ナノマテリアルハンドブック

エヌ・ティー・エス/2005.2

当館請求記号:M2-H68


目次


目次

  • 口絵
  • 『ナノマテリアルハンドブック』刊行に際して
    国武豊喜
  • 執筆者一覧
  • 第1章
    ナノテクノロジー総説
    1
    • 第1節
      ナノマテリアルと自己組織化
      <下村政嗣>
      3
      • 1.
        ナノテクノロジーと自己組織化
      • 2.
        ナノマテリアルと自己組織化
    • 第2節
      電子物性:第一原理電子状態計算
      <寺倉清之>
      10
      • 1.
        はじめに
      • 2.
        大規模電子状態計算
      • 3.
        位相空間探索
      • 4.
        いくつかの具体例
      • 5.
        おわりに
    • 第3節
      ナノマテリアルにおける光物性
      <高河原俊秀>
      15
      • 1.
        はじめに
      • 2.
        電子状態密度に対する次元性の効果
      • 3.
        励起子に対する次元性の効果
      • 4.
        励起子の振動子強度
      • 5.
        励起子および励起子分子の束縛エネルギーの大きさを決める物理的因子
      • 6.
        光学的非線形性に対する次元性の効果(概観)
      • 7.
        IV族元素半導体のナノ構造による発光
      • 8.
        励起子のラビ振動とコヒーレント状態操作
      • 9.
        量子ドットの励起子による光非線形性のサイズ依存性
      • 10.
        半導体量子ドットにおけるフォノンボトルネック効果
      • 11.
        おわりに
    • 第4節
      磁気物性
      <赤井久純>
      32
      • 1.
        磁性とナノマテリアル
      • 2.
        微粒子の磁性
      • 3.
        量子ドットの磁性
      • 4.
        金属人工格子の磁性
      • 5.
        希薄磁性半導体の磁性
      • 6.
        ハーフメタリック反強磁性体
      • 7.
        おわりに
    • 第5節
      熱力学
      <北原和夫>
      43
      • 1.
        平衡熱力学
      • 2.
        非平衡熱力学
      • 3.
        混合物における拡散
      • 4.
        運動論について
    • 第6節
      力学物性
      51
      • 1.
        ナノトライボロジー
        <佐々木成朗
        三浦浩治>
        51
        • 1.1
          ナノトライボロジーにおけるカーボン材料の重要性
        • 1.2
          摩擦力顕微鏡の実験法と解釈法
        • 1.3
          カーボン超潤滑材料の摩擦特性
        • 1.4
          課題と今後の展望
      • 2.
        非接触原子間力顕微鏡のシミュレーション
        <塚田捷>
        60
        • 2.1
          非接触原子間力顕微鏡の特徴とシミュレーションの必要性
        • 2.2
          シミュレーションの基本方程式
        • 2.3
          第一原理シミュレーションの実例
        • 2.4
          動的表面のncAFMシミュレーション
        • 2.5
          カンチレバー振動のエネルギー散逸
        • 2.6
          表面原子の熱振動とエネルギー散逸
      • 3.
        ナノ空間内の水の構造と相転移
        <田中秀樹
        甲賀研一郎>
        69
        • 3.1
          はじめに
        • 3.2
          制約空間における水の研究の概観
        • 3.3
          ナノ空間への計算機シミュレーションの応用
        • 3.4
          準二次元の水
        • 3.5
          準一次元の水
      • 4.
        表面力
        <栗原和枝
        水上雅史>
        75
        • 4.1
          ナノマテリアルにおける界面の重要性
        • 4.2
          表面力および表面力測定法
        • 4.3
          微粒子の分散制御と表面力
        • 4.4
          固/液界面の特性評価と表面力
        • 4.5
          限定ナノ空間における液体の性質
        • 4.6
          おわりに
      • 5.
        マイクロフルイディクス
        <庄子習一>
        82
        • 5.1
          化学・生化学システムのダウンサイジング化
        • 5.2
          マイクロフルイディクス
        • 5.3
          マイクロ流体制御素子
        • 5.4
          おわりに
    • 第7節
      表面物性
      87
      • 1.
        表面構造
        <大西洋>
        87
        • 1.1
          ナノマテリアルのゆりかご
        • 1.2
          金属の表面
        • 1.3
          シリコンの表面
        • 1.4
          金属酸化物の表面
        • 1.5
          層状化合物の表面
        • 1.6
          表面構造の調査法
      • 2.
        表面電子構造
        <塚田捷>
        93
        • 2.1
          バルクバンドの射影域
        • 2.2
          表面状態(タム状態)
        • 2.3
          表面状態(ショックレイ状態)
        • 2.4
          表面状態(ダングリングボンド状態)
        • 2.5
          鏡像力状態
        • 2.6
          表面構造と電子構造の関係
        • 2.7
          化合物半導体の表面
  • 第2章
    無機ナノクリスタル
    101
    • 第1節
      概要
      <木村茂行>
      103
      • 1.
        無機ナノクリスタルとは
      • 2.
        無機ナノクリスタル合成法の基本原理
      • 3.
        核形成と結晶成長の制御
      • 4.
        ナノクリスタルの分散性の確保
      • 5.
        利用目的に応じた無機ナノクリスタルの制御
      • 6.
        安全・安心の考え方に基づく手法の管理
    • 第2節
      無機ナノクリスタルの合成法
      107
      • 1.
        固相法(breaking down法)
        <伊ケ崎文和
        内田邦夫>
        107
        • 1.1
          breaking down法の特徴
        • 1.2
          機械的湿式粉砕-ナノ粒子調製の実例
          1
        • 1.3
          混合粉砕-ナノ粒子調製の実例
          2
        • 1.4
          ナノ粒子への解砕-ナノテクブームの中での話題
        • 1.5
          今後の課題と方向性
      • 2.
        CVD法
        <奥山喜久夫>
        112
        • 2.1
          CVD法の重要性
        • 2.2
          CVD法によるナノ粒子の製造
        • 2.3
          CVD法により得られるナノ粒子の性状の制御
        • 2.4
          今後の課題
      • 3.
        液相法
        116
        • 3.1
          共沈法
          <池上隆康>
          116
        • 3.2
          アルコキシド(ゾル-ゲル)法
          <尾崎義治>
          120
        • 3.3
          噴霧熱分解法
          <奥山喜久夫>
          126
      • 4.
        ナノ粒子からの焼結体組織制御
        <北條純一>
        130
        • 4.1
          ナノ粒子焼結の重要性
        • 4.2
          ジルコニア微粒子の焼結機構
        • 4.3
          ナノ複合粒子による焼結体組織制御
        • 4.4
          将来展望
    • 第3節
      無機ナノクリスタルの作製・制御
      134
      • 1.
        分散制御
        <奥山喜久夫>
        134
        • 1.1
          分散制御操作の重要性
        • 1.2
          ナノ粒子の合成過程での凝集・分散操作
        • 1.3
          ナノ粒子の表面修飾・分散化技術
        • 1.4
          ナノ粒子のコンポジット化による分散化
        • 1.5
          ナノ粒子の分散制御の例
        • 1.6
          今後の研究課題
      • 2.
        高密度焼結
        <池上隆康>
        139
        • 2.1
          高密度焼結体の重要性
        • 2.2
          具体的実験方法
        • 2.3
          得られた材料のまとめ
        • 2.4
          今後の課題
      • 3.
        超塑性セラミックス
        <三友護>
        144
        • 3.1
          ナノセラミックスと超塑性
        • 3.2
          酸化物セラミックス
        • 3.3
          非酸化物セラミックス
        • 3.4
          超塑性セラミックスの実用化の課題
      • 4.
        シリケートナノシート
        <山田裕久
        田村堅志
        横山信吾>
        151
        • 4.1
          層状ケイ酸塩:シリケートナノシートの積み重ね
        • 4.2
          スメクタイトの合成
        • 4.3
          膨潤性マイカの合成
        • 4.4
          イライト・フッ素フロゴパイトの剥離
        • 4.5
          LB膜法によるシリケートナノシートの合成
        • 4.6
          おわりに。
  • 第3章
    ナノガラス
    155
    • 第1節
      ナノガラス概論
      <牧島亮男>
      157
    • 第2節
      ナノガラス作製法
      160
      • 1.
        気相合成法
        <西井準治>
        160
        • 1.1
          気相合成法の重要性
        • 1.2
          成膜条件と物性評価
        • 1.3
          CVD薄膜の応用
        • 1.4
          おわりに
      • 2.
        ゾル-ゲル法によるナノ粒子分散ガラス蛍光体作製
        <村瀬至生
        李春亮
        安藤昌儀>
        167
        • 2.1
          はじめに
        • 2.2
          光る半導体ナノ粒子の合成
        • 2.3
          ガラスの中のナノ粒子
        • 2.4
          特性の評価
        • 2.5
          おわりに
      • 3.
        フェムト秒レーザ照射誘起構造法
        <邸建栄
        平尾一之>
        175
        • 3.1
          設計した誘起構造をもつガラスの重要性
        • 3.2
          なぜフェムト秒レーザか
        • 3.3
          フェムト秒レーザによる誘起構造
        • 3.4
          微細な誘起構造の応用
        • 3.5
          今後の課題
        • 3.6
          おわりに
      • 4.
        陽極酸化法
        <井上悟>
        184
        • 4.1
          背景
        • 4.2
          作製法
        • 4.3
          おわりに
      • 5.
        分相法,結晶化法
        <井上悟>
        191
        • 5.1
          背景
        • 5.2
          作製法
        • 5.3
          研究例
        • 5.4
          おわりに
    • 第3節
      ガラス材料の光導波路への接合
      <轟眞市>
      196
      • 1.
        光学材料から光デバイスへの架け橋
      • 2.
        ガラス製光導波路の種類
      • 3.
        接合法とそれにともなう問題点
      • 4.
        異種接合の具体例:光ヒューズ
    • 第4節
      光共振用微小球の作製と物性
      <柴田修一>
      203
      • 1.
        光共振用微小球の重要性
      • 2.
        光共振用微小球と励起用光導波路の作製
      • 3.
        光共振用微小球の光学特性と光共振効果の確認
      • 4.
        今後の展望と期待
  • 第4章
    ナノ金属
    211
    • 第1節
      概要
      <宝野和博>
      213
    • 第2節
      ナノ結晶
      218
      • 1.
        ナノ結晶合金の創製法
        <山崎 徹>
        218
        • 1.1
          ナノ結晶金属粉末の固化成形
        • 1.2
          電解析出法によるナノ結晶合金の作製
        • 1.3
          高強度Ni-Wナノ結晶電析合金の作製と精密成形
        • 1.4
          今後の展開
      • 2.
