IIー24
      • 16.2.28 4,4'ーメチレンジアニリン
        IIー24
      • 16.2.29 2ーアミノー5ーニトロフェノール
        IIー26
      • 16.2.30 4ーアミノー2ーニトロフェノール
        IIー26
      • 16.2.31 フェニレンジアミン異性体
        IIー26
      • 16.2.32 フェニレンジアミン誘導体
        IIー28
      • 16.2.33 ジフェニルアミン
        IIー30
      • 16.2.34 4ーアミノフェニルエーテル
        IIー30
      • 16.2.35 トリフェニルアミン
        IIー31
      • 16.2.36 ニトロベンゼン
        IIー31
      • 16.2.37 ジニトロベンゼン異性体
        IIー32
      • 16.2.38 トリニトロベンゼン
        IIー34
      • 16.2.39 クロロニトロベンゼン異性体
        IIー35
      • 16.2.40 クロロジニトロベンゼン異性体
        IIー36
      • 16.2.41 ペンタクロロニトロベンゼン
        IIー37
      • 16.2.42 ベンジジン
        IIー38
      • 16.2.43 3,3'ージクロロベンジジン
        IIー38
      • 16.2.44 ニトロビフェニル,アミノビフェニル
        IIー39
      • 16.2.45 pーアミノジフェニルアミン
        IIー40
      • 16.2.46 oーアミノアゾトルエン
        IIー40
      • 16.2.47 4ージメチルアミノアゾベンゼン
        IIー40
      • 16.2.48 ナフチルアミン
        IIー41
      • 16.2.49 1,5ージアミノナフタレン
        IIー42
      • 16.2.50 トルイジン
        IIー42
      • 16.2.51 トルエンジアミン
        IIー44
      • 16.2.52 ニトロトルエン
        IIー45
      • 16.2.53 ポリニトロトルエン
        IIー47
      • 16.2.54 エチレングリコールジニトラート
        IIー51
      • 16.2.55 ニトログリセリン
        IIー51
  • 参考文献
    IIー52
  • 17章 脂肪族アミン,脂環式アミン
    • 17.1 概要
      IIー60
      • 17.1.1 物理・化学的性質
        IIー60
      • 17.1.2 製造
        IIー62
      • 17.1.3 用途
        IIー63
    • 17.2 吸収
      IIー63
    • 17.3 代謝,分布,排出
      IIー63
      • 17.3.1 背景
        IIー63
      • 17.3.2 メチルアミン
        IIー65
      • 17.3.3 ジメチルアミン
        IIー66
      • 17.3.4 トリメチルアミン
        IIー66
      • 17,3.5 エチルアミン
        IIー66
      • 17.3.6 ジエチルアミン
        IIー66
      • 17.3.7 トリエチルアミン
        IIー66
      • 17.3.8 nープロピルアミン
        IIー67
      • 17.3.9 nーブチルアミン
        IIー67
      • 17.3.10 nーアミルアミン
        IIー67
      • 17.3.11 イソアミルアミン
        IIー67
      • 17.3.12 長鎖脂肪族アミン,分枝脂肪族アミン
        IIー67
      • 17.3.13 シクロアミン
        IIー67
      • 17.3.14 脂肪族ポリアミン
        IIー67
      • 17.3.15 エチレンジアミン四酢酸
        IIー68
      • 17.3.16 テトラメチレンジアミン
        IIー68
      • 17.3.17 トリエチレンテトラミン
        IIー68
      • 17.3.18 エタノールアミン
        IIー68
      • 17.3.19 ジメチルエタノールアミン
        IIー68
      • 17.3.20 ジエチルエタノールアミン
        IIー68
      • 17.3.21 トリエタノールアミン
        IIー68
    • 17.4 動物での生理病理学的影響
      IIー68
    • 17.5 ヒトでの生理病理学的影響
      IIー72
    • 17.6 各論
      IIー72
      • 17.6.1 メチルアミン
        IIー73
      • 17.6.2 エチルアミン
        IIー74
      • 17.6.3 プロピルアミン
        IIー75
      • 17.6.4 ブチルアミン
        IIー76
      • 17.6.5 アミルアミン
