水環境ハンドブック

朝倉書店/2006.10

当館請求記号:NA2-H71


目次


目次

  • I.
    • 概説
      (古米弘明)
      1
    • 1.
      河川
      3
      • 1.1
        河川とは
        (河原長美)
        3
      • 1.2
        河川流量,水質および汚濁負荷の特性
        4
        • 1.2.1
          河川流量と水環境
          (細井由彦)
          4
        • 1.2.2
          汚染源の分類と特性
          6
          • a.
            林地
            (国松孝男)
            6
          • b.
            農地
            7
          • c.
            道路・都市系の非特定汚染源
            (福島武彦)
            (尾崎則篤)
            9
        • 1.2.3
          河川の水質変動と汚濁負荷
          (浮田正夫)
          11
      • 1.3
        河川の水質の変化
        13
        • 1.3.1
          水質変化機構
          (細見正明)
          13
        • 1.3.2
          河川の水質予測
          (河原長美)
          17
      • 1.4
        河川の生態系
        20
        • 1.4.1
          植生
          (岡部健士)
          20
        • 1.4.2
          魚類
          (関根雅彦)
          25
        • 1.4.3
          河川の水生微生物
          (井上隆信)
          28
      • 1.5
        河川環境の管理と整備
        31
        • 1.5.1
          河川の水量,水質管理
          (古賀憲一)
          31
        • 1.5.2
          河川環境整備
          (島谷幸宏)
          34
    • 2.
      湖沼
      37
      • 2.1
        湖沼の分類
        (浅枝隆)
        37
        • 2.1.1
          自然湖沼と人造湖
          37
        • 2.1.2
          栄養形態による湖沼の類型化
          37
      • 2.2
        湖沼における物理過程
        (道奥康治)
        39
        • 2.2.1
          水理特性による湖沼・貯水池の分類
          39
        • 2.2.2
          物理特性からみた湖沼と人工貯水池の比較
          39
        • 2.2.3
          貯水池の構造
          40
        • 2.2.4
          光環境と熱収支
          41
        • 2.2.5
          湖沼・貯水池の流れと乱れ
          42
        • 2.2.6
          熱収支に伴う流れ
          43
      • 2.3
        湖沼水質
        (相崎守弘)
        45
        • 2.3.1
          湖沼水質
          45
        • 2.3.2
          富栄養化
          47
        • 2.3.3
          深い湖沼での水質変化
          48
        • 2.3.4
          浅い湖での水質変化
          48
        • 2.3.5
          汽水湖における水質変化
          49
      • 2.4
        湖沼の生態系
        (花里孝幸)
        50
        • 2.4.1
          沖帯の生態系
          50
        • 2.4.2
          沿岸帯の生態系
          52
      • 2.5
        湖沼およびダム湖の管理手法と整備
        (浅枝隆)
        (田中規夫)
        54
        • 2.5.1
          湖沼の湖内を対象とした管理
          54
        • 2.5.2
          流域管理
          57
        • 2.5.3
          評価
          57
    • 3.
      湿地
      59
      • 3.1
        湿地とは
        (岡田光正)
        59
        • 3.1.1
          湿地の価値とその保全・回復
          59
        • 3.1.2
          湿地の特性と定義
          59
        • 3.1.3
          湿地の機能
          60
        • 3.1.4
          湿地の保全,再生,代償措置と順応的管理
          61
      • 3.2
        千潟生態系
        (細川恭史)
        62
        • 3.2.1
          千潟の定義と種類
          62
        • 3.2.2
          千潟生態系の現状
          63
        • 3.2.3
          千潟重態系の構造と機能
          63
        • 3.2.4
          保全・回復の施策検討
          69
      • 3.3
        藻場生態系
        (寺脇利信)
        70
        • 3.3.1
          藻場生態系とは
          70
        • 3.3.2
          藻場生態系の現状
          71
        • 3.3.3
          藻場の保全
          73
        • 3.3.4
          さまざまな施策
          73
        • 3.3.5
          藻場回復の技術開発
          75
        • 3.3.6
          人工的な藻場と自然の藻場の比較
          76
        • 3.3.7
          藻場回復の方向性
          76
        • 3.3.8
          藻場回復の今後の技術的課題
          76
      • 3.4
        湿地生態系
        (藤井滋穂)
        80
        • 3.4.1
          湿地の分類とその特徴
          80
        • 3.4.2
          湿地の植物と生産力
          82
        • 3.4.3
          湿地の動物
          83
        • 3.4.4
          湿地の喪失と現状
          84
        • 3.4.5
          湿地の役割と保護
          85
      • 3.5
        人工湿地生態系の回復・創出の事例
        (岡田光正)
        (平岡喜代典)
        (吉田和広)
        87
        • 3.5.1
          日本での湿地における再生事例
          87
        • 3.5.2
          海外における湿地回復・創出事例
          91
    • 4.
