デジタル放送ハンドブック

オーム社/2003.6

当館請求記号:ND594-H3


目次


  • 第1編
    デジタル放送の概要
    • 1章
      デジタル放送の特徴
      2
      • 1・1
        デジタル放送の概念
        2
      • 1・2
        放送伝送路としての特徴
        3
      • 1・3
        放送サービスから見た特徴
        4
      • 1・4
        統合デジタル放送(ISDB)への発展
        5
      • 参考文献
        5
    • 2章
      内外のデジタル放送発展動向
      6
      • 2・1
        世界の実施経過と概況
        6
      • 2・2
        米国の動向
        6
        • 2・2・1
          米国のデジタル放送の発展
          6
        • 2・2・2
          米国の状況
          7
      • 2・3
        ヨーロッパの動向
        7
        • 2・3・1
          ヨーロッパのデジタル放送の発展
          7
        • 2・3・2
          ヨーロッパの状況
          8
      • 2・4
        日本の動向
        8
        • 2・4・1
          日本のデジタル放送の発展
          8
        • 2・4・2
          日本の状況
          10
      • 参考文献
        10
    • 3章
      デジタル放送システムの構成
      11
      • 3・1
        デジタル放送の系統
        11
      • 3・2
        デジタル放送にかかわる要素技術の概要[ARIB STD-B 10, B 20, B 29, B 31, B 32]
        11
        • 3・2・1
          情報源符号化技術
          11
        • 3・2・2
          多重化技術
          13
        • 3・2・3
          伝送路符号化技術
          14
      • 参考文献
        17
    • 4章
      放送方式の概要
      18
      • 4・1
        欧米の放送方式
        18
      • 4・2
        日本の放送方式
        19
        • 4・2・1
          放送方式にかかわる規格の種類と構成
          19
        • 4・2・2
          制度規定でのデジタル放送方式の概要
          20
      • 4・3
        民間規格の概要
        21
        • 4・3・1
          ARIB規格
          22
        • 4・3・2
          JCTEA規格とJCL仕様
          22
      • 参考文献
        23
  • 第2編
    圧縮技術
    • 1章
      映像符号化技術
      26
      • 1・1
        映像信号フォーマット[ARIB STD-B 21, B 32]
        26
        • 1・1・1
          高品質で多様な映像サービス
          26
        • 1・1・2
          デジタル放送の映像入力フォーマット
          26
        • 1・1・3
          映像符号化フォーマット
          28
        • 1・1・4
          受信機での表示フォーマット
          28
      • 1・2
        映像符号化方式[ARIB STD-B 32]
        29
        • 1・2・1
          映像符号化の基本技術
          29
        • 1・2・2
          デジタル放送の映像符号化方式
          33
        • 1・2・3
          MPEG-2映像符号化方式
          33
      • 1・3
        デジタル符号化画像の画質
        38
        • 1・3・1
          符号化画像の特徴
          38
        • 1・3・2
          画質評価実験
          39
      • 1・4
        運用ガイドライン[ARIB STD-B 32, TR-B 14・B 15]
        39
      • 参考文献
        40
    • 2章
      音声符号化技術
      42
      • 2・1
        音声信号フォーマット[ARIB STD-B 21, B 32]
        42
        • 2・1・1
          高品質で多様な音声サービス
          42
        • 2・1・2
          デジタル放送の音声入力フォーマット
          42
        • 2・1・3
          音声符号化フォーマット
          43
        • 2・1・4
          受信機での音声出力
          43
      • 2・2
        音声符号化方式[ARIB STD-B 32]
        43
        • 2・2・1
          音声符号化の基本技術
          43
        • 2・2・2
          デジタル放送の音声符号化方式
          44
        • 2・2・3
          MPEG-2音声符号化方式
          45
        • 2・2・4
          その他の放送用音声符号化方式
          48
      • 2・3
        デジタル符号化音声の音質
        48
        • 2・3・1
          AAC LC, SSRプロファイル音質評価実験
          48
        • 2・3・2
          AAC低ビットレート符号化の音質評価実験
          48
      • 2・4
        運用ガイドライン[ARIB STD-B 32, TR-B 14, B 15]
        49
      • 参考文献
        51
  • 第3編
    データ放送
    • 1章
      データ放送の想定サービスと種別[ARIB STD-B 24]
      54
      • 1・1
        想定サービスと技術方式
        54
      • 1・2
        データ放送の種別とプロトコルスタック
        56
    • 2章
      字幕・文字スーパー[ARIB STD-B 24・TR-B 14・B 15]
      58
      • 2・1
        字幕・文字スーパーの符号化方式と提示
        58
        • 2・1・1
          字幕と文字スーパーサービスの概要
          58
        • 2・1・2
          字幕・文字スーパーの提示機能
          59
        • 2・1・3
          符号化の概要
          61
        • 2・1・4
          8単位文字符号
          61
        • 2・1・5
          DRCS
          64
      • 2・2
        字幕・文字スーパーの伝送方式
        65
        • 2・2・1
          伝送方式の概要
          65
        • 2・2・2
          独立PES
          65
        • 2・2・3
          データグループ
          66
        • 2・2・4
          データユニット
          66
    • 3章
      マルチメディア符号化「BML」
      68
      • 3・1
        BMLのあらまし[ARIB STD-B 24]
        68
        • 3・1・1
          マルチメディアサービスのための符号化方式の具備すべき機能
          68
        • 3・1・2
          マルチメディア符号化の国際動向
          69
      • 3・2
        実応用に向けたBMLのプロファイル[ARIB STD-B 24]
        70
      • 3・3
        BMLで用いるモノメディア符号化[ARIB STD-B 24, TR-B 14, B 15]
        70
        • 3・3・1
          動画像の符号化
          71
        • 3・3・2
          文字の符号化
          71
        • 3・3・3
          静止画像および図形の符号化
          71
        • 3・3・4