        IIー78
      • 17.6.6 ヘキシルアミン
        IIー78
      • 17.6.7 ヘプチルアミン
        IIー79
      • 17.6.8 高級アルキルアミン
        IIー79
      • 17.6、9 アリルアミン
        IIー81
      • 17.6.10 シクロヘキシルアミン
        IIー82
      • 17.6.11 脂肪族ポリアミン
        IIー84
      • 17.6.12 アルカノールアミン,アルキルアルカノールアミン
        IIー88
  • 参考文献
    IIー95
  • 18章 有機フッ素化合物
    • 18.1 はじめに
      IIー100
      • 18.1.1 成層圏のオゾン
        IIー100
      • 18.1.2 分類
        IIー100
    • 18.2 クロロフルオロカーボンの原型:CFC11
      IIー101
      • 18.2.1 動物試験における心毒性
        IIー101
      • 18.2.2 動物試験における気管支肺および呼吸器毒性
        IIー102
      • 18.2.3 動物試験における呼吸器系以外の毒性
        IIー103
    • 18.3 動物での毒性試験
      IIー103
      • 18.3.1 クロロフルオロカーボンおよびフルオロカーボンの化学構造
        IIー104
      • 18.3.2 代替品評価のための動物モデル
        IIー105
      • 18.3.3 突然変異誘発に関連するin vitro試験
        IIー106
      • 18.3.4 突然変異誘発および発がん
        IIー106
      • 18.3.5 生殖
        IIー107
    • 18.4 職業性被曝
      IIー107
      • 18.4.1 吸入の危険有害性
        IIー107
      • 18.4.2 許容濃度(TLV)
        IIー107
      • 18.4.3 産業中毒
        IIー108
      • 18.4.4 皮膚接触の危険有害性
        IIー108
      • 18.4.5 消火薬剤
        IIー109
      • 18.4.6 ポリマーの熱分解
        IIー109
    • 18.5 エアゾール噴射剤
      IIー109
      • 18.5.1 使用
        IIー109
      • 18.5.2 ヒトの心肺に対する作用
        IIー110
      • 18.5.3 乱用
        IIー110
      • 18.5.4 気管支拡張エアゾール剤による喘息死
        IIー111
    • 18.6 医薬品
      IIー113
      • 18.6.1 吸入麻酔薬
        IIー113
      • 18.6.2 酸素運搬用人工液体
        IIー113
    • 18.7 結論
      IIー113
  • 参考文献
    IIー114
  • 19章 脂肪族炭化水素
    • 19.1 アルカン
      IIー118
      • 19.1.1 概要
        IIー118
      • 19.1.2 メタン
        IIー120
      • 19.1.3 エタン
        IIー120
      • 19.1.4 プロパン
        IIー120
      • 19.1.5 ブタン
        IIー122
      • a. nーブタン
        IIー122
      • b. 2ーメチルプロパン
        IIー122
      • 19.1.6 ペンタン
        IIー123
      • a. nーペンタン
        IIー123
      • b. 2ーメチルブタン
        IIー123
      • c. 2,2ージメチルプロパン
        IIー123
      • 19.1.7 ヘキサン
        IIー124
      • a. nーヘキサン
        IIー124
      • b. 2ーメチルペンタン
        IIー124
      • c. その他のヘキサン異性体
        IIー125
      • 19.1.8 ヘプタン
        IIー125
      • a. nーヘプタン
        IIー125
      • b. 2ーメチルヘキサン
        IIー125
      • c. その他のヘプタン異性体
        IIー125
      • 19.1.9 オクタン
        IIー125
      • a. nーオクタン
        IIー125
      • b. オクタン異性体
        IIー125
      • 19.1.10 ノナン
        IIー126
      • a. nーノナン
        IIー126
      • b. 2,2,5ートリメチルヘキサン
        IIー126
      • 19.1.11 デカン
        IIー126
      • a. nーデカン
        IIー126
      • b. 2,7ージメチルオクタン
        IIー126
