有毒きのこ : カラーアトラス

広川書店/2003.9

当館請求記号:RA621-H11


目次


  • 1.
    きのこ中毒概論
    1
    • 真正きのこ中毒
      2
    • 擬似きのこ中毒
      3
    • 有害性重金属、環境汚染毒物及び放射能
      5
    • 真菌症及び真菌中毒症
      7
    • 胞子アレルギー
      8
    • きのこの採集及び調理のためのルール
      9
    • きのこ中毒が発生した時の対処の仕方
      10
      • 初期段階
        10
      • 一般的処置
        10
      • 原因きのこの同定
        11
      • 観察される症状に基づく診断
        12
    • きのこの化学
      13
      • 毒性学的に重要な成分
        13
    • きのこ中毒に関する文献
      15
  • 2.
    中毒症候群と毒きのこ
    17
    • ファロイデス症候群(環状ペプチド中毒)
      18
      • Amanita(テングタケ)属、Lepidella(レピデラ)亜属
        25
        • Amanita phalloides(タマゴテングタケ)
          26
        • Amanita verna(シロタマゴテングタケ)
          30
        • Amanita virosa(ドクツルタケ)
          32
        • 他のAmanita種
          35
      • Galerina(ケコガサタケ)属、Naucoriopsis節
        36
        • Galerina marginata(ヒメアジロガサ)
          37
        • 他の有毒Galerina種
          39
        • Galerina sulciceps
          40
      • Lepiota(キツネノカラカサ)属
        42
        • Lepiota helveola(ドクキツネノカラカサ)
          43
        • Lepiota brunneoincarnata
          45
        • Lepiota citrophylla
          46
      • Pholiotina filaris
        48
    • オレラヌス型中毒症
      50
      • Cortinarius(フウセンタケ)属
        52
        • Cortinarius orellanus
          53
        • Cortinarius orellanoides
          55
        • Cortinarius gentilis
          57
        • Cortinarius splendens
          59
        • 他の有毒Cortinarius種
          60
    • シャグマアミガサタケ型中毒症
      62
      • 子嚢菌類(担子菌種との比較)
        65
        • Gyromitra esculenta(シャグマアミガサタケ)
          66
        • 他の有毒子嚢菌類
          68
        • Sarcosphaera crassa
          69
    • ムスカリン型中毒症
      71
      • Inocybe(アセタケ)属
        74
        • Inocybe patouillardii
          76
        • Inocybe fastigiata(オオキヌハダトマヤタケ)
          78
        • Inocybe dulcamara(ザラツキトマヤタケ)
          80
        • Inocybe geophylla(シロトマヤタケ)
          82
        • Inocybe umbrina(アセタケモドキ)
          84
      • Clitocybe(カヤタケ)属
        86
        • Clitocybe phyllophila
          87
        • Clitocybe candicans(シロヒメカヤタケ)
          89
        • Clitocybe dealbata
          91
        • Clitocybe erisetorum
          93
      • Mycena pura(サクラタケ)
        95
        • ムスカリンを含む他のきのこ
          97
    • パンテリナ型中毒症
      98
      • Amanita(テングタケ)属、Amanita(テングタケ)亜属
        101
        • Amanita muscaria(ベニテングタケ)
          102
        • Amanita regalis
          105
        • Amanita pantherina(テングタケ)
          107
        • Amanita gemmata(ウスキテングタケ)
          110
    • シロシビン症候群
      112
      • Psilocybe semilanceata
        115
        • 他の幻覚性きのこ Psilocybe species, Panaeolus species, Pholiotina species, Panaeolina foenisecii, Gymnopilus species,他の属のきのこ
          117
    • コプリヌス症候群
      119
      • Coprinus atramentarius
        121
      • その他の有毒Coprinus属
        123
      • Clitocybe clavipes アルコール相互作用を持つと報告されている
        124
      • その他のきのこ
        125
    • Paxillus症候群
      126
      • Paxillus involutus
        127
    • 胃腸症候群
      130
      • Lamellate Fungi
        131
        • 有毒Agaricus属
          131
          • Agaricus xanthodermus
            132
          • Agaricus placomyces
            134
        • Dermocybe sanguinea
          136
        • Entoloma sinuatum
          138
        • Hebeloma crustuliniforme
          141
        • Hygrocybe属
          143
          • Hygrocybe conica
            144
          • Hypholoma fasciculare
            146
        • Macrolepiota属
          148
          • Macrolepiota venenata
            149
        • Megacollybia platyphylla
          150
        • Omphalotus olearius s.l.
          152
        • Tricholoma pardinum
          155
          • その他の有毒 Tricholoma属
            156
      • チチタケ類とベニタケ類(ベニタケ目)
        157
        • Lactarius helvus(アカチチモドキ)
          158
          • その他のLactarius(チチタケ Milk Caps)類
            159
        • Russula(ベニタケ)類
          161
        • Russula emetica(ドクベニタケ)
          162
      • Tubulate Fungi(イグチ類)(Boletales)
        165
        • Boletus satanas
          166
      • Coral Fungi(ホウキタケ類),Fairy Club
        169
        • Ramaria formosa(ハナホウキタケ)
          170
        • Ramaria pallida
          172
      • Gasteromycetes(腹菌類)
        174
        • Scleroderma citrinum(ニセショウロ)
          175
    • 生のきのこによる中毒
      177
      • Armillaria mellea s.l.(ナラタケ)
        178
    • 疑わしい成分を含むきのこ
      181
      • Agaricus(ハラタケ)属
        182
        • Amanita citrina(コタマゴテングタケ)
          183
        • Amanita porphyria(コテングタケ)
          185
        • Lyophyllum connatum(オシロイシメジ)
          187
  • 3.
    きのこの同定
    189
    • はじめに
      190
    • 同定するためのきのこの採集と保存標本
      191
      • 胞子紋のとりかた
        191
      • 記載のしかた
        191
    • ひだと管孔をもつきのこの記載と研究
      196
      • A.
        肉眼的記載
        196
        • 1.
          かさ
          196
        • 2.
          子実層托(ひだ、管孔)
          199
        • 3.
          200
        • 4.
          201
        • 5.
          化学反応
          202
        • 6.
          胞子の色とアミロイド
          203
        • 7.
          生態と発生地
          203
        • 8.
          色を決定する
          203
      • B.
        顕微鏡での検査
        205
        • 1.
          胞子
          205
        • 2.
          子実層の菌糸(担子器、シスチジア)とひだのトラマの構造
          205
        • 3.
          かさの切片
          208
        • 4.
          かすがい連結の検出
          210
        • 5.
          微量化学反応
          210
    • 台所、食べ残し、胃の内容物、便からの毒きのこの検出法
      213
    • 菌類の同定,特に毒きのこ
      215
      • 検索表の使い方
        215
      • 菌類同定に関する代表的文献
        216
    • 同定のための属の検索表:
    • ひだや管孔をもつきのこの属;毒きのこを識別するための検索表
      218
    • ひだや管孔をもつきのこの属の中で毒きのこを同定するための検索表
      243
  • 4.
    用語解説
    261
    • A.
      菌学用語の解説
      261
    • B.
      毒性学的及び化学的用語の解説
      267
  • 5.
    参考文献
    269
  • 索引
    289