バイオマスプロセスハンドブック =BIOMASS PROCESS HANDBOOK

オーム社/2012.5.

当館請求記号:M2-J71


目次


目次

  • 第1部
    単位操作編
    • 第1章
      化学工学の概要
      2
      • 1.1.1
        収支論・平衡論・速度論・装置設計論
        2
        • 定義
          2
        • 意義
          2
          • [1]
            収支論
            2
          • [2]
            平衡論
            2
          • [3]
            速度論
            2
          • [4]
            装置設計論
            3
        • 概要
          3
          • [1]
            収支論
            3
          • (a)
            物質収支
            3
          • (b)
            エネルギー収支
            3
          • [2]
            平衡論
            4
          • [3]
            速度論
            6
          • (a)
            反応速度の温度依存性
            6
          • (b)
            物質移動速度
            6
          • (c)
            エネルギーの移動速度
            8
          • [4]
            装置設計論
            8
        • 一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
          9
        • 引用・参考文献
          9
        • 記号表
          9
      • 1.1.2
        流動
        10
        • 定義
          10
        • 意義
          10
        • 概要
          10
        • 一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
          10
        • 引用・参考文献
          11
        • 記号表
          11
      • 1.1.3
        伝熱
        12
        • 定義
          12
        • 意義
          12
        • 概要
          12
        • 一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
          12
        • 引用・参考文献
          13
        • 記号表
          13
      • 1.1.4
        反応器
        13
        • 定義
          13
        • 意義
          13
        • 概要
          13
          • [1]
            反応操作法による区別
            13
          • [2]
            連続反応器内での物質の流動状態
            14
          • [3]
            反応の分類と反応器形式
            14
        • 一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
          15
        • 引用・参考文献
          15
      • 1.1.5
        生物反応
        16
        • 定義
          16
        • 意義
          16
        • 概要
          16
          • [1]
            酵素反応
            16
          • (a)
            酵素の種類
            16
          • (b)
            酵素の特性
            17
          • (c)
            酵素反応速度
            17
          • [2]
            微生物反応
            17
          • (a)
            微生物の種類
            18
          • (b)
            微生物の特性
            18
          • (c)
            微生物と栄養源
            18
          • (d)
            微生物反応によるバイオマス変換
            18
        • 一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
          19
        • 引用・参考文献
          19
        • 記号表
          19
    • 第2章
      基礎物性
      20
      • 1.2.1
        組成
        20
        • 定義
          20
        • 意義
          20
        • 概要
          20
          • [1]
            バイオマスを構成する細胞
            20
          • [2]
            各バイオマスの組成の特徴
            21
          • (a)
            食品系バイオマス
            21
          • (b)
            海洋系バイオマス
            22
          • (c)
            食品廃棄物系バイオマス・有機汚泥類
            22
          • (d)
            畜産廃棄物系バイオマス
            22
          • (e)
            草本系バイオマス
            22
          • (f)
            木質系バイオマス
            24
          • [3]
            バイオマス構成成分概説
            25
          • (a)
            セルロース
            25
          • (b)
            ヘミセルロース
            25
          • (c)
            リグニン
            25
          • (d)
            ペクチン
            26
          • (e)
            タンパク質
            26
          • (f)
            その他の成分
            26
          • (g)
            無機成分
            26
        • 引用・参考文献
          26
      • 1.2.2
        熱力学的量
        27
        • 定義
          27
        • 意義
          27
        • 概要
          28
          • [1]
            発熱量
            28
          • (a)
            発熱量とは
            28
          • (b)
            測定方法
            28
          • (c)
            推算方法
            28
          • (d)
            バイオマスの発熱量
            29
          • [2]
            ギブズの自由エネルギー
            29
        • 引用・参考文献
          30
        • 記号表
          30
      • 1.2.3
        移動特性
        30
        • 定義
          30
        • 意義
          30
        • 概要
          30
          • [1]
            木質バイオマスの充填層加熱
            30
          • (a)
            熱収支式
            30
          • (b)
            バイオマス充填層内の熱伝導解析例
            33
          • [2]
            スラリー流動・伝熱
            34
          • 原理
            34
        • 一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
          34
        • 引用・参考文献
          35
        • 記号表
          35
    • 第3章
      単位操作(前処理・後処理)
      36
      • 1.3.1
        固体ハンドリング
        36
        • ■概要説明
          36
          • 定義
            36
          • 意義
            36
          • 概要
            36
        • ■詳細説明
          37
          • [1]
            ハンドリングの対象となる物質
            37
          • (a)
            37
          • (b)
            木質チップ
            37
          • (c)
            木質ペレット
            37
          • (d)
            ブリケット燃料
            38
          • (e)
            おが粉
            38
          • (f)
            プレナーくず
            38
          • (g)
            バーク
            38
          • (h)
            チャーアッシュ
            38
          • (i)
            燃焼灰
            38
          • [2]
            搬送
            38
          • (a)
            気流搬送装置
            38
          • (b)
            バケットチェーンコンベア
            39
          • (c)
            バケットエレベータ
            39
          • (d)
            ベルトコンベア
            40
          • (e)
            スクリューコンベア(スクリューフィーダ)
            40
          • (f)
            プッシュブィーダ
            40
          • (g)
            スウェイーベルアーム
            41
          • [3]
            貯留用機器(タンク)
            42
          • (a)
            投入時の注意
            42
          • (b)
            保管時の注意
            42
          • (c)
            搬出時の注意
            42
          • (d)
            ブリッジとその解消方法
            42
        • その他
          43
      • 1.3.2
        スラリーハンドリング
        44
        • ■概要説明
          44
          • 定義
            44
          • 意義
            44
          • 原理
            44
        • ■詳細説明
          45
          • [1]
            引力・斥力
            45
          • [2]
            凝集を考慮しないスラリー粘度
            46
          • [3]
            凝集を考慮したスラリー粘度
            47
          • [4]
            スラリー粘度予測
            48
          • [5]
            凝集・分散制御
            48
          • [6]
            スラリー貯蔵・輸送
            49
        • 引用・参考文献
          49
        • 記号表
          50
      • 1.3.3
        熱交換
        50
        • ■概要説明
          50
          • 定義
            50
          • 意義
            50
          • 原理
            50
          • 装置
            51
        • 一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
          51
        • 技術開発状況
          51
        • ■詳細説明
          51
          • [1]
            収支論
            51
          • (a)
            物質収支
            51
          • (b)
            エネルギー収支と効率
            51
          • [2]
            平衡論
            51
          • [3]
            速度論
            51
          • 伝熱・圧力損失
            51
          • [4]
            装置論
            52
          • (a)
            装置設計
            52
          • (b)
            装置事例
            52
          • [5]
            その他
            53
        • 引用・参考文献
          53
      • 1.3.4
        収穫・収集
        54
        • ■詳細説明
          54
          • [1]
            バイオマスの収穫・収集の基本
            54
          • [2]
            バイオマスの種類と価格
            54
          • [3]
            林産系残さの収集方法
            55
          • [4]
            農産残さの収集方法
            57
          • [5]
            資源作物の収穫
            60
        • 引用・参考文献
          61
      • 1.3.5
        パームの摘果と収集
        61
        • ■概要説明
          61
          • 定義ならびに意義
            61
        • ■詳細説明
          61
          • [1]
            オイルパームの主要部位およびプランテーションにおけるオイルパームの木のライフサイクル
            61
          • [2]
            果房の摘果
            63
          • [3]
            摘果された果房の運搬
            64
          • (a)
            全般
            64
          • (b)
            プランテーションでの果房収集とオイルミルへの運搬
            65
        • 引用・参考文献
          65
      • 1.3.6
        さく汁
        66
        • ■概要説明
          66
          • 定義
            66
          • 原理
            66
          • [1]
            サトウキビのかき下ろし,搬送
            66
          • [2]
            カッターとシュレッダ
            66
          • [3]
            多重ミル
            66
          • [4]
            糖液加熱,清浄化
            67
          • [5]
            マッドろ過
            67
          • [6]
            サトウキビの組成
            67
        • ■詳細説明
          67
          • [1]
            圧さく機械
            67
          • [2]
            圧さくとマセレーション
            68
          • [3]
            供給と中間キャリア(コンベア)
            68
          • (a)
            レーキコンベア
            68
          • (b)
            スラットコンベア
            68
          • (c)
            マイネッケキャリア
            68
          • (d)
            ゴムベルトキャリア
            68
          • (e)
            高速キャリア
            68
          • (f)
            最終ミルからの排出
            68
          • (g)
            その他
            68
          • [4]
            ミルの溝
            68
          • (a)
            溝の構成
            68
          • (b)
            ミルの摩損の原因
            69
          • [5]
            ミルの運転
            69
          • (a)
            ミルの圧力
            69
          • (b)
            ミルの能力
            69
          • (c)
            ミルの能力例
            69
          • (d)
            ミルの動力
            70
          • (e)
            ミルの構成
            70
          • [6]
            ミルの抽出率と収支
            70
          • (a)
            ミルの抽出率
            70
          • (b)
            ミルの物質収支
            70
          • [7]
            他のさく汁機械(ディフューザ)
            71
          • (a)
            ディフューザの型式
            72
          • (b)
            その他
            72
          • [8]
            まとめ
            72
          • (a)
            さく汁技術に関して
            72
          • (b)
            バイオマス利用に向けて
            72
        • 引用・参考文献
          73
      • 1.3.7
        乾燥
        73
        • ■概要説明
          73
          • 定義
            73
          • 意義
            73
          • 原理
            73
          • (a)
            含水率の定義
            73
          • (b)
            恒率乾燥,減率乾燥
            74
        • 装置
          75
        • 一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
          75
        • ■詳細説明
          76
          • [1]
            エネルギー収支
            76
          • [2]
            装置論
            76
          • (a)
            熱乾燥装置
            76
          • (b)
            物理乾燥装置
            78
        • 引用・参考文献
          79
      • 1.3.8
        濃縮
        80
        • [1]
          概要
          80
          • (a)
            濃縮工程
            80
          • (b)
            結晶化工程(煎糖:せんとう)
            81
          • (c)
            助晶工程
            81
          • (d)
            分蜜工程
            81
          • [2]
            糖汁の濃縮技術
            82
          • [3]
            糖液の組成
            82
          • [4]
            濃縮条件
            83
          • [5]
            濃縮装置
            83
          • (a)
            濃縮装置の構造
            83
          • (b)
            蒸発缶内の流れ
            83
          • (c)
            加熱管とダウンテーク部
            83
          • (d)
            真空発生部
            84
          • (e)
            伝熱面積
            84
          • (f)
            液面管理
            84
          • (g)
            他の蒸発缶
            85
          • [6]
            濃縮工程の運転方法
            85
          • (a)
            加熱用蒸気
            85
          • (b)
            スケーリング(缶石)
            85
          • (c)
            冷却器の冷却水量
            85
          • [7]
            濃縮工程の収支
            85
          • 多重効用缶まわりの物質収支
            85
          • [8]
            その他
            86
          • (a)
            糖液の保管
            86
          • (b)
            製糖工場の概略収支
            86
        • 引用・参考文献
          87
      • 1.3.9
        脱水・固液分離
        87
        • ■概要説明
          87
          • 定義
            87
          • 意義
            87
          • 原理
            88
        • ■詳細説明
          88
          • [1]
            沈降分離
            88
          • [2]
            ろ過分離
            89
          • (a)
            フィルタプレス
            91
          • (b)
            ベルトプレス
            92
          • (c)
            スクリュープレス
            92
          • (d)
            遠心ろ過分離機
            92
          • (e)
            真空ろ過分離機
