化学物質毒性ハンドブック 第6巻

丸善/2000.2

当館請求記号:SD2-G49


目次


目次

  • 39 有機硫黄化合物
    C.R.Farr
    C.J.Kirwin,Jr.
    翻訳/加茂谷裕子
    VIー1
  • 40 職業病と環境病
    H.J.Sawyer
    翻訳/加茂谷裕子
    VIー31
  • 41 難燃剤
    A.P.Leber
    翻訳/加茂谷裕子
    VIー37
  • 42 ホウ素
    B.D.Culver
    R.G.Smith
    R.J.Brotherton
    P.L.Strong
    T.M.Gray
    翻訳/加茂谷裕子
    VIー51
  • 43 ハロゲン
    W.G.Perry
    F.A.Smith
    M.B.Kent
    翻訳/加茂谷裕子
    VIー69
  • 44 炭素・窒素・酸素含有無機化合物
    M.Lipsett
    D.Shusterman
    R.R.Beard
    翻訳/田中恵子
    VIー103
  • 45 グリコール
    F.L.Cavender
    E.J.Sowinski
    翻訳/田中真樹子
    VIー153
  • 和文索引
    VIー187
  • 英文索引
    VIー191
  • CAS番号索引
    VIー197
  • 和文総索引
    VIー203
  • 英文総索引
    VIー237
  • CAS番号総索引
    VIー281
  • 39章 有機硫黄化合物
    • 39.1 はじめに
      VIー3
      • 39.1.1 物理・化学的性質
        VIー3
      • 39.1.2 用途
        VIー3
      • 39.1.3 環境中での発生源
        VIー3
      • 39.1.4 産業衛生モニタリング
        VIー3
      • 39.1.5 動物の代謝・排出
        VIー3
    • 39.2 メルカプタン
      VIー3
      • 39.2.1 メチルメルカプタン
        VIー3
      • 39.2.2 エチルメルカプタン
        VIー5
      • 39.2.3 プロピルメルカプタン
        VIー6
      • 39.2.4 イソプロピルメルカプタン
        VIー7
      • 39.2.5 ブチルメルカプタン
        VIー7
      • 39.2.6 nーペンチルメルカプタン
        VIー10
      • 39.2.7 イソアミルメルカプタン
        VIー10
      • 39.2.8 tーアミルメルカプタン
        VIー10
      • 39.2.9 ヘキシルメルカプタン
        VIー10
      • 39.2.10 ヘプチルメルカプタン
        VIー11
      • 39.2.11 nーオクチルメルカプタン
        VIー11
      • 39.2.12 tーオクチルメルカプタン
        VIー11
      • 39.2.13 nーノニルメルカプタン
        VIー11
      • 39.2.14 tーノニルメルカプタン
        VIー11
      • 39.2.15 nーデシルメルカプタン
        VIー12
      • 39.2.16 nードデシルメルカプタン
        VIー12
      • 39.2.17 tードデシルメルカプタン
        VIー13
      • 39.2.18 nーテトラデシルメルカプタン
        VIー14
      • 39.2.19 nーヘキサデシルメルカプタン
        VIー14
      • 39.2.20 nーオクタデシルメルカプタン
        VIー14
      • 39.2.21 アリルメルカプタン
        VIー14
      • 39.2.22 シクロヘキシルメルカプタン
        VIー15
      • 39.2.23 ベンジルメルカプタン
        VIー15
      • 39.2.24 フェニルメルカプタン
        VIー15
      • 39.2.25 1,2ーエタンジチオール
        VIー16
      • 39.2.26 エチルシクロヘキシルジチオール
        VIー17
      • 39.2.27 dーリモネンジメルカプタン
        VIー17
      • 39.2.28 ビニルシクロヘキセン由来ジメルカプタン
        VIー17
      • 39.2.29 ペルクロロメチルメルカプタン
        VIー17
    • 39.3 スルフィド
      VIー18
      • 39.3.1 ジメチルスルフィド
        VIー18
      • 39.3.2 ジメチルジスルフィド
        VIー18
      • 39.3.3 ジエチルスルフィド
        VIー19
      • 39.3.4 ジーnープロピルジスルフィド
        VIー19
      • 39.3.5 ジブチルスルフィド
        VIー19
      • 39.3.6 エチレンスルフィド
        VIー19
      • 39.3.7 プロピレンスルフィド
        VIー20
      • 39.3.8 プロピルアリルジスルフィド