        強加工によるナノ結晶表面の創製
        <梅本実>
        224
        • 2.1
          ナノ結晶の強度と強加工によるナノ結晶作製の方法
        • 2.2
          強加工で作製された表面ナノ結晶層の組織
        • 2.3
          今後の課題と展望
      • 3.
        ナノ結晶の力学特性
        <水林博
        谷本久典>
        229
        • 3.1
          弾性・擬弾性特性
        • 3.2
          塑性変形過程
      • 4.
        ナノ結晶超塑性
        <東健司>
        234
        • 4.1
          はじめに
        • 4.2
          ナノ結晶材料における「超塑性」から「粒界塑性」への新展開
        • 4.3
          粒界塑性の原子論的メカニクスの観察・解析
        • 4.4
          粒界塑性の第一原理計算
      • 5.
        ナノ結晶鉄の機械的性質
        <高木節雄
        飛鷹秀幸>
        239
        • 5.1
          先進構造材料におけるナノ結晶化の必要性
        • 5.2
          ナノ結晶粒の定義とナノ結晶組織の特徴
        • 5.3
          鉄のナノ結晶化の手段と組織変化
        • 5.4
          ナノ結晶鉄における強度の粒径依存性
        • 5.5
          おわりに
      • 6.
        ナノ結晶軽合金
        <河村能人>
        243
        • 6.1
          ナノ結晶軽合金の重要性
        • 6.2
          ナノ結晶軽合金の作製方法
        • 6.3
          ナノ結晶軽合金の特性
        • 6.4
          今後の課題
    • 第3節
      ナノ析出
      248
      • 1.
        ナノ析出のメカニズム
        <榎本正人>
        248
        • 1.1
          ナノ析出とは
        • 1.2
          ナノクラスターの核生成
        • 1.3
          ナノクラスター,ナノ析出物の成長
        • 1.4
          おわりに
      • 2.
        鉄鋼材料におけるナノ析出
        <榎本正人>
        253
      • 2.1
        析出制御の重要性
        • 2.2
          析出の種類と形態
        • 2.3
          Cu添加鋼のCu析出
        • 2.4
          フェライト系耐熱鋼におけるナノ析出
        • 2.5
          ナノ析出による粒成長と集合組織の制御
        • 2.6
          合金炭化物の析出形態
      • 3.
        非鉄材料におけるナノ析出
        <宝野和博>
        257
        • 3.1
          はじめに
        • 3.2
          非鉄金属における析出の特徴
        • 3.3
          Al基合金中のクラスター形成とナノ析出
        • 3.4
          おわりに
    • 第4節
      ナノコンポジット
      263
      • 1.
        ナノコンポジット組織制御
        <井上明久>
        263
        • 1.1
          液相の過冷却化による組織制御
        • 1.2
          液相凍結体の加熱による組織制御
        • 1.3
          特性と応用
      • 2.
        ナノコンポジット金属の機械的性質
        <井上明久>
        268
        • 2.1
          ナノ結晶分散アモルファス相
        • 2.2
          ナノ結晶分散ガラス相
        • 2.3
          ナノ準結晶分散ガラス相
        • 2.4
          デンドライト相分散金属ガラス
        • 2.5
          ナノ準結晶分散Al合金
        • 2.6
          ナノアモルファス相分散Al合金
        • 2.7
          ナノ化合物分散Al合金
      • 3.
        ナノコンポジット磁性材料
        <宝野和博>
        274
      • 4.
        ナノコンポジット磁石材料
        <福永博俊>
        278
        • 4.1
          ナノコンポジット磁石とは
        • 4.2
          ナノコンポジット磁石のポテンシャル
        • 4.3
          ナノコンポジット磁石の現状と展望
    • 第5節
      ナノグラニュラー
      283
      • 1.
        ナノグラニュラー材料創製法
        <三谷誠司
        高梨弘毅>
        283
        • 1.1
          ナノグラニュラー材料とは
        • 1.2
          ナノグラニュラー材料の重要性
        • 1.3
          ナノグラニュラー材料の作製法
        • 1.4
          今後の課題
      • 2.
        ナノグラニュラー膜の軟磁性
        <大沼繁弘>
        288
        • 2.1
          背景と重要性
        • 2.2
          実験方法
        • 2.3
          材料の特性
        • 2.4
          今後の課題
      • 3.
        ナノグラニュラー材料の磁気抵抗効果
        <高梨弘毅
        三谷誠司>
        293
        • 3.1
          磁気抵抗効果の意味と重要性
        • 3.2
          金属-金属系ナノグラニュラー材料の磁気抵抗効果
        • 3.3
          金属-絶縁体系ナノグラニュラー材料の磁気抵抗効果
        • 3.4
          実用化への課題
      • 4.
        ナノグラニュラー磁気記録
        <北上修>
        298
        • 4.1
          ナノグラニュラー磁気記録材料の重要性
        • 4.2
          磁気記録媒体用薄膜材料の作製方法
        • 4.3
          代表的なナノグラニュラー記録材料特性
        • 4.4
          今後の課題
    • 第6節
      金属ガラス
      302
      • 1.
        バルク金属ガラス
        <井上明久>
        302
        • 1.1
          金属過冷却液体の安定下とバルク金属ガラス
        • 1.2
          高安定性を示す過冷却液体の合金成分と構造の特徴
        • 1.3
          過冷却液体から析出する初晶の特徴
        • 1.4
          ガラス形成能の計算科学予測
        • 1.5
          バルク金属ガラスの特性と応用
        • 1.6
          粘性流動加工
        • 1.7
          ナノ結晶,ナノ準結晶およびデンドライト結晶分散バルク金属ガラス
        • 1.8
          おわりに
      • 2.
        ナノ準結晶
        <才田淳治>
        308
        • 2.1
          はじめに
        • 2.2
          ガラス状態の不安定化によるナノ準結晶の析出
        • 2.3
          ナノ準結晶生成とガラスの局所構造の相関
        • 2.4
          ナノ準結晶析出と過冷却液体の安定性の相関
        • 2.5
          ナノ準結晶析出の組織制御の応用
        • 2.6
          おわりに
    • 第7節
      金属ナノクラスター
      314
      • 1.
        気相法による金属ナノクラスター
        <隅山兼治
        彰棟梁
        日原岳彦
        山室佐益>
        314
        • 1.1
          ナノクラスターの重要性
        • 1.2
          金属ナノクラスターの作製方法
        • 1.3
          金属ナノクラスターの特性
        • 1.4
          今後の課題
      • 2.
        表面修飾された金属ナノクラスターの化学的調製法と機能
        <佃達哉>
        320
        • 2.1
          金属ナノクラスターの重要性
        • 2.2
          実験方法
        • 2.3
          金ナノクラスターの特性
        • 2.4
          今後の課題
    • 第8節
      金属ナノ粒子
      325
      • 1.
        物理的製法
        <小澤英一>
        325
        • 1.1
          金属の加熱法の種類とその現状
        • 1.2
          物理的製法におけるナノ粒子生成の要点
        • 1.3
          加熱法による生成ナノ粒子種の制限
        • 1.4
          合金ナノ粒子の生成について
        • 1.5
          ナノ粒子ペーストの製造
        • 1.6
          おわりに
      • 2.
        化学的方法
        <中許昌美>
        333
        • 2.1
          化学的方法による金属ナノ粒子の合成
        • 2.2
          化学的方法による二元金属ナノ粒子の合成
        • 2.3
          化学的方法による金属ナノ粒子の形態制御
        • 2.4
          大量合成
  • 第5章
    ナノ半導体
    341
    • 第1節
      概要
      <石橋晃>
      343
      • 1.
        物質の階層性
      • 2.
        ナノ半導体デバイス(一般的な位置づけ)
      • 3.
        半導体の成長と構造制御(Early history I)
      • 4.
        電子デバイスの例(Early history II)
      • 5.
        光デバイスの例(Early history III)
      • 6.
        半導体系におけるボトムアップとトップダウンの統合
    • 第2節
      半導体ナノ構造作製法
      352
      • 1.
        エピタキシャル成長による量子細線作製
        <本久順一>
        352
        • 1.1
          加工基板上への結晶成長
        • 1.2
          へき開面再成長
        • 1.3
          原子ステップ・高指数面を利用した量子細線
        • 1.4
          半導体ウィスカー
      • 2.
        量子点の自己形成法
        <山口浩一>
        359
        • 2.1
          半導体量子点とその自己形成法の重要性
        • 2.2
          半導体量子点の自己形成法
        • 2.3
          半導体量子点の特性
        • 2.4
          今後の課題
    • 第3節
      半導体ナノデバイス
      366
      • 1.
        ナノ電子デバイス
        <石橋幸治>
        366
        • 1.1
          ナノ電子デバイスの可能性とカーボンナノチューブ
        • 1.2
          クーロンブロッケードと単電子トランジスタ(1電子制御の基本デバイス)
        • 1.3
          単電子デバイス
        • 1.4
          まとめと今後の展望
      • 2.
        光デバイス(量子ドットレーザ,量子細線レーザ)
        <菅原充>
        375
        • 2.1
          半導体レーザの構造と動作
        • 2.2
          半導体量子構造
        • 2.3
          自己形成量子ドット
        • 2.4
          1.3μm帯自己形成量子ドットレーザ
    • 第4節
      高誘電率膜・低誘電率膜
      <宮崎誠一>
      379
      • 1.
        高誘電率容量絶縁膜
      • 2.
        高誘電率ゲート絶縁膜
      • 3.
        高誘電率絶縁膜の電子構造(エネルギーバンドアライメント)
      • 4.
        金属/高誘電率絶縁膜スタック/Si(100)MIS構造のリーク電流解析
      • 5.
        低誘電率絶縁膜
    • 第5節
      半導体スピントロニクス
      <田中雅明>
      387
      • 1.
        はじめに
      • 2.
        半導体をベースとした磁性,スピン機能をもつ材料とその特色
      • 3.
        III-IV族磁性半導体材料とその強磁性転移温度
      • 4.
        材料の機能制御とその応用-半導体における磁性,スピンの制御とスピンデバイス
      • 5.
        シリコンデバイスとの融合へ向けて
      • 6.
        今後の課題と展望
    • 第6節
      その他の半導体ナノ構造
      401
      • 1.
        非線形光学材料としての半導体ナノ粒子
        <中村新男>
        401
        • 1.1
          半導体ナノ粒子の重要性
        • 1.2
          実験方法
        • 1.3
          半導体ナノ粒子材料の特性
        • 1.4
          今後の課題と展望
      • 2.
        Si,Geのナノ粒子
        <金光義彦>
        406
        • 2.1
          はじめに
        • 2.2
          シリコンとナノ構造
        • 2.3
          SiとGeのナノ粒子と可視発光
        • 2.4
          発光メカニズム:界面準位の形成
        • 2.5
          おわりに
      • 3.
