臨床神経眼科学

金原出版/2008.2

当館請求記号:SC631-J8

分類:医療


目次


「目」次

  • I.
    臨床神経眼科学のすすめ
    • (1)
      臨床神経眼科学のすすめ
      柏井聡
      2
      • 1.
        日常の眼科診療がすべての基本
        2
        • 1)
          診断のながれ
          2
        • 2)
          成人と小児のみかた
          2
        • 3)
          神経眼科はチーム医療
          3
      • 2.
        神経眼科は考える臨床
        3
      • 3.
        経験則ではなく科学的解析
        4
  • II.
    症状のみかた
    • (1)
      視覚の陰性症状
      • 1)
        霧視
        中馬秀樹
        6
        • 1.
          急性の眼のかすみ
          6
          • 1)
            病歴
            6
          • 2)
            特に注目すべきスクリーニング検査項目
            6
        • 2.
          慢性の眼のかすみ
          6
          • 1)
            病歴
            6
          • 2)
            特に注目すべきスクリーニング検査項目
            7
        • 3.
          眼球光学系の異常の霧視の特徴
          7
        • 4.
          網膜−後頭葉系の異常の霧視の特徴
          8
          • 1)
            持続性の霧視
            8
          • 2)
            非誘発性一過性霧視
            8
          • 3)
            誘発性一過性霧視
            9
      • 2)
        一過性視覚障害
        中塚和夫
        今泉雅資
        11
        • 1.
          問診
          11
        • 2.
          眼科検査
          12
        • 3.
          全身検査
          12
          • 1)
            採血
            12
          • 2)
            血圧,心電図,心エコー
            13
          • 3)
            頸動脈エコー,頸動脈ドップラ
            13
          • 4)
            頭部CT,頭部MRI,頭部MRA
            13
        • 4.
          一過性黒内障
          13
        • 5.
          閃輝性暗点
          14
      • 3)
        色覚異常
        北原健二
        15
        • 1.
          概念
          15
        • 2.
          検査の進め方
          15
          • 1)
            スクリーニング
            15
          • 2)
            確定診断
            15
          • 3)
            程度判定
            15
        • 3.
          色覚異常の種類と分類
          16
          • 1)
            先天色覚異常
            16
          • 2)
            後天色覚異常
            17
      • 4)
        視野異常
        可児一孝
        20
        • 1.
          疾患と視野
          20
          • 1)
            眼底に異常がある場合
            20
          • 2)
            視神経の異常
            20
        • 2.
          視野異常の診断
          23
        • 3.
          視野異常の機構
          24
      • 【point】初診患者の自動視野計のプログラムの選択とプリントアウトの読み方
        松本長太
        28
        • 1.
          プログラムの選択
          28
          • 1)
            測定点配置
            28
          • 2)
            測定アルゴリズム
            28
        • 2.
          測定結果の評価
          29
          • 1)
            データの信頼性
            29
          • 2)
            測定データの解釈
            31
        • 3.
          初診患者の視野評価のポイント
          31
          • 1)
            初めから再検査も含めた視野検査のプランをたてる
            31
          • 2)
            異なったタイプの視野検査を組み合わせ,最も病変がつかみやすい方法を探る
            31
      • 5)
        視覚失認
        小山慎一
        河村満
        32
        • 1.
          定義・原因
          32
        • 2.
          症状
          32
          • 1)
            顔−相貌失認
            32
          • 2)
            風景−街並失認
            32
          • 3)
            物体−物体失認
            33
          • 4)
            文字−純粋失読
            33
        • 3.
          鑑別診断
          33
        • 4.
          治療法
          34
      • 【point】高次視機能障害のテスト
        仲泊聡
        古田渉
        35
        • 1.
          スクリーニングテスト
          35
          • 1)
            描画
            35
          • 2)
            模写
            35
          • 3)
            標準高次視知覚検査
            36
        • 2.
          視力検査
          36
          • 1)
            TACおよびランドルト環での視力検査
            36
          • 2)
            視力測定時間
            36
        • 3.
          色覚検査
          36
          • 1)
            色票照合検査と色名呼称検査
            36
          • 2)
            塗り絵・イラスト画の配色の間違い探索
            36
        • 4.
          奥行き知覚検査
          37
          • 1)
            ランダムドットステレオグラム
            37
          • 2)
            pointing
            37
        • 5.
          運動知覚検査
          37
          • 1)
            運動方向弁別検査
            37
          • 2)
            shape from motion
            37
          • 3)
            structure from motion
            37
        • 6.
          半側空間無視の検査
          37
          • 1)
            線分二等分検査
            37
          • 2)
            視野検査
            37
          • 3)
            視覚消去現象
            38
    • (2)
      視覚の陽性症状
      • 1)
        幻視
        大東祥孝
        39
        • 1.
          幻覚の臨床的特徴
          39
        • 2.
          シャルル・ボネ症候群
          40
        • 3.
          脳脚幻覚症
          41
        • 4.
          入眠幻覚,出眠幻覚
          41
        • 5.
          後頭葉性幻視
          41
        • 6.
          側頭葉性幻視
          42
      • 【point】閃輝性暗点
        福島正大
        44
        • 1.
          原因
          44
        • 2.
          症状
          45
        • 3.
          診断のポイント
          46
        • 4.
          治療
          46
    • (3)
      運動障害
      • 1)
        複視
        尾﨑峯生
        47
        • 1.
          複視というリスク
          47
        • 2.
          複視診断のフローチャート
          47
          • 1)
            診察の第1ステップ:片眼でもダブりますか?
