化学物質毒性ハンドブック. 臨床編 第1巻

丸善/2002.12

当館請求記号:SD2-H7


目次


  • I
    総論
    • 1
      中毒患者への初期対応
      執筆:M. D.Ford, K. A.Delaney/翻訳:横手規子
      1
    • 2
      気道の管理
      執筆:M. F.Murphy, R. Schneider/翻訳:飯沼佑子
      5
    • 3
      中毒患者の二次救命処置
      執筆:T. G.Martin/翻訳:横手規子
      13
    • 4
      身体所見と中毒症状
      執筆:C. O'neil Davis, P. M.Wax/翻訳:飯沼佑子
      23
    • 5
      消化管に対する初期治療
      執筆:K. Kulig/翻訳:飯沼佑子
      39
    • 6
      血液浄化法
      執筆:J. M.Orlowski, S. Hou, J. B.Leikin/翻訳:横手規子
      49
    • 7
      緊急時の薬毒物検査
      執筆:J. D.Osterloh/翻訳:安江明子
      59
    • 8
      放射線診断
      執筆:S. A.Craig/翻訳:石井由美子
      71
    • 9
      薬毒物動態
      執筆:W. A.Watson, S. R.Rose/翻訳:石井由美子
      83
    • 10
      体液および電解質
      執筆:K. C.Kleinschmidt, K. A.Delaney/翻訳:飯沼佑子
      91
    • 11
      中毒時の酸塩基平衡障害
      執筆:K. A.Delaney/翻訳:内藤裕史
      107
    • 12
      妊娠と中毒
      執筆:K. Shilalukey, G. Koren/翻訳:石井由美子
      117
    • 13
      中毒センター
      執筆:J. B.Leikin, E. P.Krenzelok/翻訳:石井由美子
      127
    • 14
      化学物質に汚染された患者の処置
      執筆:M. Kirk/翻訳:石井由美子
      133
    • 15
      職場における薬物検査
      執筆:S. D.Phillips/翻訳:石井由美子
      145
  • II
    症状別対応
    • 16
      中枢神経抑制
      執筆:K. A.Delaney, P. Kolecki/翻訳:土井史子
      157
    • 17
      中枢神経興奮
      執筆:L. Velez-Daubon, K. A.Delaney/翻訳:土井史子
      167
    • 18
      痙攣発作
      執筆:T. A.Bey, F. G.Walter/翻訳:土井史子
      175
    • 19
      末梢神経障害
      執筆:R. S.Hoffman/翻訳:加茂谷裕子
      189
    • 20
      心血管障害
      執筆:J. Brent/翻訳:安江明子
      199
    • 21
      肝不全
      執筆:A. Anker/翻訳:飯沼佑子
      207
    • 22
      腎不全
      執筆:B. Morgan/翻訳:飯沼佑子
      217
    • 23
      血液の傷害
      執筆:R. Y.Wang/翻訳:富田明子
      223
    • 24
      メトヘモグロビン血症
      執筆:K. C.Osterhoudt/翻訳:富田明子
      237
    • 25
      呼吸器傷害
      執筆:T. E.Albertson, B. V.Hoozen, G. P.Marelich, R. P.Allen/翻訳:田中恵子
      245
    • 26
      過敏性反応
      執筆:W. J.Meggs/翻訳:加茂谷裕子
      257
    • 27
      体温調節異常:高体温および低体温
      執筆:K. A.Delaney/翻訳:長谷川真理子
      265
    • 28
      眼の傷害
      執筆:R. L.Manka/翻訳:武居裕子
      281
  • III
    原因物質別対応
    • 鎮痛薬,抗炎症薬
      • 29
        アセトアミノフェン
        執筆:A. Anker/翻訳:飯沼佑子
        293
      • 30
        サリチル酸系薬物
        執筆:J. W.Donovan, J. Akhtar/翻訳:飯沼佑子
        303
      • 31
        非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)
        執筆:F. P.Paloucek, K. O.Rynn/翻訳:飯沼佑子
        311
      • 32
        コルヒチン
        執筆:L. M.Murray/翻訳:富田明子
        317
      • 33
        筋弛緩薬
        執筆:J. L.Schauben/翻訳:武居裕子
        323
    • 一般用医薬品
      • 34
        ビタミン
        執筆:E. W.Cetaruk/翻訳:飯沼佑子
        331
      • 35
        執筆:M. Tenenbein/翻訳:加茂谷裕子
        343
      • 36
        カフェインおよび類似の一般用交感神経作動薬
        執筆:K. M.Engebretsen, C. R.Harris/翻訳:安江明子
        351
      • 37
        薬草および栄養補助剤
        執筆:M. E.Palmer, M. A.Howland/翻訳:飯沼佑子
        359
      • 38
        下剤
        執筆:S. C.Smolinske, S. R.White/翻訳:武居裕子
        377
      • 39
        樟脳・防虫剤
        執筆:D. L.Anderson, A. R.Topliff/翻訳:田中恵子
        385
      • 40
        精油
        執筆:S. Vassallo/翻訳:田中恵子
        391
    • ・循環器用薬
      • 41
        抗不整脈薬
        執筆:K. A.Sporer/翻訳:安江明子
        401
      • 42
        β−アドレナリン受容体拮抗薬
        執筆:W. Kerns, II/翻訳:安江明子
        411
      • 43
        カルシウムチャンネル拮抗薬
        執筆:J. A.Kline/翻訳:安江明子
        421
      • 44
        強心配糖体
        執筆:C. H.Linden/翻訳:安江明子
        429
      • 45
        クロニジンと中枢性降圧薬
        執筆:F. M.Henretig/翻訳:安江明子
        443
      • 46
        降圧薬
        執筆:R. A.Purssell/翻訳:安江明子
        451
      • 47
        ニトロプルシド
        執筆:S. R.Williams, R. F.Clark/翻訳:嘉糠由利子
        463
  • 和文索引
    469
  • 英文索引
    479
  • CAS番号索引
    487
  • 各章の詳しい目次は,各章の冒頭のページに掲載.