        化学合成による半導体ナノ粒子
        <神谷格>
        411
        • 3.1
          半導体ナノ粒子の重要性
        • 3.2
          半導体ナノ粒子の合成法
        • 3.3
          得られる材料の特性
        • 3.4
          今後の課題と期待
      • 4.
        無機有機複合半導体ナノ構造
        <石原照也>
        417
        • 4.1
          無機有機複合半導体ナノ構造の重要性
        • 4.2
          無機有機複合半導体ナノ構造の合成法
        • 4.3
          得られる材料の特性
        • 4.4
          今後の課題と期待
  • 第6章
    無機ナノスペース
    421
    • 第1節
      無機ナノスペース概論
      <金子克美>
      423
    • 第2節
      無機ナノスペースのデザインと創製
      425
      • 1.
        ナノスペース物質のデザイン
        <板垣哲朗
        黒田一幸>
        425
        • 1.1
          ナノスペース物質の分類
        • 1.2
          ナノスペース物質の合成法
        • 1.3
          おわりに
      • 2.
        配列ナノスペースの物理的数学的構造
        <野末泰夫>
        430
        • 2.1
          形の科学としてのナノポーラス結晶
        • 2.2
          1種類の多面体による空間充填
        • 2.3
          複数種類の多面体による空間充填
        • 2.4
          配列ナノスペースを利用した新物質系
        • 2.5
          周期的極小曲面
      • 3.
        ナノスペースの化学的特性
        <近江靖則
        佐野庸治>
        434
        • 3.1
          はじめに
        • 3.2
          ゼオライトの化学的特性
        • 3.3
          メソポーラス物質の化学的特性
        • 3.4
          おわりに
      • 4.
        ナノスペースの化学的制御
        <森口勇
        寺岡靖剛>
        439
        • 4.1
          はじめに
        • 4.2
          ミセルテンプレート法によるメソポーラス体の合成
        • 4.3
          超分子構造体を利用した多孔体形態制御
        • 4.4
          マイクロエマルションを利用した多孔体合成
        • 4.5
          コロイド結晶テンプレート法による多孔体合成
        • 4.6
          おわりに
    • 第3節
      結晶性ナノ細孔体
      445
      • 1.
        ゼオライトの新合成法
        <窪田好浩>
        445
        • 1.1
          ゼオライト材料の重要性と合成法の基礎知識
        • 1.2
          ゼオライト合成の実験法
        • 1.3
          それぞれの合成法の特徴
        • 1.4
          今後の課題
      • 2.
        細孔体としてのナノチューブ
        <村田克之>
        449
        • 2.1
          材料の重要性
        • 2.2
          カーボンナノチューブのキャラクタリゼーション
        • 2.3
          ラマン分光
        • 2.4
          TEM観察
        • 2.5
          気体吸着
        • 2.6
          近赤外蛍光分光
        • 2.7
          今後の課題
      • 3.
        酸化物系ナノ多孔性結晶
        <大井健太>
        452
        • 3.1
          ナノ多孔性結晶とは
        • 3.2
          多孔性結晶の合成:鋳型法
        • 3.3
          多孔性結晶の分類:マンガン酸化物を例として
        • 3.4
          多孔性結晶の機能:イオン・分子ふるい作用
        • 3.5
          新たな多孔性結晶の創製法:剥離-再配列法
        • 3.6
          多孔性結晶の応用
        • 3.7
          将来展開
      • 4.
        ピラードクレー
        <山中昭司>
        457
        • 4.1
          ピラードクレーの出現と意義
        • 4.2
          ピラードクレーの合成法
        • 4.3
          ピラードクレーの特性
        • 4.4
          今後の展開
      • 5.
        メタルナノ細孔体
        <加納博文>
        460
        • 5.1
          メタルナノ細孔体の特徴と重要性
        • 5.2
          メタルナノ細孔体の現状
        • 5.3
          シリカテンプレート法による白金ナノ細孔体の合成
        • 5.4
          ポリビニルアルコール(PVA)膜テンプレート法による,ニッケルナノ細孔体の合成
        • 5.5
          メタルナノ細孔体の生成機構
    • 第4節
      規則性ナノ細孔体
      464
      • 1.
        超分子鋳型法により得られるシリカ系ナノ細孔体
        <小川誠>
        464
        • 1.1
          シリカ系ナノ細孔体の重要性
        • 1.2
          実験法
        • 1.3
          シリカ系ナノ細孔体の特性
      • 2.
        酸化物ナノ細孔体など
        470
        • 2.1
          ヘテロポリ酸系細孔体
          <奥原敏夫
          吉宗美紀>
          470
        • 2.2
          タンタル系酸化物細孔体
          <野村淳子
          堂免一成>
          474
      • 3.
        有機無機ハイブリッドメソ多孔結晶
        <稲垣伸二>
        477
        • 3.1
          はじめに
        • 3.2
          有機無機ハイブリッドメソ多孔体の合成
        • 3.3
          結晶状メソ多孔体の合成と構造
        • 3.4
          官能基による化学修飾
        • 3.5
          まとめと展望
      • 4.
        カーボン系ナノ細孔体
        <京谷隆>
        482
        • 4.1
          カーボン系ナノ細孔体の構造とその制御
        • 4.2
          メソポーラスシリカ鋳型によるメソ孔の制御
        • 4.3
          ゼオライト鋳型によるミクロ孔の制御
        • 4.4
          今後の課題
      • 5.
        アルミナ細孔体(ポーラスアルミナ)
        <益田秀樹>
        488
        • 5.1
          陽極酸化ポーラスアルミナのナノ構造材料としての重要性
        • 5.2
          陽極酸化ポーラスアルミナの作製法
        • 5.3
          ポーラスアルミナのナノ構造形成への応用
        • 5.4
          ポーラスアルミナにもとづく機能ナノデバイス
        • 5.5
          今後の展望
    • 第5節
      非晶質ナノ細孔体
      493
      • 1.
        活性炭素繊維
        <金子克美
        大場友則>
        493
        • 1.1
          基本構造と物理的性質
        • 1.2
          分子ポテンシャル構造と気体吸着性
      • 2.
        エアロゲル
        <田門肇>
        498
        • 2.1
          エアロゲルの重要性
        • 2.2
          エアロゲルの作製法
        • 2.3
          エアロゲルの特性
        • 2.4
          今後の課題
      • 3.
        多孔質ガラス
        <矢澤哲夫>
        502
        • 3.1
          多孔質ガラスとは
        • 3.2
          多孔質ガラスの作製法
        • 3.3
          多孔質ガラスの特性
        • 3.4
          多孔質ガラスの応用
        • 3.5
          今後の展望
  • 第7章
    フラーレン・ナノチューブ
    507
    • 第1節
      フラーレン類
      509
      • 1.
        フラーレンの合成法
        <阿知波洋次>
        509
        • 1.1
          はじめに
        • 1.2
          レーザ蒸発法とフラーレンの合成
        • 1.3
          アーク放電法による大量合成法
        • 1.4
          燃焼法による工場規模の生産
        • 1.5
          フラーレン生成過程
      • 2.
        フラーレンの構造と性質
        <若林知成>
        517
        • 2.1
          C60は予言され,発見された。
        • 2.2
          構造と性質
        • 2.3
          新しい分離法の展開
        • 2.4
          C60の代表的な特性
        • 2.5
          今後の課題
    • 第2節
      カーボンナノチューブ
      525
      • 1.
        アーク放電法による合成と精製
        <安藤義則>
        525
        • 1.1
          はじめに
        • 1.2
          多層カーボンナノチューブ(MWNTs)
        • 1.3
          単層カーボンナノチューブ(SWNTs)
        • 1.4
          おわりに
      • 2.
        立体構造と物性
        <齋藤理一郎>
        532
        • 2.1
          ナノチューブ(n,m)の概要
        • 2.2
          ナノチューブの立体構造の定義
        • 2.3
          電子状態:金属か半導体であること
        • 2.4
          状態密度の特異点と光物性
        • 2.5
          ナノチューブの電気伝導
        • 2.6
          その他の応用と課題
      • 3.
        化学修飾・物理吸着とピーポッド
        <中嶋直敏
        友成安彦>
        538
        • 3.1
          カーボンナノチューブの可溶化の重要化
        • 3.2
          可溶化の実験法と特性
        • 3.3
          金属性ナノチューブと半導体ナノチューブの分離実験法
        • 3.4
          フラーレンピーポッドの合成法と特性
        • 3.5
          将来展望
  • 第8章
    ナノ高分子・超分子
    547
    • 第1節
      ナノ高分子・超分子のナノ物質層
      <宮下徳治>
      549
      • 1.
        はじめに
      • 2.
        超分子系
      • 3.
        高分子系
      • 4.
        超薄膜系
    • 第2節
      超分子
      552
      • 1.
        デンドリマー
        552
        • 1.1
          デンドリマー合成
          <西村淳
          中村洋介>
          552
        • 1.2
          デンドリマーの構造と機能
          <青井啓悟
          岡田鉦彦>
          556
        • 1.3
          パイパーブランチポリマー
          <柿本雅明>
          562
      • 2.
        分子連結系超分子
        566
        • 2.1
          ポルフィリンおよびフラーレンを基体とする超分子連結系の合成
          <古田弘幸
          戸叶基樹>
          566
        • 2.2
          ポルフィリンの表面配置
          <横山士吉
          上門敏也
          奥野好成
          益子信郎
          横山崇>
          571
        • 2.3
          分子ワイア,ナノワイアの設計と合成
          <君塚信夫>
          576
        • 2.4
          一次元構造結晶
          <山下正廣
          高石慎也>
          581
      • 3.
        有機ゼオライト
        <青山安宏>
        586
        • 3.1
          有機ゼオライトの重要性
        • 3.2
          有機ゼオライトの実験法
        • 3.3
          有機ゼオライトの特性
        • 3.4
          今後の課題
      • 4.
        有機ナノ結晶
        590
        • 4.1
          有機ナノ結晶の作製法
          <笠井均
          中西八郎>
          590
        • 4.2
          有機ナノ結晶の物性
          <朝日剛>
          594
      • 5.
        有機ナノグリッド
        <藤内謙光
        宮田幹二>
        598
        • 5.1
          有機ナノグリッドとは
        • 5.2
          金属-有機ナノグリッド
        • 5.3
          有機ナノグリッド
        • 5.4
          おわりに
    • 第3節
      高分子とミクロ構造
      604
      • 1.
        高分子微粒子
        <長井勝利>
        604
        • 1.1
          高分子微粒子の重要性
        • 1.2
          高分子微粒子の合成法
        • 1.3
          高分子微粒子の特性と制御
        • 1.4
          高分子微粒子の応用と期待される特性.機能
        • 1.5
          今後の課題
      • 2.