      • 19.1.12 nーウンデカン
        IIー126
      • 19.1.13 ドデカン
        IIー126
      • 19.1.14 その他のアルカン
        IIー127
    • 19.2 アルケン
      IIー127
      • 19.2.1 概要
        IIー127
      • 19.2.2 エテン
        IIー129
      • 19.2.3 プロペン
        IIー129
      • 19.2.4 ブテン
        IIー130
      • a. 1ーブテン
        IIー130
      • b. 2ーブテン
        IIー131
      • c. イソブテン
        IIー131
      • 19.2.5 ペンテン
        IIー131
      • a. 1ーペンテン
        IIー131
      • b. 2ーペンテン
        IIー131
      • c. イソペンテン
        IIー131
      • 19.2.6 ヘキセン
        IIー132
      • a. 1ーヘキセン
        IIー132
      • b. 2ーヘキセン
        IIー132
      • c. イソヘキセン
        IIー132
      • 19.2.7 ヘプテン
        IIー132
      • 19.2.8 その他のアルケン
        IIー132
      • 19.2.9 プロパジェン
        IIー132
      • 19.2.10 ブタジエン
        IIー133
      • 19.2.11 イソプレン
        IIー133
      • 19.2.12 その他のアルカジエン
        IIー134
      • 19.2.13 アルカトリエン,ポリエン
        IIー134
    • 19.3 アルキン
      IIー134
      • 19.3.1 はじめに
        IIー134
      • 19.3.2 アセチレン
        IIー134
      • 19.3.3 プロピン
        IIー135
      • 19.3.4 その他のアルキン
        IIー135
  • 参考文献
    IIー136
  • 20章 脂環式炭化水素
    • 20.1 シクロアルカン
      IIー140
      • 20.1.1 毒性
        IIー140
      • 20.1.2 シクロプロパン
        IIー142
      • 20.1.3 シクロブタン
        IIー142
      • 20.1.4 シクロペンタン
        IIー142
      • a. メチルシクロペンタン
        IIー142
      • b. エチルシクロペンタン
        IIー142
      • 20.1.5 シクロヘキサン
        IIー143
      • a. メチルシクロヘキサン
        IIー143
      • b. その他のアルキルシクロヘキサン
        IIー143
      • 20.1.6 シクロヘプタン
        IIー144
      • 20.1.7 その他のシクロアルカン
        IIー144
    • 20.2 シクロアルケン
      IIー144
      • 20.2.1 シクロペンテン
        IIー146
      • 20.2.2 シクロヘキセン
        IIー146
      • 20.2.3 シクロヘプテン
        IIー146
      • 20.2.4 シクロオクテン
        IIー147
    • 20.3 アルケニルシクロアルケン
      IIー147
      • 20.3.1 ビニルシクロヘキセン
        IIー147
      • a. 1ービニルー1ーシクロヘキセン
        IIー147
      • b. 4ービニルー1ーシクロヘキセン
        IIー147
      • 20.3.2 テルペン
        IIー147
      • a. リモネン
        IIー147
    • 20.4 シクロアルカジエン,シクロポリエン
      IIー148
      • 20.4.1 シクロペンタジエン
        IIー148
      • a. メチルシクロペンタジエン
        IIー148
      • b. メチルシクロヘキサジエン
        IIー148
      • c. シクロオクタジエン
        IIー148
      • 20.4.2 シクロヘプタトリエン,シクロドデカトリエン
        IIー148
    • 20.5 二環式アルカン
      IIー148
      • 20.5.1 デカリン
        IIー148
    • 20.6 二環式アルケン
      IIー150
      • 20.6.1 テトラリン
        IIー150
      • 20.6.2 ジシクロペンタジエン
        IIー150
      • 20.6.3 ピネン
        IIー150
      • 20.6.4 テレビン
        IIー151
    • 20.7 その他のシクロアルケン
      IIー151
