標準感染症学

医学書院/2000.3

当館請求記号:SC141-G185


目次


目次

  • 第I章 感染症に関する基礎知識
    1
    • 1 感染症の成立とホスト側の問題点
      江崎孝行
      3
      • A 体表の病原体に対する防衛機能
        3
      • 1) 気道
        3
      • 2) 消化管
        3
      • 3) 尿路・陰部
        6
      • 4) 眼球
        6
      • 5) 皮膚
        6
      • B 体内の非特異的感染防御機構
        6
      • 1) マクロファージ
        6
      • 2) 補体とその活性化
        7
      • 3) 食細胞と炎症局所への動員
        9
      • C 特異的感染防御機構
        11
      • 1) 抗体
        11
      • 2) 細胞性免疫による感染防御
        12
      • D 宿主の免疫不全と感染
        15
      • 1) 原発性免疫不全
        15
      • 2) 続発性(後天性)免疫不全と日和見感染
        16
    • 2 感染症の診断へのアプローチ
      那須勝・永井寛之・草野展周・江崎孝行
      18
      • A 病歴のとり方
        18
      • 1) 感染症の診断の進め方
        18
      • 2) 病歴の成り立ちととり方
        18
      • 3) 感染症と他の疾患の鑑別
        21
      • B 主要な症状と徴候
        22
      • 1) 全身性の症状と徴候
        22
      • 2) 局所の徴候
        28
      • C 必要となる検査
        33
      • 1) 臨床微生物学的アプローチ
        33
      • 2) 血液生化学所見
        42
      • 3) 感染症の免疫学的診断
        42
      • 4) 分子生物学的診断法
        44
    • 3 感染症の治療
      河野茂・朝野和典・渡辺邦友・伊藤正彦・二木芳人・青木克己・横地高志
      50
      • A 治療法の原則
        50
      • 1) 治療すべき感染症とは
        50
      • 2) 感染症治療の基本
        50
      • 3) 治療法の種類
        53
      • 4) 治療法の選択
        53
      • 5) 治療効果判定
        54
      • 6) 感染症治療が有効でない場合
        54
      • 7) 感染症治療の終了
        55
      • 8) 感染症治療の問題点
        56
      • B 一般療法
        56
      • 1) 一般療法の種類
        56
      • 2) 一般療法
        56
      • 3) 対症療法
        57
      • 4) 外科的療法
        58
      • 5) 特殊病態下の感染症患者の一般療法
        58
      • 6) 一般療法の原則のまとめ
        61
      • C 化学療法の原則
        61
      • 1) 抗菌薬の適応の決定
        61
      • 2) 抗菌薬使用前の臨床細菌学的アプローチ
        62
      • 3) 抗菌薬の選択
        62
      • 4) 抗菌薬の投与計画
        66
      • 5) 抗菌薬の併用
        68
      • 6) 初期治療の変更
        68
      • D 化学療法の実際
        69
      • 1) 抗菌薬
        69
      • 2) 抗ウイルス薬
        81
      • 3) 抗真菌薬
        87
      • 4) 抗原虫薬,抗寄生虫薬
        93
      • 5) 免疫療法,サイトカイン療法,ワクチン
        100
    • 4 感染症の予防と疫学
      平潟洋一
      103
      • A 予防
        103
      • 1) 主要な感染経路とリスクファクター
        103
      • 2) 感染症のリスクファクター
        103
      • B 滅菌・消毒
        104
      • C 予防接種
        107
      • D 抗菌薬の予防投与
        108
      • E 院内感染症の予防
        108
  • 第II章 感染症各論
    109
    • 1 小児感染症
      脇口宏
      111
      • A 胎内感染
        111
      • B 発疹性ウイルス感染
        113
      • C ヘルペスウイルス感染症
        118
      • D 呼吸器感染症
        122
      • E その他のウイルス感染症
        124
      • F 細菌感染症
        125
    • 2 高齢者感染症
      鈴木幹三
      129
      • A 高齢者の易感染性と難治化要因
        129
      • B 臨床徴候の特徴
        129
      • C 高齢者に多い感染症
        130
      • D 高齢者における抗菌薬療法
        132
    • 3 性感染症
      広瀬崇興
      133
      • A 概念
        133
      • B 病原微生物
        133
      • C 主な性感染症
        135
      • D 性感染症の予防法
        144
    • 4 輸入感染症
      岡部信彦
      145
      • A 概念
        145
      • B 輸入感染症への関心の必要性
        145