            93
          • [3]
            バイオマスプロセスへの固液分離の導入における留意点
            94
        • 引用・参考文献
          94
      • 1.3.10
        水分抽出
        95
        • ■概要説明
          95
          • 定義
            95
          • 意義
            95
          • 原理
            96
          • 装置
            96
          • 技術開発状況
            97
        • ■詳細説明
          97
          • [1]
            収支論
            97
          • (a)
            物質収支
            97
          • (b)
            エネルギー収支
            98
          • [2]
            装置論
            99
        • 引用・参考文献
          99
      • 1.3.11
        破砕
        100
        • ■概要説明
          100
          • 定義
            100
          • 意義
            100
          • 原理
            100
          • 装置
            101
          • 一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
            102
          • 技術開発の状況
            102
        • ■詳細説明
          102
          • [1]
            収支論
            102
          • 破砕エネルギーと効率
            102
          • [2]
            速度論
            103
          • 粉砕速度と処理速度
            103
          • [3]
            装置論
            104
          • (a)
            破砕機の分類
            104
          • (b)
            破砕プロセス
            106
          • (c)
            その他
            107
        • 引用・参考文献
          107
      • 1.3.12
        粉砕
        107
        • ■概要説明
          107
          • 定義
            107
          • 意義
            107
          • 原理
            108
          • 装置
            108
          • 一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
            108
          • 技術開発状況
            109
        • ■詳細説明
          109
          • [1]
            収支論
            109
          • [2]
            平衡論
            110
          • [3]
            速度論
            111
          • [4]
            装置論
            111
          • (a)
            チップ化装置(生成物:5cm程度)
            111
          • (b)
            粗粉砕装置(生成物:10~0.2mm程度)
            112
          • (c)
            微粉砕装置(生成物:1000~10μm程度)
            113
          • (d)
            湿式粉砕装置(生成物:~5nm程度)
            114
          • [5]
            その他
            115
          • (a)
            安全
            115
          • (b)
            化学反応
            115
        • 引用・参考文献
          115
      • 1.3.13
        成形
        116
        • ■概要説明
          116
          • 定義
            116
          • 意義
            116
        • ■詳細説明
          116
          • [1]
            ペレット
            116
          • (a)
            ペレットとは
            116
          • (b)
            木質ペレット燃料
            117
          • (c)
            木質ペレット燃料の製造方法
            117
          • (d)
            ペレタイザ(造粒機)
            118
          • (e)
            国内における生産量と製造施設数
            120
          • [2]
            ブリケット
            120
          • (a)
            木質ブリケット
            120
          • (b)
            オガライト
            121
          • (c)
            成形木炭
            121
          • (d)
            もみ殻ブリケット
            121
          • [3]
            バイオコークス
            122
        • 引用・参考文献
          122
      • 1.3.14
        タール除去
        123
        • ■概要説明
          123
        • ■詳細説明
          123
          • [1]
            ガス化時に発生するタール
            123
          • (a)
            タールの性状
            123
          • (b)
            ガス中のタール許容量
            123
          • [2]
            タールの除去方法
            123
          • (a)
            物理的除去
            124
          • (b)
            熱によるクラッキンング
            125
          • (c)
            触媒による分解
            126
          • [3]
            実用例
            127
          • (a)
            湿式処理
            127
          • (b)
            フィルタ
            128
          • (c)
            高温クラッキング
            129
          • (d)
            触媒
            129
        • 引用・参考文献
          130
      • 1.3.15
        ガスエンジン
        130
        • ■詳細説明
          130
          • [1]
            ガスエンジンの概要
            130
          • [2]
            ガスエンジンの作動原理
            131
          • [3]
            ガスエンジンの燃焼サイクル
            131
          • [4]
            燃料ガスの特性
            133
          • [5]
            空気過剰率の定義
            134
          • [6]
            ガスエンジンの構造
            134
          • [7]
            ガスエンジンの燃焼性能
            135
          • (a)
            希薄燃焼(lean burn)
            135
          • (b)
            三元触媒(ストイキ燃焼)
            136
          • (c)
            ミラーサイクル
            136
          • [8]
            メタン発酵(消化ガス)用ガスエンジン
            136
          • (a)
            ミキサの設定(A/F調整)
            136
          • (b)
            メタン濃度変動への対応
            136
          • (c)
            不純物への対応
            137
          • (d)
            ガス流路の改造
            137
          • [9]
            熱分解ガス用火花点火式ガスエンジン
            137
          • (a)
            出力低下
            137
          • (b)
            ガス流路の改造
            138
          • (c)
            ガス組成への対応
            138
          • (d)
            不純物への対応
            138
          • [10]
            熱分解ガス用圧縮着火式ガスエンジン
            138
        • 引用・参考文献
          139
      • 1.3.16
        間接液化
        139
        • ■概要説明
          139
          • 定義
            139
          • 意義
            139
          • 原理
            139
          • ガス化-ガス精製-H2/CO比調整
            140
          • メタノールおよびDME合成
            140
          • FT合成
            141
          • 装置
            141
          • 一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
            141
          • 技術開発状況
            142
        • ■詳細説明
          142
          • [1]
            収支論
            142
          • (a)
            物質収支と収率
            142
          • (b)
            エネルギー収支と効率
            142
          • [2]
            平衡論
            142
          • [3]
            伝熱・圧力損失
            143
          • [4]
            装置論
            143
          • (a)
            装置設計
            143
          • (b)
            装置事例
            144
        • 引用・参考文献
          145
      • 1.3.17
        水素改質
        146
        • [部分水素化技術]
          146
        • ■概要説明
          146
          • 定義
            146
          • 意義
            146
          • 原理
            146
          • 装置
            147
          • 一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
            147
          • 技術開発状況
            147
        • ■詳細説明
          147
          • [1]
            収支論
            147
          • (a)
            物質収支と収率
            147
          • (b)
            エネルギー収支
            148
          • [2]
            速度論
            148
          • [3]
            装置論
            148
          • [4]
            触媒
            149
        • [水素化脱酸素技術]
          149
        • ■概要説明
          149
          • 定義
            149
          • 意義
            149
          • 原理
            150
          • 装置および一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
            150
          • 技術開発状況
            150
        • ■詳細説明
          150
          • [1]
            収支論
            150
          • (a)
            物質収支と収率
            150
          • (b)
            エネルギー収支
            152
          • [2]
            速度論
            152
          • [3]
            装置論
            152
          • [4]
            触媒
            153
        • 引用・参考文献
          153
      • 1.3.18
        蒸煮
        154
        • ■概要説明
          154
          • 定義
            154
          • 意義
            154
          • 原理
            155
          • 装置
            155
          • デンプン質原料
            155
          • 一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
            155
          • 技術開発状況
            156
        • ■詳細説明
          156
          • [1]
            デンプンの液化,糖化反応
            156
          • [2]
            糊化の速度論
            156
          • [3]
            物質・エネルギー収支の比較
            156
          • [4]
            装置論
            157
          • (a)
            装置設計
            157
          • (b)
            装置事例
            157
        • 引用・参考文献
          158
      • 1.3.19
        集じん
        159
        • ■概要説明
          159
          • 定義
            159
          • 意義
            159
          • 原理と装置
            159
          • (a)
            重力集じん器
            160
          • (b)
            慣性力集じん器
            160
          • (c)
            遠心力集じん器
            160
          • (d)
            洗浄集じん器
            160
          • (e)
            ろ過集じん器
            161
          • (f)
            電気集じん器
            161
          • (g)
            音波集じん器
            161
        • ■詳細説明
          162
          • [1]
            集じん率
            162
          • [2]
            粒径・粒径分布
            162
          • [3]
            粒径分布の測定法
            163
          • (a)
            ふるい分け法
            163
          • (b)
            沈降法
            163
      • 1.3.20
        水熱前処理
        164
        • ■概要説明
          164
          • 定義
            164
          • 意義
            164
          • 原理
            164
          • 装置
            165
        • 一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
          166
        • ■詳細説明
          166
          • [1]
            収支論
            166
          • (a)
            物質収支と収率
            166
          • (b)
            エネルギー収支
            166
          • [2]
            平衡論
            166
          • [3]
            速度論
            166
          • [4]
            装置論
            167
        • 引用・参考文献
          167
      • 1.3.21
        メタンガス脱硫
        168
        • ■概要説明
          168
          • 原理
            168
          • [1]
            乾式法
            168
          • [2]
            湿式法
            168
          • [3]
            生物脱硫法
            168
          • 装置
            168
          • [1]
            乾式法
            168
          • [2]
            湿式法
            169
          • [3]
            生物脱硫法
            169
          • 装置論
            170
          • 国内の主要なメーカ
            170
          • 引用・参考文献
            170
      • 1.3.22
        発酵残さ処理・排水処理
        177
        • ■詳細説明
          171
          • [1]
            発酵残さの性状と処理の概要
            171
          • [2]
            液肥利用
            171
          • [3]
            排水処理
            172
          • (a)
            放流基準
            172
          • (b)
            有機物,窒素の除去
            172
          • (c)
            高度処理
            173
          • [4]
            堆肥化
            174
          • (a)
            堆肥舎
            175
          • (b)
            通気型堆肥舎
            175
          • (c)
            機械かくはん式
            175
          • (d)
            密閉式
            175
          • [5]
            発酵残さ利用の課題と今後の展開
            176
        • 引用・参考文献
          176
      • 1.3.23
        酵素糖化
        176
        • ■概要説明
          176
          • 定義
            176
          • 意義
            176
          • 原理
            177
          • [1]
            前処理との関連
            177
          • [2]
            反応および酵素糖化収率
            177
          • [3]
            糖化酵素(セルラーゼ類)
            177
          • 装置
            178
          • 一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
            178
          • 技術開発状況
            179
        • ■詳細説明
          179
          • [1]
            収支論
            179
          • [2]
            平衡論
            179
          • [3]
            速度論
            179
          • (a)
            セルロースの種類による反応速度の差異
            179
          • (b)
            通常の酵素反応との差異
            180
          • (c)
            反応速度を律する要因
            180
          • [4]
            装置論
            181
          • (a)
            高濃度糖化
            181
          • (b)
            併行複発酵
            181
        • 引用・参考文献
          182
        • 参考資料
          182
      • 1.3.24
        水熱糖化
        183
        • ■概要説明
          183
          • 定義
            183
          • 意義
            183
          • 原理
            183
        • ■詳細説明
          183
          • (a)
            反応
            183
          • (b)
            植物種の影響
            184
          • (c)
            試料粉砕の影響
            185
          • [1]
            装置および操作
            185
          • (a)
            オートクレーブ式(回分式)
            185
          • (b)
            半流通式(パーコレータ型)
            186
          • (c)
            流通式
            186
          • [2]
            技術開発状況
            187
          • [3]
            物質収支と反応速度
            187
        • 引用・参考文献
          188
      • 1.3.25
        酸糖化
        189
        • ■概要説明
          189
          • 定義
            189
          • 意義
            189
          • 原理および製法
