化学物質毒性ハンドブック. 臨床編第2巻

丸善/2003.1

当館請求記号:SD2-H9


目次


  • III
    原因物質別対応
    • ・治療薬
      • 48
        テオフィリン
        C. M. Stork(翻訳:安江明子)
        M. A. Howland(翻訳:安江明子)
        493
        • 要点
          494
        • はじめに
          494
        • 薬理と病態生理
          494
          • 薬理
            494
          • 病態生理
            495
        • 臨床所見
          495
        • 鑑別診断
          495
        • 検査
          496
          • テオフィリン濃度
            496
          • 急性中毒
            496
          • 慢性中毒
            496
          • その他の研究
            496
        • 治療
          496
          • 一般的処置
            496
          • 特異的処置
            497
          • 消化管に対する初期治療
            497
          • 体外式血液浄化法
            497
          • その他の治療
            498
          • 慢性中毒
            498
        • 最終処置
          498
        • 後遺症
          498
        • 特殊な状況
          499
        • 参考文献
          499
      • 49
        選択的β−アドレナリン受容体作動薬
        J. Perrone(翻訳:安江明子)
        501
        • 要点
          502
        • はじめに
          502
        • 薬理と病態生理
          502
          • 薬理
            502
          • 病態生理
            502
          • 各論
            503
        • 臨床所見
          503
        • 鑑別診断
          504
        • 検査
          504
        • 治療
          504
          • 消化管に対する初期治療
            504
          • 心筋と血管に対する作用
            504
          • 低カリウム血症
            504
        • 最終処置
          504
        • 後遺症
          505
        • 参考文献
          505
      • 50
        経口血糖降下薬
        L. R. Wolf(翻訳:武居裕子)
        F. Smeeks(翻訳:武居裕子)
        M. Policastro(翻訳:武居裕子)
        507
        • 要点
          508
        • はじめに
          508
        • グルコース調節の生理学
          508
          • 正常なグルコース調節
            508
          • 低血糖時の生体反応
            509
          • 低血糖時の生体反応に影響する要因
            509
        • 薬理と病態生理
          510
          • スルホニル尿素
            510
          • 薬理
            510
          • 病態生理
            510
          • 非スルホニル尿素
            511
          • ビグアニド
            511
          • α-グルコシダーゼ阻害薬
            512
          • チアゾリジネジオン
            512
          • レパグリニド
            513
        • 臨床所見
          513
        • 鑑別診断
          513
        • 検査
          514
          • グルコース
            514
          • インスリン
            514
          • その他の検査
            514
        • 治療
          514
          • 低血糖
            515
          • アシドーシス
            515
          • その他の治療法
            515
        • 最終処置
          515
        • 後遺症
          516
          • 謝辞
            516
        • 参考文献
          516
      • 51
        インスリン
        L. R. Wolf(翻訳:武居裕子)
        R. Perry(翻訳:武居裕子)
        M. Policastro(翻訳:武居裕子)
        519
        • 要点
          520
        • はじめに
          520
        • 薬理と病態生理
          520
          • 薬理
            520
          • 病態生理
            521
          • 正常なグルコース調節
            521
          • 低血糖時の生体反応
            521
          • 低血糖時の生体反応に影響する要因
            522
        • 臨床所見
          522
        • 鑑別診断
          523
        • 検査
          523
          • グルコース
            523
          • インスリン
            523
        • 治療
          524
        • 最終処置
          524
        • 後遺症
          524
          • 謝辞
            524
        • 参考文献
          524
      • 52
        イソニアジドおよびその他の抗結核薬
        G. C. Henry(翻訳:長谷川真理子)
        S. Haynes(翻訳:長谷川真理子)
        527
        • 要点
          528
        • はじめに
          528
        • イソニアジド
          528
          • はじめに
            528
          • 薬理と病態生理
            528
          • 薬理
            528
          • 病態生理
            529
          • 臨床所見
            529
          • 急性中毒
            529
          • 慢性中毒
            530
          • 鑑別診断
            530
          • 検査
            530
          • 治療
            530
          • 急性中毒
            530
          • 慢性中毒
            531
          • 最終処置
            531
          • 後遺症
            531
        • その他の抗結核薬
          531
          • リファンピシン
            531
          • エタンブトール
            532
          • ピラジナミド
            532
          • ストレプトマイシン
            532
          • ρ-アミノサリチル酸
            533
          • サイクロセリン
            533
          • エチオナミド
            533
          • カプレオマイシン
            533
          • バイオマイシン
            533
          • クロファジミン
            533
          • 他の抗結核薬中毒の治療
            533
        • 参考文献
          533
      • 53
        抗腫瘍薬
        T. Erickson(翻訳:富田明子)
        M. Wahl(翻訳:富田明子)
        535
        • メトトレキサート
          537
          • 要点
            537
          • はじめに
            537
          • 薬理と病態生理
            537
          • 臨床所見
            538
          • 鑑別診断
            539
          • 検査
            539
          • 治療
            539
          • 最終処置
            541
          • 後遺症
            541
        • ピンクリスチンとビンブラスチン
          541
          • 要点
            541
          • はじめに
            541
          • 薬理と病態生理
            541
          • 臨床所見
            541
          • 鑑別診断
            541
          • 検査
            542
          • 治療
            542
          • 最終処置
            542
          • 後遺症
            542
        • ドキソルビシン
          542
          • 要点
            542
          • はじめに
            542
          • 薬理と病態生理
            542
          • 臨床所見
            542
          • 鑑別診断
            543
          • 検査
            543
          • 治療
            543
          • 最終処置
            543
          • 後遺症
            543
        • ブレオマイシン
          543
          • 要点
            543
          • はじめに
            543
          • 薬理と病態生理
            543
          • 臨床所見
            543
          • 鑑別診断
            543
          • 検査
            543
          • 治療
            544
          • 最終処置
            544
          • 後遺症
            544
        • アルキル化剤
          544
          • 要点
            544
          • はじめに
            544
          • 薬理と病態生理
            544
          • 臨床所見
            544
          • 鑑別診断
            544
          • 検査
            544
          • 治療
            544
          • 最終処置
            545
          • 後遺症
            545
        • シスプラチンとカルボプラチン
          545
          • 要点
            545
          • はじめに
            545
          • 薬理と病態生理
            545
          • 臨床所見
            545
          • 鑑別診断
            545
          • 検査
            545
          • 治療
            545
          • 最終処置
            546
          • 後遺症
            546
        • パクリタキセル
          546
          • 要点
            546
          • はじめに
            546
          • 薬理と病態生理
            546
          • 臨床所見
            546
          • 鑑別診断
            546
          • 検査
            546
          • 治療
            546
          • 最終処置
            546
          • 後遺症
            546
        • 結論
          547
        • 参考文献
          547
      • 54
        麦角アルカロイド
        F. P. Harchelroad(翻訳:嘉糠由利子)
        Jr., A. R. Topliff (翻訳:嘉糠由利子)
        549
        • 要点
          550
        • はじめに
          550
        • 薬理と病態生理
          550
          • 薬理
            550
          • 病態生理
            551
        • 臨床所見
          551
        • 鑑別診断
          553
        • 検査
          553
        • 治療
          553
        • 最終処置
          554
        • 後遺症
          554
        • 参考文献
          554
      • 55
        ヘパリン
        H. H. Osborn(翻訳:嘉糠由利子)
        557
        • 要点
          558
        • はじめに
          558
        • 薬理と病態生理
          558
          • 薬理
            558
          • 病態生理
            559
        • 臨床所見
          559
          • 急性中毒
            559
          • 出血のリスク
            559
          • 亜急性中毒
            559
          • 血小板減少
            559
          • 慢性中毒
            560
        • 鑑別診断
          560
        • 検査
          560
        • 治療
          561
          • 特異的治療
            561
          • ヘパリンの阻害(プロタミン)
            561
          • その他の阻害薬
            561
          • ヘパリン誘発血栓症・血小板減少症候群
            561
          • その他の抗凝血薬
            562
        • 最終処置
          562
        • 後遺症
          562
        • 参考文献
          562
      • 56
        抗コリン薬および抗ヒスタミン薬
        K. A. Delaney(翻訳:安江明子)
        564
        • 要点
          564
        • はじめに
          564
        • 薬理と病態生理
          565
          • 薬理
            565
          • 病態生理
            565
          • 抗コリン作用
            565
          • 非鎮静抗ヒスタミン薬の心毒性
            565
        • 臨床所見
          566
        • 鑑別診断
          566
        • 検査
          567
          • 代謝と心電図所見
            567
          • 薬毒物のスクリーニング
            567
        • 治療
          567
          • 高体温
            567
          • 興奮
            568
          • 薬物の除去
            568
          • フィゾスチグミン
            568
        • 最終処置
          569
        • 後遺症
          569
        • 参考文献
          569
      • 57
        カルバマゼピン
        P. E. McKinney(翻訳:長谷川真理子)
        K. Birnbaum(翻訳:長谷川真理子)
        571
        • 要点
          572
        • はじめに
          572
        • 薬物動態と病態生理
          572
          • 薬物動態
            572
          • 病態生理
            573
        • 臨床所見
          573
          • 急性中毒
            573
          • 慢性中毒
            574
          • 小児
            574
        • 鑑別診断
          574
        • 検査
          575
          • カルバマゼピン濃度
            575
          • その他の検査
            575
        • 治療
          575
          • 初期治療
            575
          • 痙攣
            576
          • 解毒剤
            576
          • 排出促進
            576
        • 最終処置
          576
        • 後遺症
          577
        • 参考文献
          577
      • 58
        フェニトイン
        P. E. McKinney(翻訳:長谷川真理子)
        579
        • 要点
