小児科学

文光堂/2000.3

当館請求記号:SC411-G159


目次


目次

  • 1. 小児科学序論
    鴨下重彦
    • 子どもとは何か
      2
    • 子どもを大切にする根拠
      2
    • 小児科学とは何か
      2
      • 1. 小児科学の基礎
        3
      • 2. 小児科の専門分化
        3
      • 3. 小児科学の目標と研究方法
        4
    • 小児医療の歴史と変遷
      5
      • 1. 近代以前
        5
      • 2. 明治以後の小児科
        5
      • 3. 小児総合医療施説
        6
    • 小児人口・死亡・死因
      6
    • 小児科医の務め
      7
      • 1. ケアのレベル
        8
      • 2, 慢性疾患のケア
        9
      • 3. 障害児のケア
        9
      • 4. 小児医療とプライマリ・ケア
        10
      • 5, 学校保健
        11
    • 小児科学の教育と臨床研修
      11
      • 1. 卒前教育
        11
      • 2, 卒後臨床研修
        11
    • ライフサイクルと成育医療
      12
      • 1. 小児科医と内科医
        12
      • 2. 成育医療
        12
    • 小児医学・医療の倫理
      13
    • 小児医学と国際協力
      13
  • 2. 成長
    村田光範
    • 成長・発達・発育
      16
    • 発育の一般的原則
      16
    • 発育期の区分とその特徴
      17
    • 成長の評価方法
      20
      • 1. 身体計測値による評価
        20
      • 2. 成長曲線のパターンによる評価
        24
      • 3, 暦年齢と生物学的年齢の比較
        28
    • 体位の向上と思春期発来年齢の若年化について
      31
  • 3. 脳の発達,発達心理
    前川喜平
    • 脳神経系の発達
      36
      • I. 肉眼的発達
        36
      • II. 神経突起の発達;髄鞘化とシナプス形成
        36
      • III.脳の可塑性と敏感期
        36
    • 脳波の発達
      37
    • 脳神経機能の発達
      38
      • I. 反射
        38
      • II. 運動機能
        42
      • III. 感覚機能
        42
      • IV. 排便および排尿
        42
      • V. 睡眠
        43
    • 乳幼児の行動発達
      43
    • 発達心理学
      46
      • I. 心理的発達
        46
      • II. 情緒の発達
        50
      • III. 心理社会的発達
        50
    • 発達診断・知能テスト
      51
      • I. 発達検査
        51
      • II. 知能検査(テスト)
        53
      • III. IQの意味
        53
      • IV. 発達の評価
        54
      • V. 発達診断の誤因
        54
  • 4. 発達生理
    矢田純一
    • 体組成
      58
    • 臓器の発育
      58
    • 体温調節機能
      59
    • エネルギー代謝
      61
  • 5. 病因論
    矢田純一
    • 病因から発症へ
      64
    • 小児における特徴
      65
    • 病因と発症との関係
      65
    • 個体側要因
      65
    • 内因と外因との関係
      67
    • 病像と病因との関係
      67
    • 精神・社会環境と疾患
      68
    • 成長発達と疾患と病因
      68
    • 年齢と疾患の種類
      68
    • 疾患の季節性
      69
  • 6. 小児の診察法
    藪田敬次郎
    • 小児の病歴のとりかた
      72
      • 1. 主訴
        72
      • 2. 現病歴
        72
      • 3. 前病歴
        72
      • 4. 過去の疾患,既往歴
        73
      • 5. 家族歴
        74
      • 6. 面接技法
        75
    • 身体診察
      76
      • 1. 計測および測定
        76
      • 2. 身体診察
        76
  • 7. 治療総論
    藪田敬次郎
    • 概説
      84
    • 小児の薬物療法
      84
      • A. 小児の薬物療法の特殊性
        84
      • B. 小児の薬用量
        85
      • C. 新生児・未熟児の薬用量
        85
      • D. 処方の実際上の注意
        86
    • 病児の食事
      88
    • 輸液療法
      92
    • 小児患者診療の心理面
      97
    • 小児科診療手技
      98
  • 8. 水,電解質,酸塩基平衡
    藪田敬次郎
    • 小児の水分代謝とその異常
      100
      • I. 小児の体液区分の特徴
        100
      • II. 小児の水分代謝回転(摂取,吸収,排泄)とその調節
        100
    • 小児の電解質代謝とその異常
      103
      • ナトリウム(Na)
        103
      • I. 小児のNa代謝とその調節
        103
      • II. Na代謝異常
        104
      • カリウム(K)
        107
      • I. K代謝とその調節
        107
      • II. K代謝異常
        107
      • クロール(Cl)
        109
      • I. Cl代謝とその調節
        109
      • II. Cl代謝異常
        109
    • 小児の酸塩基平衡とその異常
      110
      • I. 酸塩基平衡の調節
        110
    • 小児の脱水症
      118
      • I. 脱水症の定義
        118
      • II. 脱水症の原因と疾患
        118
      • III. 脱水症の発生病理
        118
      • IV. 脱水症の臨床症状
        119
      • V. 脱水症の検査所見
        119
      • VI. 脱水症の程度の判定
        120
  • 9. 新生児
    小川雄之亮
    • 定義
      122
    • 分類
      122
    • 新生児死亡
      124
    • 胎児の生理
      124
      • 1. 循環系
        124
      • 2. 呼吸系
        125
      • 3. 血液
        125
      • 4. 消化器系
        126
      • 5. 泌尿器系
        126
      • 6. 運動機能
        126
    • 新生児の生理的特徴と適応生理
      126
      • 1. 呼吸適応
        126
      • 2. 循環適応
        128
      • 3. 代謝適応
        129
      • 4. 消化,吸収
        129
      • 5. 内分泌
        129
      • 6. 免疫
        130
      • 7, 血液
        130
      • 8. 反射と神経系
        131
    • 新生児の診察
      131
      • 1. 一般状態の観察
        131
      • 2. 身体計測
        131
      • 3. 外表奇形のチェック
        131
      • 4. 系統的診察
        132
      • 5. 神経学的診察
        133
    • 新生児の症候学
      134
      • 1. 呼吸障害
        134
      • 2. 体温異常
        136
      • 3. 嘔吐
        136
      • 4. 痙攣
        137
    • 新生児の養護
      137
      • 1. 出生直後の養護
        137
      • 2. 日常の養護
        138
    • ハイリスク新生児
      138
    • 新生児疾患
      139
    • 母体要因による疾患
      139
      • 1. 子宮内の圧迫による変形
        139
      • 2. 胎児感染
        139
      • 3. 感染以外の母体の異常
        139
      • 4. 胎児水腫
        140
      • 5. 巨大児(高出生体重児)
        140
      • 6. 子宮内発育遅延
        140
      • 7. 胎盤機能不全症候群
        141
    • 新生児仮死
      141
    • 分娩損傷
      142
      • 1. 軟部組織の損傷
        142
      • 2. 分娩麻痺
        142
      • 3. 骨折
        143
    • 呼吸器疾患
      143
      • 1. 呼吸窮迫症候群
        143
      • 2. 新生児一過性多呼吸
        146
      • 3. 胎便吸引症候群
        146
      • 4. 気胸および気縦隔
        148
      • 5. 肺出血
        148
      • 6. 慢性肺疾患
        149
      • 7. 先天性横隔膜ヘルニア
        151
      • 8. 先天性横隔膜弛緩症
        151
    • 循環障害
      151
      • 1. 動脈管開存症