      • 20.7.1 エチリデンノルボルネン
        IIー151
      • 20.7.2 カンフェン
        IIー152
      • 20.7.3 カリオフィレン
        IIー152
  • 参考文献
    IIー152
  • 21章 芳香族炭化水素
    • 21.1 単環式芳香族炭化水素
      IIー157
      • 21.1.1 概要
        IIー157
      • 21.1.2 ベンゼン
        IIー160
      • 21.1.3 トルエン
        IIー168
      • 21.1.4 キシレン
        IIー171
      • 21.1.5 トリメチルベンゼン,ポリメチルベンゼン
        IIー174
      • a. トリメチルベンゼン
        IIー174
      • b. テトラメチルベンゼン
        IIー175
      • c. ペンタメチルベンゼン
        IIー176
      • d. ヘキサメチルベンゼン
        IIー176
      • 21.1.6 エチルベンゼン
        IIー176
      • a. エチルベンゼン
        IIー176
      • b. メチルエチルベンゼン
        IIー176
      • c. ジエチルベンゼン
        IIー176
      • 21.1.7 プロピルベンゼン
        IIー177
      • a. プロピルベンゼン
        IIー177
      • b. イソプロピルベンゼン
        IIー178
      • c. イソプロピルトルエン
        IIー179
      • d. ジイソプロピルベンゼン
        IIー179
      • 21.1.8 ブチルベンゼン
        IIー179
      • a. モノブチルベンゼン
        IIー179
      • b. 多置換ブチルベンゼン
        IIー179
      • 21.1.9 その他のアルキルベンゼン
        IIー179
      • 21.1.10 スチレン
        IIー180
      • 21.1.11 ビニルトルエン
        IIー182
      • 21.1.12 ジビニルベンゼン
        IIー184
      • 21.1.13 プロペニルベンゼン
        IIー184
      • 21.1.14 αーメチルスチレン
        IIー184
      • 21.1.15 その他のアルケニルベンゼン
        IIー184
      • 21.1.16 アルキニルベンゼン
        IIー185
      • a. フェニルアセチレン
        IIー185
    • 21.2 ジフェニル,トリフェニル
      IIー185
      • 21.2.1 ジフェニル
        IIー185
      • a. ジフェニル
        IIー185
      • b. アルキルジフェニル
        IIー186
      • c. ジフェニルアルカン
        IIー186
      • d. ジフェニルアルケン
        IIー186
      • 21.2.2 トリフェニル
        IIー186
    • 21.3 二環式芳香族炭化水素
      IIー187
      • 21.3.1 ナフタレン
        IIー187
      • 21.3.2 アルキルナフタレン
        IIー190
      • a. メチルナフタレン
        IIー90
      • b. ジメチルナフタレン,ポリメチルナフタレン
        IIー190
    • 21.4 多環式芳香族炭化水素
      IIー190
      • 21.4.1 はじめに
        IIー190
      • 21.4.2 アセナフテン
        IIー193
      • 21.4.3 アントラセン
        IIー193
      • a. アントラセン
        IIー193
      • b. アントラセン誘導体
        IIー194
      • 21.4.4 フェナントレン
        IIー194
      • a. フェナントレン
        IIー194
      • b. フェナントレン誘導体
        IIー194
      • 21.4.5 ベンゾアントラセン
        IIー194
      • a. ベンゾアントラセン
        IIー194
      • b. メチルベンゾアントラセン
        IIー194
      • c. ジメチルベンゾアントラセン
        IIー195
      • 21.4.6 ベンゾフェナントレン
        IIー195
      • a. クリセン
        IIー195
      • b. 3,4ーベンゾフェナントレン
        IIー195
      • c. メチルクリセン
        IIー195
      • 21.4.7 ピレン
        IIー195
      • a. ピレン
        IIー195
      • b. ベンゾ[α]ピレン
        IIー196
      • c. ベンゾ[e]ピレン
