菊水町史.通史編

和水町/2007.3

当館請求記号:GC281-H73

分類:地方史誌


目次


菊水町史 通史編 目次

  • 口絵
  • ごあいさつ
    和水町長 坂梨豊昭
  • 菊水町史編纂事業にあたって
    菊水町長 前淵 治
  • 刊行にあたって
    菊水町史編纂委員長 工藤敬一
  • 凡例
  • 第一編
    自然環境
    • 第一章
      位置と地形
      3
      • 第一節
        位置と交通
        3
        • 位置と面積/交通
      • 第二節
        地形
        6
        • 地形の概要/山地/山麓・丘陵/台地/低地
    • 第二章
      地質
      9
      • 第一節
        地球の誕生
        9
        • 宇宙のはじまり/太陽系と地球の誕生
      • 第二節
        地球の進化
        13
        • 大気と海洋の形成/生命の起源/生物の出現/生物の爆発的な繁栄/大陸の移動/中生代/恐竜の絶滅/新生代第三紀/新生代第四紀(人類の出現)
      • 第三節
        日本列島の誕生
        20
        • 長い海底の時代/古い日本列島の誕生/新しい日本列島の誕生/氷河期の日本と動物の移動
      • 第四節
        菊水町の地質
        25
        • 地質概観/花牟礼山の生いたち/花崗岩類の貫入/阿蘇の大噴火/熱雲式噴火/赤穂原を覆った阿蘇—4火砕流堆積物/阿蘇火砕流文化/洪積層/沖積層
      • 第五節
        応用地質
        49
        • 灰石(溶結凝灰岩)/山砂(真砂)/湧水/菊池川の砂利/菊池川の利水/鉱泉
    • 第三章
      気象
      59
      • 第一節
        熊本県の気候
        59
      • 第二節
        菊水町の気候の特徴
        60
        • 近隣自治体の気候値/気温/降水量/風(季節風)/台風/魔の九月一六日・二六日
      • 第三節
        菊水町の四季
        70
        • 春/夏/秋/冬
      • 第四節
        気象災害
        75
    • 第四章
      植物
      80
      • 第一節
        地勢と植生
        80
      • 第二節
        町内の樹木
        83
        • 町内の学校の樹木
          84
          • 菊水西小学校/菊水中央小学校/菊水東小学校/菊水南小学校/菊水中学校/花簇小学校跡
        • その他の注目すべき樹木
          90
          • 用木神社(日吉宮)のクスノキ/高野天満宮のクスノキ/萩原水源のスギ/下津原阿蘇神社裏参道のスギ群/御神様のマキ/江栗阿蘇神社のむくろの木/下赤穂原の若宮様の樹木/鶯原のモチノキ/白石若宮八幡宮のイチイガシ/永泉寺跡のモッコク/江光寺のタブノキ/浄福寺のクスノキ/としの神のムクノキ/菊池川左岸のムクノキ/菰田のムクノキ/足手荒神さんのサカキ/蜻浦のフジ
      • 第三節
        山地の植物
        98
        • 高木/低木/つる植物/草本
      • 第四節
        平地や路傍の植物
        102
      • 第五節
        シダ植物
        105
        • チャセンシダ/エビガラシダ/コクモウクジャク/イヌケホシダ
    • 第五章
      動物
      109
      • 第一節
        菊池川の河川生態系
        109
        • はじめに/魚介類/鳥類/両生類・爬虫類・哺乳類
      • 第二節
        里地・里山の動物
        114
        • 魚介類など/鳥類/両生類・爬虫類・哺乳類/ゲンジボタルの生息状況について
  • 第二編
    考古
    • 第一章
      旧石器時代
      127
      • 第一節
        人類の出現
        127
      • 第二節
        旧石器時代の生活
        128
    • 第二章
      縄文時代
      134
      • 第一節
        縄文土器の発明と変遷
        134
        • 草創期の土器/早期の土器/前期の土器/中期の土器/後期の土器/晩期の土器
      • 第二節
        縄文時代の環境と貝塚
        143
      • 第三節
        縄文時代の住居
        146
      • 第四節
        縄文時代の生業
        149
        • 狩猟活動
          151
        • 漁撈活動
          153