          音声の符号化
          72
        • 3・3・5
          その他のモノメディア
          73
      • 3・4
        BMLのタグセット[ARIB STD-B 24, TR-B 14, B 15]
        73
        • 3・4・1
          基本サービスのためのBMLタグセット
          73
        • 3・4・2
          拡張サービスのためのBMLタグセット
          74
      • 3・5
        BMLにおけるレイアウト指定と提示[ARIB STD-B 24, TR-B 14, B 15]
        79
        • 3・5・1
          CSSベースのスタイルシート
          79
        • 3・5・2
          位置指定
          82
        • 3・5・3
          Z-インデックス
          82
        • 3・5・4
          描画プレーンモデル
          82
        • 3・5・5
          テキストの提示
          83
        • 3・5・6
          モノメディアの提示
          84
        • 3・5・7
          リモコン操作とナビゲーション記述
          85
        • 3・5・8
          制御符号(空白、改行、タブ)の扱い
          87
      • 3・6
        ECMAScriptによる動作記述[ARIB STD-B 24, TR-B 14, B 15]
        87
        • 3・6・1
          BML文書でのスクリプト規定
          88
        • 3・6・2
          DOMの概要
          88
        • 3・6・3
          DOMの使用例
          89
        • 3・6・4
          放送用拡張関数の概要
          92
        • 3・6・5
          放送用拡張関数の使用例
          92
      • 3・7
        データの伝送方式と受信・放送同期サービスの仕組み[ARIB STD-B 24, TR-B 14, B 15]
        98
        • 3・7・1
          データカルーセルによるコンテンツの伝送
          98
        • 3・7・2
          イベントメッセージ
          100
        • 3・7・3
          データ放送サービスのコンテンツの構成と名前空間
          101
        • 3・7・4
          コンテンツの名前空間
          102
        • 3・7・5
          放送と連動して双方向網で伝送されるコンテンツ
          103
      • 3・8
        蓄積データサービスの仕組み[ARIB STD-B 24, TR-B 15]
        103
        • 3・8・1
          蓄積専用データサービスとは
          103
        • 3・8・2
          データカルーセルの構成
          104
        • 3・8・3
          放送・通信・蓄積連動サービス
          104
      • 参考文献
        106
  • 第4編
    多重化方式と番組配列情報
    • 1章
      多重化方式と番組配列情報の全体像
      108
      • 1・1
        デジタル放送の要求条件
        108
      • 1・2
        MPEG-2 Systemsの多重化方式の採用
        108
      • 1・3
        基本となるパケット形式
        108
      • 1・4
        番組配列情報の構成
        109
      • 1・5
        番組配列情報とEPG
        109
    • 2章
      多重化方式
      110
      • 2・1
        多重信号の構造[ARIB STD-B 32]
        110
        • 2・1・1
          TS
          110
        • 2・1・2
          PESパケット
          112
        • 2・1・3
          セクション
          113
      • 2・2
        提示同期方式
        116
        • 2・2・1
          クロック同期[ARIB STD-B 32]
          116
        • 2・2・2
          映像・音声の同期
          116
      • 2・3
        伝送制御情報(PSI)
        117
    • 3章
      番組配列情報の規格
      121
      • 3・1
        番組配列情報の構造
        121
      • 3・2
        テーブル[ARIB STD-B 10]
        121
        • 3・2・1
          PSIのテーブル
          122
        • 3・2・2
          SIのテーブル
          122
      • 3・3
        記述子[ARIB STD-B 10]
        129
      • 3・4
        EPGにおけるSIの利用例
        133
    • 4章
      BSデジタル放送における運用[ARIB TR-B 15]
      135
      • 4・1
        多重の運用
        135
        • 4・1・1
          トランスポンダへの複数TSの多重
          135
        • 4・1・2
          ネットワークの運用
          135
        • 4・1・3
          TS多重(MPEG-TS)
          136
        • 4・1・4
          PSIの運用
          138
        • 4・1・5
          SDTTの運用
          140
        • 4・1・6
          MPEG-2 Systems規格に対する例外運用
          141
      • 4・2
        番組配列情報(SI)の運用
        141
        • 4・2・1
          SIの役割
          141
        • 4・2・2
          BSデジタル放送で導入された括りの概念
          141
        • 4・2・3
          全局SIと各局SI
          143
        • 4・2・4
          SI伝送パラメータとEITの送出運用
          143
        • 4・2・5
          SIテーブルの運用
          145
        • 4・2・6
          SIに含まれる文字情報
          147
        • 4・2・7
          さまざまな放送運用に対応したPSI/SI運用
          147
      • 4・3
        EPG集配信システム
        148
        • 4・3・1
          全局SIと各局SI
          148
        • 4・3・2
          actualとother
          148
        • 4・3・3
          全局SI集配信システム
          150
        • 4・3・4
          SIの流れ
          151
        • 4・3・5
          地上デジタル放送での動向
          151
    • 5章
      広帯域CSにおける運用[ARIB TR-B 15]
      152
      • 5・1
        多重の運用
        152
      • 5・2
        番組配列情報の運用
        152
        • 5・2・1
          同報的な掲示板情報の伝送
          152
        • 5・2・2
          SI伝送容量効率化
          153
    • 6章
      地上デジタルテレビジョン放送における運用[ARIB TR-B 14]
      155
      • 6・1
        多重の運用
        155
        • 6・1・1
          ネットワークの単位とTS
          155
        • 6・1・2
          ネットワークIDと受信機の動作
          155
        • 6・1・3
          階層伝送とPSIの送出階層
          156
        • 6・1・4