        VIー20
      • 39.3.9 ジベンジルジスルフィド
        VIー21
    • 39.4 スルホン,スルホキシド,スルホン酸塩,硫酸塩,塩化スルホニル
      VIー21
      • 39.4.1 ジメチルスルホン
        VIー21
      • 39.4.2 nーブチルスルホン
        VIー21
      • 39.4.3 ビニルスルホン
        VIー21
      • 39.4.4 ジフェニルスルホン
        VIー21
      • 39.4.5 ジエチルスルホキシド
        VIー21
      • 39.4.6 3ークロロプロピルnーオクチルスルホキシド
        VIー22
      • 39.4.7 アリルnーオクチルスルホキシド
        VIー22
      • 39.4.8 2ーメタアリルnーオクチルスルホキシド
        VIー22
      • 39.4.9 メタンスルホン酸
        VIー22
      • 39.4.10 メタンスルホニルクロリド
        VIー22
      • 39.4.11 エタンスルホニルクロリド
        VIー23
      • 39.4.12 1ープロパンスルホニルクロリド
        VIー23
    • 39.5 ベンゾチアゾール誘導体
      VIー23
      • 39.5.1 ベンゾチアゾール
        VIー23
      • 39.5.2 2ーメルカプトベンゾチアゾール
        VIー24
      • 39.5.3 Nーイソプロピルー2ーベンゾチアゾールスルフェンアミド
        VIー24
      • 39.5.4 N,Nージイソプロピルー2ーベンゾチアゾールスルフェンアミド
        VIー25
      • 39.5.5 Nーtーブチルー2ーベンゾチアゾールスルフェンアミド
        VIー25
      • 39.5.6 Nーシクロヘキシルー2ーベンゾチアゾールスルフェンアミド
        VIー26
      • 39.5.7 N,Nージシクロヘキシルベンゾチアゾールスルフェンアミド
        VIー26
  • 参考文献
    VIー27
  • 40章 職業病と環境病
    • 40.1 発症因子の確定
      VIー32
    • 40.2 環境による健康への影響評価手順
      VIー32
      • 40.2.1 発症因子確定前の病歴入手および正しい診断
        VIー32
      • 40.2.2 完全な職歴の入手
        VIー33
      • 40.2.3 発症因子の評価
        VIー33
      • 40.2.4 趣味や習慣など,他のすべての暴露の査定
        VIー33
      • 40.2.5 暴露経路の検討
        VIー33
      • 40.2.6 投与医薬品や他の摂取物質についての検討
        VIー33
    • 40.3 暴露による疾患発現の傾向
      VIー34
    • 40.4 暴露前後の医学的評価
      VIー34
    • 40.5 生物学的モニタリングの有用性と限界
      VIー34
    • 40.6 以前に報告されていない関連性
      VIー34
    • 40.7 “医学的確実性”への疑問
      VIー35
  • 41章 難燃剤
    • 41.1 はじめに
      VIー38
      • 41.1.1 発がん性
        VIー38
    • 41.2 クロレンジン酸
      VIー39
      • 41.2.1 用途,ヒト暴露
        VIー39
      • 41.2.2 物理・化学的性質
        VIー39
      • 41.2.3 動物に及ぼす影響
        VIー39
      • 41.2.4 ヒトへの影響
        VIー39
    • 41.3 塩素化パラフィン
      VIー39
      • 41.3.1 用途,ヒト暴露
        VIー39
      • 41.3.2 物理・化学的性質
        VIー40
      • 41.3.3 動物に及ぼす影響
        VIー40
      • 41.3.4 ヒトへの影響
        VIー42
    • 41.4 トリブトキシエチルホスファート
      VIー42
      • 41.4.1 用途,ヒト暴露
        VIー42
      • 41.4.2 物理・化学的性質
        VIー42
      • 41.4.3 毒性
        VIー42
      • 41.4.4 ヒトへの影響
        VIー42
    • 41.5 臭素化ポリスチレン
      VIー42
      • 41.5.1 用途,ヒト暴露
        VIー42
      • 41.5.2 物理・化学的性質
        VIー42
      • 41.5.3 急性毒性
        VIー42
      • 41.5.4 生体内利用度
        VIー43
      • 41.5.5 ヒトへの影響
        VIー43
    • 41.6 テトラブロモビスフェノールA
      VIー43
      • 41.6.1 用途,ヒト暴露
        VIー43
      • 41.6.2 毒性