        • 貝類の採取
          159
        • 植物の採取
          159
        • 管理栽培
          162
        • 焼畑農耕
          163
        • 常畑農耕
          166
        • 水稲農耕
          169
      • 第五節
        縄文時代の装身具
        170
      • 第六節
        縄文時代の祭り
        173
      • 第七節
        縄文時代の埋葬
        177
    • 第三章
      弥生時代
      181
      • 第一節
        弥生土器の変遷
        181
        • 前期の土器/中期の土器/後期の土器
      • 第二節
        生活用具の発達
        184
        • 新しい石器の出現
          184
        • 鉄器の普及
          186
        • 木器の多様化
          188
      • 第三節
        弥生時代の住居と墓
        193
        • 弥生時代の住居
          193
        • 弥生時代の墓
          195
        • 玉名の弥生首長墓
          199
        • 原口長溝弥生墳丘墓
          203
      • 第四節
        諏訪原弥生集落
        205
        • 菊池川流域の弥生後期後半の集落
          205
        • 諏訪原集落の範囲
          206
        • 諏訪原集落の構造
          208
          • 大型住居/鍛冶屋の住居/シャーマンの住居/親子土偶の発見/食用植物の出土
    • 第四章
      古墳時代
      214
      • 第一節
        大和王権と古墳の築造
        214
      • 第二節
        古墳時代の住居と土器
        215
        • 古墳時代の住居
          215
        • 古墳時代の土器
          217
      • 第三節
        菊水町の箱式石棺と家形石棺
        220
        • 箱式石棺
          220
        • 家形石棺
          225
      • 第四節
        清原古墳群とその変遷
        227
        • 清原台地の古墳と石棺
          227
        • 清原古墳群の変遷
          230
      • 第五節
        舟形石棺と江田石場
        233
        • 舟形石棺の分布
          233
        • 菊水町の舟形石棺
          235
        • 運ばれた舟形石棺
          237
        • 江田石場
          240
      • 第六節
        江田船山古墳
        244
        • 江田船山古墳とその遺物
          244
        • 江田船山古墳の被葬者
          249
      • 第七節
        塚坊主古墳と装飾古墳
        252
        • 装飾古墳の出現と変遷
          252
        • 塚坊主古墳
          252
        • 菊池川下流域の装飾古墳
          256
        • 菊池川流域の首長墓の動向
          259
      • 第八節
        群集する横穴墓
        263
      • 第九節
        文献から見た古墳時代
        275
        • 江田船山古墳大刀銘文について
          275
          • 銘文解読/獲加多支鹵大王/典曹人/刀の製作法と象嵌技術/象嵌刀剣製作地
        • 古墳時代の日置部
          281
          • 日置部の職掌/石上神宮と日置部
  • 第三編
    古代
    • 第一章
      古代
      287
      • 第一節
        古代国家の成立
        287
        • 大化改新と国・評分割/遠の朝廷と九国三島の成立/律令制下の菊水町/郡雑任/江田里と里長/郷家と郷倉
      • 第二節
        日置氏と菊池川流域
        297
        • 鶯原出土銅板墓誌/奈良・平安時代の日置氏/疋野神社と小代山
      • 第三節
        鞠智城と古代交通
        307
        • 鞠智城
          307