        151
      • 2. 新生児持続性肺高血圧症
        152
      • 3.一過性心筋虚血
        152
    • 感染
      152
      • 1. 新生児肺炎
        152
      • 2. 新生児敗血症
        153
      • 3. 新生児髄膜炎
        153
      • 4. 新生児剥脱性皮膚炎
        154
      • 5. 新生児眼炎
        154
      • 6. 新生児流行性下痢症
        154
    • 黄疸
      154
      • 1. 新生児の生理的黄疸
        154
      • 2. 間接型高ビリルビン血症
        155
      • 3. 新生児溶血性疾患
        156
      • 4. 核黄疸
        157
      • 5. 母乳性黄疸
        157
      • 6. 直接型高ビリルビン血症
        158
    • 血液疾患
      158
      • 1. 新生児出血性疾患
        158
      • 2. 失血性貧血
        159
      • 3. 多血症
        159
    • 中枢神経系の疾患
      159
      • 1. 頭蓋内出血
        159
      • 2. 低酸素性虚血性脳症
        160
    • 代謝性疾患
      161
      • 1. 新生児低血糖症
        161
      • 2. 低カルシウム血症
        161
    • 消化器疾患
      162
      • 1. 先天性食道閉鎖
        162
      • 2. 新生児胃穿孔
        162
      • 3. 先天性腸閉鎖
        163
      • 4. 腸回転異常
        163
      • 5. Hirschsprung病
        163
      • 6. 鎖肛
        163
    • そのほかの疾患
      164
      • 1. 新生児一過性熱
        164
      • 2. 寒冷障害
        164
    • 新生児医療態勢
      164
    • 新生児集中強化医療施設NICU
      164
    • 母子センター
      164
    • 地域化
      164
  • 10. 低出生体重児(未熟児)
    小川雄之亮
    • 定義および頻度
      168
    • 低出生体重児の原因と死亡
      168
    • 低出生体重児の生理
      169
    • 成熟度の評価
      172
    • 低出生体重児の保育
      172
    • 低出生体重児に特有の疾患
      173
      • 1. 新生児壊死性腸炎
        174
      • 2. 未熟児網膜症
        174
      • 3. 脳質周囲白質軟化症
        175
    • 低出生体重児の成長・発達
      175
    • 低出生体重児の長期予後
      176
  • 11. 遺伝および遣伝相談
    日暮真
    • 遺伝性疾患総論
      180
    • 家系図の書き方
      180
    • 単一遺伝子病
      180
      • I. 常染色体優性遺伝病
        180
      • II. 常染色体劣性遺伝病
        182
      • III. X連鎖優性遺伝病
        182
      • IV. X連鎖劣性遺伝病
        183
      • V. Y連鎖遺伝形質
        183
      • VI. 遺伝形式を乱す要因
        183
    • 染色体
      184
      • I. ヒトの正常染色体
        184
      • II. 染色体分析法
        185
      • III. 性染色質
        186
      • IV. Lyonの仮説
        186
      • V. 核型記載法
        186
      • VI. 染色体異常の種類
        187
    • 染色体異常
      187
      • I. 染色体異常の発生要因
        187
      • II. 皮膚紋理学
        188
      • III. 常染色体異常
        188
      • IV. 性染色体異常
        190
    • 多因子遺伝
      191
    • 遺伝相談
      191
      • 1. 遺伝相談のガイドライン
        191
      • 2. 遺伝相談で取扱う事項
        191
      • 3. 保因者診断
        192
      • 4. 出生前診断
        192
  • 12. 先天奇形
    塚原正人
    • 先天奇形
      194
      • I. 定義
        194
      • II. 頻度
        194
      • III. 原因
        194
      • IV. 形態発生の異常による分類
        194
      • V. 臨界期
        198
      • VI. 先天奇形の診断
        199
    • 各論
      201
      • I. 胎生期の異常による疾患
        201
      • II. 奇形症候群
        203
  • 13. 先天代謝異常
    青木菊麿
    • 総論
      208
    • 遺伝子の発現,遺伝形式
      208
    • 臨床症状
      209
    • 先天代謝異常の診断・検査
      210
    • 先天性代謝異常症の治療
      211
    • 先天性代謝異常症の予防ー新生児マス・スクリーニングー
      212
    • 各論
      213
      • I. アミノ酸代謝異常症
        213
      • 1. フェニールケトン尿症(PKU)
        213
      • 2. チロシン血症
        215
      • 3. アルカプトン尿症
        216
      • 4. 先天性白皮症
        216
      • 5. メープルシロップ尿症(楓糖尿症)
        216
      • 6. ホモシスチン尿症
        217
      • 7. ヒスチジン血症
        218
      • 8. 尿素サイクル異常症,高アンモニア血症
        218
      • 9. そのほかの先天性代謝異常症による高アンモニア血症
        219
      • 10. 有機酸代謝異常
        220
      • II. 糖質代謝異常症
        220
      • 1. ガラクトース血症
        220
      • 2. 果糖不耐症
        221
      • 3. 乳糖分解酵素欠損症
        221
      • 4. 糖原病
        222
      • III. 金属(銅)代謝異常症
        224
      • 1. Wilson病
        224
      • 2. Menkes病
        224
      • IV. 脂質蓄積症,リピドーシス
        224
      • 1. GM2ガングリオシドーシス(TayーSachs病,Sandhoff病)
        225
      • 2. Gaucher病
        225
      • 3. NiemannーPick病
        226
      • 4. 異染性ロイコジストロフィー
        226
      • V. ムコ多糖体代謝異常症,ムコ多糖症
        226
      • VI. コラーゲン代謝異常症(結合組織代謝異常症)
        227
      • VII, 核酸代謝異常
        228
      • VIII. ミトコンドリア病
        229
      • IX. 血漿リポ蛋白代謝異常症
        229
      • X. ペルオキシゾーム病
        230
      • XI. ピタミソ依存症
        231
      • XII. 先天性ビリルビン代謝異常
        231
      • XIII. ポルフィリン症
        232
  • 14. 健康小児の栄養,栄養の不足・過剰
    小池通夫
    • 健康小児の栄養
      234
    • 必要量と所要量
      234
      • 1. エネルギー所要量
        234
      • 2. 乳児のエネルギー所要量
        234
    • ビタミン所要量,欠乏症と過剰症
      248
      • ビタミンA
        249
      • ビタミンBl
        250
      • ビタミンB2複合体
        251
      • ビタミンC,アスコルビン酸
        253
      • ビタミンD
        254
      • ビタミンE
        255
      • ビタミンK
        256
      • その他
        257
    • 母乳,牛乳と育児用乳製品
      258
      • I. 母乳,人乳
        258
      • II. 市販の牛乳
        260
      • III. 育児用乳製品
        260
      • IV. 治療用乳(特殊用途乳)
        264
    • 母乳栄養
      265
      • I. 母乳栄養の動向
        265
      • II. 母乳の分泌
        265
      • III. 母乳栄養の実際
        266
      • IV, 授乳障害
        267
      • V. 授乳禁忌
        267
      • VI. 授乳婦の衛生,生活
        268
    • 人工栄養
      268
      • I. 牛乳を用いる人工栄養の栄養学的基準
        268
      • II. 調整粉乳を用いる人工栄養の基準
        268
      • III. 人工栄養の実際
        269
      • IV. 母乳栄養と人工栄養の差異(母乳栄養の利点)
        269
    • 離乳
      270
      • I. 離乳の実際