          580
        • はじめに
          580
        • 薬理と病態生理
          580
          • 薬理
            580
          • 吸収
            580
          • 分布
            580
          • 代謝
            581
          • 病態生理
            581
        • 臨床所見
          581
          • 急性中毒
            581
          • 神経学的所見
            581
          • 消化器
            582
          • 心血管系
            582
          • 他の作用
            582
          • 慢性中毒
            582
          • 重大な有害作用
            583
          • 胎児ヒダントイン症候群
            583
          • 小児
            583
        • 鑑別診断
          583
        • 検査
          584
        • 治療
          584
          • 一般的治療
            584
          • 消化管に対する初期治療
            584
          • 神経系および心血管系の合併症
            585
          • その他
            585
        • 最終処置
          585
          • 退院
            585
          • 入院
            585
        • 後遺症
          585
          • 急性中毒
            585
          • 慢性中毒
            586
        • 参考文献
          586
      • 59
        バルプロ酸および新しい抗痙攣薬
        S. A. Normann(翻訳:長谷川真理子)
        V. C. Speranza(翻訳:長谷川真理子)
        G. G. Gaar(翻訳:長谷川真理子)
        587
        • 要点
          588
        • バルプロ酸
          588
          • 薬理と病態生理
            588
          • 薬理
            588
          • 病態生理
            588
          • 臨床所見
            588
          • 中毒量の1回摂取
            589
          • 治療量の長期服用
            589
          • 特異的反応
            589
          • 鑑別診断
            589
          • 検査
            589
          • 治療
            589
          • 急性経口中毒
            589
          • 治療量の長期投与
            590
          • 最終処置
            590
          • 後遺症
            590
        • 新しい抗痙攣薬
          590
          • フェルバマート
            590
          • ガバペンチン
            590
          • ラモトリジン
            591
          • トピラマート
            591
          • 治療
            591
        • 参考文献
          591
      • 60
        抗ウイルス薬
        R. L. Chin(翻訳:嘉糠由利子)
        593
        • 抗ヘルペスウイルス薬
          596
          • 要点
            596
          • はじめに
            596
          • 病態生理
            596
          • 臨床所見
            597
          • アシクロビル
            597
          • バラシクロビル
            598
          • ファムシクロビル
            598
          • ガンシクロビル
            598
          • シドホビル
            598
          • ホスカルネット
            599
          • 鑑別診断
            599
          • 検査
            599
          • 治療
            599
          • 最終処置
            599
        • 抗レトロウイルス薬
          599
          • 要点
            599
          • はじめに
            599
          • 病態生理
            600
          • 臨床所見
            600
          • ジドブジン
            600
          • ジダノシン
            600
          • ザルシタビン
            600
          • スタブジン
            600
          • ラミブジン
            600
          • アバカビル
            600
          • デラビルジン
            601
          • ネビラピン
            601
          • エファビレンツ
            601
          • 鑑別診断
            601
          • 検査
            601
          • 治療
            601
          • 最終処置
            601
        • 抗インフルエンザ薬
          601
          • 要点
            601
          • はじめに
            601
          • 病態生理
            601
          • 臨床所見
            601
          • 鑑別診断
            602
          • 検査
            602
          • 治療
            602
          • 最終処置
            602
        • インターフェロン
          602
          • 要点
            602
          • はじめに
            602
          • 病態生理
            602
          • 臨床所見
            603
          • 鑑別診断
            603
          • 検査
            603
          • 治療
            603
          • 最終処置
            603
        • リバビリン
          603
          • 要点
            603
          • はじめに
            603
          • 病態生理
            603
          • 臨床所見
            603
          • 鑑別診断
            603
          • 検査
            603
          • 治療
            603
          • 最終処置
            603
        • タンパク分解酵素阻害薬
          603
          • 要点
            603
          • はじめに
            604
          • 病態生理
            604
          • 臨床所見
            604
          • サキナビル
            604
          • リトナビル
            604
          • インジナビル
            604
          • 鑑別診断
            604
          • 検査
            604
          • 治療
            604
          • 最終処置
            604
        • 参考文献
          604
      • 61
        抗マラリア薬
        S. Doyon(翻訳:嘉糠由利子)
        607
        • 要点
          608
        • はじめに
          608
        • 薬理と病態生理
          608
          • 薬理
            608
          • キノリン類
            608
          • アレテミシニン
            609
          • 病態生理
            609
          • キニーネ
            609
          • クロロキン
            609
          • メフロキン
            609
        • 臨床所見
          609
          • キニーネ
            609
          • クロロキン
            610
          • メフロキン
            610
          • アルテミシニン
            610
        • 鑑別診断
          610
        • 検査
          610
          • キニーネ,クロロキン
            610
          • メフロキン
            611
        • 治療
          611
          • 初期治療
            611
          • キニーネ
            611
          • 心血管毒性
            611
          • 眼毒性
            612
          • 薬物除去
            612
          • クロロキン
            612
          • 心血管毒性
            612
          • 低カリウム血症
            612
          • 薬物除去
            612
          • メフロキン
            612
        • 最終処置
          612
        • 後遺症
          612
        • 参考文献
          612
      • 62
        環系抗うつ薬
        P. R. Pentel(翻訳:長谷川真理子)
        D. E. Keyler(翻訳:長谷川真理子)
        615
        • 要点
          616
        • はじめに
          616
        • 薬理と病態生理
          616
          • 薬理
            616
          • 病態生理
            616
        • 臨床所見
          617
          • 中毒量
            617
          • 一般症状
            618
          • 中枢神経系
            618
          • 心血管系
            618
          • QRS延長
            618
          • 低血圧
            618
          • 不整脈
            618
          • その他の影響
            618
        • 鑑別診断
          619
        • 検査
          619
        • 治療
          619
          • 心血管毒性
            620
          • 低血圧
            620
          • 不整脈
            620
          • 中枢神経系
            620
          • その他
            620
        • 最終処置
          621
        • 後遺症
          621
        • 参考文献
          621
      • 63
        セロトニン再取込み阻害薬,新しい抗うつ薬,セロトニン症候群
        J. Brent(翻訳:長谷川真理子)
        623
        • 要点
          624
        • はじめに
          624
        • SSRI/SRI
          625
          • 薬理と病態生理
            625
          • 薬理
            625
          • 病態生理
            626
          • 臨床所見
            627
          • 急性中毒
            627
          • セロトニン症候群
            627
          • 鑑別診断
            628
          • 検査
            629
          • 治療
            630
          • 中毒
            630
          • セロトニン症候群
            630
          • 最終処置
            630
          • 後遺症
            630
        • ブプロピオン
          630
        • 特殊な状況:薬物相互作用
          631
        • 参考文献
          631
      • 64
        リチウム
        H. H. Osborn(翻訳:田中昌子)
        D. Malkevich(翻訳:田中昌子)
        633
        • 要点
          634
        • はじめに
          634
        • 薬理と病態生理
          634
          • 薬理
            634
          • 病態生理
            635
        • 臨床所見
          635
          • 慢性中毒
            636
          • 急性中毒
            636
          • 一過性の有害作用
            636
          • 持続性の有害作用
            636
        • 鑑別診断
          637
        • 検査
          637
          • リチウム治療のモニタリング
            637
          • リチウム中毒
            637
        • 治療
          637
          • 胃の初期治療
            637
          • 晶質液の輸液
            638
          • 血液透析
            638
          • 腹膜透析
            639
          • 持続的動静脈血液透析濾過法
            639
          • 利尿薬
            639
        • 最終処置
          639
        • 後遺症
          639
        • 参考文献
          639
      • 65
        抗精神病薬
        F. J. De Roos(翻訳:長谷川真理子)
        641
        • 要点
          642
        • はじめに
          642
        • 薬理と病態生理
          643
          • 薬理
            643
          • 病態生理
            643
        • 臨床所見
          643
          • 急性中毒
            643
          • 錐体外路症候群
            644
          • 遅発性ジスキネジー
            644
        • 鑑別診断
          645
        • 検査
          645
        • 治療
          645
          • 急性中毒
            645
          • 錐体外路症候群
            646
        • 最終処置
          646
        • 後遺症
          646
        • 特殊な状況
          646
          • クロザピンによる顆粒球減少症
            646
          • ニューロレプト悪性症候群
            647
          • 臨床所見
            647
          • 鑑別診断
            647
          • 治療
            647
        • 参考文献
          647
      • 66
        モノアミン酸化酵素阻害薬
        M. J. Mendelsohn(翻訳:長谷川真理子)
        649
        • 要点
          650
        • はじめに
          650
        • 薬理と病態生理
          650
          • 薬理
            650
          • 病態生理
            651
        • 臨床所見
          652
          • MAO阻害薬中毒
            653
          • 第I相:潜伏期間
            653
          • 第II相:興奮
            653
          • 第III相:抑制
            653
          • 第IV相:合併症
            653
          • チラミン反応
            653
          • 薬物相互作用
            654
        • 鑑別診断
          655
        • 検査
          655
          • 一般
            655
          • 毒物
            655
        • 治療
          656
          • 一般
            656
          • 初期治療
            656
          • 血圧上昇
            657
          • 血圧低下
            657
          • 高体温
            657
          • 痙攣
            657