        IIー197
      • d. シクロペンタピレン
        IIー197
      • 21.4.8 シクロペンタベンゾフェナントレン
        IIー197
      • a. 3ーメチルコラントレン
        IIー197
      • 21.4.9 ジベンゾ[a,h]アントラセン
        IIー197
    • 21.5 炭化水素源としての石油
      IIー197
      • 21.5.1 原油
        IIー198
      • 21.5.2 天然ガス,液化ガス
        IIー201
      • 21.5.3 ガソリン
        IIー201
      • 21.5.4 石油ナフサ
        IIー202
      • a. はじめに
        IIー202
      • b. 石油エーテル
        IIー203
      • c. ゴム溶剤
        IIー203
      • d. ワニス—塗料用ナフサ
        IIー203
      • e. ミネラルスピリット
        IIー203
      • f. ストッダード溶剤
        IIー204
      • g. 60℃分留ナフサ
        IIー204
      • h. 芳香族ナフサ
        IIー204
      • i. シンナー40,50,60,70,80
        IIー204
      • j. ナフテン系芳香族溶剤
        IIー204
      • 21.5.5 中質蒸留物
        IIー204
      • a. 灯油
        IIー204
      • b. ジェット燃料
        IIー205
      • c. ディーゼル燃料
        IIー206
      • d. 燃料油
        IIー206
      • 21.5.6 潤滑油留分製品
        IIー206
      • a. ホワイトオイル
        IIー206
      • b. パラフィンワックス,ミクロクリスタリンワックス
        IIー206
      • c. 潤滑油
        IIー206
      • d. 切削油
        IIー207
      • e. ペトロラタム
        IIー207
      • 21.5.7 残渣油
        IIー207
  • 参考文献
    IIー207
  • 22章 ハロゲン化ベンゼン
    • 22.1 はじめに
      IIー216
      • 22.1.1 クロロベンゼン類の比較毒性
        IIー216
      • 22.1.2 クロロベンゼン類の発がん性
        IIー217
    • 22.2 クロロベンゼン
      IIー217
      • 22.2.1 用途,産業被曝
        IIー218
      • 22.2.2 物理・化学的性質
        IIー218
      • 22.2.3 動物への影響
        IIー218
      • 22.2.4 吸収,代謝,排出
        IIー219
      • 22.2.5 ヒトへの影響
        IIー220
      • 22.2.6 臭気,味
        IIー220
      • 22.2.7 衛生基準
        IIー220
    • 22.3 oージクロロベンゼン
      IIー220
      • 22.3.1 用途,産業被曝
        IIー220
      • 22.3.2 物理・化学的性質
        IIー220
      • 22.3.3 動物への影響
        Ilー221
      • 22.3.4 代謝
        IIー222
      • 22.3.5 ヒトへの影響
        IIー222
      • 22.3.6 臭気・警告特性
        IIー222
      • 22.3.7 衛生基準
        IIー222
    • 22.4 pージクロロベンゼン
      IIー222
      • 22.4.1 用途,産業被曝
        IIー223
      • 22.4.2 物理・化学的性質
        IIー223
      • 22.4.3 動物への影響
        IIー223
      • 22.4.4 変異原性
        IIー224
      • 22.4.5 吸収,代謝,排出
        IIー224
      • 22.4.6 ヒトへの影響
        IIー225
      • 22.4.7 臭気,味,警告特性
        IIー226
      • 22.4.8 衛生基準
        IIー226
    • 22.5 トリクロロベンゼン
      IIー226
      • 22.5.1 用途
        IIー226
      • 22.5.2 物理・化学的性質
        IIー226
      • 22.5.3 動物への影響
        IIー227
      • 22.5.4 代謝,分布
        IIー227
      • 22.5.5 ヒトへの影響
        IIー228
      • 22.5.6 衛生基準
        IIー228
    • 22.6 テトラクロロベンゼン
      IIー228
      • 22.6.1 用途,発生源