      沿岸海域・海洋
      94
      • 4.1
        沿岸海域・海洋とは
        (中村由行)
        94
      • 4.2
        沿岸海域・海洋の力学
        (佐々木淳)
        96
        • 4.2.1
          流れ
          96
        • 4.2.2
          沿岸フロント(潮目)
          98
        • 4.2.3
          エスチャリー(河口域,感潮域)の力学
          99
        • 4.2.4
          海面・海底境界層
          100
      • 4.3
        沿岸海域の生物・生態系
        (山室真澄)
        100
        • 4.3.1
          沿岸域の環境
          101
        • 4.3.2
          沿岸域の生物
          103
        • 4.3.3
          沿岸域における人為的攪乱と生態系の変化
          106
      • 4.4
        沿岸海域の汚濁現象
        (中村由行)
        108
        • 4.4.1
          沿岸海域の水質汚染と汚濁の概要
          108
        • 4.4.2
          沿岸海域の水質の現状
          110
        • 4.4.3
          底泥の有機汚濁
          114
        • 4.4.4
          水質・底質の有害化学物質による汚染
          114
      • 4.5
        物質輸送・水質変化のモデル化
        (中田喜三郎)
        116
        • 4.5.1
          包括的な生態系モデル
          116
        • 4.5.2
          結果の例
          121
        • 4.5.3
          将来の方向
          121
      • 4.6
        環境保全と修復
        (野村宗弘)
        (西村修)
        122
        • 4.6.1
          物理・化学的環境保全・修復技術
          122
        • 4.6.2
          生態工学的環境保全・修復技術
          124
    • 5.
      地下水・土壌
      127
      • 5.1
        地下水・土壌をとりまく状況
        (米田稔)
        127
        • 5.1.1
          地下水の重要性
          127
        • 5.1.2
          危機に面する地下水
          128
        • 5.1.3
          持続可能な地下水利用
          129
      • 5.2
        地下水の水理
        129
        • 5.2.1
          土の3相と地中水の形態
          (江種伸之)
          129
        • 5.2.2
          土の透水性
          131
        • 5.2.3
          地中での水の流れ
          131
        • 5.2.4
          地下水と地質
          (平山利晶)
          132
        • 5.2.5
          帯水層の能力
          134
        • 5.2.6
          地下水の流動
          135
      • 5.3
        地下水・土壌の化学
        (清水芳久)
        136
        • 5.3.1
          土壌粒子への吸着
          137
        • 5.3.2
          土壌粒子からの脱着
          139
        • 5.3.3
          土壌粒子の組成
          139
      • 5.4
        地下水流と物質輸送のモデル化と数値シミュレーション
        (西垣誠)
        141
        • 5.4.1
          地下水流のモデル化
          141
        • 5.4.2
          地下水中での物質輸送のモデル化
          144
        • 5.4.3
          非混合性流体の多相流動
          145
        • 5.4.4
          数値計算法
          145
      • 5.5
        土壌・地下水汚染のメカニズム
        146
        • 5.5.1
          有機物の汚染源と特徴
          (平田健正)
          146
        • 5.5.2
          無機物の汚染源と特徴
          148
        • 5.5.3
          廃棄物最終処分場の構造
          149
        • 5.5.4
          土壌の酸性化と水系への影響
          (堀内将人)
          150
      • 5.6
        土壌・地下水汚染の対策と管理
        153
        • 5.6.1
          土壌・地下水汚染の調査法
          (平田健正)
          153
        • 5.6.2
          土壌・地下水汚染に関する基準
          155
        • 5.6.3
          重金属による汚染の対策技術
          (今村聡)
          156
        • 5.6.4
          有機物による汚染の対策技術
          159
    • 6.
      水辺・親水空間
      162
      • 6.1
        親水河川,親水公園とは
        (土屋十圀)
        162
        • 6.1.1
          親水の由来
          162
        • 6.1.2
          古川親水公園と親水性の概念
          163
        • 6.1.3
          親水公園の今後の課題
          165
      • 6.2
        水辺の親水空間としての役割と可能性
        (上山肇)
        166
        • 6.2.1
          都市における親水
          166
        • 6.2.2
          親水空間の役割
          167
        • 6.2.3
          親水の可能性—今後の展開
          169
        • 6.2.4
          親水施設の今後
          171
      • 6.3
        海浜・海岸の親水空間
        (畔柳昭雄)
        172
        • 6.3.1
          海辺の環境整備の動向
          172
        • 6.3.2
          海上公園の整備
          173
        • 6.3.3
          海浜の親水空間
          175
      • 6.4
        人間と水辺・親水空間
        (村川三郎)
        176
        • 6.4.1
          水空間と居住環境
          176
        • 6.4.2
          水空間と親水行動
          177
  • II.