          • 横紋筋融解
            658
          • 不整脈
            658
          • その他の治療
            658
        • 最終処置
          658
        • 後遺症
          659
        • 参考文献
          659
      • 67
        催眠鎮静薬
        E. L. Liebelt(翻訳:土井史子)
        663
        • 要点
          665
        • はじめに
          665
          • 薬理
            665
          • 臨床所見
            665
          • 鑑別診断
            665
          • 検査
            665
          • 治療
            666
          • 後遺症
            666
        • 臭化物
          666
          • 要点
            666
          • 慢性毒性(慢性臭素中毒)
            666
          • はじめに
            667
          • 薬理と病態生理
            667
          • 臨床所見
            667
          • 鑑別診断
            667
          • 検査
            667
          • 治療
            667
          • 最終処置
            667
          • 後遺症
            667
          • 特殊な状況
            667
        • 抱水クロラール
          668
          • 要点
            668
          • はじめに
            668
          • 薬理と病態生理
            668
          • 臨床所見
            668
          • 鑑別診断
            668
          • 検査
            668
          • 治療
            668
          • 最終処置
            669
          • 後遺症
            669
        • エトクロルビノール
          669
          • 要点
            669
          • はじめに
            669
          • 薬理と病態生理
            669
          • 臨床所見
            669
          • 鑑別診断
            669
          • 検査
            669
          • 治療
            670
          • 最終処置
            670
          • 後遺症
            670
          • 特殊な状況
            670
        • グルテチミド
          670
          • 要点
            670
          • はじめに
            670
          • 薬理と病態生理
            670
          • 臨床所見
            670
          • 鑑別診断
            670
          • 検査
            670
          • 治療
            670
          • 最終処置
            671
          • 後遺症
            671
          • 特殊な状況
            671
        • メプロバメート
          671
          • 要点
            671
          • はじめに
            671
          • 薬理と病態生理
            671
          • 臨床所見
            671
          • 鑑別診断
            671
          • 検査
            671
          • 治療
            672
          • 最終処置
            672
          • 後遺症
            672
        • メタカロン
          672
          • 要点
            672
          • はじめに
            672
          • 薬理と病態生理
            672
          • 臨床所見
            672
          • 鑑別診断
            673
          • 検査
            673
          • 治療
            673
          • 最終処置
            673
          • 後遺症
            673
        • ゾルピデム
          673
          • 要点
            673
          • はじめに
            673
          • 薬理と病態生理
            673
          • 臨床所見
            673
          • 鑑別診断
            673
          • 検査
            673
          • 治療
            673
          • 最終処置
            674
          • 後遺症
            674
        • その他
          674
        • 参考文献
          674
      • 68
        バルビツール酸系催眠薬
        N. Schiebel(翻訳:土井史子)
        I. Vicas(翻訳:土井史子)
        675
        • 要点
          676
        • はじめに
          676
        • 薬理と病態生理
          676
          • 薬理
            676
          • 病態生理
            676
        • 臨床所見
          677
        • 鑑別診断
          677
        • 検査
          677
        • 治療
          678
          • 保存的治療
            678
          • 毒物除去
            679
          • 排出促進
            679
        • 最終処置
          680
        • 後遺症
          680
        • 参考文献
          680
      • 69
        ベンゾジアゼピン
        S. E. Farrell(翻訳:土井史子)
        683
        • 要点
          684
        • はじめに
          684
        • 薬理
          684
        • 臨床所見
          685
        • 鑑別診断
          686
        • 検査
          686
        • 治療
          687
        • 最終処置
          688
        • 後遺症
          689
        • 特殊な状況:ベンゾジアゼピン禁断症状
          689
        • 参考文献
          689
      • 70
        禁断症候群
        C. Chiang(翻訳:土井史子)
        P. M. Wax(翻訳:土井史子)
        691
        • 要点
          692
        • はじめに
          692
        • 薬物
          692
          • 催眠鎮静薬
            692
          • エタノール
            692
          • ベンゾジアゼピン
            696
          • 麻薬
            697
        • その他の離脱状態
          698
          • 新生児禁断症候群
            698
          • コカイン
            698
          • ニコチン
            698
          • カフェイン
            698
        • 参考文献
          699
      • 71
        ジスルフィラム
        W. A. Watson(翻訳:嘉糠由利子)
        701
        • 要点
          702
        • はじめに
          702
        • 薬理と病態生理
          702
          • 薬理
            702
          • 薬物動態
            702
          • 病態生理
            703
        • 臨床所見
          .703
          • ジスルフィラムの摂取
            703
          • 成人
            703
          • 小児
            704
          • ジスルフィラム−エタノール反応
            704
        • 鑑別診断
          704
          • ジスルフィラム中毒
            704
          • ジスルフィラム−エタノール反応
            704
        • 検査
          704
        • 治療
          705
        • 最終処置
          705
        • 後遺症
          705
        • 参考文献
          705
      • 72
        合成男性ホルモン−タンパク同化ステロイド
        P. A. Chyka(翻訳:武居裕子)
        707
        • 要点
          708
        • はじめに
          708
        • 薬理と病態生理
          709
          • 薬理
            709
          • 病態生理
            709
        • 臨床所見
          710
          • 急性症状
            710
          • 長期使用による症状
            710
          • 一般的症状
            710
          • 肝への影響
            710
          • その他の要因
            711
          • 小児への影響
            711
        • 鑑別診断
          711
        • 検査
          711
        • 治療
          712
          • 一般的処置
            712
          • 特異的処置
            712
        • 最終処置
          712
        • 後遺症
          713
          • 急性症状
            713
          • 長期的影響
            713
        • その他の問題
          713
        • 参考文献
          713
      • 73
        甲状腺ホルモン
        M. Tenenbein(翻訳:武居裕子)
        715
        • 要点
          716
        • はじめに
          716
        • 病態生理
          716
        • 臨床所見
          716
        • 鑑別診断
          717
        • 検査
          717
        • 治療
          717
        • 最終処置
          717
        • 後遺症
          717
        • 参考文献
          717
    • ・乱用
      • 74
        エタノール
        E. J. Otten(翻訳:嘉糠由利子)
        K. M. Prybys(翻訳:嘉糠由利子)
        L. B. Gesell(翻訳:嘉糠由利子)
        719
        • 要点
          720
        • はじめに
          720
        • 薬理と病態生理
          720
          • 薬理
            720
          • 病態生理
            721
        • 代謝と内分泌への影響
          722
        • 臨床所見
          723
          • 急性中毒
            723
          • ウェルニッケ・コルサコフ症候群
            723
          • アルコール性ケトアシドーシス
            724
          • 低マグネシウム血症
            724
        • 鑑別診断
          724
        • 検査
          724
        • 治療
          725
          • 急性中毒の治療
            725
          • その他の治療
            726
        • 最終処置
          726
        • 後遺症
          726
        • 参考文献
          726
      • 75
        コカイン
        J. E. Hollander(翻訳:土井史子)
        R. S. Hoffman(翻訳:土井史子)
        729
        • 要点
          730
        • はじめに
          730
        • 薬理と病態生理
          730
          • 薬理
            730
          • 病態生理
            730
        • 臨床所見
          731
          • 心血管作用
            731
          • 神経学的作用
            731
          • 血管虚血
            731
          • 横紋筋融解
            731
          • コカインを袋ごと飲み込んだ密輸業者・路上密売人
            731
          • 分娩と新生児に対する作用
            731
          • その他
            732
        • 鑑別診断
          732
        • 検査
          732
          • 化学的検査
            732
          • X線撮影
            732
          • 心電図
            732
          • 薬毒物のスクリーニング
            733
        • 治療
          733
          • 興奮
            733
          • 高体温
            733
          • 血圧
            733
          • 不整脈
            733
          • 心筋梗塞
            733
          • 神経合併症
            733
          • 横紋筋融解
            734
          • コカインを袋ごと飲み込んだ密輸業者・路上密売人
            735
        • 最終処置
          735
        • 後遺症
          735
        • 参考文献
          735
      • 76
        アンフェタミン
        J. A. Henry(翻訳:土井史子)
        737
        • 要点
          738
        • はじめに
          738
        • 薬理と病態生理
          739
          • 薬理
            739
          • 病態生理
            739
        • 臨床所見
          740
          • 急性合併症
            740
          • 慢性中毒
            741
        • 鑑別診断
          741
        • 検査
          742
        • 治療
          74
          • 急性精神障害・痙攣発作
            742
          • 高体温
            743
          • 心血管合併症
            743
          • 薬物排出と腎障害
            743
          • 低ナトリウム血症
            743
          • まれな合併症
            743
        • 最終処置
          743
        • 後遺症
          744
        • 参考文献
          744
      • 77
        麻薬
        K. C. Kleinschmidt(翻訳:土井史子)
        M. Wainscott(翻訳:土井史子)
        M. D. Ford(翻訳:土井史子)
        745
        • 要点
          746
        • はじめに
          746
        • 薬理と病態生理
          746
          • 薬理
            746
          • 病態生理
            748
        • 臨床所見
          748
        • 鑑別診断
          750
        • 検査
          750
        • 治療
          750
          • 一般的処置
            750
          • 麻薬拮抗薬
            751
          • ナロキソン
            751
          • ナルメフェン
            752
          • ナルトレキソン
            752
        • 最終処置
          752
        • 後遺症
          752
        • 特殊な状況
          752
          • 添加剤
            752
          • 作動性拮抗薬
            752
          • 麻薬を袋ごと飲み込んだ密輸業者・路上密売人
            753