          サービスとESの運用
          158
        • 6・1・5
          サービスIDとチャネル番号
          158
      • 6・2
        番組配列情報の運用
        159
        • 6・2・1
          NIT
          159
        • 6・2・2
          BIT
          160
        • 6・2・3
          SDT
          162
        • 6・2・4
          EIT
          163
  • 第5編
    衛星放送伝送方式
    • 1章
      BSデジタル放送の概要
      170
      • 1・1
        BSデジタル放送の特徴
        170
      • 1・2
        BSデジタル放送伝送方式の概要
        171
        • 1・2・1
          伝送方式の構成
          171
        • 1・2・2
          フレーム構造
          172
        • 1・2・3
          畳込み符号誤り訂正と変調方式
          172
        • 1・2・4
          スロットと伝送容量
          172
        • 1・2・5
          TMCC信号
          173
      • 参考文献
        173
    • 2章
      伝送方式の規格の詳細[ARIB STD-B 20]
      174
      • 2・1
        周波数帯域幅,搬送送信周波数の位置
        174
      • 2・2
        変調方式
        174
        • 2・2・1
          変調信号
          174
        • 2・2・2
          位相変調の種類
          175
      • 2・3
        伝送速度
        175
      • 2・4
        搬送波の位相偏位
        175
      • 2・5
        搬送波の帯域制限
        175
      • 2・6
        伝送主信号
        175
        • 2・6・1
          伝送主信号の構成
          175
        • 2・6・2
          電力拡散信号
          175
        • 2・6・2
          インタリーブ
          175
        • 2・6・4
          変調方式のスロット割当て
          176
        • 2・6・5
          変調モードのフレーム配置
          176
        • 2・6・6
          主信号の誤り訂正
          177
      • 2・7
        位相基準バースト信号の構成
        177
      • 2・8
        TMCC信号の構成と誤り訂正
        178
        • 2・8・1
          TMCC信号の構成
          178
        • 2・8・2
          TMCC信号の誤り訂正と変調方式
          178
        • 2・8・3
          電力拡散信号
          178
        • 2・8・4
          TMCC情報の更新
          178
      • 2・9
        TMCC情報の構成
        178
      • 2・10
        衛星デジタル放送伝送方式の諸元
        180
    • 3章
      衛星デジタル放送のガイドライン[ARIB STD-B 20]
      181
      • 3・1
        同期化運用ガイドライン
        181
      • 3・2
        階層変調サービスシステム運用ガイドライン
        182
        • 3・2・1
          階層変調の概要
          182
        • 3・2・2
          階層変調における伝送方式の割当て
          183
        • 3・2・3
          階層変調における映像符号化
          183
        • 3・2・4
          階層変調における多重化
          183
      • 参考文献
        183
    • 4章
      BSデジタル放送の伝送に関する運用規定[ARIB TR-B 15]
      184
      • 4・1
        TS合成
        184
      • 4・2
        TMCCの運用
        185
        • 4・2・1
          TMCCの生成
          185
        • 4・2・2
          規定違反のTMCCへの対応
          185
        • 4・2・3
          放送休止期間の対応
          185
        • 4・2・4
          変更指示
          185
        • 4・2・5
          伝送モード/スロット情報
          185
        • 4・2・6
          相対TS/スロツト情報
          185
        • 4・2・7
          相対TS/TS D対応表
          186
      • 4・3
        緊急警報放送(EWS)の運用
        186
      • 4・4
        サイトダイバーシチ運用
        186
        • 4・4・1
          サイトダイバーシチ運用の考え方
          186
        • 4・4・2
          サイトダイバーシチ運用前後における信号処理
          187
      • 4・5
        位相基準バースト
        187
      • 4・6
        階層変調の運用
        187
        • 4・6・1
          階層伝送記述子の扱い
          188
        • 4・6・2
          低階層の重複参照
          188
    • 5章
      その他のサービス運用[ARIB TR-B 15]
      189
      • 5・1
        臨時編成
        189
        • 5・1・1
          サービスイメージ
          189
        • 5・1・2
          臨時サービスの運用
          189
      • 5・2
        マルチビューテレビ
        190
        • 5・2・1
          サービスイメージ
          190
        • 5・2・2
          MVTVの運用方法
          190
      • 5・3
        イベントリレー
        191
      • 5・4
        放送休止の扱い
        191
      • 5・5
        時計の運用
        192
      • 5・6
        字幕スーパー
        192
      • 5・7
        識別子等の各種数値の割当て
        192
        • 5・7・1
          トランスポートストリーム識別
          192
        • 5・7・2
          各サービスのサービス識別、サービスID割当てガイドライン
          193
        • 5・7・3
          その他の識別子の値
          193
    • 6章
      2.6GHz帯衛星デジタル音声放送
      194
      • 6・1
        はじめに
        194
      • 6・2
        システムの特徴[ARIB STD-B 41, B 42]
        194
      • 6・3
        放送システム[ARIB STD-B 41, B 42]
        195
      • 6・4
        放送方式[ARIB STD-B 10, B 32, B 41, B 42]
        195
        • 6・4・1
          伝送路符号化
          195
        • 6・4・2
          パイロットチャネルの信号形式
          198
        • 6・4・3
          ベースバンド多重と情報源符号化
          201
        • 6・4・4
          マルチメディア符号化
          201
      • 6・5
        実証実験の概要
        201
        • 6・5・1
          衛星リンク
          201
        • 6・5・2
          スペクトルと白色ガウス雑音環境下での誤り特性
