整形外科・病理悪性骨腫瘍取扱い規約

金原出版/2000.7

当館請求記号:SC461-G208


目次


目次

  • I. 骨腫瘍の分類
    2
  • II. 骨腫瘍の頻度
    6
  • III. 骨腫瘍の診断
    • 1 画像診断
      12
      • A 良性・悪性の鑑別
        12
      • B 腫瘍の病巣範囲決定
        15
      • C 遠隔転移の決定
        17
      • D 診断の注意点
        17
    • 2 画像診断各論
      18
      • A 単純X線診断
        18
      • 1) 骨嚢腫
        18
      • 2) 非骨化性線維腫,線維性皮質欠損
        19
      • 3) 線維性骨異形成
        20
      • 4) 類骨骨腫
        21
      • 5) 骨軟骨腫
        22
      • 6) 内軟骨腫
        22
      • 7) 軟骨芽細胞腫
        23
      • 8) 骨巨細胞腫
        24
      • 9) 骨肉腫
        25
      • 10) 悪性線維性組織球腫
        26
      • 11) 軟骨肉腫
        27
      • 12) Ewing肉腫
        28
      • 13) 脊索腫
        29
      • 14) 癌の骨転移
        29
      • B CT,MRI診断
        30
      • 1) 骨嚢腫
        30
      • 2) 非骨化性線維腫,線維性皮質欠損
        31
      • 3) 線維性骨異形成
        32
      • 4) 類骨骨腫
        33
      • 5) 骨軟骨腫
        34
      • 6) 内軟骨腫
        35
      • 7) 軟骨芽細胞腫
        36
      • 8) 骨巨細胞腫
        37
      • 9) 骨肉腫(通常型骨肉腫)
        38
      • 10) 悪性線維性組織球腫
        39
      • 11) 軟骨肉腫
        40
      • 12) Ewing肉腫
        41
      • 13) 脊索腫
        42
      • 14) 癌の骨転移
        43
    • 3 臨床検査 血清酵素/炎症反応/血清蛋白/血清中腫瘍マーカー/骨代謝関連物質
      44
    • 4 遺伝子診断 Ewing肉腫/多発性外骨腫でのEXT遺伝子の解析/骨肉腫
      45
    • 5 生検法 針生検法/切開生検法
      46
    • 6 骨腫瘍の病期分類 Surgical Staging System/UICCによるTNM分類
      47
  • IV. インフォームドコンセント
    • A インフォームドコンセントの目的
      50
    • B インフォームドコンセントの対象と内容
      50
  • V. 骨腫瘍の治療
    • 1 手術療法
      52
      • A 原発巣に対する治療
        52
      • B 遠隔転移巣に対する手術療法
        54
      • C 患肢温存手術の機能評価
        54
      • D 切除縁評価法(骨・軟部腫瘍委員会による)
        56
    • 2 化学療法
      62
      • A 化学療法の対象と目的
        62
      • B 化学療法の分類 補助的化学療法/緩和的化学療法
        62
      • C 化学療法プロトコール 骨肉腫/Ewing肉腫/悪性線維性組織球腫
        62
      • D 主な抗癌剤の投与法と副作用 ドキソルビシン/メトトレキサート/シスプラチン/イフオスミド
        63
      • E 副作用の対策 副作用の記載/嘔吐/骨髄機能障害/肝機能障害/その他
        64
    • 3 放射線療法 治癒的放射線療法/補助的放射線療法/緩和的放射線療法
      66
    • 4 効果判定 原発巣の画像効果判定/組織学的効果判定基準/転移巣
      67
  • VI. 骨腫瘍の治療成績
    • 1 用語の定義
      70
      • A 局所再発の定義
        70
      • B 転移の定義 遠隔転移/リンパ節転移/スキップ転移
        70
    • 2 生存率の解析
      71
      • A 従来使用されてきた生存率の計算方法 粗生存率/相対生存率
        71
      • B 生命表法による累積生存率 生命保険数理法/KaplanーMeier法
        72
      • C Coxの重回帰型生命表法(Coxの比例ハザードモデル)
        73
      • D 統計学的有意性の検定について
        73
    • 3 5年生存率
      75
  • VII. 骨腫瘍の登録
    78
    • 悪性骨腫瘍登録用紙(原発'性悪性骨腫瘍用)
      79
    • 骨腫瘍登録用紙(良性骨腫瘍,腫瘍類似疾患,続発性骨腫瘍用)
      81
  • VIII. 骨腫瘍の病理
    • 1 骨腫瘍病理総論
      84
      • A 検体の取扱いについて 固定/切り出し/脱灰/標本作製/資料の保管/分子遺伝学的検索について
        84
      • B 病理診断の手順および病理所見の記載について
        86
      • C 病理診断において臨床医の果たす役割の重要性
        87
      • D StagingおよびGradingについて
        88
      • E 骨腫瘍の分類について
        88
    • 2 骨腫瘍病理各論
      89
      • A 原発骨腫瘍
        89
      • 1 骨形成腫瘍
        89
      • 1ー1 骨腫
        89
      • 1ー2 類骨骨腫
        89
      • 1ー3 骨芽細胞腫
        90
      • 1ー4 境界骨形成腫瘍
        91
      • 1ー5 骨肉腫
        92
      • 1ー5ー1 骨内骨肉腫
        92
      • 1ー5ー1ー1 骨内通常型骨肉腫
        92
      • 1ー5ー1ー2 血管拡張骨肉腫
        97
      • 1ー5ー1ー3 骨内高分化骨肉腫
        97
      • 1ー5ー1ー4 円形細胞骨肉腫
        99
      • 1ー5ー1ー5 骨皮質内骨肉腫
        99
      • 1ー5ー2 表在骨肉腫
        99
      • 1ー5ー2ー1 傍骨骨肉腫
        99
      • 1ー5ー2ー2 骨膜骨肉腫