        270
      • II. 離乳食
        272
    • 幼児の栄養
      272
      • I. 幼児栄養の特質
        272
      • II. 間食(おやつ)
        273
    • 学童の栄養
      273
    • 栄養の不足と過剰
      274
    • 栄養の評価・診断
      274
    • 栄養失調症
      276
      • A. 栄養失調の原因
        277
      • B. Proteinーenergy malnutrition(PEM)
        277
      • C. 症状
        277
      • D. 生化学的変化
        278
      • E. 治療
        278
    • 肥満
      279
      • A. 肥満の分類
        279
      • B. 単純性肥満
        279
  • 15. 代謝性疾患
    松浦信夫
    • 概説
      284
    • 糖質代謝異常
      284
    • 糖質代謝と代謝異常
      284
      • I. 代謝
        284
      • 1. 糖質代謝に及ぼすホルモンとその作用
        284
      • 2. 糖質代謝を調節する酵素活性の変化
        284
      • 3. 基質の供給
        285
      • II. 疾患
        285
      • A. 糖尿病
        285
      • B. 低血糖
        291
      • C. アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症)
        294
    • カルシウム,リンの代謝異常
      295
      • I. カルシウム,リンの調節機構
        295
      • II. カルシウム,リン代謝異常
        296
      • A. 低カルシウム血症
        296
      • 1. 新生児低カルシウム血症(新生児テタニー)
        297
      • 2. 副甲状腺機能低下症
        297
      • 3. ビタミン欠乏性クル病
        297
      • 4. ビタミンD依存症
        297
      • 5. 低リン血清VD抵抗性クル病
        298
      • 6. Fanconi症候群
        299
      • 7. Lowe(眼脳腎)症候群
        299
      • 8. 尿細管性アシドーシス(RTA)
        300
      • 9. 腎性骨異栄養症
        301
      • 10. 肝性クル病
        301
      • B. 高カルシウム血症
        301
      • 1. 副甲状腺機能亢進症
        301
      • 2. PTH産生腫瘍
        301
      • 3. VD中毒症
        301
      • 4. 特発性乳児高カルシウム血症
        301
      • 5. その他
        301
      • 6. 特発性高カルシウム尿症
        301
      • C. 低リン血症,高リン血症
        301
      • D. 低ホスファターゼ血症
        301
  • 16. 成長の障害と内分泌疾患
    村田光範
    • 成長の障害
      304
    • 概論
      304
      • 1. 成長に影響する因子
        304
      • 2. 成長障害をきたす因子からみた成長障害の特徴
        304
    • 臨床
      305
      • 成長障害の分類
        305
      • A. 身長の異常
        305
      • 1. 巨人症
        305
      • 2. 小人症
        306
      • B. 体重の異常
        307
      • C. 性発育の異常
        311
    • 内分泌疾患
      313
    • 概説
      313
    • 内分泌機能の発達生理
      317
    • 間脳・下垂体系
      319
      • 解剖と生理
        319
      • 視床下部の疾患
        319
      • 1) 間脳るいそう症候群
        319
      • 2) 脳性巨人症
        320
      • 3) PraderーWilli症候群
        320
      • 4) LaurenceーMoonーBiedl症候群
        320
      • 5) Kallmann症候群
        320
      • 6) Frohlich症候群
        320
      • 下垂体前葉疾息
        320
      • 1. 下垂体前葉機能低下症
        321
      • a. 下垂体性小人症
        321
      • b. 特発性下垂体性小人症
        322
      • c. 器質性(症候性)下垂体性小人症
        323
      • 2. 下垂体性性腺機能不全症
        324
      • 3. 下垂体後葉機能低下症
        324
      • 4. 真性尿崩症
        324
      • 5. 腎性尿崩症
        324
      • 6. 下垂体前葉機能亢進症
        326
      • 7. 下垂体性巨人症
        326
      • 8. Cusing病
        326
      • 9. 真性性早熟症
        326
      • 10. 下垂体後葉機能亢進症
        327
      • 11. その他の疾患
        327
    • 甲状腺
      327
      • 発生と解剖
        327
      • 甲状腺疾患
        328
      • 1. 甲状腺機能低下症
        329
      • 2. 先天性甲状腺機能低下症
        331
      • 3. 後天性甲状腺機能低下症
        332
      • 4. 甲状腺機能亢進症
        333
      • a. 慢性中毒性甲状腺腫
        333
      • b. 新生児の甲状腺機能亢進症
        333
      • c. その他
        334
      • 5. 甲状腺炎
        334
      • a. 慢性リンパ球性甲状腺炎
        334
      • b, 亜急性甲状腺炎
        334
      • c. 急性甲状腺炎
        335
      • 6. 甲状腺腫
        335
      • 7. その他の甲状腺疾患
        335
    • 副甲状腺
      335
      • 解剖と生理
        335
      • 副甲状腺疾患
        335
      • 1. 副甲状腺機能亢進症
        335
      • 2. 副甲状腺機能低下症
        335
      • a. 原発性副甲状腺機能低下症
        335
      • b. 特発性副甲状腺機能低下症
        335
      • c. 新生児一過性副甲状腺機能低下症
        336
      • d. DiGeorge症候群
        336
      • e. 偽性副甲状腺機能低下症
        336
    • 副腎皮質
      337
      • 解剖と生理
        337
      • 副腎皮質疾患
        337
      • 1. 先天性副腎皮質過形成症
        337
      • 先天性副腎低形成
        340
      • 家族性糖質ステロイド欠損症
        340
      • 仮性低aldosterone症
        340
      • 2. 急性副腎不全
        341
      • 3. Cushing症候群
        341
      • 4. Addison病
        343
      • 5. Conn症候群
        343
      • 6. 二次性aldosterone症
        344
      • 7. Bartter症候群
        344
      • 男性化副腎腫瘍
        345
    • 副腎髄質疾患
      345
    • 性腺
      346
      • 1. 半陰陽
        346
      • 2. 性早熟症
        347
      • 3. 性腺機能低下症(性発育遅延)
        348
  • 17. 生体防衛および免疫不全疾患
    矢田純一
    • 生体防衛機構
      352
      • 免疫現象に関与する因子とその役割
        352
      • 感染防御機構
        353
    • 免疫系の発達
      354
    • 防衛不全
      356
      • 貧食細胞の欠陥
        356
      • 補体の欠損
        357
      • リンパ球(特異免疫)の欠陥
        357
      • 二次免疫不全
        362
  • 18. アレルギー性疾患
    矢田純一
    • 総論
      364
      • アレルギーの定義
        364
      • アレルギーの発生機構
        364
      • アレルギー症状の発現に影響する因子
        366
      • アレルギー性疾患の診断
        367
      • アレルギー疾患の治療
        367
    • 各論
      368
      • 気管支喘息
        368
      • 薬剤アレルギー
        368
      • 食物アレルギー
        372
      • 胃腸管アレルギー
        372
      • 蕁麻疹
        372
      • アレルギー性鼻炎
        373
      • 血清病
        373
  • 19. 膠原病および類縁疾患
    横田俊平
    • 膠原病の概念
      376
      • I. 若年性関節リウマチ
        376