          201
        • 6・5・3
          高速移動体での受信実験
          202
        • 6・5・4
          マルチパス環境下での受信実験
          202
      • 6・6
        想定される受信機構成[ARIB STD-B 25, B 41, B 42]
        203
      • 6・7
        まとめ
        204
      • 参考文献
        204
  • 第6編
    地上放送伝送方式
    • 1章
      地上デジタルテレビジョン放送
      206
      • 1・1
        地上デジタル放送の概要[ARIB STD-B 31]
        206
        • 1・1・1
          伝送方式の特徴
          206
        • 1・1・2
          伝送方式の概要,送受信イメージ,OFDM信号
          206
        • 1・1・3
          割当チャネル(周波数)および周波数帯幅
          207
        • 1・1・4
          伝送パラメータ
          207
        • 1・1・5
          情報レート
          209
        • 1・1・6
          所要C/N
          210
      • 1・2
        伝送方式の標準規格[ARIB STD-B 31]
        210
        • 1・2・1
          基本構成
          210
        • 1・2・2
          TS再多重
          211
        • 1・2・3
          外符号誤り訂正
          211
        • 1・2・4
          階層分割
          212
        • 1・2・5
          エネルギー拡散
          212
        • 1・2・6
          遅延補正
          212
        • 1・2・7
          バイトインタリーブ
          213
        • 1・2・8
          内符号誤り訂正
          213
        • 1・2・9
          キャリヤ変調部
          213
        • 1・2・10
          階層合成
          216
        • 1・2・11
          時間・周波数インタリーブ
          216
        • 1・2・12
          フレーム構成とパイロット信号
          218
        • 1・2・13
          TMCC信号
          220
        • 1・2・14
          伝送スペクトルの構成,ガードインターバルの付加
          222
      • 1・3
        運用ガイドライン[ARIB STD-B 31]
        223
        • 1・3・1
          階層伝送の強さの順
          223
        • 1・3・2
          階層伝送時のPSIの送出
          223
        • 1・3・3
          PCRの送出
          225
        • 1・3・4
          SFN同期化運用ガイドライン
          226
        • 1・3・5
          STL/TTLへの信号伝送手法
          226
      • 1・4
        伝送方式の運用規定[ARIB TR-B 14]
        229
        • 1・4・1
          階層伝送,部分受信
          229
        • 1・4・2
          伝送パラメータの運用制限
          229
        • 1・4・3
          運用するセグメント構成
          230
        • 1・4・4
          伝送容量,伝送遅延量
          231
        • 1・4・5
          TS再多重
          231
        • 1・4・6
          TMCCの運用(伝送パラメータの切替え)
          232
        • 1・4・7
          緊急警報放送(EWS)の運用
          232
        • 1・4・8
          ACの運用
          232
      • 1・5
        地上デジタル放送の運用規定の概要[ARIB TR-B 14]
        233
        • 1・5・1
          運用する階層構成と使用パラメータ
          233
        • 1・5・2
          階層ごとに指定可能な伝送パラメータ
          233
        • 1・5・3
          階層伝送の運用に応じた使用パラメータ
          233
        • 1・5・4
          受信機の種類と期待される機能
          235
      • 1・6
        周波数使用条件等[ARIB STD-B 21, B 31]
        235
        • 1・6・1
          使用周波数
          236
        • 1・6・2
          周波数帯幅
          236
        • 1・6・3
          搬送波の周波数と周波数配置
          236
        • 1・6・4
          送信周波数の許容偏差
          236
        • 1・6・5
          IFFTサンプル周波数と許容誤差
          237
        • 1・6・6
          送信スペクトルマスク
          237
        • 1・6・7
          スプリアス発射の強度の許容値
          237
        • 1・6・8
          放送区域(所要電界強度)
          238
        • 1・6・9
          混信保護比
          238
        • 1・6・10
          受信機の望ましい仕様
          239
    • 2章
      地上デジタル音声放送
      240
      • 2・1
        地上デジタル音声放送の概要[ARIB STD-B 29]
        240
        • 2・1・1
          伝送方式の特徴
          240
        • 2・1・2
          送受信イメージ
          240
        • 2・1・3
          割当チャネル(周波数)
          240
        • 2・1・4
          伝送パラメータ
          240
        • 2・1・5
          情報レート
          241
        • 2・1・6
          所要C/N
          241
      • 2・2
        伝送方式の規格[ARIB STD-B 29]
        241
        • 2・2・1
          基本構成
          241
        • 2・2・2
          TS再多重
          243
        • 2・2・3
          外符号誤り訂正
          244
        • 2・2・4
          階層分割
          244
        • 2・2・5
          エネルギー拡散
          244
        • 2・2・6
          遅延補正
          244
        • 2・2・7
          バイトインタリーブ
          244
        • 2・2・8
          内符号誤り訂正
          244
        • 2・2・9
          キャリヤ変調部
          244
        • 2・2・10
          階層合成
          244
        • 2・2・11
          時間・周波数インタリーブ
          244
        • 2・2・12
          フレーム構成とパイロット信号
          245
        • 2・2・13
          TMCC信号
          247
        • 2・2・14
          連結送信
          248
        • 2・2・15
          伝送スペクトルの構成,ガードインターバルの付加
          249
      • 2・3
        伝送方式の運用規定[ARIB TR-B 13]
        250
        • 2・3・1
          階層伝送
          250
        • 2・3・2
          伝送パラメータの運用制限