            189
          • [1]
            酸糖化の原理
            189
          • [2]
            酸糖化の方法
            189
          • (a)
            濃硫酸法
            189
          • (b)
            希硫酸法
            191
          • (c)
            酵素糖化法
            191
        • ■詳細説明
          192
          • [1]
            加水分解反応と速度論
            192
          • (a)
            加水分解反応式
            192
          • (b)
            反応速度式
            192
          • (c)
            ペントサンの加水分解
            193
          • [2]
            加水分解の推算結果
            194
          • (a)
            ヘミセルロースの加水分解
            194
          • (b)
            セルロースの加水分解
            194
          • [3]
            希硫酸法プロセス
            195
          • (a)
            プロセスフロー
            195
          • (b)
            加水分解装置
            195
          • (c)
            加水分解収支
            196
          • [4]
            その他
            196
          • (a)
            酸糖化技術に関して
            196
          • (b)
            酵素糖化の前処理として
            196
          • (b)
            プロセス構築に向けて
            196
        • 引用・参考文献
          196
      • 1.3.26
        アルカリ蒸解・酵素糖化
        197
        • ■概要説明
          197
          • 定義
            197
          • 意義
            197
          • 原理
            197
          • 装置
            198
          • 技術開発状況
            198
        • ■詳細説明
          199
          • [1]
            収支論
            199
          • (a)
            物質収支と収率
            199
          • (b)
            エネルギー収支
            199
          • [2]
            装置論
            200
          • (a)
            装置設計
            200
          • (b)
            装置事例
            200
        • 引用・参考文献
          202
      • 1.3.27
        爆砕糖化
        203
        • ■概要説明
          203
          • 定義
            203
          • 意義
            203
          • 原理
            203
          • 装置
            203
          • 一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
            203
        • ■詳細説明
          204
          • [1]
            収支論
            204
          • (a)
            物質収支
            204
          • (b)
            エネルギー収支
            204
          • [2]
            装置論
            205
          • (a)
            装置設計
            205
          • (b)
            装置事例
            205
        • 引用・参考文献
          207
      • 1.3.28
        エタノール膜分離
        207
        • ■概要説明
          207
        • ■概要説明
          208
          • [1]
            膜透過の推進力と透過係数
            208
          • [2]
            膜分離の適用範囲
            209
          • [3]
            エタノール膜分離のプロセス設計
            209
          • (a)
            含水エタノールの無水化
            209
          • (b)
            蒸留との組合せ
            214
          • (c)
            市販されている分離膜
            215
      • 1.3.29
        エタノールゼオライト乾燥
        216
        • ■概要説明
          216
          • 定義
            216
          • 意義
            216
          • 原理
            216
        • ■詳細説明
          216
          • [1]
            合成ゼオライト
            216
          • [2]
            主要な特徴
            217
          • [3]
            吸脱着方法
            217
          • [4]
            耐久性
            218
          • [5]
            エタノール製造プロセスにおける設置
            218
          • [6]
            連続運転
            218
          • [7]
            疎水性ゼオライトによる濃縮方法
            219
        • 引用・参考文献
          219
      • 1.3.30
        エタノールの濃縮蒸留・脱水蒸留
        220
        • ■概要説明
          220
          • 定義
            220
          • 意義
            220
          • 原理
            220
          • 装置
            221
          • 一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
            221
          • 技術開発状況
            222
        • ■詳細説明
          222
          • [1]
            気液平衡
            222
          • [2]
            連続精留塔と段効率
            223
          • [3]
            充填塔と棚段塔
            224
          • (a)
            充填塔
            224
          • (b)
            棚段塔
            224
          • [4]
            燃料用エタノールの蒸留濃縮装置
            225
          • [5]
            燃料用エタノールの脱水蒸留装置
            225
          • (a)
            共沸蒸留
            225
          • (b)
            抽出蒸留
            226
        • 引用・参考文献
          227
      • 1.3.31
        液洗浄
        227
        • ■概要説明
          227
          • 定義
            227
          • 意義
            227
          • 原理
            227
          • [1]
            油脂の精製
            227
          • [2]
            バイオディーゼルの精製
            228
          • 技術開発状況
            229
        • ■詳細説明
          230
          • [1]
            バイオディーゼル生成における化学動力学
            230
          • [2]
            脂肪酸,脂肪酸メチルエステルおよびグリセリンの水溶性の推定
            231
          • [3]
            乾式洗浄の効果
            232
        • 引用・参考文献
          233
    • 第4章
      単位操作(変換)
      234
      • 1.4.1
        燃焼(ペレットストーブ)
        234
        • ■概要説明
          234
          • 定義
            234
          • 意義
            234
          • 原理
            234
          • 装置
            234
        • ■詳細説明
          235
          • [1]
            ペレット燃料
            235
          • [2]
            性能
            236
          • (a)
            熱出力
            236
          • (b)
            熱効率と燃料消費量
            236
          • (c)
            消費電力
            236
          • (d)
            温風送風量と暖房熱負荷
            236
          • [3]
            装置論
            236
          • (a)
            室内給排気
            236
          • (b)
            灰処理
            237
          • (c)
            取扱方法
            237
          • (d)
            制御装置と保安装置
            237
      • 1.4.2
        燃焼(小型ボイラ)
        237
        • ■概要説明
          237
          • 定義
            237
          • 意義
            237
          • 原理
            237
          • 装置
            237
          • 一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
            237
          • 技術開発状況
            238
        • ■詳細説明
          238
          • [1]
            収支論
            238
          • (a)
            物質収支と収率
            238
          • (b)
            エネルギー収支と効率
            238
          • [2]
            装置論
            238
          • (a)
            高含水率の木質チップ燃料の燃焼方法
            239
          • (b)
            木質焚きボイラ特有の注意
            240
          • [3]
            その他
            243
          • (a)
            和歌山県「季楽里 龍神」温泉のチップボイラシステム
            243
          • (b)
            山口県林業指導センターのペレットボイラによる冷暖房システム
            244
        • 引用・参考文献
          245
      • 1.4.3
        燃焼(ボイラ)
        245
        • ■概要説明
          245
          • 定義
            245
          • 意義
            245
          • 原理
            246
          • 装置
            246
        • ■詳細説明
          246
          • [1]
            収支論
            246
          • (a)
            ボイラの容量など
            246
          • (b)
            ボイラ熱効率
            246
          • (c)
            燃焼効率ηc
            247
          • [2]
            装置論
            247
          • (a)
            ボイラ型式
            247
          • (b)
            燃焼方式
            247
          • (c)
            通風方式
            249
          • (d)
            制御
            249
          • (e)
            その他のボイラ諸特性2
            249
        • 引用・参考文献
          251
      • 1.4.4
        ガス化(固定床)
        252
        • ■概要説明
          252
          • 定義
            252
          • 意義
            252
          • 原理
            252
          • 装置
            254
        • ■詳細説明
          255
          • [1]
            燃料投入部
            255
          • [2]
            燃料レベルセンサ
            255
          • [3]
            ブリッジブレーカ
            256
          • [4]
            着火装置
            256
          • [5]
            火格子
            256
          • [6]
            チャーアッシュ取出口
            257
          • [7]
            サイクロン
            257
          • [8]
            装置論
            257
          • 国内の主要なメーカ
            257
      • 1.4.5
        ガス化(流動層)
        257
        • ■概要説明
          257
          • 定義
            257
          • 意義
            257
          • 原理
            258
          • 装置
            258
          • 一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
            259
          • 技術開発状況
            259
        • ■詳細説明
          259
          • [1]
            収支論
            259
          • (a)
            物質収支と収率
            259
          • (b)
            エネルギー収支と収率
            260
          • [2]
            平衡論
            261
          • [3]
            速度論
            261
          • (a)
            反応速度
            261
          • (b)
            伝熱速度
            261
          • [4]
            装置論
            261
          • (a)
            装置設計
            261
          • (b)
            装置事例
            262
          • [5]
            その他
            263
          • 触媒
            263
        • 引用・参考文献
          264
      • 1.4.6
        ガス化(噴流床)
        265
        • ■概要説明
          265
          • 定義
            265
          • 意義
            265
          • 原理
            265
          • [1]
            部分燃焼式の場合
            265
          • [2]
            外熱式の場合
            266
          • 装置
            266
          • [1]
            部分燃焼式の場合
            266
          • [2]
            外熱式の場合
            266
          • 一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
            267
          • 技術開発状況
            267
        • ■詳細説明
          267
          • [1]
            収支論
            267
          • (a)
            水蒸気改質ガス化反応
            267
          • (b)
            エネルギー収支
            268
          • (c)
            冷ガス効率
            268
          • [2]
            平衡論
            268
          • (a)
            木質(基準)の生成ガス組成
            268
          • (b)
            ガス化運転条件と生成ガス組成変化
            269
          • [3]
            速度論
            269
          • (a)
            部分燃焼式の場合
            269
          • (b)
            外熱式の場合
            269
          • [4]
            装置論
            269
          • (a)
            部分燃焼式の場合
            269
          • (b)
            外熱式の場合
            271
        • 引用・参考文献
          271
      • 1.4.7
        ガス化(ロータリーキルン)
        272
        • ■詳細説明
          272
          • [1]
            ロータリーキルン炉とは
            272
          • [2]
            ガス化炉としてのロータリーキルン
            272
          • [3]
            冷ガス効率
            273
          • [4]
            ガス組成
            273
          • [5]
            ロータリーキルンガス化炉設計上の留意点
            274
          • (a)
            処理能力と充填率
            274
          • (b)
            滞留時間
            275
          • [6]
            ロータリーキルンを使用したガス化発電システムの例
            275
        • 引用・参考文献
          276
      • 1.4.8
        急速熱分解
        277
        • ■概要説明
          277
          • 定義
            277
          • 意義
            277
          • 原理
            278
          • 装置
            278
          • 技術開発状況
            278
        • ■詳細説明
          279
          • [1]
            収支論
            279
          • (a)
            物質収支と収率
            279
          • (b)
            エネルギー収支と効率
            280
          • [2]
            平衡論
            281
          • [3]
            速度論
            282
          • (a)
            伝熱・圧力損失
            282
          • (b)
            反応速度
            282
          • [4]
            装置論
            283
          • (a)
            装置設計
            283
          • (b)
            装置事例
            284
          • [5]
            その他
            285
          • 接触急速熱分解
            285
        • 引用・参考文献
          285
      • 1.4.9
        炭化
        286
        • ■概要説明
          286
          • 定義
            286
          • 意義
            286
          • 原理
            287
          • 装置
            287
          • 一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
            288
          • 技術開発状況
            288
        • ■詳細説明
          288
          • [1]
            収支論
            288
          • (a)
            物質収支と収率
            288
          • (b)
            エネルギー収支と効率
            288
          • [2]
            平衡論
            289
          • [3]
            速度論
            289
          • (a)
            伝熱・圧力損失
            289
          • (b)
            反応速度
            289
          • [4]
            装置論
            291
          • (a)
            装置設計
            291
          • (b)
            装置事例
            291
        • 引用・参考文献
          291
          • 記号表
            292
      • 1.4.10
        水熱ガス化
        292
        • ■概要説明
          292
          • 定義
            292
          • 意義
            292