      • II. 全身性エリテマトーデス
        379
      • III. 混合性結合組織病
        382
      • IV. 抗リン脂質抗体症候群
        384
      • V. 強皮症
        385
      • VI. 皮膚筋炎,多発筋炎
        387
      • VII. Sjogren症候群
        388
      • VIII. Behcet症候群
        390
      • IX. 血管炎症候群
        391
      • 1. 高安病(大動脈炎症候群)
        392
      • 2. 結節性多発動脈炎
        393
      • 3. 顕微鏡的結節性多発動脈炎
        395
      • 4. 川崎病
        395
      • 5. HenochーSchonlein紫斑病
        395
      • 6. アレルギー性肉芽腫性血管炎(ChurgーStraus症候群)
        395
      • 7. Wegener肉芽腫症
        396
      • X. リウマチ熱
        397
  • 20. 生物学的原因疾患総論
    布上董
    • I. 感染の概念
      400
      • 1. 病原
        400
      • 2. 感染と発症
        400
      • 3. 感染経路
        402
      • 4. 感染と免疫・アレルギー
        402
    • II. 宿主側の要因
      402
      • 1. 日和見感染
        402
      • 2. ウイルスキャリア
        403
      • 3. 市中感染
        403
      • 4. 二次感染と複数菌感染
        403
      • 5. 菌交代現象
        403
    • III. 垂直感染と水平感染
      403
      • 1. 子宮内感染,産道感染
        403
      • 2. 子宮内感染
        403
      • 3. 産道感染
        404
      • 4. 母乳感染
        404
    • IV. 全身感染症
      404
    • V. 輸入感染症
      404
    • VI. 性(行為)感染症(STD)
      404
    • VII. 人畜共通感染症
      405
    • VIII. 院内感染
      405
    • IX. 感染症の診断
      405
      • 1. 病原検索
        405
      • 2. 抗体
        405
      • 3. 皮内反応
        405
      • 4. 非特異反応
        405
    • X. 感染症対策
      406
  • 21. ウイルス感染症
    布上董
    • 1. インフルエンザ
      408
    • 2. アデノウイルス感染症
      408
    • 3. RSウイルス感染症
      409
    • 4. パラインフルエンザウイルス感染症
      410
    • 5. ライノウイルス,コロナウイルス感染症
      410
    • 6. 流行性耳下腺炎,おたふくかぜ,ムンプス
      410
    • 7. 麻疹
      411
    • 8. 風疹
      413
    • 9. 伝染性紅斑,第5病
      414
    • 10. 突発性発疹
      414
    • 11. エンテロウイルス感染症
      415
    • 12. ウイルス性下痢症
      416
    • 13. 単純ヘルペスウイルス感染症
      417
    • 14. 水痘・帯状庖疹
      418
    • 15. EBウイルス感染症
      419
    • 16. サイトメガロウイルス感染症
      420
    • 17. 肝炎
      420
    • 18. 日本脳炎
      421
    • 19. ウイルス性出血熱
      421
    • 20. ヒト乳頭腫ウイルス感染症
      422
    • 21. 伝染性軟属腫
      423
    • 22. レトロウイルス感染症
      423
    • 23. クラミジア感染症
      424
    • 24. リケッチア感染症
      425
    • 25. マイコプラズマ感染症
      426
  • 22. 細菌・真菌感染症
    砂川慶介
    • 原因菌別
      428
    • グラム陽性球菌による感染症
      428
      • 1. ブドウ球菌感染症
        428
      • 2. 連鎖球菌感染症
        429
      • 3. 肺炎球菌感染症
        430
      • 4. 腸球菌感染症
        430
    • グラム陰性桿菌による感染症
      431
      • 1. 大腸菌感染症
        431
      • 2. インフルエンザ菌感染症
        431
      • 3. クレブシエラ感染症
        431
      • 4. 緑膿菌感染症
        431
      • 5. ブドウ糖非発酵グラム陰性桿菌感染症
        432
      • 6. レジオネラ感染症
        432
      • 7. ヘリコバクター・ピロリ感染症
        432
    • 嫌気性菌による感染症
      432
      • 1. 破傷風
        432
      • 2. ガス壊疽
        433
      • 3. 無芽胞嫌気性菌感染症
        433
      • 4. 放線菌症
        433
    • 真菌感染症
      433
      • 1. アスペルギルス症
        433
      • 2. カンジダ症
        433
      • 3. クリプトコッカス症
        433
      • 4. ムコール症
        433
      • 5. ノカルジア症
        433
      • 6. 白癬
        433
      • 7. 癜風
        434
      • 8. スポロトリコーシス
        434
      • 8. 黒色真菌感染症
        434
    • 疾患別
      434
      • 1. 上気道炎(咽頭炎,扁頭炎)
        434
      • 2. 喉頭炎
        434
      • 3. 気管支炎
        434
      • 4. 肺炎
        435
      • 5. 百日咳
        435
      • 6. 中耳炎
        436
      • 7. 尿路感染症
        436
      • 8. 赤痢
        437
      • 9. 腸チフス
        437
      • 10. サルモネラ症
        437
      • 11. 大腸菌性胃腸炎
        438
      • 12. カンピロバクター腸炎
        438
      • 13. コレラ
        439
      • 14. 化膿性髄膜炎
        439
      • 髄膜炎菌髄膜炎
        439
      • リステリア髄膜炎
        440
      • 15. 敗血症
        440
      • 16. ジフテリア
        440
      • 17. 結核
        441
      • 18. Hansen病〈らい〉
        442
      • 19. 先天梅毒
        442
      • 20. その他のスピロヘータ感染症
        443
      • a) レプトスピラ病(Weil病)
        443
      • b) 鼠咬症
        443
      • c) ライム病
        443
      • 21. 日和見感染
        443
    • 新生児細菌感染症
      444
    • 抗菌薬の使いかた
      445
  • 23. 原虫・寄生虫・節足動物による疾患
    藤田紘一郎
    • 原虫疾患
      450
      • 1. 赤痢アメーバ症
        450
      • 2. ランブル鞭毛虫症
        450
      • 3. トキソプラズマ症
        450
      • 4. ニューモシスチス肺炎
        450
      • 5. クリプトスポリジウム症
        451
      • 6. マラリア
        452
    • 寄生蠕虫疾患
      452
      • 1. 蟯虫症
        452
      • 2. 鞭虫症
        452
      • 3. 回虫症
        453
      • 4. 鉤虫症
        453
      • 5. イヌ回虫幼虫移行症
        453
      • 6. アニサキス症
        454
      • 7. 広東住血線虫症
        454
      • 8. 糞線虫症
        455
      • 9. 肝吸虫症・横川吸虫症
        455
      • 10. 肺吸虫症
        455
      • 11. 条虫症
        455
    • 節足動物による疾患
      456
      • 1. ダニ症
        456
      • 2. 昆虫アレルギー
        456
  • 24. 川崎病
    保崎純郎
    • 概念
      458
    • 病因
      458
    • 疫学
      458
    • 症状
      458
    • 検査所見
      459
    • 合併症
      460
    • 診断
      460
    • 鑑別診断
      460
    • 治療
      460
    • 予後
      461
  • 25. 消化器疾患
    小林昭夫
    • 消化器の発達生理
      464
    • 消化器症候論
      468
      • 1. 腹痛
        468
      • 2. 嘔吐
        470
      • 3. 吐血
        470
      • 4. 下痢
        470
      • 5. 下血
        473
