ナノテクノロジー時代の含浸技術の基礎と応用

テクノシステム/2007.4

当館請求記号:M213-H193


目次


ナノテクノロジー時代の含浸技術の基礎と応用
目次

  • 第1章
    界面張力
    • 第1節
      界面の定義
      5
      • 1.
        界面過剰
        5
      • 2.
        界面相
        6
      • 3.
        分割面
        7
      • 4.
        界面張力
        7
    • 第2節
      界面過剰と界面張力
      9
      • 1.
        Gibbsの界面張力式
        9
      • 2.
        張力面
        14
      • 3.
        Gibbsの吸着式
        15
    • 第3節
      界面相と吸着
      18
      • 1.
        吸着
        18
      • 2.
        単分子層吸着
        18
      • 3.
        BET の式
        20
    • 第4節
      分子運動と界面張力
      26
      • 1.
        拡散吸着時間
        26
      • 2.
        拡散吸着確率
        31
      • 3.
        拡散距離
        33
      • 4.
        衝突結合エネルギー確率
        33
      • 5.
        電子親和力
        37
      • 6.
        分子運動論的界面張力
        38
      • 7.
        液体の界面張力と電子親和力
        41
    • 第5節
      界面張力の測定方法
      44
      • 1.
        リング法
        44
      • 2.
        毛細管法
        44
      • 3.
        最大気泡圧力法
        45
      • 4.
        静泡法
        45
      • 5.
        液滴落下法
        46
      • 6.
        表面張力波法
        46
  • 第2章
    接触角
    • 第1節
      接触角と界面形状
      51
      • 1.
        接触角
        51
      • 2.
        界面の形状
        52
      • 3.
        Laplaceの式
        52
      • 4.
        壁面の近くの液面の形状
        53
      • 5.
        平面に付着した液滴の形
        54
      • 6.
        毛細管を上昇した液面
        55
      • 7.
        プラトー問題
        55
      • 8.
        ノイマンの三角形
        55
    • 第2節
      濡れ性
      57
      • 1.
        完全濡れ
        57
      • 2.
        付着濡れ
        57
      • 3.
        拡張濡れ
        58
      • 4.
        浸漬濡れ(湿潤仕事)
        58
      • 5.
        臨界表面張力
        58
    • 第3節
      接触角の評価
      60
      • 1.
        接触角の測定法
        60
      • 2.
        接触角の時間変化
        60
      • 3.
        接触角度と温度
        61
      • 4.
        動的接触角
        62
    • 第4節
      分子運動と接触角
      63
      • 1.
        固体表面の歪み
        63
      • 2.
        Young式の一般化
        63
      • 3.
        接触角と気固・液固界面張力と電子親和力
        65
      • 4.
        表面処理固体の接触角と分子運動論的解析
        69
  • 第3章
    毛細管浸透
    • 第1節
      浸透速度式
      75
      • 1.
        毛細管上昇力
        75
      • 2.
        Poiseuilleの式
        77
      • 3.
        Washburnの式
        79
      • 4.
        Kozeny-Carmanの式
        82
    • 第2節
      浸透上昇の評価
      84
      • 1.
        粉体中への浸透
        84
      • 2.
        繊維束中への浸透
        88
      • 3.
        繊維マトリックス中への浸透
        91
      • 4.
        Kozeny-Carman式の応用
        94
      • 5.
        D'Arcy則からのずれ
        96
      • 6.
        Fanningの式
        97
      • 7.
        拡散式
        99
    • 第3節
      繊維配向モデルと毛細管圧力
      102
      • 1.
        毛細管モデル
        102
      • 2.
        浸透方向に平行等間隔配列モデル
        102
      • 3.
        浸透方向に水平等間隔配列モデル
        104
      • 4.
        浸透方向に垂直な等間隔配列モデル
        105
      • 5.
        短冊状繊維マットの空隙率と毛細管圧力
        107
      • 6.
        浸透上昇と Kozeny-Carman 式
        108
      • 7.
        Washburnの式とKozeny-Carmanの式の比較(算術平均毛細管圧力)
        109
      • 8.
        Washburnの式とKozeny-Carmanの式の比較(幾何平均毛細管圧力)
        110
    • 第4節
      不織布への浸透上昇
      113
      • 1.
        浸透上昇速度測定試料の諸特性
        113
      • 2.
        浸透上昇速度の測定
        113
      • 3.
        浸透上昇速度の解析
        114
      • 4.
        液体の蒸気圧効果
        116
      • 5.
        各種液体の濡れ性に対する気固・液固界面張力と電子親和力
        116
    • 第5節
      真空浸透上昇
      120
      • 1.
        真空度と浸透速度の測定
        120
      • 2.
        真空度と浸透上昇の解析
        120
      • 3.
        Gibbsの分子吸着式
        121
      • 4.
        真空含浸の濡れ性と気固・液固界面張力と電子親和力
        121
  • 第4章
    多孔質体への含浸
    • 第1節
      求心含浸
      127
      • 1.
        含浸速度測定方法
        127
      • 2.
        含浸装置
        127
    • 第2節
      繊維配向モデルと毛細管圧力
      130
      • 1.
        含浸における繊維配向モデル
        130
      • 2.
        含浸方向に平行等間隔配列モデル
        130
      • 3.
        含浸方向に水平等間隔配列モデル
        133
      • 4.
        含浸方向に垂直等間隔配列モデル
        137
      • 5.
        円形繊維マットの空隙率と毛細管圧力
        140
    • 第3節
      締め付け荷重変化
      143
      • 1.
        締め付け力と繊維マットの厚さ
        143
      • 2.
        締め付け荷重変化と含浸速度の測定
        144
      • 3.
        未含浸領域の気圧補正パラメータ
        144
      • 4.
        締め付け荷重,不織布厚さ,空隙率の含浸距離変化
        146
      • 5.
        毛細管圧力の含浸距離変化
        147
      • 6.
        圧力差と含浸速度の時間変化
        148
    • 第4節
      温度変化
      151
      • 1.
        未含浸領域の時間変化
        151
      • 2.
        未含浸領域の気圧補正パラメータ
        151
      • 3.
        締め付け荷重,不織布厚さ,空隙率の時間変化
        153
      • 4.
        毛細管圧力の時間変化
        153
      • 5.
        圧力差と含浸速度の時間変化
        155
    • 第5節
      真空含浸
      157
      • 1.
        未含浸領域の時間変化
        157
      • 2.
        未含浸領域の気圧補正パラメータ
        157
      • 3.
        締め付け荷重,不織布厚さ,空隙率の時間変化
        159
      • 4.
        毛細管圧力の時間変化
        159
      • 5.
        圧力差と含浸速度の時間変化
        160
  • 第5章
    含浸過程の気泡の生成と消滅
    • 第1節
      気体のリーク量
      165
      • 1.
        気圧補正パラメータとリーク量
        165
      • 2.
        温度変化
        166
      • 3.
        気圧変化
        167
    • 第2節
      未含浸領域の気体溶解度
      169
      • 1.
        溶解度係数
        169
      • 2.
        温度変化
        169
      • 3.
        気圧変化
        170
    • 第3節
      気体の溶解拡散
      172
      • 1.
        拡散係数
        172
      • 2.
        溶解拡散の温度特性
        172
      • 3.
        溶解拡散の真空度特性
        173
    • 第4節
      気泡の生成
      174
      • 1.
        半含浸領域の存在
        174
      • 2.
        毛細管径の偏差
        174
      • 3.
        気泡半径と数
        177
    • 第5節
      ボイド体積率
      180
      • 1.
        ボイドの体積割合
        180
      • 2.
        吸着量と体積割合
        180
      • 3.
        未含浸部分の気圧
        182
    • 第6節
      ボイドの消滅
      184
      • 1.
        ボイド内気体濃度変化
        184
      • 2.
        ボイド半径
        185
      • 3.
        含浸過程でのボイドの消滅
        185
  • 第6章
    流体置換
    • 第1節
      毛細管網目モデル
      191
    • 第2節
      置換方法
      193
      • 1.
        置き換わり過程
        193
      • 2.
        濡れ性のある流体のトラップ
        193
      • 3.
        定速流体置換
        193
      • 4.
        侵入浸透
        194
      • 5.
        網目と濡れ性
        194
    • 第3節
      置き換わりのメカニズム
      196
      • 1.
        通路中の液体の形状
        196
      • 2.
        スナップオフ
        196
      • 3.
        吸収
        198
      • 4.
        トラッププロブの移動
        198
    • 第4節
      クラスター成長
      201
      • 1.
        クラスター形成
        201
      • 2.
        クラスター成長のシミュレーション
        201
    • 第5節
      侵入浸透とクラスター成長
      204
      • 1.
        通常の浸透と侵入浸透
        204
      • 2.
        アクセプタンスプロフィル
        205
  • 第7章
    基材の表面処理と含浸
    • 第1節
      カップリング剤の吸着
      211
      • 1.
        吸着構造
        211
      • 2.
        単分子層
        213
      • 3.
        カップリング剤の反応
        215
    • 第2節
      吸着分子構造と占有面積
      217
      • 1.
        固体表面の官能基数
        217
      • 2.
        分子占有面積と最大吸着数
        218
    • 第3節
      表面処理条件と含浸速度
      220
      • 1.
        表面処理条件
        220
      • 2.
        接触角と処理条件
        220
      • 3.
        含浸速度の改善
        222
    • 第4節
      吸着分子数と濡れ性
      225
      • 1.
        吸着分子数
        225
      • 2.
        Langmuir 定数
        226
      • 3.
        濡れ性と吸着分子数
        227
      • 4.
        付着仕事と表面自由エネルギー
        230
      • 5.
        吸着分子数とモル吸着熱
        232
      • 6.
        空間電荷
        234
  • 第8章
    分子運動と含浸過程
    • 第1節
      分子運動と含浸速度
      239
      • 1.
        分子運動論的濡れ性
        239
      • 2.
        拡散運動を伴う含浸速度式
        239
    • 第2節
      分子運動と電子親和力
      242
      • 1.
        含浸過程の分子運動論的解析
        242
      • 2.
        求心含浸の分子運動論的な解析
        244
      • 3.
        真空含浸の分子運動論的な解析
        246
      • 4.
        表面処理条件と分子運動論的な解析
        248
  • 第9章
    分散系の毛細管流動
    • 第1節
      分散系の静止流体層
      255
      • 1.
        分散系
        255
      • 2.
        分散系の粘度
        255
      • 3.
        粘度の経時変化測定
        256
      • 4.
        静止流体層の存在
        263
      • 5.
        ヘテロ凝集
        264
    • 第2節
      分散粒子の相互作用
      267
      • 1.
        Drag Force
        267
      • 2.
        付着・脱離ポテンシャルエネルギー
        270
      • 3.
        回転運動と静止流体層
        272
      • 4.
        付着活性化エネルギーとvan der Waalsエネルギー
        274
    • 第3節
      分散系の毛細管流動
      275
      • 1.
        分散系の界面反応
        275
      • 2.
        分子サイズと占有面積
        277
      • 3.
        吸着モデル
        278
      • 4.
        毛細管流動速度の測定
        278
      • 5.
        静止流体層の厚さ
        279
      • 6.
        分子拡散吸着確率
        279
  • 第10章
    拡散吸着と電極反応
    • 第1節
      燃料電池の起動メカニズム
      285
      • 1.
        燃料供給プロセス
        285
      • 2.
        サブストレート中での燃料拡散
        286
      • 3.
        燃料電池の電気伝導
        286
      • 4.
        酸素濃度
        287
      • 5.
        電極反応電流
        287
      • 6.
        触媒層細孔中の酸素の拡散
        288
      • 7.
