「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える

広川町史. 上巻

広川町/2005.3

当館請求記号:GC267-H55

分類:地方史誌


目次


目次

  • 口絵
  • 発刊の辞
  • 序にかえて
  • 凡例
  • 第一編
    自然・地理
    • 第一章
      広川町の地理
      3
      • 第一節
        広川町の概要
        3
      • 第二節
        広川町の位置
        4
      • 第三節
        広川町の面積
        7
      • 第四節
        広川町の人口
        9
      • 第五節
        広川町の道路
        10
      • 第六節
        地形図の変遷
        14
    • 第二章
      広川町の地形と地質
      25
      • 第一節
        八女地方の地形概観
        25
      • 第二節
        耳納山地
        27
      • 第三節
        広川町の地形
        28
        • 山地
          28
        • 丘陵
          29
        • 台地
          33
        • 平野
          35
      • 第四節
        河川
        39
        • 広川
          39
        • 長延川
          39
        • 高間川
          39
        • その他の河川
          41
        • 灌漑水路
          41
      • 第五節
        陸水
        42
        • 溜池
          42
        • 広川ダムについて
          44
        • 湧水池
          44
    • 第三章
      久留米・広川地域の山・平野・丘陵のおいたち
      46
      • はじめに
        46
      • 第一節
        地形
        46
        • 46
        • 47
        • 平野
          47
        • 48
      • 第二節
        見ることができる岩石
        48
        • 筑後変成岩
          48
        • 久留米層
          48
        • 上津荒木礫岩層
          50
        • 阿蘇火砕流堆積物
          50
        • 段丘礫層
          51
      • 第三節
        地質構造
        51
      • 第四節
        山や川、平野の生い立ち
        52
        • 古久留米湖の形成と消滅-久留米層の研究で分かったこと-
          52
        • 久留米丘陵と八女丘陵にみられる土石流堆積物-上津荒木礫岩層から分かること-
          55
    • 第四章
      気候
      59
      • 第一節
        気候
        59
      • 第二節
        気象
        61
        • 気温-地球温暖化現象
          61
        • エルニーニョ現象と日本の異常気象
          62
        • 黄砂
          64
        • 広川谷を吹く風
          65
        • 雨・梅雨
          66
        • 台風
          68
    • 第五章
      植物と動物
      70
      • 第一節
        植物
        70
        • 古木・巨木・珍木
          70
        • 忘れ去られた山の幸
          83
        • 忘れ去られた野の幸
          85
        • 消えてしまったサギ草
          86
        • 町内でも異なる植生
          88
        • 幻のシダ
          89
        • シロバナタンポポとセイヨウタンポポ
          90
      • 第二節
        山地に見ることのできる動物
        90
      • 第三節
        川に住む魚
        93
        • 見かけなくなった魚
          93
        • 少なくなった魚
          95
      • 第四節
        山野で見ることのできる鳥
        97
      • 第五節
        山野で見かけなくなった両生類
        103
      • 第六節
        見かけなくなった水生昆虫
        105
      • 第七節
        見ることができる貝の仲間たち
        106
      • 第八節
        見ることができる蝶の仲間たち
        108
      • 第九節
        セミの仲間たち(見かけなくなったセミも含む)
        110
  • 第二編
    原始・古代
    • 第一章
      広川のあけぼの
      115
      • 第一節
        人類と旧石器時代
        115
        • 石器の文化とは
          115
        • 日本列島の旧石器文化について
          119
      • 第二節
        広川の旧石器時代と地域色
        123
        • 赤坂遺跡の旧石器
          123
        • 周辺地域の主要遺跡
          124
    • 第二章
      狩猟と採集の生活-縄文時代
      127
      • 第一節
        自然環境の変化
        127
        • 列島の自然形成に伴う縄文文化の変革
          127
        • 見直される縄文時代
          128
      • 第二節
        縄文びとの生活
        129
        • 基層文化の誕生
          129
        • 地域性と多様性
          131
        • 自然に即した文化
          137
      • 第三節
        縄文世界の完成と変遷
        142
        • さまざまな道具
          142
        • 交流と交易
          147
        • 初期農耕文化との融合
          147
    • 第三章
      農耕社会の形成と展開-弥生時代
      150
      • 第一節
        農耕文化とその生活
        150
      • 第二節
        農耕社会
        154
      • 第三節
        共同体からクニヘ
        160
    • 第四章
      古墳文化の時代
      172
      • 第一節
        巨大古墳の世紀
        172
        • 前方後円墳出現
          172
        • 墳墓と文献にみる地域首長の実像
          181
      • 第二節
        権力支配とムラの生活
        192
        • 首長居館と民衆のムラ
          192
        • 支配組織の整備
          197
        • 生産と流通
          200
      • 第三節
        「磐井の乱」の前後
        206
        • 在地首長墳と群集墳の動向
          206
        • 「磐井の乱」
          222
        • ミヤケと国造制の成立
          236
        • 古墳文化の終焉
          238
    • 第五章
      古代国家への道-飛鳥時代
      243
      • 第一節
        白村江の戦と筑紫
        243
        • 大化の改新
          243
        • 百済救済戦争と白村江の敗戦
          245
        • 大伴部博麻の生還と敗戦の傷跡
          247
      • 第二節
        国内支配体制の整備と強化
        249
        • 神篭石型山城の配置と朝倉橘広庭宮
          249
        • 地方官衙の設置と寺院の建立
          255
      • 第三節
        地方の成立
        262
        • 倭国から日本国へ
          262
        • 天武の大地震
          264
        • 筑後国成立