          • 原理
            293
          • 装置
            293
          • 一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
            293
          • 技術開発状況
            294
        • ■詳細説明
          294
          • [1]
            収支論
            294
          • (a)
            物質収支と収率
            294
          • (b)
            エネルギー収支と効率
            294
          • [2]
            平衡論
            294
          • [3]
            速度論
            295
          • (a)
            伝熱・圧力損失
            295
          • (b)
            反応速度
            295
          • [4]
            装置論
            295
          • (a)
            装置設計
            295
          • (b)
            装置事例
            296
          • [5]
            その他
            297
          • (a)
            触媒
            297
          • (b)
            昇圧操作
            297
          • (c)
            減圧操作
            297
        • 引用・参考文献
          298
      • 1.4.11
        直接液化
        298
        • ■概要説明
          298
          • 定義
            298
          • 意義
            299
          • 原理
            300
          • 装置
            301
        • ■詳細説明
          301
          • [1]
            反応のエネルギー収支
            301
          • [2]
            その他の加圧熱水反応
            303
          • (a)
            水熱炭化/水熱改質を利用するバイオスラリー燃料製造
            303
          • (b)
            亜臨界水利用による物質製造
            303
          • (c)
            水熱反応(水を媒体とする液化反応)以外の有機溶媒を媒体とする加圧熱溶媒反応
            303
          • [3]
            実施例
            304
        • 引用・参考文献
          304
      • 1.4.12
        メチルエステル化
        305
        • ■概要説明
          305
          • 定義
            305
          • 意義
            305
          • 原理
            306
          • 装置
            306
          • 一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
            307
          • 技術開発状況
            307
        • ■詳細説明
          308
          • [1]
            収支論
            308
          • (a)
            物質収支と収率
            308
          • (b)
            エネルギー収支と効率
            309
          • [2]
            平衡論
            309
          • [3]
            速度論
            310
          • [4]
            装置論
            310
          • [5]
            その他
            311
        • 引用・参考文献
          312
      • 1.4.13
        メタン発酵
        313
        • ■概要説明
          313
          • メタン発酵の原理
            314
          • 有機物の種類とメタン発酵によるバイオガス発生量
            315
          • 有機性廃棄物のメタン発酵処理フロー
            316
          • [1]
            前処理
            316
          • [2]
            タン発酵
            316
          • [3]
            後処理
            317
          • いろいろなメタン発酵プロセス
            318
          • [1]
            低・中濃度固形物含有有機廃棄物のメタン発酵プロセス
            318
          • [2]
            高速メタン発酵プロセス
            318
          • (a)
            固定床プロセス
            318
          • (b)
            流動床プロセス
            319
          • (c)
            汚泥床プロセス
            319
          • [3]
            乾式メタン発酵プロセス
            320
        • 引用・参考文献
          321
      • 1.4.14
        エタノール発酵
        322
        • ■概要説明
          322
          • 定義
            322
          • 意義
            322
          • 原理
            322
          • [1]
            各種原料からのエタノール生産
            322
          • [2]
            酵母
            323
          • [3]
            バクテリア
            323
          • 装置
            323
          • 技術開発状況
            323
          • [1]
            微生物の育種
            323
          • (a)
            耐熱性/エタノール耐性
            324
          • (b)
            耐酸性
            324
          • (c)
            耐塩性
            324
          • (d)
            キシロース発酵能の付与
            324
          • [2]
            SHF
            324
          • [3]
            SSF
            324
          • [4]
            CBP
            325
        • ■詳細説明
          325
          • [1]
            収支論
            325
          • (a)
            発酵境又率Yp
            325
          • (b)
            生産性
            325
          • (c)
            エネルギー収支と効率
            326
          • [2]
            発酵熱と生産性
            326
          • (a)
            理論式の誘導
            326
          • (b)
            発酵熱の算出
            327
          • [3]
            速度論
            327
          • (a)
            発酵温度阻害
            327
          • (b)
            エタノール阻害
            327
          • (c)
            高濃度のエタノール生成のための連続発酵プロセス
            328
          • [4]
            装置論
            328
          • (a)
            回分発酵
            328
          • (b)
            Melle-Boinot法
            328
          • (c)
            連続発酵プロセス
            328
          • (d)
            添掛け発酵法
            328
          • [5]
            凝集性酵母を用いた繰返し回分発酵法
            329
        • 引用・参考文献
          329
      • 1.4.15
        アセトン・ブタノール発酵
        330
        • ■概要説明
          330
          • 定義
            330
          • 意義
            330
          • 原理
            330
          • 装置
            332
          • 一般的な操作とバイオマスの場合の特徴
            332
          • 技術開発状況
            332
        • ■詳細説明
          333
          • [1]
            収支論
            333
          • (a)
            物質収文と収率
            333
          • (b)
            エネルギー収支と効率
            333
          • [2]
            速度論
            334
          • [3]
            装置論
            334
          • (a)
            装置設計
            334
          • (b)
            回分プロセス
            335
          • (c)
            半回分プロセス
            335
          • (d)
            連続プロセス
            336
          • (e)
            ブタノール除去プロセス
            336
        • 引用・参考文献
          337
      • 1.4.16
        水素発酵
        338
        • ■詳細説明
          338
          • [1]
            概要
            338
          • [2]
            暗水素発酵菌
            339
          • (a)
            暗水素発酵菌
            339
          • (b)
            暗水素発酵装置
            340
          • (c)
            暗水素発酵による有機廃棄物からの水素生産
            340
          • [3]
            光水素生産
            341
          • (a)
            光独立水素生産
            341
          • (b)
            光水素発酵
            342
          • (c)
            光水素生産リアクタ
            342
          • [4]
            電気アシスト型水素生産
            342
          • [5]
            水素発酵複合プロセス
            343
          • (a)
            暗水素発酵-光水素発酵プロセス
            343
          • (b)
            水素-メタン二段発酵プロセス
            343
          • (c)
            その他の複合水素発酵プロセス
            344
        • 引用・参考文献
          344
      • 1.4.17
        堆肥化
        345
        • [1]
          堆肥化の原理
          345
        • [2]
          良質堆肥の条件
          346
        • [3]
          堆肥利用の意義
          347
        • [4]
          堆肥化に適する原料
          347
        • [5]
          堆肥化方式の種類
          347
        • [6]
          堆肥化のための物理的前処理
          349
        • [7]
          堆肥化のための菌添加
          349
        • [8]
          堆肥発酵中の有機物分解率
          350
        • [9]
          堆肥発酵中の通気管理
          350
        • [10]
          堆肥発酵中の水分管理
          351
        • [11]
          後熟発酵の管理
          352
        • [12]
          堆肥発酵施設の規模の算定
          352
        • [13]
          堆肥化時の悪臭防止対策
          352
        • [14]
          堆肥の利用性の向上
          353
        • 引用・参考文献
          354
      • 1.4.18
        飼料化
        354
        • ■概要説明
          354
          • 定義
            354
          • 意義
            354
          • ■詳細説明
            355
          • [1]
            家畜飼育の現状
            355
          • [2]
            飼料設計
            356
          • [3]
            飼料価値の査定
            356
          • [4]
            保存と給与
            359
          • [5]
            飼料の安全性評価
            360
          • [6]
            その他
            360
        • 引用・参考文献
          361
      • 1.4.19
        バイオプラスチック
        361
        • [1]
          バイオマスプラスチックについて
          361
        • [2]
          ポリ乳酸
          362
        • [3]
          ポリ乳酸のケミカルリサイクル
          364
        • [4]
          ポリ乳酸製品のリサイクル実証実験
          366
        • 引用・参考文献
          367
  • 第2部
    プロセス編
    • 第1章
      化学工学の基礎
      370
      • 2.1.1
        効率計算
        370
        • [1]
          概要
          370
        • [2]
          効率計算事例
          371
          • (a)
            燃焼・熱利用
            371
          • (b)
            燃焼・発電(蒸気タービン)
            372
          • (c)
            ガス化(冷ガス効率)
            372
          • (d)
            メタン発酵
            373
          • (e)
            エタノール発酵
            374
        • 引用・参考文献
          375
      • 2.1.2
        ライフサイクルアセスメント(LCA)
        375
        • [1]
          LCAの概要
          375
          • (a)
            目的および調査範囲の設定
            376
          • (b)
            インベントリ分析(LCI)
            377
          • (c)
            ライフサイクル影響評価(LCIA)
            377
          • (d)
            ライフサイクル解釈
            377
        • [2]
          LCAの現状
          378
        • [3]
          LCAによるバイオマス利用の評価
          378
          • (a)
            バイオマスの種類による評価範囲(バウンダリ)
            378
          • (b)
            副産物の評価
            379
          • (c)
            評価目的による評価項目の選定
            379
        • [4]
          バイオマスLCAの例
          380
          • (a)
            タイ産サトウキビからのエタノール製造と日本への輸送
            380
          • (b)
            バイオ燃料のGHG排出量評価
            380
          • (c)
            日本版バイオ燃料基準
            380
        • [5]
          バイオマスLCAからの知見
          381
          • (a)
            技術開発の推進
            381
          • (b)
            管理の徹底
            381
          • (c)
            廃棄物の適正処理
            381
          • [6]
            バイオマスLCAの課題
            381
        • [7]
          国際的な動向
          381
          • [8]
            エネルギー効率の評価
            382
          • (a)
            エネルギー収支比
            382
          • (b)
            エネルギー回収効率
            383
        • 引用・参考文献
          384
      • 2.1.3
        コスト計算
        384
        • [1]
          コスト計算の意義
          384
        • [2]
          方法論
          385
          • (a)
            初期投資
            385
          • (b)
            運転費用
            387
          • (c)
            キャッシュフロー
            389
        • [3]
          事例紹介―セルロース系バイオエタノール
          390
        • 引用・参考文献
          390
      • 2.1.4
        土地利用
        391
        • [1]
          バイオマス利用と土地利用変化
          391
          • (a)
            土地利用変化とは
            391
          • (b)
            土地利用変化の実態
            392
        • [2]
          土地利用変化に伴うGHG排出量の評価
          393
          • (a)
            直接的土地利用変化
            393
          • (b)
            間接的土地利用変化
            395
        • [3]
          土地利用変化の管理に関する取組(ブラジルを例に)
          396
          • (a)
            ブラジルにおけるサトウキビ農地の拡大状況
            396
          • (b)
            アグロエコロジカルゾーニング
            397
        • 引用・参考文献
          397
      • 2.1.5
        生物多様性
        398
        • [1]
          バイオマス利用と生物多様性の関係
          398
        • [2]
          生物多様性条約
          398
        • [3]
          EU再生可能エネルギー導入促進指令
          398
        • [4]
          英国再生可能エネルギー導入義務制度(RTFO)
          399
        • [5]
          日本国内における施策
          399
        • [6]
          生物多様性の定量評価化手法
          399
        • [7]
          農業と生物多様性
          400
        • [8]
          林業と生物多様性
          401
        • [9]
          企業活動と生物多様性
          401
        • [10]
          まとめ
          402
        • 引用・参考文献
          402
    • 第2章
      プロセス事例
      403
      • 2.2.1
        直接燃焼熱利用
        403
        • [1]
          温水利用
          403
        • [2]
          蒸気利用
          404
        • [3]
          冷水利用
          404
        • [4]
          輻射熱利用
          405
        • [5]
          温風利用
          406
        • 引用・参考文献
          407
      • 2.2.2
        直接燃焼発電
        407
        • ■概要説明
          407
        • ■詳細説明
          407
          • [1]
            プロセス原理
            407
          • [2]
            発電所の効率と機能
            408
          • [3]
            タービンの性能に関する効率と機能
            409
          • [4]
            発電機の性能に関する効率と機能
            410
          • [5]
            装置
            411
          • (a)
            蒸気タービンおよび補機
            411
          • (b)
            発電機
            412
          • [6]
            バイオマス直接燃焼発電所の計画と事例
            412
        • 引用・参考文献
          413
      • 2.2.3
        糖からのエタノール発酵
        414
        • [1]
          はじめに
          414
        • [2]
          サトウキビジュース(ケーンジュース)からのバイオエタノール製造プロセス
          414
        • [3]
          テンサイジュースからの燃料用エタノール製造プロセス
          415
        • [4]
          糖蜜からのエタノール製造プロセス
          415
          • (a)
            マレーシアのアルコール工場FERMPRO Sdn. Bhd.