    • 概説
      (花木啓祐)
      181
    • 7.
      浄水処理
      183
      • 7.1
        水道における浄水処理と最近の動向
        (国包章一)
        183
        • 7.1.1
          浄水処理の意義と役割
          183
        • 7.1.2
          浄水処理の方式とわが国の現状
          183
        • 7.1.3
          浄水技術と最近の動向
          185
        • 7.1.4
          浄水場における排水処理とその動向
          186
        • 7.1.5
          浄水処理に関連するその他の新しい動向
          187
      • 7.2
        凝集・沈殿
        (秋葉道宏)
        188
        • 7.2.1
          凝集の原理と凝集操作の概要
          188
        • 7.2.2
          コロイドの安定と電気2重層
          188
        • 7.2.3
          凝集用薬品
          189
        • 7.2.4
          沈殿
          191
      • 7.3
        砂ろ過
        (今野弘)
        194
        • 7.3.1
          ろ過の機能とろ過速度
          194
        • 7.3.2
          ろ過機構の卓越因子
          194
        • 7.3.3
          ろ過の厚さと粒径
          195
        • 7.3.4
          ろ過方式
          195
        • 7.3.5
          ろ層の再生
          195
        • 7.3.6
          ろ過の高効率化
          196
      • 7.4
        膜ろ過および逆浸透
        (湯浅晶)
        198
        • 7.4.1
          膜の種類と除去対象
          198
        • 7.4.2
          精密ろ過(MF)と限外ろ過(UF)
          200
        • 7.4.3
          逆浸透(RO)
          203
        • 7.4.4
          ナノろ過(NF)
          203
      • 7.5
        高度浄水処理
        (伊藤雅喜)
        205
        • 7.5.1
          高度浄水処理とその必要性
          205
        • 7.5.2
          活性炭処理
          206
        • 7.5.3
          オゾン処理
          209
        • 7.5.4
          生物処理
          210
        • 7.5.5
          日本の水道における高度浄水処理の例
          210
      • 7.6
        消毒
        (相沢貴子)
        211
        • 7.6.1
          水道における消毒の意義と課題
          211
        • 7.6.2
          消毒剤の特徴と水道での利用実績
          212
        • 7.6.3
          消毒と消毒効果
          214
        • 7.6.4
          最適な消毒システム設定の考え方
          216
        • 7.6.5
          クリプトスポリジウムなどの耐塩素性病原性原虫に対する制御の考え方
          219
    • 8.
      下水・し尿処理
      220
      • 8.1
        下水・し尿処理システムに関する新しい動向
        (味埜俊)
        220
        • 8.1.1
          2003年の下水道法施行令の改正および2005年の下水道法一部改正
          220
        • 8.1.2
          下水処理場におけるエネルギー・資源の有効利用
          221
        • 8.1.3
          下水道空間の多目的利用
          222
        • 8.1.4
          ディスポーザ
          223
        • 8.1.5
          エコロジカルサニテーションと尿分離システム
          223
        • 8.1.6
          サステナブルな下水道システム
          224
      • 8.2
        下水道システム
        (高橋正宏)
        224
        • 8.2.1
          下水道システムの役割
          224
        • 8.2.2
          現在の下水道システム
          225
        • 8.2.3
          下水道システムの技術的課題
          225
      • 8.3
        好気性処理技術
        (中沢均)
        230
        • 8.3.1
          活性汚泥法の浄化機能
          230
        • 8.3.2
          各種活性汚泥法
          233
        • 8.3.3
          活性汚泥法の新たな適用例
          235
      • 8.4
        生物膜処理技術
        (府中裕一)
        236
        • 8.4.1
          浄化機構
          236
        • 8.4.2
          散水ろ床法
          237
        • 8.4.3
          回転円板法
          237
        • 8.4.4
          接触酸化(浸漬ろ床)法
          238
        • 8.4.5
          生物膜ろ過法(好気性ろ床)
          239
        • 8.4.6
          固定化担体法
          240
      • 8.5
        栄養塩除去技術
        (佐藤弘泰)
        241
        • 8.5.1
          硝化脱窒法による窒素除去
          241
        • 8.5.2
          嫌気好気式活性汚泥法によるリン除去
          242
        • 8.5.3
          窒素除去・リン除去における嫌気条件
          243
        • 8.5.4
          窒素・リンの同時除去と活性汚泥プロセスの数値モデリング
          243
        • 8.5.5
          栄養塩除去を安定して行うための条件
          244
        • 8.5.6
          生物学的栄養塩除去プロセスの制御
          245
        • 8.5.7
          新しい生物学的栄養塩除去技術
          245
      • 8.6
        物理化学的排水処理技術
        (小越真佐司)
        246
        • 8.6.1
          廃水処理における物理化学的処理の概要