  • I
    総論
    • 1章
      中毒患者への初期対応
      • はじめに
        2
      • 蘇生と症状の安定化
        2
      • 病歴および身体所見
        2
      • 毒物除去
        3
      • 診断のための検査
        4
      • 解毒・拮抗剤
        4
      • 排出促進
        4
      • 参考文献
        4
    • 2章
      気道の管理
      • 気道の管理
        6
        • 挿管困難症
          6
          • 気道の診断
            6
        • 急速挿管
          7
          • 気道の評価
            7
          • 酸素の前投与と高二酸化炭素血症の予防
            8
          • 非脱分極性筋弛緩薬の前投与
            8
          • 心血管および頭蓋内圧への悪影響の排除
            8
          • 挿管状況を整える
            8
          • 誤讌の危険性を最小にする
            10
      • 中毒に特異的な問題
        10
        • 有害な薬物相互作用
          10
        • 上気道の傷害
          11
        • 患者と症状のコントロール
          11
        • 中毒患者の呼吸管理
          11
      • 参考文献
        11
    • 3章
      中毒患者の二次救命処置
      • はじめに
        14
      • 一次救命処置(BLS)
        14
        • 気道の管理
          14
        • 心肺蘇生措置の続行
          14
      • 二次救命処置(ACLS)
        15
        • 頻脈と血圧上昇など交感神経刺激状態
          15
          • 電気的除細動
            15
        • 徐脈
          15
        • 心室性不整脈(心室頻拍および心室細動)
          16
          • 抗不整脈薬
            16
        • ショック
          18
          • 昇圧薬
            18
          • 陽性変力薬
            18
          • 補助循環
            19
      • 脳死と臓器提供基準
        20
      • まとめ
        20
      • 参考文献
        20
    • 4章
      身体所見と中毒症状
      • 身体所見:生命徴候
        24
        • 体温
          24
          • 高体温
            25
          • 低体温
            26
        • 脈拍
          26
          • 頻脈
            26
          • 徐脈
            26
        • 血圧
          28
          • 高血圧
            28
          • 低血圧
            28
        • 呼吸数
          29
        • 脈波型酸素飽和度測定
          30
      • 身体所見:神経症状
        30
        • 意識障害
          30
        • 瞳孔
          32
        • 運動障害
          32
      • 身体所見:皮膚
        33
        • チアノーゼ
          33
        • 紅斑
          33
        • 斑状出血
          33
        • 黄疸
          33
        • 水疱性病変
          33
        • 注射跡
          33
        • 壊死
          33
        • 発汗
          34
        • 脱毛
          34
        • 毛髪の色
          34
        • 34
      • 身体所見:消化器
        34
        • 口腔
          34
        • 呼気臭
          34
        • 嘔吐/吐血
          34
        • 腸運動の障害
          34
        • 腹痛
          34
        • 膀胱
          35
      • 中毒症状
        35
        • 抗コリン作動薬
          35
        • 交感神経刺激薬
          35
        • 麻薬
          35
        • 抗コリンエステラーゼ剤
          35
        • 催眠鎮静薬
          36
      • 参考文献
        36
    • 5章
      消化管に対する初期治療
      • 吐根シロップ
        40
      • 胃洗浄
        41
      • 活性炭単独投与
        42
      • 下剤
        44
      • 経過観察のみ
        44
      • 腸洗浄
        44
      • 麻薬を袋ごと飲み込んだ密輸業者と路上密売人
        44
      • 結論
        45
      • 参考文献
        45
    • 6章
      血液浄化法
      • 血液浄化法の種類
        51
        • 間欠的血液透析
          51
          • 透析膜と毒物除去
            51
          • 毒物の特性と透析による除去効果
            51
        • 血液吸着(活性炭あるいは樹脂吸着型血液灌流)
          52
        • 持続的血液浄化法
          52
        • 腹膜透析
          53
        • 血漿交換
          53
        • 交換輸血
          53
        • 血液浄化法とキレート療法の併用
          53
      • 血液浄化法により除去される薬毒物
        53
        • バルビツール酸系催眠薬
          54
        • エチレングリコール
          54
        • リチウム
          54
        • メタノール
          54
        • サリチル酸系薬物
          54
        • テオフィリン
          55
      • 血液浄化法の合併症と限界
        55
        • ブラッドアクセス
          55
        • 血圧低下
          55
        • 出血
          55
        • そのほかの合併症
          56
        • 治療薬の除去
          56
        • 慢性腎不全の透析治療中の中毒事故
          56
      • まとめ
        56
      • 参考文献
        56
    • 7章
      緊急時の薬毒物検査
      • はじめに
        60
      • 薬毒物のスクリーニング
        61
        • 成分
          63
        • 原理と用法
          64
        • 薬物中毒と検出した薬物類
          65
        • 薬毒物スクリーニングの正確度
          65
        • 臨床診断の正確度
          65
        • 臨床で利用する薬毒物スクリーニングの信頼性
          66
        • 臨床で利用する薬毒物スクリーニングの有用性
          66
      • 過量摂取になった薬物の血清中濃度
        67
        • 原理と用法
          67
        • 有効性と信頼性
          68
        • 過量摂取時に変化した薬物動態学と薬力学の関係
          68
      • その他の毒物検査
        68
      • まとめ
        69
      • 参考文献
        69
    • 8章
      放射線診断
      • 腹部
        72
        • 毒物の直接視覚化
          72
          • 固形の医薬品の投与
            72
          • 液体の毒物
            73
          • 麻薬の密輸人と路上密売者
            73
          • 他の摂取物
            74
        • 臨床上の手がかり
          74
        • 特殊な検査
          74
      • 胸部
        75
        • 非心原性肺水腫
          75
        • 肺胞浸潤
          75
        • 間質性肺疾患
          76
        • 閉塞性気道疾患
          77
        • 胸膜疾患
          77
        • 心血管系異常
          77
      • 骨と軟部組織
        78
        • 78
          • 体内の残留鉛弾
            78
        • 骨硬化症
          79
        • 骨減少症
          79
      • 中枢神経系
        79
        • 脳萎縮
          79
        • 脳水腫
          80
        • 局所性脳虚血
          80
        • 脳内出血
          81
      • 参考文献
        81
    • 9章
      薬毒物動態
      • 基本原理
