川崎町史 上巻

川崎町/2001.3

当館請求記号:GC267-G53

分類:地方史誌


目次


  • 口絵
  • 川崎町史の発刊を祝して
  • 凡例
  • 第一編 川崎町の自然・地理
    • 第一章 川崎町の位置と面積
      26
      • 第一節 川崎町の位置
        26
      • 第二節 川崎町域と面積
        28
      • 第三節 川崎町の土地利用
        29
      • 第四節 川崎町の人口と世帯数
        31
    • 第二章 川崎町の地形
      32
      • 第一節 地形
        32
      • 第二節 中元寺川と陣谷ダム
        34
    • 第三章 気候
      36
      • 第一節 気温・温度
        36
      • 第二節 降水量・風
        38
    • 第四章 地質
      40
      • 第一節 川崎町の地質
        40
        • 一 地質概説
          40
        • 二 地質各説
          45
      • 第二節 川崎町の地史
        52
        • 一 古生代の川崎町
          52
        • 二 中生代の川崎町
          54
        • 三 新生代古第三紀の川崎町
          55
        • 四 新生代新第三紀の川崎町
          56
        • 五 新生代第四紀の川崎町
          58
    • 第五章 生物
      60
      • 第一節 植物
        60
        • 一 植生概況
          60
        • 二 森林植生
          62
        • 三 神社林
          72
        • 四 河川敷の植物
          76
        • 五 上安宅・小峠地区の棚田の植生
          78
        • 六 天然記念物およびそれに次ぐ植物
          79
        • 七 注目すべき植物
          83
      • 第二節 動物
        85
        • 一 動物の概況
          85
        • 二 哺乳類
          86
        • 三 鳥類
          87
        • 四 は虫類
          90
        • 五 両生類
          91
        • 六 円口類・魚類
          94
        • 七 昆虫類
          97
  • 第二編 原始・古代
    • 第一章 縄文時代
      103
      • 第一節 田川地方の縄文文化
        103
      • 第二節 川崎町域の縄文遺跡
        104
        • 一 縄文人たちの生活
          104
        • 二 冥加塚の縄文人たち
          106
        • 三 その他の遺跡から
          109
    • 第二章 弥生時代
      111
      • 第一節 田川地方の弥生文化
        111
        • 一 水田稲作の始まり
          111
        • 二 弥生人たちの生業
          112
      • 第二節 川崎町域の弥生遺跡
        114
        • 一 田原遺跡群
          114
        • 二 永井遺跡
          121
        • 三 太田遺跡とその周辺
          123
        • 四 真崎遺跡とその周辺
          124
        • 五 その他の弥生遺跡
          128
      • 第三節 弥生社会の階層分化
        129
        • 一 ムラの発生と弥生人たちの戦い
          129
        • 二 川崎町域の首長たち
          130
    • 第三章 古墳時代
      132
      • 第一節 田川地方の古墳文化
        132
        • 一 高塚墳墓の登場
          132
      • 第二節 川崎町域の古墳文化
        133
        • 一 古墳時代の遺構
          133
        • 二 古墳時代の墳墓
          138
        • 三 須恵器窯跡
          148
        • 四 中世の遺跡
          149
  • 第三編 古代・中世
    • 第一章 中元寺川流域(川崎町)の古代を探る
      153
      • 第一節 川崎町の史跡と神話の世界
        153
      • 第二節 古代の郷土
        164
      • 第三節 律令政治の推移と私有地
        167
      • 第四節 天満宮、宇佐八幡宮の信仰圏の広まり
        172
      • 第五節 平安末期の町内荘園の成立
        174
      • 第六節 源平の争乱と田川
        178
    • 第二章 鎌倉政権と鎮西
      182
      • 第一節 東国御家人の鎮西下向
        182
      • 第二節 豊前国図田帳と承久の乱
        187
      • 第三節 元寇前後の北条氏の九州進出
        190
      • 第四節 霜月騒動と岩門合戦
        193
      • 第五節 鎌倉幕府の滅亡と建武の新政
        194
    • 第三章 南北朝時代の豊前
      196
      • 第一節 豊前守護と北部九州の重要性
        196
      • 第二節 多々良川の合戦と尊氏の勝運
        197
      • 第三節 尊氏、直義と田川郡上野興国寺
        199
      • 第四節 太平記、梅松論にみる南北朝争乱
        201
    • 第四章 室町幕府の九州統治
      209
      • 第一節 今川了俊の登用による征西府の滅亡
        209
      • 第二節 大内氏の九州進出と応永の争乱
        210
      • 第三節 少弐貞頼との争乱
        212
      • 第四節 大宰大弐となった大内義弘の野望
        213
      • 第五節 応永戦乱期の田川郡の資料の考察
        214
      • 第六節 勘合貿易・私貿易の隆盛
        215
    • 第五章 応永から応仁期頃の郷土
      219
      • 第一節 資料にみる盛見の田川郡での動向
        219
      • 第二節 少弐方秋月城と木城
        220
      • 第三節 大内氏の豊前制覇と田河郡所領
        221
      • 第四節 雪舟と法光寺と魚楽園
        222
        • 一 雪舟の豊前入りと法光寺
          222
        • 二 雪舟と作庭
          223
      • 第五節 荒平・黒木にみる中世村落の考察
        224