          246
        • 8.6.2
          物理化学的リン除去およびリンの回収
          246
        • 8.6.3
          処理水の消毒
          249
        • 8.6.4
          酸化処理
          249
        • 8.6.5
          生物処理との併用処理法
          250
        • 8.6.6
          その他の物理化学処理
          250
      • 8.7
        嫌気性処理技術
        (大橋晶良)
        250
        • 8.7.1
          嫌気性処理の特徴
          250
        • 8.7.2
          嫌気性処理の原理
          251
        • 8.7.3
          固形性有機物の嫌気性消化
          253
        • 8.7.4
          UASB法
          254
        • 8.7.5
          メタンの発生・回収
          255
      • 8.8
        汚泥処理・処分・再利用技術
        (森孝志)
        256
        • 8.8.1
          汚泥濃縮
          256
        • 8.8.2
          汚泥調質
          256
        • 8.8.3
          汚泥脱水
          257
        • 8.8.4
          汚泥焼却
          258
        • 8.8.5
          汚泥溶融
          258
        • 8.8.6
          汚泥中重金属
          259
        • 8.8.7
          下水汚泥有効利用と汚泥処分
          260
      • 8.9
        し尿処理技術と浄化槽
        (河村清史)
        261
        • 8.9.1
          生活排水処理
          261
        • 8.9.2
          し尿処理
          262
        • 8.9.3
          浄化槽
          264
    • 9.
      排出源対策・排水処理(工業系・埋立浸出水)
      266
      • 9.1
        エミッション低減と省エネルギー対策
        (藤江幸一)
        266
        • 9.1.1
          プロセスのクローズドシステム化と処理水リサイクルによる排出削減
          266
        • 9.1.2
          有機汚濁物質のキャラクタリゼーション
          266
        • 9.1.3
          排水処理の省エネルギー化
          267
      • 9.2
        汚濁物質除去の原理と水処理技術
        268
        • 9.2.1
          懸濁物質の除去と脱水の原理および技術
          (入谷英司)
          268
        • 9.2.2
          膜分離の原理と技術
          (木曽祥秋)
          270
        • 9.2.3
          吸着・イオン交換の原理と技術
          (井上勝利)
          273
        • 9.2.4
          重金属および無機物質の除去原理と技術
          (田口洋治)
          274
        • 9.2.5
          難分解性物質,微量有機汚染物質の除去技術
          (岩堀恵祐)
          (宮田直幸)
          276
        • 9.2.6
          その他の新技術
          (胡洪営)
          (藤江幸一)
          277
      • 9.3
        産業排水の処理プロセス設計と運転
        280
        • 9.3.1
          水産加工排水の特徴
          (高崎みつる)
          280
        • 9.3.2
          食品加工排水
          (佐藤進)
          282
        • 9.3.3
          金属機械加工排水
          (藤江幸一)
          284
        • 9.3.4
          化学工業排水
          (山際和明)
          286
        • 9.3.5
          繊維・染色排水
          (川西琢也)
          288
        • 9.3.6
          パルプ・製紙排水
          (渡辺実)
          289
        • 9.3.7
          電子産業排水
          (明賀春樹)
          293
        • 9.3.8
          電子・ボイラー関係排水
          (中原敏次)
          295
    • 10.
      排出源対策・排水処理(農業系)
      297
      • 10.1
        農業系からのエミッションとその低減対策
        (中島淳)
        297
        • 10.1.1
          農業系とは
          297
        • 10.1.2
          食料生産とエミッション
          297
        • 10.1.3
          食料生産と供給フロー
          298
        • 10.1.4
          農業系における排水管理の考え方
          298
        • 10.1.5
          点源対策
          299
        • 10.1.6
          非点源対策
          299
        • 10.1.7
          環境保全型農業
          300
      • 10.2
        畜産業の排水対策
        (羽賀清典)
        300
        • 10.2.1
          家畜糞尿
          300
        • 10.2.2
          畜舎および排水の発生源
          300
        • 10.2.3
          生物処理法
          302
        • 10.2.4
          窒素,リンの除去
          303
        • 10.2.5
          維持管理
          303
      • 10.3
        水産養殖業による排水対策
        (平川和正)
        304
        • 10.3.1
          魚類養殖における窒素とリンの負荷量
          304
        • 10.3.2
          有機物(窒素・リン)負荷削減対策
          305
      • 10.4
        農地からの窒素負荷削減対策
        (石川雅也)
        308
        • 10.4.1
          農村における地下水の硝酸汚染
          308
        • 10.4.2
          水田機能を活用した窒素負荷削減対策
          310
    • 11.