        84
      • 吸収・分布・代謝・排出
        84
        • 吸収
          85
        • 分布
          85
        • 代謝と排出
          86
      • 数学的説明
        86
      • 臨床中毒における薬物動態
        87
        • 薬物動態対毒物動態:
          • 投与量により動態は変化するか
            87
        • 薬物動態と中毒学的検査結果の説明
          87
        • 毒物動態と薬物代謝産物
          88
        • 動態と薬物作用の予測
          88
          • 作用の開始
            88
          • 作用の持続時間
            88
      • 中毒学的研究における動態
        88
      • 参考文献
        89
    • 10章
      体液および電解質
      • 水分とナトリウム
        93
        • 体液と電解質の調節
          93
        • 中毒に起因する体液喪失の鑑別診断
          93
        • 脱水の臨床評価
          94
        • 低ナトリウム血症
          94
          • 病態生理
            94
          • 臨床所見
            94
          • 鑑別診断
            94
          • 薬毒物に起因する低ナトリウム血症
            94
          • 治療
            94
        • 高ナトリウム血症
          95
          • 病態生理
            95
          • 臨床所見
            95
          • 鑑別診断
            95
          • 治療
            96
      • カリウム
        96
        • 調節
          96
        • 低カリウム血症
          96
          • 病態生理
            96
          • 臨床所見
            96
          • 鑑別診断
            96
          • 治療
            97
        • 高カリウム血症
          97
          • 病態生理
            97
          • 臨床所見
            98
          • 鑑別診断
            98
          • 治療
            98
      • カルシウム
        98
        • 調節
          98
        • 低カルシウム血症
          99
          • 病態生理
            99
          • 臨床所見
            99
          • 鑑別診断
            99
          • 治療
            100
        • 高カルシウム血症
          100
          • 病態生理
            100
          • 臨床所見
            100
          • 鑑別診断
            100
          • 治療
            100
      • マグネシウム
        100
        • 調節
          100
        • 低マグネシウム血症
          101
          • 病態生理
            101
          • 臨床所見
            101
          • 鑑別診断
            101
          • 治療
            101
        • 高マグネシウム血症
          101
          • 病態生理と臨床所見
            101
          • 鑑別診断
            101
          • 治療
            102
      • リン
        102
        • 調節
          102
      • 低リン血症
        102
        • 病態生理
          102
        • 臨床所見
          102
        • 鑑別診断
          102
        • 治療
          103
      • 高リン血症
        103
        • 病態生理と臨床所見
          103
        • 鑑別診断
          103
        • 治療
          103
      • 水・電解質の平衡に及ぼす初期治療および解毒剤の影響
        103
        • 消化管に対する初期治療
          103
        • 下剤
          103
        • 解毒剤
          103
      • まとめ
        104
      • 参考文献
        104
    • 11章
      中毒時の酸塩基平衡障害
      • 酸塩基平衡障害の判定
        108
      • ヘンダーソン・ハッセルバルヒの式の臨床応用
        109
      • 代謝性アシドーシス
        109
        • 第1段階:陰イオン較差の計算
          109
      • 陰イオン較差の増加を伴うアシドーシス患者の評価
        110
        • 第2段階:陰イオン較差の増加を伴う代謝性アシドーシスの一般的な原因
          110
        • 第3段階:血清乳酸値の測定
          110
        • 第4段階:尿および血清中ケトン体の測定
          111
        • 第5段階:浸透圧較差の計算
          111
        • 第6段階:回復時の反応の評価
          111
      • 陰イオン較差の増加を伴わない高塩素性代謝性アシドーシス
        111
      • 純粋な代謝性アルカローシス
        112
      • 呼吸性アシドーシス
        112
      • 呼吸性アルカローシス
        113
      • 混合型の酸塩基平衡障害
        113
        • 代謝性アシドーシスと呼吸性アルカローシスの合併
          113
        • 代謝性アシドーシスと呼吸性アシドーシスの合併
          114
        • 混合性の代謝障害
          114
        • 混合性酸塩基平衡障害の診断
          114
          • 定義と正常値
            114
          • 症例 1
            114
          • 症例 2
            114
          • 症例 3
            115
          • 症例 4
            115
          • 症例 5
            115
          • 症例 6
            115
      • 参考文献
        115
    • 12章
      妊娠と中毒
      • 基礎
        118
      • 参考文献
        124
    • 13章
      中毒センター
      • 参考文献
        130
    • 14章
      化学物質に汚染された患者の処置
      • 汚染された患者の識別
        134
      • 汚染された患者の処置
        134
        • 情報管理
          135
          • リスクはどのくらいか
            135
          • 疑わしい化学物質は何か
            135
          • この化学物質は二次汚染のリスクをもつか
            136
          • 吸収量とは
            136
          • 推定被曝量の臨床的意味は
            136
          • 化学物質の推定毒性とは
            137
          • 特殊な処置や解毒剤があるか
            137
          • 遅発作用・長期作用はあるか
            137
        • 資源管理
          137
          • 施設
            137
          • 装置,備品,解毒剤
            137
          • 職員
            138
          • 集団災害のための資源管理
            138
        • 患者の処置
          138
        • トリアージ
          138
        • 汚染除去
          138
        • 初期治療
          139
      • 化学汚染に伴う医学的問題
        140
        • 明らかな損傷がみられない汚染
          140
        • 付随する外傷
          140
        • 化学熱傷
          140
        • 吸入性損傷
          140
        • 全身作用
          141
        • 心理的傷害
          141
        • 救急隊員に特有のリスク
          141
        • 事故の余波
          141
      • 有害物質対応プラン
        142
        • 勧告
          142
        • 落し穴
          143
      • 参考文献
        143
    • 15章
      職場における薬物検査
      • 運輸省(米国)
        • 背景と検査
          147
      • 検査の理由
        147
      • 検査をしない理由
        148
      • 検査試料
        148
