非定型うつ病 : パニック障害・社交不安障害

主婦の友社/2009.7

当館請求記号:Y75-J1771

分類:医療


目次


よくわかる最新医学
非定型うつ病 パニック障害・社交不安障害 目次

  • 第1章
    「わがまま」「なまけ者」と誤解される「非定型うつ病」4人のケース
    7
    • ケース1
      好きなことには熱中。仕事となると体調が悪くなるワーキングウーマン
      8
    • ケース2
      寝てばかりいて、過剰な食欲。ひと月で3キロも太ってしまった主婦
      10
    • ケース3
      彼のちょっとした言葉でふさぎ込み、ひきこもりになった女子大生
      12
    • ケース4
      自分でも意識しない抑うつがあらわれている会社員
      14
    • ●「非定型うつ病」と「定型うつ病」の違い
      16
  • 第2章
    非定型うつ病とは、どんな病気か
    17
    • 最近の「うつ病」事情
      18
    • うつ病といっても、いろいろな種類がある
      20
    • うつ病の3〜4割は「非定型うつ病」
      22
    • 「定型うつ病」と「非定型うつ病」では、どこがどう違うのか
      24
    • 症状の特徴(1)「気分反応性」…まわりの状況に反応し、気分が激しく変動
      27
    • 症状の特徴(2)「過眠・過食」…過剰に眠り、甘いものをむちゃ食い
      30
    • 症状の特徴(3)「鉛様麻痺」…体が重く、立ち上がれないほど
      32
    • 症状の特徴(4)「拒絶過敏性」…自分が拒絶されることに過敏に反応する
      34
    • 症状の特徴(5)「不安・抑うつ発作」…涙ぽろぽろ、別人のような行動をとる
      36
    • 症状の特徴(6)「怒り発作」…突然怒りだし、手がつけられない
      38
    • コラム 心を元気にする「マインドフルネス」
      29
    • コラム フラッシュバックや依存が起こることもある
      40
  • 第3章
    なぜ非定型うつ病になってしまうのか?
    41
    • ストレスが発病の誘因になる
      42
    • どんな性格が発病にかかわるか
      44
    • 脳内の変化とうつ病(1) 神経伝達物質の働きが落ちる
      48
    • 脳内の変化とうつ病(2) 血流の悪化や機能の低下がある
      50
    • 遺伝はどの程度影響するのか
      52
    • 子ども時代の育ち方(養育歴)とうつ病との関係
      54
    • 現代の社会環境が、新タイプのうつ病を生んだ!?
      56
    • 体を使わないと、心も不調になる
      58
    • コラム 非定型うつ病の患者像
      60
  • 第4章
    非定型うつ病とかかわりが深い病気、似た症状のある病気
    61
    • 非定型うつ病と不安障害は、根底に同じ“不安気質”がある
      62
    • 非定型うつ病と併発しやすい不安障害
      64
    • パニック障害(1) パニック障害とはどんな病気か
      66
    • パニック障害(2) パニック発作で起こること
      68
    • パニック障害(3) パニック障害はどんな経過をたどるか
      70
    • パニック障害(4) 病気で傷ついた心から生まれる思考・行動
      73
    • パニック障害(5) パニック障害はなぜ起こるのか
      75
    • パニック障害(6) パニック障害とうつ病は切っても切れない関係
      77
    • 社交不安障害(1) 社交不安障害とはどんな病気か
      80
    • 社交不安障害(2) どんな場面がこわいのか
      83
    • ストレス障害(1) ストレス障害(PTSD)とはどんな病気か
      88
    • ストレス障害(2) PTSDと、うつ病やパニック障害との類似症状
      90
    • その他の不安障害 特定の恐怖症、強迫性障害、全般性不安障害
      92
    • パニック障害とパーソナリティ障害の関係
      94
    • コラム 分離不安障害とは?
      87
    • コラム 非定型うつ病と症状が似ている病気
      96
  • 第5章
    非定型うつ病・パニック障害の診断と治療
    97
    • 非定型うつ病の診断
      98
    • パニック障害の診断
      100
    • 医師や医療機関を選ぶときのポイント
      103
    • 非定型うつ病の治療(1) 非定型うつ病の治療は薬物療法が中心
      106
    • 非定型うつ病の治療(2) 高い効果が認められている精神療法
      110
    • パニック障害の治療(1) パニック障害には薬物療法が重要
      114
    • パニック障害の治療(2) パニック障害の治療に使われる薬
      117
    • パニック障害の治療(3) 広場恐怖を改善する行動療法
      122
    • 認知行動療法の効果をあげる自律訓練法
      125
    • コラム 薬の個人輸入は危険
      109
  • 第6章
    毎日の過ごし方に回復のポイントがある
    127
    • 非定型うつ病の場合は、仕事を休むことがベストとは限らない
      128
    • 毎日の元気は規則正しい生活リズムから生まれる
      130
    • 体を動かすことには、薬と同じ効果がある
      134
    • ストレスをためずにリラックスする工夫
      136
    • 食事の乱れは生活の乱れ。質量ともに健康的な食行動を
      138
    • 不安が消えるのは一時的。アルコールは薬の効果を下げる
      142
    • 病気を悪化させるリスクには気を配る
      144
    • パニック発作が起こってもあわてない対処法
      146
    • 自傷行為への理解と対処法
      148
    • 家族は患者さんをどう理解し、接したらよいか
      150
    • コラム 職場の理解と協力を得ましょう
      129
    • ●全国・各都道府県の精神保健福祉センター
      152
    • ●非定型うつ病や不安障害関連の情報が得られるインターネットサイト
      155
  • 索引
    159


MOKUJI分類:医療