          • 百済滅亡白村江の戦い/救援軍の構成/戦後処理と鞠智城/白村江の敗戦と内政の整備/「城」に関する規定/鞠智城の木簡/その後の鞠智城
        • 江田駅
          319
          • 駅馬・伝馬の制/江田駅家/伝馬
      • 第四節
        律令国家の変質
        326
        • 浮浪逃亡/富豪の輩/小野峯守と公営田/元慶改元と肥後/延喜の治と在地社会の変化
  • 第四編
    中世
    • 第一章
      平安後期の菊水
      335
      • 第一節
        中世とはどんな時代か
        335
      • 第二節
        玉名郡の再編成と山鹿荘の成立
        336
        • 郡の再編成/玉名郡の分化/院政と山鹿荘の成立/山鹿荘の実態/山鹿荘の田数と荘域
      • 第三節
        九州の武士団と菊池氏
        344
        • 武士の成立/九州の武士団/菊池氏のおこり/菊池氏のひろがり
      • 第四節
        平家の九州支配と養和の内乱
        350
        • 平家勢力の浸透/養和の内乱/内乱の実像/内乱の意義
    • 第二章
      鎌倉時代の菊水
      357
      • 第一節
        幕府の成立と九州支配
        357
        • 戦後処理と国地頭/地頭・御家人と守護/承久の乱と執権政治
      • 第二節
        中世玉名の所領構成と玉名荘
        363
        • 中世玉名の所領構成/仁和寺領玉名荘/永泉寺と太平野寺院
      • 第三節
        蒙古合戦と社会の転換
        374
        • 文永の来冦/外征計画と防塁築造/弘安の役/異国警固と恩賞配分/弘安改革と霜月騒動
      • 第四節
        「蒙古襲来絵詞」と江田氏
        382
        • 「蒙古襲来絵詞」の中の江田氏/江田氏と竹崎氏
    • 第三章
      南北朝の内乱と菊水
      389
      • 第一節
        建武政権の成立と崩壊
        389
        • 博多合戦/建武政権の肥後支配/新政の崩壊と室町幕府の成立
      • 第二節
        内乱の展開
        392
        • 征西将軍宮の肥後入国/観応擾乱
      • 第三節
        大宰府征西府の成立と崩壊
        397
        • 筑後川の戦いと大宰府征西府の成立/征西府の崩壊と今川了俊の肥後制圧
      • 第四節
        広福寺と寺領久井原
        404
        • 大智と菊池氏/広福寺の創建/比丘尼寺太平寺/広福寺領久井原
    • 第四章
      室町・戦国時代の菊水
      411
      • 第一節
        守護菊池氏の領国支配
        411
        • 了俊の罷免と菊池氏/地域的世界の成立/菊池氏の領国経営/守護府隈府/萬句連歌の世界/宗家最後の領主能運/政隆と武包
      • 第二節
        菊池義武と大友氏の肥後経営
        419
        • 大友氏の肥後介入/菊池氏の終焉/大友義鎮(宗麟)の肥後経営
      • 第三節
        龍造寺氏と島津氏の肥後進攻
        424
        • 龍造寺氏の進攻/島津氏の肥後進攻/秀吉の九州入りと島津氏の降伏
      • 第四節
        むらの成立
        428
        • 伝統社会とむら/動きだす地侍/石が語るむら
    • 第五章
      中世菊水の城跡
      433
      • 第一節
        肥後の中世城跡
        433
        • はじまり/最盛期/終焉/その後の動き/今に残る城跡
      • 第二節
        菊水町の城跡
        437
        • 菊水町・旧村の合併史/旧村と城の関係/地勢/交通/文献/麓集落と城の役割
      • 第三節
        町内の各城跡について
        444
        • 萩原城跡
          444
          • 文献/概要/縄張り/小結
        • 日平城跡
          452
          • 概要/縄張り/小結
        • 焼米城跡
          461
          • 概要/縄張り/登城道/小結
        • 志口永城跡
          468
          • 概要/縄張り/小結
        • 内田宮山城跡
          472
          • 概要/縄張り/城内の石塔群/小結
        • 内田今城跡
          478
          • 概要/縄張り/小結
        • 和仁石山城跡
          485
          • 伝承/概要/I郭/堀切/II郭/和仁石神社/小結