        高分子液晶
        <木下基
        池田富樹>
        609
        • 2.1
          高分子液晶の重要性
        • 2.2
          高分子液晶の配向制御
        • 2.3
          高分子液晶の応用展開
        • 2.4
          今後の課題
      • 3.
        ミクロ相分離構造(膜)
        <橋本竹治
        山内一浩>
        616
        • 3.1
          ミクロ相分離構造の重要性
        • 3.2
          ミクロ相分離構造の作製法
        • 3.3
          得られる試料の特性
        • 3.4
          今後の課題
      • 4.
        液滴
        <喜多村昇>
        621
        • 4.1
          微小容器としての液滴
        • 4.2
          ナノ微粒子の創製
        • 4.3
          微小液滴のレーザ操作と光化学反応における液滴サイズ依存性
        • 4.4
          微小液滴の自励発振現象
        • 4.5
          ナノマテリアル化学のための液滴
      • 5.
        高分子多孔膜
        <浦上忠>
        625
        • 5.1
          高分子多孔膜の必要性
        • 5.2
          多孔膜に用いる膜分離法
        • 5.3
          成膜法と膜の構造
        • 5.4
          膜透過分離特性
        • 5.5
          今後の課題
      • 6.
        ミセル・エマルション(液体ナノ粒子)
        <辻井薫>
        633
        • 6.1
          液体ナノ粒子
        • 6.2
          ミセルが示すおもしろい物性/応用
        • 6.3
          エマルションが示すおもしろい物性/応用
        • 6.4
          今後の課題
      • 7.
        高分子ゲル
        <長田義仁
        龔剣萍
        加々田剛>
        638
        • 7.1
          高分子ゲルとその重要性
        • 7.2
          ゲルの作製
        • 7.3
          特性と応用例
        • 7.4
          今後の展望・課題
      • 8.
        有機ナノファイバー・無機ナノファイバー
        <英謙二
        白井汪芳>
        643
        • 8.1
          有機ナノファイバーの形成と無機ナノファイバーの作製
        • 8.2
          ゲル化剤の形成する有機ナノファイバー
        • 8.3
          中空糸状無機ナノファイバーの創製
        • 8.4
          ゲル化剤によるゲル形成および無機ナノファイバー作製の実験法
        • 8.5
          今後の課題
    • 第4節
      薄膜系
      647
      • 1.
        物理的および化学的蒸着膜:真空蒸着,分子線エピタキシーおよび蒸着重合
        <吉田郵司
        八瀬清志>
        647
        • 1.1
          真空蒸着法および分子線エピタキシー(MBE)法
        • 1.2
          化学的蒸着法
      • 2.
        ゾル-ゲル膜
        <一ノ瀬泉
        黄建国>
        651
        • 2.1
          ゾル-ゲル膜
        • 2.2
          表面ゾル-ゲル法によるゲル薄膜の作製
        • 2.3
          有機/無機ナノ複合薄膜
        • 2.4
          多孔性薄膜の設計
      • 3.
        自己組織化単分子膜とバイオインターフェース
        <原正彦>
        656
        • 3.1
          自己組織化単分子膜の重要性
        • 3.2
          自己組織化単分子膜の概要
        • 3.3
          有機シリコン誘導体とアルカンチオール
        • 3.4
          バイオインターフェースへの応用
      • 4.
        交互吸着膜
        <有賀克彦>
        660
        • 4.1
          交互吸着膜の重要性と特徴
        • 4.2
          具体的な作製法
        • 4.3
          交互吸着膜の特性と応用例
        • 4.4
          今後の展開
      • 5.
        ラングミュア-プロジェット(LB)膜
        <宮下德治
        三ツ石方也>
        664
        • 5.1
          LB膜材料の重要性
        • 5.2
          LB膜の実験法
        • 5.3
          LB膜の特性
        • 5.4
          今後の課題
      • 6.
        リボソーム・合成二分子膜
        <岡畑恵雄>
        669
      • 7.
        ナノカプセル
        <藤川茂紀>
        675
        • 7.1
          分子カプセル
        • 7.2
          微粒子鋳型を用いたナノカプセルの作製
        • 7.3
          今後の展開
  • 第9章
    ナノハイブリッド
    683
    • 第1節
      概要
      <戸嶋直樹>
      685
      • 1.
        ナノハイブリッドの重要性
      • 2.
        ナノハイブリッドの分類
      • 3.
        ナノハイブリッドの合成
      • 4.
        ナノハイブリッドの特性
      • 5.
        将来展望
    • 第2節
      金属・ナノハイブリッド
      691
      • 1.
        高分子・金属ナノ粒子ハイブリッド
        691
        • 1.1
          高分子・金属ナノ粒子ハイブリッドの合成
          <白石幸英
          戸嶋直樹>
          691
        • 1.2
          高分子・合金ナノ粒子ハイブリッド
          <白石幸英
          戸嶋直樹>
          695
      • 2.
        有機分子・金属ナノハイブリッド
        <米澤徹
        西原寛>
        699
        • 2.1
          はじめに
        • 2.2
          ナノマテリアルとしての金属錯体
        • 2.3
          ナノ粒子の合成と応用
        • 2.4
          材料としての有機一金属ナノハイブリッド
        • 2.5
          おわりに
      • 3.
        溶液プロセスによる金属ナノ粒子の自在配列制御
        <寺西利治>
        704
        • 3.1
          金属ナノ粒子配列制御の重要性
        • 3.2
          金ナノ粒子の配列制御法
        • 3.3
          溶液プロセスによる金ナノ粒子の自在配列制御
        • 3.4
          今後の課題
      • 4.
        粒子結晶制御
        <八尾浩史
        木村啓作>
        710
        • 4.1
          ナノ粒子超格子(粒子結晶)の重要性
        • 4.2
          疎水性金属ナノ粒子の結晶化
        • 4.3
          水溶性金属ナノ粒子超格子(結晶)作製のための実験法
        • 4.4
          ナノ粒子超格子の特性
        • 4.5
          今後の課題
    • 第3節
      無機・ナノハイブリッド
      714
      • 1.
        ゾル-ゲル法によるナノハイブリッド
        <牧島亮男>
        714
      • 2.
        高分子・無機化合物ナノハイブリッド
        <中條善樹
        田中康行>
        716
        • 2.1
          高分子-無機ポリマーハイブリッドの重要性
        • 2.2
          高分子-無機ポリマーハイブリッドの合成
        • 2.3
          有機-無機ポリマーハイブリッド材料の特性
        • 2.4
          今後の課題
      • 3.
        コア・シェル構造をもつ無機半導体ナノハイブリッド
        <鳥本司
        大谷文章>
        721
        • 3.1
          はじめに
        • 3.2
          サイズ選択的光エッチングによる,硫化カドミウムナノ粒子の粒径制御
        • 3.3
          内部に空隙を有する新規コア・シェル構造体(ジングルベル型構造体)の調製
        • 3.4
          ジングルベル型構造SiO2/CdS粒子の光触媒活性
        • 3.5
          今後の展望
      • 4.
        有機色素・金属酸化物ナノハイブリッド
        <北村隆之
        柳田祥三>
        726
        • 4.1
          はじめに
        • 4.2
          色素増感作用とは
        • 4.3
          色素増感太陽電池の基礎
        • 4.4
          増感色素の分子設計
        • 4.5
          金属酸化物電極の設計
        • 4.6
          今後の展開
  • 第10章
    バイオナノマテリアル
    • 第1節
      バイオのためのナノマテリアル
      735
      • 1.
        金属材料
        <塙隆夫>
        735
        • 1.1
          バイオ分野における金属材料の重要性
        • 1.2
          新材料開発
        • 1.3
          金属材料表面解析法と特性
        • 1.4
          今後の課題(生体分子,高分子の固定化)
      • 2.
        骨類似複合材料
        <菊池正紀
        田中順三>
        740
        • 2.1
          生体材料におけるナノ構造の重要性
        • 2.2
          アパタイトとコラーゲンの自己組織化
        • 2.3
          複合体の骨組織反応
      • 3.
        バイオナノエレクトロニクス
        <宮原裕二
        丸山純夫
        坂田利弥>
        745
        • 3.1
          ナノボア
        • 3.2
          カンチレバー(片もち梁)
        • 3.3
          ナノ微粒子とマイクロギャツプ電極
        • 3.4
          電界効果デバイス
        • 3.5
          ナノピラー
        • 3.6
          DNAナノアクチュエータ
      • 4.
        有機-無機ハイブリッド材料
        <松崎典弥
        明石満>
        750
        • 4.1
          有機-無機ハイブリッド材料の重要性
        • 4.2
          交互浸漬法による有機-無機ハイブリッド材料の調製方法とその特徴
        • 4.3
          交互浸漬法による有機-無機ハイブリッド材料の具体的な応用展開
        • 4.4
          今後の課題
    • 第2節
      ナノテクのための生体材料および生体類似材料
      756
      • 1.
        タンパク質材料
        <篠原寛明>
        756
        • 1.1
          ナノテクノロジーのためのタンパク質材料
        • 1.2
          タンパク質の化学修飾による機能拡張
        • 1.3
          遺伝子工学を用いるタンパク質分子の機能拡張
        • 1.4
          非天然アミノ酸の部位特異的導入によるタンパク質の機能拡張
        • 1.5
          ナノテク材料としてのタンパク質の展望
      • 2.
        脂質材料
        <菅原彩絵
        秋吉一成>
        772
        • 2.1
          はじめに
        • 2.2
          脂質のさまざまな集合構造とその応用
        • 2.3
          脂質ハイブリッド材料
      • 3.
        核酸を用いたナノ材料
        <松浦和則>
        778
        • 3.1
          はじめに
        • 3.2
          核酸の自己集合を用いたナノ構造体
        • 3.3
          分子配列のテンプレートとしての核酸
        • 3.4
          核酸ナノマシン
        • 3.5
          今後の課題
      • 4.
        バイオ無機材料
        785
        • 4.1
          体液類似環境を用いる水酸アパタイトの合成
          <大槻主税>
          785
        • 4.2
          リン酸カルシウムクラスター
          <伊藤敦夫
          小沼一雄>
          789
        • 4.3
          アパタイト-多糖類ナノ粒子
          <生駒俊之
          田中順三>
          794
      • 5.