        触媒担持体ポア中の酸素反応確率
        288
      • 8.
        触媒担持体ポア中の酸素の拡散
        290
      • 9.
        液膜中での酸素拡散
        200
      • 10.
        全行程における測定電流
        201
    • 第2節
      電流電圧曲線の解析
      293
      • 1.
        燃料電池の電気伝導の解析
        293
      • 2.
        酸素濃度の解析
        293
      • 3.
        電極反応電流の解析
        293
      • 4.
        触媒層細孔中の酸素の拡散
        294
      • 5.
        触媒担持体ポア中の酸素反応確率
        294
      • 6.
        触媒担持体ポア中の酸素の拡散
        295
      • 7.
        液膜中での酸素拡散
        295
      • 8.
        燃料の拡散のみで起動する燃料電池の電流電圧曲線
        296
      • 9.
        拡散吸着反応確率PSを導入した電流電圧曲線
        296
      • 付録 CCS単位とSI単位の換算および物理定数の一覧
        298
  • 応用編 含浸過程の応用
    • 第1章
      繊維
      • 第1節
        ケラチン繊維の濡れ性と溶媒および溶質の浸透性
        (上甲 恭平)
        303
        • 1.
          羊毛繊維の階層構造
          303
          • 1.1
            Cx細胞組織
            304
          • 1.2
            CMC
            304
          • 1.3
            Cu組織構造
            304
        • 2.
          相反する性質:撥水性と吸水性
          304
          • 2.1
            撥水
            304
          • 2.2
            Cu細胞表面の形態および化学構造変化と撥水
            307
          • 2.3
            水の浸透濡れ
            307
          • 2.4
            CMCの浸透制御機能
            309
        • 3.
          水以外の溶媒の浸透
          309
        • 4.
          溶質の浸透・拡散
          310
          • 4.1
            メリノ羊毛繊維にみられる示差染色
            310
          • 4.1.1
            染料特性による示差染色
            310
          • 4.1.2
            時間制御による示差染色
            311
          • 4.1.3
            染色媒体による示差染色
            312
          • 4.2
            毛髪のパーマ処理
            312
      • 第2節
        カルボキシル基含有ポリマー/酸化銅複合体の硫化処理による近赤外線吸収特性の発現と熱線遮へい性
        (藤森 良枝
        後藤 康夫)
        315
        • 1.
          カルボキシル基含有ポリマー/酸化銅複合体の硫化処理による近赤外線吸収特性の発現と熱線遮へい性
          315
        • 2.
          含浸法によるその他の無機ナノ粒子を導入したポリマーハイブリッドの作製
          319
      • 第3節
        機能性レーヨン(有持 正博)
        321
        • 1.
          レーヨン繊維の製造と機能性の付与方法
          321
        • 2.
          再生セルロース繊維としての特徴
        • 3.
          ビスコースレーヨンの含浸を含む後加工時の注意点
          321
        • 4.
          機能性レーヨンについて
          322
          • 4.1
            「極太レーヨン」
            323
          • 4.2
            防炎レーヨン「FR」
            323
    • 第2章
      木材
      324
      • 第1節
        木材のポリエチレングリコール含浸処理
        (藤井 義久
        黒田 朋未
        高妻 洋成
        奥村 正悟)
        329
        • 1.
          出土木材の性質と保存処理
          329
          • 1.1
            木材の基本的性質
            329
          • 1.2
            木材の材料改質と含浸処理
            330
          • 1.3
            出土木材とその性
            330
          • 1.4
            出土木材の保存処理
            331
          • 1.5
            PEG による出土木材の含浸処理
            331
        • 2.
          AEモニタリングと木材
          331
          • 2.1
            AEモニタリングと非破壊検査
            331
          • 2.2
            木材とAEモニタリング
            333
        • 3.
          AEモニタリングによる木材の含浸保存処理過程の監視
          331
          • 3.1
            出土木材の含浸処理の問題点と解決策
            334
          • 3.2
            木材乾燥中のAEの検出方法
            334
          • 3.3
            現生材の乾燥過程でのAE発生
            334
          • 3.4
            出土木材乾燥時のAE検出
            336
          • 3.5
            PEG処理におけるAEモニタリングの方法
            337
          • 3.6
            PEG濃度上昇時の試料重量や形状の変化
            337
          • 3.7
            PEG濃度上昇時におけるAE発生
            339
      • 第2節
        樹脂含浸単板
        (松浦 力)
        341
        • 1.
          木材含浸の基礎知識
          341
        • 2.
          樹脂含浸単板開発の状況
          341
        • 3.
          ウレタン樹脂含浸単板を用いた高耐久性木質材の製造
          341
          • 3.1
            樹脂含浸単板利用上の一般的な問題点
            341
          • 3.2
            ウレタン樹脂含浸
            342
          • 3.2.1
            イソシアネート化合物モノマーによるウレタン化
            342
          • 3.2.2
            ブロックイソシアネート化合物による樹脂含浸
            342
          • 3.2.3
            遊離イソシアネート化合物オリゴマーによる樹脂含浸
            342
    • 第3章
      含浸紙の概要
      • 第1節
        含浸紙の概要
        (伊藤 彰彦)
        347
        • 1.
          歴史
          347
        • 2.
          紙の含浸方法
          349
          • 2.1
            内添
            349
          • 2.1.1
            直接法
            349
          • 2.1.2
            Armstrong法
            349
          • 2.1.3
            Bardac法
            349
          • 2.1.4
            カチオン性エマルションの内添
            349
          • 2.2
            含浸
            350
          • 2.2.1
            オンマシン含浸法
            350
          • 2.2.2
            オフマシン含浸法
            351
          • 2.3
            内添紙と含浸紙の物性比較
            352
        • 3.
          含浸紙の物性
          354
          • 3.1
            抗張力
            354
          • 3.2
            伸度
            354
          • 3.3
            耐折度
            354
          • 3.4
            層間剥離強度
            354
          • 3.5
            破裂度
            355
          • 3.6
            エルメンドルフ引裂度
            356
          • 3.7
            フィンチ引裂度
            356
        • 4.
          含浸工程における問題
          356
          • 4.1
            ガムアップ
            356
          • 4.2
            マイグレーション
            357
          • 4.2.1
            マイグレーション現象
            357
          • 4.2.2
            マイグレーションを引き起こす要因
            357
          • 4.2.3
            マイグレーション対策
            358
      • 第2節
        含浸紙の用途
        (伊藤 彰彦)
        361
        • 1.
          メラミン化粧板用含浸紙
          361
          • 1.1
            高圧メラミン化粧板の構成
            361
          • 1.1.1
            高圧メラミン化粧板の構成
            361
          • 1.1.2
            含浸用原紙
            361
          • 1.1.3
            含浸用樹脂
            363
          • 1.1.4
            メラミン樹脂含浸
            363
          • 1.1.5
            フェノール樹脂含浸
            363
          • 1.1.6
            プレス工程
            363
          • 1.1.7
            基材との接着
            363
          • 1.2
            低圧メラミン化粧板用含浸紙
            364
          • 1.2.1
            低圧メラミン化粧板の構成
            364
          • 1.2.2
            含浸用原紙
            364
          • 1.2.3
            含浸樹脂および含浸工程
            365
          • 1.2.4
            プレス工程
            365
          • 1.3
            化粧板マーケット
            365
        • 2.
          FF化粧板用含浸紙
          365
          • 2.1
            含浸紙生産工程
            365
          • 2.1.1
            含浸用原紙
            365
          • 2.1.2
            含浸
            366
          • 2.1.3
            塗布
            366
          • 2.1.4
            平滑化
            366
          • 2.2
            後加工工程
            367
          • 2.2.1
            印刷および塗工
            367
          • 2.2.2
            基材との接着
            367
          • 2.2.3
            接着後の加工
            367
          • 2.3
            FF化粧板用含浸紙の動向
            367
        • 3.
          擬革紙
          368
          • 3.1
            製造工程
            368
          • 3.1.1
            原紙製造工程
            368
          • 3.1.2
            含浸工程
            368
          • 3.1.3
            塗布工程
            369
          • 3.1.4
            後工程
            369
          • 3.2
            擬革紙の特徴
            369
          • 3.3
            擬革紙の用途
            369
          • 3.3.1
            靴用途
            369
          • 3.3.2
            鞄用途
            370
          • 3.3.3
            装丁紙用途
            370
          • 3.3.4
            ケースおよび特殊用途
            370
          • 3.4
            擬革紙の動向
            370
        • 4.
          マスキングテープ用含浸紙
          370
          • 4.1
            製造工程
            371
          • 4.1.1
            原紙製造工程
            371
          • 4.1.2
            含浸工程
            371
          • 4.1.3
            塗布工程
            371
          • 4.1.4
            後工程
            371
          • 4.2
            マスキング用テープの用途及び品質並びに含浸紙に要求される物性
            371
          • 4.2.1
            用途
            371
          • 4.2.2
            要求品質並びに含浸紙に要求される物性
            371
        • 5.
          無塵紙
          372
          • 5.1
            製造工程
            372
          • 5.1.1
            原紙抄紙工程
            372
          • 5.1.2
            含浸工程
            373
          • 5.2
            用途と要求品質
            373
          • 5.2.1
            用途
            373
          • 5.2.2
            要求品質
            373
          • 5.3
            発塵性測定方法
            373
          • 5.4
            生産状況
            374
      • 第3節
        DAP含浸紙とその応用
        (二宮 山人)
        377
        • 1.
          DAP含浸の紙基材,樹脂,副材料,含浸機械
          377
          • 1.1
            紙基材
            377
          • 1.1.1
            化粧紙
            377
          • 1.1.2
            クラフト紙
            377
          • 1.1.3
            オーバーレイ紙
            378
          • 1.2
            樹脂
            378
          • 1.2.1
            ジアリルフタレートプレポリマー
            378
          • 1.2.2
            不飽和ポリエステル樹脂
            378
          • 1.3
            副材料
            378
          • 1.3.1
            溶剤
            378
          • 1.3.2
            硬化剤
            378
          • 1.3.3
            重合抑制剤
            378
          • 1.3.4
            充填剤
            378
          • 1.3.5
            離型剤
            379
          • 1.3.6
            レベリング剤
            379
          • 1.4
            含浸機械
            379
          • 1.4.1
            含浸機の操作とメインテナンス
            379
          • 1.4.2
            樹脂液の浸透・脱気・乾燥・移動
            379
          • 1.4.3
            紙基材の引張強さ
            379
          • 1.4.4
            含浸と樹脂量の調節
            379
        • 2.
          DAP 含浸の浸透関する考察
          380
          • 2.1
            樹脂の浸透
            380
          • 2.2
            発泡
            380
          • 2.3
            浸透と脱気に関する諸要素
            381
          • 2.3.1
            紙基材
            381
          • 2.3.2
            印刷
            381
          • 2.3.3
            樹脂
            381
          • 2.3.4
            樹脂液および含浸速度
            381
          • 2.3.5
            添加剤
            381
          • 2.3.6
            含浸槽
            382
          • 2.4
            紙の物性測定
            382
          • 2.5
            樹脂液の物性測定
            382
          • 2.6
            樹脂の物性測定
            382
        • 3.
          DAP 含浸紙の分析
          382
        • 4.
          DAP 含浸紙の応用
          383
          • 4.1
            化粧板(ハイダップパネル)
            383
          • 4.2
            積層板(ハイフレックス)
            383
          • 4.3
            連続積層シート(フジレックス)
            384
        • 5.
          富士高分子㈱の製品の工程図
          385
      • 第4節
        高密度カチオンディスパージョンおよびナノクラスターディスパージョンポリマーの製紙用薬剤への展開
        (山口 佳也)
        386
        • 1.