        • 用木城跡
          493
          • 概要/縄張り/小結
        • 牧野城跡
          498
          • 文献/概要/縄張り/小結
        • 一〇
          小乙城跡
          505
          • 概要/主郭/小段/小張り出し/小結
        • 一一
          乙城跡
          511
          • 概要/I郭/II郭/括れ部/III区画/小結
        • 一二
          江田城跡
          518
          • 文献/概要/I郭/堀切/II郭/III郭/IV区画/V区画/小結
        • 一三
          立石城跡
          527
          • 概要/縄張り/城跡関連の石碑/小結
        • 一四
          江栗城跡
          533
          • 概要/縄張り/小結
        • 一五
          鶯原城跡
          540
          • 概要/縄張り/小結
        • 総括
          547
        • 付記
  • 第五編
    近世
    • 第一章
      近世の幕あけ
      553
      • 第一節
        豊臣秀吉の統一
        553
        • 九州統一
          553
          • 秀吉の国分け/九州統一
        • 佐々成政の肥後入国と国衆一揆
          555
          • 佐々成政の入国/秀吉の国衆処遇/国衆一揆/上使衆の派遣
        • 太閤検地と刀狩
          562
          • 太閤検地(上使衆検地)/刀狩り/肥後五四万石
        • 加藤・小西氏の肥後入国
          567
          • 加藤・小西氏の出自/加藤・小西の所領と家臣団/豊臣秀吉御蔵入地/朝鮮出兵(文禄・慶長の役)/熊本城と城下町
      • 第二節
        加藤清正の一国領有
        576
        • 関ケ原の戦い
          576
          • 関ケ原の戦い/一国領主と公儀高/慶長国絵図/実高(現高)七五万石と近世の村
        • 加藤氏の改易
          582
          • 忠広の襲封と内紛/加藤忠広の改易/加藤父子の新田開発
    • 第二章
      細川氏の入国と初期藩政
      586
      • 第一節
        肥後細川氏の系譜
        586
        • 細川氏の出自
          586
          • 細川氏の出自/中興の祖細川藤孝/近世大名忠興と忠利/忠隆と興秋
        • 肥後入国
          589
          • 小倉から熊本へ
      • 第二節
        藩政初期の政治
        591
        • 藩庁機構
          591
          • 藩庁機構/肥後国郷帳/知行割り/地方知行制の廃止/給人と給知百姓/正保国絵図
        • キリシタン取締りと天草・島原の乱
          600
          • キリシタン取締り/天草・島原の乱/寛永の飢饉/影踏/影踏の日限/幕末期の影踏
        • 光尚から綱利へ
          608
          • 綱利の襲封/綱利の政治/支藩の成立/財政の推移/勘定所の設置/蔵納高と給知高
        • 宣紀・宗孝の時代
          614
          • 享保・延享期の窮状/享保の飢饉
      • 第三節
        郡村統治と郡政機構
        618
        • 郡政機構
          618
          • 郡村統治/郡政機構/在中役人と職務/上内検/地内検/御山支配役/御郡代手附横目/御郡代附横目/塘方助役/井樋方助役/御制度格別見〓/手永見〓/桑・蚕見〓/紙・楮見〓/在御家人/寸志御家人/人畜改め/地撫/玉名郡の高と人畜
        • 手永制度と村々
          636
          • 手永制度/手永会所と手永役人/会所役人と職務/手代/下代/会所詰/根〓小頭/会所詰小頭/外廻小頭/惣庄屋の変質/小森田父子と白石磧
    • 第三章
      近世中期の政治と村々
      644
      • 第一節
        宝暦の改革
        644
        • 逼迫する藩財政/細川重賢の登場/財政再建/刑法の改革/地引合検地/囲籾蔵/一領一疋・地侍/寸志知行取/産業の奨励/藩校時習館・再春館の創設
      • 第二節
        支配機構の確立
        653
        • 奉行所体制の確立/地方支配機構の改革/郡奉行から郡代へ
      • 第三節
        打ち続く災害と対策