            416
          • (b)
            インドネシアのアルコール工場PT. IND LAMPUNG DISTILLERY
            416
          • (c)
            中国のアルコール工場 バイオマスエネルギー責任有限公司
            417
          • (d)
            日本のアルコール工場 日本アルコール産業(株)出水工場
            418
        • [5]
          デンプン質系バイオマスであるトウモロコシからのバイオエタノール製造プロセス
          419
        • [6]
          生ごみからのバイオエタノール製造プロセス
          420
        • 引用・参考文献
          422
      • 2.2.4
        リグノセルロースからのエタノール発酵
        422
        • [1]
          プロセスの構成
          422
          • (a)
            原料による製造プロセスの違い
            422
          • (b)
            酸糖化と酵素糖化
            423
          • (c)
            酵素糖化のための前処理
            423
          • (d)
            オンサイト酵素生産
            424
          • (e)
            SHF, SSF, CBP
            424
          • (f)
            五炭糖の発酵
            425
          • (g)
            蒸留・脱水
            426
          • (h)
            廃液処理
            426
        • [2]
          プロセス事例
          427
          • (a)
            酵素を用いないプロセス
            427
          • (b)
            酵素糖化によるプロセス
            428
          • (c)
            糖収率,エタノール収量,エネルギー収支
            430
        • 引用・参考文献
          430
      • 2.2.5
        メタン発酵
        430
        • [1]
          メタン発酵施設の導入状況
          430
        • [2]
          霧島酒造焼酎粕リサイクル施設
          431
          • (a)
            施設概要
            431
          • (b)
            プロセス解説
            432
          • (c)
            プロセス設計の留意点
            432
        • [3]
          砂川クリーンプラザくるくる
          432
          • (a)
            施設概要
            432
          • (b)
            プロセス解説
            432
          • (c)
            プロセス設計の留意点
            433
        • [4]
          富山市食品廃棄物リサイクル施設
          434
          • (a)
            施設概要
            434
          • (b)
            プロセス解説
            434
          • (c)
            プロセス設計の留意点
            435
        • [5]
          北広島下水道処理センター
          435
          • (a)
            施設概要
            435
          • (b)
            プロセス解説
            435
          • (c)
            プロセス設計の留意点
            436
        • [6]
          葛巻町バイオガスプラント
          437
          • (a)
            施設概要
            437
          • (b)
            プロセス解説
            437
          • (c)
            プロセス設計の留意点
            438
        • 引用・参考文献
          438
  • 付録
    • 1
      単位
      440
      • [1]
        SI単位系
        440
      • [2]
        単位換算
        440
        • [3]
          糖・アルコール濃度
          443
        • (a)
          アルコール濃度
          443
        • (b)
          糖濃度
          443
      • [4]
        温度
        444
      • [5]
        発熱量
        444
      • [6]
        重量基準
        445
      • [7]
        その他
        445
    • 2
      元素の周期表
      446
    • 3
      化学物質一覧
      447
    • 4
      基本的な化学物質の熱力学関数
      455
      • [1]
        標準生成エンタルピー,標準エントロピー,標準生成ギブズ自由エネルギー
        455
      • [2]
        水,メタノール,エタノールの転移エンタルピー変化
        455
      • [3]
        燃焼エンタルピー
        455
    • 5
      学名について
      457
    • 6
      バイオマス利用に関する生物の二名式学名
      458
    • 7
      化石資源の発熱量ならびに可採年数
      464
    • 8
      世界のエネルギー需要予測
      466
    • 9
      世界の人口増加予測
      467
    • 10
      関連法規
      468
      • [1]
        バイオマス活用推進基本法
        468
      • [2]
        バイオマス活用推進基本計画(平成22年2月)
        472
      • [3]
        エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律
        491
      • [4]
        エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律施行令
        496
    • 11
      関連年表
      499
    • 12
      バイオマスに関する書籍・ホームページ
      501
    • 引用・参考文献
      505
  • 索引
    507

索引

  • あ行
    • アインシュタインの式
      34
    • 青刈りトウモロコシ
      355
    • アガロース
      451
    • アグロエコロジカルゾーニング
      397
    • アグロメレーション
      259
    • アセチルCoA
      18
    • アセトン
      330,331
    • アセトン・ブタノール発酵
      330
    • アップドラフトガス化炉
      15
    • アップドラフト型
      253
    • 圧力再生法
      217
    • 圧力スイング吸着法
      426
    • 後処理
      316
    • アブレーション
      62
    • アミド結合
      449
    • アミノ酸
      449,453
    • アミラーゼ
      422
    • アミロース
      451
    • アミロペクチン
      451
    • アーミング酵母
      425
    • アモルファスセルロース
      180
    • アラビノース
      26,425
    • アルカリ
      423
    • アルカリ蒸解
      197
    • アルカリ触媒
      297
    • アルカリリグニン
      197
    • アルカン
      447,448
    • アルキル基
      447
    • アルキン
      447
    • アルギン酸
      22,451
    • アルケン
      447
    • アルコール
      447,448
    • アルコール濃度
      443
    • アルデヒド
      447,448
    • アレニウスプロット
      6
    • アロケーション
      379
    • アロステリック酵素
      17
    • 暗水素発酵
      338
    • 暗水素発酵-光水素発酵プロセス
      343
    • アンモニア
      317,352
    • アンモニア-メタン乾式二段発酵法
      344
    • 硫黄酸化細菌
      168
    • イオン積
      183
    • 維管束植物
      25
    • 一価アルコール
      447
    • 一般均衡モデル
      395
    • 移動床ストーカ
      247
    • イネ科植物
      23
    • 稲わら
      23
    • インパルス応答法
      14
    • インベントリ分析
      375,376,377
    • ウロン酸
      450
    • 運転費用
      384,387
    • 影響評価
      376
    • 英国再生可能エネルギー導入義務制度
      399
    • 英国再生可能燃料導入義務制度
      391
    • 液液抽出法
      336
    • 液化ジメチルエーテル
      95
    • 液洗浄
      227
    • 液肥
      417
    • エステル
      449
    • エステル結合
      449
    • エステル交換反応
      227
    • エタノール
      330,331,362
    • エタノール発酵
      322,374,414,422
    • エタノール・メタン二段発酵
      420
    • エチレン
      362
    • エーテル
      447
    • エーテル結合
      447
    • エネルギー回収効率
      382,383
    • エネルギー回収率
      302
    • エネルギー共役型増殖
      325
    • エネルギー供給構造高度化法
      380,399
    • エネルギー供給構造高度化法の判断基準
      394
    • エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律
      399
    • エネルギー効率
      370
    • エネルギー収支
      3,302,326,384
    • エネルギー収支比
      370,382
    • エネルギー収率
      370
    • エネルギー需要予測
      466
    • 遠心ろ過分離機
      92
    • 遠赤外線
      405
    • エンタルピー
      4
    • エンドグルカナーゼ
      177
    • エンドセルラーゼ
      424
    • オーガー炉反応器
      283
    • オーガー炉方式
      278
    • 押出し蒸煮
      155
    • 押出し流れ
      7,14
    • オストワルド・デ・ワールのべき乗則
      10
    • オットーサイクル
      132
    • 汚泥床プロセス
      319
    • オートクレーブ
      301
    • オフセット
      402
    • オフセットサイト
      402
    • オリゴ糖
      449
    • オリゴマー
      449
    • オンサイト酵素生産
      424
    • 温水ボイラ
      403
    • 温風器
      403
  • か行
    • 加圧気泡流動層
      262
    • 加圧熱水
      164
    • 改質
      258
    • 解釈
      376
    • 解重合
      365
    • 回転粘度計
      34
    • 回転火格子
      256
    • 回転炉
      247
    • 解糖系
      323
    • 外熱式
      265,287
    • 外部循環流動層
      259
    • 回分式反応器
      13
    • 回分発酵
      328,419
    • 回分反応
      13
    • 回分プロセス
      332,335
    • 海洋系バイオマス
      22
    • 加温機
      403
    • 化学的処理
      423
    • 化学的組成
      20
    • 化学パルプ
      25
    • 化学平衡定数
      5
    • 可逆的阻害
      17
    • 拡散係数
      7
    • かくはん・強制通気方式
      347
    • かくはん式
      287
    • 学名
      457
    • 下向流型
      253
    • 可採年数
      464
    • 火床
      272
    • 可消化粗脂肪
      358
    • 可消化粗繊維
      358
    • 可消化粗タンパク質
      358
    • 可消化養分総量
      358
    • 可消化NFE
      359
    • ガス
      298
    • 加水処理
      351
    • 加水分解
      300
    • ガスエンジン
      130
    • ガス化
      372
    • ガス改質塔
      276
    • ガス化剤
      140
    • ガス化炉
      15
    • ガスストリッピング法
      337
    • 数平均分子量
      364
    • か性アルカリ触媒法
      309
    • 家畜排せつ物法
      430
    • 家畜ふん尿
      430
    • 活性汚泥
      313
    • 活性汚泥法
      172,427
    • 活性化エネルギー
      6,16
    • 活性炭
      286
    • 活性炭触媒
      297
    • カッターミル
      101
    • カットオフ
      376
    • 活量
      5
    • 家庭用ストーブ
      237
    • 可動火格子
      239
    • 過熱水蒸気
      164
    • カーボンフットプリント
      379
    • 可溶無窒素物
      357
    • カラギナン
      22,451
    • ガラクツロン酸
      26
    • ガラクトース
      26,425
    • カリフォルニア低炭素燃料基準
      396
    • 顆粒
      340
    • カルノーサイクル
      27
    • カルボニル炭素
      306
    • カルボン酸
      447,448
    • 火炉
      246
    • カロース
      451
    • 還元層
      254
    • 還元力
      339
    • 換算係数
      440
    • 換算式
      440
    • 換算蒸発量
      246
    • 乾式洗浄