          251
        • 2・3・3
          3セグメント形式における階層構成
          252
        • 2・3・4
          伝送容量と伝送遅延量
          252
        • 2・3・5
          TS再多重
          253
        • 2・3・6
          伝送パラメータの切替え
          253
        • 2・3・7
          緊急警報放送(EWS)の運用
          253
        • 2・3・8
          ACの運用
          253
        • 2・3・9
          連結送信の運用
          253
      • 2・4
        周波数使用条件[ARIB STD-B 29]
        255
        • 2・4・1
          使用周波数
          255
        • 2・4・2
          周波数帯幅
          255
        • 2・4・3
          搬送波の周波数と周波数配置
          255
        • 2・4・4
          送信周波数の許容偏差
          256
        • 2・4・5
          IFFTサンプル周波数の許容偏差
          256
        • 2・4・6
          送信スペクトルマスク
          256
        • 2・4・7
          スプリアス発射強度の許容値
          257
        • 2・4・8
          放送区域(所要電界強度)
          257
        • 2・4・9
          混信保護比
          258
  • 第7編
    ケーブルテレビ伝送方式
    • 1章
      64QAM方式
      260
      • 1・1
        64QAM方式の位置づけ
        260
      • 1・2
        64QAM単一TS伝送方式[JCTEA STD-002-3.0]
        260
      • 1・3
        64QAM複数TS伝送方式[JCTEA STD-002-3.0]
        262
      • 参考文献
        263
    • 2章
      パススルー伝送方式
      264
      • 2・1
        BSデジタル放送のパススルー伝送方式[JCTEA STD-008-1.0]
        264
        • 2・1・1
          BSパススルー方式の技術的条件
          264
        • 2・1・2
          搬送波の周波数
          264
        • 2・1・3
          信号搬送波の条件
          265
        • 2・1・4
          BS-IF帯以外での望ましい周波数配列
          265
        • 2・1・5
          BSパススルー伝送方式の望ましいシステム仕様・性能等
          267
      • 2・2
        地上デジタルテレビジョン放送のパススルー伝送方式
        267
        • 2・2・1
          システム構成
          267
        • 2・2・2
          技術的条件
          267
      • 参考文献
        270
    • 3章
      ケーブルテレビ標準規格
      271
      • 3・1
        規格・標準化委員会
        271
      • 3・2
        デジタル有線テレビジョン放送にかかわる標準規格[JCTEA STD-001-1.0, 002-3.0, 003-3.0, 004-1.1, 007-3.0, 008-1.0, 010-QAM-1.0, 010-PSK-1.0, 010-OFDM-1.0]
        271
        • 3・2・1
          標準規格の策定条件
          271
        • 3・2・2
          策定済み標準規格の概要
          273
      • 3・3
        ケーブルモデムに関する標準規格[JCTEA STD-005-1.1, 009-1.0]
        274
    • 4章
      日本ケーブルラボ仕様
      275
      • 4・1
        概要
        275
      • 4・2
        BSデジタル放送トランスモジュレーション[JCL SPEC-001, 001-01, 001-02]
        275
        • 4・2・1
          BSデジタル放送トランスモジュレーション運用仕様
          276
        • 4・2・2
          視聴制御機能詳細仕様
          277
        • 4・2・3
          ダウンロード機能運用仕様
          279
      • 4・3
        東経110°CSデジタル放送トランスモジュレーション[JCL SPEC-002]
        280
        • 4・3・1
          TS分割方式
          281
        • 4・3・2
          TS分割方式のための新記述子
          281
      • 4・4
        デジタル放送リマックス
        282
      • 4・5
        HITS[JCL SPEC-004, 005]
        283
  • 第8編
    限定受信・著作権保護方式
    • 1章
      デジタル放送と限定受信・著作権保護方式の概要
      286
    • 2章
      限定受信方式の原理と構成
      287
    • 3章
      信号のスクランブル方式[ARIB STD-B 25]
      290
    • 4章
      受信の制御と課金方式
      292
      • 4・1
        BSデジタル放送の限定受信方式の概要[ARIB STD-B 25, TR-B 15]
        292
      • 4・2
        関連情報の伝送方式[ARIB STD-B 25, TR-B 14, B 15]
        294
        • 4・2・1
          限定受信方式記述子
          294
        • 4・2・2
          ECMの伝送方式
          294
        • 4・2・3
          EMMの伝送方式
          295
        • 4・2・4
          EMMメッセージの伝送方式
          296
        • 4・2・5
          関連するSI/PSIの情報
          298
        • 4・2・6
          関連情報に関係する諸元
          298
    • 5章
      限定受信方式を利用したメッセージの伝送[ARIB STD-B 25, TR-B 14, B 15]
      299
      • 5・1
        自動表示メッセージとメール
        299
        • 5・1・1
          自動表示メッセージ
          299
        • 5・1・2
          メール
          299
      • 5・2
        EMMメッセージの伝送と表示
        300
        • 5・2・1
          EMM個別メッセージ
          300
        • 5・2・2
          EMM共通メッセージ
          300
      • 5・3
        自動表示メッセージの表示の制御
        301
    • 6章
      受信機の構成・機能[ARIB STD-B 25, TR-B 14, B 15]
      304
      • 6・1
        受信機の構成
        304
      • 6・2
        CAインタフェース
        306
        • 6・2・1
          物理仕様,電気信号およびプロトコル
          306
        • 6・2・2
          コマンド/レスポンス
          307
      • 6・3
        受信機の主な機能
        310
        • 6・3・1
          EMM, EMMメッセージの受信
          310
        • 6・3・2
          番組視聴
          310
        • 6・3・3
          データ伝送
          312
        • 6・3・4
          省電力化
          312
    • 7章
      通信機能
      315
      • 7・1
        通信機能の概要
        315
      • 7・2
        通信フェーズ[ARIB STD-B 25]
        315