      用水処理
      316
      • 11.1
        水環境保全を考慮した用水処理の考え方
        (明賀春樹)
        316
        • 11.1.1
          用水水質と処理技術
          316
        • 11.1.2
          水環境保全を考慮した用水処理
          316
      • 11.2
        各種産業用水に求められる特性
        (小山一行)
        317
        • 11.2.1
          クーリングタワー用水
          317
        • 11.2.2
          飲料製造用水
          317
        • 11.2.3
          半導体製造用水
          318
        • 11.2.4
          紙・パルプ用水
          318
        • 11.2.5
          ボイラ用水
          318
        • 11.2.6
          水産用水
          319
        • 11.2.7
          水族館飼育用水
          319
      • 11.3
        用水処理における単位操作技術
        (森田博志)
        321
        • 11.3.1
          有機物除去技術
          321
        • 11.3.2
          イオン類の除去技術
          322
        • 11.3.3
          滅菌技術
          326
        • 11.3.4
          水の機能化技術
          327
    • 12.
      直接浄化
      329
      • 12.1
        直接浄化の基本的事項
        (青井透)
        329
        • 12.1.1
          直接浄化の基本的事項
          329
        • 12.1.2
          直接浄化の除去対象物質
          329
        • 12.1.3
          直接浄化の今日的役割
          329
      • 12.2
        礫間接触酸化法
        (野村和弘)
        330
        • 12.2.1
          浄化原理
          330
        • 12.2.2
          礫間接触酸化浄化施設の構造
          331
        • 12.2.3
          実績と浄化性能
          332
        • 12.2.4
          礫間接触酸化法の課題
          334
      • 12.3
        植生浄化法
        (中里広幸)
        334
        • 12.3.1
          閉鎖性水域の物質循環における植生浄化の位置づけ
          334
        • 12.3.2
          植生浄化の適応条件
          335
        • 12.3.3
          植生浄化法の分類
          335
        • 12.3.4
          ビオパークの詳細と浄化能力
          336
      • 12.4
        貯留水の気泡による循環混合法
        (小島貞男)
        339
        • 12.4.1
          貯留水循環・混合の意義
          339
        • 12.4.2
          湖水を循環混合する方法
          340
        • 12.4.3
          湖水循環混合の効果とそのメカニズム
          342
        • 12.4.4
          関連する周辺技術
          343
      • 12.5
        直接浄化に利用できる植物の特性
        (青井透)
        344
        • 12.5.1
          浄化によく利用される植物の栄養塩除去性能
          345
        • 12.5.2
          回収植物体の組成と有効利用
          346
        • 12.5.3
          成育条件による肥効成分の変化と気象条件
          346
  • III.
    • 概説
      (伏脇裕一)
      349
    • 13.
      有害化学物質
      351
      • 13.1
        有害化学物質とは
        (中室克彦)
        351
      • 13.2
        無機物質
        352
        • 13.2.1
          無機・有機水銀
          (坂本峰至)
          (赤木洋勝)
          352
        • 13.2.2
          カドミウム
          (永沼章)
          355
        • 13.2.3
          ヒ素
          (安藤正典)
          357
        • 13.2.4
          セレン
          (姫野誠一郎)
          360
        • 13.2.5
          硝酸性・亜硝酸性窒素
          (田瀬則雄)
          363
      • 13.3
        有機物質
        366
        • 13.3.1
          低沸点有機塩素化合物およびトリハロメタン
          (大橋則雄)
          366
        • 13.3.2
          農薬
          (福嶋実)
          371
        • 13.3.3
          ダイオキシン類
          (中野武)
          375
        • 13.3.4
          PCB
          (堀伸二郎)
          376
        • 13.3.5
          ビスフェノールAおよびアルキルフェノール類
          (石垣智基)
          382
    • 14.
      水界生物
      387
      • 14.1
        水界生物とは
        (花里孝幸)
        387
      • 14.2
        河川の生物
        387
        • 14.2.1
          魚類
          (谷口義則)
          387
        • 14.2.2
          水生昆虫とは
          (谷田一三)
          390
        • 14.2.3
          藻類
          (村上哲生)
          392
        • 14.2.4
          付着微生物
          (森川和子)
          394
        • 14.2.5
          河川生態系における物質循環
          (谷口義則)
          396
      • 14.3
        湖沼の生物
        399
        • 14.3.1
          魚類
          (中井克樹)
          399
        • 14.3.2
          動物プランクトン
          (花里孝幸)
          401
        • 14.3.3
          植物プランクトン
          (高村典子)
          403
        • 14.3.4
          底生動物
          (岩熊敏夫)
          405
        • 14.3.5
          微生物
          (中野伸一)
          408
        • 14.3.6
          水草
          (国井秀伸)
          411
        • 14.3.7
          湖沼生態系における物質循環
          (沖野外輝夫)
          413
      • 14.4
        沿岸の生物
        417
        • 14.4.1
          魚類
          (山下洋)
          417
        • 14.4.2
          動物プランクトン
          (上真一)
          419
        • 14.4.3
          植物プランクトン
          (今井一郎)
          420
        • 14.4.4
          底生生物
          (門谷茂)
          423
        • 14.4.5
          微生物
          (深見公雄)
          424
        • 14.4.6
          沿岸域生態系における物質循環
          (上真一)
          427
    • 15.