          • 違法製造薬物:フェンタニル誘導体および1-メチル-4-フェニル-1, 2, 3, 6-テトラヒドロピリジン(MPTP)
            753
          • デキストロメトルファン
            754
          • ジフェノキシラートおよびロペラミド
            754
          • ヘロイン
            754
          • 持効性薬物
            754
          • メペリジン
            755
          • プロポキシフェン
            755
          • トラマドール
            755
        • 参考文献
          756
      • 78
        興奮剤
        L. C. Williams(翻訳:土井史子)
        C. Keyes(翻訳:土井史子)
        759
        • 要点
          760
        • はじめに
          760
        • 乱用薬物各論
          760
          • LSD(D-リゼルグ酸ジエチルアミド)
            760
          • 薬物動態
            760
          • 病態生理
            760
          • 臨床症状
            761
          • フェンシクリジン/ケタミン
            761
          • 薬物動態
            761
          • 病態生理
            761
          • 臨床症状
            762
          • γ-ヒドロキシ酪酸とその塩類および前駆物質
            762
          • 薬理
            762
          • 病態生理
            762
          • 臨床症状
            762
          • シロバナヨウシュチョウセンアサガオ
            763
          • 毒物動態
            763
          • 病態生理
            763
          • 臨床症状
            763
          • メスカリン
            763
          • 毒物動態
            763
          • 病態生理
            763
          • 臨床症状
            763
          • マリファナ
            763
          • 毒物動態
            763
          • 病態生理
            764
          • 臨床症状
            764
          • カート/メトカチノン
            764
          • 毒物動態
            764
          • 病態生理
            764
          • 臨床症状
            764
          • ヨヒンビン
            764
          • 毒物動態
            765
          • 病態生理
            765
          • 臨床症状
            765
        • 鑑別診断
          765
        • 検査
          765
        • 治療
          766
        • 最終処置
          767
        • 後遺症
          767
        • 参考文献
          767
      • 79
        有機溶媒
        L. M. Gussow(翻訳:田中恵子)
        769
        • 要点
          770
        • はじめに
          770
        • 薬理と病態生理
          771
          • 薬理
            771
          • 病態生理
            771
        • 臨床所見
          771
          • 急性中毒
            772
          • 慢性中毒
            772
        • 鑑別診断
          772
        • 検査
          773
        • 治療
          773
        • 最終処置
          773
        • 後遺症
          773
        • 特殊な状況
          774
          • タイプライター修正液
            774
          • ガソリン
            774
          • 亜硝酸アルキル
            774
          • 塩化メチレン
            774
        • 参考文献
          775
    • ・ガスおよび工業用品
      • 80
        一酸化炭素
        C. Tomaszewski(翻訳:田中恵子)
        777
        • 要点
          778
        • はじめに
          778
        • 毒物動態と病態生理
          778
          • 毒物動態
            778
          • 病態生理
            779
        • 臨床所見
          779
          • 急性中毒
            779
          • 慢性中毒
            780
        • 鑑別診断
          781
        • 検査
          781
          • 一酸化炭素ヘモグロビン濃度
            781
          • その他
            782
        • 治療
          782
          • 高圧酸素
            782
          • 科学的根拠
            782
          • 適応
            783
          • 神経心理学的検査
            783
          • 治療方針
            783
          • 合併症
            783
        • 最終処置
          784
        • 後遺症
          784
        • 特殊な状況
          785
          • 妊婦
            785
          • 小児
            785
          • 受診が遅れた場合
            785
        • 実験的治療
          785
        • 参考文献
          786
      • 81
        煙の吸入
        B. Roth(翻訳:田中恵子)
        K. R. Olson(翻訳:田中恵子)
        789
        • 要点
          790
        • はじめに
          790
        • 病態生理
          790
          • 熱傷
            790
          • 化学熱傷
            790
          • 全身中毒
            791
        • 臨床所見
          791
          • 気道傷害
            791
          • 全身中毒
            792
        • 鑑別診断
          793
        • 検査
          793
          • 脈波型酸素飽和度測定
            793
          • 動脈血ガス
            793
          • 乳酸アシドーシス
            793
          • 混合静脈血の酸素飽和度
            793
          • 携帯用一酸化炭素メータ
            794
          • 気管支鏡検査
            794
          • 経鼻喉頭ファイバースコープ検査
            794
          • 胸部X線検査
            794
          • その他
            794
        • 治療
          794
          • 初期治療
            794
          • 早期気管内挿管
            794
          • コルチコステロイド
            795
          • 解毒剤
            795
          • 病院における治療
            797
          • 実験的治療
            797
        • 最終処置
          797
        • 後遺症
          797
        • 参考文献
          797
      • 82
        症状がただちに現れるガス
        A. L. Weiner(翻訳:田中恵子)
        M. J. Bayer(翻訳:田中恵子)
        799
        • 要点
          800
        • はじめに
          800
        • 病態生理
          800
          • 刺激性ガス
            800
          • 単純窒息性ガス
            801
        • 臨床所見
          801
        • 鑑別診断
          801
        • 検査
          801
        • 治療
          802
        • 最終処置
          802
        • 後遺症
          803
        • 特殊な状況
          803
        • 参考文献
          803
      • 83
        症状が遅れて現れるガス
        D. M. Cosentino(翻訳:田中恵子)
        M. C. Cosentino(翻訳:田中恵子)
        M. J. Bayer(翻訳:田中恵子)
        805
        • ホスゲン
          807
          • 要点
            807
          • はじめに
            807
          • 病態生理
            807
          • 臨床所見
            807
          • 鑑別診断
            808
          • 検査
            808
          • 治療
            808
          • 最終処置
            808
        • 二酸化窒素
          808
          • 要点
            808
          • はじめに
            808
          • 病態生理
            809
          • 臨床所見
            809
          • 鑑別診断
            809
          • 検査
            809
          • 治療
            809
          • 最終処置
            810
        • イソシアナート
          810
          • 要点
            810
          • はじめに
            810
          • 病態生理
            810
          • 臨床所見
            810
          • 鑑別診断
            810
          • 検査
            810
          • 治療
            810
          • 最終処置
            811
        • 塩化亜鉛
          811
          • 要点
            811
          • はじめに
            811
          • 病態生理
            811
          • 臨床所見
            811
          • 鑑別診断
            811
          • 検査
            811
          • 治療
            811
          • 最終処置
            812
          • 後遺症
            812
        • アルシン
          812
          • 要点
            812
          • はじめに
            812
          • 病態生理
            812
          • 臨床所見
            813
          • 急性中毒
            813
          • 慢性中毒
            813
          • 鑑別診断
            813
          • 検査
            813
          • 治療
            813
          • 最終処置
            814
        • アクロレイン
          814
          • 要点
            814
          • はじめに
            814
          • 病態生理
            814
      • 84
        催涙剤:催涙ガス,トウガラシ
        L. M. Gussow(翻訳:田中恵子)
        819
        • 要点
          820
        • はじめに
          820
        • 病態生理
          820
        • 臨床所見
          820
        • 各論
          821
          • 1-クロロアセトフェノン(CN)
            821
          • o-クロロベンジリデンマロノニトリル(CS)
            821
          • ジベンズ[b, f]-1, 4-オキサゼピン(CR)
            821
          • メース
            821
          • カプサイシン
            822
        • 鑑別診断
          822
        • 検査
          822
        • 治療
          822
        • 最終処置
          823
        • 後遺症
          823
        • 参考文献
          823
      • 85
        金属フューム熱
        B. A. Baker(翻訳:加茂谷裕子)
        825
        • 要点
          826
        • はじめに
          826
        • 病態生理
          827
        • 臨床所見
          827
        • 鑑別診断
          828
        • 検査
          829
          • 胸部X線写真
            829
          • 動脈血酸素モニタリングと肺機能検査
            829
          • 金属濃度の測定
            829
        • 治療
          829
          • 作業環境への介入
            830
        • 最終処置
          830
        • 後遺症
          830
        • 参考文献
          830
      • 86
        シアン化物
        K. A. Delaney(翻訳:嘉糠由利子)
        833
        • 要点
          834
        • はじめに
          834
        • 毒性,病態生理
          834
          • 毒性
            834
          • 病態生理
            834
        • 臨床所見
          835
          • シアン中毒の診断
            835
          • 既往
            835
          • 症状
            835
          • シアンガスの吸入暴露
            835
          • シアン化物の摂取
            835
          • 有機ニトリルと青酸配糖体
            835
          • 慢性中毒
            835
          • ニトロプルシドの注入
            836
        • 鑑別診断
          836
        • 検査
          836
          • 通常の検査
            836
          • 確認試験
            837
          • 動静脈血酸素(AVO2)較差
            837
        • 治療
          837
          • テーラーのシアン解毒薬キット
            837
          • その他のシアン解毒薬
            838
          • 試験的処置の決定:“不確かな”場合
            839
        • 最終処置
          839
        • 後遺症
          839
        • 参考文献
          839
      • 87
        硫化水素
        J. B. Leikin(翻訳:嘉糠由利子)
        841
        • 要点
          842
        • はじめに
          842
        • 薬物動態と病態生理
          842
          • 薬物動態
            842
          • 病態生理
            842
        • 臨床所見
          843
        • 鑑別診断
          843
        • 検査
          844
        • 治療
          844
          • 応急処置
            844
          • 解毒薬
            844
          • 対症療法
            844
          • その他の治療
            845
          • 眼の治療
            845
        • 最終処置
          845
        • 後遺症
          845
        • 参考文献
          845
      • 88
        ヒ素
        D. Hryhorczuk(翻訳:加茂谷裕子)
        J. Eng(翻訳:加茂谷裕子)
        847
        • 要点
          848
        • はじめに
          848
        • 毒物動態と病態生理
          848
          • 毒物動態
            848