      • C 輸入感染症・新興/再興感染症・その他
        146
      • 1) 輸入感染症
        146
      • 2) 新興感染症,再興感染症
        146
      • 3) 国際伝染病
        146
      • 4) 国際保健規則
        146
      • 5) 感染症新法と輸入感染症
        147
      • D 輸入感染症の実際
        148
      • 1) 感染症新法1類感染症より
        148
      • 2) 感染症新法2類感染症より
        151
      • 3) 感染症新法4類感染症より
        154
    • 5 人畜共通感染症
      宮崎修一・山口恵三
      160
      • A 概念
        160
      • B 感染方法
        160
      • C ウイルス感染症
        162
      • D プリオン病
        162
      • E リケッチア,クラミジア感染症
        162
      • F 細菌感染症
        163
      • G 真菌感染症
        166
      • H 原虫性疾患
        167
      • I 寄生虫感染症
        168
      • 1) 吸虫症
        168
      • 2) 条虫症
        168
      • 3) 線虫症
        169
    • 6 病院感染
      柴孝也
      171
      • A 概念
        171
      • B 病院感染の分類
        171
      • 1) 発生要因による分類
        171
      • 2) 原因微生物による分類
        172
      • C 病院感染の疫学的調査
        174
      • 1) 環境微生物学的調査
        174
      • 2) 黄色ブドウ球菌の型別法
        175
      • D 病院感染の予防対策
        175
    • 7 日和見感染症
      田代隆良
      177
      • A 概念
        177
      • B 感染防御機構
        177
      • 1) 局所感染防御機構
        177
      • 2) 非特異的防御機構
        178
      • 3) 特異的防御機構
        178
      • C compromised host
        179
    • 8 不明熱
      戸塚恭一
      183
      • A 概念
        183
      • B 不明熱の原因疾患
        183
      • C 診断
        185
      • 1) 病歴からの診断
        185
      • 2) 熱型の特徴からの診断
        185
      • 3) 身体所見からの診断
        185
      • 4) 臨床検査からの診断
        185
      • D 不明熱に対する治療
        186
    • 9 HIV
      岡慎一
      188
      • A 病原微生物および病気の概念
        188
      • 1) HIV感染症の病態
        188
      • B 臨床症状
        191
      • C 診断法
        191
      • 1) ウイルス分離
        191
      • 2) 抗原検出
        192
      • 3) 核酸検出
        193
      • D 治療
        193
      • 1) 治療開始時期の考え方
        193
      • 2) 抗HIV薬
        193
      • 3) 治療開始時の選択薬
        194
      • 4) 治療開始後の経過の見方
        194
    • 10 成人T細胞白血病
      菊池博
      195
      • A 概念
        195
      • B 病因
        195
      • 1) 病原ウイルス
        195
      • 2) HTLVー1が関与している他の疾患
        195
      • C 疫学
        195
      • 1) ウイルス保有者(キャリア)分布
        195
      • 2) 発症危険率
        196
      • D 感染
        196
      • 1) 感染成立
        196
      • 2) 感染経路
        197
      • E 臨床像と病態
        197
      • 1) 発症年齢,性差
        197
      • 2) 末梢血液像
        197
      • 3) 臓器浸潤
        197
      • 4) 高カルシウム血症
        197
      • 5) 日和見感染症
        197
      • F 検査所見と診断
        198
      • 1) 抗HTLVー1抗体
        198
      • 2) 腫瘍細胞の検索
        198
      • 3) 末梢血所見,骨髄所見
        198
      • 4) 血液生化学所見と細胞性免疫検査
        198
      • 5) 画像診断,その他の検査
        199
      • G ATLの臨床病型
        199
      • H 治療
        200
      • 1) 抗ATL治療
        200
      • 2) 日和見感染症の予防
        200
      • 3) 高カルシウム血症の治療
        200
      • 1 死因と予後
        201
      • 1) 死因
        201
      • 2) 予後
        201
  • 第III章 臓器別感染症
    203
    • 1 敗血症と感染性心内膜炎
      舟田久