          ディスパージョンポリマー
          386
        • 2.
          高密度カチオンディスパージョンポリマー
          387
          • 2.1
            高密度カチオンディスパージョンポリマー開発の背景
            387
          • 2.2
            高密度カチオンディスパージョンポリマーの特徴
            387
          • 2.3
            原料処理剤「ハイモロックMTシリーズ」
            389
          • 2.4
            濾水性向上剤「ハイモロックFRシリーズ」
            390
        • 3.
          ナノクラスターディスパージョンポリマー
          390
          • 3.1
            ナノクラスターディスパージョンポリマー開発の背景
            390
          • 3.2
            ナノクラスターディスパージョンポリマーの特徴
            391
          • 3.3
            フロッキーテスターによる挙動
            392
          • 3.4
            歩留性能
            394
      • 第5節
        抗菌紙 (濵 義紹)
        396
        • 1.
          抗菌とは
          396
          • 1.1
            抗菌の定義
            396
          • 1.2
            微生物制御の方法
            396
          • 1.3
            抗菌加工の安全性に向けた新しいルールつくり
            397
        • 2.
          微生物と細菌とウイルス
          398
          • 2.1
            微生物について
            398
          • 2.2
            細菌とウイルスの違い
            398
          • 2.3
            殺人ウイルスの脅威
            398
        • 3.
          抗菌剤の種類と適用
          399
          • 3.1
            無機系抗菌剤
            400
          • 3.2
            有機系抗菌剤
            400
          • 3.3
            抗菌加工の目的
            400
          • 3.4
            抗菌剤の選び方
            400
          • 3.5
            市場への適用
            401
        • 4.
          紙・不織布への抗菌性付与
          401
          • 4.1
            実用化されている抗菌剤と製品
            402
          • 4.1.1
            銀系合成繊漉きこみシート
            402
          • 4.1.2
            胴CMC紙
            402
          • 4.1.3
            ポリリジン含浸シート
            402
          • 4.1.4
            キチン・キトサン紙
            402
          • 4.1.5
            カテキン紙
            402
          • 4.1.6
            ワサビオール含浸紙
            402
          • 4.1.7
            ヒノキチオール含浸シート
            402
          • 4.1.8
            熊笹漉きこみ紙
            402
          • 4.1.9
            チタン系光触媒抗菌紙
            403
          • 4.2
            紙・不織布への抗菌性付与加工
            403
          • 4.2.1
            抄紙法
            403
          • 4.2.2
            含浸加工法
            403
          • 4.2.3
            塗布加工法
            403
          • 4.2.4
            点滴加工法
            404
          • 4.2.5
            付加価値加工法
            404
        • 5.
          銀系アクリル繊維配合抗菌シート
          404
          • 5.1
            概要
            404
          • 5.2
            抗菌原理
            404
          • 5.3
            実験結果
            405
          • 5.3.1
            対象菌
            405
          • 5.3.2
            ラジカル反応の証明
            405
          • 5.3.3
            気相
            405
          • 5.4
            光の効果
            405
          • 5.5
            種類
            409
          • 5.6
            特徴
            409
          • 5.7
            用途
            409
          • 5.8
            安全性
            410
        • 6.
          これからの抗菌
          410
          • 6.1
            環境配慮
            410
          • 6.2
            防黴剤との併用
            410
          • 6.3
            VOC対策
            410
    • 第4章
      積層板 ハロゲンフリー対応回路基板用リン含有エポキシ樹脂
      (森山 博)
      • 1.
        ハロゲンフリー対応エポキシ樹脂の開発
        415
      • 2.
        リン含有エポキシ樹脂の特徴
        415
      • 3.
        リン含有エポキシ樹脂の含浸性
        415
      • 4.
        リン含有エポキシ樹脂の硬化特性
        416
      • 5.
        リン含有エポキシ樹脂の積層板特性
        416
      • 6.
        リン含有エポキシ樹脂の難燃性
        416
      • 7.
        リン含有エポキシ樹脂の安全性
        417
    • 第5章
      樹脂含浸テープ PTFE 含浸ガラスクロス粘着テープ
      (鈴木 伸治)
      418
      • 1.
        ガラスクロス
        423
      • 2.
        PTFEディスパージョン
        423
      • 3.
        PTFE含浸ガラスクロスの製法
        423
      • 4.
        PTFE含浸ガラスクロス粘着テープの品種
        424
      • 5.
        PTFE含浸ガラスクロステープの特性
        425
        • 5.1
          耐熱性
          425
        • 5.2
          電気特性
          425
        • 5.3
          非粘着性
          426
        • 5.4
          滑り性
          426
        • 5.5
          耐薬品性
          426
        • 5.6
          耐候性
          426
        • 5.7
          機械的強度
          426
      • 6.
        PTFE 含浸ガラスクロス粘着テープの用途
        427
    • 第6章
      強化プラスチックス
      • 第1節
        含浸成形法
        (榑松 一彦)
        431
        • 1.
          真空パック法
          431
        • 2.
          シートモールディングコンパウンド(SMC)法
          431
        • 3.
          マット含浸法
          432
        • 4.
          レジンインジェクション法
          432
        • 5.
          ガラスマットラミネーション法(M プロセス)
          432
        • 6.
          抄紙プロセス法(F プロセス)
          434
      • 第2節
        含浸加工法
        (榑松 一彦)
        435
        • 1.
          ドライプリプレグ
          435
        • 2.
          ロールプレス法
          435
    • 第7章
      不織布
      • 第1節
        含浸法による軽量発泡シート
        (二宮 山人)
        439
        • 1.
          タッチライトの特徴
          439
        • 2.
          タッチライトの製造
          439
          • 2.1
            樹脂配合
            439
          • 2.2
            ウェブ
            440
          • 2.3
            含浸
            440
          • 2.4
            乾燥
            440
          • 2.5
            熱圧発泡成形
            440
          • 2.6
            タッチライトの断面の模式図
            441
        • 3.
          タッチライトの物性と評価
          441
          • 3.1
            不織布タッチライトの使用材料,樹脂量,構成,厚み
            441
          • 3.2
            比較材料
            441
          • 3.3
            タッチライトAの物性
            441
          • 3.4
            タッチライトBの物性
            441
      • 第2節
        樹脂モールド変成器
        (榑松 一彦)
        441
        • 1.
          電気機器
          443
        • 2.
          ボイドの種類
          443
        • 3.
          電気特性
          443
        • 4.
          樹脂含浸性の改善
          443
    • 第8章
      樹脂形成
      • 第1節
        低粘度樹脂
        (榑松 一彦)
        444
      • 第2節
        LSI 実装
        (榑松 一彦)
        447
        • 1.
          パッケージ
          448
        • 2.
          フィルムキャリア材
          448
        • 3.
          COB
          449
      • 第3節
        電力機器(榑松 一彦)
        450
      • 第4節
        成型方法(榑松 一彦)
        453
    • 第9章
      発泡技術
      • 第1節
        超微細気泡を有する新発泡プラスチック
        (新保 實)
        454
        • 1.
          超微細発泡プラスチック
          461
          • 1.1
            特徴
            462
          • 1.2
            分類および目標
            462
          • 1.3
            内部構造と諸特性
            462
        • 2.
          発泡原理と発泡プロセス
          464
        • 3.
          発泡成形システム
          465
          • 3.1
            バッチ成形システム
            465
          • 3.2
            連続成形システム
            466
        • 4.
          発泡剤の含浸工程
          467
      • 第2節
        超臨界流体を活用した最新の発泡射出成 形(MuCell技術) (藤井 勝裕)
        471
        • 1.
          MuCell 技術
          471
          • 1.1
            MuCell 成形システム
            472
          • 1.1.1
            MuCell 射出成形機
            472
          • 1.1.2
            SCF 装置
            472
          • 1.1.3
            インターフェースキット
            472
          • 1.2
            発泡の原理
            473
          • 1.2.1
            ヘンリーの法則
            473
          • 1.2.2
            SCF 溶解度の減少
            473
          • 1.2.3
            気泡の形成
            473
          • 1.3
            MuCell 技術の実際
            474
          • 1.3.1
            MuCell の長所
            475
          • 1.3.2
            MuCell の課題
            478
    • 第10章
      無機基材含浸
      • 第1節
        無機多孔質体 (榑松 一彦)
        483
        • 1.
          無機含浸
          483
        • 2.
          炭素繊維強化炭素
          483
        • 3.
          金属含浸法
          483
      • 第2節
        アルキルトリメトキシシランのドライカップリングによる金属酸化物の疎水化処理
        (佐貫 須美子)
        484
        • 1.
          ATMSのドライカップリングによる金属酸化物試料の疎水化
          484
          • 1.1
            予備処理過程における種々のATMSオリゴマーの生成
            485
          • 1.2
            予備処理した種々のATMSによる金属酸化物試料の疎水化
            486
        • 2.
          ATMSオリゴマーの重合度とカップリング剤処理による供試金属酸化物の疎水化度(M値)の関係
          487
        • 3.
          最大M値に及ぼす供試金属酸化物種の影響
          487
    • 第11章
      複合材料
      • 第1節
        ガラスビーズ充エポキシ複合材料の力学特性に及ぼすカップリング剤ブレンドの効果
        (永田 謙二
        高橋 清久)
        493
        • 1.
          高分子型シランカップリング剤
          493
        • 2.
          低分子型及び高分子型シランカップリング剤の比較
          493
          • 2.1
            曲げ特性
            494
          • 2.2
            破壊靭性と衝撃強度
            495
        • 3.
          シランカップリング剤のブレンド効果
          495
          • 3.1
            曲げ特性
            495
          • 3.2
            破壊靭性と衝撃強度
            496
      • 第2節
        シリコン含浸による反応焼結炭化ケイ素の作製
        (須山 章子
        伊藤 義康)
        499
        • 1.
          高強度反応焼結炭化ケイ素
          499
          • 1.1.
            シリコン含浸による反応焼結とは
            499
          • 1.2.
            反応焼結炭化ケイ素の特徴
            501
          • 1.3
            高強度反応焼結炭化ケイ素の適用製品
            502
        • 2.
          反応焼結炭化ケイ素基長繊維複合材料の作製
          503
          • 2.1.
            炭化ケイ素基長繊維複合材料の製造プロ セスとは
            503
          • 2.2.
            シリコン含浸による反応焼結炭化ケイ素 基長繊維複合材料
            505
          • 2.3.
            反応焼結炭化ケイ素基長繊維複合材料の適用展開
            507
        • 3.
          木炭・竹炭へのシリコン含浸による反応焼結体(炭セラミックス)の作製
          508
          • 3.1.
            木炭・竹炭へのシリコン含浸とは
            508
          • 3.2.
            炭セラミックスの特徴
            509
          • 3.3.
            炭セラミックスの適用展開
            510
      • 第3節
        アルミ含浸複合材
        (荻原 隆)
        512
        • 1.
          ゾル-ゲルコーティング
          513
          • 1.1
            試料およびコーティング溶液
            513
          • 1.2
            コーティング処理
            513
          • 1.3
            含浸処理による複合材料の作製
            514
        • 2.
          コーティング炭素繊維
          515
        • 3.
          Al基炭素繊維複合材料
          516
    • 第12章
      表面改質層のミクロ解析
      (寺門 一佳)
      • 第1節
        窒化硬化層
        521
        • 1.
          イオン窒化層
          521
        • 2.
          低温窒化層
          522
        • 3.
          イオン窒化層の"かもめマーク"
          523
      • 第2節
        表面コーティング皮膜
        525
        • 1.
          金置換めっき膜
          525
        • 2.
          合金溶射膜
          526
        • 3.
          TiN コーティング膜
          527
      • 第3節
        接合部
        528
        • 1.