      • 6. 便秘
        474
      • 7. 腹部膨満
        475
      • 8. 腹水
        475
    • 口腔疾患
      475
      • 1.鵞口瘡(口腔モリニア症)
        475
      • 2. アフタ性口内炎
        476
      • 3. 急性ヘルペス性ロ内炎
        476
      • 4. 口唇の疾患
        476
      • 5. 舌の疾患
        477
      • 6. 唾液腺の疾患
        477
    • 食道疾患
      478
      • 1. 先天性食道閉鎖症
        478
      • 2. 先天性食道狭窄症
        478
      • 3. 胃食道逆流症
        478
      • 4. アカラシア(噴門痙攣症)
        480
      • 5. 横隔膜ヘルニア
        480
      • 6. 食道炎
        481
    • 消化管疾患
      481
      • 1. 肥厚性幽門狭窄症
        481
      • 2. 先天性腸管閉鎖症,狭窄症
        483
      • 3. 腸回転異常
        484
      • 4. Meckel憩室
        484
      • 5. Hirschsprung病(先天性無神経節性巨大結腸症)
        486
      • 6. 鎖肛
        487
      • 7. 消化管穿孔
        488
      • 8. 上腸間膜動脈症候群
        489
      • 9. 腸重積症
        489
      • 10. 鼠径ヘルニア
        490
      • 11. 臍ヘルニア
        491
      • 12. 消化管異物
        491
      • 13. 乳児急性下痢症
        491
      • 14. 急性胃腸炎
        492
      • 15. 消化性潰瘍
        493
      • 16. 吸収不全症候群
        494
      • 17. 糖質吸収不全症候群(糖不耐症)
        494
      • 18. セリアック病(セリアック・スプルー)
        494
      • 19. 嚢胞性線維症
        495
      • 20. Shwachman症候群
        495
      • 21. 蛋白漏出性腸症
        495
      • 22. 腸性肢端皮膚炎
        495
      • 23. 乳児難治性下痢症
        495
      • 24. Crohn病
        496
      • 25. 潰瘍性大腸炎
        497
      • 26. 偽膜性大腸炎
        498
      • 27. 機能性腹痛(機能性消化管疾患)
        498
      • 28. 乳児仙痛
        498
      • 29. 慢性非特異性下痢(トドラーの下痢)
        499
      • 30. 反復性腹痛(反復性臍仙痛)
        499
      • 31. 過敏性腸症候群
        499
      • 32. 急性虫垂炎
        499
      • 33. 結腸および直腸のポリープ
        500
      • 34. 肛門裂傷
        501
      • 35. 肛門周囲膿瘍(肛囲膿瘍)
        501
    • 501
    • 膵外分泌疾患
      501
      • 1. Schwachman症候群
        501
      • 2. 嚢胞性線維症
        501
      • 3. 急性膵炎
        501
      • 4. 慢性膵炎
        502
      • 5. 膵仮性嚢胞
        502
    • 肝胆道系疾患
      502
      • 1. 黄疸
        502
      • 2. 新生児肝炎
        504
      • 3. 胆道閉鎖症
        504
      • 4. 総胆管嚢腫(先天性胆道拡張症)
        505
      • 5. 慢性肝内胆汁うっ滞症
        506
      • 6. 急性肝炎
        506
      • 7. 薬物肝障害
        507
      • 8. 劇症肝炎(急性肝不全)
        508
      • 9. 慢性肝炎
        508
      • 10. 肝硬変(症)
        509
      • 11. 門脈圧亢進症
        509
      • 12. CriglerーNajjar症候群
        510
      • 13. Gilbert症候群
        511
      • 14. DubinーJohnson症候群
        511
      • 15. Rotor症候群
        511
    • 腹膜と関連構造の疾患
      512
      • 1. 腹膜炎
        512
      • 2. 腹水
        512
      • 3. 乳糜性腹水症
        513
  • 26. 呼吸器疾患
    川崎一輝
    • 総論
      516
    • 症状
      516
      • 1. 咳嗽
        516
      • 2. 喘鳴
        516
      • 3. 嗄声
        516
      • 4. 喀痰
        516
      • 5. 血痰,喀血
        516
      • 6. 胸痛
        516
      • 7. 呼吸不全
        517
      • 8. チアノーゼ
        517
      • 9. 太鼓ばち指,ばち状指
        517
    • 呼吸器の成長
      517
    • 小児呼吸器の病態生理学的特徴
      519
    • 身体所見ならびに検査
      519
      • 1. 胸部聴診
        519
      • 2. 胸部打診
        520
      • 3. 胸部単純X線写真
        520
      • 4. 断層写真
        520
      • 5. DR
        520
      • 6. 気管支造影
        520
      • 7. 肺血管造影
        520
      • 8. CT
        520
      • 9. 喉頭,気管支ファイバースコピー
        521
      • 10. 胸腔穿刺
        521
      • 11. 気管支肺胞洗浄
        521
      • 12. 肺生検
        521
      • 13. 肺機能検査
        521
    • 疾患各論
      523
    • 気道疾患
      523
      • 1. 先天性異常
        523
      • a. 後鼻孔閉鎖
        523
      • b. 先天性喘鳴
        523
      • c. 気管・気管支狭窄(軟化症)
        524
      • d. 気管支分岐異常
        524
      • e. 異常交通(瘻)
        525
      • f. 先天性気管支拡張症
        525
      • g. 嚢胞性線維症
        525
      • 2. 感染症
        525
      • a. 上気道炎
        525
      • b. 扁桃炎
        526
      • c. クループ症候群
        526
      • d. 気管支炎
        527
      • e. 細気管支炎
        528
      • 3. 気道異物
        528
      • a. 咽頭異物
        528
      • b. 気管・気管支異物
        529
      • 4. 気管支拡張症
        529
    • 肺実質疾患
      530
      • 1. 先天異常
        530
      • a. 発生異常
        530
      • b. 肺血管異常
        530
      • c. 嚢胞性疾患
        531
      • 2. 肺炎
        532
      • a. 感染性肺炎
        532
      • b. 非感染性肺炎
        536
      • 3. 無気肺
        540
      • 4. 肺気腫
        540
      • 5. 肺水腫
        541
      • 6. 肺塞栓
        541
      • 7. 無呼吸,不規則呼吸
        542
      • a. 中枢性肺胞低換気症候群
        542
      • b. Pickwick症候群
        542
      • c. 睡眠時無呼吸(低換気)症候群
        542
      • d. 過換気症候群
        542
      • 8. その他の肺疾患
        542
      • a. 肺ヘモジデローシス
        542
      • b. 肺胞蛋白症
        543
      • c. 肺胞微石症
        543
      • d. サルコイドーシス
        543
    • 縦隔疾患
      544
      • 1. 縦隔嚢腫瘍
        544
      • 2. 縦隔気腫
        544
      • 3. 縦隔炎
        544
    • 胸膜・胸腔疾患
      544
      • 1. 胸膜腔内液体貯留
        544
      • a. 胸膜炎
        544
      • b. その他の胸腔内液体貯留
        545
      • 2. 気胸
        545
      • 3. 腫瘍
        545
    • 横隔膜,胸壁疾患
      546
      • 1. 横隔膜ヘルニア
        546
      • 2. 横隔膜挙上症
        546
      • 3. 横隔膜弛緩症(神経麻痺)
        546
      • 4. 胸郭変形
        547
      • a. 漏斗胸
        547
      • b. 鳩胸