        VIー43
      • 41.6.3 代謝
        VIー43
    • 41.7 トリス
      VIー43
      • 41.7.1 用途,ヒト暴露
        VIー43
      • 41.7.2 物理・化学的性質
        VIー44
      • 41.7.3 動物に及ぼす影響
        VIー44
      • 41.7.4 ヒトへの影響
        VIー44
    • 41.8 三酸化アンチモン
      VIー44
      • 41.8.1 用途,ヒト暴露
        VIー44
      • 41.8.2 物理・化学的性質
        VIー45
      • 41.8.3 有害作用
        VIー45
      • 41.8.4 ヒトヘの影響
        VIー45
    • 41.9 デカプロモジフェニルオキシド
      VIー45
      • 41.9.1 用途,ヒト暴露
        VIー45
      • 41.9.2 物理・化学的性質
        VIー45
      • 41.9.3 毒性
        VIー46
      • 41.9.4 環境中での暴露源
        VIー47
      • 41.9.5 環境中での分解
        VIー47
      • 41.9.6 焼却,熱反応
        VIー47
      • 41.9.7 生体内モニタリングにおける分析法
        VIー48
      • 41.9.8 モニタリング
        VIー48
      • 41.9.9 衛生基準
        VIー49
    • 参考文献
      VIー49
  • 42章 ホウ素
    • 42.1 はじめに
      VIー52
    • 42.2 発生源,生産
      VIー52
    • 42.3 物理・化学的性質
      VIー55
    • 42.4 産業被曝,用途
      VIー55
      • 42.4.1 暴露
        VIー55
      • 42.4.2 用途
        VIー56
    • 42.5 生体試料中のホウ素化合物の分析
      VIー56
      • 42.5.1 おもな分析法
        VIー57
      • 42.5.2 その他の有用な技術
        VIー57
    • 42.6 ホウ素および無機ホウ素化合物の生理的影響・毒性
      VIー57
      • 42.6.1 はじめに
        VIー57
      • 42.6.2 薬物動態,生体の正常値
        VIー57
      • 42.6.3 生化学および生理学
        VIー58
      • 42.6.4 元素状ホウ素および他の無機ホウ酸塩の急性毒性
        VIー58
      • 42.6.5 亜急性・慢性毒性
        VIー59
    • 42.7 その他の無機ホウ酸塩の生理的影響・毒性
      VIー61
      • 42.7.1 四ホウ酸ナトリウム四水和物
        VIー61
      • 42.7.2 メタホウ酸塩
        VIー61
      • 42.7.3 三ハロゲン化ホウ素
        VIー61
    • 42.8 ホウ素および無機化合物の産業衛生
      VIー62
      • 42.8.1 はじめに
        VIー62
      • 42.8.2 ホウ酸塩の刺激作用に関する研究
        VIー62
      • 42.8.3 エーロゾルサンプリング
        VIー63
      • 42.8.4 許容濃度の歴史
        VIー63
      • 42.8.5 その他の国々の基準
        VIー64
      • 42.8.6 酸化ホウ素およびホウ酸
        VIー64
      • 42.8.7 産業衛生管理法
        VIー64
      • 42.8.8 その他のホウ素化合物
        VIー64
    • 42.9 水素化ホウ素の生理的影響・毒性
      VIー65
      • 42.9.1 ジボラン
        VIー66
      • 42.9.2 ペンタボラン
        VIー66
      • 42.9.3 デカボラン
        VIー66
    • 42.10 ボラン類の産業衛生に関する考察
      VIー66
      • 42.10.1 ジボラン
        VIー66
      • 42.10.2 ペンタボラン
        VIー67
      • 42.10.3 デカボラン
        VIー67
  • 参考文献
    VIー67
  • 43章 ハロゲン
    • 43.1 フッ素
      VIー70
      • 43.1.1 発生源,用途,職業性被曝
        VIー70
      • 43.1.2 物理・化学的性質
        VIー71
      • 43.1.3 分析法
        VIー71
      • 43.1.4 生理的影響
        VIー71
      • 43.1.5 衛生基準
        VIー72
      • 43.1.6 フッ化水素
        VIー72
      • 43.1.7 フッ化硫黄
        VIー77
      • 43.1.8 微粒子状フッ化物単独またはガス状フッ化物との混合物