        バイオナノプロセス
        <村岡雅弘
        岩堀健治
        山下一郎>
        801
        • 5.1
          はじめに
        • 5.2
          生体分子のナノ構造の実例
        • 5.3
          タンパク質ナノテクノロジー
        • 5.4
          バイオナノプロセス
        • 5.5
          おわりに

キーワード索引

  • ◎「=○○」は記号の後の語句が同義語であることを示し、「→○○」は記号の後の語句が理解の助けになることを示す。
    ◎「→略:○○」は略語索引をも参照の意。
  • 数字
    • 1軸磁気異方性
      317
    • 一次元金属錯体
      578
    • 一次粒子
      110
    • 一方向(交換)磁気異方性
      317
    • 一方向凍結
      499
    • 二極分割構造
      686
    • 二元金属ナノ粒子
      337
    • 二酸化チタン
      90
    • 二重結合量子ドット
      366
    • 二重トンネル接合
      322
    • 二分子膜
      669
    • 二硫化モリブデン
      91
    • 2軸延伸法
      627
    • 3DAP
      →略:3DAP
      257
    • 3成分圧電材料
      122
    • 4塩基コドン
      768
    • IV族元素半導体
      23
    • 20面体局所構造
      310
    • 20面体的原子配列
      303
  • 英文(アルファベット順)
    • A
      • A2+B3
        564
      • AB積層
        56
      • AES
        →略:AES,:オージェ電子分光
        737
      • AFM
        →略:AFM,:原子間力顕微鏡
        10,76,362
      • Al合金
        258
      • ALCVD
        →略:ALCVD
        382
      • Auナノ粒子
        738
    • B
      • BEA
        446
    • C
      • 13C-NMR
        →略:13C-NMR
        518
      • C60
        →フラーレン
        51,509,517,593
      • C70
        →フラーレン
        521
      • CdS
        =硫化カドミウム
        721
      • CdS超微粒子
        622
      • CMC
        →略:CMC,=臨界ミセル濃度
        633
      • Co基膜
        288
      • CVD法
        →略:CVD
        526
    • D
      • DB
        564
      • DBOP
        →略:DBOP
        564
      • DDS
        →略:DDS,:ドラッグデリバリーシステム
        689
      • DGC法
        →略:DGC
        446
      • DLVO理論
        →略:DLVO
        693
      • DNA組換え技術
        761
    • E
      • EHD
        →略:EHD
        85
      • electro hydro dynamic
        = EHD
        85
      • electron counting model
        =電子数評価モデル
        99
      • EXAFS
        →略:EXAFS
        696
      • exponential scale
        432
    • F
      • FePt(二元金属)ナノ粒子
        689,697
      • FRET
        →略:FRET
        758
      • FTIR
        →略:FTIR
        738
    • G
      • GHz帯域
        288
      • GMR
        →略:GMR,=巨大磁気抵抗効果
        36
      • GPゾーン
        →略:GP
        257
      • Gyroid
        432
    • H
      • Hall-Petchの関係(式)
        230,241
      • Hall-Petchの法則
        214
      • HAp
        →略:HAp
        750
      • HCT構造
        →略:HCT
        62
      • HIP
        →略:HIP,:等方加圧焼結
        133
      • HMS
        484
      • HOMO-LUMOギャップ
        322
      • HTS法
        →略:HTS,:水熱合成法
        446
    • I
      • IET構造
        →略:IET
        62
      • in vitro合成
        756
      • in vivo合成
        756
      • IT関連材料
        694
    • J
      • J会合体
        728
    • K
      • Kohn-Sham方程式
        10
    • L
      • Langmuir-Blodgett法
        →略:LB,=LB法,LB膜
        75
      • LB法,LB膜
        →略:LB,=Langmuir Blodgett
        153,551,660,664,728,797
      • London - van der Waals
        693
      • loop
        693
    • M
      • MBE
        →略:MBE,=分子線エピタキシー
        352,361
      • MCM-41
        483
      • MCM-48
        483
      • MOVPE
        →略:MOVPE,:有機金属気相エピタキシー
        352,360
      • MRI
        →略:MRI
        559
      • MSU-H
        484
    • N
      • ncAFM
        →略:ncAFM
        60
      • Ni-W合金
        221
    • O
      • OMBE
        →略:OMBE,→分子線エピタキシー
        656
    • P
      • π-π電子相互作用
        717
      • π共役
        576
      • Passivation
        413
      • p-n接合
        687
      • PO4四面体
        157
      • PPMA
        →略:PPMA
        564
    • Q
      • QCM
        →略:QCM
        738
    • R
      • RHEED
        →略:RHEED
        361
    • S
      • SAM
        →略:SAM
        660
      • SBA-1
        484
      • SBA-15
        484
      • SDA
        →略:SDA
        446
      • SFA
        →略:SFA,;表面(間)力測定装置
        75
      • SiO2四面体
        157
      • SK成長モード
        →略:SK
        359
      • SPR
        →略:SPR,=表面プラズモン共鳴
        738
      • Steeleのポテンシャル
        495
      • STEM
        →略:STEM,:走査型透過電子顕微鏡
        363
      • STM
        →略:STM,=走査型トンネル顕微鏡
        10,571,759
      • SWNTsの巨大ネット
        →略:SWNTs
        529
    • T
      • T原子
        445
      • tail
        693
      • train
        693
    • V
      • van der Waals力
        693
    • XY
      • X線回折
        519
      • X線光電子分光
        →略:XPS
        737
      • XPS
        →略:XPS,:X線光電子分光
        737
      • Y型ゼオライト
        485
  • 和文(五十音順)
      • アーク蒸発
        525
      • アークプラズマ加熱
        325
      • アークプラズマジェット法
        →略:APJ
        529
      • アーク放電法
        511
      • アームチェアナノチューブ
        533
      • アガロース
        752
      • アクチュエータ
        83,640
      • 圧電セラミックス
        108
      • 圧電体
        122
      • アニリング
        626
      • アパタイト
        789
      • アパタイト結晶
        797
      • アポタンパク質
        760
      • アポフェリチン
        802
      • アモルファス
        215
      • アモルファス構造
        475,498
      • アモルファス合金
        243
      • アモルファス相
        263
      • アルカンチオール
        656
      • アルコール還元
        335
      • アルコキシド
        477
      • アルコキシド法
        104,120
      • アルコゲル
        498
      • アルミニウム
        243
      • アルミニウム金属薄膜
        184
      • アルミノシリケート
        445
      • 安定化剤
        688
      • 安定性
        790
      • イオン間相互作用
        717
      • イオン結合
        686
      • イオン交換
        434
      • イオン交換材
        446
      • イオンふるい作用(分子ふるい作用)
        454
      • イオンふるい半径
        454
      • 鋳型
        425,464
      • 鋳型炭素化法
        483
      • 鋳型微粒子
        679
      • 鋳型法
        =テンプレート法
        452
      • 異原子間結合
        695
      • 易焼結性
        105,116
      • 位相空間探索
        11
      • 位相のずれ
        94
      • 遺伝子工学技術
        761
      • 遺伝子送達システム
        557
      • 異方性ガラス
        194
      • イライト
        152
      • 医療診断
        694
      • インターカレーション
        151,455,457
      • インテリシェント分子システム
        770
      • ウィグナーサイツセル
        430
      • ウェットプロセス
        647
      • エアロゲル
        498
      • 液/液分相
        191
      • 液晶
        689
      • 液晶表示素子
        697
      • 液晶様配位子
        689
      • 夜体急冷
        215
      • 液体ナノ粒子
        633
      • 液滴
        550
      • エッチピット
        657
      • エネルギー移動
        566,687
      • エネルギー散逸
        56,67
      • エネルギーハンドキャップ
        383
      • エピタキシー
        648
      • エマルション
        633
      • エマルション結晶
        636
      • エリプソメトリー
        738
      • エレクトロスプレーイオン化法
        →略:ESI
        321
      • エレクトロニクス
        406
      • エレメンタリー金属クラスター
        692
      • エレメンタリークラスター
        686
      • 塩化ナトリウム
        91
      • 塩基性
        434
      • 延伸
        627
      • エンブリオ(embryo)
        248
      • オージェ電子分光
        =AES
        737
      • オーダーN法
        11
      • オーバードライブ
        689
      • 応答速度
        689
      • オストワルド成長
        168
      • オレフィンの水素化
        693
      • オンサーガーの相反定理
        48
      • 温度差制御気化浸透法
        626
      • カードハウス型構造,カードハウス状
        141,425
      • カーボンエアロゲル
        498
      • カーボンナノチューブ
        →略CNT
        70,367,449,525,538
      • カーボンナノワイア
        →略CNW
        527
      • カーボンロース
        527
      • 加圧焼結
        =ホットプレス
        132
      • 解砕
        110
      • 階層性
        343
      • 界面活性剤
        412,464
      • カイラリティ(キラリティ)
        449,532
      • 火炎法
        112
      • 化学気相成長法
        =CVD法
        526
      • 化学吸着膜
        551
      • 化学結合
        52
      • 化学修飾
        520,539,757
      • 化学的構造
        627
      • 化学的蒸着法
        647
      • 化学的相互作用力
        60
      • 化字的方法
        337,691
      • 架橋構造
        638
      • 拡散電気二重層
        693
      • 核酸ナノマシン
        778
      • 核酸のナノマニピュレーション
        778
      • 核生成
        248,266,308
      • 核生成・成長
        315
      • 角度光電子分光
        64
      • 化合物半導体
        123
      • 可視光吸収能
        688
      • 可視光増感剤
        697
      • 硬さ
        240
      • 活性化エネルギー
        298
      • 活性酸素除去
        689
      • 活性酸素除去能
        689
      • 活性層
        627
      • 活性炭
        482
      • 活性炭素繊維
        →略ACF
        493
      • カップリング反応
        322
      • 加熱蒸発
        691
      • カプセル
        675
      • カーボンハイブリッドコーティング
        136
      • 可溶化
        634
      • 可溶化ナノチューブ
        541
      • 過冷却液体
        302,308
      • 還元
        691
      • 還元剤
        692
      • 間接遷移型半導体
        407
      • 乾燥ゲル法
        446
      • カンチレバー
        746
      • 官能基
        477
      • 緩和
        97
      • ガスアトマイズ法
        243
      • ガラス遷移
        302
      • ガラス薄膜
        162
      • 顔料
        593
      • 機械加工
        227
      • 機械的強度
        532
      • 機械的粉砕
        691
      • 気化浸透法
        626
      • 貴金属
        460
      • 基質選択性
        688
      • 気水界面
        711
      • キセロゲル
        498
      • 機能高揚
        687
      • 機能性材料
        446
      • 機能性薄膜
        625
      • 希薄磁性半導体
        37
      • 揮発性メモリー
        122
      • キャパシタ