      • 試料採取と取扱い
        148
      • 輸送
        149
      • 保管と管理の手順
        149
      • 検査
        149
        • 初期スクリーニング
          149
        • 確認検査
          150
        • 運輸省以外の検査
          150
      • 試料の状態
        151
      • 報告
        151
      • 医療監察官
        151
      • 検査後の評価と処置
        152
      • 分析に関する具体的な問題
        152
        • コカイン
          152
        • フェンシクリジン
          153
        • アヘン様物質
          153
        • マリファナ
          154
        • アンフェタミン
          154
      • まとめ
        155
      • 参考文献
        155
  • II
    症状別対応
    • 16章
      中枢神経抑制
      • 要点
        158
      • はじめに
        158
      • 初期治療
        158
        • 基本
          158
        • 昏睡カクテル:ナロキソン・ブドウ糖・チアミン・フルマゼニル
          158
      • 病態生理
        159
        • 神経解剖学的にみた意識
          159
        • 中枢神経系に対する薬物作用
          159
      • 鑑別診断
        161
        • 中毒
          161
        • 中毒以外の原因
          161
      • 臨床評価
        161
        • 既往歴からの手がかり
          161
        • 身体所見
          162
        • 昏睡の解剖学的原因を示唆する所見
          163
      • 検査
        164
      • 特異的治療
        165
      • 最終処置と専門家への照会
        165
      • 参考文献
        165
    • 17章
      中枢神経興奮
      • 要点
        168
      • 初期治療
        168
      • 鑑別診断
        168
        • 中毒
          168
        • 脳の器質性傷害
          169
        • 感染
          169
        • 代謝障害
          169
      • 臨床評価
        170
        • 神経学的検査
          170
        • 意識状態の検査
          170
        • 中毒症状
          171
      • 検査
        172
      • 特異的治療
        172
      • 最終処置と専門家への照会
        173
      • 参考文献
        173
    • 18章
      痙攣発作
      • 要点
        176
      • はじめに
        176
      • 病態生理
        178
      • 痙攣発作発生の特異的機序
        179
        • GABAがもつ抑制作用に対する障害
          179
        • グルタミン酸受容体の刺激過剰
          179
        • 興奮と抑制を調節する系の欠陥:アデノシンの阻害
          179
        • 神経線維鞘イオンチャンネルの欠陥
          179
      • 鑑別診断
        180
        • 中毒性痙攣
          180
        • コカイン中毒
          180
        • アルコール中毒
          180
        • 代謝障害
          181
        • 脳傷害
          181
        • 熱性痙攣発作
          181
      • 臨床所見
        181
      • 検査
        181
        • 1回目の痙攣
          181
        • てんかん
          182
        • 痙攣発作による検査値異常
          183
      • 処置
        183
        • 蘇生
          183
        • 中毒患者の痙攣抑制
          183
          • ベンゾジアゼピン
            183
          • バルビツール酸系催眠薬
            184
          • フェニトイン
            184
          • ピリドキシン
            184
          • 神経筋弛緩
            184
        • 高体温
          185
        • 特異的中毒学的治療
          185
          • 消化管に対する初期治療
            185
        • 解毒剤
          185
          • ブドウ糖
            185
          • フルマゼニル
            185
          • ナロキソン
            185
          • その他
            185
        • 最終処置と専門家への照会
          185
        • 注意事項
          186
      • 参考文献
        186
    • 19章
      末梢神経障害
      • 要点
        190
      • 生理と病態生理
        190
        • 傷害を受けた神経細胞の数による分類
          190
        • 障害の解剖学的分布による分類
          190
        • 障害を受けた神経細胞の機能による分類
          191
          • 運動神経
            191
          • 知覚神経
            192
          • 自律神経
            192
        • 傷害の組織学的部位
          192
          • ニューロン症
            192
          • 軸索障害
            193
          • 髄鞘病変
            194
          • 神経伝達障害
            194
      • 特殊な状況:ヒト免疫不全ウイルス陽性患者
        195
      • 鑑別診断
        195
      • 臨床評価
        196
      • 検査
        196
        • 一般的な検査
          196
        • 特殊な検査
          196
      • 特異的治療
        197
      • 最終処置と専門家への照会
        197
      • 参考文献
        197
    • 20章
      心血管障害
      • 要点
        200
      • 病態生理
        200
        • 高血圧
          200
        • 低血圧
          201
        • 不整脈
          201
        • トルサード型心室頻拍(多形性心室頻拍)
          202
        • 心筋収縮抑制
          203
      • 鑑別診断
        204
      • 臨床評価
        204
      • 検査と解釈
        204
      • 特異的治療
        205
      • 最終処置
        205
      • 参考文献
        206
    • 21章
      肝不全
      • 要点
        208
      • 初期治療
        208
      • 毒性関連の解剖と生理
        208
      • 毒性機序に基づく鑑別診断
        210
        • フリーラジカルの生成
          210
        • 求電子体の生成
          210
        • 活性酸素の生成
          210
        • 特異体質反応
          210
        • 脂肪変性
          211
        • 自己免疫機序
          211
        • 胆汁うっ帯
          211
        • 肝静脈閉塞性疾患
          211
      • 鑑別診断
        211
      • 臨床評価
        212
      • 検査
        214
      • 治療
        214
        • 特異的治療
          215
        • 最終処置と専門家への照会
          215
      • 参考文献
        216
    • 22章
      腎不全
      • 要点
        218
      • はじめに
        218
      • 病態生理学
        218
        • 腎前性
          218
        • 腎実質性
          218
        • 腎後性
          219
      • 鑑別診断
        220
        • 腎前性
          220
        • 腎実質性
          220
        • 腎後性
          221
      • 臨床評価
        221
        • 検査
          221
      • 特殊な検査
        221
      • 特異的治療
        222
      • 最終処置と専門家への照会
        222
      • 参考文献
        222
    • 23章