          摩擦撹拌接合
          528
    • 第13章
      環境材料
      • 第1節
        水素化処理触媒製造用含浸液
        (山田 宗慶)
        533
        • 1.
          水素化処理触媒とその重要性
          533
        • 2.
          水素化処理触媒調製法
          533
        • 3.
          含浸溶液の調整
          534
        • 4.
          含浸過程の化学反応
          536
        • 5.
          キレート剤共存下での金属イオン種の挙動
          538
      • 第2節
        ビタミンBx,リン酸を含浸した添着活性炭
        (福本 和広)
        541
        • 1.
          開発添着活性炭の概要
          541
          • 1.1
            構成と吸着のメカニズム
            541
          • 1.2
            微細構造
            541
          • 1.3
            形状とフィルタ化
            542
        • 2.
          吸着特性
          543
          • 2.1
            基本性能
            543
          • 2.1.1
            平衡吸着量
            543
          • 2.1.2
            吸着・離脱特性
            543
          • 2.2
            脱臭フィルタとしての利用と実性能
            544
          • 2.2.1
            家庭用空気清浄機
            544
          • 2.2.2
            自動車用エアコン
            545
      • 第3節
        竹繊維を用いた環境適合型複合材料
        (藤井 透)
        549
        • 1.
          竹と竹繊維
          549
        • 2.
          環境負荷と脱ガラス繊維の動き
          550
        • 3.
          天然繊維に注目
          552
        • 4.
          なぜ竹繊維
          552
        • 5.
          竹繊維強化複合材料
          554
          • 5.1
            竹繊維強化PP(BFPP)
            554
          • 5.2
            竹繊維を用いた吸音材・断熱材
            555
          • 5.3
            竹繊維強化FRP(BFRP)
            556
          • 5.4
            PLAと竹繊維の複合
            556
    • 第14章
      土木建築材料
      • 第1節
        コンクリート
        (榑松 一彦)
        563
        • 1.
          繊維強化コンクリート
          563
        • 2.
          ポリマー含浸コンクリート(PIC)
          563
      • 第2節
        蛍光エポキシ樹脂真空含浸によるコンク リートクラックの可視化
        (岩城 圭介)
        564
        • 1.
          コンクリートの劣化診断
          564
        • 2.
          蛍光エポキシ樹脂含浸法
          564
          • 2.1
            手法の概要
            564
          • 2.2
            蛍光エポキシ樹脂含浸法の手順
            565
        • 3.
          モルタルの圧縮破壊への試行
          566
        • 4.
          高性能コンクリートの耐酸性評価における適用例
          566
          • 4.1
            酸性溶液浸漬試験の概要
            567
          • 4.2
            評価結果
            568
        • 5.
          繊維補強コンクリートの曲げ試験の微細ひび割れ評価における適用例
          570
          • 5.1
            試験方法
            570
          • 5.2
            曲げタフネス試験の結果および微細ひび割れの評価結果
            570
          • 5.3
            微細ひび割れの画像解析例
            572
        • 6.
          実構造物の劣化診断への適用例
          573
          • 6.1
            構造物の概要
            573
          • 6.2
            ボアホールカメラおよびコアサンプルによる観察結果
            573
          • 6.3
            コアサンプルの蛍光エポキシ樹脂含浸法による評価結果
            575
          • 6.4
            劣化診断
            575
      • 第3節
        含浸接着工法
        (辺見 和俊)
        577
        • 1.
          特長
          577
        • 2.
          スポンジへの含浸と接着
          578
        • 3.
          接着剤の強度特性と接着試験結果
          578
        • 4.
          耐震性プレホールへの展開
          579
      • 第4節
        高速気流中衝撃法を利用した濡れやすさ の向上
        (田中 勲)
        581
        • 1.
          高速気流中衝撃法
          581
        • 2.
          セメントの球状化と濡れやすさの向上
          582
          • 2.1
            セメントの球状化の意義
            582
          • 2.2
            球状化方法と生成プロセス
            582
          • 2.3
            球状セメントの物性
            584
          • 2.4
            粒子表面の濡れやすさ(含浸性)の向上
            586
        • 3.
          カーボンナノチューブの濡れやすさの向上
          588
          • 3.1
            カーボンナノチューブの特性
            588
          • 3.2
            濡れやすさの向上方法(従来法の例)
            590
          • 3.3
            高速気流中衝撃法による処理
            590
          • 3.3.1
            粒子形状および粒度分布
            590
          • 3.3.2
            水への濡れ性
            590
          • 3.3.3
            分散性向上のメカニズム
            590
          • 3.3.4
            樹脂混合物の導電性
            592
    • 第15章
      軸受の含浸
      (野呂瀬 進)
      • 1.
        含浸軸受とは
        599
      • 2.
        焼結材料
        599
        • 2.1
          金属-固体潤滑剤系焼結材
          599
        • 2.2
          金属-潤滑油系(焼結含油軸受)
          599
        • 2.3
          炭素系焼結材料
          602
        • 2.4
          サーメット
          602
      • 3.
        樹脂系含油軸受
        604
      • 4.
        イオン注入
        604
      • 5.
        その他の含侵材
        604
    • 第16章
      電子機器部品
      610
      • 第1節
        油浸フィルムコンデンサ
        (榑松 一彦)
        611
      • 第2節
        電池用セパレータ
        (境 哲男)
        613
        • 1.
          ニッケル水素電池
          613
          • 1.1
            反応機構と構成材料
            615
          • 1.2
            セパレータの役割
            616
          • 1.3
            セパレータの高性能化
            617
        • 2.
          リチウム二次電池
          617
          • 2.1
            反応機構とセパレータの役割
            619
          • 2.2
            新しい高機能セパレータの開発
            620
          • 2.3
            ポリマー電解質の開発
            620
      • 第3節
        高分子電解質膜
        (須藤 雅夫)
        622
        • 1.
          多孔性基材含浸膜
          622
          • 1.1
            不均質膜モデル
            622
          • 1.2
            膜の化学構造
            622
          • 1.3
            クラスター・チャンネルモデル
            623
          • 1.4
            多孔性基材含浸膜の輸送特性
            624
        • 2.
          繊維状基材含浸膜
          626
          • 2.1
            フッ素樹脂繊維シート補強膜の評価
            626
          • 2.2
            材料と製膜法
            626
          • 2.3
            膜強度測定
            626
          • 2.4
            複合膜の特性評価
            626
        • 3.
          多孔性基材グラフト膜
          628
          • 3.1
            アクリル酸プラズマ重合膜の作成
            628
          • 3.2
            フルオロカーボン系荷電膜の作成
            629
    • 第17章
      食材
      • 第1節
        機能性糖類トレハロースを含浸した乾燥山菜
        (三輪 章志)
        633
        • 1.
          含浸装置について
          634
        • 2.
          トレハロース含浸処理による効果
          634
        • 3.
          含浸技術の食品分野での展開
          637
      • 第2節
        酵素含浸法による梅干製造
        (尾崎 嘉彦)
        638
        • 1.
          食品加工における酵素含浸処理
          638
        • 2.
          酵素含浸法の応用例
          639
        • 3.
          現在の梅干製造技術とその問題点
          640
        • 4.
          果実組織中への含浸効率の評価
          641
        • 5.
          果実組織中での酵素作用の評価
          643
        • 6.
          果実採取後の浸透性の低下とその対処法
          643
        • 7.
          実用化への取り組み
          646
    • 第18章
      医療
      • 第1節
        薬剤の皮膚浸透を向上させる真空含浸法
        (堀 光男)
        651
        • 1.
          真空含浸装置開発の経緯
          651
        • 2.
          育毛,発毛における真空のメカニズム
          652
        • 3.
          最近の真空含浸処理を施されている製品
          655
        • 4.
          従来から応用されているもの
          655
        • 5.
          応用された皮膚と髪へのメカニズム
          655
        • 6.
          真空含浸装置による経皮吸収促進技術の研究
          656
          • 6.1
            目的
            656
          • 6.2
            方法
            656
          • 6.2.1
            試料
            656
          • 6.2.2
            透過試験用皮膚
            656
          • 6.2.3
            皮膚透過実験
            657
          • 6.2.4
            蛍光顕微鏡観察および画像解析
            657
          • 6.3
            結果
            657
          • 6.4
            結論
            659
      • 第2節
        含浸技術の医学教育標本への応用
        (坂本 由美
        梶田 博司)
        661
        • 1.
          含浸標本登場の歴史的背景
          661
        • 2.
          生物の含浸標本(Plastination)について
          664
          • 2.1
            Plastinationの種類
            664
          • 2.1.1
            シリコン樹脂を含浸する方法
            664
          • 2.1.2
            エポキシ樹脂を含浸する方法
            664
          • 2.1.3
            ポリエステル樹脂を含浸する方法
            665
          • 2.2
            作製方法
            665
          • 2.2.1
            シリコン樹脂を含浸する方法
            665
          • (1)
            KE108 を使用した含浸標本川崎医大法
            665
          • (2)
            The S10 Technique
            668
          • 2.2.2
            エポキシ樹脂を含浸する方法
            669
          • (1)
            CEP-5 を使用した含浸標本川崎医大法
            669
          • (2)
            The E12 Technique
            670
          • 2.2.3
            ポリエステル樹脂を含浸する方法
            671
          • (1)
            The P40 Technique
            671
          • 2.3
            注意点
            672
          • 2.4
            まとめ
            672
        • 3.
          含浸標本についての当面の課題
          673
          • 3.1
            製作用機器の問題
            673
          • 3.2
            実物の再現性の問題
            673
          • 3.3
            普及と国民性の問題
            673
      • 第3節
        おむつにおける液体の拡散と吸収
        (安永 秀計)
        675
        • 1.
          おむつの機能と要求される特性
          675
        • 2.
          使い捨ておむつの構造
          675
        • 3.
          高吸水性高分子(Super Absorbent Polymer)
          676
        • 4.
          吸収層における液体拡散
          678
        • 5.
          おむつ製品の液体拡散・吸収
          680
    • 第19章
      金属・機械工業
      (桑 宗彦)
      • 1.
        含浸の歴史と規格
        685
        • 1.1
          古代から利用されている含浸現象
          685
        • 1.2
          電気機械装置の構成要素となった含浸技術
          685
        • 1.3
          航空機部品で必須となった含浸工程
          686
        • 1.4
          金属材料含浸の米軍規格
          686
      • 2.
        含浸の必要性と目的
        688
        • 2.1
          鋳造品と含浸
          688
        • 2.2
          金属焼結体,セラミックス焼結体,溶射体
          689
      • 3.
        各種機能性付与含浸と実例
        689
        • 3.1
          自動車部品
          689
        • 3.2
          油空圧機械,水圧その他ガス圧機械器具
          690
        • 3.3
          一般機械
          690
        • 3.4
          特殊機械装置部品の機能性含浸の例
          690
      • 4.
        環境対策
        691
        • 4.1
          含浸採用は省資源,省エネルギー
          691
        • 4.2
          含浸剤の環境対策
          691
        • 4.3
          含浸工程上の環境対策
          691
    • 第20章
      含浸剤
      (桑 宗彦)
      • 1.
        含浸剤の必要条件
        695
      • 2.
        含浸剤の形態
        695
      • 3.
        含浸剤の種類と特徴
        697
        • 3.1
          熱融解液型
          697
        • 3.2
          融解金属(溶解金属)
          697
        • 3.3
          無機ポリマー溶液型(その1)
          697
        • 3.4
          無機ポリマー溶液型(その2)
          698
        • 3.5
          無機ディスパージョン型
          700
        • 3.6
          溶液型有機ポリマー
          701
        • 3.7
          無溶剤,有機一液性反応型含浸剤
          701
        • 3.8
          二(多)液反応型
          701
        • 3.9
          有機-無機複合型
          702
        • 3.10
          その他
          702
    • 第21章
      真空―加圧含浸装置
      • 第1節
        真空-加圧含浸装置
        (桑 宗彦)
        705
        • 1.