        379
      • 球状光共振器
        203
      • 急速凝固粉末冶金法
        243
      • 急速凝固法
        243
      • 吸着
        693
      • 吸着単分子膜
        660
      • 吸着等温線
        495
      • 求ヘテロ構造
        696
      • 吸着材
        446
      • 強加工
        227
      • 強磁性
        431
      • 強磁性体
        316
      • 強磁性転位温度
        388
      • 鏡像力状態
        96
      • 強度
        230
      • 強歪み加工
        215
      • 共鳴振動数シフト
        66
      • 共有結合
        686
      • 強誘電体膜
        122
      • 強誘電体メモリー
        122
      • 局所構造
        308
      • 局所密度汎関数法
        62
      • 極性面
        90
      • 極低炭素冷延鋼板
        254
      • 巨視的量子トンネル効果
        317
      • 巨大磁気抵抗
        →略GMR
        36
      • 巨大磁気抵抗効果
        →略GMR
        293
      • キラリティ(カイラリティ)
        449,532
      • 記録分解能
        300
      • 金数
        693
      • 近赤外蛍光分光法
        450
      • 近接場光学顕微鏡
        363
      • 金属
        88,667
      • 金属アルコキシド
        651
      • 金属アレルギー
        736
      • 金属カルコゲナイド
        721
      • 金属間化合物
        253
      • 金属ガラス
        215
      • 金属クラスター
        694
      • 金属酸化物
        89
      • 金属絶縁体転移
        314
      • 金属組成依存性
        696
      • 金属ナノクラスター
        314,320
      • 金属ナノ粒子
        320,333,685,691,709
      • 金属ナノ粒子の調製法
        691
      • 金属ナノ粒子ペースト
        339
      • 金属配位集積体
        567
      • 金属ビス(トリメチルシリル)アミド
        124
      • 金ナノ粒子
        688
      • 擬一次元ハロゲン架橋単核金属錯体
        581
      • 擬高圧効果
        424
      • 擬似アルコキシド法
        140
      • 擬似コア/シェル構造
        696
      • 擬似体液
        785
      • 犠性剤
        697
      • 犠牲水素還元法
        337,696
      • 擬弾性
        229
      • 逆コア/シェル構造
        686
      • 逆格子
        533
      • 逆浸透膜
        625
      • 逆ミセル
        621
      • 逆ミセル法
        105,412
      • 凝集
        134
      • 凝集構造
        686
      • 凝集粒子
        140
      • 銀ナノワイア
        456
      • クーロンブロッケード
        322,366,709
      • クーロン閉塞
        295
      • 空配位座
        688
      • クエン酸法
        333
      • 屈折率
        196
      • 久保理論
        314
      • クマリン
        728
      • クライオゲル
        499
      • クラスター
        11,213,248
      • クラスター・イン・クラスター構造
        686,695
      • クラスター模型
        62
      • クラスレート化合物
        431
      • クラフト点
        633
      • クリープ
        254
      • クリープ変形
        230
      • クローズドプロセッシング
        244
      • クローン
        761
      • グラファイト
        51,70
      • グラフェンシート
        526
      • 蛍光
        167
      • 計算機シミュレーション
        69
      • 形状記憶
        640
      • 形状選択性
        470
      • 形態制御
        338
      • 結晶
        477
      • 結晶化
        243
      • 結晶構造
        520
      • 結晶磁気異方性
        274,279
      • 結晶性ナノ細孔体
        423
      • 結晶分散ナノガラス
        195
      • 結晶粒界層
        229
      • 結晶粒径
        278
      • 結晶粒微細化強化
        272
      • 結合方法
        686
      • ケモメカニカルシステム
        639
      • ケルビン14面体
        430
      • 懸濁重合
        604
      • ゲル
        638,643,774
      • ゲル化
        626
      • ゲル化剤
        643
      • ゲル浸透クロマトグラフィー
        321
      • ゲルマニウム
        406
      • 減圧噴霧熱分解法
        126
      • 限外ろ過膜
        628
      • 原子
        343
      • 原子拡散
        257
      • 原子間力顕微鏡
        →略:AFM
        52,76,362,656
      • 原子レベル摩擦
        52
      • 原料
        692
      • コア
        552
      • コア/シェル型粒子
        608
      • コア/シェルクラスター
        315
      • コア/シェル構造
        686,695,696,721
      • 627
      • 後安定化法
        692
      • 広域X線吸収微細構造
        →略:EXAFS
        696
      • 高角度散乱暗視野走査型透過電子顕微鏡
        246
      • 交換スプリング磁石
        278
      • 交換相互作用
        278,317
      • 光学的非線形性
        22
      • 高輝度発光ガラス
        157
      • 高強度合金
        221
      • 抗菌剤
        689,694
      • 孔径
        626
      • 孔径分布
        626
      • 光合成モデル
        566
      • 交互吸着法
        78,660,667
      • 交互吸着膜
        551
      • 交互浸漬法
        750
      • 光子
        343
      • 格子緩和
        88
      • 高周波軟磁性材料
        288
      • 高周波誘導加熱
        325
      • 硬磁性
        278
      • 高次フラーレン
        521
      • 酵素機能
        689
      • 高速応答
        697
      • 高速超塑性
        234
      • 酵素固定化
        630
      • 硬組織再生材料
        794
      • 酵素ナノリアクター
        661
      • 構造解析
        308
      • 構造制御剤
        425
      • 光波制御ガラス
        157
      • 高分解能電子顕微鏡
        →略:HREM
        246
      • 高分解能透過型電子顕微鏡
        →略:HRTEM
        525
      • 高分子液晶
        550,609
      • 高分子加工
        5
      • 高分子吸着
        77
      • 高分子・金属ナノ粒子ハイブリッド
        691
      • 高分子ゲル
        550
      • 高分子コロイド
        604
      • 高分子・合金ナノ粒子ハイブリッド
        695
      • 高分子多孔膜
        550,625
      • 高分子電解質
        78
      • 高分子の吸着力
        693
      • 高分子ラテックス
        604
      • 高密度焼結体
        139
      • 高密度磁気記録
        188
      • 高密度磁気記録媒体
        284
      • 高密度無秩序充填構造
        308
      • 高誘電率膜
        379
      • 高誘電率ゲート絶縁膜
        379
      • 固化成形
        244
      • 固相重合
        591
      • 固体酸性
        434
      • 固体触媒
        586
      • 固体潤滑
        56
      • 骨再生
        752
      • 骨組織再生
        741
      • 骨類似微構造
        741
      • 固溶体
        122
      • 固溶体構造
        686
      • コラーゲン
        741,795
      • コロイダルドット
        411
      • コロイド結晶
        442
      • コロイド触媒
        693
      • コロイド分散液
        693
      • コロイド分散系
        77
      • 混合熱
        310
      • コンデンサ
        122
      • コンバージェント
        552
      • 合金
        35
      • 合金組成の最適化
        276
      • 合金ナノ粒子
        695
      • 合成戦略
        552
      • 細孔
        627
      • 細孔釜
        495
      • 細孔径の制御
        503
      • 再構成
        88
      • 再構成可能な論理回路
        397
      • 細孔表面の改質
        504
      • 細孔分布
        500
      • サイズ効果
        594
      • サイズ(構成原子数)
        320
      • サイズ制御
        591
      • サイズ選択的光エッチング
        721
      • 最大エネルギー積
        278
      • 再沈法
        321,590
      • サイトカイン旨
        754
      • 細胞の接着
        738
      • サブナノ細孔
        452
      • 散逸構造
        4
      • 散逸力顕微鏡
        67
      • 酸化マグネシウム
        90
      • 酸素欠陥
        162
      • 残留磁化
        278
      • シート状ナノクリスタル
        104
      • シード重合
        604
      • 紫外光照射
        474
      • 色素増感太陽電池
        687,688,726
      • シクロデキストリン
        688
      • 脂質
        578
      • 脂質ナノチューブ
        774
      • 支持層
        627
      • 質量分析
        314
      • 周期構造
        601
      • 周期的極小曲面
        430
      • 集合体
        686
      • 集積型金属錯体
        699
      • 周波数変調
        697
      • シュガーボール
        557
      • 縮合系
        562
      • 種子生成
        692
      • 昇温焼結法
        130
      • 焼結
        144
      • 焼結機構
        130
      • 小胞体
        669
      • 触媒
        446
      • 触媒作用
        693
      • 触媒寿命
        688
      • 触媒反応
        477
      • 初晶
        308
      • ショットピーニング
        224
      • シラノール
        479
      • シランカップリング
        666
      • シリカ
        477
      • シリカエアロゲル
        498
      • シリカガラス
        196
      • シリカメソ多孔体
        430
      • シリコン
        89,406
      • 真実接触部
        54
      • 親水基
        669
      • 診断チップ
        735
      • 診断薬
        688
      • 振動子強度
        18
      • ジアセチレン
        591
      • 磁気
        667
      • 磁気異方性
        278,298
      • 磁気記録
        298,697
      • 磁気記録材料
        694
      • 磁気クラスター
        300
      • 磁気センサー
        294
      • 磁気相互作用
        33
      • 磁気相分離
        299
      • 磁気秩序
        33
      • 磁気抵抗効果
        →略:MR
        293
      • 次元性
        344
      • 時効析出
        257
      • 自己形成
        376
      • 自己集合
        3,439,598,710
      • 自己組織化
        3,75,323,455,479,580,598,686,696,741,782,801
      • 自己組織化単分子膜
        =SAM
        656,667
      • 磁性半導体
        387
      • 重合性界面活性剤
        606
      • 重縮合
        499
      • 準一次元
        69
      • 潤滑剤
        56
      • 準二次元
        69
      • 常圧焼結
        132
      • 状態密度
        535
      • 蒸着重合法
        649
      • ジルコニア
        144
      • 自励発振現象
        623
      • ジングルベル型構造
        722
      • 人工光合成系
        696
      • 人工骨
        785
      • 人工変異導入法
        762
      • 水酸アパタイト
        740,785
      • 水素終端面
        89
      • 水晶振動微小天秤
        =QCM
        738
      • 水素結合
        571,644,686,711,717
      • 水素発生量
        723
      • 水熱合成法
        =HTS
        446
      • 水熱条件
        152
      • 水溶性ナノ粒子
        710
      • 数値シミュレーション
        54
      • スティック・スリップ運動
        55
      • ステップ
        88
      • ステンレス
        255
      • ストランスキー・クラスタノフ成長モード
        =SK成長モード
        359
      • スパッタ
        216
      • スパッタリング
        315
      • スピン依存散乱
        293
      • スピン依存トンネル効果
        295
      • スピンFET
        394
      • スピンLED
        393
      • スピン(エレク)トロニクス
        284,387
      • スピン注入
        389
      • スピンMOSFET
        395
      • スピン量子ビット
        371
      • スメクタイト
        151
      • スラブ模型
        62
      • シルセスキオキサン
        718
      • スルホン酸
        480
      • 成形性
        504