      血夜の傷害
      • 初期治療の要点
        224
      • 生理
        224
      • 病態生理
        224
      • 鑑別診断
        225
        • 赤血球の異常
          225
          • 貧血
            225
          • 赤血球増加症
            228
          • 異常ヘモグロビン症
            228
        • 白血球の異常
          229
          • 白血球増加症
            229
          • 白血球減少症
            229
        • 出血性疾患
          229
          • 血小板障害
            229
          • 凝固因子
            230
          • その他の原因
            231
      • 臨床評価と検査
        231
        • 赤血球の異常
          231
          • 貧血
            231
          • 赤血球増加症
            233
          • 異常ヘモグロビン症
            233
        • 白血球の異常
          233
        • 出血性疾患
          234
      • 参考文献
        235
    • 24章
      メトヘモグロビン血症
      • 要点
        238
      • 生理と病態生理
        238
        • メトヘモグロビン還元機構
          238
      • 臨床所見
        239
      • 鑑別診断
        239
        • 中毒性メトヘモグロビン血症
          239
          • 医原性または個人的行為によるメトヘモグロビン血症
            240
          • 環境・商工業要因によるメトヘモグロビン血症
            240
        • 先天性メトヘモグロビン血症
          241
        • 乳児の疾患に伴う一過性メトヘモグロビン血症
          241
      • 検査と診断
        241
      • 特異的治療
        242
        • 後天性メトヘモグロビン血症
          242
        • 先天性メトヘモグロビン血症
          243
      • 最終措置と専門家への照会
        243
      • 参考文献
        243
    • 25章
      呼吸器傷害
      • 要点
        246
      • はじめに
        246
      • 初期治療
        247
      • 病態生理と鑑別診断
        247
        • 病態生理
          247
        • 鑑別診断
          247
      • 臨床評価
        250
        • 神経筋および中枢神経系の変化
          250
        • 胸膜および縦隔疾患
          251
        • 気道傷害
          251
        • 肺血管系の疾患
          253
        • 実質性病変および肺胞性疾患
          253
        • 酸素の供給と細胞における利用
          253
      • 検査
        254
      • 特異的治療
        255
      • 最終処置と専門家への照会
        256
      • 参考文献
        256
    • 26章
      過敏性反応
      • 要点
        258
      • はじめに
        258
      • 生理と病態生理
        258
        • 免疫性炎症
          258
        • 神経原性炎症
          259
        • 発症部位の神経原性転換
          259
        • アレルギー疾患
          259
        • 化学物質過敏症
          260
        • 遅延反応
          260
        • アナフィラキシー様反応
          260
      • 臨床所見
        260
      • 鑑別診断
        260
      • 検査
        261
      • 治療
        262
      • 最終処置
        263
      • 後遺症
        263
      • 参考文献
        263
    • 27章
      体温調節異常:高体温および低体温
      • 高体温
        266
        • 要点
          266
        • 初期治療
          266
          • 41.1℃を超える高体温の急速冷却
            266
          • 熱産生の抑制
            266
          • 低血圧の治療
            266
          • 必要な検査
            266
        • 鑑別診断
          267
          • はじめに
            267
          • 病態生理
            268
          • 熱射病
            269
          • 発熱
            269
          • 神経筋の異常と高体温
            269
          • 譫妄と高体温
            270
          • セロトニン症候群
            270
          • ニューロレプト悪性症候群
            270
          • 悪性高熱症
            270
        • 臨床評価
          270
          • 高体温
            270
          • 熱射病
            270
          • 神経学的所見
            270
          • 循環器系
            271
          • 腎機能
            271
          • 消化器系
            271
          • 呼吸器系
            271
        • 検査
          271
          • 心電図
            271
          • 凝固障害
            272
          • 毒性試験
            272
        • 特異的治療
          272
          • 熱射病
            272
          • ダントロレン
            272
          • 高体温
            272
          • ニューロレプト悪性症候群の治療
            272
        • セロトニン症候群の治療
          273
          • 最終処置と専門家への照会
            273
      • 低体温
        273
        • 要点
          273
        • 初期治療
          273
          • 心停止:体温が30℃より低いとき
            273
          • 心停止:体温が30℃より高いとき
            273
          • 心停止を伴わない低体温:体温が28℃より低いとき
            274
          • 心停止を伴わない低体温:体温が26.5℃より高いとき
            274
          • 特異的処置
            274
          • 検査
            274
        • 鑑別診断
          274
          • はじめに
            274
          • 病態生理
            275
          • 心臓
            275
          • 276
          • その他の生理作用
            276
        • 臨床評価
          276
        • 検査
          277
        • 特異的治療
          277
          • 循環の補助
            277
          • 復温
            278
          • 呼吸の確保
            278
        • 最終処置と専門家への照会
          278
      • 参考文献
        278
    • 28章
      眼の傷害
      • 要点
        282
      • はじめに
        282
      • 初期治療
        282
        • 一般的原則
          282
        • 応急処置
          283
        • 特異的治療
          283
          • 治療薬
            284
          • 外科的処置
            284
      • 最終処置/眼科医への照会
        284
      • 各論
        284
        • アルカリ
          284
          • 臨床所見
            284
          • 臨床経過
            286
          • 処置
            286
          • 治療薬
            286
        • 286
        • 溶媒および炭化水素
          287
        • 合成洗剤および界面活性剤
          287
        • メチルイソシアナート
          287
        • 化学兵器
          288
          • 神経剤
            288
          • マスタード類