            47
          • 2)
            診察の第2ステップ:診断的向き眼位と眼球運動検査
            48
          • 3)
            診察の第3ステップ:赤ガラス試験
            49
          • 4)
            診断の第4ステップ:単独麻痺か複合麻痺か?
            49
          • 5)
            診断の第5ステップ:鑑別診断の考え方
            52
          • 6)
            そのほかの診断ポイント
            52
      • 【point】3D眼球運動解析
        鈴木康夫
        55
        • 1.
          眼球運動とは何か
          55
        • 2.
          眼球運動をどのようにして記録するか
          55
        • 3.
          眼球運動はどのように記録し解析すればよいか
          55
          • 1)
            アナログ解析
            56
          • 2)
            デジタル解析
            56
        • 4.
          3D眼球運動はどのように解析するか?
          56
          • 1)
            回転運動としての解析
            56
          • 2)
            回転運動の特殊性
            56
          • 3)
            簡便な3D眼球運動解析の条件
            58
    • (4)
      眼痛
      松井淑江
      60
      • 1.
        充血を伴わない場合
        60
        • 1)
          有痛性視力障害
          60
        • 2)
          有痛性瞳孔不同
          60
        • 3)
          有痛性眼球運動障害
          61
        • 4)
          関連痛
          62
        • 5)
          頭痛と関連した眼痛・眼窩痛
          62
      • 2.
        充血を伴う場合
        62
      • 3.
        診断・治療に一刻を争う,眼痛を伴う疾患
        63
  • III.
    徴候のみかた
    • (1)
      視覚系の機能的神経解剖
      高梨泰至
      66
      • 1.
        形態視の神経解剖
        66
        • 1)
          視細胞・双極細胞
          66
        • 2)
          網膜神経節細胞
          66
        • 3)
          外側膝状体
          68
        • 4)
          V1
          68
        • 5)
          V2,V4
          68
      • 2.
        色覚視の神経解剖
        68
        • 1)
          視細胞・双極細胞
          68
        • 2)
          神経節細胞
          70
        • 3)
          外側膝状体
          70
        • 4)
          V1,V2
          70
        • 5)
          V4
          70
      • 3.
        運動視の神経解剖
        70
        • 1)
          視細胞・双極細胞
          70
        • 2)
          網膜神経節細胞
          71
        • 3)
          外側膝状体
          71
        • 4)
          V1,V2,V3
          71
        • 5)
          V5
          71
      • 4.
        「何?」経路と「どこ?」経路
        71
    • (2)
      網膜のみかた
      • 1)
        眼底のみかた,黄斑疾患のみかた
        松村美代
        72
        • 1.
          倒像眼底検査
          72
        • 2.
          細隙灯による眼底の観察
          72
          • 1)
            高屈折非接触凸レンズによる倒立実像の観察
            72
          • 2)
            高屈折接触凸レンズによる倒立実像の観察
            73
          • 3)
            凹レンズによる正立虚像の観察
            73
          • 4)
            細隙灯の保守点検
            73
      • 2)
        CAR症候群の診断
        大黒浩
        74
        • 1.
          定義・原因
          74
        • 2.
          症状
          74
        • 3.
          所見
          74
        • 4.
          診断のポイント
          74
        • 5.
          病因診断
          74
          • 1)
            CAR抗原と自己免疫獲得機序
            74
          • 2)
            CAR自己抗体による網膜障害機序
            76
        • 6.
          治療法
          76
      • 【point】MEWDS
        竹田宗泰
        77
        • 1.
          まれな疾患である
          77
        • 2.
          急性に発病
          77
        • 3.
          多発性の斑点が眼底にみられる
          77
        • 4.
          広範な網膜脈絡膜機能の異常がある
          77
        • 5.
          経過は良好である
          77
        • 6.
          典型例は診断が容易であるが,境界病変が少なくない
          77
        • 7.
          悪化傾向がなければ経過観察
          77
    • (3)
      視神経のみかた
      • 1)
        先天性視神経乳頭異常
        若倉雅登
        80
        • 1.
          概念
          80
        • 2.
          乳頭の形態をみてすぐわかる異常
          80
          • 1)
            朝顔症候群,視神経コロボーマ,乳頭ピット,乳頭周囲ぶどう腫,後部第一次硝子体過形成遺残
            80
          • 2)
            乳頭周囲の先天異常
            82
        • 3.
          注意しないと見落とす乳頭異常
          82
          • 1)
            乳頭傾斜
            82
          • 2)
            視神経低形成
            83
      • 【point】Leber遺伝性視神経症
        真島行彦
        85
      • 2)
        視神経乳頭腫脹(単眼+両眼)
        柏井聡
        86
        • 1.
          視神経乳頭腫脹
          86
          • 1)
            先天性乳頭隆起
            86
          • 2)
            後天性乳頭隆起
            86
      • 3)
        視神経乳頭萎縮
        根木昭
        94
        • 1.
          定義
          94
        • 2.
          病理
          94
        • 3.
          臨床所見
          94
          • 1)
            乳頭の色
            94
          • 2)
            乳頭の形態
            95
          • 3)
            血管の変化
            95
          • 4)
            乳頭周囲の形態
            99
        • 4.
          鑑別疾患
          99
        • 5.
          原因疾患
          99
    • (4)
      眼球運動系の機能的神経解剖
      加瀬学
      100
      • 1.
        共通伝導路にはあらゆる眼球運動の速度・眼位信号が流れる
        100
      • 2.
        脳幹・中脳における眼球運動駆動器の存在
        100
      • 3.
        内側縦束内を流れる水平運動と垂直運動情報は異なる
        101
      • 4.