          269
    • 第六章
      律令国家の盛衰-奈良〜平安時代
      271
      • 第一節
        律令国家の始動
        271
        • 律令の制定と律令国家の構造
          271
        • 大宰府官制と地方行政
          274
        • 計画道路と駅伝制
          279
      • 第二節
        筑後国の支配と民衆
        283
        • 筑後国府の威容
          283
        • 上妻郡衙
          296
        • 「良吏」道君首名
          299
        • 税制と庶民の負担
          300
        • 集落と住居
          304
        • 生産と流通
          306
      • 第三節
        律令制の動揺
        311
        • 崩壊する公地公民制
          311
        • 筑後国守殺害事件
          313
      • 第四節
        律令から荘園へ
        315
        • 荘園の起こり
          315
        • 広川の条里制
          317
        • 武士の起こり
          320
      • 第五節
        地方寺院と信仰
        322
        • 筑後国分寺の盛衰
          322
        • 堂ヶ平廃寺と経塚
          328
        • 高良玉垂宮と筑後国内神名帳
          332
        • 墓と祀り
          337
  • 第三編
    中世
    • 概説
      345
    • 第一章
      鎌倉時代
      347
      • 第一節
        鎌倉幕府の成立と筑後国
        347
        • 平清盛の台頭と北部九州
          347
        • 源平の合戦と筑後国
          348
        • 鎌倉幕府の成立
          349
        • 筑後の平家没官領
          351
        • 筑後国守護
          351
      • 第二節
        広川荘と上妻荘
        353
        • 筑後国の荘園と成立時期
          353
        • 広川荘の範囲
          355
        • 広川荘の名(みょう)
          357
        • 広川荘の成立と伝領
          358
        • 二つの上妻荘
          363
        • 蒲原・次郎丸をめぐる争論と広川
          363
        • 藤原家宗と広川
          366
      • 第三節
        広川に関連する人物
        368
        • 鎌倉時代の広川を知る史料
          368
        • 法印信覚-文書伝来の一例-
          369
        • 名主(みょうしゅ)と荘官(しょうかん)
          371
      • 第四節
        広川荘の生活
        374
        • 熊野神社の造営役
          374
        • 造営関連の役と法
          375
        • 高良宮造営と広川荘
          379
        • 広川荘の祭礼・法会
          380
      • 第五節
        熊野神社と坂東寺
        384
        • 熊野神社の勧請
          384
        • 広福寺と坂東寺
          385
        • 延暦寺と坂東寺
          386
        • 智徳と熊野神社
          388
      • 第六節
        異国襲来とその影響
        389
        • 異国襲来の原因と幕府の対応
          389
        • 文永の役と筑後御家人
          390
        • 二つの役と筑後国
          391
        • 弘安の役と筑後国
          392
        • 鎌倉幕府の滅亡-異国襲来の影響-
          394
    • 第二章
      南北朝時代
      396
      • 第一節
        建武の中興と筑後
        396
      • 第二節
        八女を舞台に繰り広げられた戦
        402
      • 第三節
        足利尊氏の東上
        408
      • 第四節
        征西将軍宮と筑後
        410
      • 第五節
        大保原の戦と九州征西府の設置
        416
      • 第六節
        宮方(南朝)勢力の衰退
        422
      • 第七節
        征西将軍宮と対外交渉
        428
      • 第八節
        懐良親王の御墓所考
        436
      • 第九節
        征西将軍宮懐良親王、御名の訓(よ)み
        439
      • 第一〇節
        征西将軍宮と高良山
        441
    • 第三章
      群雄割拠の時代
      446
      • 第一節
        大友氏の筑後進出から三雄鼎立へ
        446
      • 第二節
        三雄の抗争に翻弄される筑後
        453
      • 第三節
        広川谷の城と館
        467
    • 第四章
      豊臣秀吉による九州平定
      473
      • 第一節
        島津軍の北上と秀吉の出陣
        473
      • 第二節
        在地領主と新しい国割り
        476
      • 第三節
        村庄屋の配置と広川谷の帰属替え
        479
      • 第四節
        高良山をめぐる動き
        483
      • 第五節
        太閤検地と村切り
        484
      • 第六節
        文禄・慶長の役
        487
      • 第七節
        関ヶ原の戦と戦後処理
        490
  • 第四編
    近世
    • 概説
      495
    • 第一章
      田中吉政の治世
      497
      • 第一節
        田中氏の筑後国拝領
        497
      • 第二節
        田中氏の農村支配
        500
      • 第三節
        田中氏の道路整備
        503
      • 第四節
        田中氏の断絶
        504
      • 第五節
        姫野家『家訓』にみる田中氏と広川谷の村々
        506
    • 第二章
      有馬氏の治世
      508
      • 第一節
        支配体制の確立と経済
        508
        • 石高と税制
          508
        • 財政逼迫と藩政改革
          520
      • 第二節
        宗教政策と島原の乱
        539
        • 宗教政策
          539
        • 島原の乱と久留米藩
          551
      • 第三節
        在郷町の形成と村政機構
        553
        • 在郷町・移出村の形成と村移転
          553
        • 村の機構と役割
          558
        • 稲員氏の村政把握
          560
      • 第四節
        農業と治水・利水
        570
        • 農地の確保と利水灌漑
          570
        • 換金作物の浸透と藩経済
          578
        • 山林の管理と運上
          587
      • 第五節
        農民と日常生活の規制
        590
        • 農民の生活とさまざまな規制
          590
        • 五人組制度
          593
        • 一揆と広川谷
          595
      • 第六節
        街道の整備と学問
        601
        • 寺子屋と留学
          601
        • 流行病と村医者
          605
        • 街道と測量
          608
      • 第七節
        差別とさまざまな規制
        615
  • 上巻 主要参考文献一覧
  • 執筆分担


MOKUJI分類:地方史誌