            288
          • ルイサイト
            288
          • ホスゲン
            288
          • 催涙剤
            288
        • 金属
          288
        • その他の物質
          289
      • 全身投与あるいは摂取した物質の眼への影響
        289
      • 眼科治療薬の全身への影響
        290
      • 参考文献
        290
  • III
    原因物質別対応
    • 29章
      アセトアミノフェン
      • 要点
        294
      • はじめに
        294
      • 薬理と病態生理
        294
        • 薬理
          294
        • 病態生理
          294
      • 臨床所見
        295
        • 長期摂取による肝障害
          296
      • 鑑別診断
        296
      • 検査
        296
        • 初期評価
          296
        • ノモグラムの使用
          296
        • 徐放剤
          296
        • 肝障害の評価
          297
      • 治療
        298
        • 急性中毒
          298
        • 解毒薬使用:N-アセチルシステイン(NAC)
          298
        • 作用機序
          298
        • 投与
          299
        • 投与量
          299
        • 米国における静注法
          299
        • 高リスク患者
          299
        • 摂取後時間経過例
          300
        • 摂取時間不明の急性中毒
          300
        • 長期摂取
          300
        • 妊婦
          300
        • 小児
          300
        • 劇症肝不全におけるNAC使用
          300
        • 劇症肝不全に対する肝移植
          300
        • その他
          300
      • 最終処置
        301
      • 後遺症
        301
      • 参考文献
        301
    • 30章
      サリチル酸系薬物
      • 要点
        304
      • はじめに
        304
      • 薬理と病態生理
        304
        • 薬理
          304
        • 病態生理
          305
      • 臨床所見
        305
      • 鑑別診断
        306
      • 検査
        307
      • 治療
        307
        • 汚染除去
          307
        • 輸液/アルカリ化
          308
        • 気道の管理
          308
        • 血液浄化法
          308
      • 最終処置
        309
      • 後遺症
        309
      • 参考文献
        309
    • 31章
      非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)
      • 要点
        312
      • 薬理と病態生理
        312
        • 薬理
          312
        • 病態生理
          313
      • 臨床所見
        313
      • 鑑別診断
        314
      • 検査
        314
      • 治療
        314
      • 最終処置
        314
      • 後遺症
        315
      • 特殊な状況
        315
        • シクロオキシゲナーゼ2(COX-2)阻害薬
          315
      • 参考文献
        315
    • 32章
      コルヒチン
      • 要点
        318
      • はじめに
        318
      • 薬物動態と病態生理
        318
        • 薬物動態
          318
        • 病態生理
          318
      • 臨床所見
        318
      • 鑑別診断
        319
      • 検査
        319
      • 治療
        319
      • 最終処置
        320
      • 後遺症
        320
      • 特殊な状況
        320
      • 参考文献
        320
    • 33章
      筋弛緩薬
      • 要点
        324
      • はじめに
        324
      • 薬理と病態生理
        324
        • 薬理
          324
        • 病態生理
          324
      • 臨床所見
        325
        • 急性中毒
          325
          • バクロフェン
            325
          • カリソプロドル
            326
          • オルフェナドリン
            326
          • シクロベンザプリン
            326
        • 慢性中毒
          326
        • 離脱
          326
      • 鑑別診断
        327
      • 検査
        327
      • 治療
        328
        • 一般的処置
          328
        • 特異的処置
          329
          • バクロフェン
            329
          • カリソプロドル
            329
          • オルフェナドリン
            329
          • シクロベンザプリン
            329
      • 最終処置
        329
      • 後遺症
        329
      • 参考文献
        329
    • 34章
      ビタミン
      • ビタミンA
        333
        • 要点:ビタミンA過剰症
          333
        • 薬理と病態生理
          333
          • 薬理
            333
          • 病態生理
            333
        • 臨床所見
          333
          • 慢性中毒
            333
          • 急性中毒
            344
        • 鑑別診断
          344
        • 検査
          335
        • 治療
          335
        • 最終処置
          335
        • 後遺症
          335
        • 特殊な状況
          335
      • ビタミンB6
        335
        • 要点
          335
        • 薬理と病態生理
          335
          • 薬理
            335
          • 病態生理
            335
        • 臨床所見
          336
        • 鑑別診断
          336
        • 検査
          336
        • 治療
          336
        • 最終処置
          336
        • 後遺症
          336
        • 特殊な状況
          336
      • ビタミンC
        336
        • 要点
          337
        • 薬理と病態生理
          337
          • 薬理
            337
          • 病態生理
            337
        • 臨床所見
          337
        • 鑑別診断
          337
        • 検査
          337
        • 治療
          337
        • 最終処置
          337
        • 後遺症
          337
      • ビタミンD
        337
        • 要点:ビタミンD過剰症
          337
        • 薬理と病態生理
          337
          • 薬理
            337
          • 病態生理
            338
        • 臨床所見
          338
        • 鑑別診断
          338
        • 検査
          338
        • 治療
          338
        • 最終処置
          338
        • 特殊な状況
          338
      • ニコチン酸
        338
        • 要点
          338
        • 薬理と病態生理
          339
          • 薬理
            339
          • 病態生理
            339
        • 臨床所見
          339
          • 急性中毒
            339
          • 慢性中毒
            339
        • 鑑別診断
          339
        • 検査
          339
        • 治療
          339