        上丘には視標の空間−時間変換を行い,眼球運動駆動器を起動させるニューロンとsaccade発生を抑制するニューロンがある
        103
      • 5.
        頭頂葉は前頭眼野と上丘へ視覚誘導性saccade情報を伝達する
        103
      • 6.
        前頭眼野は上丘へ2つの伝導路をもつ
        104
      • 7.
        小脳は脳幹駆動器と並列回路を形成している
        105
    • (5)
      眼球運動のみかた
      • 1)
        両眼性障害(注視麻痺)
        吉田寛
        107
        • 1.
          側方注視麻痺
          107
          • 1)
            定義・原因
            107
          • 2)
            症状
            107
          • 3)
            所見
            107
          • 4)
            診断のポイント,鑑別診断
            110
          • 5)
            病因診断
            110
          • 6)
            治療方法
            110
        • 2.
          眼運動失行症
          110
          • 1)
            定義・原因
            110
          • 2)
            症状
            110
          • 3)
            所見
            110
          • 4)
            診断のポイント,鑑別診断
            110
          • 5)
            病因診断
            110
          • 6)
            治療方法
            111
        • 3.
          垂直注視麻痺
          111
          • 1)
            定義・原因
            111
          • 2)
            症状
            111
          • 3)
            所見
            111
          • 4)
            診断のポイント,鑑別診断
            111
          • 5)
            病因診断
            112
          • 6)
            治療方法
            112
      • 【point】水平と上下one-and-a-half症候群
        木村友剛
        113
        • 1.
          One-and-a-half症候群
          113
        • 2.
          Vertical one-and-a-half症候群
          114
      • 2)
        単眼性障害(神経・筋麻痺)
        大平明彦
        116
        • 1.
          どの筋肉が異常?
          116
          • 1)
            診断的むき眼位で運動制限をみつける
            116
          • 2)
            運動制限判定の目安も微妙な例が
            116
          • 3)
            運動制限をみつけても注意;みかけだけかも/複視を訴えないかも
            117
          • 4)
            麻痺筋発見のための各種補助検査法
            117
          • 5)
            単筋麻痺か?
            119
        • 2.
          障害部位と原因の予測と確定
          119
          • 1)
            障害筋からみた原因予測
            119
          • 2)
            問診・随伴症状でさらに推測あるいは確定
            119
          • 3)
            さらなる検査の追加でさらに鑑別・確定
            120
      • 3)
        眼振
        池園哲郎
        八木聰明
        121
        • 1.
          自発眼振および注視眼振
          121
        • 2.
          頭位・頭位変換眼振
          121
    • (6)
      瞳孔系のみかた
      • 1)
        瞳孔不同(Anisocoria)
        Aki Kawasaki
        129
      • 【翻訳】
        大石明生
        123
        • 1.
          器質的瞳孔不同
          123
        • 2.
          神経原性vs薬剤性
          123
          • 1)
            散大し縮瞳不良な瞳孔
            123
        • 3.
          神経原性vs生理的瞳孔不同
          127
          • 1)
            対光反応正常,暗所でより明確になる瞳孔不同
            127
      • 2)
        輻輳調節障害
        石川均
        135
        • 1.
          定義
          135
        • 2.
          原因
          135
        • 3.
          症状
          135
        • 4.
          診断のポイント,鑑別診断
          135
          • 1)
            診断,診察のポイント
            135
          • 2)
            検査
            136
          • 3)
            定量評価のための検査機器
            136
          • 4)
            鑑別診断
            138
        • 5.
          病因診断
          138
          • 1)
            輻湊調節痙攣
            138
          • 2)
            輻湊調節不全・麻痺
            139
        • 6.
          治療
          139
    • (7)
      眼瞼,眼窩のみかた
      • 1)
        眼球突出
        井上洋一
        140
        • 1.
          眼球突出の原因疾患について
          140
        • 2.
          眼球突出度測定法
          140
          • 1)
            ヘルテル眼球突出計
            141
          • 2)
            MRIによる眼球突出度計測法
            141
          • 3)
            測定値について
            141
        • 3.
          日本人の眼球突出度
          142
        • 4.
          眼窩画像検査
          142
          • 1)
            CTスキャン
            143
          • 2)
            MRI
            143
          • 3)
            眼窩単純X線撮影
            143
          • 4)
            超音波検査
            143
        • 5.
          高度眼球突出例
          143
        • 6.
          眼球突出の管理と治療
          143
          • 1)
            真の眼球突出
            143
          • 2)
            見かけ上の眼球突出
            146
      • 2)
        眼瞼下垂
        向野和雄
        原直人
        147
        • 1.
          眼瞼下垂に関係する筋,神経組織と機能
          147
        • 2.
          病態総論
          148
        • 3.
          眼瞼下垂の診断総論
          148
          • 1)
            下垂の診断
            148
          • 2)
            挙筋力
            149
          • 3)
            下垂の日内変動,動揺,疲労現象,休息機能回復など
            150
          • 4)
            テンシロンテスト
            150
          • 5)
            0.25%ネオシネジン点眼テスト
            150
          • 6)
            Enhanced ptosis
            151
          • 7)
            Old photography
            151
        • 4.
          各論
          151
          • 1)
            核上性
            151
          • 2)
            動眼神経麻卑(核性)
            151
          • 3)
            動眼神経麻痺(核下性)
            151
          • 4)
            先天性眼瞼下垂
            151
          • 5)
            重症筋無力症
            152
          • 6)
            筋原性
            152
          • 7)
            症候性
            153
          • 8)
            Marcus Gunn現象
            153
          • 9)
            Horner症候群
            153
          • 10)
            開瞼失行症
            153
          • 11)
            偽下垂
            153
          • 12)
            その他
            153
        • 5.