        • 一 村落の開発と景観
          224
        • 二 藤江家についての資料
          224
        • 三 荒平・黒木村の村内階層
          225
      • 第六節 室町末期の中央寺院領と町内荘園
        229
        • 一 石清水八幡善法寺と池尻
          229
        • 二 長府長福寺、岩国永興寺と池尻庄
          232
        • 三 南禅寺竜華院と田原の庄
          234
    • 第六章 戦国大名大内、大友氏の豊前の争乱
      238
      • 第一節 戦国大名大内義隆と豊前
        238
      • 第二節 戦国大名大友氏の豊前侵攻
        239
        • 一 戦国大名化した大友氏
          239
        • 二 義鎮の豊前侵攻
          240
        • 三 大内氏に関係する資料の考察
          241
      • 第三節 大友氏と毛利氏の争乱
        242
        • 一 大友氏の田川郡内勢力地
          242
        • 二 真崎の立遠城(竜円城)
          244
        • 三 戦国大名に成長した毛利氏の豊前侵攻
          245
        • 四 毛利氏の豊前支配に関する資料
          247
  • 第四編 近世
    • 第一章 豊臣秀吉の九州平定
      251
      • 第一節 岩石城
        251
      • 第二節 毛利氏支配下の田川地方
        256
    • 第二章 細川小倉藩の成立と展開
      261
      • 第一節 細川小倉藩の成立
        261
        • 一 細川忠興(三斎)と幕閣
          261
        • 二 細川—黒田間の領地引き継ぎ
          262
        • 三 細川—黒田の関係
          265
        • 四 細川忠興から忠利へ
          268
        • 五 難攻不落の岩城
          270
      • 第二節 家臣団の編成と知行地の経営
        272
        • 一 慶長六年検地と知行地の配分
          272
        • 二 知行地の支配
          276
        • 三 家臣たちの財事情
          279
        • 四 知行地経営の放棄
          280
      • 第三節 細川時代の村社会
        282
        • 一 農村政策の基調
          282
        • 二 細川領の「人畜改帳」
          285
        • 三 走り者の村々
          288
        • 四 田川郡の年貢納入反対
          296
        • 五 年貢の納入と未進
          300
    • 第三章 小笠原の入部と支配
      304
      • 第一節 小笠原の入部
        304
        • 一 譜代大名小笠原
          304
        • 二 小笠原の豊前入国
          305
      • 第二節 小笠原の農村支配
        308
        • 一 地方行政のしくみ
          308
        • 二 村の支配組織
          309
      • 第三節 小笠原時代の村
        310
        • 一 田川郡の地勢と道
          310
        • 二 田川郡の六手永
          318
        • 三 猪膝手永の村
          319
      • 第四節 小笠原時代の貢納制度
        337
        • 一 年貢徴収法
          337
        • 二 村の納米内訳—荒平村の場合
          340
    • 第四章 荒廃する農村
      345
      • 第一節 凶作と飢饉
        345
      • 第二節 農民の窮乏
        351
    • 第五章 産業と流通
      358
      • 第一節 農間余業と殖産興業
        358
        • 一 櫨実の生産と生〓の流通
          358
        • 二 菜種子の生産と流通
          366
        • 三 酒造業
          376
        • 四 諸産物の生産と商人札
          385
      • 第二節 林業(生産と政策)
        392
    • 第六章 幕末維新期の小倉藩
      408
      • 第一節 小倉藩の海防と農兵
        408
        • 一 危機意識の高まり
          408
        • 二 農兵と譜代召し抱え
          410
        • 三 攘夷の決行
          414
        • 四 英彦山の動向
          417
      • 第二節 第二次長州戦争
        419
        • 一 長州藩再征の政治状況
          419
        • 二 戦時下の村々
          421
        • 三 打ちこわしの発生
          423
        • 四 田川郡への撤退
          426
        • 五 香春藩から豊津藩へ
          429
    • 第七章 近世の教育・医学・文化
      434
      • 第一節 教育
        434
        • 一 藩校
          434
        • 二 私塾
          435
        • 三 寺子屋
          437
      • 第二節 近世の医学
        438
      • 第三節 近世の文化
        441
        • 一 諸芸
          441
        • 二 紀行
          442
        • 三 英彦山信仰
          443
  • 第五編 近代
    • 第一章 明治維新の改革と地方
      447
      • 第一節 藩制から県制へ
        447
        • 一 版籍奉還と香春、豊津藩
          447
        • 二 廃藩置県と豊津県
          452
      • 第二節 明治維新の新政策
        453
        • 一 新しい身分制度
          453
        • 二 学制の公布
          454
        • 三 徴兵令の公布
          459
      • 第三節 明治四年の田川郡打ちこわし
        460
        • 一 廃藩置県と打ちこわしの始まり
          460
        • 二 打ちこわし勢の首謀者たち
          463
        • 三 打ちこわしの対象
          465
    • 第二章 地方制度の変革
      468
      • 第一節 地方自治の芽生え