      • 制限視野回折
        310
      • 生成素過程
        647
      • 生体活性セラミックス
        785
      • 生体高分子
        688
      • 生体材料
        735
      • 生体超分子
        801
      • 生体膜
        772
      • 成長
        248
      • 静電的反発力
        693
      • 静電噴霧熱分解法
        126
      • 静電噴霧法
        114
      • 正20面体準結晶相
        308
      • 正方晶ジルコニア
        130
      • 成膜条件
        626
      • 成膜法
        626
      • 精密ろ過膜
        628
      • 赤外吸収
        519
      • 析出強化
        253
      • 積層コンデンサ
        122
      • セラソーム
        662
      • セラミックコンデンサ
        121
      • セラミックス
        457,714
      • 遷移金属
        460
      • 選択的分離
        628
      • ゼオライト
        425,430,452,483
      • ゼロエミッション
        58
      • ソープフリー乳化重合
        605
      • 層間架橋型多孔体
        427
      • 走査型電子顕微鏡
        =SEM
        527,618
      • 走査型透過電子顕微鏡
        =STEM
        363
      • 走査型トンネル顕微鏡
        =STM
        571,582,656,759
      • 走査プローブ顕微鏡
        =SPM
        52,87
      • 層状構造
        459
      • 相転移
        519
      • 相変態
        308
      • 素機能単位
        314
      • 組織制御
        312
      • 阻止率
        628
      • 疎水基
        669
      • 疎水・親水相互作用
        686
      • 疎水性結合
        693
      • 塑性加工
        149
      • 塑性変形
        230
      • 組成変動
        116
      • 粗大化
        248
      • ソリトン
        581
      • 属性
        344
      • ゾル-ゲル重合
        643
      • ゾル-ゲル法
        120,167,498,503,551,714,718
      • ゾンマーフェルト因子
        15
      • 体積拡散機構
        131
      • 対称膜
        627
      • 耐食性
        735
      • 耐熱鋼
        254
      • 耐熱衝撃性
        132
      • 耐摩耗性
        736
      • 大量合成(法)
        338,510
      • 多環芳香族分子
        482
      • 多元金属ナノ粒子
        695
      • 多孔構造
        442
      • 多光子吸収
        176
      • 多孔性
        470
      • 多孔性結晶
        452
      • 多孔体
        586
      • 多孔膜
        626
      • 多座配位
        688
      • 多層カーボンナノチューブ
        →略:MWNTs
        526
      • 種結晶
        109
      • 多面体
        430
      • 単一電子トランジスタ
        322,366
      • 単一電子トンネル
        →略:SET
        296
      • 単一電子トンネル効果
        322,709
      • 単一粒子分光
        169
      • 単位胞
        310
      • 炭化
        498
      • 炭化ケイ素
        148
      • 炭化物
        253
      • 単元素半導体
        123
      • 炭酸カルシウム
        752
      • 探針
        52
      • 単磁区粒子
        317
      • 単層カーボンナノチューブ
        →略:SWNTs
        526
      • 担体
        504
      • タンタル系酸化物細孔体
        474
      • 単電子インバータ
        371
      • 単電子デバイス
        359
      • タンパク質
        756,789
      • タンパク質工学
        761
      • タンパク質の吸着
        738
      • タンパク質二次元結晶
        803
      • 単分散
        336
      • 単分子ミセル
        559
      • 単ロール式液体急冷法
        244
      • 単結晶薄膜
        649
      • ダイアグラム
        343
      • 第一原理電子状態計算
        10
      • 第一原理分子動力学法
        11
      • ダイバージェント
        552
      • ダイヤモンド
        89
      • 脱水縮合反応
        714
      • ダングリングボンド
        89,96
      • 弾性率
        229
      • チオール
        88
      • チオール基
        738
      • チオール単分子膜
        321
      • チタン酸バリウム
        121
      • 窒化ケイ素
        131,146
      • 窒化チタン
        132
      • 窒化物
        253
      • 窒化ホウ素
        131
      • 窒素吸着
        450
      • 中空粒子
        721
      • 超音波噴霧熱分解法
        126
      • 超ガスバリア材
        650
      • 超強加工
        240
      • 超格子
        709,710
      • 超高密度光メモリー
        179
      • 長周期積層構造
        246
      • 超潤滑
        56
      • 超常磁性
        294
      • 超塑性
        103,144,243
      • 超伝導
        520
      • 超薄膜
        664
      • 超微粒子
        314
      • 微粒子集積体
        604
      • 超分子
        441
      • 超分子階層構造体
        558
      • 超分子化学
        571,598
      • 超臨界乾燥
        498
      • 超臨界流体
        592
      • ティッシュエンジニアリング
        750,799
      • 低温超塑性
        234
      • 呈色
        688
      • 低軟化点ガラス
        196
      • テラス
        88
      • テンプレート
        439,460
      • テンプレート法
        =鋳型法
        321
      • ディフューズインターフェース(diffuse interface)
        250
      • デルタドーピング
        391
      • 電圧変調
        697
      • 電界効果デバイス
        747
      • 電界効果トランジスタ
        →略:FET
        654
      • 電解析出法
        220
      • 電荷分離能
        688
      • 電気浸透流
        85
      • 電気伝導度
        494
      • 電気二重層キャパシタ
        484
      • 電気二重層力
        76
      • 電気炉加熱法
        113
      • 電子
        343
      • 電子移動
        566,687
      • 電子回折
        315
      • 電子数評価モデル
        =electron counting model
        99
      • 電子注入
        689
      • 電子媒体
        697
      • 電子ビーム
        325
      • 電磁波吸収材料
        284
      • デンドリティック高分子
        562
      • デンドリマー
        321,549,556,562,653
      • デンドリマーの合成
        552
      • デンドリマーの分子設計
        552
      • デンドロン
        322,554,700
      • 等温焼結法
        130
      • 等温変態線図
        311
      • 透過型電子顕微鏡
        →略:TEM
        309,315,321,359,449,618
      • 透過速度
        629
      • 凍結乾燥
        499,626
      • 等方加圧焼結
        →略:HIP
        133
      • 透明ガラスセラミックス
        158
      • トップダウン
        314,321,345
      • トンネル効果
        317
      • トンネル磁気抵抗効果
        284,294
      • ドーピング
        520
      • 同原子間結合
        695
      • 同質核生成
        116
      • 同時安定化法
        692
      • 同時還元法
        696
      • 動的表面
        64
      • 導電材料
        694
      • 導電性高分子
        576,689
      • 導電率
        689
      • 動摩擦係数
        58
      • 動摩擦力
        56
      • ドメインウォール
        584
      • ドライエッチング
        164
      • ドライプロセス
        647
      • ドラッグデリバリーシステム
        =DDS
        689,774
      • ドリル加工
        224
      • 内部摩擦
        229
      • 内包SWNT
        542
      • ナノカプセル
        551,558,662
      • ナノガラスプロジェクト
        157
      • ナノ金属
        213
      • ナノ凝集
        687
      • ナノ空間
        477
      • ナノグラニュラー(構造)
        216,288
      • ナノ結晶
        224,229,549,594
      • ナノ結晶合金
        220
      • ナノ結晶材料
        213
      • ナノ結晶組織
        274
      • ナノ結晶軟磁性材料
        275
      • ナノ結晶分散アモルファス相
        263
      • ナノ結晶粒
        235
      • ナノ構造
        500
      • ナノコンポジット
        130,215,490
      • ナノコンポジット磁石
        278
      • ナノ細孔
        423
      • ナノシート分散体(懸濁液)
        455
      • ナノ磁石
        689
      • ナノ磁性
        34,689
      • ナノ準結晶分散Al合金
        270
      • ナノ準結晶分散結晶
        263
      • ナノ析出
        213
      • ナノ析出現象
        257
      • ナノ析出物の分散
        257
      • ナノセラミックス
        144
      • ナノ組織
        257,556
      • ナノ組織材料
        213
      • ナノ多孔体
        430
      • ナノチューブ
        532
      • ナノトライボロジー
        51
      • ナノドット
        490
      • ナノハイブリッド
        651
      • ナノハイブリッド材料
        685
      • ナノハイブリッド物質
        714
      • ナノバイオ分子センサー
        767
      • ナノビーム電子線回折
        309
      • ナノ微粒子
        556,621
      • ナノピラー
        748
      • ナノファイバー
        550
      • ナノポア
        745
      • ナノ・マイクロマシン
        638
      • ナノマシン
        52
      • ナノメタル
        213
      • ナノ力学
        52
      • ナノ粒子
        120,130,167,406,699
      • ナノ粒子分散型蛍光性ポリマー
        136
      • ナノろ過膜
        628
      • ナノロッド
        338
      • ナノワイア
        338,576
      • 軟磁気特性
        275
      • 軟磁性
        278
      • 軟磁性材料
        274
      • 乳化重合
        604
      • ネール温度
        316
      • ネットワーク
        688
      • 熱風乾燥
        499
      • 熱処理
        629
      • 熱分解
        335
      • 熱膨張
        196
      • 熱ゆらぎ
        298
      • 粘性流動加工
        305
      • 粘土層間架橋
        457
      • 配位
        693
      • 配位結合
        686
      • 配位高分子
        699
      • 配位子効果
        687
      • 配位数
        88
      • ハイドロキシアパタイト
        =HAp
        750
      • ハイドロゲル
        499
      • ハイパーブランチポリマー
        557,562
      • ハイブリッドエマルション
        606
      • ハイブリッド化
        687
      • 配列ナノスペース
        431
      • 破壊靱性
        133
      • 薄膜化
        627
      • 剥離
        151
      • 剥離・再配列法
        455
      • 破骨細胞
        743
      • 白金コイル
        753
      • 発光
        688
      • 発光素子
        560
      • 半球合体構造
        695
      • 反強磁性体
        316
      • 反射高速電子線回折
        =RHEED
        361
      • 反磁性
        493
      • 半導体
        167,387
      • 半導体ナノチューブ
        536
      • 半導体ナノ粒子
        401,667,721
      • 半導体レーザ
        375
      • 反応条件
        692
      • 反応性乳化剤
        606
      • バイオイメージング
        762
      • バイオインターフェース
        658
      • バイオエレクトロニクス素子
        770
      • バイオ整流素子
        759
      • バイオセンシング
        688
      • バイオチップ
        491
      • バイオマテリアル
        735
      • バイオミネラリゼーション
        685,794,803
      • バイオミメティック
        741
      • バイオミメティックプロセス
        788
      • 媒体撹拌ミル
        107
      • バックフォールディング
        557
      • バックボンド
        62
      • バックリング
        97
      • バルクバンドの射影域
        93
      • パーコレーション
        284
      • パラメータ空間
        344
      • 非イオン性高分子
        693
      • 光化学的水素発生反応
        696
      • 光共振効果
        204
      • 光酸化溶解
        721
      • 光シアノ化反応
        622