          治療
          153
  • IV.
    非器質的視覚障害のみかた
    • (1)
      機能的視力/視野障害の診断法
      田淵昭雄
      156
      • 1.
        機能的視力障害
        156
        • 1)
          機能的視力障害を疑う状況
          156
        • 2)
          検査および診断
          156
      • 2.
        機能的視野障害
        157
        • 1)
          機能的視野障害を疑う状況
          157
        • 2)
          検査および診断
          161
    • (2)
      心因性視力障害の診断法
      福西勇夫
      163
      • 1.
        心因性視力障害とは?
        163
      • 2.
        原因
        163
      • 3.
        精神医学的診断と治療
        163
        • 1)
          身体化障害
          163
        • 2)
          転換障害
          164
    • (3)
      心理的問題が関与する眼科障害
      西松能子
      166
      • 1.
        心因性盲および詐盲にどのような社会心理的要因が関与しているか?
        166
      • 2.
        心因性盲
        166
        • 1)
          疫学
          167
        • 2)
          合併疾患
          167
        • 3)
          成因
          167
        • 4)
          診断
          167
        • 5)
          鑑別診断
          168
        • 6)
          特記すべき臨床像
          168
        • 7)
          経過
          168
        • 8)
          治療
          168
      • 3.
        詐盲
        168
        • 1)
          疫学
          168
        • 2)
          合併疾患
          169
        • 3)
          成因−詐盲を惹起する現実的利益
          169
        • 4)
          診断
          169
        • 5)
          鑑別診断
          169
        • 6)
          治療と経過
          169
    • 【point】VERIS,VEPの応用
      亀井亜理
      172
      • 1.
        症例
        172
      • 2.
        応用
        172
    • 【point】瞳孔視野検査の応用
      吉冨健志
      175
      • 1.
        瞳孔視野計の歴史
        175
        • 1)
          半盲性瞳孔強直について
          175
        • 2)
          瞳孔視野計の開発
          175
      • 2.
        症例呈示
        176
      • 3.
        診断のポイント
        176
      • 4.
        瞳孔視野計の今後
        177
    • 【point】頸部外傷後の輻輳・調節障害の診断
      奥英弘
      179
      • 1.
        原因
        179
      • 2.
        症状
        179
      • 3.
        診断
        179
        • 1)
          調節障害
          179
        • 2)
          輻輳障害
          179
        • 3)
          眼球運動障害
          180
        • 4)
          心因性反応,詐病との鑑別
          180
      • 4.
        治療と予後
        180
    • 【point】身障,労災,保険の後遺症診断の記載にあたって医師の知るべき法的注意点
      植田謙次郎
      181
  • V.
    神経眼科の患者のみかた
    • (1)
      基本的な診察
      • 1)
        神経眼科スクリーニング検査
        中馬秀樹
        184
        • 1.
          神経眼科スクリーニング検査の項目
          184
        • 2.
          瞳孔検査
          184
          • 1)
            準暗室での瞳孔の大きさの比較
            184
          • 2)
            直接光照射による瞳孔収縮反応
            185
          • 3)
            Swinging Flash Light Test
            185
        • 3.
          対座法視野検査
          187
        • 4.
          眼球運動と眼位検査
          188
          • 1)
            眼球運動検査
            188
          • 2)
            眼位検査
            189
        • 5.
          直像鏡による検査
          190
          • 1)
            赤色反射
            190
          • 2)
            眼底検査
            192
    • (2)
      小児の診察
      • 【point】小児の神経眼科的診察法
        八子恵子
        193
        • 1.
          小児は訴えないがサインは出している
          193
        • 2.
          小児はみせてくれない?
          193
        • 3.
          見えているかどうかの判断,視力測定
          193
        • 4.
          眼位や眼球運動に問題はないか
          194
        • 5.
          首を曲げて可愛いけど,やっぱり問題
          194
        • 6.
          その他の検査
          195
        • 7.
          本当に神経眼科的疾患か
          195
        • 8.
          先入観は禁物
          196
          • 1)
            不同視弱視治療中に弱視眼に視神経炎を発症した例
            196
          • 2)
            心因性視力障害が疑われた神経芽細胞腫の1例
            196
        • 9.
          いつからおかしいのか
          196
    • (3)
      瞳孔の診察
      • 1)
        動眼神経麻痺に合併した滑車神経麻痺
        山縣祥隆
        187
        • 1.
          核・核下性眼球運動神経経路のまとめ
          197
          • 1)
            脳幹〜くも膜下腔
            197
          • 2)
            海綿静脈洞〜上眼窩裂
            197
        • 2.
          複合神経麻痺の責任病巣
          197
        • 3.
          複合神経麻痺の頻度
          199
        • 4.
          動眼神経麻痺下の滑車神経麻痺の診断
          199
      • 2)
        外転神経麻痺に合併したHorner症候群
        大石明生
        宮本和明
        200
        • 1.
          基礎知識と臨床像
          200
        • 2.
          検査
          200
        • 3.
          治療,予後
          201
      • 【point】海綿静脈洞症候群
        石川弘
        203
        • 1.
          定義・症状
          203
        • 2.
          診断
          203
        • 3.
          原因
          203
      • 3)
        滑車神経麻痺に合併したRAPD
        田口朗
        207
        • 1.
          神経解剖上の2つの重要なポイント
          207
        • 2.
          滑車神経麻痺の合併
          207
        • 3.
          意外なpitfallは?
          209
      • 4)
        同名半盲に合併したRAPD
        中村誠
        210
        • 1.
          同名半盲にみられるRAPDの意義
          210
        • 2.