      205
      • A 敗血症
        205
      • 1) 概念・定義
        205
      • 2) 病態生理
        205
      • 3) 分類
        207
      • 4) 発症頻度
        208
      • 5) 原発(敗血)巣
        208
      • 6) 原因菌
        209
      • 7) 臨床所見
        209
      • 8) 診断
        210
      • 9) 治療
        211
      • 10) 予後
        213
      • B 感染性心内膜炎
        214
      • 1) 概念・定義
        214
      • 2) 発症機序
        214
      • 3) 疫学
        214
      • 4) 病因
        214
      • 5) 臨床症状
        215
      • 6) 検査成績
        216
      • 7) 診断
        217
      • 8) 経過・予後
        217
      • 9) 治療
        217
      • 10) 予防
        217
    • 2 上気道感染症
      松島敏春・福田諭・吉村文信
      219
      • A かぜ症候群
        219
      • 1) 概念
        219
      • 2) 疫学
        219
      • 3) 原因
        220
      • 4) 伝染様式,感染,発症
        220
      • 5) 症状
        220
      • 6) 臨床病型
        221
      • 7) 診断
        222
      • 8) 鑑別診断
        223
      • 9) 治療
        223
      • 10) 予防
        224
      • B 耳鼻咽喉科領域感染症
        224
      • 1) 耳
        224
      • 2) 鼻
        226
      • 3) 口腔,咽喉頭
        227
      • C 口腔外科領域感染症
        231
      • 1) 齲蝕
        231
      • 2) 歯周疾患
        232
      • 3) その他の口腔感染症
        234
      • 4) 口腔内にみられるウイルス感染症
        235
    • 3 下気道感染症
      健山正男
      236
      • A 総論
        236
      • 1) 概念
        236
      • 2) 気管支炎・肺炎の疫学
        236
      • 3) 下気道および肺胞領域の感染防御のメカニズム
        236
      • B 慢性気道感染症
        237
      • 1) 概念
        237
      • 2) 慢性気道感染症の基礎疾患
        238
      • 3) 起炎微生物
        238
      • 4) 難治化の要因
        239
      • 5) 急性増悪の臨床像
        240
      • 6) 診断
        241
      • 7) 治療
        241
      • C 肺炎
        242
      • 1) 概念
        242
      • 2) 肺炎の分類
        244
      • 3) 細菌の定着と感染発症のメカニズム
        246
      • 4) 肺炎患者へのアプローチ
        246
      • 5) 症状と理学所見
        248
      • 6) 検査
        249
      • 7) 診断
        251
      • 8) 肺炎との鑑別が重要な疾患
        251
      • 9) 治療
        251
      • D 肺膿瘍
        254
      • 1) 概念
        254
      • 2) 分類
        254
      • 3) 臨床所見
        254
      • 4) 臨床検査
        255
      • 5) 画像診断
        255
      • 6) 肺膿瘍と鑑別を要する疾患
        255
      • 7) 治療
        255
      • 8) 予後
        256
    • 4 結核
      森亨
      257
      • A 総論
        257
      • 1) 病因と関連要因
        257
      • 2) 現状と問題点
        257
      • 3) 基礎的病態
        257
      • B 病理学的所見
        259
      • C 診断
        260
      • 1) 結核の徴候と診断の進め方
        260
      • 2) 問診
        260
      • 3) 結核菌検査
        260
      • 4) X線検査
        262
      • 5) ツベルクリン反応検査
        263
      • 6) 胸水の酵素反応
        263
      • D 治療
        263
      • 1) 結核化学療法の原則
        264
      • 2) 標準化学療法方式
        264
      • 3) 再治療,治療失敗例
        264
      • 4) 治療の場
        265
      • 5) 薬剤の副作用と対応
        265
      • 6) 治療のモニターと治療終了の時期
        265
      • E 結核の予防とサーベイランス
        266
      • 1) BCG接種
        266
      • 2) 化学予防
        266
      • 3) 早期発見
        266