          • 病態生理
            849
        • 臨床所見
          849
          • 急性中毒
            849
          • 亜急性中毒
            849
          • 慢性中毒
            850
        • 鑑別診断
          850
        • 検査
          850
        • 治療
          851
          • キレート療法
            851
        • 最終処置
          852
        • 後遺症
          852
        • 特殊な状況
          852
        • 参考文献
          852
      • 89
        M. J. Kosnett(翻訳:加茂谷裕子)
        855
        • 要点
          856
        • はじめに
          856
        • 毒物動態と病態生理
          856
          • 毒物動態
            856
          • 病態生理
            857
        • 臨床所見
          858
          • 急性中毒
            858
          • 慢性中毒
            858
          • 小児の特徴
            859
          • 診断
            860
        • 鑑別診断
          860
        • 検査
          861
          • 血中鉛濃度
            861
          • プロトポルフィリン
            861
          • 尿中鉛濃度
            861
          • X線蛍光分析
            861
          • 全血球計算値
            862
          • 腎機能検査
            862
          • その他の検査
            862
        • 治療
          863
          • 初期治療
            863
          • 保存的治療
            864
          • キレート療法
            864
        • 最終処置
          866
        • 後遺症
          866
        • 参考文献
          867
      • 90
        水銀
        W. K. Chiang(翻訳:加茂谷裕子)
        871
        • 要点
          872
        • はじめに
          872
        • 毒物動態と病態生理
          872
          • 毒物動態
            872
          • 病態生理
            872
        • 臨床所見
          873
          • 水銀元素
            873
          • 急性中毒
            873
          • 慢性中毒
            873
          • 無機水銀
            874
          • 急性中毒
            874
          • 慢性中毒
            874
          • 有機水銀
            874
          • 小児
            874
        • 鑑別診断
          874
        • 検査
          875
        • 治療
          875
          • 初期治療
            875
          • キレート療法
            876
        • 最終処置
          876
        • 後遺症
          876
        • 参考文献
          877
      • 91
        タリウムおよびその他の金属
        T. Bania(翻訳:加茂谷裕子)
        879
        • 要点
          880
        • はじめに
          880
        • 毒性,病態生理
          880
          • 毒性
            880
          • 病態生理
            881
          • 臨床所見
            881
        • 鑑別診断
          881
        • 検査
          882
        • 治療
          882
          • 初期治療
            882
          • 分布前の治療
            882
          • 分布後の治療
            882
          • 研究的治療
            882
        • 最終処置
          883
        • 後遺症
          883
        • その他の金属
          883
        • 参考文献
          883
      • 92
        防腐剤・消毒剤・滅菌剤
        Y. -J. Sue(翻訳:武居裕子)
        K. A. Delaney(翻訳:武居裕子)
        885
        • 防腐剤
          886
          • 要点
            886
          • ヨードホール・ヨウ素・ヨウ化物
            886
          • 病態生理
            886
          • 臨床所見
            886
          • 検査
            887
          • 鑑別診断
            887
          • 治療
            887
          • ホウ酸
            887
          • 病態生理
            887
          • 臨床所見
            887
          • 鑑別診断
            887
          • 検査
            887
          • 治療
            888
          • 最終処置
            888
        • 消毒剤および滅菌剤
          888
          • ホルムアルデヒド
            888
          • 要点
            888
          • はじめに
            888
          • 病態生理
            888
          • 臨床所見
            888
          • 後遺症
            889
          • 関連物質:グルタルアルデヒド
            889
          • フェノール
            889
          • 要点
            889
          • はじめに
            889
          • 病態生理
            889
          • 臨床所見
            889
          • 関連物質:フェノール置換体
            890
          • 次亜塩素酸塩
            890
          • 要点
            890
          • はじめに
            890
          • 病態生理
            890
          • 臨床所見
            890
          • 過酸化水素
            890
          • 要点
            890
          • はじめに
            890
          • 病態生理
            890
          • 臨床所見
            890
          • エチレンオキシド
            891
          • 要点
            891
          • 病態生理
            891
          • 臨床所見
            891
          • 鑑別診断
            891
          • 検査
            891
          • ホルムアルデヒド
            891
          • フェノール
            891
          • 過酸化水素
            891
          • 治療
            891
          • ホルムアルデヒド
            892
          • フェノール
            892
          • 次亜塩素酸塩
            892
          • 過酸化水素
            892
          • 最終処置
            892
        • 参考文献
          892
      • 93
        エチレングリコール,メタノール
        M. D. Ford(翻訳:嘉糠由利子)
        K. McMartin(翻訳:嘉糠由利子)
        895
        • 要点
          896
        • はじめに
          896
        • 毒性,病態生理
          896
          • エチレングリコール
            896
          • メタノール
            897
        • 臨床所見
          898
          • エチレングリコール
            898
          • メタノール
            899
          • 症状
            899
        • 鑑別診断
          900
        • 検査
          900
        • 治療
          901
        • 最終処置
          904
        • 後遺症
          904
        • 参考文献
          904
      • 94
        イソプロパノール
        M. D. Ford(翻訳:嘉糠由利子)
        907
        • 要点
          908
        • はじめに
          908
        • 薬物動態と病態生理
          908
          • 薬物動態
            908
          • 病態生理
            909
        • 臨床所見
          909
          • 臨床上の三主徴
            909
          • 中枢神経,心血管
            909
          • その他の特徴
            909
          • 小児の症例
            909
        • 鑑別診断
          909
        • 検査
          910
          • アセトン
            910
          • その他
            910
          • イソプロパノールの測定
            910
          • 測定誤差
            910
        • 治療
          911
          • 消化器に対する初期治療
            911
          • その他
            911
          • 血液透析
            911
        • 最終処置
          911
        • 後遺症
          911
        • 参考文献
          912
      • 95
        グリコールエーテル類,ジエチレングリコール
        L. W. Raymond(翻訳:嘉糠由利子)
        913
        • 要点
          914
        • はじめに
          914
        • 毒物動態
          915
          • グリコールエーテル類
            915
          • ジエチレングリコール
            916
        • 病態生理
          916
          • グリコールエーテル類
            916
          • ジエチレングリコール
            916
        • 臨床所見
          917
          • 急性中毒
            917
          • 吸入
            917
          • 慢性中毒
            917
          • 血液に対する影響
            917
          • 生殖毒性
            918
          • 熱傷患者
            918
          • 小児
            918
        • 鑑別診断
          919
        • 検査
          919
        • 治療
          920
          • 4-メチルピラゾール,エタノール
            920
          • 血液透析
            920
          • その他
            921
        • 最終処置
          921
        • 後遺症
          922
        • 特殊な状況
          922
          • 職業性被曝
            922
          • 職場でのモニタリング
            922
        • 参考文献
          922
      • 96
        放射線
        F. F. Fong(翻訳:石井由美子)
        Jr., D. C. Schrader(翻訳:石井由美子)
        S. H. Fong(翻訳:石井由美子)
        925
        • 要点
          926
        • はじめに
          926
          • 放射線物理学の基礎
            926
          • 放射線事故発生状況
            926
          • 損傷の様式
            926
        • 病態生理学
          927
          • 生物学的影響
            927
          • 組織への影響
            927
          • 器官への影響
            927
        • 臨床所見
          927
          • 急性被曝
            927
          • 慢性被曝
            927
          • 小児の問題
            929
        • 鑑別診断
          929
          • 全身疾患
            929
          • 局所病変
            929
        • 検査
          929
          • 過線量照射
            929
          • 汚染
            929
        • 治療
          930
          • 一般的治療
            930
          • 原因物質別治療法
            930
        • 最終処置
          931
        • 後遺症
          931
        • 特殊な状況
          931
        • 参考文献
          932
      • 97
        脂肪族炭化水素
        J. F. Tucker(翻訳:田中恵子)
        933
        • 要点
          934
        • はじめに
          934
        • 病態生理
          934
        • 臨床所見
          935
        • 鑑別診断
          936
        • 検査
          936
          • 胸部X線
            936
          • その他
            936
        • 治療
          936
          • 吸入時
            936
          • 経口摂取時
            936
          • 誤嚥
            936
          • 消化管の初期治療
            937
          • 皮膚の除染
            937
          • その他
            937
        • 最終処置
          937
          • 外来患者
            937
          • 入院患者
            938
        • 後遺症
          938
        • 特殊な状況
          938
        • 参考文献
          938
      • 98
        ハロゲン化炭化水素
        J. F. Tucker(翻訳:田中恵子)
        R. T. Tovar(翻訳:田中恵子)
        941
        • 要点
          942
        • はじめに
          942
        • 毒物動態と病態生理
          942
          • 毒物動態
            942
          • 中枢神経系
            942
          • 心臓
            943
          • 943
          • 肝臓
            943
          • 腎臓
            943
          • 皮膚
            943
        • 臨床所見
          943
          • 急性中毒
            944
          • 慢性中毒
            944
          • 小児に対する注意
            945
        • 鑑別診断
          945
        • 検査
          945
        • 治療
          946
          • 吸入時
            946
          • 経口摂取時
            946
          • 皮膚への付着時
            946
        • 最終処置
          946
        • 後遺症
          946
        • 各論
          947
          • 塩化メチレン
            947
          • トリクロロエチレン
            947
          • 四塩化炭素
            947
          • 麻酔ガス
            947
        • 参考文献
          947
      • 99
        芳香族炭化水素
        R. Horowitz(翻訳:田中恵子)
        949