          視索症候群
          210
        • 3.
          先天性後頭葉半盲
          210
  • VI.
    神経眼科の画像のみかた
    • (1)
      神経画像診断
      橋本雅人
      214
      • 1.
        撮影方法
        214
        • 1)
          CTかMRIか
          214
        • 2)
          眼窩部か頭部か
          214
        • 3)
          眼窩部の撮影条件
          215
        • 4)
          神経眼科領域で用いる特殊なMRI撮影法
          215
      • 2.
        実際のオーダーのしかた
        215
        • 1)
          視神経疾患
          216
        • 2)
          眼球運動障害
          219
    • 【point】fMRIの原理と応用
      三木淳司
      222
      • 1.
        fMRIの原理
        222
      • 2.
        fMRIの応用
        222
        • 1)
          脳外科手術の術前マッピング
          222
        • 2)
          他覚的視機能評価
          222
        • 3)
          疾患の病態の解明
          222
    • 【point】眼科MR Spectroscopyの原理と応用
      簗島謙次
      226
      • 1.
        原理
        226
      • 2.
        応用
        227
        • 1)
          視覚障害者のMRS
          227
        • 2)
          視覚刺激に対するlactateの変化
          227
    • 【point】拡散テンソル画像の原理と応用
      吉田正樹
      井田正博
      228
      • 1.
        拡散テンソル画像とは
        228
      • 2.
        DTIの原理
        228
      • 3.
        DTIの臨床応用,問題点,今後の展望
        231
    • 【point】MEGの原理と応用
      金桶吉起
      232
      • 1.
        脳磁場の起源
        232
      • 2.
        測定方法
        232
      • 3.
        測定結果の解析,評価
        232
      • 4.
        信号源推定
        234
      • 5.
        臨床応用
        234
  • VII.
    神経眼科の救急疾患のみかた
    • (1)
      全身的緊急疾患
      • 1)
        動眼神経麻痺
        宮本和明
        236
        • 1.
          定義・原因
          236
          • 1)
            中脳障害
            236
          • 2)
            テント切痕ヘルニア
            236
          • 3)
            内頸動脈−後交通動脈分岐部動脈瘤
            236
          • 4)
            神経栄養血管閉塞による虚血
            236
          • 5)
            海綿静脈洞から眼窩にかけての障害
            237
          • 6)
            その他
            237
        • 2.
          症状・所見
          237
        • 3.
          診断のポイント,鑑別診断
          237
      • 【point】後方流出型海綿静脈洞部硬膜動静脈奇形
        正井宏和
        240
        • 1.
          “白い眼”のCCF
          240
        • 2.
          症例
          240
        • 3.
          後方流出型海綿静脈洞部硬膜動静脈奇形
          240
        • 4.
          診断
          240
      • 2)
        内頸動脈解離
        藤江和貴
        242
        • 1.
          定義・原因
          242
        • 2.
          症状
          242
        • 3.
          所見
          243
        • 4.
          診断のポイント:検査所見
          243
        • 5.
          治療方針
          243
      • 3)
        動脈炎性虚血性視神経症
        村山耕一郎
        245
        • 1.
          定義・原因
          245
        • 2.
          症状
          245
        • 3.
          所見
          245
        • 4.
          診断のポイント
          245
        • 5.
          病因の診断
          246
          • 1)
            巨細胞性動脈炎
            247
          • 2)
            結節性多発性動脈炎
            247
          • 3)
            アレルギー性肉芽腫性血管炎
            247
          • 4)
            その他の病因
            247
        • 6.
          他の視神経症との鑑別
          247
          • 1)
            視神経炎
            247
          • 2)
            鼻性視神経症
            248
          • 3)
            外傷性視神経症
            248
          • 4)
            中毒性視神経症
            248
        • 7.
          治療方法
          248
      • 4)
        ウェルニッケ脳症
        青木淳哉
        遠藤一博
        249
        • 1.
          定義・原因
          249
        • 2.
          症状・所見
          249
        • 3.
          診断
          249
          • 1)
            ビタミンB1投与に対する反応
            249
          • 2)
            採血検査
            249
          • 3)
            温度眼振検査
            251
          • 4)
            画像検査
            251
          • 5)
            その他
            251
        • 4.
          病態
          251
        • 5.
          治療・回復過程
          251
        • 6.
          後遺症・合併症
          251
          • 1)
            Korsakoff症候群
            251
          • 2)
            脚気
            252
      • 5)
        脳幹部症候群←脳梗塞性
        • A.
          間脳中脳移行部
          髙橋洋司
          253
          • 1.
            解剖学と臨床的特徴
            253
          • 1)
            垂直注視麻痺
            253
        • B.
          中脳症候群
          髙橋洋司
          253
          • I
            動眼神経核
            254
          • II
            髄内線維束
            255
          • 1.
            解剖学と臨床的特徴
            255
          • 2.
            画像診断
            257
          • 3.
            鑑別診断
            257
        • C.
          橋症候群
          髙橋洋司
          257
          • 1.
            解剖学と臨床的特徴
            257
        • D.
          延髄症候群
          髙橋洋司
          260
        • E.
          小脳症候群
          高木峰夫
          西野和彦
          263
          • 1.
            めまいに神経症状を伴ったら小脳梗塞を疑う
            263
          • 2.
            小脳の血行支配は?
            263
          • 3.
            小脳と眼球運動のかかわりは?
            263
          • 1)
            一般的な機能
            263
          • 2)
            小脳の眼球運動領域
            264
          • 4.
            よくある初期の症状は?
            265
          • 5.
            血管閉塞部位による症状の違いは?