        657
        • 天明の飢饉/虫害対策/天明七年の打ちこわし/洪水による荒地/用心苗と用心籾蒔付/御銀所預と銭預/温泉くずれと辰の年の大水/在町/出小屋
    • 第四章
      近世の交通路と菊池川
      672
      • 第一節
        菊池川水運と菰田船継所
        672
        • 菊池川/舟渡と橋/菊池川の舟運/内田船継所/村々の船着場/高瀬御蔵から河口への輸送
    • 第五章
      近世後期の地方政治
      693
      • 第一節
        近世後期の藩政
        693
        • 斉樹の藩主就任/文化一一年の非常倹約/財政改革/天保の飢饉と藩財政/横井小楠の「時務策」/天保期末の藩政/相州・浦賀警備/大坂借財/農兵募集/郷兵創設
      • 第二節
        近世後期の農政
        706
        • 地方証文取り締まり/請免制/請負潤色/請免制動揺/請免永続の仕法/再地引合せ地推/地推の雑用/新出畝物徳米
      • 第三節
        内田手永の村々
        723
        • 近世の村切り/慶長一三年検地帳の村/「国志草稿」の村々/宝暦地引合せ検地の村/明治三年の村/村の構造/庄屋/寄せ村/村役人/五人組/寄合/寸志御家人/長小田村の零落と復興/御蔵払(御蔵納め)/蔵納を賞する/白石村/請村/日平村/蜻浦村/用木村/萩原村/江田村/米渡尾村/原口村/藤田村/前原村/久米野村/岩尻村/志口永村/高野村/焼米村/榎原村/大屋村/下津原村/東下津原村/菰田村/西下津原村/江栗村/〓門村/久井原村/長小田村/内田村
      • 第四節
        内田手永の諸産業
        782
        • 農産物/御年貢米/諸出米・御赦免開徳米代/御年貢小麦請/御年貢大豆納/諸作について/余産では
  • 第六編
    近代
    • 第一章
      変革の世はつづく
      793
      • 第一節
        新しい秩序づくりのなかで
        793
        • 近代への曙光
          793
          • はじめに/困難な「零落村」の再建/連年の洪水/村民の階層分化/庄屋による苛察(厳しい取り調べ)/萩原村の「村方混雑」
        • 明治初年における地方制度の改革
          802
          • 実学党政権の成立/減税布告と殿様祭/「熊本ニ御城拝見」/郷組制/熊本県の成立/大区小区制/合区・聯区/改正大区小区制/公選民会(地方民会)の開設
        • 明治一〇年代における地方制度の改革
          818
          • 郡区町村制/最初の戸長公選/最初の村会議員選挙・村議会・聯合会/戸長選挙法の改正/県会の開設/明治「十七年改正」
      • 第二節
        近代税制と土地制度の諸改革
        826
        • 壬申地券の発行
          826
          • 改革の道程/壬申地券の調査/進まない壬申地券の発行
        • 地租改正事業の進展と地押調査による修正
          831
          • 地租改正事業への転換/地租改正地引絵図の作成/農民たちの騒擾/地押調査による修正
      • 第三節
        近代教育の幕開け
        839
        • 幕末・維新期の庶民教育
          839
          • 寺子屋師匠の墓/寺子屋の状況
        • 学制下の小学校
          844
          • 学制の頒布/小学校の設置/小学校の試験と席書/明治期の教師像
        • 教育令の頒布と改正
          851
          • 教育令の改正と松方デフレ/江栗小学校の改築/改正教育令の再改正/白石小学校の分校問題/一一枚の修了証書
      • 第四節
        西南戦争
        857
        • 西南戦争点描
          857
          • 士族反乱と有司専制批判/官・薩両軍の兵力/薩軍主力、城北へ/最初の遭遇戦、植木向坂の戦い/小倉聯隊の南下ルート/木葉附近の戦い/第一・第二両旅団の南下/官軍南下の主要ルートと田原坂/官軍は江田を通ったか/高瀬附近の戦い、薩軍桐野利秋江田を通る/山鹿附近の戦い、官軍菰田の舟橋を渡る/田原坂陥落から薩軍の終焉へ
        • 官軍防衛施設の設営
          872
          • 堡塁・台場の設置/陣営の設置
        • 女性探偵・軍夫・戦争商い・戦死者・焼家
          878
          • 官軍探偵として活躍した一女性/軍夫・戦争商い/本町域の官軍戦死者、焼家・破毀家
      • 第五節
        地域の変化と暮らしの諸相
        885
        • 生活の変化
          885
          • 人口と戸数の推移/公共機関の設置/国家の祝祭日/明治一一年の生活
        • 松方デフレの衝撃