        547
      • c. 窒息性胸郭ジストロフィー
        547
      • 5. 呼吸器・神経疾患
        547
  • 27. 循環器疾患
    柳沢正義
    • 総論
    • 循環系の発達
      550
      • I. 心臓の発生
        550
      • II. 胎児循環
        550
      • III. 新生児循環
        551
    • 小児心疾患の症候・診断・治療
      552
      • I. 主な症候と病態生理
        552
      • 1. 脈拍の異常
        552
      • 2. 血圧の異常
        553
      • 3. 心音の異常と心雑音
        553
      • 4. チアノーゼと低酸素発作
        555
      • 5. 心不全
        556
      • 6. ショック
        557
      • 7. 失神
        557
      • 8. 胸痛
        557
      • II. 主な検査
        558
      • 1. 胸部X線写真
        558
      • 2. 心電図
        558
      • 3. 心臓超音波検査(心エコー図)
        558
      • 4. 心臓カテーテル・心血管造影検査
        560
      • 5. その他の検査
        562
      • III. 心臓検診
        562
      • IV. 小児心疾患の治療と管理
        563
      • 1. 内科的治療
        563
      • 2. カテーテル治療
        563
      • 3. 手術的治療の決定
        563
      • 4. 管理と指導
        565
    • 疾患各論
    • 先天性心疾患
      565
      • I. 先天性心疾患の概念・疫学・病因
        565
      • 1. 先天性心疾患の概念
        565
      • 2. 疫学
        565
      • 3. 先天性心疾患の発生要因
        565
      • 4. 先天性心疾患の自然歴
        566
      • II. 先天性心疾患各論
        566
      • 1. 心室中隔欠損症
        566
      • 2. 動脈管開存症
        568
      • 3. 心房中隔欠損症
        569
      • 4. 心内膜床欠損症
        570
      • 5. 肺動脈狭窄症
        571
      • 6. Fallot四徴症
        572
      • 7. 完全大血管転位症
        573
      • 8. 三尖弁閉鎖症
        573
      • 9. Ebstein奇形
        574
      • 10. 総肺静脈還流異常症
        574
      • 11. 大動脈狭窄症
        575
      • 12. 大動脈縮窄症
        575
      • 13. 左心低形成症候群
        576
      • 14. 総動脈幹症
        576
      • 15. 単心室
        577
      • 16. 右胸心,左胸心
        577
      • 17. 無脾症候群,多脾症候群
        578
      • 18. Valsalva洞動脈瘤破裂
        578
      • 19. 冠動脈奇形
        578
      • 20. 肺動静脈瘻
        578
      • 21. 原発性肺高血圧症
        579
    • 後天性心疾患
      579
      • 1. リウマチ性心疾患
        579
      • 2. 感染性心内膜炎
        579
      • 3. 心内膜線維弾性症
        580
      • 4. 特発性心筋症
        580
      • 5. 心筋炎
        580
      • 6. 心膜炎
        581
      • 7. 高血圧症
        581
      • 8. 起立性調節障害
        581
    • 不整脈
      582
      • I. 不整脈の診断
        582
      • II. 主な不整脈
        582
      • 1. 期外収縮
        582
      • 2. 発作性頻拍
        583
      • 3. 房室ブロック
        583
      • 4. WPW症候群
        583
      • 5. 洞不全症候群
        583
  • 28. 血液および造血器疾患
    月本一郎
    • 総論
      586
      • 1. 成長期の造血
        586
      • 2. 小児血液疾患の特性
        590
    • 小児の貧血
      591
      • 1. 概説
        591
      • 2. 貧血診断へのアプローチ
        594
      • 3. 低色素性貧血
        595
      • 4. 巨赤芽球性貧血
        597
      • 5. 溶血性貧血
        597
      • 6. 再生不良性貧血
        599
      • 7. 二次性貧血
        600
    • 白血球の異常
      601
      • 1. 白血球の数的変動
        601
      • 2. 顆粒球(好中球)減少症
        602
      • 3. 白血病
        603
    • 止血異常
      606
      • 1. 止血機序
        606
      • 2. 出血傾向診断へのアプローチ
        606
      • 3. 血液凝固異常症
        610
      • a. 先天性遺伝性血液凝固異常症
        610
      • 1) 血友病
        610
      • 2) von Willebrand病
        611
      • b. 後天性血液凝固異常症
        611
      • 1) 新生児出血性疾患
        611
      • 2) 乳児ビタミンK欠乏性出血症
        612
      • 3) 汎発性血管内凝固症候群
        612
      • 4) 溶血性尿毒症症候群
        612
      • 4. 血小板障害
        613
      • a. 血小板減少症
        613
      • 1) 症候性血小板減少性紫斑病
        613
      • 2) 特発性血小板減少性紫斑病
        613
      • b. 血小板増多症
        614
      • 5. 血管障害症
        614
      • 1) 血管性紫斑病
        614
    • リンパ節および網内系疾患
      615
      • 1. リンパ節腫大
        615
      • 2. 急性リンパ節炎
        615
      • 3. 悪性リンパ腫
        616
      • a. Hodgkin病
        616
      • b. 非Hodgkinリンパ腫
        617
      • 4. 組織球増殖性疾患
        617
      • a. Langerhans'cell histiocytosis
        617
      • b. hemophagocytic lymphohistiocytosis
        618
      • c. 亜急性壊死性リンパ節炎
        618
      • d. 悪性細網症
        618
    • 脾腫
      618
      • 1. 門脈圧亢進症,Banti症候群
        619
      • 2. 脾機能亢進症
        619
      • 3. 摘脾の適応
        619
    • 輸血
      620
      • 1. 赤血球輸血
        620
      • 2. 新鮮凍結血漿
        621
      • 3. 血小板輸血
        621
      • 4. 顆粒球輸血
        621
  • 29. 悪性新生物
    沢田淳
    • 総論
      624
    • 疫学
      624
      • 1. 種類と頻度
        624
      • 2. 好発年齢と性差
        624
      • 3. 発生
        626
      • 4. 治療・予後の推移と晩期障害・QOL
        626
      • 5. 症状・所見・診断
        627
    • 各論
      630
      • 1. 腹部に発生する腫瘍
        630
      • a. 神経芽(細胞)腫
        630
      • b. Wilms腫瘍・腎芽腫
        633
      • c. 肝芽腫
        635
      • d. 奇形腫/胚細胞腫
        636
      • 2. 縦隔部
        636
      • 3. 脳腫瘍
        637
      • 4. 網膜芽細胞腫
        637
      • 5. 頸部腫瘍
        637
      • 6. 骨腫瘍
        637
      • a. 骨肉腫
        637
      • b. Ewing肉腫・未分化神経外胚葉性腫瘍
        637
      • 7. 軟部組織腫瘍
        638
      • 8. 良性腫瘍
        638
      • a. 血管腫
        638
      • b. リンパ管腫
        639
      • c. 末梢神経系の良性腫瘍
        639
  • 30. 泌尿器,生殖器疾患
    白髪宏司
    伊藤克己
    • 総論
      642
    • 発達
      642
      • I. 腎機能の発達
        642
      • II. 生殖器の発達
        643
    • 症候と病態
      643
      • I. 異常尿所見
        643
      • II. 浮腫
        45