            265
          • 1)
            SCA閉塞症
            265
          • 2)
            AICA閉塞症
            266
          • 3)
            PICA閉塞症
            266
          • 4)
            ラクナ梗塞
            267
          • 6.
            致死的な病態は?
            267
          • 7.
            早期診断にはMRIが有用
            268
          • 8.
            鑑別すべき疾患は?
            268
          • 9.
            脳外科へ紹介を
            268
      • 6)
        下垂体卒中
        加島陽二
        269
        • 1.
          定義
          270
        • 2.
          頻度
          270
        • 3.
          病態・誘因・症状
          270
        • 4.
          臨床症候
          270
          • 1)
            視力障害
            270
          • 2)
            複視
            271
          • 3)
            頭痛
            271
          • 4)
            その他の症状
            271
        • 5.
          検査所見
          271
          • 1)
            画像診断
            271
          • 2)
            内分泌検査
            271
        • 6.
          診断
          271
          • 1)
            くも膜下出血
            272
          • 2)
            急性脳脊髄膜炎
            272
          • 3)
            球後視神経炎,トロッサ・ハント症候群,片頭痛
            272
          • 4)
            緑内障
            273
        • 7.
          治療
          273
    • (2)
      外傷性神経眼科疾患とその治療
      • 1)
        外傷性視神経症
        稲富誠
        275
        • 1.
          定義と病態
          275
        • 2.
          診断
          275
          • 1)
            臨床症状
            275
          • 2)
            診断にあたっての注意
            275
          • 3)
            鑑別診断
            276
        • 3.
          治療
          277
          • 1)
            ステロイド薬と高浸透圧液を主体の薬物療法
            277
          • 2)
            視神経減圧術
            277
          • 3)
            その他
            278
        • 4.
          視力改善率など
          278
      • 2)
        眼窩吹き抜け骨折
        中村泰久
        280
        • 1.
          診断
          280
          • 1)
            眼部鈍的外傷患者が受診したら?
            280
          • 2)
            眼窩壁骨折が疑われたら,緊急手術の要否を念頭に置く!
            280
          • 3)
            他覚所見の把握
            280
          • 4)
            眼球牽引試験を行うことは罪悪である!
            280
          • 5)
            画像診断による確定診断
            281
        • 2.
          治療
          283
          • 1)
            治療の原則
            283
          • 2)
            緊急手術が必要!
            283
          • 3)
            そのほかの症例で手術時期をどう決めるか?
            283
          • 4)
            手術は何を目標とするか?
            283
          • 5)
            術式の選択
            283
          • 6)
            眼窩壁骨折手術(経眼窩縁法)の実際
            283
          • 7)
            術後の管理
            286
  • VIII.
    外因性神経眼科疾患のみかた
    • (1)
      エタンブトール視神経症
      木村徹
      288
      • 1.
        定義・原因
        288
      • 2.
        症状
        288
      • 3.
        所見
        288
      • 4.
        診断
        290
      • 5.
        病因
        291
      • 6.
        治療方針
        291
    • 【point】化学療法剤
      真鍋伸一
      292
    • (2)
      ミノサイクリンの副作用(The side effects of Minocycline)
      Wanicha Chuenkongkaew
      297
    • 【翻訳】
      橋本雅
      293
      • 1.
        作用機序
        294
      • 2.
        診断
        294
        • 1)
          症状
          294
        • 2)
          所見
          295
        • 3)
          検査
          295
      • 3.
        文献と症例報告
        295
      • 4.
        治療
        295
    • (3)
      放射線視神経症
      菊地雅史
      301
      • 1.
        定義・原因
        301
      • 2.
        症状
        301
      • 3.
        所見
        301
      • 4.
        診断のポイント,鑑別診断
        301
      • 5.
        病因診断
        303
      • 6.
        治療方法
        303
  • IX.
    神経眼科の最新治療法
    • (1)
      視神経疾患の最新治療
      • 1)
        視神経炎の治療
        藤本尚也
        306
        • 1.
          病態,原因
          306
        • 2.
          鑑別診断
          306
        • 3.
          治療
          307
        • 4.
          予後
          307
      • 2)
        視神経網膜炎の治療
        敷島敬悟
        309
        • 1.
          定義・原因
          309
        • 2.
          所見
          309
        • 3.
          症例
          311
          • 1)
            ネコひっかき病
            311
          • 2)
            イヌ蛔虫症
            311
        • 4.
          治療
          311
          • 1)
            ネコひっかき病
            311
          • 2)
            イヌ蛔虫症
            311
          • 3)
            トキソプラズマ症
            311
      • 3)
        虚血性視神経症の治療
        中村誠
        313
        • 1.
          虚血性視神経症減圧術トライアル
          313
        • 2.
          本当に視神経鞘減圧術は効かないことが証明されたのか?
          314
        • 3.
          レボドパ
          314
        • 4.
          放射状視神経切開術
          315
        • 5.
          経角膜電気刺激
          315
      • 4)
        圧迫性視神経症の治療
        • A
          視神経鞘髄膜腫(Optic Nerve Sheath Meningioma)
          Wayne T. Cornblath
          322
        • 【翻訳】
          大石明生
          317
          • 1.
            定義・病態
            317
          • 2.
            症状
            317
          • 3.
            診断
            317
          • 4.
            治療
            319
          • 1)
            経過観察
            319
          • 2)
            手術
            319
          • 3)
            放射線治療
            320
        • B
          視覚経路に発生する神経膠腫(Optic Pathway Glioma)
          Wayne T. Cornblath
          330
        • 【翻訳】
          大石明生
          326
          • 1.
            定義・病態
            326
          • 2.