      健康関連微生物
      429
      • 15.1
        健康関連微生物とは
        (平田強)
        429
      • 15.2
        細菌
        (土佐光司)
        430
        • 15.2.1
          種類と性状
          430
        • 15.2.2
          汚染状況
          434
        • 15.2.3
          感染力と消毒剤耐性
          435
      • 15.3
        ウイルス
        438
        • 15.3.1
          種類と性状
          (吉田靖子)
          438
        • 15.3.2
          汚染状況
          (矢野一好)
          444
        • 15.3.3
          感染力と消毒剤耐性
          (渡部徹)
          448
      • 15.4
        原虫・寄生虫
        453
        • 15.4.1
          種類と性状
          (遠藤卓郎)
          453
        • 15.4.2
          汚染状況
          (保坂三継)
          458
        • 15.4.3
          消毒剤耐性
          (森田重光)
          467
      • 15.5
        微生物汚染の評価指標
        (神子直之)
        471
        • 15.5.1
          評価指標とはどういうものか
          471
        • 15.5.2
          現行の衛生学的評価指標
          471
        • 15.5.3
          現行の評価指標の限界と問題点
          472
        • 15.5.4
          新たな病原微生物に対して期待される評価指標
          474
        • 15.5.5
          「評価指標」システムそのものの限界
          475
        • 15.5.6
          「評価指標」を補う新たな評価・管理方法
          475
  • IV.
    • 概説
      (小野芳朗)
      477
    • 16.
      環境微量分析
      479
      • 16.1
        環境微量分析とは
        (劒持堅志)
        479
      • 16.2
        環境微量分析のための前処理技術
        479
        • 16.2.1
          前処理とは
          479
        • 16.2.2
          抽出方法
          480
        • 16.2.3
          濃縮方法
          484
        • 16.2.4
          クリーンアップ方法
          484
        • 16.2.5
          分析法の検証
          488
        • 16.2.6
          分析の自動化
          489
        • 16.2.7
          前処理技術の今後
          489
      • 16.3
        環境微量分析のための測定技術と精度管理
        (福嶋実)
        491
        • 16.3.1
          GC/MSの装置概要と利用状況
          491
        • 16.3.2
          HPLC/ICP-MSの装置概要と利用状況
          492
        • 16.3.3
          質量測定と定性,定量法
          492
        • 16.3.4
          精度管理
          495
      • 16.4
        液体クロマトグラフ質量分析法(LC/MS)による環境微量分析
        (鈴木茂)
        500
        • 16.4.1
          LC/MSの主要なイオン化法
          501
        • 16.4.2
          移動相とカラム
          503
        • 16.4.3
          測定法
          505
      • 16.5
        揮発性有機化合物(VOC)の多成分分析
        (川田邦明)
        507
        • 16.5.1
          VOC分析の特徴
          507
        • 16.5.2
          対象化合物
          509
        • 16.5.3
          試薬,器具
          509
        • 16.5.4
          試料採取
          512
        • 16.5.5
          試料の保存
          512
        • 16.5.6
          分析条件の最適化
          512
        • 16.5.7
          ヘッドスペース法による分析
          513
        • 16.5.8
          バージトラップ法による分析
          513
        • 16.5.9
          空(ブランク)試験
          514
        • 16.5.10
          同定,定量および計算
          514
      • 16.6
        ダイオキシン類の分析技術
        (先山孝則)
        (中野武)
        515
        • 16.6.1
          ダイオキシン類の分析方法
          516
        • 16.6.2
          ダイオキシン類の精度管理と分析上の注意点
          521
        • 16.6.3
          ダイオキシン類分析の今後
          524
    • 17.