          含浸における真空(減圧)操作の必要性
          705
        • 2.
          含浸における加圧操作の効果
          705
        • 3.
          含浸に使用する圧力容器
          706
        • 4.
          真空ポンプの選定
          707
        • 5.
          真空計器の選定
          708
        • 6.
          遠心分離機による含浸液の液切りと回収
          709
      • 第2節
        極薄物プリプレグ製造対応竪型輻射式硬化炉および下部機械の紹介
        (明定 正敏)
        712
        • 1.
          極薄物ガラスクロスに対する制御方法
          712
          • 1.1
            下部機械の張力制御
            712
          • 1.2
            乾燥炉内での振動軽減
            713
        • 2.
          下部機械の紹介
          713
          • 2.1
            巻出装置
            713
          • 2.2
            接着装置
            713
          • 2.3
            蓄布装置
            713
          • 2.4
            予備含浸装置
            713
          • 2.5
            含浸装置
            715
          • 2.6
            引出冷却装置
            717
          • 2.7
            耳切り装置
            718
          • 2.8
            第二次蓄布装置
            718
          • 2.9
            巻取り装置
            719
        • 3.
          現状の課題及び今後の展望
          720
      • 第3節
        高温加圧含浸装置
        (衣川 香代
        中村 光寿
        高島 賢二)
        721
        • 1.
          高温加圧含浸処理
          722
        • 2.
          含浸装置の一例
          723
          • 2.1
            真空加圧含浸装置
            723
          • 2.2
            加圧含浸装置
            724
          • 2.3
            その他
            726
        • 3.
          真空と加圧利用における技術的知識
          726
          • 3.1
            圧力容器に関する法規制
            726
          • 3.1.1
            労働安全衛生法
            726
          • 3.1.2
            高圧ガス保安法
            726
          • 3.1.3
            法規制と弊社装置の関係
            726
          • 3.2
            真空・加圧併用のための特許技術
            728
          • 3.2.1
            真空加熱処理方法および装置(特許第2622356号)
            728
          • 3.2.2
            減圧および加圧兼用容器に用いる弁装置(特許第2949024号)
            728
          • 3.2.3
            真空高圧室シール手段(特許第2933514号)
            728
          • 3.2.4
            圧力容器の高温加圧方法および装置(特願平11-237294号)
            729
          • 3.2.5
            バルブ装置(特願2001-139522号)
            729
          • 3.3
            弊社の圧力容器の特徴(設計上の特徴)
            729
          • 3.4
            弊社研究所における実験機
            730
    • 第22章
      含浸効果測定方法と装置
      • 第1節
        含浸効果測定方法と装置
        (桑 宗彦)
        735
        • 1.
          密度と重量増加
          735
        • 2.
          浸透探傷とその応用
          735
        • 3.
          気泡発生法
          736
        • 4.
          耐圧リークテスト
          736
          • 4.1
            気体洩れと液体洩れ
            736
          • 4.2
            減圧洩れ,真空洩れテストの要点
            737
          • 4.3
            加圧空気洩れテストの種類と要点
            737
          • 4.4
            レーサーガス検出法
            737
      • 第2節
        濡れ性試験機
        (大澤 義征)
        739
        • 1.
          濡れ性測定
          739
          • 1.1
            測定原理
            739
          • 1.2
            静止接触角の測定
            740
          • 1.3
            前進・後退接触角の測定
            740
          • 1.4
            特徴
            740
        • 2.
          接触角測定
          740
          • 2.1
            測定原理
            740
          • 2.2
            測定例
            741
        • 3.
          各種測定例
          742
          • 3.1
            含浸測定
            742
          • 3.2
            粉体の濡れ力測定(浸透速度法)
            743
          • 3.3
            織物の濡れ性測定
            744
          • 3.4
            疎水性粉体の濡れ性測定(臨界表面張力測定)
            745
    • 第23章
      含浸関連技術と最新の動向
      (小石 眞純)
      • 第1節
        含浸関連技術
        749
        • 1.
          含浸の基礎的思考事項
          749
        • 2.
          表面改質技術とは
          749
        • 3.
          マイクロカプセル化技術とは
          750
      • 第2節
        最新の動向
        753
        • 1.
          可能性を求めた最新の動向
          753
        • 2.
          濡れ技術とその周辺課題
          753
        • 3.
          含浸関連技術の界面構築からのとらえ方
          754
  • 索引
    757

索引

  • [あ]
    • アイオノマー
      318
    • Einsteinの粘度式
      255
    • アクセプタンスプロフィル
      205
    • アクリル酸プラズマ重台膜
      628
    • AEモニタリング
      331
    • Asbeck
      258
    • アセトアルデヒド
      543
    • 厚さ
      151
    • 圧力差
      160
    • 圧力容器
      706
    • アフター含浸
      365
    • 網目中の濡れ性
      194
    • アラミッド紙
      451
    • アルキルトリメトキシシラン
      484
    • アルコール
      87
    • アルミニウム
      483
    • アンモニア
      543
  • [い]
    • イージー
      404
    • イオン化
      234
    • イオン交換法
      534
    • イオン窒化
      521
    • イオン注入
      604
    • イオン伝導度
      286,293
    • イオン導電性
      615
    • イオンプレーティング
      527
    • 医学教育博物館
      664
    • 医学教材
      661
    • イソシアネート化合物オリゴマー
      342
    • イソシアネート化合物モノマー
      342
    • 一時空隙
      341
    • 一次元ギャップ
      92
    • 位置のエネルギー
      39
    • 1分子の占有体積
      277
    • EPMA
      528
    • 色目
      423
    • インクジェットの印刷適性
      373
    • インシピエントウエットネス法
      534
    • 引力定数
      39
  • [う]
    • VOC規制
      410
    • Vカット適性
      366
    • ウェットウェブ含浸法
      350
    • ウエンゼルの式
      52
    • Washburnの式
      79,91,109,143
    • Washbumの方法
      79,84
    • 梅干製造技術
      640
  • [え]
    • エアコン
      545
    • Ames試験
      418
    • 液固界面張力
      40,116,122,246
    • 液固界面張力の式
      67
    • 液状エポキシ樹脂
      53
    • 液状エポキシ封止剤
      447
    • 易接着性
      426
    • 液体拡散
      678
    • 液体の速度
      77
    • 液体分子(質量,数,半径)
      117
    • 液滴
      75
    • 液滴落下法
      46
    • 液冷式モーター
      685
    • S相
      522
    • エステル基
      217
    • エタノール
      113
    • エチルアルコール
      86
    • エチレン・ビニルアルコール共重合体被覆
      617
    • エネルギーバリアー
      270
    • FSW(摩擦撹搾接合)
      528
    • Fプロセス
      434
    • エポキシ樹脂
      41,160,127,144,151,157,415,443,447,453,564,592,762
    • エポキシフィルム
      449
    • エポキシ複合材料
      493
    • エポキシプレポリマー
      493
    • エマージング感染症
      398
    • M値
      486
    • Mプロセス
      432
    • Emmett
      20
    • EllisonとZiSlnan
      62
    • LSI
      448
    • 円形繊維マット
      130
    • 遠心エネルギー
      37
    • 遠心分離
      709
    • 円柱状液滴
      75
    • 円筒管
      77
    • 円筒状の毛細管
      109
    • 円筒状毛細管上昇
      79
  • [お]
    • 応力集中
      497
    • AES;オージェ電子分光分析法
      522
    • オーダードミクスチャー
      581
    • オーバーレイ紙
      361
    • オールプラスチックスフィルムコンデンサ
      609
    • 置き換わる過程
      193
    • オストワルドの溶解度係数
      170
    • おむつに要求される特性
      675
    • おむつの機能
      675
    • おむつの吸収層
      677
    • 重しの重量
      128
    • オリゴマー
      342,696
    • オリゴマー重合度
      487
    • 温度変化
      151
  • [か]
    • 加圧
      697,736
    • 加圧含浸
      453
    • 加圧含浸装置
      724
    • 加圧含浸法
      687
    • カーボンナノチューブ
      581,588
    • Carman定数
      94,110,120,240
    • カール
      434
    • 外気圧
      128,144
    • 界面過剰
      5
    • 界面構築
      754
    • 界面相
      5,18
    • 界面張力
      40,196
    • 界面領域
      5
    • 回路基板
      415
    • カウンタープレシャー
      479
    • 化学吸着
      6,278
    • 化学蒸着法
      483
    • 化学的安定性
      356,615
    • 化学ポテンシャル
      14
    • 拡散
      391
    • 拡散運動
      26
    • 拡散エネルギー
      37
    • 拡散開始距離
      26
    • 拡散吸着
      225
    • 拡散吸着確率
      31,40,66,122,242,279,295
    • 拡散吸着時間
      26,31
    • 拡散吸着速度式
      27,289
    • 拡散距離
      33
    • 拡散係数
      20,172,227
    • 拡散水
      680
    • 拡散速度
      26
    • 拡散定数
      39,65,99,116,239,286
    • 拡散反応速度式
      289
    • 角速度
      264
    • 拡張係数
      58
    • 拡張濡れ
      58,227
    • 可視化
      564
    • 可使時間
      342
    • 果実組織の軟化
      640
    • 加水分解
      213
    • ガス透過性
      615
    • 画像解析
      566
    • カッシーの接触角
      52
    • 活性化エネルギー
      34,274
    • 活性結合
      201
    • 活性結合の発生割合
      202
    • カテキン
      402
    • 可撓性
      579
    • カプセル
      581,750
    • ガムアップ
      356
    • かもめマーク
      524
    • ガラス
      211
    • ガラスエポキシフィルム
      449
    • ガラス円盤
      127
    • ガラス管
      85
    • ガラス球粉体
      86
    • ガラスクロス
      423
    • ガラス繊維
      215,454
    • ガラス繊維強化
      432
    • ガラス繊維粉
      454
    • ガラスビーズ
      493
    • ガラスフィルター
      85
    • ガラスマットラミネーション法
      432
    • 環境
      550
    • 換算質量
      34,39,65,116
    • 乾式シランカップリング剤処理
      484
    • 含浸
      174,365,423,542,633
    • 含浸基材
      443,453
    • 含浸効果
      695,735
    • 含浸剤
      687,695,735
    • 含浸軸受
      599
    • 含浸実験装置
      731
    • 含浸接着工法
      577
    • 含浸速度
      148,240
    • 含浸特性
      461
    • 含浸ナフィオン相
      625
    • 含浸標本
      664
    • 含浸膜
      622
    • 慣性
      88
    • 完全含浸
      174,184
    • 乾燥
      633
    • 感染症
      396
    • 完全な濡れ
      57
    • 感熱ゲル化剤
      358
    • 官能基数
      26,66,239