            自然経過
            326
          • 3.
            治療
            328
          • 1)
            手術
            328
          • 2)
            放射線治療
            328
          • 3)
            化学療法
            328
        • C
          下垂体腫瘍
          髙橋潤
          333
          • 1.
            定義・種類
            333
          • 2.
            症状
            333
          • 1)
            視野欠損
            333
          • 2)
            視力障害
            333
          • 3)
            下垂体卒中
            333
          • 4)
            外眼筋麻痺
            334
          • 5)
            腫瘍随伴症状
            334
          • 6)
            下垂体機能低下症
            334
          • 3.
            画像診断
            336
          • 4.
            診断のポイント,鑑別診断
            336
          • 1)
            下垂体腺腫
            336
          • 2)
            ラトケ胞
            336
          • 3)
            頭蓋咽頭腫
            336
          • 4)
            トルコ鞍近傍髄膜腫
            336
          • 5)
            胚細胞腫瘍
            336
          • 6)
            脳動脈瘤
            336
          • 5.
            治療法
            336
          • 1)
            下垂体腺腫
            336
          • 2)
            他の腫瘍性病変の治療法
            337
        • 【point】下垂体近傍のMRI
          中尾雄三
          338
          • 1.
            下垂体近傍は神経眼科の最重要拠点
            338
          • 2.
            代表的な疾患と画像所見
            338
          • 1)
            視神経炎・視交叉炎
            338
          • 2)
            鞍結節髄膜腫
            338
          • 3)
            下垂体腺腫
            338
          • 4)
            頭蓋咽頭腫
            338
          • 5)
            蝶形骨洞と上咽頭悪性腫瘍・中頭蓋転移腫瘍
            338
          • 6)
            骨異形成症
            339
          • 7)
            動脈瘤
            339
          • 8)
            頸動脈海綿静脈洞瘻
            340
          • 9)
            肥厚性硬膜炎
            340
    • (2)
      眼運動系の最新眼科治療
      • 1)
        プリズムと麻痺性斜視
        松下賢治
        不二門尚
        342
        • 1.
          プリズムの原理
          342
        • 2.
          フレネル膜プリズム
          343
        • 3.
          麻痺性斜視におけるプリズム処方の目標
          343
        • 4.
          プリズム処方の留意点
          344
        • 5.
          プリズムの合成法
          344
        • 6.
          プリズム処方の問題点
          345
          • 1)
            麻痺からの回復に関しては効果がない
            345
          • 2)
            視力低下の問題
            345
          • 3)
            色収差の問題
            345
        • 7.
          遮蔽膜の適応
          346
      • 2)
        外転神経麻痺の治療
        菅澤淳
        347
        • 1.
          外転神経の解剖
          347
        • 2.
          原因に対する治療
          347
        • 3.
          薬物治療
          347
        • 4.
          複視に対する治療
          348
          • 1)
            非観血的治療
            348
          • 2)
            手術治療
            349
      • 【point】固定内斜視の手術
        横山連
        351
        • 1.
          定義・原因
          351
        • 2.
          MRIによる診断
          351
        • 3.
          手術法の実際
          351
      • 3)
        滑車神経麻痺の治療
        三村治
        354
        • 1.
          先天滑車神経麻痺
          354
          • 1)
            小児の先天上斜筋麻痺
            354
          • 2)
            代償不全性上斜筋麻痺
            354
        • 2.
          後天滑車神経麻痺
          354
          • 1)
            薬物療法とその予後
            354
          • 2)
            プリズム療法および遮閉法
            355
          • 3)
            手術療法
            356
      • 4)
        動眼神経麻痺の治療
        三村治
        358
        • 1.
          薬物療法とその予後
          358
        • 2.
          プリズム療法および遮閉法
          360
        • 3.
          手術療法
          360
      • 【point】眼振の手術
        佐藤美保
        361
        • 1.
          術前検査
          361
        • 2.
          眼振の手術
          362
        • 3.
          手術の合併症
          363
      • 【point】外眼筋BTx注射
        木村久
        364
        • 1.
          注射のコツ
          364
        • 2.
          適応
          364
        • 3.
          麻痺性斜視の治療
          364
          • 1)
            早期の動眼神経麻痺の例
            366
          • 2)
            陳旧性の動眼神経麻痺の例
            366
      • 5)
        Adie/Horner症候群の眼科治療
        内海隆
        367
        • 1.
          Adie症候群の眼科治療
          367
          • 1)
            自覚症状とその経過の概要
            367
          • 2)
            原因療法
            367
          • 3)
            瞳孔症状への治療
            367
          • 4)
            調節症状への治療
            368
          • 5)
            長期予後
            368
        • 2.
          Horner症候群の眼科治療
          368
          • 1)
            原因疾患とその概要
            368
          • 2)
            原因治療
            368
          • 3)
            瞳孔症状への治療
            368
          • 4)
            眼瞼症状への治療
            368
          • 5)
            調節症状への治療
            369
          • 6)
            発汗症状への治療
            369
          • 7)
            眼圧下降への治療
            369
    • (3)
      眼瞼,眼窩の最新治療
      • 1)
        眼瞼痙攣の治療
        鈴木幸久
        清澤源弘
        370
        • 1.
          眼瞼痙攣の病態
          370
        • 2.
          症状
          370
        • 3.
          鑑別すべき疾患
          371
          • 1)
            片側顔面痙攣
            371
          • 2)
            開瞼失行症
            371
          • 3)
            乾性角膜炎
            371
          • 4)
            顔面筋ミオキミア
            371
        • 4.