      • 7・3
        プロトコルスタック[ARIB STD-B 25]
        316
      • 7・4
        受信機とセンター間の通信[ARIB STD-B 25, TR-B 15]
        316
      • 7・5
        ICカードと受信機間の通信[ARIB STD-B 25]
        316
    • 8章
      著作権保護方式
      320
      • 8・1
        著作権保護機能に関する基本的な考え方
        320
      • 8・2
        エンフォースメントの考え方
        320
      • 8・3
        コピー世代管理機能[ARIB TR-B 14, B 15]
        321
      • 8・4
        受信機に求められる機能[ARIB TR-B 14, B 15]
        321
      • 8・5
        著作権保護方式運用の実際[ARIB TR-B 15]
        321
      • 参考文献
        323
  • 第9編
    受信機
    • 1章
      デジタル放送受信機の概要
      326
      • 1・1
        はじめに
        326
      • 1・2
        デジタル放送受信機の基本構成とメディア・受信機形態間の関係
        326
    • 2章
      デジタルテレビジョン放送受信機
      328
      • 2・1
        背景と受信機の構成[ARIB STD-B 21]
        328
        • 2・1・1
          背景
          328
        • 2・1・2
          受信機の構成
          328
      • 2・2
        衛星デジタル放送の受信機能[ARIB STD-B 21, TR-B 15]
        329
        • 2・2・1
          受信アンテナ
          329
        • 2・2・2
          コンバータとフィーダ
          329
        • 2・2・3
          DIRDの仕様
          331
      • 2・3
        地上デジタルテレビジョン放送の受信機能[ARIB STD-B 21, TR-B 14]
        332
        • 2・3・1
          受信アンテナ
          332
        • 2・3・2
          DIRDの仕様
          332
      • 2・4
        映像・音声の復号処理および出力[ARIB STD-B 21]
        335
        • 2・4・1
          映像復号処理および出力
          335
        • 2・4・2
          音声復号処理および出力
          336
      • 2・5
        基本データデコーダ[ARB STD-B 21]
        338
      • 2・6
        EPG表示[ARIB STD-B21, TR-B 14, B 15]
        338
        • 2・6・1
          衛星デジタル放送のEPG表示
          338
        • 2・6・2
          地上デジタル放送のEPG表示
          340
      • 2・7
        CAS機能[ARIB ATD-B 21]
        341
      • 2・8
        ダウンロード機能[ARIB STD-B 21, TR-B 14, B 15]
        341
        • 2・8・1
          ダウンロードサービス
          341
        • 2・8・2
          ダウンロードに関する伝送方式
          342
        • 2・8・3
          各メディアのダウンロード方式
          344
        • 2・8・4
          受信機の仕様
          344
      • 2・9
        双方向通信機能[ARIB STD-B 21]
        346
        • 2・9・1
          双方向通信における伝送フェーズ
          346
        • 2・9・2
          視聴情報収集用プロトコル
          346
        • 2・9・3
          データ放送サービスおよびデータ配信用プロトコル
          347
        • 2・9・4
          インタフェース
          350
        • 2・9・5
          TCP/IPを用いた双方向通信に必要な機能
          350
      • 2・10
        高速デジタルインタフェース[ARIB STD-B 21]
        350
        • 2・10・1
          シリアルインタフェース仕様
          351
        • 2・10・2
          シリアルインタフェースの入出力信号
          351
        • 2・10・3
          コピープロテクション方式
          353
      • 2・11
        DIRDの信号処理機能[ARIB STD-B 21]
        353
        • 2・11・1
          番組配列情報
          353
        • 2・11・2
          放送/非放送の識別
          353
        • 2・11・3
          同時処理するPIDの数
          353
        • 2・11・4
          スクランブル用に設定できるスクランブル鍵の数
          353
        • 2・11・5
          番組選択のフロー
          353
      • 参考文献
        353
    • 3章
      デジタル音声放送用受信機[ARIB TR-B 13]
      355
      • 3・1
        受信機の構成
        355
        • 3・1・1
          フロントエンド部
          355
        • 3・1・2
          チューニングステップ
          357
        • 3・1・3
          受信用チューナ部の特性
          357
        • 3・4・4
          運用されるパラメータ
          358
      • 3・2
        伝送路復合化部
        358
        • 3・2・1
          1セグメント受信機
          358
        • 3・2・2
          3セグメント受信機
          360
        • 3・2・3
          EPG
          360
      • 3・3
        音声およびデータの復号処理および出力
        360
        • 3・3・1
          音声の復号処理および出力部
          360
        • 3・3・2
          MPEG-2 Audioの運用詳細
          361
        • 3・3・3
          音声符号化レートの運用範囲
          361
        • 3・3・4
          音声品質表示
          361
        • 3・3・5
          データの復号処理および出力
          361
      • 3・4
        その他の搭載すべき望ましい機能
        363
      • 参考文献
        363
    • 4章
      ケーブルテレビ受信機[JCTEA STD-007]
      364
      • 4・1
        受信機の構成
        364
        • 4・1・1
          JCTEA STD-004
          364
        • 4・1・2
          JCTEA STD-007
          367
      • 4・2
        伝送路符号化部
        369
        • 4・2・1
          伝送路符号化の復号
          369
        • 4・2・2
          単一TSと複数TS伝送方式
          372
      • 参考文献
        374
  • 第10編
    サーバ型放送
    • 1章
      サーバ型放送の概要[ARIB STD-B 38]
      376
      • 1・1
        サービス環境
        376
      • 1・2
        サービスモデル例
        377
      • 1・3
        システムリファレンスモデル
        378
        • 1・3・1
          コンテンツの提供形態
          378
        • 1・3・2