    • 官能基半径
      278
    • γ-アミノプロピルトリエトキシシラン
      69,211
    • γ-メタアクリロオキシプロピルトリメトキシシラン
      211
  • [き]
    • 気液界面張力
      40,65,116
    • 機械的安定性
      356
    • 機械的強度
      425
    • 機械的特性
      461
    • 幾何平均
      108
    • 幾何平均毛細管圧力
      110
    • 気孔率
      505
    • 気固界面張力
      40,116,246
    • 気固界面張力の式
      66
    • 気体のリーク量
      165,222
    • 気体分子(数,直径,平均速度,半径)
      42
    • キチン・キトサン
      402
    • 機能紙
      397
    • 機能性
      689,695
    • 機能性糖類
      633
    • Gibbs Duhemの方程式
      16
    • Gibbsの吸着式
      16,121,180
    • 気泡
      45,174,443,478
    • 気泡の体禎,気泡の直径
      176
    • 気泡発生法
      736
    • キャビティ
      448
    • キャビテーション
      334
    • キャリアーの移動
      234
    • 球形粒子
      454
    • 吸収
      198
    • 吸収水
      680
    • 吸収層における液体拡散
      678
    • 吸収層モデル
      678
    • 球状化
      582
    • 球状セメント
      582
    • 球状粒子
      590
    • 求心含浸
      127
    • 求心含浸の真空度特性
      167
    • 吸水率
      679
    • 吸着液体分子数
      117
    • 吸着可能官能基数
      66
    • 吸着気体分子数
      42
    • 吸着空気分子数
      65,121
    • 吸着分子層厚さ
      122
    • 吸着構造
      243
    • 吸着座席
      20
    • 吸着する確率
      239
    • 吸着層(相)
      6,18,31
    • 吸着層数
      43,68,117,243
    • 吸着速度式
      27,289
    • 吸着定数
      19
    • 吸着点
      217
    • 吸着等温式
      18
    • 吸着等温泉
      18
    • 吸着媒
      18
    • 吸着分子数
      18,26,42,117,180,242
    • 吸着分子層厚さ
      43,68,117,243,279
    • 吸着分子層数
      279
    • 吸着率
      20
    • 吸着量
      18
    • キューティクル(Cu)
      303
    • 境界層
      256
    • 凝集
      386,391
    • 凝縮
      57
    • 共分散
      264
    • 曲面ロール
      434
    • 曲率半径
      196
    • 曲路率
      83,91
    • キレート剤
      538
    • 銀担持光触媒繊維
      397
    • Agナノ粒子
      319
  • [く]
    • 空間断面積
      105
    • 空気清浄機
      543
    • 空気分子係数
      116
    • 空気分子数
      65,116,121,242
    • 空気分子半径
      121,242
    • 空気分子量
      65
    • 空気平均分子質量
      121,242
    • 空気平均分子半径
      242
    • 空隙率
      85,107,140,151,240,200
    • 空隙率の偏差
      174
    • 組立マンホール
      577
    • クラスター
      194,201,206
    • クラスター・チャンネルモデル
      623
    • クラック
      443
    • グラファイト
      87
    • クラフト紙
      609
    • グラフト重台処理
      617
    • グラム陰性菌
      396
    • グラム陽性菌
      396
    • クリーンルーム
      372
    • グリシジルエーテルビスフェノールA
      69
    • Kleinの式
      184
    • Kleinの方法
      172
    • クレープタイプ
      371
    • クロマトグラフィー
      99
  • [け]
    • 蛍光エポキシ樹脂
      564
    • ケイ酸ソーダ
      687
    • 形状因子
      255
    • 経皮吸収
      656
    • 軽量化
      686,697
    • 化粧板用原紙
      361
    • 結合エネルギー
      38,117,239
    • 結合エネルギー確率
      37,67,117,268
    • 結合角
      217
    • 結合の活性化エネルギー
      37
    • 結晶化
      424
    • ケラチン繊維
      303
    • ゲル
      677
    • ゲル化
      276
    • 減圧
      690,736
    • 原子問結合距離
      217
    • 懸濁化
      432
    • 原料処理剤
      386
    • [こ]
    • コアー紙
      361
    • コイル
      453
    • コイル含浸
      127
    • 高圧ガス保安法
      726
    • 高温加圧含浸装置
      721
    • 硬化剤
      493
    • 硬化反応
      448
    • 交換電流密度
      287,293
    • 高吸水性高分子
      676
    • 高強度
      499
    • 抗菌
      396
    • 抗菌剤
      400
    • 航空機
      686,735
    • 格子の結合
      192
    • 格子の点
      192
    • 高周波絶縁材料
      426
    • 高性能減水剤
      586
    • 高性能二次電池
      611
    • 合成油
      609
    • 構造材料
      512
    • 酵素含浸法
      638
    • 高速加圧含浸装置
      725
    • 高速気流中衝撃法
      581,590
    • 後退接触角
      62,740
    • 鉱物油
      609
    • 高分子型シランカップリング剤
      493
    • 高分子ゲル
      677
    • 高分子電解質膜
      622
    • 抗膨潤能(ASE)
      342
    • 高密度カチオンディスパージョンポリマー
      387
    • コーティング
      512
    • コールタールピッチ
      725
    • Kozeny-Carmanの式
      82,94,109,120,143,151,239
    • 固体の比表面積
      26
    • 固体表面の歪み
      63
    • 粉状ポリマー
      434
    • 固有粘度
      258
    • コルテックス(Cx)細胞
      303
    • コンクリート
      563,582
    • コンタクトレンズ
      725
    • コンデンサ
      609
    • コンピュータシミュレーション
      590
  • [さ]
    • 差圧
      737
    • サーメット
      602
    • SlAA(サイア)マーク
      397
    • 最近接距離
      37
    • 最近接繊維間
      102
    • 最近接繊維間隔の数
      131
    • 最近接繊維間距離
      143
    • 最近接繊維間の数
      104
    • 最近接繊維間の空間断面積
      104
    • 最近接繊維中心間距離
      107,130
    • サイクル短縮
      476
    • 細孔中での反応速度定数
      290
    • 細孔中の酸素拡散の効果因子
      288
    • 最上階吸着層
      31
    • 最小吸水率
      679
    • サイジング剤
      423
    • サイズプレス法
      350
    • 最大気泡圧力法
      45
    • 最大伸長分子半径
      278
    • 最大占有官能基半径
      278
    • 最大占有面積
      277
    • 最適処理条件
      221
    • 細胞膜複合体(CMC)
      303
    • 最密充塡状態
      24,221,278
    • 最密充塡単分子層
      85
    • 最密充塡詰め分子数
      245
    • 酢酸銅
      343
    • 殺菌
      396
    • サブストレート
      285
    • サルフェートイオン
      85
    • 87
    • 酸化亜鉛
      87
    • 酸化チタン(TiO2)
      483
    • 山菜
      633
    • 算術平均毛細管圧力
      108
    • 残存流体
      196
    • 残留応力
      443
  • [し]
    • シートモールディングコンパウンド(SMC)
      431
    • シェークフラスコ法
      406
    • 四塩化炭素
      113
    • 軸受
      599,604
    • ジグリシジルエーテルビスフェノールA
      113,120,221
    • シクロヘキサン
      113
    • シクロヘキシルトリメトオキシシラン
      215
    • 自己潤滑性
      483
    • 自己疎液性効果
      87
    • シスチン結合
      313
    • Zismanプロット
      58
    • 湿潤仕事
      58
    • 自動車
      611,686
    • 脂肪族ポリカーボネート樹脂
      343
    • 締め付け荷重
      143,153,159
    • 締め付け力
      159
    • 射出成形
      471
    • 遮断
      396
    • ジャンプ
      193
    • 集積回路
      448
    • 充塡剤
      454
    • 充塡繊維
      678
    • 重力
      88
    • 樹脂系含浸軸受
      604
    • 樹脂混合物
      592
    • 樹脂注型モールド
      454
    • 樹脂モールドキャパシタ
      453
    • 樹脂モールド絶縁
      443
    • 出土木材
      329
    • シュンラン
      634
    • 常圧含浸
      453
    • 省エネルギー
      691
    • 蒸気圧
      113,227
    • 蒸気分子の吸着による表面エネルギー
      230
    • 衝撃強度
      495
    • 焼結
      697
    • 焼結過程
      483
    • 焼結含浸軸受
      599
    • 焼結材料
      599
    • 焼結体
      689,735
    • 省資源
      691
    • 抄紙プロセス法
      434
    • 上昇距離
      85
    • 上昇高さ
      76
    • 焼成
      424
    • 衝突結含エネルギー確率
      37,268
    • 衝突脱離エネルギー
      34
    • 衝突断面積
      239
    • 衝突頻度
      268
    • 衝突付着エネルギー確率
      34
    • 除菌
      396
    • 触媒活性
      533
    • 触媒細孔中での反応速度定数
      290
    • 触媒層
      285
    • 触媒担持体ポア中の反応速度定数
      290
    • 触媒担持体粒子直径
      289
    • siranol官能基
      275
    • 白干し
      640
    • シランカップリング剤
      211,444,484,493
    • シリカ
      211
    • シリカ粒子
      454
    • シリコーン樹脂
      664
    • シリコーン粘着剤
      426
    • 示量変数
      5
    • シロキサン結合
      222,493
    • 真空加圧含浸装置
      723
    • 真空含浸
      157,453,651
    • 真空含浸法
      444
    • 真空乾燥処理
      453
    • 真空計器
      708
    • 真空パック法
      431
    • 真空引き
      454
    • 真空ポンプ
      691
    • 親水化処理
      615
    • 親水性
      85,590
    • 浸漬時間
      220
    • 浸漬仕事
      58
    • 浸漬濡れ(湿潤仕事)
      58,227,609
    • 浸透
      380
    • 浸透液体の占める平均面積
      104
    • 浸透液体の占める面積
      106,132
    • 浸透型シラン
      563
    • 浸透上昇
      85
    • 浸透上昇速度
      108,157
    • 浸透速度
      586,743
    • 浸透探傷
      735
    • 浸透量速度
      79
    • 振動
      454
    • 振動状態
      454
    • 侵入浸透
      194,204
    • 真空度特性
      167
    • 親油性
      85
    • 信頼性
      686
    • 親和性
      497
  • [す]
    • 水酸化ニッケル正極
      613
    • 水素化処理
      533
    • 水素化脱硫
      533
    • 水素吸蔵合金負極
      613
    • 垂直等間隔配列モデル
      105,137
    • 水平等間隔配列モデル
      104,133
    • 水密製
      577
    • 水溶液のアルミニウム
      84
    • スクイズロール
      435
    • スクリュー
      454
    • スチレン
      563
    • Stokeの法則
      267
    • ストレインゲージ
      85
    • スナップオフ
      197,201
    • 炭セラミックス
      508
    • スルホン化処理
      615
    • 寸法精度向上
      476
    • [せ]
    • 静止接触角
      740
    • 静止流体層
      6,256,454
    • 静止流体層厚さ
      257,263,279
    • 静電植毛法
      483
    • 静電的
      274
    • 静電的な力
      270
    • 静泡法
      41,113,147,153
    • 積層板
      415
    • 積層品
      431
    • 絶縁
      127,443,453,685,695
    • 絶縁耐力
      453
    • 接触角
      51,62,84,123,147,221,740
    • 接触角の時間変化
      60
    • 接触角の測定法
      60
    • 接触線
      63
    • 接着剤
      577
    • 接着仕事
      57
    • 接着性
      497
    • 接張力
      51
    • セパレータ
      611,620
    • SEM
      521
    • セメント
      581
    • セラミックコートセパレータ
      620
    • セラミックス膜
      513
    • ゼロ吸着面
      15
    • 全圧力差
      148,160
    • 繊維強化コンクリート
      563
    • 繊維強化プラスチックス
      215
    • 繊維径
      113
    • 繊維状基材含浸膜
      626
    • 繊維製品新機能評価協議会(SEK)
      397
    • 遷移層
      9
    • 繊維中心問距離
      104,130
    • 繊維長分布
      250
    • 繊維直径
      104
    • 繊維配向モデル
      130
    • 繊維表面
      103
    • 繊維表面間の距離
      106
    • 繊維表面間の平均距離
      104
    • 繊維マット
      103,130
    • 繊維マットの厚さ