        • 最終処置
          340
        • 後遺症
          340
      • 参考文献
        340
    • 35章
      • 要点
        344
      • はじめに
        344
      • 薬理と病態生理
        344
        • 薬理
          344
        • 病態生理
          344
      • 臨床所見
        345
      • 鑑別診断
        345
      • 検査
        345
        • X線写真
          346
        • 血清鉄濃度
          346
        • その他
          346
      • 治療
        346
        • 初期治療
          347
        • キレート化
          347
          • 適応
            347
          • 投与量および投与経路
            347
      • 最終処置
        348
      • 後遺症
        348
      • 特殊な状況
        348
      • 参考文献
        348
    • 36章
      カフェインおよび類似の一般用交感神経作動薬
      • 要点
        352
      • はじめに
        352
      • 薬物動態
        353
      • 病態生理
        353
      • 臨床所見
        354
        • 急性中毒
          354
        • 慢性中毒
          354
      • 鑑別診断
        354
      • 検査
        354
      • 治療
        355
        • 急性中毒
          355
        • 慢性中毒
          356
      • 最終処置
        356
      • 後遺症
        356
      • 参考文献
        356
    • 37章
      薬草および栄養補助剤
      • 要点
        360
      • はじめに
        360
        • 薬草の法規制
          360
        • 監視と研究
          360
        • 品質保証
          362
        • 医療関係者の役割
          362
      • 薬理と病態生理
        363
        • 中枢神経系
          363
        • 末梢神経系
          363
        • 心血管系
          364
        • 肝臓
          364
        • 消化管
          364
        • 血液系
          365
        • 内分泌系
          365
        • 腎臓
          365
        • 多臓器への作用
          365
        • 薬物相互作用
          366
      • 臨床所見
        366
        • 致死性の急性中毒
          368
      • 鑑別診断
        369
      • 検査
        369
      • 治療
        370
      • 最終処置
        371
      • 後遺症
        371
      • 特殊な状況
        371
        • 民族性
          371
        • 妊娠,授乳,小児
          371
        • 高齢者
          371
        • 危険信号:中毒や不完全な治療の原因となる薬草使用の動機
          372
        • 感染症
          372
        • ダイエット
          373
      • 参考文献
        374
    • 38章
      下剤
      • 要点
        378
        • 急性下剤中毒
          378
        • 長期にわたる下剤乱用
          378
      • はじめに
        378
      • 薬理と病態生理
        378
        • 膨張性下剤
          378
        • 生理食塩液と浸透圧製剤
          378
        • 刺激性下剤
          379
        • 界面活性剤
          379
      • 臨床所見
        379
        • 急性下剤中毒
          379
          • 刺激性下剤
            379
          • 生理食塩液と浸透圧製剤
            379
        • 長期にわたる下剤使用および乱用
          380
          • 刺激性下剤
            380
          • 膨張性下剤
            380
        • リポイド肺炎
          380
      • 鑑別診断
        380
        • 急性下剤中毒
          380
        • 長期にわたる下剤使用および乱用
          381
        • リポイド肺炎
          381
      • 検査
        381
        • 急性下剤中毒
          381
          • 刺激性下剤
            381
          • リン酸塩系下剤
            381
          • マグネシウム系下剤
            381
          • 膨張性下剤
            381
        • 長期にわたる下剤使用および乱用
          381
          • フェノールフタレイン
            381
          • 浸透圧製剤
            382
          • その他の検査
            382
        • リポイド肺炎
          382
      • 治療
        382
        • 急性下剤中毒
          382
          • 膨張性下剤
            382
          • 刺激性下剤
            382
          • リン酸塩系下剤
            382
          • クエン酸マグネシウム・硫酸マグネシウム・水酸化マグネシウム
            383
        • 長期にわたる下剤使用
          383
        • リポイド肺炎
          383
      • 最終処置
        383
        • 急性下剤中毒
          383
          • リン酸塩・マグネシウム系下剤
            383
          • 刺激性下剤
            383
        • 長期にわたる下剤使用
          383
        • リポイド肺炎
          383
      • 後遺症
        384
      • 参考文献
        384
    • 39章
      樟脳・防虫剤
      • 樟脳
        386
        • 要点
          386
        • はじめに
          386
        • 毒物動態と病態生理
          386
        • 臨床所見
          386
        • 鑑別診断
          386
        • 検査
          387
        • 治療
          387
        • 最終処置
          387
        • 後遺症
          387
      • 防虫剤
        387
        • 要点
          387
        • ナフタレン
          387
        • p-ジクロロベンゼン
          387
      • はじめに
        387
      • ナフタレン
        388
        • 病態生理
          388
        • 臨床所見
          388
        • 鑑別診断
          388
        • 検査
          388
        • 治療
          388
        • 最終処置
          388
        • p-ジクロロベンゼン
          389
      • 参考文献
        389
    • 40章
      精油
      • アブサン油
        393
      • 樟脳
        393
      • ケイ皮油
        394
      • シトロネラ油
        394
      • チョウジ油
        394
      • ユーカリ油
        395
      • ニクズク
        396
      • ボレイハッカ油
        396
      • ハッカ油
        397
      • サッサフラス
        398
      • 冬緑油
        398
      • まとめ
        399
      • 参考文献
        399
    • 41章
      抗不整脈薬
      • クラス1A抗不整脈薬:キニジン,プロカインアミド,ジソピラミド
        403
        • 要点
          403
        • 薬理と病態生理
          403
          • 薬理
            403
          • 病態生理
            403
        • 臨床所見
          404
        • 鑑別診断
          404
        • 検査
          404
        • 治療
          405
        • 最終処置
          406
        • 後遺症
          406