        101
      • 1ー5ー2ー3 表在高悪性骨肉腫(表在低分化骨肉腫)
        102
      • 1ー5ー3 顎骨骨肉腫
        102
      • 2 軟骨形成腫瘍
        102
      • 2ー1 軟骨腫
        102
      • 2ー1 ー1 内軟骨腫
        102
      • (附)滑膜軟骨腫症
        105
      • (附)多発性内軟骨腫症
        105
      • 2ー1ー2 骨膜軟骨腫
        105
      • 2ー2 骨軟骨腫(軟骨外骨腫)
        106
      • 2ー2ー1 単発性骨軟骨腫
        106
      • 2ー2ー2 多発性骨軟骨腫
        107
      • 2ー3 軟骨芽細胞腫
        108
      • 2ー4 軟骨粘液線維腫
        108
      • 2ー5 境界軟骨腫瘍
        109
      • 2ー6 軟骨肉腫
        109
      • 2ー6ー1 軟骨肉腫(通常型軟骨肉腫)
        110
      • (附)二次性軟骨肉腫
        113
      • 2ー6ー2 骨膜軟骨肉腫
        113
      • 2ー6ー3 間葉性軟骨肉腫
        113
      • 2ー6ー4 脱分化軟骨肉腫
        114
      • 2ー6ー5 淡明細胞軟骨肉腫
        115
      • 2ー7 悪性軟骨芽細胞腫
        116
      • 3 骨巨細胞腫
        116
      • 3ー1 骨巨細胞腫
        116
      • 3ー2 骨巨細胞腫に伴う悪性腫瘍
        118
      • 4 円形細胞腫瘍
        119
      • 4ー1 Ewing肉腫/PNET群
        119
      • 4ー2 悪性リンパ腫
        122
      • 4ー3 骨髄腫
        124
      • 5 脈管腫瘍
        125
      • 5ー1 血管腫
        126
      • 5ー1ー1 骨血管腫症
        126
      • 5ー1ー1ー1 嚢胞状血管腫症
        126
      • 5ー1ー1ー2 広範骨融解
        126
      • 5ー2 リンパ管腫
        127
      • 5ー3 グロムス腫瘍
        127
      • 5ー4 血管内皮腫
        127
      • 5ー4ー1 高分化血管内皮腫
        127
      • 5ー4ー2 低分化血管内皮腫
        127
      • 5ー5 血管外皮腫
        129
      • 5ー5ー1 高分化血管外皮腫
        129
      • 5ー5ー2 低分化血管外皮腫
        129
      • 6 その他の結合織腫瘍
        130
      • 6ー1 良性線維性組織球腫
        131
      • 6ー2 線維粘液腫および粘液腫
        131
      • 6ー3 黄色腫
        131
      • 6ー4 脂肪腫
        131
      • 6ー5 類腱線維腫
        131
      • 6ー6 線維肉腫
        133
      • 6ー7 悪性線維性組織球腫
        135
      • 6ー8 脂肪肉腫
        136
      • 6ー9ー1 平滑筋肉腫
        136
      • 6ー9ー2 横紋筋肉腫
        137
      • 6ー10 悪性間葉腫
        137
      • 6ー11 未分化肉腫
        138
      • 7 その他の腫瘍
        139
      • 7ー1 脊索腫
        139
      • 7ー2 長管骨アダマンテイノーマ
        139
      • 7ー3 神経鞘腫
        141
      • 7ー4 神経線維腫
        141
      • 7ー5 腫瘍原性骨軟化症
        141
      • 8 分類不能腫瘍
        142
      • B 続発性腫瘍
        142
      • 1 転移腫瘍
        142
      • 2 放射線照射後肉腫
        142
      • 3 骨Paget病に伴う肉腫
        143
      • 4 線維性骨異形成に伴う肉腫
        143
      • 5 慢性骨髄炎痩孔に伴う癌腫
        143
      • 6 その他の続発骨腫瘍
        143
      • C 腫瘍類似病変
        143
      • 1 単発骨嚢腫
        144
      • 2 動脈瘤様骨嚢腫
        145
      • 3 巨細胞(修復)肉芽腫
        145
      • 4 傍関節骨嚢胞
        146
      • 4ー1 軟骨下嚢胞
        147
      • 5 骨幹端線維性欠損
        147
      • 6 好酸球肉芽腫
        148
      • 7 線維性骨異形成
        148
      • 8 骨線維性異形成
        150
      • 9 骨化筋炎
        151
      • 10 爪下外骨腫
        152
      • 11 傍骨骨軟骨異形増生
        153
      • 12 上皮小体機能元進による褐色腫瘍
        153
      • 13 骨内類表皮嚢胞
        155
      • 14 骨Paget病
        155
      • 15 肥脾細胞症
        155
      • 16 胸壁過誤腫
        156
      • 17 骨折仮骨
        157
      • 18 骨髄炎
        157
      • 19 骨梗塞
        757
      • 20 先天性線維腫症
        157
      • 21 神経障害性関節症(神経病性関節症)
        158
      • 22 洞組織球症
        158
  • 付録 各種規約一覧
    • 1. WHOの骨腫瘍組織分類
      160
    • 2. 化学療法の効果判定
      162
    • 3. 切除範囲の表現法(ISOLS)
      165
    • 4. 日本癌治療学会薬物有害反応判定基準
      172
    • 5. 同種骨移植(aliograft)の評価法
      176
    • 6. 腫瘍用人工関節のレントゲン評価法
      177
    • 7. 患肢機能評価法(Enneking)
      178
    • 8. 骨軟部腫瘍病期判定システム
      180