        VIー79
      • 43.1.9 その他のフッ化物
        VIー82
    • 43.2 塩素
      VIー82
      • 43.2.1 発生源,生産
        VIー84
      • 43.2.2 用途,産業被曝
        VIー84
      • 43.2.3 分析法
        VIー84
      • 43.2.4 生理的影響
        VIー84
      • 43.2.5 衛生基準
        VIー86
      • 43.2.6 塩化水素
        VIー86
      • 43.2.7 アルカリ金属およびアルカリ土類金属の二成分塩
        VIー87
      • 43.2.8 酸化塩素類,フッ化塩素類
        VIー88
      • 43.2.9 アルカリ金属の酸素含有三成分塩
        VIー90
    • 43.3 臭素
      VIー92
      • 43.3.1 発生源,生産
        VIー92
      • 43.3.2 用途,産業被曝
        VIー93
      • 43.3.3 分析法
        VIー93
      • 43.3.4 生理的影響
        VIー93
      • 43.3.5 衛生基準
        VIー94
      • 43.3.6 無機臭素化合物
        VIー94
    • 43.4 ヨウ素
      VIー96
      • 43.4.1 発生源,生産
        VIー96
      • 43.4.2 用途,産業被曝
        VIー96
      • 43.4.3 分析法
        VIー97
      • 43.4.4 生理的影響
        VIー98
      • 43.4.5 衛生基準
        VIー98
      • 43.5 アスタチン
        VIー98
    • 参考文献
      VIー99
  • 44章 炭素・窒素・酸素含有無機化合物
    • 44.1 一酸化炭素
      VIー105
      • 44.1.1 発生源および用途
        VIー105
      • 44.1.2 物理・化学的性質
        VIー106
      • 44.1.3 吸収,分布,代謝,排出
        VIー106
      • 44.1.4 動物での毒性
        VIー109
      • 44.1.5 ヒトでの毒性
        VIー109
      • 44.1.6 共存化合物の影響
        VIー112
      • 44.1.7 測定
        VIー112
      • 44.1.8 治療
        VIー112
      • 44.1.9 衛生基準
        VIー113
      • 44.1.10 予防
        VIー114
    • 参考文献
      VIー114
    • 44.2 二酸化炭素
      VIー116
      • 44.2.1 発生源および用途
        VIー116
      • 44.2.2 物理・化学的性質
        VIー117
      • 44.2.3 毒性
        VIー117
      • 44.2.4 衛生基準
        VIー117
    • 参考文献
      VIー118
    • 44.3 ホスゲン
      VIー118
      • 44.3.1 発生源および用途
        VIー118
      • 44.3.2 物理・化学的性質
        VIー118
      • 44.3.3 吸収,分布,代謝,排出
        VIー118
      • 44.3.4 動物での毒性
        VIー119
      • 44.3.5 ヒトでの毒性
        VIー119
      • 44.3.6 共存化合物の影響
        VIー119
      • 44.3.7 測定
        VIー119
      • 44.3.8 治療
        VIー119
      • 44.3.9 衛生基準
        VIー120
      • 44.3.10 予防
        VIー120
    • 参考文献
      VIー120
    • 44.4 窒素
      VIー121
      • 44.4.1 発生源および用途
        VIー121
      • 44.4.2 物理・化学的性質
        VIー121
      • 44.4.3 毒性
        VIー121
      • 44.4.4 衛生基準
        VIー121
    • 参考文献
      VIー121
    • 44.5 一酸化窒素,二酸化窒素
      VIー121
      • 44.5.1 発生源および用途
        VIー122
      • 44.5.2 物理・化学的性質
        VIー123
      • 44.5.3 吸収,分布,代謝,排出
        VIー123
      • 44.5.4 急性毒性
        VIー123
      • 44.5.5 慢性毒性
        VIー126
      • 44.5.6 呼吸器毒性の機序と病理
        VIー127
      • 44.5.7 衛生基準
        VIー127
      • 44.5.8 予防
        VIー127