      • 4) サーベイランス(発生動向調査)
        267
      • F 非定型抗酸菌症
        267
      • 1) 疫学
        267
      • 2) 菌種
        267
      • 3) 感染・発病
        267
      • 4) 病像
        267
      • 5) 診断
        268
      • 6) 治療
        268
    • 5 肝臓感染症
      恩地森一
      269
      • A 肝臓感染症の特徴
        269
      • B 一般ウイルス感染
        269
      • C ウイルス肝炎
        270
      • 1) A型肝炎
        270
      • 2) E型肝炎
        271
      • 3) B型肝炎
        271
      • 4) C型肝炎
        274
      • 5) D型肝炎
        275
      • 6) G型肝炎
        275
      • 7) 急性ウイルス肝炎
        276
      • 8) 劇症肝炎
        276
      • 9) 慢性ウイルス肝炎
        277
      • D 肝膿瘍
        278
      • E Weil病
        279
      • F 肝リケッチア症
        279
      • G 寄生虫による肝疾患
        280
      • 1) 肝吸虫症
        280
      • 2) 肝蛭症
        280
      • 3) 日本住血吸虫症
        281
      • 4) 肝包虫症
        281
    • 6 下痢症
      金城福則
      283
      • A 総論
        283
      • 1) 定義
        283
      • 2) 発症機序
        283
      • 3) 分類
        284
      • B 腸管感染による下痢症
        284
      • 1) 組織(粘膜)侵襲型下痢症
        285
      • 2) 毒素型下痢症
        286
      • C その他の下痢症
        289
      • D 診断
        291
      • 1) 問診
        291
      • 2) 下痢症の一般的検査の手順
        291
      • E 治療
        292
    • 7 腸管,胆道,腹膜感染症
      金城福則
      295
      • A 腸管感染症
        295
      • 1) 概念
        295
      • 2) わが国の感染性腸炎
        295
      • 3) サルモネラ腸炎
        297
      • 4) 腸炎ビブリオ腸炎
        298
      • 5) 病原大腸菌性腸炎
        298
      • 6) カンピロバクター腸炎
        299
      • 7) その他の腸管感染症
        300
      • B 胆道感染症
        300
      • 1) 急性胆嚢炎
        300
      • 2) 慢性胆嚢炎
        301
      • C 腹膜感染症
        301
      • 1) 特発性細菌性腹膜炎
        301
      • 2) 続発性腹膜炎
        302
    • 8 尿路性器感染症
      松本哲朗
      303
      • A 総論
        303
      • 1) 概念
        303
      • 2) 病因
        303
      • B 単純性腎孟腎炎
        305
      • C 単純性膀胱炎
        306
      • D 複雑性尿路感染症
        306
      • E その他の腎および腎周囲感染症と周辺疾患
        307
      • 1) 腎乳頭壊死
        307
      • 2) 膿腎症
        307
      • 3) 腎膿瘍
        307
      • 4) 急性巣状細菌性腎炎
        307
      • 5) 逆流性腎症
        307
      • F その他の膀胱炎
        308
      • G 前立腺炎,精嚢炎
        308
      • H 精巣上体炎,精巣炎
        310
      • 1) 精巣上体炎
        310
      • 2) 精巣炎
        310
      • 1 尿道炎,亀頭包皮炎
        311
      • 1) 尿道炎
        311
      • 2) 亀頭包皮炎
        311
    • 9 婦人科感染症
      関谷宗英
      312
      • A 性感染症
        312
      • 1) 性器クラミジア感染症
        312
      • 2) 性器ヘルペス
        313
      • 3) 性器ヒトパピローマウイルス感染症(尖圭コンジローム)
        314
      • B 膣感染症(膣炎)
        314
      • 1) 細菌性膣症
        315
      • 2) トリコモナス膣炎
        315
      • 3) カンジダ外陰膣炎
        315
      • C 骨盤内炎症性疾患
        315
      • D 尿路感染症
        316
      • E 術後感染症
        316
      • 1) 創傷感染症
        316
      • 2) 骨盤内感染症
        316
      • 3) 敗血症(ショック)
        316
    • 10 髄膜炎
      庄司紘史
      318
      • A 総論
        318
      • 1) 概念・分類
        318
      • 2) 病原診断