      229
    • 乾式粉砕
      108
    • 乾式ミル法
      419
    • 乾式メタン発酵
      317
    • 乾式メタン発酵プロセス
      320
    • 乾重量
      445
    • 含水エタノール
      209
    • 含水率
      444
    • 缶石
      81
    • 間接加熱方式
      254
    • 間接的土地利用変化
      392,395
    • 完全混合式発酵槽
      318
    • 完全混合流れ
      7,14
    • 感染症
      355
    • 寒天
      22,451
    • 官能基
      447
    • 管理費
      388
    • 448
    • 気液平衡
      222
    • 機械効率
      410
    • 機械パルプ
      25
    • 機会費用
      387
    • 気候変動のための政府間パネル
      399
    • 希酸処理
      426
    • 希酸法
      189
    • 基質
      17
    • 基質特異性
      17
    • キシラン
      22,25,425,451
    • キシログルカン
      25,451
    • キシロース
      25,425
    • キシロース発酵能
      425
    • 北広島下水処理センター
      435
    • キチン
      21,452,454
    • キトサン
      21,452,454
    • 機能
      376
    • キノンメチド
      26
    • 希薄燃焼
      135
    • 揮発性脂肪酸
      314
    • ギブズ自由エネルギー
      4,29
    • 気泡流動床型加熱方式
      278
    • 基本単位
      440
    • 逆浸透膜
      200
    • 逆有償
      54,387
    • キャッシュフロー
      389
    • 逆火
      240
    • キャピラリー
      296
    • 吸エルゴン反応
      343
    • 吸収器
      404
    • 吸収式冷温水機
      405
    • 吸収式冷凍機
      403,404
    • 給水ポンプ
      407
    • 急速熱分解
      277
    • 吸着法
      337
    • 競合阻害
      17
    • 凝集性酵母
      329,418
    • 凝縮器
      404
    • 強制通気式堆肥舎
      352
    • 強制通気方式
      347
    • 共沸蒸留
      426
    • 共沸蒸留法
      209
    • 境膜
      7
    • 魚粉
      354
    • 霧島酒造焼酎粕リサイクル施設
      431
    • 希硫酸糖化法
      428
    • 希硫酸法
      423
    • 気流搬送装置
      38
    • 金属触媒
      297
    • 菌体循環式多段連続発酵法
      323
    • 菌添加
      349
    • グアイアシル核
      25,26
    • 空気過剰率
      134
    • 空気比
      250
    • 葛巻町バイオガスプラント
      437
    • クマリルアルコール
      26
    • 組立単位
      440
    • クラッキング
      123,258
    • グラニュール
      315,340
    • 繰返しの生産性
      325
    • グリコシド結合
      189
    • グリセリンエステル
      305
    • クリンカー
      37
    • グルカン
      451
    • グルクロノアラビノキシラン
      25,451
    • グルコース
      423,450
    • グルコマンナン
      25,451
    • グループA粒子
      262
    • グレインソルガム
      354
    • クロマト分離
      428
    • 経済性評価
      384
    • 経済負荷
      246
    • 傾斜速度調定率
      410
    • 形成層
      24
    • 系の相対エネルギー差
      231
    • ゲージ圧
      443
    • 下水汚泥
      430,435
    • ケトン
      447
    • ケナフ
      23
    • ケミカルリサイクル
      364
    • 限界含水率
      75
    • 原核生物
      18
    • 減価償却
      386
    • 減価償却費
      385
    • ケン化反応
      227
    • 嫌気性
      18
    • 嫌気性汚泥消化法
      313
    • 原形質
      26
    • ケーンジュース
      322,414
    • 建設費
      385
    • 元素組成
      20
    • 懸濁物質
      172
    • 減率乾燥期間
      74
    • 原料費
      387
    • 高位発熱量
      28,371,444
    • 高温発酵
      345
    • 高温発酵微生物資材
      349
    • 高温フィルタ
      276
    • 後加水分解
      191
    • 好気性
      18
    • 高級脂肪酸
      305
    • 光合成細菌
      341
    • 後熟発酵
      345,352
    • 耕種農家
      346
    • 合成ガス
      139
    • 酵素
      16
    • 酵素オンサイト生産
      429
    • 高速メタン発酵法
      313
    • 高速流動層
      259
    • 酵素糖化
      423,428
    • 酵素反応
      16
    • 酵素法
      423
    • 高度好熱性菌
      340
    • 光熱費
      388
    • 降伏応力
      11
    • 酵母
      18
    • 効率
      370
    • 恒率乾燥期間
      74
    • 交流発電機
      412
    • 糊化
      154
    • 黒液
      197
    • 国際連合食糧農業機関
      392
    • 穀類
      354
    • 国連ミレニアム生態系評価
      401
    • 古細菌
      18
    • コスト計算
      384
    • 固体触媒
      7
    • 五炭糖
      324,425,428
    • 固定化
      340
    • 固定化酵母
      417
    • 固定資産税
      389
    • 固定床ストーカ
      247
    • 固定費
      385
    • 固定火格子
      256
    • コニフェリルアルコール
      26
    • コハク酸
      362
    • 米ぬか
      354
    • コールドモデル
      262
    • 混圧タービン
      411
    • コーンストーバー
      22
    • コンブ
      22
  • さ行
    • サイクロン
      160
    • 再生器
      404
    • 再生サイクル
      408
    • 再生タービン
      411
    • 最大連続蒸発量
      246
    • 最低負荷追従率
      251
    • 最適空気比
      250
    • 再熱サイクル
      408
    • 再熱再生サイクル
      408
    • 再熱タービン
      411
    • 細胞間粘質多糖
      22
    • 細胞壁
      20
    • 細胞膜
      20
    • 材料費
      388
    • サイレージ
      355
    • 逆火
      240
    • 酢酸
      331,342,362
    • 酢酸資化メタン生成菌
      315
    • 酢酸セルロース
      362
    • さく汁
      66
    • サトウキビ
      21,400,414
    • 里山
      401
    • 里山イニシアティブ
      401
    • 423
    • 三価アルコール
      447
    • 酸化カルシウム
      308
    • 酸化鉄脱硫剤
      168
    • 産出エネルギー
      371
    • 酸性イオン交換樹脂
      311
    • 酸生成期
      331
    • 酸生成相
      314,343
    • 酸性デタージェント繊維
      357
    • 酸素比
      260
    • 残存簿価
      387
    • 酸糖化
      423
    • シア・シニング現象
      10,46
    • シアノバクテリア
      341
    • ジェットクッカー
      155
    • シェルアンドチューブ
      51
    • 直焚き式
      405
    • ジカルボン酸
      447,449
    • ジグリセリド
      452
    • 資源作物
      54
    • 脂質
      452
    • 糸状菌
      424
    • 自然堆積方式
      347
    • 持続可能性基準
      391
    • 下草焼き
      400
    • 湿式洗浄
      229
    • 湿式粉砕
      108
    • 湿式ミル法
      419
    • 湿重量
      445
    • シナピルアルコール
      26
    • 脂肪
      452
    • 脂肪酸
      26,452
    • 脂肪酸メチルエステル
      305
    • 脂肪族
      447
    • 脂肪油
      452
    • ジャトロファ
      400
    • 臭化リチウム水溶液
      404
    • 周期表
      446
    • 重合
      449
    • 収支論
      2
    • 集じん器
      123
    • 従属栄養細菌
      18
    • 終端速度
      163
    • 充填層
      30,33
    • 充填塔
      221
    • 充填フィルタ
      125
    • 周波数
      411
    • 収率
      374
    • 重量モル濃度
      443
    • 主加水分解
      190
    • 種間の多様性
      398
    • 樹幹部
      24
    • 種形容語
      458
    • 種小名
      458
    • 種内の多様性
      398
    • 樹皮
      24
    • 循環流動床型加熱方式
      278
    • 消化
      430
    • 消化液
      171
    • 消化汚泥
      321
    • 硝化細菌
      353
    • 消化率
      358
    • 蒸気サイクル
      407
    • 蒸気純度
      251
    • 蒸気消費率
      409
    • 蒸気タービン
      372,407,409,411
    • 蒸気透過法
      207
    • 蒸気ボイラ
      403,404
    • 蒸気ボイラの効率
      404
    • 償却期間
      386
    • 上向流型
      253
    • 上向流嫌気性汚泥床
      319,340
    • 上向流嫌気性固定床
      318
    • 焼酎粕
      431
    • 蒸煮
      154,324
    • 蒸発器
      404
    • 蒸発潜熱
      28,444
    • 蒸発量
      404
    • 正味現在価値
      384
    • 醤油粕
      354
    • 蒸留
      426
    • 蒸留廃液
      416,420,426
    • 初期投資
      384,386
    • 食品系バイオマス
      21
    • 食品産業廃棄物
      434
    • 食品製造副産物
      354
    • 食品廃棄物
      430
    • 食品廃棄物系バイオマス
      22
    • 食品リサイクル法
      430
    • 植物細胞
      20
    • 植物性油粕類
      354
    • 食物繊維
      22
    • 食料自給率
      354
    • ショ糖
      451
    • ショ糖度
      444
    • 所内動力消費率
      408,409
    • 所内率
      388
    • 飼料
      354
    • 飼料化
      354,427
    • 飼料価値
      356
    • 飼料自給率
      355
    • シリンギル核
      25,26
    • 真核生物
      18
    • 真空加熱方式
      310
    • 真空ろ過分離機
      93
    • 人件費
      388
    • 人口増加予測
      467
    • 心材
      25
    • 真正細菌
      18
    • シンタリング
      127
    • 浸透気化法
      207,337
    • 真発熱量
      28,444
    • 推進力
      30
    • 水性ガスシフト反応
      140
    • 水素-エタノール同時発酵法
      344
    • 水素化脱酸素
      152
    • 水素化脱酸素技術
      146
    • 水素間接冷却方式
      412
    • 水素資化メタン生成菌
      315
    • 水素生産菌
      339
    • 水素生成酢酸菌
      314
    • 水素発酵
      338
    • 水素発酵複合プロセス
      343
    • 水素-メタン二段発酵プロセス
      343
    • 水素-メタン二段発酵法
      339
    • スイッチグラス
      23
    • 水熱
      423,426
    • 水熱ガス化
      292
    • 水熱糖化
      428
    • 水熱糖化法
      428
    • 水分
      356
    • 水分管理
      351
    • スクラバ
      123,160
    • スクリューコンベア
      40
    • スクリュー式
      288
    • スクリューフイーダ
      255,284
    • スクリュープレス
      92
    • スクリーン
      101
    • スクロース
      451
    • スケールファクタ
      385
    • ススキ
      23
    • ステファン・ボルツマンの法則
      12
    • ステロイド
      26
    • ストイキ燃焼
      136
    • ストークス径
      163
    • ストーブ
      403
    • ストリッピング法
      128
    • 砂川クリーンプラザくるくる
      432
    • スラリー
      10,34,44,295
    • 生産性
      325
    • 生成物
      17
    • 製造コスト
      385
    • 生態系
      398
    • 生態系の多様性
      398
    • 整定速度調定率
      410
    • 生物性
      347
    • 生物脱硫法
      168
    • 生物多様性
      398
    • 生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム
      399
    • 生物多様性国家戦略2010
      399
    • 生物多様性条約
      398
    • 生物的処理