          送信システム
          378
        • 1・3・3
          受信システム
          379
      • 参考文献
        380
    • 2章
      コンテンツの符号化・伝送・蓄積制御方式[ARIB STD-B 38]
      381
      • 2・1
        コンテンツの符号化方式
        381
      • 2・2
        コンテンツの伝送方式
        381
        • 2・2・1
          DSM-CCデータカルーセル
          381
        • 2・2・2
          DownloadInfoIndication (DII)メッセージ
          382
      • 2・3
        コンテンツの蓄積制御方式
        382
      • 参考文献
        383
    • 3章
      メタデータの符号化・伝送・蓄積制御方式[ARIB STD-B 38]
      384
      • 3・1
        メタデータ記述言語
        384
      • 3・2
        記述言語型メタデータの文字符号化
        384
      • 3・3
        メタデータ記述形式
        385
        • 3・3・1
          記述言語型メタデータの種類
          385
        • 3・3・2
          TVAMainドキュメントの記述例
          385
        • 3・3・3
          番組情報メタデータ
          385
        • 3・3・4
          インスタンス記述メタデータ
          389
        • 3・3・5
          セグメンテーションメタデータ
          389
        • 3・3・6
          サービス情報
          389
        • 3・3・7
          応用例におけるメタデータ記述
          389
      • 3・4
        メタデータ伝送符号化方式
        392
        • 3・4・1
          バイナリ形式符号化
          392
        • 3・4・2
          テキスト形式符号化
          392
        • 3・4・3
          記述言語型メタデータの圧縮
          392
      • 3・5
        メタデータの伝送方式
        393
      • 3・6
        メタデータの蓄積制御方式
        393
      • 参考文献
        394
    • 4章
      コンテンツの識別情報[ARIB STD-B 38]
      395
      • 4・1
        コンテンツ参照
        395
      • 4・2
        コンテンツ参照識別子(CRID)
        395
      • 4・3
        Authority
        395
      • 4・4
        ロケータ
        395
        • 4・4・1
          形式
          395
        • 4・4・2
          ロケータの記述例
          396
      • 4・5
        ロケーション解決
        397
        • 4・5・1
          ロケーション解決に必要な要素
          397
        • 4・5・2
          ロケーション解決の例
          397
      • 参考文献
        398
    • 5章
      著作権保護方式[ARIB STD-B 21]
      399
      • 5・1
        エンフォースメントの基本的考え方
        399
      • 5・2
        権利保護情報
        400
      • 5・3
        著作権保護方式の維持
        400
      • 5・4
        第三者提供のメタデータの扱い
        400
      • 参考文献
        400
    • 6章
      アクセス制御方式[ARIB STD-B 25]
      401
      • 6・1
        アクセス制御方式の概要
        401
        • 6・1・1
          システムの概要
          401
        • 6・1・2
          アクセス制御の観点から見たサーバ型放送サービスの分類
          401
        • 6・1・3
          サービス例
          401
        • 6・1・4
          ストリーム型コンテンツとファイル型コンテンツの制御対象
          402
        • 6・1・5
          システム構成
          403
      • 6・2
        ストリーム型アクセス制御方式
        403
        • 6・2・1
          システム構成
          403
        • 6・2・2
          ストリーム型アクセス制御方式の関連情報
          406
        • 6・2・3
          コンテンツと関連情報の関連づけ
          407
      • 6・3
        ファイル型アクセス制御方式
        407
        • 6・3・1
          ファイル型コンテンツの構成
          407
        • 6・3・2
          エンクリプト方式
          408
        • 6・3・3
          アクセス制御の方法
          408
      • 参考文献
        409
    • 7章
      サーバ型放送受信機[ARIB STD-B 21]
      410
      • 7・1
        サーバ型放送受信機の構成
        410
      • 7・2
        信号処理機能
        410
        • 7・2・1
          放送/非放送の識別フロー
          410
        • 7・2・2
          番組選択のフロー
          410
        • 7・2・3
          コンテンツ蓄積のフロー
          410
        • 7・2・4
          蓄積済みコンテンツ選択のフロー
          414
      • 参考文献
        414
  • 第11編
    デジタル放送設備
    • 1章
      デジタル放送設備の概要
      416
    • 2章
      BSデジタル放送設備
      418
      • 2・1
        概要
        418
      • 2・2
        NHKの放送設備
        419
        • 2・2・1
          設備全般
          419
        • 2・2・2
          情報管理制御システム
          420
        • 2・2・3
          テレビジョン送出設備
          421
        • 2・2・4
          符号化多重化設備
          422
        • 2・2・5
          EPG送出設備
          422
        • 2・2・6
          データ放送制作・送出設備
          422
        • 2・2・7
          メッセージ送出設備
          424
      • 2・3
        BS日本の放送設備
        425
        • 2・3・1
          BS日本の全体像
          425
        • 2・3・2
          系統切換えと画質の監視
          425
        • 2・3・3
          MPEG TSの監視
          427
        • 2・3・4
          MPEG TSの保存
          427
      • 2・4
        BS朝日の放送設備
        428
        • 2・4・1
          放送設備の概要
          428
        • 2・4・2
          EDPS(営放システム)
          429
        • 2・4・3
          DS(データサーバ)
          429
        • 2・4・4
          APCとEMC
          430
        • 2・4・5
          スイッチャ
          430
        • 2・4・6
          ENC/MUX関連設備
          430
        • 2・4・7
          SI/EPGシステム
          431