        468
        • 一 藩の変遷
          468
        • 二 藩から県へ
          470
    • 第三章 地租改正と大区・小区
      783
      • 第一節 改正の要点
        473
      • 第二節 戸籍
        480
      • 第三節 大区・小区制
        483
      • 第四節 区長と戸長
        486
    • 第四章 町村の自治
      489
      • 第一節 三新法の成立
        489
        • 一 郡区町村編成法
          489
        • 二 府県会規則
          497
        • 三 区町村会法の改定
          498
        • 四 町村分画の改正
          500
    • 第五章 町村制の整備
      501
      • 第一節 町村合併
        501
    • 第六章 地方自治の整備と発展
      505
      • 第一節 郡制の施行
        505
      • 第二節 田川郡における郡制の実施
        506
      • 第三節 郡制の改革
        507
      • 第四節 田川郡役所
        507
        • 一 郡の財政規模
          509
        • 二 各町村の分賦金の負担
          511
      • 第五節 郡制廃止
        511
    • 第七章 明治・大正期の産業
      514
      • 第一節 農業
        518
        • 一 米
          518
        • 二 麦
          527
        • 三 その他の作物
          528
      • 第二節 小作
        529
      • 第三節 田川郡第一回共進会の開催
        533
    • 第八章 戦争と郷土
      535
      • 第一節 明治政府の軍事組織の強化
        535
        • 一 鎮台の創設
          535
        • 二 小倉歩兵第一四連隊の創設
          536
      • 第二節 士族の反乱
        537
        • 一 佐賀の乱
          537
        • 二 秋月の乱
          538
        • 三 西南戦争
          540
      • 第三節 明治期の戦争
        542
        • 一 日清戦争
          542
        • 二 日露戦争
          543
      • 第四節 大正期の戦争
        545
        • 一 第一次世界大戦
          545
        • 二 シベリア出兵
          546
        • 三 大戦の影響
          546
        • 四 大戦後の動向
          547
      • 第五節 昭和期の戦争(一五年戦争)
        548
      • 第六節 戦争余話
        533
  • 第六編 川崎町における石炭鉱業のあゆみ
    • 第一章 幕藩体制下における石炭鉱業のあゆみ
      561
      • 第一節 石炭の発見と利用
        561
        • 一 発見伝承と初期の利用
          561
        • 二 自家燃料から商品化へ
          562
      • 第二節 石炭採掘や流通への統制
        564
        • 一 石炭採掘の発展と統制
          564
        • 二 運搬流通の問題
          566
        • 三 赤池会所の設立と石炭専売制度
          567
    • 第二章 石炭鉱業の近代化と石炭産業の発展
      569
      • 第一節 鉱山開放と日本坑法
        569
        • 一 鉱山開放
          569
        • 二 日本坑法の発布
          570
        • 三 中原嘉左右の活躍
          575
      • 第二節 筑豊炭田の発展
        578
        • 一 筑豊の概念の成立
          578
        • 二 筑豊石炭礦業組合の成立と活動
          579
        • 三 選定坑区の設定と海軍予備炭田の開放
          587
        • 四 田川郡内の選定坑区の状況
          589
      • 第三節 石炭運送の近代化
        591
        • 一 石炭運送と坑業組合
          591
        • 二 鉄道の敷設と川〓運送の凋落
          592
      • 第四節 筑豊炭田と田川
        595
        • 一 田川郡の炭坑
          595
        • 二 技術革新と災害予防
          600
        • 三 炭坑労働者の処遇
          602
        • 四 納屋制度の変遷
          605
        • 五 炭坑労働者の待遇改善と定着化
          611
      • 第五節 川崎町域における炭坑の状況
        616
        • 一 明治中期までの川崎町域の炭坑
          616
        • 二 明治時代後期以降の川崎町域の炭坑
          620
        • 三 豊州炭坑について
          633
        • 四 三井田川鉱業所
          644
        • 五 原六郎と大任炭坑
          651
        • 六 蔵内鉱業株式会社
          660
        • 七 共同石炭鉱業株式会社
          674
        • 八 古河鉱業株式会社
          680
    • 第三章 戦中・戦後の石炭鉱業
      691
      • 第一節 川崎町域における炭坑
        691
        • 一 敗戦直前の炭坑の状況
          691
        • 二 敗戦直後の炭坑の状況
          700
      • 第二節 戦後の石炭鉱業の推移
        709
        • 一 国策としての石炭増産
          709
        • 二 石炭保護政策の転換と統制の廃止
          712
      • 第三節 戦後の川崎町の炭坑
        718
        • 一 筑豊地区の炭坑の状況
          718
        • 二 川崎町の炭坑の状況
          720
      • 第四節 石炭鉱業合理化と炭鉱閉山
        744
        • 一 石炭鉱業合理化への道
          744
        • 二 石炭鉱業合理化臨時措置法案成立と合理化
          754
        • 三 川崎町の炭鉱と閉山
          762


MOKUJI分類:地方史誌