        IIー228
      • 22.6.2 物理・化学的性質
        IIー228
      • 22.6.3 動物への影響
        IIー228
      • 22.6.4 代謝,分布
        IIー229
      • 22.6.5 ヒトへの影響
        IIー229
      • 22.6.6 衛生基準
        IIー229
    • 22.7 ペンタクロロベンゼン
      IIー229
      • 22.7.1 用途,発生源
        IIー229
      • 22.7.2 物理・化学的性質
        IIー229
      • 22.7.3 動物への影響
        IIー229
      • 22.7.4 代謝,分布
        IIー230
      • 22.7.5 ヒトへの影響
        IIー230
      • 22.7.6 衛生基準
        IIー230
    • 22.8 ヘキサクロロベンゼン
      IIー230
      • 22.8.1 用途,産業被曝
        IIー230
      • 22.8.2 物理・化学的性質
        IIー231
      • 22.8.3 動物への影響
        IIー231
      • 22.8.4 生殖毒性,催奇形性
        IIー233
      • 22.8.5 免疫毒性
        IIー234
      • 22.8.6 変異原性
        IIー234
      • 22.8.7 代謝,分布
        IIー234
      • 22.8.8 ヒトへの影響
        IIー236
      • 22.8.9 発がん性
        IIー237
      • 22.8.10 衛生基準
        IIー237
    • 22.9 ブロモベンゼン
      IIー237
      • 22.9.1 用途
        IIー237
      • 22.9.2 物理・化学的性質
        IIー237
      • 22.9.3 毒性
        IIー237
      • 22.10 その他のハロゲン化ベンゼン
        IIー238
      • 22.10.1 用途
        IIー238
      • 22.10.2 物理・化学的性質
        IIー238
      • 22.10.3 毒性
        IIー238
  • 参考文献
    IIー238
  • 23章 有機塩素系殺虫剤
    • 23.1 はじめに
      IIー242
      • 23.1.1 比較特性
        IIー242
      • 23.1.2 発がん性
        IIー243
    • 23.2 DDT
      IIー244
      • 23.2.1 用途,産業被曝
        IIー244
      • 23.2.2 物理・化学的性質
        IIー244
      • 23.2.3 動物への影響
        IIー244
      • 23.2.4 ヒトへの影響
        IIー245
      • 23.2.5 発がん性
        IIー247
      • 23.2.6 変異原性
        IIー247
      • 23.2.7 催奇形性,生殖毒性
        IIー248
      • 23.2.8 衛生基準
        IIー248
    • 23.3 アルドリン
      IIー248
      • 23.3.1 用途,産業被曝
        IIー248
      • 23.3.2 物理・化学的性質
        IIー248
      • 23.3.3 動物への影響
        IIー248
      • 23.3.4 ヒトへの影響
        IIー250
      • 23.3.5 発がん性
        IIー250
      • 23.3.6 衛生基準
        IIー250
    • 23.4 ディルドリン
      IIー250
      • 23.4.1 用途,産業被曝
        IIー251
      • 23.4.2 物理・化学的性質
        IIー251
      • 23.4.3 動物への影響
        IIー251
      • 23.4.4 ヒトへの影響
        IIー252
      • 23.4.5 環境中の濃度
        IIー253
      • 23.4.6 アルドリンとディルドリンの発がん性
        IIー253
      • 23.4.7 変異原性
        IIー255
      • 23.4.8 衛生基準
        IIー255
    • 23.5 クロルデン
      IIー255
      • 23.5.1 用途,産業被曝
        IIー255
      • 23.5.2 物理・化学的性質
        IIー255
      • 23.5.3 動物への影響
        IIー255
      • 23.5.4 ヒトへの影響
        IIー256
      • 23.5.5 揮発性
        IIー256
      • 23.5.6 土壌および水への残留性
        IIー257
      • 23.5.7 発がん性
        IIー257
      • 23.5.8 衛生基準