          治療方法
          371
          • 1)
            ボツリヌス毒素注射
            371
          • 2)
            内服薬
            372
          • 3)
            手術療法
            372
      • 2)
        眼窩筋炎の治療
        山野井貴彦
        373
        • 1.
          臨床症状
          373
        • 2.
          鑑別診断
          373
        • 3.
          治療
          373
      • 3)
        甲状腺眼症の治療
        井上洋一
        376
        • 1.
          眼球突出
          376
          • 1)
            筋肥大のない眼窩症の場合
            377
          • 2)
            筋肥大のある眼窩症の場合
            377
        • 2.
          眼瞼異常
          377
        • 3.
          結膜病変
          378
        • 4.
          角膜病変
          378
        • 5.
          外眼筋障害
          378
        • 6.
          視神経網膜症
          379
    • (4)
      全身性の神経眼科疾患の最新管理
      • 1)
        片頭痛
        清水俊彦
        381
        • 1.
          疾患概念
          381
        • 2.
          症状
          381
        • 3.
          病因論
          382
        • 4.
          診断基準
          382
        • 5.
          治療薬
          382
          • 1)
            予防的治療
            382
          • 2)
            急性期治療薬
            385
      • 2)
        多発性硬化症
        齊田孝彦
        389
        • 1.
          定義・原因・病型分類
          389
        • 2.
          症状と所見
          389
        • 3.
          診断のポイント,鑑別診断
          390
        • 4.
          治療方法
          391
          • 1)
            増悪期の回復促進短期治療
            391
          • 2)
            再発進行防止療法
            391
      • 3)
        アジア人患者における多発性硬化症関連視神経炎のインターフェロンβ療法(Interferon beta treatment of multiple sclerosis-associated optic neuritis in Asian patients)
        An-Guor Wang, et al
        398
      • 【翻訳】
        河野尚子
        中馬秀樹
        395
      • 4)
        重症筋無力症
        向野和雄
        原直人
        401
        • 1.
          症候
          401
        • 2.
          診断
          402
        • 3.
          治療方針
          402
      • 5)
        ミトコンドリア筋症
        大井長和
        407
        • 1.
          定義・原因
          407
        • 2.
          症状
          407
        • 3.
          所見
          408
        • 4.
          診断のポイントと鑑別診断
          408
        • 5.
          病因診断
          409
        • 6.
          治療方法
          409
          • 1)
            症候的治療
            409
          • 2)
            薬理学的治療
            409
          • 3)
            遺伝子治療の試み
            410
        • 7.
          予後
          410
      • 6)
        ミトコンドリア脳筋症
        井川正道
        米田誠
        栗山勝
        411
        • 1.
          診断
          411
          • 1)
            臨床所見
            411
          • 2)
            検査・画像所見
            412
          • 3)
            診断
            412
        • 2.
          治療
          412
          • 1)
            慢性期治療
            412
          • 2)
            急性期治療
            413
          • 3)
            合併症状に対する治療
            414
          • 4)
            輸液上の注意点・禁忌
            414
          • 5)
            周術期の管理
            414
      • 7)
        ギランバレー,フィッシャー症候群
        小鷹昌明
        結城伸泰
        416
        • 1.
          ギラン・バレー症候群
          416
          • 1)
            定義・概念
            416
          • 2)
            疫学
            416
          • 3)
            病因・病態生理
            416
          • 4)
            臨床症状
            417
          • 5)
            検査所見
            417
          • 6)
            診断・鑑別診断
            419
          • 7)
            治療
            419
          • 8)
            予後・転帰
            419
        • 2.
          フィッシャー症候群
          421
          • 1)
            定義・概念
            421
          • 2)
            疫学
            421
          • 3)
            病因・病態生理
            421
          • 4)
            臨床症状
            421
          • 5)
            検査
            421
          • 6)
            診断・鑑別診断
            422
          • 7)
            治療
            422
          • 8)
            予後・転帰
            422
      • 8)
        悪性リンパ腫—治療を中心に
        有馬靖佳
        423
        • 1.
          神経眼科領域の悪性リンパ腫
          423
        • 2.
          組織別の特徴と病変部位
          423
        • 3.
          初期治療=診断をつける
          425
          • 1)
            進行が早い病態に注意
            425
          • 2)
            術前検査
            425
          • 3)
            適切な生検・細胞診
            425
          • 4)
            ステージング
            426
        • 4.
          診断を治療に結びつける
          426
          • 1)
            限局したリンパ腫
            426
          • 2)
            広がったindolentリンパ腫
            426
          • 3)
            広がったaggressiveリンパ腫
            426
        • 5.
          主要治療法の解説
          426
          • 1)
            リツキシマプ療法+放射線治療
            426
          • 2)
            MALTリンパ腫に対する除菌療法
            427
          • 3)
            抗癌剤併用療法
            427
          • 4)
            メソトレキセート大量療法
            428
          • 5)
            抗癌剤髄注
            428
          • 6)
            自己末梢血幹細胞移植を併用した抗癌剤超大量療法
            428
      • 【point】眼科領域のリンパ腫と治療
        安積淳
        429
        • 1.
          眼付属器リンパ腫
          429
          • 1)
            発生部位
            429
          • 2)
            MALTリンパ腫
            430
          • 3)
            MALTリンパ腫以外のリンパ腫
            430
          • 4)
            鑑別診断
            430
          • 5)
            治療
            431
        • 2.
          眼中枢神経系リンパ腫
          431
          • 1)
            生命予後
            431
          • 2)
            原発眼内リンパ腫
            431
          • 3)
            転移性眼内リンパ腫
            431
          • 4)
            眼内リンパ腫の治療
            432


MOKUJI分類:医療