          892
          • 米価の暴落/小作農の増加/急激な人口流出
        • 民権と国権の対立
          896
          • 民権派政党の結成(中央)/民権・国権各政党の結成(熊本)/民権派政党の合体・発展、解党/民権派政党の再結集・国権派政党の台頭/「親殺し問題」の影響/国権党と改進党の対立
    • 第二章
      進む近代化
      907
      • 第一節
        町村制の施行
        907
        • 新村誕生とその組織
          907
          • 新村誕生/川沿村における村制の確立
        • 村の財政と役場の新設
          910
          • 村の財政/役場の新設
        • 激化する政争と政党リーダーたち
          919
          • 激化する政争/藩閥と政党の接近・妥協/国権党リーダー村上一郎/残り五人の国権党リーダー/改進党系リーダー森川儀平/古嶋督史と深草團次/つづく政争
        • 江田・花簇両村の組合解除への歩み
          934
          • 江田・花簇組合村分村事件/分村から合村へ、そして中立へ/国権党復帰後、組合村解除/明治期村会議員の党派別傾向
      • 第二節
        佐世保国道の開通と生活の変化
        941
        • 佐世保国道の建設
          941
          • 近代交通網の整備/誘致合戦の顛末/県議会での否決から可決へ/具体的ルートの策定と補償問題/道路工事の進展/地方道の整備
        • 変化する生活
          951
          • 人口の爆発的な増加/伝染病の実態と対策/頻発する災害と対策
      • 第三節
        地域経済の変革
        958
        • 農事改良事業
          958
          • 老農の誕生から農会へ/稲作の改良事業/さまざまな改良事業/菊池川の漁業
        • 養蚕と製糸業の展開
          963
          • 私立江栗製糸伝習所の開設/明治三〇年の生産高/稚蚕共同飼育と同組合の設置/共同製糸場・生糸共同揚返組合の設立
        • 売薬の発展
          969
          • 売薬のはじまり/売薬の広がり
      • 第四節
        村に持ち込まれた近代戦争
        972
        • 日清戦争とその影響
          972
          • 日清戦争/軍備拡張・軍国教育・金融恐慌
        • 日露戦争と戦後恐慌
          975
          • 日露戦争/戦後恐慌と地方改良運動/戦争の記念物
      • 第五節
        教育の普及
        982
        • 尋常小学校の設置
          982
          • 小学校令の公布/尋常小学校の教員
        • 尋常高等小学校の設置
          985
          • 小学校令の改正/玉名東部高等小学校の開校/玉名東部高等小学校の閉校
        • 東郷東・西両尋常高等小学校の成立・統合・移転
          989
          • 東郷尋常小学校と藤野尋常小学校/三尋常小学校の改築と統合/東郷東小学校の高等科廃止
        • 実業補習教育の進展
          993
          • 実業補習学校の併置/実業補習学校の実態
    • 第三章
      大正時代の歩み
      996
      • 第一節
        大正デモクラシーと政争
        996
        • 護憲運動と政党内閣の成立
          996
          • 桂園時代から米騒動まで/「平民宰相」誕生から若槻内閣まで
        • 国権党(憲政会)と政友会の対立
          999
          • 政友会の党勢拡大/各村における政党勢力の実態・変化/東郷村の倉光県議・米澤村長
        • 日独戦争への参戦と慰霊
          1006
          • 青島陥落式と提灯行列/凱旋祝勝会と旗行列/戦没者と村葬
        • 町村制の改正、郡制の施行・廃止、県制の施行・改正
          1011
          • 町村制の改正/郡制の施行・廃止、県制の施行・改正
      • 第二節
        生活の向上と地域産業の変貌
        1015
        • 変貌する地域
          1015
          • 人口と職業構成/江田の町並み/変わる生活/自転車の普及と道路改修/渡し舟/伝染病や災害の対策
        • 玉東製糸の設立と売薬業の発展
          1025
          • 製糸工場と繭の売買/玉東製糸の設立/売薬業の組織化
        • 農会事業の発展
          1030