        • 2・4・8
          番組バンク
          431
        • 2・4・9
          データ放送システム
          432
      • 2・5
        BS-iの放送設備
        432
        • 2・5・1
          特徴
          432
        • 2・5・2
          本線系送出設備
          432
        • 2・5・3
          データ処理設備
          433
        • 2・5・4
          圧縮多重系設備
          434
        • 2・5・5
          データ放送設備
          435
        • 2・5・6
          TS監視
          435
      • 2・6
        BSジヤパンの放送設備
        436
        • 2・6・1
          番組制作・編集設備
          436
        • 2・6・2
          EDPS
          436
        • 2・6・3
          テレビ放送送出設備
          436
        • 2・6・4
          データ放送およびラジオ放送送出設備
          439
        • 2・6・5
          今後の拡張機能
          441
      • 2・7
        BSフジの放送設備
        441
        • 2・7・1
          設備の設計思想
          441
        • 2・7・2
          放送データ情報系
          441
        • 2・7・3
          映像・音声系
          442
        • 2・7・4
          データ放送系
          443
        • 2・7・5
          ENC/MUX系システム
          444
      • 2・8
        WOWOWの放送設備
        444
        • 2・8・1
          デジタル/アナログ一体化対応
          444
        • 2・8・2
          テレビ送出設備
          445
        • 2・8・3
          室間インカム系
          448
        • 2・8・4
          超短波放送設備
          448
        • 2・8・5
          データ放送制作設備
          448
        • 2・8・6
          BDPS
          448
        • 2・8・7
          有料系設備(BDPSと顧客管理システム/ICカード情報管理システムとの連携)
          449
      • 2・9
        スター・チャンネルBSの放送設備
        449
        • 2・9・1
          設備概要
          449
        • 2・9・2
          データサーバ
          449
        • 2・9・3
          ベースバンドシステム
          449
        • 2・9・4
          マルチチャネル・サラウンド対応
          451
        • 2・9・5
          字幕サービス
          451
        • 2・9・6
          符号化多重システム
          451
        • 2・9・7
          データ放送設備
          452
        • 2・9・8
          監視操作設備
          453
      • 2・10
        ビー・エス・コミュニケーションズの放送設備
        453
        • 2・10・1
          基本設計コンセプト
          453
        • 2・10・2
          全体概略
          453
        • 2・10・3
          マスタAPS
          453
        • 2・10・4
          オーディオサーバ
          453
        • 2・10・5
          DAW
          454
        • 2・10・6
          データ放送設備
          454
        • 2・10・7
          圧縮多重系
          456
        • 2・10・8
          EDPS
          456
      • 2・11
        日本ビーエス放送とメガポート放送の放送設備
        456
        • 2・11・1
          データ放送システムの概要
          456
        • 2・11・2
          本社設置システム
          457
        • 2・11・3
          共同送出センター設置システム
          458
      • 2・12
        メディアサーブの放送設備
        460
        • 2・12・1
          BS955送出システム
          460
        • 2・12・2
          自動更新システム
          462
        • 2・12・3
          双方向サービスシステム
          462
        • 2・12・4
          「BS955放送」と「双方向サービス」が連携した番組の一例
          463
        • 2・12・5
          今後の展開
          464
      • 2・13
        アップリンク設備
        465
        • 2・13・1
          ベースバンド装置
          465
        • 2・13・2
          高周波設備
          466
        • 2・13・3
          アンテナ設備
          467
        • 2・13・4
          サイトダイバーシチ運用
          468
      • 2・14
        EPG集配信設備
        468
        • 2・14・1
          システム構成
          468
        • 2・14・2
          全局SIの運用
          468
        • 2・14・3
          機能
          469
      • 2・15
        B-CAS設備
        469
        • 2・15・1
          B-CASカード
          469
        • 2・15・2
          システム構成
          469
        • 2・15・3
          B-CAS社の内部構成
          471
      • 2・16
        ダウンロード設備
        471
        • 2・16・1
          ダウンロードサービスとは
          471
        • 2・16・2
          ダウンロードの仕組みと仕様
          472
        • 2・16・3
          システムの要点
          472
        • 2・16・4
          システム構成
          472
      • 参考文献
        473
    • 3章
      CSデジタル放送設備
      475
      • 3・1
        概要
        475
      • 3・2
        スカイパーフェクト・コミュニケーションズの放送設備
        475
        • 3・2・1
          CSデジタル放送の概要
          475
        • 3・2・2
          サービスと設備の概要
          476
        • 3・2・3
          124°/128°CSデジタル放送の設備
          479
        • 3・2・4
          110°CSデジタル放送の設備
          480
      • 3・3
        イーピーの放送設備
        482
        • 3・3・1
          epサービスの仕組み
          482
        • 3・3・2
          蓄積型放送を実現する設備
          482
        • 3・3・3
          ep放送(委託放送事業者)の設備
          485
        • 3・3・4
          その他の設備について
          487
      • 参考文献
        487
    • 4章
      地上デジタル放送設備
      488
      • 索引
        489