        IIー258
    • 23.6 ヘプタクロル
      IIー258
      • 23.6.1 用途,産業被曝
        IIー258
      • 23.6.2 物理・化学的性質
        IIー258
      • 23.6.3 動物への影響
        IIー258
      • 23.6.4 ヒトへの影響
        IIー259
      • 23.6.5 土壌および水への残留性
        IIー260
      • 23.6.6 無脊椎動物への影響
        IIー260
      • 23.6.7 発がん性
        IIー260
      • 23.6.8 衛生基準
        IIー260
    • 23.7 クロルデコン
      IIー260
      • 23.7.1 用途,産業被曝
        IIー260
      • 23.7.2 物理・化学的性質
        IIー261
      • 23.7.3 動物への影響
        IIー261
      • 23.7.4 ヒトへの影響
        IIー261
      • 23.7.5 吸収,代謝,排出
        IIー262
      • 23.7.6 生物濃縮
        IIー262
      • 23.7.7 汚染除去
        IIー262
      • 23.7.8 発がん性
        IIー262
      • 23.7.9 衛生基準
        IIー263
    • 23.8 ヘキサクロロシクロヘキサン
      IIー263
      • 23.8.1 用途,産業被曝
        IIー263
      • 23.8.2 物理・化学的性質
        IIー263
      • 23.8.3 動物への影響
        IIー263
      • 23.8.4 ヒトへの影響
        IIー265
      • 23.8.5 発がん性
        IIー265
      • 23.8.6 衛生基準
        IIー266
  • 参考文献
    IIー266
  • 24章 フェノール,フェノール化合物
    • 24.1 フェノール
      IIー271
      • 24.1.1 発生源,用途,産業被曝
        IIー271
      • 24.1.2 物理・化学的性質
        IIー271
      • 24.1.3 大気測定,生体試料分析
        IIー271
      • 24.1.4 生理的影響
        IIー272
      • 24.1.5 衛生基準
        IIー275
      • 24.1.6 引火性
        IIー275
      • 24.1.7 臭気・警告特性
        IIー275
      • 24.1.8 医療用フェノール
        IIー275
      • 24.1.9 中毒の防止
        IIー276
      • 24.1.10 中毒の治療
        IIー276
      • 24.1.11 中毒の法医学
        IIー277
      • 24.1.12 上水道中のフェノール
        IIー278
      • 24.1.13 腫瘍形成におけるフェノール,関連化合物の作用
        IIー278
    • 24.2. ピロカテコール
      IIー278
      • 24.2.1 発生源,用途,産業被曝
        IIー278
      • 24.2.2 物理・化学的性質
        IIー278
      • 24.2.3 大気測定
        IIー278
      • 24.2.4 生理的影響
        IIー279
      • 24.2.5 衛生基準
        IIー279
      • 24.2.6 引火性
        IIー279
      • 24.2.7 臭気・警告特性
        IIー279
    • 24.3 レソルシノール
      IIー279
      • 24.3.1 発生源,用途,産業被曝
        IIー279
      • 24.3.2 物理・化学的性質
        IIー279
      • 24.3.3 大気測定
        IIー280
      • 24.3.4 生理的影響
        IIー280
      • 24.3.5 衛生基準
        IIー280
      • 24.3.6 引火性
        IIー280
      • 24.3.7 臭気・警告特性
        IIー280
      • 24.3.8 中毒の治療
        IIー280
    • 24.4 ヒドロキノン
      IIー281
      • 24.4.1 発生源,用途,産業被曝
        IIー281
      • 24.4.2 物理・化学的性質
        IIー281
      • 24.4.3 大気測定
        IIー281
      • 24.4.4 生理的影響
        IIー281
      • 24.4.5 衛生基準
        IIー282
      • 24.4.6 臭気・警告特性
        IIー282
      • 24.4.7 安全な取扱い
        IIー282
    • 24.5 キノン
      IIー282