      バイオアッセイ
      527
      • 17.1
        バイオアッセイとは
        (西村哲治)
        527
      • 17.2
        生態毒性
        (楠井隆史)
        528
        • 17.2.1
          生態毒性とは
          528
        • 17.2.2
          生態毒性試験
          529
        • 17.2.3
          簡易バイオアッセイ
          531
        • 17.2.4
          連続モニタリング
          532
        • 17.2.5
          生態毒性試験結果の適用
          532
      • 17.3
        遺伝子障害性試験
        536
        • 17.3.1
          細菌を用いた試験
          (浦野紘平)
          (久保隆)
          536
        • 17.3.2
          コメットアッセイおよび細胞を用いた試験
          (木苗直秀)
          541
      • 17.4
        内分泌攪乱化学物質のスクリーニング試験
        (有薗幸司)
        544
        • 17.4.1
          研究の動向
          544
        • 17.4.2
          in silico仮想スクリーニング試験(構造活性相関手法:3D-QSAR)
          545
        • 17.4.3
          in vitroスクリーニング試験法
          546
        • 17.4.4
          in vivoスクリーニング試験
          547
        • 17.4.5
          魚類を用いたスクリーニング試験
          548
      • 17.5
        新技術
        551
        • 17.5.1
          ダイオキシン類の検出を目的としたレポータージーンアッセイの現状と展望
          (榛葉繁記)
          (手塚雅勝)
          551
        • 17.5.2
          DNAマイクロアレイ(DNAチップ)
          (岩橋均)
          555
    • 18.
      分子生物学的手法
      558
      • 18.1
        水環境研究のツールとしての分子生物学
        (池道彦)
        558
      • 18.2
        分子生物学の基礎
        (藤田正憲)
        (池道彦)
        (清和成)
        559
        • 18.2.1
          核酸・アミノ酸・タンパク質
          559
        • 18.2.2
          セントラルドグマと遺伝子の発現制御
          561
      • 18.3
        特定微生物の検出・定量
        (岡部聡)
        563
        • 18.3.1
          特定遺伝子・微生物の検出手法
          564
        • 18.3.2
          特定遺伝子・微生物の定量手法
          566
        • 18.3.3
          複合系バイオフィルム内における硝化細菌の定量
          569
        • 18.3.4
          病原性ウイルス・微生物の検出・定量
          570
      • 18.4
        微生物群集の構造解析
        (山口進康)
        (那須正夫)
        574
        • 18.4.1
          蛍光in situハイブリダイゼーション法
          574
        • 18.4.2
          in situ PCR-FISH法
          578
        • 18.4.3
          DGGE法,TGGE法
          579
        • 18.4.4
          T-RFLP法
          581
        • 18.4.5
          省力化・自動化
          582
      • 18.5
        環境浄化にかかわる遺伝子群の解析とその応用
        (遠藤銀朗)
        585
        • 18.5.1
          分子生物学と環境バイオテクノロジー
          586
        • 18.5.2
          難分解性/有害有機化合物分解遺伝子の解析と応用
          588
        • 18.5.3
          重金属耐性遺伝子の解析と応用
          590
        • 18.5.4
          栄養塩除去にかかわる遺伝子の解析と応用
          594
    • 19.
      教育
      597
      • 19.1
        教育とは
        (小川かほる)
        597
        • 19.1.1
          水環境教育で理解しておきたいこと
          597
        • 19.1.2
          本章の内容
          598
      • 19.2
        社会を変革する環境教育
        (原田泰)
        598
        • 19.2.1
          環境教育の教育論
          598
        • 19.2.2
          批判的環境教育の骨格
          600
        • 19.2.3
          カリキュラム例「川に親しむ」
          603
        • 19.2.4
          環境教育の目指すもの
          606
      • 19.3
        水環境保全計画への市民参加
        (城戸由能)
        607
        • 19.3.1
          水にかかわる計画と市民参加
          607
        • 19.3.2
          水にかかわる計画における市民参加
          608
        • 19.3.3
          計画の費用と便益・効果の評価
          611
        • 19.3.4
          計画への市民参画に向けて
          611
      • 19.4
        地域の水環境保全を担う市民活動と市民環境科学
        (小倉紀雄)
        613
        • 19.4.1
          水や物質は循環する
          613
        • 19.4.2
          市民による河川の水質調査
          613
        • 19.4.3
          身近な川の一斉調査
          614
        • 19.4.4
          市民環境科学の発展と推進
          615
        • 19.4.5
          市民が主体となる持続可能な社会の実現へ
          616
      • 19.5
        環境研究者の役割
        (浦野紘平)
        617
        • 19.5.1
          環境研究者の2つの大きな役割
          617
        • 19.5.2
          環境研究者育成の重要性
          620
    • 20.