      140
    • 繊維マットの空隙率
      140
    • 全拡散エネルギー
      37
    • 全行程中の酸素拡散の効果因子
      291
    • 前進接触角
      62,740
    • 全繊維長
      103,130
    • 剪断速度
      257
    • 全付着数
      269
    • 線膨張係数
      269
    • 占有最大半径
      218
    • 全リーク量
      165
  • [そ]
    • 層間絶縁材料
      127,453
    • 臓器標本
      674
    • 双極子モーメント
      230
    • 相互作用エネルギー
      40
    • 走査型電子顕微鏡;SEM
      521
    • 双糸
      423
    • 増殖
      396
    • 相対吸着量
      6
    • 相対距離
      39
    • 相対速度
      39
    • 層流
      98
    • 造粒
      590
    • 測定電圧
      293
    • 測定電流
      286,292
    • 疎水化
      484
    • ソフトカーボン
      483
    • そりの改善
      475
    • ゾル-ゲル
      512
    • ゾルダーレジスト
      449
  • [た]
    • ブイ・パッド
      448
    • 耐候性
      343,426
    • 耐震
      579
    • 耐水性
      426
    • 体積数密度
      6
    • 体積低効率
      592
    • 耐凍結融解性
      563
    • 耐熱性
      425
    • ダイマー
      19,214
    • 耐摩耗性
      362
    • 耐薬品性
      426,563
    • 多孔質化
      564
    • 多孔質ガラス
      483
    • 多孔質体
      483
    • 多孔性基材含浸膜
      622
    • 多孔性基材グラフト膜
      628
    • 549
    • 竹繊維
      549
    • 多層吸着層
      7
    • 脱気
      381,443
    • 脱臭剤
      410
    • タッチライト
      439
    • tarfel係数
      287
    • DAP含浸紙
      377
    • 脱離エネルギー
      34,68,122,245
    • 脱離定数
      19
    • 脱離の運動エネルギー
      270
    • 脱離の活性化エネルギー
      34
    • 脱離分子数
      18
    • 脱離ポテンシャルエネルギー
      268
    • タバコ臭
      545
    • 多分子層吸着説
      20,24
    • D'Arcy則
      82
    • 炭化ケイ素
      499
    • 炭化ケイ素繊維
      483
    • 短期耐熱性
      449
    • 短冊状繊維マット
      103,130
    • 単糸
      423
    • 弾性機能
      579
    • 短繊維
      255
    • 炭素系焼結材料
      602
    • 炭素繊維
      88,512,724
    • 炭素繊維強化コンクリート
      563
    • 炭素繊維強化炭素
      483
    • 炭素繊維不織布
      483
    • 担体
      533
    • 単分子層
      85,217
    • 単分子層吸着状態
      31
    • 単分子飽和吸着量
      22
    • 断面積
      85
    • 短絡
      615
  • [ち]
    • Ti-Fe-Al系複合酸化物
      484
    • 鋳造品
      686
    • 長期耐熱性
      449
    • 超深度脱硫
      533
    • 長繊維
      503
    • 調味梅干
      640
    • 張力面
      14
    • 超臨界状態
      461
    • 超臨界流体
      471,754
    • 直鎖状
      278
    • チョップドストラント
      434
    • 沈澱
      424
  • [つ]
    • 通路の占有確率
      204
    • 通路の体積
      94
    • 通路の表面積
      94
    • 継手
      579
  • [て]
    • 定圧流動
      194
    • TAB実装
      449
    • ディーゼル排ガス臭
      545
    • 低温プラズマ処理
      617
    • 低蒸気圧化
      447
    • ディスパージョン
      386,423
    • ディスパージョンポリマー
      386
    • 定速流体置換
      193
    • 定速流動
      194
    • 低粘土化
      447
    • 低分子型シランカップリング剤
      493
    • 低摩耗性
      426
    • Teller
      20
    • n-デカノール
      113
    • Dehye距離
      234
    • デポジット処理
      424
    • TEM
      521
    • 電位勾配
      293
    • 電解液保持性
      615
    • 電気化学的ポテンシャル
      234
    • 電気絶縁
      685,695
    • 電気伝導
      234
    • 電気特性
      425
    • 電極反応
      285
    • 電極反応電流
      287,293
    • 電子親和力
      38,43,68,117,122,245
    • 電子電荷
      234
    • 電子伝導度
      286,293
    • 電子線プローブマイクロアナライザ
      528
    • 添著活性炭
      543
    • 電池用セパレータ
      611
    • 天然繊維
      552
    • 天秤
      85
    • 電力計測用変成器
      453
  • [と]
    • 銅CMC
      402
    • 透過型電子顕微鏡;TEM
      521
    • 透過率
      82,97
    • 動的接触角
      51,62,147
    • 動的粘弾性
      276
    • 導電性
      483,592
    • 投錨性
      424
    • ドデシル硫酸ナトリウム
      84
    • 土木建築材料
      581
    • ドライプリプレグ
      434
    • ドライポンプ
      691
    • ドライモルタル
      563
    • Drag Force
      267
    • トラップ
      193,206
    • トラッププロブ
      199
    • トランスファー成形
      448
    • トリーイング現象
      443
    • トルエン
      113
    • Trexel社
      471
    • トレハロース
      633
  • [な]
    • 内部エネルギー
      14
    • 内部応力
      443
    • 内部自由度
      38
    • Na処理
      424
    • ナノクラスターディスパージョンポリマー
      387
    • ナノ粒子
      315,319
    • 鉛フリー
      415
    • 難燃裏打紙
      348
  • [に]
    • 二次元ギャップ
      92
    • 二段階注型法
      454
    • ニッケル水素電池
      611
    • ニッケル繊維基材
      613
    • 2分子層
      85
    • 日本製鋼所
      471
    • 乳化
      432
  • [ぬ]
    • 濡れ性
      154,194,223,444,453
    • 濡れ性流体の吸収
      198
    • 濡れ力
      739
  • [ね]
    • 熱交換器
      502
    • 熱線遮へい
      315
    • 熱膨張係数
      451
    • 粘性
      88
    • 粘性流体
      87
    • 粘弾性
      276
    • 粘着
      426
    • 粘度
      65,113,240,255
    • 燃料電池
      285
  • [は]
    • Berthelotの式
      169
    • Bartellの方法
      79,84
    • ハードカーボン
      483
    • バイオミメティクス
      508
    • 配向
      95
    • 配向因子
      96
    • 配向モデル
      102
    • 排除過程
      198
    • ハイブリダイザー
      581
    • ハイブリダイゼーションシステム
      581
    • ハイブリッド自動車
      611
    • ハイモロック
      386
    • 破壊靭性
      495
    • 剥離
      448
    • 破砕粒子
      454
    • 破断歪み
      507
    • ハッコーリート
      579
    • 発電用ガスタービン
      507
    • 発泡
      380
    • 発泡成形
      471
    • 発泡ニッケル基材
      613
    • 発泡プラスチック
      461
    • パラフィン
      87
    • パラメータ
      145,169,609
    • バルクモールディングコンパウンド(BMC)
      431
    • ハロゲンフリー
      415
    • PAN
      483
    • 半含浸領域
      174
    • 半導電
      425
    • 反応確率
      290
    • 反応酸素分子数
      286
    • 反応焼結
      499
    • 反応速度定数
      287,295
  • [ひ]
    • BET式(Brunauer-Emmett-Teller)
      20
    • p型半導体
      315
    • Bステージ状
      447
    • ピーター添加法
      348
    • ヒートシーラー
      427
    • ヒートシール
      427
    • 光触媒
      397
    • ひけの改善
      475
    • 微構造
      499
    • 微細シリカ粒子
      454
    • 微細ひび割れ
      564
    • 微細粒子
      454
    • ピストン型
      196
    • ピストン形式
      193
    • BTレジンフィルム
      449
    • ビタミンBx
      541
    • 引張応力
      626
    • 引張強度
      507,551,626
    • ヒドロキシリビングラジカル
      397
    • ビニルシラン
      215
    • ビニルトリメトオキシシラン
      215
    • 非粘着性
      426
    • ヒノキチオール
      402
    • 比表面積
      26,82,89,94,240
    • ひび割れ
      564
    • 皮膚浸透
      651
    • 表面
      487
    • 表面圧
      75
    • 表面圧力
      26
    • 表面エネルギー
      40,63,230
    • 表面工ントロピー
      16
    • 表面改質
      497,521,581
    • 表面改質技術
      749
    • 表面過剰
      5,15
    • 表面硬化
      522
    • 表面コート処理
      617
    • 表面残留水
      680
    • 表面実装
      451
    • 表面処理条件
      493
    • 表面水酸基(OH)数
      484
    • 表面張力
      7,113
    • 表面張力波法
      46
    • 表面電荷
      234
    • 微粒子
      255
    • 微粒子表面改質
      581
  • [ふ]
    • ファインセラミックス繊維
      483
    • Fanningの式
      97
    • ファラデー定数
      286,293
    • van der Waals
      274
    • van der Waals力
      57,270,272
    • van der Waalsの相互作用
      274
    • van der Waalsの分散力
      230
    • van der Waals半径
      42
    • Van't Hoffの表面圧力
      26
    • Fickの第1法則
      26
    • Fickの第2法則
      101
    • Fickの法則
      100
    • フィルター
      543
    • フィルム
      60,69,220,449,609
    • フィルムキャリア
      449
    • フィルムコンデンサ
      609
    • 封止樹脂
      448
    • 封止成形
      448
    • phenyl oxazoline
      275
    • phenyl glycidyl ether
      275
    • phenol nnovolak resin
      275
    • フガシチー
      169
    • 負吸着
      25
    • 不均質膜モデル
      622
    • 複合化改質
      750
    • 複合材料
      434,493,503,551,754
    • 複合酸化物
      484
    • 複雑形状
      504
    • 不織布
      113,120,127,144,151,157,220,222,225,443,453,483
    • 不織布セパレータ
      613
    • 不織布の厚さ
      153,159
    • n-ブタノール
      113
    • 付着
      6,54,278
    • 付着エネルギー
      34,68,85,122,245
    • 付着エネルギー確率
      34
    • 付着仕事
      57,230
    • 付着する確率
      268
    • 付着濡れ
      57
    • 付着の運動エネルギー
      270
    • 付着の活性化エネルギー
      34
    • 付着ポテンシャルエネルギー
      268
    • 付着力
      587
    • フッ化カルシウム
      87
    • ブッシング
      454
    • フッ素ガス処理
      617
    • フッソ樹脂繊維シート
      626
    • 物理吸着
      6,278
    • 物理的発泡
      461
    • 歩留り向上剤
      386
    • 部分放電
      443
    • 不飽和ポリエステル
      443
    • プラズマ重台膜
      628
    • プラズマ振動
      318
    • プラズマ溶射
      526
    • フラットタイプ
      371
    • プラトー問題
      55
    • プランジャー
      454
    • ブランチング
      634
    • フリーキャリア
      314
    • プリフォーム
      483
    • プリプレグ
      431,447
    • フルオロカーボン系荷電膜
      629
    • Brunauer
      20
    • プレ含浸
      365
    • プレホール
      577
    • ブレンド効果
      495
    • Freundlichの式
      18
    • フロック
      387
    • ブロック
      220
    • ブロックイソシアネート化合物
      342
    • プロトペクチナーゼ
      641
    • プロピレンフィルム
      609
    • プロフィルラミネーター
      367
    • 分割面
      7,9,15
    • 分散
      230,255,386,590
    • 分子運動論
      26
    • 分子運動論的な界面張力
      239
    • 分子拡散吸着確率
      279
    • 分子係数
      116
    • 分子鎖問距離
      217
    • 分子鎖長
      217
    • 分子質量
      41,66,117,121,242
    • 分子数
      18,26,42,65,116,180,242,243,286
    • 分子層厚さ
      43,68,117,243,244,279
    • 分子層数
      279
    • 分子直径