        • ベンゼン
          950
          • 要点
            950
          • はじめに
            950
          • 毒物動態
            951
          • 病態生理
            951
          • 臨床所見
            951
          • 急性中毒
            951
          • 慢性中毒
            952
          • 鑑別診断
            952
          • 検査
            952
          • 治療
            952
          • 最終処置
            953
          • 後遺症
            953
        • トルエン
          953
          • 要点
            953
          • はじめに
            953
          • 毒物動態
            953
          • 病態生理
            953
          • 神経学的影響
            953
          • 腎臓および代謝に及ぼす影響
            954
          • 筋肉に及ぼす影響
            954
          • 臨床所見
            954
          • 急性中毒
            954
          • 慢性中毒
            954
          • 小児に対する注意
            954
          • 妊娠中の乱用
            955
          • 鑑別診断
            955
          • 検査
            955
          • 治療
            955
          • 最終処置
            956
          • 後遺症
            956
        • キシレン
          956
          • 要点
            956
          • はじめに
            956
          • 毒物動態:吸収と分布
            956
          • 病態生理
            956
          • 臨床所見
            956
          • 急性中毒
            956
          • 慢性中毒
            957
          • 鑑別診断
            957
          • 検査
            957
          • 治療
            957
          • 最終処置
            957
          • 後遺症
            957
        • 参考文献
          957
      • 100
        パイン油,テレビン油
        A. R. Topliff(翻訳:田中恵子)
        L. J. Ling(翻訳:田中恵子)
        959
        • 要点
          960
        • はじめに
          960
        • 病態生理
          960
          • テレビン油
            960
          • パイン油
            960
        • 臨床所見
          960
          • パイン油
            960
          • テレビン油
            961
        • 鑑別診断
          961
        • 検査
          961
        • 治療
          961
        • 最終処置
          961
        • 後遺症
          961
        • 参考文献
          962
      • 101
        ポリ塩化ビフェニル(PCB)および関連物質
        J. E. Cisek(翻訳:田中恵子)
        963
        • 要点
          964
        • はじめに
          964
        • 吸収・代謝・排出
          964
        • 病態生理
          964
        • 臨床所見
          695
          • 急性中毒
            965
          • 慢性中毒
            965
        • 鑑別診断
          965
        • 検査
          965
        • 治療
          965
        • 最終処置
          966
        • 後遺症
          966
        • 参考文献
          966
    • ・農薬
      • 102
        有機リン系,カーバメート系殺虫剤
        C. K. Aaron(翻訳:加茂谷裕子)
        967
        • 要点
          968
        • はじめに
          968
        • 毒物動態,病態生理
          968
          • 毒物動態
            968
          • 病態生理
            969
        • 臨床所見
          970
          • 急性中毒
            970
          • 慢性中毒
            970
          • 小児
            971
        • 鑑別診断
          971
        • 検査
          972
        • 治療
          973
          • 初期治療
            973
          • アトロピン
            973
          • プラリドキシム
            974
          • カーバメート系殺虫剤に対する治療
            975
        • 最終処置
          976
        • 後遺症
          976
        • 特殊な状況
          977
        • 参考文献
          977
      • 103
        ピレトリン,ピレスロイド系,有機塩素系殺虫剤
        B. I. Crouch(翻訳:加茂谷裕子)
        E. M. Caravati(翻訳:加茂谷裕子)
        979
        • ピレトリン,ピレスロイド系殺虫剤
          980
          • 要点
            980
          • はじめに
            980
          • 薬理と病態生理
            980
          • 薬理
            980
          • 病態生理
            980
          • 臨床所見
            980
          • アレルギーおよび過敏性症状
            980
          • 皮膚および全身症状
            981
          • その他の症状
            981
          • 鑑別診断
            981
          • 検査
            981
          • 治療
            981
          • 最終処置
            981
          • 特殊な状況
            982
        • 有機塩素系殺虫剤
          982
          • 要点
            982
          • はじめに
            982
          • 薬理と病態生理
            982
          • 薬理
            982
          • 病態生理
            982
          • 臨床所見
            983
          • 急性中毒
            983
          • 慢性中毒
            983
          • 鑑別診断
            983
          • 検査
            983
          • 治療
            983
          • 最終処置
            983
          • 特殊な状況
            983
        • 参考文献
          983
      • 104
        N, N-ジエチル-3-メチルベンズアミド殺虫剤
        E. M. Caravati(翻訳:加茂谷裕子)
        B. I. Crouch(翻訳:加茂谷裕子)
        985
        • 要点
          986
        • はじめに
          986
        • 病態生理
          986
          • 吸収と排出
            986
          • 生理作用
            986
          • 中毒量
            986
        • 臨床所見
          987
          • 急性中毒
            987
          • 慢性中毒
            987
          • 皮膚に対する作用
            987
          • 眼に対する暴露
            987
          • 小児
            987
        • 鑑別診断
          987
        • 検査
          987
        • 治療
          988
        • 最終処置
          988
        • 特殊な状況:暴露と妊娠
          988
        • 参考文献
          988
      • 105
        メタアルデヒド
        W. B. Palatnick(翻訳:加茂谷裕子)
        991
        • 要点
          992
        • はじめに
          992
        • 薬理と病態生理
          992
          • 薬理
            992
          • 病態生理
            992
        • 臨床所見
          993
        • 鑑別診断
          `993
        • 検査
          993
        • 治療
          994
        • 最終処置
          994
        • 後遺症
          994
        • 参考文献
          994
      • 106
        パラコート,ジクワット
        B. R. Ekins(翻訳:加茂谷裕子)
        R. J. Geller(翻訳:加茂谷裕子)
        995
        • 要点
          996
        • はじめに
          996
        • 毒性,病態生理
          997
          • 毒性
            997
          • 吸収
            997
          • 分布
            997
          • 代謝
            997
          • 病態生理
            997
        • 臨床所見
          998
          • パラコート
            998
          • 重度の中毒
            998
          • 中等度の中毒
            998
          • 軽度の中毒
            998
          • ジクワット
            999
        • 鑑別診断
          999
        • 検査
          999
        • 治療
          1000
          • 初期治療
            1000
          • 体外式血液浄化法
            1001
          • 保存的治療
            1001
        • 最終処置
          1001
        • 後遺症
          1001
        • 参考文献
          1001
      • 107
        ワルファリン系殺そ剤
        K. K. Burkhart(翻訳:加茂谷裕子)
        1003
        • 要点
          1004
        • はじめに
          1004
        • 病態生理
          1004
          • 吸収
            1004
          • 作用機序
            1004
          • 持続期間と排出
            1005
        • 臨床所見
          1005
          • 小児
            1006
        • 鑑別診断
          1006
        • 検査
          1006
          • 初期検査
            1006
          • 精密検査
            1007
          • 無症候性の小児患者
            1007
        • 治療
          1007
          • 初期治療
            1007
          • 抗凝血作用に対する治療
            1007
          • 症候性の抗凝血作用がある患者
            1007
          • 無症候性の抗凝血作用がある患者
            1008
          • 無症候性の抗凝血作用を示していない患者
            1008
          • 補助的治療
            1008
        • 最終処置
          1008
          • 症候性の患者
            1008
          • 無症候性の患者
            1008
        • 後遺症
          1008
        • 参考文献
          1009
      • 108
        非ワルファリン系殺そ剤
        J. J. Cienki(翻訳:加茂谷裕子)
        1011
        • 薬剤の種類
          1012
          • 強い毒性
            1012
          • タリウム
            1012
          • フルオロアセトアミド,モノフルオロ酢酸ナトリウム
            1014
          • ストリキニン
            1015
          • リン化亜鉛
            1016
          • 元素状のリン
            1016
          • ヒ素
            1017
          • バリウム
            1017
          • N-3-ピリジルメチル-N'-p-ニトロフェニル尿素(バコール)
            1017
          • 中等度の毒性
            1017
          • α-ナフチルチオ尿素(ANTU)
            1017
          • コレカルシフェロール
            1017
          • 弱い毒性
            1018
          • ブロメタリン
            1018
          • ノルボルマイド
            1018
          • カイソウ(海葱)
            1018
          • その他
            1018
        • 参考文献
          1018
    • ・自然毒
      • 109
        ガラガラヘビ
        S. P. Nordt(翻訳:富田明子)
        R. F. Clark(翻訳:富田明子)
        1021
        • 要点
          1022
        • はじめに
          1022
        • 病態生理
          1023
        • 臨床所見
          1024
          • 咬傷
            1024
          • 筋区画症候群
            1024
          • 神経毒性
            1025
          • 凝固障害
            1025
          • 心血管系合併症
            1025
          • 重症の毒蛇咬症
            1025
          • カパーヘッドマムシとヌママムシ
            1025
        • 鑑別診断
          1025
        • 検査
          1026
        • 治療
          1026
        • 応急処置
          1026
        • 治療方針
          1026
          • 初期治療
            1026
          • 重症度の評価
            1027
          • 抗血清
            1027
          • 治療目標
            1028
          • 咬傷の治療
            1028
          • 筋膜切開
            1028
          • 治療法の臨床治験
            1028
        • 最終処置
          1028
        • 後遺症
          1029
        • 特殊な状況
          1029
        • 参考文献
          1029
      • 110
        サンゴヘビ
        G. G. Gaar(翻訳:富田明子)
        S. A. Normann(翻訳:富田明子)
        1031
        • 要点
          1032
        • はじめに
          1032
        • 病態生理
          1033
        • 臨床所見
          1033
        • 鑑別診断
          1033
        • 検査
          1034
        • 治療
          1034
          • 急性期
            1034
          • 抗血清
            1034
          • 亜急性期
            1035
        • 最終処置
          1035
        • 後遺症
          1035
        • 参考文献
          1035
      • 111
        ドクイトグモなどの壊死性クモ
        G. S. Wasserman(翻訳:富田明子)
        1037
        • 要点
          1038
        • はじめに
          1038
        • 病態生理
          1039
        • 臨床所見
          1039