        318
      • B 病原別の髄膜炎の実際
        318
      • 1) ウイルス性髄膜炎
        318
      • 2) 細菌性髄膜炎
        320
      • 3) 結核性髄膜炎
        322
      • 4) 真菌性髄膜炎
        323
      • 5) 他の髄膜炎
        323
    • 11 脳炎
      庄司紘史
      325
      • A 急性ウイルス性脳炎
        325
      • 1) 病原ウイルス,感染経路
        325
      • 2) 疫学
        325
      • 3) 単純ヘルペス脳炎
        326
      • 4) 日本脳炎
        326
      • 5) 2次性脳炎
        327
      • 6) Reye症候群
        327
      • 7) 脳幹脳炎
        327
      • B 遅発性ウイルス感染症
        328
      • 1) 概念・病原
        328
      • 2) 亜急性硬化性全脳炎
        328
      • 3) 進行性多巣性白質脳症
        329
      • 4) CreutzfeldtーJakob(CーJ)病(プリオン病)
        329
    • 12 眼科感染症
      石橋康久
      331
      • A 眼瞼
        331
      • 1) 眼瞼(縁)炎
        331
      • 2) 眼角眼瞼炎(眼角眼瞼結膜炎)
        331
      • 3) 麦粒腫
        332
      • 4) 急性雲粒腫
        332
      • 5) 腱毛毛ジラミ症
        332
      • 6) 眼瞼ダニ症
        332
      • B 眼窩
        332
      • 1) 細菌性眼窩蜂窩織炎
        332
      • 2) 眼窩真菌症
        333
      • C 涙器
        333
      • 1) 急性涙嚢炎
        333
      • 2) 慢性涙嚢炎
        333
      • 3) 涙小管炎
        333
      • D 結膜
        333
      • 1) 細菌性結膜炎
        334
      • 2) ウイルス性結膜炎
        334
      • 3) クラミジア結膜炎
        334
      • E 角膜
        335
      • 1) 細菌性角膜炎
        335
      • 2) ウイルス性角膜炎
        335
      • 3) 角膜真菌症
        335
      • 4) アカントアメーバ角膜炎
        336
      • F 強膜
        337
      • G 網脈絡膜(ぶどう膜)
        338
      • 1) 結核性網脈絡膜炎
        338
      • 2) 梅毒性網脈絡膜炎
        338
      • 3) 急性網膜壊死
        338
      • 4) サイトメガロウイルス(CMV)網膜炎
        338
      • 5) 眼トキソプラズマ症
        338
      • 6) 眼イヌ回虫症
        338
      • H 眼内炎
        339
      • 1) 外因性細菌性眼内炎
        339
      • 2) 内因性細菌性眼内炎
        339
      • 3) 外因性真菌性眼内炎
        339
      • 4) 内因性真菌性眼内炎
        339
    • 13 皮膚感染症
      渡辺晋一
      341
      • A ウイルス感染症
        341
      • 1) 単純庖疹(単純ヘルペス)
        341
      • 2) 帯状庖疹
        342
      • 3) ヒト乳頭腫ウイルス感染症(ウイルス性疣贅)
        342
      • 4) 伝染性軟属腫
        343
      • B 細菌感染症
        343
      • 1) 節,節腫症,癰
        343
      • 2) 伝染性膿痂疹
        344
      • 3) ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群
        345
      • 4) 蜂窩織炎(蜂巣炎)
        345
      • 5) 丹毒
        345
      • 6) 壊死性筋膜炎
        345
      • C 真菌感染症
        346
      • 1) 検査法
        346
      • 2) 白癬
        346
      • 3) 皮膚カンジダ症
        347
      • 4) 癜風
        348
      • 5) 深在性真菌症
        348
    • 14 筋肉感染症,リンパ節感染症,骨感染症,関節感染症
      鳥巣岳彦
      349
      • A 筋肉感染症
        349
      • 1) 腸腰筋膿瘍
        349
      • 2) ガス壊疽
        349
      • 3) 壊死性筋膜炎
        350
      • B リンパ節感染症
        350
      • C 骨感染症
        351
      • 1) 急性血行性化膿性骨髄炎
        352
      • D 関節感染症
        353
      • 1) 化膿性関節炎
        353
      • 2) 結核性関節炎
        354
      • 3) スピロヘータによる関節炎
        354
      • 4) ウイルス性関節炎
        354
      • 5) 人工関節手術後の感染
        355
  • 付表
    江崎孝行
    357
    • 索引
      369