      43,218
    • 分子の平均速度
      42
    • 分子の平均半径
      277
    • 分子半径
      42,66,117,121,242,278
    • 分子流の断面積
      26
    • 分子量
      65
    • 分子質量
      65
  • [へ]
    • ベアチップ
      450
    • 平均空気分子係数
      116
    • 平均空気分子半径
      121,242
    • 平均空気分子量
      65
    • 平均自由行程
      39,65,116,239,267
    • 平均繊維表面
      103
    • 平均繊維表面間の距離
      106
    • 平均相対速度
      267
    • 平均速度
      65,116,121
    • 平均体積
      95
    • 平均電子親和力
      43,68,117,122,245
    • 平均動水力半径
      82
    • 平均表面積
      95
    • 平均分子鎖間距離
      217
    • 平均分子鎖長
      217
    • 平均分子質量
      121,242
    • 平均分子半径
      242
    • 平均分子質量
      65
    • 平均面問距離
      105,136
    • 平均毛細管半径
      87
    • 平均流動速度
      94
    • 平板間距離
      110
    • 平衡吸着
      536
    • 平衡吸着法(イオン交換法)
      534
    • 平衡電位
      287,293
    • 平行等間隔配列モデル
      102,130
    • 平行平板
      75
    • 平行平板間距離
      143
    • 平行平板間中
      78
    • 平行平板間毛細管上昇
      79,110
    • 平行平板間毛細管
      81
    • 並進運動エネルギー
      37
    • 並進分配関数
      38
    • 平面
      54
    • ペースト式正極
      613
    • 壁面
      53
    • ヘマタイト(α-Fe2O3)
      484
    • ヘルムホルツ自由エネルギー
      7,14
    • 変圧器
      454
    • 平均運動エネルギーの差
      267
    • ヘンリー定数
      290
    • 変流器
      454
  • [ほ]
    • ポア
      286
    • ポア中の酸素拡散の効果因子
      290
    • ポアボリューム含浸法
      534
    • Poiseulleの式
      77,278
    • ボイド
      443,448
    • ボイドの体積割合
      180
    • ボイルの法則
      145
    • 放射率
      510
    • 膨潤圧力
      685
    • 膨潤度
      677
    • 防水性
      563
    • 法定伝染病
      396
    • 防腐剤
      410
    • 飽和吸着量
      18,22
    • 飽和蒸気圧
      24,169
    • Porterの式
      41
    • ポストフォーム加工
      362
    • 補正された未含浸部分内の気圧
      152
    • 補正パラメータ
      165
    • 保存処理
      331
    • ポットライフ
      447
    • ホッパー
      454
    • ポテンシャルエネルギー
      37,67,117,122,268
    • ポリアクリルアミド(PAM)
      386
    • ポリアミド
      84
    • ポリイミドフィルム
      449
    • ポリエステル
      116,215
    • ポリエステルフィルム
      60,220,449
    • ポリエステル不織布
      113,127,144,151,157,222,225,444,453
    • ポリエステル不織布試料
      120
    • ポリエステルブロック
      69,221,225
    • PEG(ポリエチレングリコール)
      331
    • ポリエチレンテレフタレート
      84
    • ポリ塩化ジフェニル
      609
    • PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)樹脂
      423
    • ポリ乳酸
      554
    • ポリマー
      386
    • ポリマーアロイ
      604
    • ポリマー含浸コンクリート
      563
    • Polymer Silane Coupling Agent;PCA
      493
    • ポリマー電解質
      620
    • ポリリジン
      402
    • ポンディング
      449
  • [ま]
    • マイグレーション
      357,448
    • マイクロカプセル
      750
    • マイクロクラック
      448
    • マイクロ成形
      448
    • マイクロセルラープラスチック
      461
    • 毎秒の吸着分子数
      18
    • 毎秒の脱離分子数
      18
    • 曲げ強度
      551
    • 曲げ特性
      494
    • 摩擦撹拌接合;FSW
      528
    • 摩擦係数
      87,97
    • 摩擦力
      77
    • マット含浸法
      432
    • マトリックス集電
      285
    • マトリックス樹脂
      432
  • [み]
    • 未含浸部分
      174
    • 未含浸部分内の気圧
      128
    • 未含浸部分の気圧
      144,151
    • ミクロボイド
      184,453
    • 586
    • 水力学的平均毛細管半径
      87
    • 密着性
      416
    • 密度
      41,65,85,113
    • Mucell
      471
    • ミラー
      502
  • [む]
    • 無機系抗菌剤
      400
    • 無気孔
      501
    • 無溶剤
      696
    • 無溶剤化
      447
  • [め]
    • メスシリンダー
      114
    • メタアクリルシラン
      215
    • メタクリル酸メチル
      563
    • メチルアルコール
      86
    • めっき
      525
    • メッシュ
      98
    • メニスカス
      45,201
    • 面実装技術
      450
    • 面積分率
      20
  • [も]
    • 毛細管
      76,81,109
    • 毛細管圧力
      102,127,143,240,444
    • 毛細管網目モデル
      191
    • 毛細管上昇
      76,86,110
    • 毛細管内圧力
      79
    • 毛細管半径
      87,111,143
    • 毛細管法
      44
    • 毛細管力
      103,193
    • 毛細管臨界直径
      201
    • 毛髪
      303
    • 木材乾燥
      334
    • モノマー
      342,696
    • モル吸着
      234
    • モル容積
      169
    • モンテカルロ法
      192,204
  • [や]
    • Young式の一般化
      63
    • Young・Dupreの式
      57
    • Youngの式
      51
  • [ゆ]
    • 有機系抗菌剤
      400
    • 有機/無機ナノハイブリッド材料
      315
    • UV照射
      447
    • 遊離シリコン
      499
    • 油浸電力ケーブル
      453
    • 油浸トランス唖
      453
    • 油浸フィルムコンデンサ
      609
  • [よ]
    • 溶液の比表面積
      26
    • 溶解拡散
      172
    • 溶解度
      24
    • 溶解度係数
      169
    • 溶解度パラメータ
      169,609
    • 溶質濃度
      26
    • 溶質分子数
      26
    • 羊毛
      303
    • 抑制
      396
    • 余弦法則
      63
  • [ら]
    • Rutterディスク
      99
    • ラッピング適性
      366
    • Laplaceの式
      11,52,75,178,185
    • ラミネーション法
      432
    • ラミネート
      449
    • Langmuir定数
      19,26,42,66,117,227,2442,289
    • Langmuirの吸着速度式
      26
    • Langmuirの式
      18
    • 乱数
      193,204
    • ランナー
      448
  • [り]
    • リーク(量)
      165,222,687,735
    • リード線
      448
    • リードフレーム
      448
    • 離解性
      37
    • 離型剤
      37
    • 離型性
      426
    • 離脱の活性化エネルギー
      377
    • リチウムイオン電池
      611
    • リチウムニ次電池
      618
    • 硫化銀(Ag2S)ナノ粒子
      319
    • 硫化銅
      315
    • 粒子挙動
      391
    • 液体
      690,695,735
    • 液体置換過程
      193
    • 流動速度
      239
    • 流動方向の距離脳
      94
    • 粒度分布曲線
      256
    • 臨界圧力
      169
    • 臨界温度
      169
    • 臨界表面張力
      58,745
    • 臨界ミセル濃度
      85
    • リン化合物
      415
    • リング法
      44
    • リン酸
      541
  • [れ]
    • Reynolds(レイノルズ)数
      96,256,267
    • レジンインジェクション法
      432
  • [ろ]
    • 労働安全衛生法
      726
    • 濾水性向上剤
      386
    • Londonの分散力
      230
  • [わ]
    • ワイヤフロー
      448
    • ワサビオール
      402
    • ワニス(エポキシ樹脂)
      416,726
    • ワラビ
      636
  • [A]
    • AES
      522
    • AEモニタリング
      331
    • Agナノ粒子
      319
    • Ames試験
      418
    • Asbeck
      258
  • [B]
    • Bartellの方法
      79,84
    • Berthelotの式
      169
    • BET式
      20
    • blocked phenyl oxazoline処理シリカ
      276
    • Brunauer
      20
    • BTレジンフィルム
      449
    • Bステージ状
      447
  • [C]
    • Carman定数
      94,110,120,240
    • COB
      450
  • [D]
    • D'Arcy則
      82
    • DAP含浸紙
      377
    • Debye距離
      234
    • Drag Force
      267
    • dry vacuum
      687
  • [E]
    • Einsteinの粘度式
      255
    • ElisonとZisman
      62
    • Emmett
      20
    • EPMA
      528
    • Eガラス繊維
      215
  • [F]
    • Fanningの式
      97
    • Fickの第1法則
      26
    • Flckの第2法則
      101
    • Fickの法則
      100
    • Freundlichの式
      18
    • FSW(摩擦撹拌接合)
      528
    • Fプロセス
      434
  • [G]
    • Gibbs-Duhemの方程式
      16
    • Gibbsの吸着式
      16,17,121,180
    • GFRP
      551
    • GRTP
      551
  • [I]
    • Impregnation
      686
  • [K]
    • Kleinの式
      184
    • Kleinの方法
      172
    • Kozeny-Carman式
      82,94,109,120,143,151,239
  • [L]
    • Langmuir定数
      19,26,42
    • Langmuirの吸着速度式
      26
    • Langmuirの式
      18
    • Langmuir定数
      66,117,122,227,242
    • Laplaceの式
      11,52,75,178,185
    • LCA
      556
    • Londonの分散力
      230
    • LSI
      448
  • [M]
    • Militaru Specification
      686
    • Military Standard
      686
    • Mプロセス
      432
    • M値
      486
  • [N]
    • nano cluster dispersion polymer
      391
    • Na処理
      424
  • [O]
    • o-cresol novolak epoxy resin
      275
  • [P]
    • PAN
      483
    • PEG
      331
    • phenol novolak resin
      275
    • phenyl glycidyl ether
      275
    • phenyl oxazoline
      275
    • PLA
      554
    • plastination
      664
    • Poiseuilleの式
      77
    • Poiseulleの式
      278
    • Polymer Silane Couplig Agent;PCA
      493
    • Porterの式
      41
    • PTEE(ポリテトラフルオロエチレン)樹脂
      423
    • p型半導体
      315
  • [R]
    • Reynolds数
      96,267
    • Rutterディスク
      99
  • [S]
    • SAP
      676
    • SARS
      398
    • SEM
      521
    • SIAA(サイア)マーク
      397
    • siranol官能基
      275
    • Stokeの法則
      267
    • Super Absorbent Polymer
      676
    • S相
      522
  • [T]
    • TAB
      449
    • taffel係数
      287
    • Teller
      20
    • TEM
      521
    • Ti-Fe-Al系複台酸化物
      484
    • TiO2
      484
    • Trexel社
      471
    • TRY2004
      588
  • [U]
    • UV照射
      447
  • [V]
    • van der Waals
      274
    • van der Waals力
      57,270,272
    • van der Waalsの相互作用
      274
    • van der Waalsの分散力
      230
    • van der Waals半径
      42
    • Vand
      255
    • Van't Hoffの表面圧力
      26
    • VOC規制
      410
    • Vカット適性
      366
  • [W]
    • Washburnの式
      79,91,109,143
    • Washburnの方法
      79,84
    • wet vacuum
      687
    • WHO
      398
  • [Y]
    • Young Dupreの式
      57
    • Youngの式
      51
    • Young式の一般化
      63
  • [Z]
    • Z-6030
      211
    • Zismanプロット
      58