          • 咬傷
            1039
          • 全身作用
            1039
        • 鑑別診断
          1040
        • 検査
          1041
        • 治療
          1041
          • 創傷の治療
            1041
          • 全身管理
            1042
        • 最終処置
          1042
        • 後遺症
          1043
        • 予防
          1043
        • 参考文献
          1043
      • 112
        クロゴケグモ
        G. R. Bond(翻訳:富田明子)
        1045
        • 要点
          1046
        • はじめに
          1046
        • 病態生理
          1046
        • 臨床所見
          1046
          • 既往歴
            1046
          • 咬傷
            1047
          • 全身症状
            1047
        • 鑑別診断
          1048
        • 検査
          1048
        • 治療
          1048
          • 麻薬性鎮痛薬
            1048
          • 筋弛緩薬
            1048
          • カルシウム
            1048
          • その他の療法
            1048
          • 抗毒素
            1048
        • 最終処置
          1049
        • 後遺症
          1049
        • 参考文献
          1049
      • 113
        サソリ
        R. F. Clark(翻訳:富田明子)
        1051
        • 要点
          1052
        • はじめに
          1052
        • 病態生理
          1052
        • 臨床所見
          1053
          • 刺傷
            1053
          • 全身症状
            1053
        • 鑑別診断
          1053
        • 検査
          1054
        • 治療
          1054
          • 初期治療
            1054
          • 重症例
            1054
          • 抗毒素
            1054
        • 最終処置
          1054
        • 後遺症
          1055
        • 特殊な状況
          1055
        • 参考文献
          1055
      • 114
        ハチ
        W. J. Meggs(翻訳:富田明子)
        1057
        • 要点
          1058
          • アナフィラキシーによる刺咬症
            1058
          • 毒作用による刺咬症
            1058
        • はじめに
          1058
        • 病態生理
          1058
          • 過敏性反応
            1058
          • 毒作用による刺咬症
            1059
        • 臨床所見
          1059
          • 過敏性反応
            1059
          • 毒作用による刺咬症
            1059
        • 鑑別診断
          1060
          • 過敏性反応
            1060
          • 毒作用による刺咬症
            1060
        • 検査
          1060
          • 過敏性反応
            1060
          • 毒作用による刺咬症
            1060
        • 治療
          1061
          • 過敏性反応
            1061
          • 毒作用による刺咬症
            1061
        • 最終処置
          1061
          • 過敏性反応
            1061
          • 毒作用による刺咬症
            1062
        • 後遺症
          1062
          • 過敏性反応
            1062
          • 毒作用による刺咬症
            1062
        • 参考文献
          1062
      • 115
        キノコ
        S. M. Schneider(翻訳:田中昌子)
        1063
        • 要点
          1064
        • 疫学
          1064
        • 形態
          1064
        • 臨床的背景
          1065
        • 早期に消化器症状を示すキノコ
          1065
          • 病態生理
            1065
          • 臨床所見
            1065
          • 鑑別診断
            1065
          • 治療
            1065
          • 検査
            1065
          • 最終処置
            1066
          • 後遺症
            1066
        • 多臓器不全を伴う消化器症状を遅れて発現させるキノコ
          1066
          • 病態生理
            1066
          • テングタケ属
            1066
          • シャグマアミガサタケ
            1066
          • 臨床所見
            1067
          • テングタケ属
            1067
          • シャグマアミガサタケ
            1067
          • 鑑別診断
            1067
          • 検査
            1067
          • モニタリング
            1067
          • 内分泌障害
            1067
          • 毒素検定法
            1067
          • 顕微鏡による病理学的変化
            1067
          • 治療
            1069
          • アマニチンに特異的な治療
            1069
          • ギロミトリンに特異的な治療
            1070
          • 最終処置
            1070
          • 後遺症
            1070
        • 神経毒
          1070
          • 病態生理
            1070
          • 臨床所見
            1071
          • 治療
            1071
          • 鑑別診断
            1071
          • 検査
            1071
          • 最終処置
            1071
          • 後遺症
            1071
        • 他のキノコ中毒
          1071
          • アセトアルデヒド脱水素酵素阻害物質
            1071
          • 腎不全
            1072
        • 結論
          1072
        • 参考文献
          1072
      • 116
        植物:中枢神経毒
        C. Clancy(翻訳:田中昌子)
        W. Klein-Schwartz(翻訳:田中昌子)
        1075
        • アトロピンおよび関連アルカロイドを含有する植物
          1076
          • 要点
            1076
          • はじめに
            1076
          • 薬理と病態生理
            1077
          • 臨床所見
            1077
          • 鑑別診断
            1078
          • 検査
            1078
          • 治療
            1078
          • 最終処置
            1079
          • 後遺症
            1079
        • ニコチンおよび関連アルカロイドを含有する植物
          1079
          • 要点
            1079
          • 中毒の背景
            1079
          • コニイン
            1080
          • シチシン
            1080
          • ニコチン
            1080
          • ロベリン
            1080
          • 薬理と病態生理
            1080
          • 臨床所見
            1081
          • 鑑別診断,検査,治療,最終処置,後遺症
            1081
        • 中枢神経刺激植物
          1081
          • 要点
            1081
          • 中毒の背景
            1082
          • 薬理と病態生理
            1082
          • 臨床所見
            1083
          • 鑑別診断
            1083
          • 検査
            1083
          • 治療
            1083
          • 最終処置
            1083
          • 後遺症
            1083
        • 中枢神経抑制植物
          1083
          • 要点
            1083
          • はじめに
            1084
          • 薬理と病態生理
            1085
          • 臨床所見
            1085
          • 鑑別診断
            1085
          • 検査
            1085
          • 治療
            1085
          • 最終処置
            1085
          • 後遺症
            1085
        • その他の植物
          1085
          • ヤドリギ
            1085
          • アコニチン
            1085
        • 参考文献
          1086
      • 117
        植物:心血管毒
        D. J. Roberts(翻訳:田中昌子)
        1089
        • 要点
          1090
        • はじめに
          1090
        • 薬物動態
          1091
        • 病態生理
          1091
        • 臨床所見
          1092
        • 症状と治療
          1092
          • 強心配糖体を含有する植物
            1092
          • 一般的治療
            1092
          • 特異的治療
            1093
          • 心臓作用性のステロイドやアルカロイドを含有する植物
            1093
          • コリン作用を有する植物
            1095
          • 抗コリン作用を有する植物
            1095
          • アドレナリン作用を有する植物
            1095
        • 鑑別診断
          1095
        • 検査
          1095
        • 最終処置
          1096
        • 後遺症
          1096
        • 参考文献
          1096
      • 118
        植物:消化管毒
        F. J. De Roos(翻訳:田中昌子)
        S. M. Shepherd(翻訳:田中昌子)
        1099
        • 要点
          1100
        • はじめに
          1100
        • 病態生理と臨床症状
          1100
          • 口腔刺激物質
            1100
          • シュウ酸カルシウム結晶
            1100
          • カプサイシンほか関連アルカロイド類
            1101
          • 消化管刺激物質
            1101
          • ヨウシュヤマゴボウ
            1101
          • セイヨウヒイラギの実
            1101
          • 全身症状を伴う顕著な消化器症状
            1101
          • タンパク性植物毒素
            1102
          • ナス科のアルカロイド
            1102
          • 分裂阻害物質
            1102
        • 鑑別診断
          1102
        • 検査
          1103
        • 治療
          1103
        • 最終処置
          1103
        • 参考文献
          1104
      • 119
        ボツリヌストキシン
        S. R. White(翻訳:田中昌子)
        1105
        • 要点
          1106
        • はじめに
          1106
        • 病態生理
          1107
        • 臨床所見
          1107
          • 食餌性ボツリヌス
            1107
          • 乳児ボツリヌス
            1108
          • 分類未定
            1108
          • 創傷ボツリヌス
            1108
          • ポツリヌスのエアゾール散布
            1108
        • 鑑別診断
          1108
        • 検査
          1109
          • 毒素検定法
            1109
          • 電気生理学
            1109
          • その他の検査
            1109
        • 治療
          1110
          • 食餌性ボツリヌス
            1110
          • 乳児ボツリヌス
            1111
          • 創傷ボツリヌス
            1111
          • 分類未定
            1111
          • ボツリヌスのエアゾール散布
            1111
        • 予防
          1111
        • 最終処置
          1111
        • 後遺症
          1111
        • 特殊な状況
          1112
        • 参考文献
          1112
      • 120
        食中毒
        S. R. White(翻訳:田中昌子)
        1115
        • 要点
          1117
        • はじめに
          1117
        • 病態生理
          1117
        • 臨床所見
          1118
          • 著しい嘔吐と急激な発症
            1119
          • 黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus
            1119
          • 嘔吐型セレウス菌 Bacillus cereus I
            1119
          • アニサキス症
            1119
          • グルタミン酸ナトリウム(MSG)
            1120
          • サバ毒中毒症
            1120
          • その他
            1120
          • 著しい非炎症性下痢と発症の遅れ
            1120
          • コレラ菌 Vibrio cholera
            1120
          • A型ウェルシュ菌 Clostridium perfringens
            1120
          • 腸毒素原性大腸菌 Enterotoxigenic Escherichia coli (ETEC)
            1120
          • 下痢型セレウス菌 Bacillus cereus II
            1121
          • ウイルス類
            1121
          • ランブル鞭毛虫症 Giardiasis
            1121
          • クリプトスポリジウムの小型種 Cryptosporidium parvum
            1121
          • シクロスポラ原虫 Cyclospora cayetanensis
            1121
          • エロモナス Aeromonas, プレジオモナス Plesiomonas
            1121
          • 腸管侵襲性大腸菌 Enteroinvasive Escherichia coli (EIEC)
            1122
          • 腸管病原性大腸菌 Enteropathogenic Eseherichia coli (EPEC)
            1122
          • 腸炎ビブリオ Vibrio parahaemolyticus
            1122
          • 下痢性具中毒(DSP)
            1122
          • 全身症状を伴う赤痢と発症の遅れ
            1122
          • アメーバ赤痢
            1122
          • サルモネラ症
            1122
          • 細菌性赤痢
            1123
          • 腸炎エルシニア Yersinia enterocolitica および仮性結核菌 Y. pseudotuerculosis
            1123