          • 共同苗代田の推進/耕地整理事業・稲田給水組合/種々の改良事業
      • 第三節
        各種団体の活動
        1034
        • 青年団と処女会
          1034
          • 青年団の沿革/本県青年団の組織化/江田青年会の活動内容/江田青年団への改組/女子青年団の発足と江田処女会の活動
      • 第四節
        教育の充実
        1038
        • 尋常高等小学校の新築・増築
          1038
          • 江田尋常高等小学校の新築/花簇尋常高等小学校の増築/内田建築踊りの誕生/川沿尋常高等小学校の増築/東郷東・西尋常高等小学校の合併/大正初期の父兄会
        • 実業補習学校から公民学校へ
          1046
          • 東郷村の実業補習学校/川沿村の実業補習学校/実業補習学校規程の改正/女子補習教育の状況
        • 青年訓練所の併置
          1050
          • 青年訓練所令の公布/東郷西・東青年訓練所の設置/青年訓練所生の体験入隊
    • 第四章
      長びく十五年戦争と暮らしのなかで
      1055
      • 第一節
        昭和恐慌と農村経済更生運動
        1055
        • 民政党・国民同盟と政友会の対立
          1055
          • 金融恐慌から五・一五事件まで/国民同盟の結成から二・二六事件まで
        • 各村政党の変化と江田村の政争
          1059
          • 有為転変の各政党/在職期間が一〇日と八日の江田村々長
        • 恐慌下の産業と暮らし
          1064
          • 恐慌とあいつぐ水害/農村経済運動/熊本売薬と肥後売薬/恐慌下の生活
      • 第二節
        満州事変から日中戦争へ
        1070
        • 中国大陸への派兵拡大
          1070
          • 「満州国」建国から華北分離工作へ/近衛「青年内閣」と華北侵略/戦役記念碑から招魂祭、そして村葬へ
        • 戦時統制下の産業と江田の町並み
          1077
          • 玉東製糸株式会社の生産動向/売薬業の展開/江田の町並み
        • 各種団体の動向
          1081
          • 青年団と処女会の再編/各種婦人会の統廃合/消防団の公設化と警防団の設置/在郷軍人会の設立
      • 第三節
        教育の統制
        1090
        • 尋常高等小学校の新築・拡張・講堂建設
          1090
          • 花簇尋常高等小学校の新築/江田尋常高等小学校の拡張・講堂新築/川沿尋常高等小学校の講堂新築
        • 奉安殿と小学校教育
          1097
          • 「御真影」と教育勅語の一体化/教育勅語謄本・御真影の「拝戴」/奉安殿の建設、奉安庫・奉掲所の設置
        • 国民学校と青年学校の設置
          1104
          • 国民学校令の公布/青年学校令の公布/江田農業公民学校と青年訓練所の実態/「江田町外三ケ村学校組合」の成立/県下初の独立青年学校の設置と玉東青年学校の誕生
      • 第四節
        アジア・太平洋戦争への拡大
        1114
        • アジア・太平洋戦争
          1114
          • 日米開戦/「満蒙開拓」/在職期間最長の村長/在郷軍人分会長から町長へ当選
        • 戦時体制下の産業と生活
          1120
          • 売薬業界の一元化/軍需工場となった城北製糸/農業の統制/江田町の誕生と各村役場の移転・新築
        • 銃後の暮らしと終戦
          1127
          • 招魂祭と村葬/食糧事情など/赤穂原秘匿飛行場余聞/二機の「赤とんぼ」、江田へ/分散教育/長崎へ原爆投下/終戦の詔勅
  • 第七編
    現代
    • 第一章
      戦後復興過程と合併前の菊水町のようす
      1139
      • 第一節
        敗戦後の日本
        1139
      • 第二節
        菊水町民の戦争体験
        1140
        • 悲惨な戦争体験/焦土化した都市/戦中戦後の食糧不足・もの不足
      • 第三節
        戦後の回復期の到来
        1150
        • GHQによる改革から朝鮮戦争まで/熊本県下と菊水町の農地改革
      • 第四節
        菊水町の戦後一〇年
        1156
        • 新しい学制による教育のはじまり/婦人会の誕生/そのほかの動き
    • 第二章
      昭和の町村合併と菊水町の誕生
      1163
      • 第一節