      • 24.5.1 発生源,用途,産業被曝
        IIー282
      • 24.5.2 物理・化学的性質
        IIー282
      • 24.5.3 大気測定
        IIー282
      • 24.5.4 生理的影響
        IIー282
      • 24.5.5 衛生基準
        IIー282
      • 24.5.6 臭気・警告特性
        IIー282
      • 24.5.7 中毒の防止
        IIー282
    • 24.6 ピロガロール
      IIー283
      • 24.6.1 発生源,用途,産業被曝
        IIー283
      • 24.6.2 物理・化学的性質
        IIー283
      • 24.6.3 大気測定
        IIー283
      • 24.6.4 生理的影響
        IIー283
      • 24.6.5 衛生基準
        IIー283
      • 24.6.6 臭気・警告特性
        IIー283
      • 24.6.7 中毒の防止と治療
        IIー283
    • 24.7 クレゾール
      IIー283
      • 24.7.1 発生源,用途,産業被曝
        IIー284
      • 24.7.2 物理・化学的性質
        IIー284
      • 24.7.3 大気測定
        IIー284
      • 24.7.4 生理的影響
        IIー285
      • 24.7.5 衛生基準
        IIー285
      • 24.7.6 臭気・警告特性
        IIー286
      • 24.7.7 安全な取扱い
        IIー286
    • 24.8 クレオソート
      IIー286
      • 24.8.1 発生源,用途,産業被曝
        IIー286
      • 24.8.2 物理・化学的性質
        IIー286
      • 24.8.3 大気測定
        IIー286
      • 24.8.4 生理的影響
        IIー286
      • 24.8.5 衛生基準
        IIー287
      • 24.8.6 引火性
        IIー287
      • 24.8.7 臭気・警告特性
        IIー287
      • 24.8.8 中毒の防止
        IIー287
    • 24.9 ペンタクロロフェノール,ナトリウムペンタクロロフェノキシド
      IIー287
      • 24.9.1 発生源,用途,産業被曝
        IIー287
      • 24.9.2 物理・化学的性質
        IIー287
      • 24.9.3 大気測定,生体試料分析
        IIー288
      • 24.9.4 生理的影響
        IIー288
      • 24.9.5 衛生基準
        IIー289
      • 24.9.6 臭気・警告特性
        IIー290
      • 24.9.7 取扱い
        IIー290
      • 24.9.8 局所性影響,全身中毒の治療
        IIー290
    • 24.10 その他のクロロフェノール
      IIー290
      • 24.10.1 発生源,用途,産業被曝
        IIー290
      • 24.10.2 物理・化学的性質
        IIー290
      • 24.10.3 大気測定
        IIー290
      • 24.10.4 生理的影響
        IIー290
      • 24.10.5 衛生基準
        IIー291
      • 24.10.6 臭気・警告特性
        IIー291
      • 24.10.7 関連化合物
        IIー291
    • 24.11 プロモフェノール,ヨードフェノール
      IIー292
      • 24.11.1 動物への生理的影響
        IIー292
      • 24.11.2 動物の病理所見
        IIー292
    • 24.12 oーフェニルフェノール
      IIー292
      • 24.12.1 用途
        IIー292
      • 24.12.2 動物への生理的影響
        IIー292
      • 24.12.3 ヒトへの影響
        IIー292
    • 24.13 ジーtーブチルメチルフェノール
      IIー292
      • 24.13.1 用途
        IIー293
      • 24.13.2 物理的性質
        IIー293
      • 24.13.3 動物への生理的影響
        IIー293
      • 24.13.4 大気測定
        IIー293
    • 24.14 pーtーブチルフェノール
      IIー293
      • 24.14.1 用途
        IIー293
      • 24.14.2 動物への生理的影響
        IIー293
      • 24.14.3 ヒトへの影響
        IIー293
    • 24.15 ドデシルチオフェノール
      IIー293
  • 参考文献
    IIー293