      • 44.5.9 処置
        VIー128
      • 44.5.10 測定
        VIー128
    • 参考文献
      VIー129
    • 44.6 亜酸化窒素
      VIー132
      • 44.6.1 発生源および用途
        VIー132
      • 44.6.2 物理・化学的性質
        VIー132
      • 44.6.3 吸収,分布,代謝,排出
        VIー132
      • 44.6.4 動物およびヒトにおける生理的・病理的反応
        VIー132
      • 44.6.5 衛生基準
        VIー133
      • 44.6.6 測定
        VIー133
      • 44.6.7 予防
        VIー133
    • 参考文献
      VIー133
    • 44.7 酸素
      VIー134
      • 44.7.1 発生源および用途
        VIー134
      • 44.7.2 物理・化学的性質
        VIー134
      • 44.7.3 吸収と代謝
        VIー134
      • 44.7.4 酸素欠乏
        VIー134
      • 44.7.5 毒性
        VIー136
    • 参考文献
      VIー142
    • 44.8 オゾン
      VIー143
      • 44.8.1 発生源および用途
        VIー143
      • 44.8.2 物理・化学的性質
        VIー145
      • 44.8.3 吸収と代謝
        VIー145
      • 44.8.4 急性毒性
        VIー145
      • 44.8.5 慢性毒性
        VIー147
      • 44.8.6 遺伝毒性と発がんの可能性
        VIー147
      • 44.8.7 衛生基準
        VIー148
      • 44.8.8 防護
        VIー148
      • 44.8.9 測定
        VIー148
    • 参考文献
      VIー149
  • 45章 グリコール
    • 45.1 はじめに
      VIー155
    • 45.2 エチレングリコール
      VIー155
      • 45.2.1 発生源,用途,産業被曝
        VIー155
      • 45.2.2 物理・化学的性質
        VIー156
      • 45.2.3 分析法
        VIー156
      • 45.2.4 毒性
        VIー156
      • 45.2.5 衛生基準
        VIー160
      • 45.2.6 臭気,警告特性
        VIー160
    • 45.3 ジエチレングリコール
      VIー161
      • 45.3.1 発生源,用途,産業被曝
        VIー161
      • 45.3.2 物理・化学的性質
        VIー161
      • 45.3.3 分析法
        VIー161
      • 45.3.4 毒性
        VIー161
      • 45.3.5 衛生基準
        VIー163
    • 45.4 トリエチレングリコール
      VIー163
      • 45.4.1 発生源,用途,産業被曝
        VIー163
      • 45.4.2 物理・化学的性質
        VIー163
      • 45.4.3 分析法
        VIー163
      • 45.4.4 毒性
        VIー163
      • 45.4.5 衛生基準
        VIー164
    • 45.5 テトラエチレングリコール
      VIー164
      • 45.5.1 発生源,用途,産業被曝
        VIー164
      • 45.5.2 物理・化学的性質
        VIー164
      • 45.5.3 分析法
        VIー164
      • 45.5.4 毒性
        VIー164
    • 45.6 ポリエチレングリコール
      VIー165
      • 45.6.1 発生源,用途,産業被曝
        VIー165
      • 45.6.2 物理・化学的性質
        VIー165
      • 45.6.3 分析法
        VIー165
      • 45.6.4 毒性
        VIー165
      • 45.6.5 衛生基準
        VIー168
    • 45.7 プロピレングリコール
      VIー168
      • 45.7.1 発生源,用途,産業被曝
        VIー168
      • 45.7.2 物理・化学的性質
        VIー168
      • 45.7.3 分析法
        VIー168
      • 45.7.4 毒性
        VIー168
      • 45.7.5 衛生基準
        VIー171
    • 45.8 1,3ープロパンジオール
      VIー171
      • 45.8.1 発生源,用途,産業被曝
        VIー171
      • 45.8.2 物理・化学的性質
        VIー171