      アセスメント
      623
      • 20.1
        評価について
        (津野洋)
        623
      • 20.2
        影響評価と基準
        (内山巌雄)
        623
        • 20.2.1
          人の健康の保護からみた影響評価指標
          624
        • 20.2.2
          生活環境の保全からみた影響評価指標
          626
      • 20.3
        リスク評価
        627
        • 20.3.1
          リスク評価の必要性
          627
        • 20.3.2
          発癌性物質のリスク評価の手順
          627
        • 20.3.3
          発癌以外のリスク評価
          628
        • 20.3.4
          曝露評価の各種パラメータ
          629
        • 20.3.5
          曝露経路別による曝露量の推計
          629
        • 20.3.6
          病原性微生物の水系感染リスク評価
          (田中宏明)
          629
      • 20.4
        各種基準と設定根拠
        630
        • 20.4.1
          水質環境基準
          631
        • 20.4.2
          排水規制
          633
        • 20.4.3
          ダイオキシン類対策特別措置法に基づくダイオキシン類の水質・底質基準と排水基準
          637
      • 20.5
        環境影響評価
        (島田幸司)
        637
        • 20.5.1
          環境影響評価の理念と意義
          638
        • 20.5.2
          環境影響評価のシステムと制度
          638
        • 20.5.3
          調査・予測・評価の考え方
          639
      • 20.6
        炭酸ガス排出計算
        (松本亨)
        640
        • 20.6.1
          LCA
          640
        • 20.6.2
          計算手法
          641
        • 20.6.3
          水処理技術に関する計算例:下水道システムのLCA
          642
      • 20.7
        アセスメントのための新たな指標
        645
        • 20.7.1
          酸性雨による影響評価
          (新藤純子)
          645
        • 20.7.2
          残留性有機汚染物質の残存性指標
          (中野武)
          645
        • 20.7.3
          瀬戸内海資源の持続性指標
          (松田治)
          646
        • 20.7.4
          生態系影響評価指標
          (若林明子)
          647
    • 21.
      計画管理・政策
      648
      • 21.1
        管理と政策とは
        (中杉修身)
        648
      • 21.2
        水環境保全政策の体系
        (阿部晶)
        648
        • 21.2.1
          環境基準
          648
        • 21.2.2
          公共用水域の水質保全
          649
        • 21.2.3
          地下水・土壌の環境保全
          653
        • 21.2.4
          水質の現状
          655
      • 21.3
        水環境モニタリング計画
        (川田邦明)
        656
        • 21.3.1
          モニタリング計画
          656
        • 21.3.2
          公共用水域
          657
        • 21.3.3
          土壌と地下水
          658
        • 21.3.4
          水道
          659
        • 21.3.5
          ダイオキシン類などの汚染実態把握調査
          660
        • 21.3.6
          環境安全総点検調査
          660
      • 21.4
        閉鎖性水域の水質保全計画
        (早瀬隆司)
        661
        • 21.4.1
          湖沼水質保全と計画
          661
        • 21.4.2
          水道水源の水質保全と計画
          663
        • 21.4.3
          瀬戸内海環境保全特別措置法と計画
          665
        • 21.4.4
          水質総量規制制度のための計画
          666
      • 21.5
        水環境リスク管理
        (瀬川恵子)
        (中杉修身)
        669
        • 21.5.1
          環境基準など
          669
        • 21.5.2
          水質汚濁防止法
          672
        • 21.5.3
          化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律
          672
        • 21.5.4
          特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律(PRTR)法
          675
        • 21.5.5
          農薬取締法等農薬汚染防止対策
          677
      • 21.6
        水環境生態保全計画
        (久野武)
        678
        • 21.6.1
          陸水系水環境
          678
        • 21.6.2
          沿岸陸海域
          679
        • 21.6.3
          全般にわたる保護地域制度
          682
        • 21.6.4
          自治体の独自の制度
          683
        • 21.6.5
          公有水面埋立
          683
        • 21.6.6
          今後の水環境保全の計画の方向
          683
      • 21.7
        水資源保全計画
        (楠田哲也)
        684
        • 21.7.1
          水資源保全計画にかかわる社会的問題点
          684
        • 21.7.2
          水資源にかかわる制度
          685
        • 21.7.3
          水需給計画
          686
        • 21.7.4
          水源開発手法と開発計画
          687
        • 21.7.5
          水源地保全計画
          689
        • 21.7.6
          地下水保全計画
          690
        • 21.7.7
          水リサイクル計画
          690
  • 付録編
    691
    • 付1
      水環境関連年表
      (下ヶ橋雅樹)
      (迫田章義)
      692
    • 付2
      世界の水環境とその管理
      (渡辺義公)
      695
      • 付2.1
        タイにおける水環境と水管理
        695
      • 付2.2
        スロバキアにおける水管理
        696
      • 付2.3
        韓国における水環境と水管理
        700
    • 付3
      日本の水環境とその管理
      (下ヶ橋雅樹)
      (迫田章義)
      703
      • 付3.1
        日本の水環境マップ
        703
      • 付3.2
        日本における水環境関連の基準等
        706
      • 付3.3
        水環境版元素周期律表
        720
  • 索引
    721