      423
    • ゼオライト
      216
    • セタン価
      149
    • 切削型チップ
      238
    • 絶対圧
      443
    • 絶対温度
      444
    • 絶対嫌気性細菌
      314
    • 接頭語
      440
    • セラミックフィルタ
      125
    • セルラーゼ
      177,423,424
    • セルロース
      20,22,25,362,422,451
    • セルロース系バイオエタノール
      390
    • セルロース分解酵素
      423
    • セルロース分解性細菌
      425
    • セルロースミクロフィブリル
      20
    • セロビオース
      424,451
    • セロビオハイドロラーゼ
      177,424
    • 前加水分解
      190
    • せん断速度
      10
    • 煎糖
      81
    • 全有機炭素計
      166
    • 総括伝熱係数
      261
    • 総合エネルギー収支
      383
    • 総合熱効率
      408,409
    • 糟糠類
      354
    • 送電端効率
      388
    • 総発熱量
      28,444
    • 草本系バイオマス
      22
    • 添掛け発酵法
      328
    • 速度論
      2
    • 属名
      458
    • 粗脂肪
      24,357
    • 粗飼料
      355
    • 組成
      20
    • 粗繊維
      22,24,357
    • ソーダキノン蒸解
      198
    • 粗タンパク質
      24,356
    • 粗灰分
      357
    • ソルガム
      23
    • ソルベント生成期
      331
    • 損益分岐点
      385
  • た行
    • 耐塩性酵母
      417
    • ダイオキシン類
      242,286
    • 代謝
      18
    • 代謝エネルギー
      358
    • 対数平均温度差
      52
    • ダイズ粕
      354
    • 代替生息地
      402
    • 堆肥化
      345
    • 堆肥発酵
      345
    • ダイマー
      449
    • 耐用年数
      386
    • 対流式
      406
    • ダウンドラフトガス化炉
      15
    • ダウンドラフト型
      253
    • 多価アルコール
      447,448
    • 23
    • 多重効用缶
      80
    • 多段連続発酵
      419
    • 脱ガム工程
      228
    • 脱水
      426
    • 脱水膜
      426
    • 多筒型
      275
    • 多糖類
      25,449
    • 棚段塔
      221
    • タービン定格出力
      410
    • 多量体
      449
    • タール
      123,286,293
    • タール蒸気
      277,278
    • 単位操作
      370
    • 炭化
      286
    • 炭化水素
      447
    • 炭化物
      286
    • 段効率
      223
    • 単純投資回収年
      385
    • 単蒸留
      220
    • 炭水化物
      21,449
    • 単糖化
      428
    • 単糖類
      449
    • 断熱膨張
      203
    • タンパク質
      21,26,452
    • 短絡比
      411
    • 単量体
      449
    • 地球温暖化係数
      377
    • 畜産廃棄物系バイオマス
      22
    • チッパ
      108
    • チップ
      101
    • チャー
      278,298
    • チャーアッシュ
      254
    • 中位径
      163
    • 中温発酵
      345
    • 抽気背圧タービン
      411
    • 抽気復水タービン
      408,411
    • 中熟堆肥
      346
    • 抽出蒸留
      220,426
    • 中性デタージェント繊維
      356
    • 超臨界水ガス化
      292
    • 超臨界水酸化
      293
    • 超臨界メタノール
      308
    • 直接液化
      298
    • 直接加熱方式
      254
    • 直接脱酸素
      152
    • 直接的土地利用変化
      392,393
    • 直接燃焼
      403
    • 直接燃焼熱利用
      403
    • 直接燃焼発電
      407
    • 直接燃焼ボイラ
      407
    • 直線阻害式
      328
    • 沈降分離
      88
    • 通気管理
      350
    • 通性嫌気性細菌
      314
    • 通性嫌気性微生物
      18
    • 積上げ法
      385
    • 低位発熱量
      28,371,444
    • 定格エネルギー消費効率
      404
    • 定額法
      386
    • 定常状態
      14
    • 定常操作
      4
    • ディスク型粉砕装置
      109
    • ディーゼルサイクル
      132
    • ディフユーザ
      66
    • 定率法
      386
    • デバイ長
      45
    • デュアルフユーエルエンジン
      137
    • デュロンの式
      29
    • テルペン
      26
    • 電圧
      410
    • 転移エンタルピー変化
      455
    • 電気アシスト型水素生産
      342
    • 電気集じん器
      161
    • 電気二重層
      45
    • テンサイ
      415
    • テンサイジュース
      415
    • 伝熱
      8,12
    • 伝熱面積
      50
    • 伝熱面熱負荷
      249
    • デンプン
      22,422,451
    • デンプン分解酵素
      422
    • 電力の1次エネルギー換算
      443
    • 450
    • 糖アルコール
      449
    • 等温吸着曲線
      217
    • 透過係数
      208
    • 投資回収期間
      386
    • 投資回収年
      384
    • 同軸スクリューフィーダ型加熱方式
      278
    • 同時糖化発酵
      419
    • 投入エネルギー
      302,371
    • 糖濃度
      443
    • トウフ粕
      354
    • 動物細胞
      20
    • 動物性飼料
      354
    • 糖蜜
      322,414,415,416,417,418
    • トウモロコシ
      21,354
    • 糖類
      449
    • 独立栄養微生物
      18
    • 土壌改良材
      286
    • 土壌物理性
      347
    • 土地利用
      391
    • 土地利用変化
      391
    • ドッジ・メッツナー式
      34
    • 富山市食品廃棄物リサイクル施設
      434
    • トリアシルグリセロース
      305
    • トリグリセリド
      452
    • ドロマイト
      126,263
  • な行
    • 内熱式
      287
    • 内部効率
      409
    • 内部循環型加熱方式
      278
    • 内部循環流動層
      259
    • 内部利益率
      384
    • ナタネ粕
      354
    • 生ごみ
      420,432,434,435,437
    • 二価アルコール
      447
    • ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド
      339
    • 二段燃焼
      239
    • ニトロゲナーゼ
      341
    • 日本版バイオ燃料基準
      380
    • 二名式学名
      458
    • 乳化
      309
    • 乳酸
      342
    • 乳酸オリゴマー
      364
    • 乳酸発酵
      361
    • 乳酸ブチル
      364
    • ニュートンの冷却法則
      12
    • ニュートン流体
      10
    • ヌッセルト数
      12
    • 熱泳動力
      159
    • 熱化学再生プロセス
      261
    • 熱効率
      27,236,246,370,409
    • 熱再生法
      217
    • 熱収支式
      30
    • 熱出力
      236
    • 熱消費率
      409
    • 熱水改質法
      303
    • 熱損失
      247
    • 熱伝達
      12
    • 熱伝導
      8,12
    • 熱電併給方式
      407
    • 熱媒
      50
    • 熱媒体
      50
    • 熱分解
      286,300
    • 熱分解速度定数
      282
    • 熱分解反応
      277
    • 熱放射
      12
    • 熱力学
      27
    • 熱力学的量
      27
    • 熱利用
      371,403
    • 燃焼
      371,372
    • 燃焼エンタルピー
      455
    • 燃焼効率
      247
    • 燃焼皿部
      237
    • 燃焼室熱負荷
      249
    • 燃焼の効率
      372
    • 燃焼ロストル
      237
    • 粘度
      10
    • 粘度係数
      11
    • 粘土触媒
      262
    • 年表
      499
    • 燃料消費量
      236
    • 濃厚飼料
      355
    • 濃酸法
      189
    • 濃硫酸糖化法
      427
    • 濃硫酸法
      423
    • 農林バイオマス3号機
      267
    • ノッキング
      133
  • は行
    • 背圧タービン
      408,411
    • ばい煙
      242
    • バイオエタノール
      392
    • バイオオイル
      277
    • バイオコークス
      122
    • バイオ粗油
      277
    • バイオタール
      277
    • バイオディーゼル
      305
    • バイオ燃料導入に係る持続可能性基準
      399
    • バイオマス活用推進基本計画
      470,472
    • バイオマス活用推進基本法
      468
    • バイオマス直接燃焼発電施設
      412
    • バイオマスの利用率
      479
    • バイオマスプラスチック
      361
    • バイオPE
      362
    • 灰含有量基準
      445
    • 廃棄物処理費
      388
    • 配合飼料
      356
    • 排熱回収型ボイラ
      245
    • 灰分
      24
    • 配分
      379
    • ハウス加温機
      406
    • バウンダリ
      370,378
    • バーカ
      108
    • バガス
      22
    • 麦芽糖
      451
    • 爆砕
      203
    • 白色腐朽菌
      423
    • バグフィルタ
      161
    • ハーゲン・ポワズイユの法則
      10
    • パーコレータ型
      185
    • 破砕型チップ
      238
    • 発エルゴン反応
      339
    • バックアップボイラ
      245
    • 発酵液
      171
    • 発酵収率
      325
    • 発酵生産
      362
    • 発酵熱
      326
    • 発電
      372
    • 発電機
      407,412
    • 発電機効率
      411
    • 発電効率
      372,409
    • 発電所効率
      409
    • 発電端効率
      388
    • 発電端熱効率
      408
    • 発熱量
      27,370,444
    • バーナ燃焼
      247
    • パラヒドロキシフェニル核
      26
    • 半回分式反応器
      13
    • 半回分操作
      13
    • 半回分プロセス
      335
    • ハンセン溶解度パラメータ
      231
    • 半炭化
      286
    • 反応器
      13
    • 反応進行度
      5
    • 反応速度定数
      6
    • 反復揺動式
      288
    • ハンマミル
      101
    • 比エタノール生産速度
      327
    • 比エンタルピー
      403
    • 被害算定型影響評価予法
      377
    • 光水素生産
      338,341
    • 光水素生産リアクタ
      342
    • 光水素発酵
      338,342
    • 光独立水素生産
      339,341
    • 比揮発度
      208
    • 非競合阻害
      17
    • 非凝縮性ガス
      278
    • 火格子
      234,256
    • 火格子燃焼率
      250
    • 火格子負荷
      250
    • ビジネスと生物多様性オフセットプログラム
      402
    • 微生物
      16
    • 比増殖速度
      327
    • ヒドロゲナーゼ
      341
    • 非ニュートン流体
      34,295
    • 微粉砕
      423
    • 評価範囲
      378
    • 標準エントロピー
      29,455
    • 標準状態
      443
    • 標準生成エンタルピー
      29,455
    • 標準生成ギブズ白由エネルギー
      29,455
    • ピーリング反応
      198
    • ビール粕
      354
    • ビンガム流体
      11
    • ピンチテクノロジー
      53
    • 頻度因子
      6
    • 負圧制御
      240
    • ファニングの式
      10
    • ファニングの摩擦係数
      10
    • ファンデルワールスカ
      44
    • フィックの式
      7
    • フィルタプレス
      91
    • フェニルプロパン
      451
    • フェニルプロパン単位
      26
    • フェレドキシン
      339
    • 負荷応答性
      251
    • 不可逆的阻害
      17
    • フガシティー
      5
    • 吹出し上昇温度
      407
    • 複雑流体
      10
    • 副産物
      370
    • 副資材
      346
    • 輻射熱
      405
    • 復水器
      407,411
    • 復水タービン
      408,411
    • 副生グリセリン
      310
    • フコイダン
      22,451
    • 腐熟
      346
    • フスマ
      354
    • ブタノール
      330,331,363
    • ブタノール除去プロセス