      • 45.8.3 分析法
        VIー171
      • 45.8.4 毒性
        VIー171
      • 45.8.5 衛生基準
        VIー171
    • 45.9 ジプロピレングリコール
      VIー172
      • 45.9.1 発生源,用途,産業被曝
        VIー172
      • 45.9.2 物理・化学的性質
        VIー172
      • 45.9.3 分析法
        VIー172
      • 45.9.4 毒性
        VIー172
      • 45.9.5 衛生基準
        VIー172
    • 45.10 トリプロピレングリコール
      VIー172
      • 45.10.1 発生源,用途,産業被曝
        VIー172
      • 45.10.2 物理・化学的性質
        VIー172
      • 45.10.3 分析法
        VIー172
      • 45.10.4 毒性
        VIー173
      • 45.10.5 衛生基準
        VIー173
    • 45.11 ポリプロピレングリコール
      VIー173
      • 45.11.1 発生源,用途,産業被曝
        VIー173
      • 45.11.2 物理・化学的性質
        VIー173
      • 45.11.3 分析法
        VIー173
      • 45.11.4 毒性
        VIー173
      • 45.11.5 衛生基準
        VIー174
    • 45.12 ブタンジオール
      VIー174
      • 45.12.1 発生源,用途,産業被曝
        VIー174
      • 45.12.2 物理・化学的性質
        VIー175
      • 45.12.3 毒性
        VIー175
      • 45.12.4 衛生基準
        VIー177
    • 45.13 ポリブチレングリコール
      VIー177
      • 45.13.1 発生源,用途,産業被曝
        VIー177
      • 45.13.2 物理・化学的性質
        VIー177
      • 45.13.3 毒性
        VIー177
    • 45.14 1,5ーペンタンジオール
      VIー177
      • 45.14.1 発生源,用途,産業被曝
        VIー177
      • 45.14.2 物理・化学的性質
        VIー177
      • 45.14.3 毒性
        VIー177
    • 45.15 2ーメチルー2,4ーペンタンジオール
      VIー178
      • 45.15.1 発生源,用途,産業被曝
        VIー178
      • 45.15.2 物理・化学的性質
        VIー178
      • 45.15.3 分析法
        VIー178
      • 45.15.4 毒性
        VIー178
      • 45.15.5 臭気,警告特性
        VIー178
      • 45.15.6 衛生基準
        VIー178
    • 45.16 2,2,4ートリメチルー1,3ーペンタンジオール
      VIー179
      • 45.16.1 発生源,用途,産業被曝
        VIー179
      • 45.16.2 物理・化学的性質
        VIー179
      • 45.16.3 分析法
        VIー179
      • 45.16.4 毒性
        VIー179
      • 45.16.5 衛生基準
        VIー179
    • 45.17 2ーエチルー1,3ーヘキサンジオール
      VIー179
      • 45.17.1 発生源,用途,産業被曝
        VIー179
      • 45.17.2 物理・化学的性質
        VIー180
      • 45.17.3 分析法
        VIー180
      • 45.17.4 毒性
        VIー180
      • 45.17.5 衛生基準
        VIー180
    • 45.18 スチレングリコール
      VIー180
      • 45.18.1 発生源,用途,産業被曝
        VIー180
      • 45.18.2 物理・化学的性質
        VIー181
      • 45.18.3 分析法
        VIー181
      • 45.18.4 毒性
        VIー181
      • 45.18.5 衛生基準
        VIー181
    • 45.19 混合ポリグリコール
      VIー181
      • 45.19.1 発生源,用途,産業被曝
        VIー181
      • 45.19.2 ポリグリコール11系,ポリグリコール15系
        VIー181
      • 45.19.3 Ucon油
        VIー182
      • 45.19.4 Pluronicポリオール
        VIー183
      • 45.19.5 Pluracolポリオール
        VIー184
    • 参考文献
      VIー184