        昭和の大合併の背景と熊本県の動向
        1163
        • 町村合併促進の気運とその背景/熊本県における昭和の市町村合併
      • 第二節
        いざ合併へ
        1167
        • 一町三村のかかわり/一町三村の合併発議/合併調査委員会の取り組み
      • 第三節
        菊水町誕生へ
        1171
        • 合併促進委員会の審議経過/合併促進協議会の経過/町村議会での審議/菊水町建設計画書の内容
      • 第四節
        菊水町の船出
        1177
    • 第三章
      売薬と製糸業の町・菊水
      1183
      • 第一節
        売薬業の発展史
        1183
        • 売薬業の成り立ち/県外に広がる売薬活動/配置売薬業(生産会社の設立)/配置売薬商業組合の設立/証言・売薬行商/生産会社のあゆみ/配置売薬の斜陽化/家庭薬会社の現在
      • 第二節
        製糸業の発展と養蚕地帯の形成
        1203
        • 日本の製糸業と養蚕業の変遷/熊本県と菊水町の養蚕業/城北製糸(株)の盛衰史/製糸業・養蚕業の斜陽化と衰退
    • 第四章
      高度経済成長期の菊水町
      1222
      • 第一節
        高度経済成長と社会の動き
        1222
        • わが国の高度経済成長とその背景/高度経済成長と農業・農村の変容
      • 第二節
        菊水町における農業・農村の変容
        1227
        • 新農山村建設総合対策事業による菊水町の変容/菊水町の動き/農業基本法下の菊水町の変容/菊水町の農業構造改善事業
      • 第三節
        過疎化による地域農業の弱体化
        1242
        • 菊水町の過疎化
      • 第四節
        商店街の変容・集落の変容
        1245
        • 江田商店街の盛衰/農村集落の盛衰
    • 第五章
      菊水町総合計画と産業振興
      1256
      • 第一節
        産業構造転換期
        1256
        • 高度経済成長期の終焉/企業の減量経営と伸びぬ賃金/バブル経済
      • 第二節
        菊水町総合計画の策定
        1260
        • 菊水町のできごと(昭和四八〜六三年)/町の将来像の計画と見直し/菊水町の一五年間の変容(昭和四五〜六〇年)
      • 第三節
        菊水町の地域変容
        1272
        • 地形図でみる地域変容/空中写真で見る地域変容
      • 第四節
        菊水町の地域づくり
        1279
        • 万世の都構想/菊水ロマン館と道の駅/菊水インターチェンジの開通と菊水町
    • 第六章
      国際化・少子高齢化時代の菊水町
      1290
      • 第一節
        低迷する国内経済の流れ
        1290
      • 第二節
        菊水町の動き
        1293
      • 第三節
        平成の菊水町振興計画と地域づくり
        1296
        • 菊水町の農業・農村の変容/地域農業とその担い手/中山間地域対策事業と菊水町の棚田/久井原ニュータウンの建設
      • 第四節
        菊水町の教育と福祉
        1311
        • 激減する児童・生徒数/地域で子どもを育てる/福祉の町・菊水
      • 第五節
        菊水町の自然災害
        1327
        • 水害/ハザードマップ/台風被害・雪害
    • 第七章
      平成の市町村合併と菊水町
      1340
      • 第一節
        平成の大合併と熊本県の市町村再編計画
        1340
        • 平成の大合併の背景/平成一三〜一七年の時限特例法下における全国の合併市町村の状況
      • 第二節
        熊本県における市町村合併結果
        1347
      • 第三節
        玉名地域における市町村合併論議の流れ
        1351
        • 県北地域の合併枠組み
      • 第四節
        菊水町の決断と合意形成の過程
        1355
        • 菊水町の決断と意思決定の背景/配置分合関係資料の内容
      • 第五節
        今後町はどうかわるのか
        1360
      • 第六節
        菊水町の閉町
        1364
  • 参考文献
  • 執筆分担一覧
  • 菊水町史編纂審議委員会
  • 菊水町史編纂委員会
  • 資料提供機関・提供者
  • 協力機関・協力者
  • 菊水町史地区協力委員
  • 事務局
  • あとがき


MOKUJI分類:地方史誌