      336
    • ブタノール生産性
      334
    • 物質収支
      3,384
    • 物質収支式
      31
    • プッシュフィーダ
      40
    • 物理的処理
      423
    • 物理的前処理
      349
    • 部分酸化
      254
    • 部分酸化層
      254
    • 部分水素化技術
      146
    • 部分燃焼式
      265
    • 不飽和脂肪酸エステル
      146
    • 浮遊外熱式ガス化法
      266
    • ブラジウスの式
      10
    • フラッシュ蒸留
      96
    • プラントコストインデックス
      386
    • フーリエの法則
      8,12
    • ブリケット
      120
    • ブリケット燃料
      38
    • ブリックス
      80,444
    • ブリッジ
      37,238,256,270
    • ブリッジブレーカ
      256
    • フリーボード
      262
    • フリーボード部
      278
    • プルーフ
      443
    • フレックス車
      392
    • プロパノール
      362
    • プロピレン
      362
    • ふん尿
      437
    • 分離係数
      208
    • 分離膜
      334
    • 噴流床ガス化
      265
    • 平衡含水率
      75
    • 平衡状態
      2
    • 並行糖化発酵
      424
    • 併行複発酵
      181
    • 並行複発酵
      424
    • 平衡論
      2
    • 米国再生可能燃料基準
      396
    • 並列反応
      290
    • べき乗則流体モデル
      34
    • ペクチン
      20,25,26
    • ヘスの法則
      29
    • ヘテロ発酵
      333
    • ヘミセルロース
      20,25,423,451
    • ベルトコンベア
      40
    • ベルトプレス
      92
    • ペレタイザ
      118
    • ペレット
      116
    • ペレットストーブ
      234,406
    • ペレットハウス加温機
      406
    • ペレットボイラ
      244
    • 変性
      17
    • 偏性嫌気性微生物
      18
    • 偏性好気性微生物
      18
    • ベンゼン環
      447
    • 変動費
      385
    • ペントサン
      193
    • ペントース類
      324
    • ボイラ缶温水度
      240
    • ボイラの効率
      403
    • 芳香族
      447
    • 放散塔
      215
    • 法定耐用年数
      386
    • 牧草
      355
    • 保守費
      389
    • ホモ発酵
      333
    • ポリエステル
      361,364
    • ポリエチレン
      362
    • ポリトロープ
      98
    • ポリ乳酸
      361
    • ポリヒドロキシアルカノエート
      361
    • ポリブチルコハク酸
      362
    • ポリプロピレン
      362
    • ポリマー
      449
    • ポリマーアロイ
      365
    • ボールミル
      109
    • ボンベ熱量計
      28
  • ま行
    • マイクロ波
      423
    • マイクロパイロット着火
      138
    • 前処理
      316
    • 薪ストーブ
      403,405,406
    • マセレーション
      68
    • マルトース
      451
    • マンナン
      22,451
    • マンニット
      451
    • マンニトール
      22,451
    • マンノース
      25,425
    • ミカエリス定数
      17
    • ミカエリス・メンテン式
      17
    • 見掛け粘度
      34
    • ミクロフィブリル
      183
    • ミスカンサス
      23
    • ミラーサイクル
      136
    • 未利用地
      391
    • 麦わら
      22
    • 無水エタノール
      209
    • 無定形炭素
      287
    • 無灰基準
      445
    • メイラード反応
      155
    • メタ原則
      399
    • メタスタンダードアプローチ
      399
    • メタン価
      133
    • メタン生成相
      314,343
    • メタン発酵
      316,373,427,430
    • メタン発酵法
      313
    • メチルエステル化
      305
    • メチル糖
      450
    • メトキシドアニオン
      306
    • メル・ボアノ法
      414
    • 木質系バイオマス
      24
    • 木質ペレット
      234
    • 木炭
      286
    • 目的と調査範囲
      376
    • 木部
      24
    • モジュール
      212
    • 戻し堆肥
      346
    • モノカルボン酸
      447
    • モノグリセリド
      452
    • モノマー
      449
    • モノリグノール
      26,452
    • モル濃度
      443
    • モレキュラーシーブ
      217
  • や行
    • 有機系工場廃水
      430
    • 有機物
      172
    • 有機溶媒
      423
    • 有効発熱量
      28
    • 遊離アンモニア
      317
    • 遊離脂肪酸
      306
    • 油脂
      305,452
    • 油脂分解酵素
      308
    • 輸送係数
      30
    • 輸送現象
      30
    • 輸送流型反応炉
      279
    • 容量百分率
      443
    • 予混合圧縮着火
      131
    • 余剰汚泥
      313
  • ら行
    • ライフサイクルアセスメント
      375
    • ライフサイクル影響評価
      377
    • 酪酸
      331,333,342
    • ラクチド
      364
    • ラセミ体
      362
    • ラムダ制御
      240
    • ラムノース
      26,451
    • ランキンサイクル
      372,407
    • リグニン
      20,25,423,452
    • リグニン化
      22
    • リグノセルロース
      422
    • リグノセルロース系バイオマス
      423
    • 利子
      389
    • 律速段階
      7
    • 立体特異性
      17
    • リッチタンパク質
      452
    • リパーゼ
      308
    • リモートセンシング
      392
    • 硫化水素
      345
    • 流加培養法
      335
    • 流束
      3
    • 流通反応器
      7
    • 流動床型熱分解装置
      283
    • 流動床プロセス
      319
    • 流動層
      247,257
    • 流動層ガス化
      257
    • 流動層式
      288
    • 緑藻
      341
    • 理論空気量
      133
    • 理論段1段に相当する充填物高さ
      224
    • 臨界圧力
      292
    • 臨界温度
      292
    • リン脂質
      26
    • リーンリミット
      137
    • 冷ガス効率
      260,268,273,280,370,372
    • 励磁機
      412
    • 冷凍t
      404
    • レトルト
      272,287
    • レベルセンサ
      256
    • 連鎖成長確率
      143
    • 連続かくはん・強制通気方式
      347
    • 連続式反応器
      13
    • 連続精留塔
      221
    • 連続槽型反応器
      8,14
    • 連続操作
      14
    • 連続の生産性
      325
    • 連続発酵プロセス
      328,416
    • 連続プロセス
      336
    • ロウ
      26
    • ロータリーキルン炉
      272
    • ロータリー式
      287
    • ロックホッパ
      255
  • わ行
    • ワカメ
      22
    • 割引率
      385
  • 英数字
    • ABE生産Clostridium属細菌
      330
    • ABE発酵法
      332
    • AD
      445
    • ADF
      24,357
    • ALCA
      379
    • Anderson-Shultz-Flory分布
      143
    • ASEAN・東アジア経済研究センター
      382
    • ASF分布
      143
    • attributional LCA
      379
    • Atwaterの係数
      358
    • BBOP
      402
    • BD
      445
    • BGL
      178
    • Biomass-To-Liquid
      141
    • BOD
      172
    • BTL
      141
    • Bx
      80
    • caPital cost
      384
    • CBD
      398
    • CBH
      177
    • CBP
      325,425
    • CFP
      379
    • CLCA
      379
    • Clostridium thermocellum
      425
    • Clostridium属細菌
      339
    • COD
      172
    • consequential LCA
      379
    • COP
      404
    • CSTR
      8,14
    • D体
      361
    • DDGS
      420
    • DDO
      152
    • DHA
      303
    • DLVO理論
      45
    • D, L-乳酸
      362
    • DME
      95
    • EG
      177
    • EGSB
      319
    • enter-doudoroff経路
      323
    • EPA
      303
    • EPR
      370,382
    • ERIA
      382
    • EU再生可能エネルギー指令
      391,394
    • EU再生可能エネルギー導入促進指令
      398
    • extrusion cooking法
      155
    • FAO
      392
    • FAOSTAT
      392
    • FFV
      392
    • Fischer-Tropsch合成
      139
    • fixed cost
      385
    • FT合成
      139
    • GBEP
      282,382,391
    • GHG排出量
      395
    • global bio-energy partnership
      382,391
    • GPM
      445
    • GWP
      377
    • HETP
      224
    • HHV
      28
    • HSP
      231
    • HYD
      152
    • initial cost
      384
    • in uitro消化率
      359
    • IPBES
      399
    • IPCC
      393,399
    • IRR
      384
    • ISO
      378
    • ISO 14040
      375
    • JASO
      426
    • JIS Q 14040
      375
    • L体
      361
    • L-乳酸
      364
    • LCA
      375,377,379
    • LCIA
      377
    • LHV
      28
    • LIME
      377
    • low corbon fuel standard
      396
    • ME
      358,359
    • Melle-Boinot法
      323,328,414
    • mu
      441
    • NDF
      24,356
    • NER
      382
    • NFE
      24,357
    • NPV
      384
    • operation cost
      384
    • PBS
      362
    • PCI
      386
    • PE
      362
    • PFR
      14
    • PHA
      361
    • pH-stat流加培養
      336
    • Pichia stipitis
      426
    • PLA
      361
    • PP
      362
    • PSA
      217,426
    • rai
      441
    • Rancimat法
      146
    • rapid thermal processing
      279
    • RED
      231
    • RFS2
      396
    • rpm
      445
    • RT
      404
    • RTFO
      391,399
    • running cost
      384
    • Saccharomyces cerevisiae
      322,425
    • sccm
      445
    • Scheffersomyces stipitis
      426
    • severity
      167
    • SHF
      324,424,429
    • SI単位系
      440
    • SS
      172
    • SSCF
      426
    • SSF
      181,324,424,429
    • TCE
      443
    • TDN
      358
    • Thermotoga maritima
      340
    • TOC
      166
    • Torr
      443
    • TSA
      217
    • UAFP
      318
    • UASB
      319
    • UASB法
      315
    • variable cost
      385
    • Zymomonas mobilis
      322
    • 0.7乗則
      385
    • 1→4結合
      25
    • 1, 3-1, 4-β-D-グルカン
      451
    • 1, 4-ブタンジオール
      362
    • 1次発酵段階
      345
    • 2次生態系
      400
    • 2次発酵段階
      345
    • 2相嫌気消化法
      320
    • 2糖類
      449
    • 2量体
      449
    • 5炭糖
      449
    • 6炭糖
      449
  • その他
    • β-グルコシダーゼ
      177,424
    • β-D-グルコース残基
      25