十五年戦争極秘資料集.補巻 28[4]

不二出版/2007.8

当館請求記号:GB511-H164

分類:軍事


目次


[第4冊 目次]

  • 資料名●出典●編著者名(発行所)●発行年月
    復刻版ページ
  • 徴兵検査時ニ於ケル吃ノ統計的観察●『軍医団雑誌』第二五五号●阿知波五郎●一九三四・八
    1
  • 戦傷統計ヨリ見タル上海事変●『軍医団雑誌』第二五五号●深田貫一●一九三四・八
    6
  • 頭部戦傷者ノ脳描写ニ就テ●『軍医団雑誌』第二五八号●諏訪敬三郎●一九三四・一一
    9
  • 航空ノイローゼ」ノ一症例●『軍医団雑誌』第二八三号●山口憲三●一九三六・一二
    21
  • 教化兵の心理状態と一般不良者の精神教育に就て●『偕行社記事』特報第二〇号●陸軍教化隊●一九三七・二
    26
  • 還送患者輸送実施ノ件報告〈運普第一一八三号〉●陸軍運輸部長●一九三七・三
    28
  • 東京第一、東京第二陸軍病院ニ収容スベキ患者ノ部隊区分ノ件達〈陸普第四六〇六号〉●陸軍大臣●一九三七・八
    30
  • 編成(編制改正)部隊定員外人員ノ件報告〈関参編第九五号〉〈軍事機密〉●関東軍司令官●一九三七・九
    31
  • 〔海軍技手の休職の件〕〈官房機密第四九〇九号ノ二〉●〔海軍〕大臣●一九三七・一一
    32
  • 戦争神経症患者ノ取扱ニ関スル件〈陸軍省受領陸支密受第二一五号〉〔抄〕●〔陸軍〕医事課●一九三八・一
    35
  • 国府台陸軍病院ニ衛生兵増加配属相成度件上申〈一師留参動第三五五号〉〈秘〉●第一師団留守司令官●一九三八・五
    36
  • 診療方針●国府台陸軍病院●一九三八・八
    37
  • 入院患者心得昭和十三年九月●国府台陸軍病院●一九三八・九
    42
  • 最近に於ける軍人軍属の自殺に就て●『偕行社記事』特報第三九号●憲兵司令部●一九三八・一〇
    44
  • 戦争と精神病(精神衛生パムフレツト第七輯)●村松常雄●日本精神衛生協会●一九三八・一〇
    53
  • 時局下に於ける傷兵保護事業の現状●『偕行社記事』第七七五号●児玉政介●一九三九・四
    60
  • 戦傷奉公杖授与規程ノ件陸軍一般へ通牒〈陸普第二七四一号〉●陸軍次官●一九三九・五
    62
  • 下部臨時転地療養所開設ノ件〈肆第一二六四号〉〔抄〕●〔満洲派遣〕留守第一師団●一九三九・六
    64
  • 軍隊ニ於ケル自殺並ニ自殺企図ノ医学的考察●『軍医団雑誌』第三一六号●桜井図南男●一九三九
    69
  • 精神分裂病ノ「カルヂアゾール痙攣療法ニ就テ●『軍医団雑誌』第三二五号●功刀潔●一九四〇・六
    77
  • 頭部戦傷ト聴力障碍●『軍医団雑誌』第三二七号●戸田古一郎●一九四〇・八
    81
  • 戦傷ニヨル顔面神経麻痺ニ就テ●『軍医団雑誌』第三二七号●山口宗次●一九四〇・八
    83
  • 軍人援護事業回顧一箇年—軍事保護院創立一周年に当りて●『偕行社記事』第七九二号●軍事保護院●一九四〇・九
    84
  • 衛生兵増加配属相成度件通牒〈陸軍省受領陸支密受第二一二一〉〈秘〉●船舶輸送司令官●一九四一・三
    86
  • 幹部の指導監督不充分と犯罪発生の関係●『偕行社記事』特号第七九九号●憲兵司令部●一九四一・四
    88
  • 戦傷ニ因ル血管性他覚的耳鳴症ニ就テ●『軍医団雑誌』第三三六号●永井末松●一九四一・五
    95
  • 鉄道軍事輸送ニ関スル件通牒〈鉄輸送第弐五参九号〉〔抄〕●第一鉄道輸送司令官●一九四一・九
    98
  • 「マラリア」ノ精神障礙ニ就テ●『軍医団雑誌』第三四一号●上野陽三・青木義治●一九四一・一〇