      • III. 高血圧
        646
      • IV. 尿産生障害
        646
      • V. 排尿障害
        646
      • VI. 夜尿症
        647
    • 診断検査
      647
      • I. 検尿
        647
      • II. 学校集団検尿
        648
      • III. 腎機能検査
        648
      • IV. 画像診断
        651
      • V. 腎生検
        652
    • 治療総論
      652
      • I. 一般療法
        652
      • II. 食事療法
        652
      • III. 薬物療法
        653
      • IV. 腎不全の治療法
        654
    • 疾病各論
      655
    • 原発性糸球体疾患
      655
      • I. 急性糸球体腎炎
        655
      • II. 急性進行性糸球体腎炎
        656
      • III. 慢性糸球体腎炎
        656
      • 1. 増殖性糸球体腎炎
        657
      • 2. IgA腎症
        657
      • 3. 膜性増殖性糸球体腎炎
        657
      • 4. 膜性腎症
        658
      • 5. 巣状分節性糸球体硬化症
        658
      • IV. 微少変化型ネフローゼ症候群
        659
    • 続発性糸球体疾患
      661
      • I. 紫斑病性腎炎
        661
      • II. ループス腎炎
        661
      • III. 溶血性尿毒症症候群
        662
      • IV. HB腎症
        663
      • V. その他の腎症
        663
    • 続発性ネフローゼ症候群
      663
    • 遺伝性腎症
      664
      • I. Alport症候群(進行性遺伝性腎炎)
        664
      • II. 家族性血尿症候群
        664
      • III. その他の腎症
        665
    • 間質性腎炎
      665
    • 感染症
      666
      • I. 腎尿路感染症
        666
      • II. 逆流腎症
        668
      • III. 亀頭包皮炎
        668
      • IV. 陰門腔炎
        668
    • 腎不全
      668
      • I. 急性腎不全
        668
      • II. 慢性腎不全
        670
    • その他
      670
      • I. 起立性蛋白尿
        670
      • II. 遊走腎
        671
      • III. 腎奇形
        671
      • IV. 尿路結石症
        672
      • V. 尿道下裂
        673
      • VI. 包茎
        673
      • VII. 停留睾丸
        673
      • VIII. 睾丸捻転
        673
      • IX. 陰嚢水腫
        673
  • 31. 神経系疾患
    宮尾益知
    • 神経系疾患診断法
      676
      • 1. 病歴の分析
        676
      • 2. 観察の要点
        677
      • 3. 神経学的診察
        677
      • 4. 乳幼児健診における神経疾患のスクリーニング
        679
      • 5. 神経学的検査
        681
      • a. 検体検査
        681
      • (1) 血液検査
        681
      • (2) 尿検査
        681
      • (3) 髄液検査
        681
      • (4) 病理学的検査など
        681
      • b. 生理機能検査
        681
      • (1) 脳波
        681
      • (2) 誘発電位
        684
      • (3) 筋電図
        684
      • (4) 末梢神経伝導速度
        684
      • c. 画像検査
        684
      • (1) 頭部単純X線像
        684
      • (2) CTスキャン
        684
      • (3) MRI
        684
      • (4) 脳血管写
        684
      • d, 心理検査
        684
    • 意識障害
      687
    • 運動障害
      687
      • A. 脳性麻痺
        687
      • B. 進行性神経疾患(変性疾患)
        689
      • 1. 灰白質変性症
        690
      • 2. 白質変性症
        693
      • 3. 基底核変性症
        693
      • 4. 脊髄小脳変性症
        693
      • 5. その他の本態不明の変性疾患
        693
      • C. 運動失調
        694
      • D. 錐体外路系疾患
        694
    • 痙撃性疾患
      695
      • A. 熱性痙撃
        695
      • B. てんかん
        696
    • 頭痛
      699
      • 1. 発症機序
        699
      • 2. 頭痛の発症様式による分類
        699
      • 3. 慢性反復性頭痛
        700
      • 4. 頭痛の奇形
        700
    • 脳・脊髄の奇形
      700
      • 1. 二分頭蓋(脳瘤)
        700
      • 2. 二分脊椎
        700
      • 3. ArnoldーChiari奇形
        700
      • 4. DandyーWalker症候群
        700
      • 5. 脊髄・延髄空洞症
        700
      • 6. 頭蓋形態異常
        700
    • 神経系腫瘍
      701
      • 1. 良性頭蓋内圧亢進症
        701
      • 2. 脳腫瘍
        702
      • 3. 脊髄腫瘍
        703
      • 4. 末梢神経腫瘍
        703
    • 神経系の急性疾患
      703
      • 1. 髄膜炎
        703
      • 2. 急性脳炎
        704
      • 3. 亜急性硬化性全脳炎
        704
      • 4. 脳膿瘍
        704
      • 5. 急性脳症および類縁疾患
        704
      • 6. 脳血管障害
        705
      • 1) 急性小児片麻痺症候群
        705
      • 2) もやもや病
        705
      • 3) 脳内出血
        705
      • 7. 脊髄炎
        705
      • 8. 多発性神経炎
        705
      • 9. 多発性硬化症
        706
      • 10. 頭部外傷
        707
      • 11. 神経皮膚症候群
        708
      • 1) 結節性硬化症(BournevilleーPringle病)
        708
      • 2) SturgeーWeber症候群
        708
      • 3) 神経線維腫症(von Recklinghausen病)
        708
      • 4) 毛細血管拡張性失調症(LouisーBar症候群)
        709
      • 5) von HippelーLindau病
        709
      • 6) 色素失調症(BlochーSulzberger病)
        709
  • 32. 行動小児科学(児童精神医学)
    星加明徳
    • 精神発達遅滞
      712
    • 自閉症
      714
    • 特異的発達障害
      716
    • 注意欠陥/多動性障害
      717
    • 言語障害
      719
    • 摂食障害
      721
      • 1) 神経性食思(欲)不振症
        721
      • 2) 神経性過食症
        724
    • 異食
      725
    • チック
      725
    • 遺尿症
      727
    • 遺糞
      727
    • 夜驚症
      728
    • 指しゃぶり
      729
    • 自慰
      729
    • ヒステリー
      729
    • 過換気症候群
      730
    • 不登校・学校不適応
      730
    • 被虐待児症候群
      732
  • 33. 筋・末梢神経および結合組織疾患
    鈴木義之
    • 臨床診断
      736
      • 1. 理学所見
        736
      • 2. 検査所見
        736
    • 筋疾患(ミオパチー)
      736
      • 1. 進行性筋ジストロフィー
        736
      • 2. 先天性ミオパチー
        737
      • 3. 代謝性ミオパチー
        738
      • 4. 周期性四肢麻痺
        738
      • 5. 筋緊張症候群
        738
      • 6. 炎症性ミオパチー:多発性筋炎・皮膚筋炎
        739
    • 末梢神経疾患
      739
      • 1. 脊髄前角細胞疾患(脊髄性筋萎縮症)
        739
      • 2. 末梢神経疾患(ニューロパチー)
        739
    • 神経筋疾患
      740
      • 1. 重症筋無力症
        740
    • フロッピーインファント
      740
    • 外傷性筋疾患
      741
      • 1. 先天性筋性斜頸
        741