      • 光触媒
        188,474,723
      • 光スイッチ
        709
      • 光通信
        375
      • 光・電子機能
        690
      • 光電子分光
        314
      • 光導波路
        162,196
      • 光ヒューズ
        196
      • 光ファイバー
        196
      • 光励起
        205
      • 非晶性ナノ細孔体
        423
      • 非接触原子間力顕微鏡
        =ncAFM
        60
      • 非線形光学材料
        694
      • 非線形光学特性
        401,709
      • 非対称膜
        627
      • 非多孔膜
        627
      • 非鉄金属
        257
      • 非天然タンパク質
        767
      • 比表面積
        496,621
      • 非平衡系
        45
      • 比誘電率
        689
      • 表面構造の不可逆変化
        66
      • 表面改質
        227
      • 表面活性層
        627
      • 表面官能基
        493
      • 表面間力測定装置
        →略:SFA
        52
      • 表面再構成
        97
      • 表面修飾
        134,435,563
      • 表面準位
        415
      • 表面状態
        93
      • 表面ナノ結晶
        227
      • 表面プラズモン
        322
      • 表面プラズモン共鳴
        =SPR
        738
      • 表面力
        75
      • 表面力測定装置
        =SFA
        75
      • ビーズミル
        134
      • 微細孔
        627
      • 微細構造
        627
      • 微小球
        204
      • ビスマス層状構造ペロブスカイト
        122
      • 微多孔膜
        627
      • 微粒子
        130
      • ピーポッド
        538
      • ピラー化粘土
        452
      • ピラリゾン誘導体
        595
      • フーリエ変換赤外分光
        =FTIR
        738
      • ファインメット
        275
      • ファセット
        91
      • ファンデルワールス相互作用
        686
      • ファンデルワールス力
        60
      • フェムト秒レーザー
        157,175
      • フェリチン
        802
      • フォトニクス
        406
      • フォトルミネッセンス
        322
      • フォノンボトルネック効果
        28
      • 深絞り性
        255
      • 不揮発性メモリー
        123
      • 不均一核生成
        116
      • 複合材料
        504
      • 複合生体材料
        795
      • 複合粒子
        130
      • 複合膜
        627
      • 不斉触媒
        688
      • フタロシアニン
        592
      • 付着確率
        648
      • 不動態皮膜
        737
      • フラーレン
        →C60,C70
        51,509,517,525
      • フラーレン生成機構
        510
      • フラックス塩添加噴霧熱分解法
        126
      • フローティングゲートメモリー
        804
      • 粉末X線回折
        322
      • 粉末の固化成形
        220
      • 物質分離
        625
      • 物理吸着
        539
      • 物理結合
        52
      • 物理的構造
        627
      • 物理的蒸着法
        →略:CVD
        647
      • 物理的方法
        691
      • ブロック共重合体
        616
      • ブロック構造
        552
      • ブロッホ状態
        93
      • 分解
        691
      • 分岐度
        564
      • 分散強化
        272
      • 分散重合
        604
      • 分散制御
        105
      • 分子インプリンティング
        558
      • 分子間相互作用
        424
      • 分子機械
        639
      • 分子クラスター
        571
      • 分子識別能
        688
      • 分子設計
        552
      • 分子線エピタキシー
        =MBE
        352,361,647
      • 分子認識
        735
      • 分子認識機能
        688,689
      • 分子配列
        779
      • 分子ベアリング
        56
      • 分子ナノマシン
        756
      • 分子連結系
        549
      • 分子ワイア
        557,574
      • 分相
        502
      • 分離
        625
      • 分離係数
        631
      • 分離・精製
        692
      • 分離膜
        504
      • プラズマガス中凝縮クラスター堆積装置
        315
      • プラズマCVD法
        160
      • プラズマ法
        112
      • プラズモン吸収
        338
      • プレイヤー
        344
      • 平衡成長
        711
      • ヘキサゴナルパッキング
        701
      • ヘテロボンド
        686
      • ヘテロボンドフィリック構造
        686
      • ヘテロポリ酸
        470
      • 変異タンパク質
        757
      • ベータ型ゼオライト
        =BEA
        446
      • ベンゼン
        479
      • ペリレン
        591
      • ペリレンナノ結晶
        595
      • ペロブスカイト化合物
        121
      • ペロブスカイト型酸化物
        109
      • ペロブスカイト構造
        417
      • ホール-ペッチの法則
        =Hall-Petchの法則,→Hall-Petchの関係(式)
        243
      • 芳香族ポリ尿素膜
        650
      • 放電プラズマ焼結
        133
      • 保護価
        693
      • 保護基
        555
      • 保護機能
        693
      • 保護高分子
        691
      • 保護コロイド
        691
      • 保護剤
        691
      • 保護配位子
        709
      • 星型デンドリマー
        559
      • 保磁力
        278
      • ホットソープ法
        335,412
      • ホットプレス
        =加圧焼結
        132
      • ホモボンド
        686
      • ホモボンドフィリック構造
        686
      • ホロ化
        760
      • 膨潤
        151
      • ボトムアップ(法)
        3,314,321,333,345,556,801
      • ボロノイ多面体
        430
      • ポーラスシリコン
        406
      • ポリアクリルアミドゲル電気泳動法
        321
      • ポリ(アミドアミン)デンドリマー
        557
      • ポリイオンコンプレックス
        630
      • ポリエーテル
        564
      • ポリエーテルケトン
        564
      • ポリ(N-ビニル2-ピロリドン)
        693
      • ポリエステル
        564
      • ポリエチレングリコール
        →略:PEG
        738
      • ポリジアセチレン
        591,595
      • ポリビニルアルコール
        693
      • ポリフェニレン
        564
      • ポリ(プロピレンイミン)デンドリマー
        557
      • ポリマーブラシ
        563
      • ポルフィリン
        571
      • マイカ
        91,152
      • マイクロエマルション
        441
      • マイクロエマルション重合
        605
      • マイクロギャップ電極
        747
      • マイクロクラスター
        314
      • マイクロ孔
        445
      • マイクロチャンネル
        82
      • マイクロ波
        592
      • マイクロ波焼結
        133
      • マイクロバニカム
        499
      • マイクロ波誘導体
        122
      • マイクロバルブ
        83
      • マイクロフルイディクス
        82
      • マイクロポンプ
        83
      • マイクロマシン
        52
      • 625
      • 膜分離法
        626
      • マクロ孔
        482
      • マグネシウム
        243
      • マグネタイト磁性流体
        108
      • 摩擦
        51
      • 摩擦係数
        67
      • 摩擦力顕微鏡
        →略:FFM
        52
      • マジックナンバー
        314
      • マッカイ結晶
        431
      • 末端基数
        562
      • 魔法数クラスター
        321
      • ミクロ孔
        462,482,493
      • ミクロ孔容量
        496
      • ミクロ細孔
        423
      • ミクロ相転移
        616
      • ミクロ相分離
        425
      • ミクロ相分離構造
        550,616
      • ミクロポーラスカーボン
        484
      • ミクロポア多孔体
        457
      • 69
      • 水の光分解
        474
      • ミセル
        439,633,685
      • ミセル・エマルション
        550
      • 三つの経験則
        308
      • 密度汎関数法
        10
      • ミニエマルション重合
        605
      • 無機ナノスペース
        651
      • 無機ナノファイバー
        643
      • 明視野透過電子顕微鏡
        245
      • メカノケミカル法
        109
      • メソ孔
        462,482
      • メソ孔容積
        500
      • メソ細孔
        423
      • メソ多孔材料
        477
      • メソ多孔体
        425
      • メソポーラス
        727
      • メソポーラスカーボン
        427,483
      • メソポーラスシリカ
        428,483
      • メタノール脱水素反応
        723
      • メタン吸蔵
        486
      • メタンデンドリマー
        555
      • メロシアニン
        728
      • 面心立方格子
        →略:fcc
        88
      • 薬物送達システム
        557
      • 有機単分子膜
        189
      • 有機エアロゲル
        498
      • 有機基板
        601
      • 有機金属気相エピタキシー
        =MOVPE
        360
      • 有機金属気相成長法
        =MOVPE
        352
      • 有機結晶
        594
      • 誘起構造
        175
      • 有機色素分子
        714
      • 有機シラン
        477
      • 有機ゼオライト
        549,586
      • 有機ナノグリッド
        549,598
      • 有機ナノ結晶
        590
      • 有機ナノファイバー
        643
      • 有機配位子
        688
      • 有機分子線エピタキシー
        =OMBE
        656
      • 有機・無機ナノコンポジット
        455
      • 有機・無機ナノ複合薄膜
        652
      • 有機・無機ハイブリッド
        477,788
      • 有機・無機ハイブリッド材料
        204
      • 有機・無機ポリマーハイブリッド
        716
      • 融合タンパク質
        762
      • 誘電閉じ込め効果
        419
      • 油滴サイズ依存性
        622
      • ユビキタス素子
        689
      • ゆらぎ
        43
      • 溶液プロセス
        709
      • 陽極酸化
        184
      • 陽極酸化ポーラスアルミナ
        488
      • 要素機構
        343
      • 揺動散逸定理
        67
      • 溶媒
        692
      • 溶媒揮発法
        427
      • 溶媒-ゲル化法
        626
      • ラジアル・ブリージング・モード
        →略:RBM
        528
      • ラテックス・ミクロスフェア
        550
      • ラマン散乱
        528
      • ラマン分光
        450,532
      • ラングミュア・プロジェット法
        →略:LB
        152,656,660
      • ラングミュラー型
        657
      • ランダム合金構造
        695
      • 力学特性
        229
      • 理想表面
        97
      • 立方晶ジルコニア
        130
      • リビングラジカル系
        562
      • リポソーム
        773
      • リポソーム・二分子膜
        551
      • 粒界拡散
        231
      • 粒界拡散機構
        131
      • 粒界すべり
        235
      • 硫化カドミウム
        =CdS
        721
      • 硫化モリブデン
        108
      • 粒径
        692
      • 粒径制御
        326
      • 粒子結晶
        710
      • 粒子成長
        692
      • 量子井戸
        15,418
      • 量子コンピューティング素子
        359
      • 量子サイズ効果
        314,401,419
      • 量子細線
        15,375,419,477
      • 量子点レーザ
        359
      • 量子閉じ込め効果
        15,407,594
      • 量子ドット
        15,366,375,411,419,805
      • 量子箱
        15
      • 両親媒性
        578
      • 両親媒性デンドリマー
        559
      • 良分散
        689
      • 理論シミュレーション
        60
      • 臨界ミセル濃度
        =CMC
        633
      • リン酸カルシウム
        738
      • リン酸カルシウムクラスター
        789
      • リン脂質
        669
      • レーザ脱離イオン化法
        321
      • レーザ加熱
        326
      • レーザ蒸発法
        320,526
      • レーザ操作
        622
      • レーザ発振
        204
      • レーザ法
        113
      • 励起子
        15,402,407,418
      • 励起子のラビ振動
        24
      • レイノルズ数
        82
      • ワイドバンドギャップ半導体
        726