    99
  • 中支戦線ニ於ケル「マラリア」ト精神障碍●『軍医団雑誌』第三四一号●泰井俊三●一九四一・一〇
    108
  • 鉄道軍事輸送ニ関スル件通牒〈鉄輸送第弐六〇弐号〉●第一鉄道輸送司令官●一九四一・一〇
    113
  • 戦時神経症ノ精神病学的考察第一篇〜第三篇(其ノ三)●『軍医団雑誌』第三四三号〜第三四五号・第三四九号〜第三五一号●桜井図南男●一九四一・一二〜一九四二・八
    115
  • 一頭部戦傷患者に於ける視牀性症候●『精神神経学雑誌』第四六巻第二号●加藤正明●一九四二・二
    155
  • 戦時ヒステリー」ノ研究●『軍医団雑誌』第三五五号●大里吉足●一九四二・一二
    160
  • 支那事変ニ於ケル海軍ノ眼戦傷ニ就テ●『軍医団雑誌』第三五五号●高木諦・秋山為次・守屋一男・徳田虎之助・山崎千里●一九四二・一二
    161
  • 眼戦傷ト其ノ治療●『軍医団雑誌』第三五五号●下山忠典●一九四二・一二
    164
  • 精神分裂病ノ「カンフル痙攣療法●『軍医団雑誌』第三六二号●津川武一●一九四三・七
    167
  • 戦時ニ於ケル神経衰弱性症状ノ観察●『軍医団雑誌』第三六四号●河野正●一九四三・九
    169
  • 鍼灸按マツサージ師調査依頼ノ件照会〈海訓機密第二十一号〉〈秘〉●海軍技療手訓練所長●一九四三・一二
    176
  • 戦時神経症ノ発呈ト病像推移●『軍医団雑誌』特第二号・特第三号●笠松章●一九四四・一/五
    177
  • 陸海軍技療手錬成ニ関スル件〈海訓発第五八号〉●海軍技療手訓練所所長●一九四四・三
    191
  • 陸軍技療手希望資格●新潟県鍼灸按マツサージ師会●一九四四・三
    192
  • 精神薄弱者及精神病質者対策ニ関スル件陸軍一般へ通牒〈陸亜密第四六一九号〉〈秘〉●陸軍省副官●一九四四・五
    193
  • 患者逃亡時ニ於ケル対策〈秘〉●〔国府台陸軍病院〕精神科病室●一九四四・八
    199
  • 陸軍診断書類調製審査交付規則中左ノ通改正ス〈陸達第六十号〉●陸軍大臣●一九四四・九
    212
  • 精神神経系戦傷病除役恩給業務等ノ参考〈部外秘〉●陸軍軍医団●一九四四・一一
    213
  • 調査研究事項自昭和十三年一月至昭和十九年十一月●国府台陸軍病院●一九四四・一一
    236
  • 精神科病室事故(逃亡)ニ関スル調査自昭和十三年度至昭和十九年度〈秘〉●国府台陸軍病院●〔一九四五〕
    265
  • 戦時神経症ニ関スル綜説〈極秘〉●内村祐之・秋元波留夫●一九四五・三
    271
  • 支那事変及び太平洋戦争を含む最近10ヶ年間に於ける神経質患者の消長●『精神神経学雑誌』第四九巻第一二号●和田小夜子●一九四七・一
    359
  • 頭部戦傷後遺症について/補遺●『精神神経学雑誌』第五〇巻第六号・第五一巻第七号●小沼十寸穂●一九四九・三/一九五〇・四
    361
  • マラリア精神障碍の臨床的研究●『四国医学雑誌』第一巻第二号●今泉恭二郎●一九五〇・一二
    369
  • 戦地に於て取扱つた精神障害の病後歴●『四国医学雑誌』第二巻第三号●今泉恭二郎●一九五一・六
    373
  • 軍隊における異常心理—戦争神経症を中心にして(「異常心理学講座」第三部限界状況における人間の心理(1))●井村恒郎●みすず書房●一九五五・五
    376
  • 戦争神経症の印象●『青年心理』第七巻第一号●井村恒郎●一九五六・三
    388
  • 空挺降下による精神神経障害の研究●『精神神経学雑誌』第六一巻第一〇号●堀之内宏太・後藤彰夫・中村康一郎・原田敏雄・中久喜雅文●一九五九・七
    389


MOKUJI分類:軍事