      • 2. 大腿四頭筋拘縮症
        741
    • 結合組織の疾患
      741
      • 1. 結合組織の遺伝性疾患
        741
      • 2. 骨関節疾患
        742
  • 34. 事故
    • 乳児期の事故
      福島裕之
      松尾宣武
      744
      • 乳児突然死症候群
        744
    • 幼児期の事故
      745
      • 1. 外傷
        745
      • 2. 溺水
        746
      • 3. 熱傷
        746
      • 4. 異物誤飲
        747
    • 食中毒
      748
    • 薬物中毒
      749
      • 診断総論
        749
      • 治療総論
        750
    • 環境汚染
      752
    • 物理的原因で生じた障害
      小池通夫
      752
    • 高温障害(熱中症)
      752
      • 1. 熱中症の分類
        752
      • A. 体温の著しい上昇を伴わないもの
        752
      • a. 熱衰弱(夏ばて)
        752
      • b. 日射病・熱痙攣
        753
      • B. 体温の著しい上昇を伴うもの
        753
      • a. 熱疲労・熱射病
        753
    • 低温障害
      753
      • 1. 体温の調節
        754
      • 2. 新生児の底体温
        754
      • 3. 児側の条件
        754
      • 4. その他の低体温
        754
    • 凍傷と凍瘡(しもやけ)
      754
    • 放射線障害
      755
    • 電撃傷
      755
  • 35. 小児の救急医療と小児虐待
    小池通夫
    • 小児の救急医療
      757
      • 1. 対象と体制
        757
      • 2. 対象の分析
        757
      • 3. 小児救急にあたる医師に必要な能力
        757
      • 4. 頻度の高い症状と原因
        758
      • a. 発熱
        758
      • b. 咳噺
        758
      • 5. 小児救急に必要な最低限の治療の知識
        758
      • 6. 最低限必要な手技
        758
      • 7. 専門医,他科医との協力
        758
    • 不明熱(FUO)
      759
    • 被虐待児症候群
      759
  • 36. 皮膚疾患
    佐々木りか子
    • 小児の皮膚の特徴
      761
      • 1. 形態的特殊性
        761
      • 2. 機械的特殊性
        761
    • 新生児の一過性皮膚変化
      762
    • 皮膚疾患の頻度
      763
      • 1. 主な疾患の有病率
        763
      • 2. 新生児,乳幼児の疾患頻度
        764
    • 主要な皮膚疾患
      765
      • I. 湿疹・皮膚炎群
        765
      • A. 脂漏性皮膚炎
        765
      • B. アトピー性皮膚炎
        765
      • C. 干疹
        766
      • II. 感染性疾患
        767
      • A. 伝染性膿痂疹
        767
      • B. ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群
        768
      • C. 乳児寄生菌性紅斑
        768
      • D. 伝染性軟属腫
        768
      • III. 母斑・血管腫
        769
      • A. 扁平母斑
        769
      • B. 色素性母斑
        769
      • C. 血管腫
        769
      • 1. 赤ブドウ酒様血管腫
        769
      • 2. 苺状血管腫
        770
  • 37. 社会小児科学
    日暮真
    衛藤隆
    • 小児保健とその目標
      772
    • 小児の健康と環境要因
      772
      • 1. 物理・化学・生物学的環境条件
        772
      • 2. 文化・社会的環境条件
        772
    • 小児保健統計
      773
      • 1. 出生の動向
        773
      • 2. 死亡の動向
        774
    • 乳幼児期の保健活動とその実際
      777
      • 1. 母子保健行政と小児保健
        777
      • 2. 小児保健事業
        777
      • 3. 新生児マス・スクリーニング・神経芽細胞腫マス・スクリーニング
        781
      • 4. 乳幼児健康診査・保健指導
        783
    • 学校保健
      786
      • 1. 学校保健
        786
      • 2. 学校保健管理の実際
        787
      • 3. 学校伝染病
        790
      • 4. 学校保健で問題となる他の疾病
        791
      • 5. 学校環境衛生
        791
    • 疾病・傷害の予防
      793
      • 1. 予防医学の概念
        793
      • 2. 心身障害の予防
        794
      • 3. 感染症の予防
        794
      • 4. 生活習慣病とその予防
        796
      • 5. 事故,中毒とその予防
        796
    • 児童福祉
      797
  • 38. 健康小児の育成,予防小児科学
    青木継稔
    • 乳幼児の保健・生活指導
      802
      • 1. 具体的な生活指導
        802
      • 2. 生活習慣の自立
        805
    • 予防小児科学
      805
      • I. 感染症の予防
        805
      • 1. 予防接種
        805
      • 2. 患者の隔離と学校伝染病
        811
      • 3. 感染症サーベイランス事業
        811
      • II. 学校におけるそのほかの検診と健康教育
        812
      • III. 新生児・乳児を対象にしたマス・スクリーニング
        813
    • 事故と事故防止
      815
    • 精神衛生
      821
      • 1. 家庭環境の影響
        821
      • 2. 家庭外環境の影響
        823
      • 3. 学童期・思春期の精神衛生
        823
      • 4. 異常行動の予防
        823
    • 歯科衛生
      824
  • 39. 乳幼児の健康診査
    青木継稔
    • 乳幼児健康診査の意義
      827
    • 健康サーベイランスと健康診査
      827
    • 乳幼児健康診査システムとプログラム
      828
      • 1. 実施方法と実施主体
        828
      • 2. 健康診査の適期と回数
        828
      • 3. 乳幼児健康診査の主な内容と項目
        829
      • 4. 健康診査の評価とフィードバック
        829
    • 健康診断後の事後措置およびリスク児の追跡的支援
      830
      • 1. 事後措置
        830
      • 2. リスク時の追跡的支援
        830
    • リスク児(要注意児童)
      831
    • 健康診査とスクリーニング
      832
      • 1. スクリーニングとは
        832
      • 2. 多相スクリーニング
        833
      • 3. 乳幼児のスクリーニング対象重要疾患
        833
      • 4. スクリーニングの有用性と評価
        833
    • 経過観察健診と精密検査
      834
    • 乳幼児の定期健康診査
      835
      • 1. 乳幼児健康診査の目的
        835
      • 2. 定期健康診査の内容
        835
    • (付) 乳幼児の健康診査および保健指導に関する実施要領
      847
  • 40. 小児科学を学ぶ人のために
    月本一郎
    • 症例についての学び方
      853
      • 症例呈示のやり方
        853
      • 問題志向の診療記録システム
        853
    • 小児科学の参考書
      858
      • 一般的な小児科書
        858
      • 専門書
        858
      • 参考文献のさがし方
        859
    • 小児科学の教育方法および教科書について
      859
      • 小児科学の教育方法
        859
      • 小児科学の教科書
        860
      • 患者の主訴と病名
        860
  • 41. 薬用量
    沢文博
    • 薬用量表
      864
  • 42. 正常数値等
    • 1. 血液化学
      877
    • 2. 血液の物理的性質
      880
    • 3. 肝機能正常値
      881
    • 4. 内分泌機能
      881
    • 5. 腎機能
      881
    • 6. 健康小児の髄液
      883
    • 7. 臓器の重量
      883
    • 8. 身長別体重
      883
    • 9. 身長体重指数
      884
    • 10. KaupーDavenport指数
      885
    • 11. 体表面積計算図表
      887
    • 12. 体格・体型判定票
      888
  • 43. カラー図譜
    • A. 症例写真
      892
    • B. 血液像・骨髄像
      896
    • 索引
      899