      • クラス1B抗不整脈薬:リドカイン,トカイニド,メキシレチン
        406
        • 要点
          406
        • 薬理と病態生理
          406
          • 薬理
            406
          • 病態生理
            406
        • 臨床所見
          406
        • 鑑別診断
          406
        • 検査
          406
        • 治療
          406
        • 最終処置
          406
        • 後遺症
          407
        • 特殊な状況
          407
      • クラス1C抗不整脈薬:フレカイニド,エンカイニド,プロパフェノン,モリシジン
        407
        • 要点
          407
        • 薬理と病態生理
          407
          • 薬理
            407
          • 病態生理
            407
        • 臨床所見
          407
        • 鑑別診断
          407
        • 検査
          407
        • 治療
          407
        • 最終処置
          407
        • 後遺症
          407
      • クラス3抗不整脈薬:アミオダロン,ソタロール,ブレチリウム
        408
        • 要点
          408
        • 薬理と病態生理
          408
          • 薬理
            408
          • 病態生理
            408
        • 臨床所見
          408
        • 鑑別診断
          408
        • 検査
          408
        • 治療
          408
        • 最終処置
          409
        • 後遺症
          409
      • 参考文献
        409
    • 42章
      β-アドレナリン受容体拮抗薬
      • 要点
        412
      • はじめに
        412
      • 薬理と病態生理
        412
        • β-アドレナリン受容体系
          412
        • 中毒作用機序
          413
        • 薬理
          413
      • 臨床所見
        414
        • 一般例
          414
        • 心血管系
          414
        • 中枢神経系
          414
        • 415
        • 代謝
          415
        • まれな症状
          415
      • 鑑別診断
        415
      • 検査
        415
      • 治療
        415
        • グルカゴン
          416
          • 原理
            416
          • 投与量
            416
          • 有害作用
            416
        • カテコラミン
          416
          • 原理
            416
          • 薬剤
            416
          • 投与量
            417
        • ホスホジエステラーゼ阻害薬
          417
          • 原理
            417
        • アトロピン
          417
        • 薬物によらない治療
          417
        • 消化管に対する初期治療
          417
        • 排出促進
          417
        • 治療の目標
          417
      • 最終処置
        418
      • 後遺症
        418
      • 参考文献
        418
    • 43章
      カルシウムチャンネル拮抗薬
      • 要点
        422
      • はじめに
        422
      • 薬理と病態生理
        422
        • 薬理
          422
        • 持効性製剤の薬物動態
          422
        • 病態生理
          422
      • 臨床所見
        423
      • 鑑別診断
        423
      • 検査
        424
      • 治療
        424
        • 消化管に対する初期治療
          425
        • 強心薬
          426
        • 救命治療
          427
      • 最終処置
        427
      • 後遺症
        427
      • 参考文献
        427
    • 44章
      強心配糖体
      • 要点
        430
      • はじめに
        430
      • 薬理と病態生理
        431
        • 薬物動態
          421
        • 薬力学
          432
        • 病態生理
          433
      • 臨床所見
        434
        • 急性中毒と慢性中毒
          435
      • 鑑別診断
        436
      • 検査
        436
        • 血清ジゴキシン濃度
          437
        • イムノアッセイ
          437
      • 治療
        437
        • 一般的処置
          437
          • カリウムとマグネシウムの補給
            437
          • 不整脈
            438
          • 消化管に対する初期治療
            439
        • 解毒薬投与
          439
      • 最終処置
        441
      • 後遺症
        441
      • 参考文献
        441
    • 45章
      クロニジンと中枢性降圧薬
      • 要点
        444
      • はじめに
        444
      • 薬理と病態生理
        444
      • 臨床所見
        445
        • 急性中毒
          445
        • 慢性中毒
          446
      • 鑑別診断
        446
      • 検査
        447
      • 治療
        447
      • 最終処置
        448
      • 後遺症
        449
      • 参考文献
        449
    • 46章
      降圧薬
      • 要点
        452
      • はじめに
        452
      • 各論
        452
        • 利尿薬
          452
          • 薬理と病態生理
            452
          • 臨床所見
            454
        • 交感神経遮断薬
          455
          • 薬理と病態生理
            455
          • 臨床所見
            455
        • 血管拡張薬
          456
          • 薬理と病態生理
            456
          • 臨床所見
            456
        • アンギオテンシン変換酵素阻害薬
          457
          • 薬理と病態生理
            457
          • 臨床所見
            458
          • アンギオテンシンII受容体拮抗薬
            458
      • 鑑別診断
        458
      • 検査
        458
      • 治療
        458
        • 低血圧
          458
        • 徐脈
          459
        • 不整脈
          459
        • 排出促進
          459
        • 特異的処置
          459
          • 血管拡張薬
            459
          • ACE阻害薬
            459
          • 交感神経遮断薬
            459
      • 最終処置
        460
      • 後遺症
        460
      • 参考文献
        460
    • 47章
      ニトロプルシド
      • 要点
        464
        • シアン中毒
          464
        • チオシアナート中毒
          464
      • はじめに
        464
      • シアン
        464
        • 病態生理
          464
        • 臨床所見
          465
        • 鑑別診断
          465
        • 検査
          466
        • 治療
          466
        • 予防
          467
        • 後遺症
          467
      • チオシアナート
        467
        • 病態生理
          467
        • 臨床所見
          467
        • 検査
          467
        • 治療
          467
        • 後遺症
          467
      • 参考文献
        468