          • 腸管出血性大腸菌 Enterohemorrhagic Escherichia coli (EHEC)
            1123
          • カンピロバクター類
            1124
          • 神経症状を主とし,急激な発症が多い
            1124
          • ボツリヌス菌 Clostridium botulinum
            1124
          • 貝中毒
            1124
          • 記憶喪失性貝毒
            1125
          • ヒメエゾボラ中毒
            1125
          • その他全身性症状を示し,発症が遅れる
            1125
          • ビブリオ・バルニフィカス Vibrio vulnificus
            1125
          • リステリア・モノサイトゲネス Listeria monocytogenes
            1125
          • A群連鎖球菌性咽頭炎
            1125
          • ブルセラ症
            1126
          • 旋毛虫症
            1126
        • 鑑別診断
          1126
        • 診断と検査
          1127
        • 治療
          1127
        • 最終処置
          1130
        • 後遺症
          1130
        • 予防
          1130
        • 参考文献
          1131
      • 121
        魚によるヒスタミン中毒およびシガテラなどの魚介類中毒
        W. H. Shoff(翻訳:田中昌子)
        S. M. Shepherd(翻訳:田中昌子)
        1133
        • サバ毒中毒
          1134
          • 要点
            1134
          • はじめに
            1134
          • 病態生理
            1134
          • 臨床所見
            1135
          • 鑑別診断
            1135
          • 検査
            1136
          • 治療
            1136
          • 最終処置
            1136
          • 後遺症
            1136
          • 特殊な状況
            1136
        • シガテラ中毒
          1136
          • 要点
            1136
          • はじめに
            1137
          • 病態生理
            1137
          • 臨床所見
            1138
          • 鑑別診断
            1139
          • 検査
            1139
          • 治療
            1139
          • 最終処置
            1139
          • 後遺症
            1139
        • テトロドトキシン中毒
          1140
          • 要点
            1140
          • はじめに
            1140
          • 病態生理
            1140
          • 臨床所見
            1140
          • 鑑別診断
            1141
          • 検査
            1141
          • 治療
            1141
          • 最終処置
            1141
          • 後遺症
            1141
          • 特殊な状況
            1141
        • 麻痺性貝中毒
          1141
          • 要点
            1141
          • はじめに
            1141
          • 病態生理
            1141
          • 臨床所見
            1142
          • 鑑別診断
            1142
          • 検査
            1142
          • 治療
            1142
          • 最終処置
            1142
          • 後遺症
            1142
          • 特殊な状況
            1142
        • 参考文献
          1143
      • 122
        海産刺咬傷
        C. Tomaszewski(翻訳:富田明子)
        1147
        • 要点
          1148
        • はじめに
          1148
        • 刺胞動物
          1148
          • 病態生理
            1149
          • 臨床所見
            1149
          • クラゲ
            1149
          • イソギンチャク
            1150
          • サンゴ
            1151
          • 検査
            1151
          • 冶療
            1151
          • 抗毒素
            1152
          • まとめ
            1152
          • 後遺症
            1152
          • 眼の刺傷
            1152
        • 刺毒魚
          1152
          • アカエイ
            1152
          • カサゴ
            1153
          • ナマズ
            1154
          • ハチミシマ
            1154
          • まとめ
            1154
        • 海綿動物
          1155
        • 環形動物
          1155
        • 棘皮動物
          1155
        • 軟体動物
          1156
        • ウミヘビ
          1156
        • 海水浴皮膚炎・水泳者掻痒
          1156
        • 渦べん毛藻類:吸入毒
          1157
        • 感染症
          1157
        • まとめ
          1158
        • 参考文献
          1159
      • 123
        ニコチン
        N. J. Matyunas(翻訳:田中昌子)
        G. C. Rodgers, Jr.(翻訳:田中昌子)
        1163
        • 要点
          1164
        • はじめに
          1164
        • 薬物動態
          1164
          • 吸収
            1164
          • 分布
            1165
          • 代謝
            1165
          • 病態生理
            1165
        • 臨床所見
          1165
          • 消化器症状
            1165
          • 中枢神経症状
            1166
          • 末梢神経症状
            1166
          • 呼吸器症状
            1166
          • 心血管症状
            1166
        • 鑑別診断
          1166
        • 検査
          1166
        • 治療
          1166
        • 最終処置
          1167
        • 後遺症
          1167
        • 特殊な状況
          1167
          • ニコチンガム
            1167
          • 経皮パッチ
            1167
        • 参考文献
          1168
      • 124
        植物:液果,漿果
        W. H. Shoff(翻訳:田中昌子)
        S. M. Shepherd(翻訳:田中昌子)
        1169
        • 要点
          1170
        • はじめに
          1170
        • トウガラシ
          1175
        • ツルナス
          1175
        • ヨウシュヤマゴボウ
          1175
        • モチノキ属
          1176
        • ベラドンナ
          1176
        • ヤドリギ属
          1176
        • ヤドリギ
          1177
        • ウルシ属植物
          1177
        • 参考文献
          1177
    • ・家庭用品
      • 125
        アルカリの経口摂取
        M. L. A. Sivilotti(翻訳:武居裕子)
        M. D. Ford(翻訳:武居裕子)
        1179
        • 要点
          1180
        • はじめに
          1180
        • 病態生理
          1180
          • 物理・化学的性質
            1180
          • 組織への影響
            1181
        • 臨床所見
          1181
        • 鑑別診断
          1181
        • 検査
          1181
        • 治療
          1182
          • 一般的治療
            1182
          • 初期治療
            1182
          • 内視鏡検査
            1182
          • 内視鏡の適応
            1183
          • X線検査
            1183
          • 外科的処置
            1184
          • コルチコステロイド
            1184
          • 投与量
            1184
          • 実験的治療法
            1184
          • その他の治療法
            1184
        • 最終処置
          1185
        • 後遺症
          1185
        • 参考文献
          1185
      • 126
        酸の経口摂取
        J. C. Clifton, II(翻訳:武居裕子)
        1187
        • 要点
          1188
        • はじめに
          1188
        • 病態生理
          1189
        • 臨床所見
          1189
        • 鑑別診断
          1190
        • 検査
          1190
        • 治療
          1190
          • 安定化
            1190
          • 初期治療
            1191
          • 希釈法
            1191
          • 中和法
            1191
          • 内視鏡
            1191
          • 他の診断方法
            1191
          • コルチコステロイドと抗生物質
            1192
          • 食道拡張術
            1192
          • 外科的処置
            1193
        • 最終処置
          1193
        • 後遺症
          1194
        • 参考文献
          1194
          • 127
            フッ化水素酸
            C. M. Seamens(翻訳:武居裕子)
            D. L. Seger(翻訳:武居裕子)
            T. Meredith(翻訳:武居裕子)
            1197
        • 要点
          1198
        • はじめに
          1198
        • 病態生理
          1198
        • 臨床所見
          1198
          • 皮膚の損傷
            1198
          • 経口摂取
            1199
          • 吸入
            1199
          • 全身毒性
            1199
          • 眼の傷害
            1200
        • 鑑別診断
          1200
        • 検査
          1200
        • 治療
          1200
          • 皮膚の熱傷
            1200
          • 局所療法
            1201
          • 外科的処置
            1201
          • 組織への薬剤注入
            1201
          • その他の留意点
            1202
          • 静脈内局所注入
            1202
          • 動脈内持続注入
            1202
          • 経口摂取
            1203
          • 吸入
            1203
          • 全身毒性
            1203
          • 眼の傷害
            1203
        • 最終処置
          1204
        • 後遺症
          1204
        • 参考文献
          1204
      • 128
        ボタン電池
        T. Litovitz(翻訳:武居裕子)
        1207
        • 要点
          1208
        • はじめに
          1208
        • 病態生理
          1208
          • 電池のサイズ
            1209
          • 漏液
            1209
          • 外部回路
            1209
          • 酸化水銀の腐食作用
            1209
          • 褥瘡
            1209
        • 臨床所見
          1209
          • 食道滞留
            1209
          • 消化管の通過
            1210
          • 皮膚の所見
            1210
          • 耳および鼻の所見
            1210
          • 重金属の吸収
            1210
        • 鑑別診断
          1210
        • 検査
          1210
        • 治療
          1211
          • 摘出
            1211
          • 禁忌
            1211
          • 薬理学的治療
            1211
          • 電池の識別
            1211
          • キレート化療法
            1211
          • 耳および鼻からの摘出
            1211
        • 最終処置
          1212
        • 後遺症
          1212
        • 通報および登録
          1212
        • 参考文献
          1212
      • 129
        家庭用洗剤
        J. F. Kerr(翻訳:武居裕子)
        E. P. Krenzelok(翻訳:武居裕子)
        1213
        • 要点
          1214
        • はじめに
          1214
        • アンモニア
          1215
          • 病態生理
            1215
          • 臨床所見
            1215
        • 漂白剤
          1215
          • 病態生理
            1215
          • 臨床所見
            1215
        • 漂白剤とアンモニアや酸の混合
          1216
        • 合成洗剤とせっけん
          1216
          • 病態生理
            1216
          • 臨床所見
            1216
        • ガラス用洗剤
          1216
          • 病態生理
            1217
          • 臨床所見
            1217
        • 鑑別診断
          1217
        • 検査
          1217
        • 治療
          1217
          • 経口摂取
            1218
          • 皮膚および眼への暴露
            1218
          • 漂白剤とアンモニア
            1218
          • 塩素とクロラミンガス
            1218
          • 合成洗剤
            1218
          • ガラス用洗剤
            1218
        • 最終処置
          1218
        • 後遺症
          1219
        • 参考文献
          1219
  • 付録
    • A
      急性無毒性中毒
      S. R. Rose(翻訳:石井由美子)
      1221
    • B
      患者の治療拒否:法律の問題点
      R. A. Bitterman(翻訳:石井由美子)
      1222
    • C
      病院間転送の基準:EMTALA
      R. A. Bitterman(翻訳:石井由美子)
      1225
    • D
      薬物と毒物:治療濃度と中毒濃度
      S. M. Maynard(翻訳:石井由美子)
      1227
    • E
      薬物および解毒剤の投与量
      A. M. Rouse(翻訳:石井由美子)
      M. Pelucio(翻訳:石井由美子)
      1239
    • F
      情報提供データベース
      M. J. Crittenden(翻訳:石井由美子)
      1244
  • 和文索引
    1149
  • 英文索引
    1159
  • CAS番号索引
    1169