甲賀市史.第3巻 (道・町・村の江戸時代)

甲賀市/2014.2.

当館請求記号:GC152-L20

分類:地方史誌


目次


目次

  • 刊行のことば
  • 凡例
  • はじめに1
  • 第一章甲賀の幕藩体制
    • 章概説8
    • 第一節天下統一と甲賀10
      • 甲賀市域の豊臣系大名
      • 水口の近世城館
      • 中央政権の財政基盤
      • 近世前期の多羅尾氏
        • <コラム(1)>水口御茶屋と作事
    • 第二節水口藩の成立と展開40
      • 加藤氏水口藩の成立
      • 鳥居氏水口藩
      • 加藤氏の再入部
      • 水口藩の家臣団
      • 水口城とその修復
        • <コラム(2)>石見吉永時代の加藤氏
    • 第三節甲賀市域の領主たち
      • 第一項大名と旗本68
        • 甲賀の領主
        • 支配の諸相
      • 第二項信楽の多羅尾氏87
        • 旗本多羅尾氏
        • 領主としての多羅尾氏
        • 文政の知行所改革
        • 幕府代官としての多羅尾氏
        • 代官所の行政組織とその担い手
          • <コラム(3)>領民についての認識
    • 第四節甲賀古士と甲賀者114
      • 「甲賀古士」の由緒と訴願
      • 雇われた甲賀者
        • <コラム(4)>甲賀衆の末裔
  • 第二章町と街道
    • 章概説36
    • 第一節東海道の整備と宿照
      • 近世交通体系の確立
      • 土山宿と水口宿
      • 本陣とその休泊
      • 峠・橋・渡し
    • 第二節水口町と美濃部・水口村176
      • 水口の町社会
      • 町と村の重なり
      • 九つの小村
        • <コラム(5)>場所の記憶
    • 第三節宿場町と町並み200
      • 水口宿の町並み構成と景観
      • 水口宿の近世町屋
      • 土山宿と市場村の町並み
    • 第四節街道文化の開花
      • 第一項街道文化の華雑俳234
        • 城下町の文芸と文人
        • 芭蕉と地方俳壇
        • 近江の俳諧と雑俳
      • 第二項宿の賑わい・娯楽・名物252
        • 宿場町と神仏
        • 芝居と見世物
        • 街道名物
          • <コラム(6)>森白仙・鴎外・土山
      • 第五節甲賀の諸道268
        • 甲賀の主要街道
        • 道と人のかかわり
  • 第三章郷村社会の様相
    • 章概説280
    • 第一節村社会と農業生産282
      • 近世村の形成
      • 村惣中と裁判
      • 近世村の生業と景観
        • <コラム(7)>村絵図・国絵図に描かれた村
    • 第二節村の生活310
      • 地域社会の構造
      • 村の風儀
      • 天変地異への対応
      • 地域社会と身分
        • <コラム(8)>古文書のこと
    • 第三節甲賀の寺院350
      • 寺院を取り巻く環境
      • 寺院と寺請
      • 甲賀の本末関係
      • 日々の生活と仏教
    • 第四節甲賀の神社380
      • 村の神々
      • 神社に関わる人々
      • 甲賀の神社と国家権力・権威
        • <コラム(9)>巡礼へのいざない
    • 第五節甲賀の修験と山伏410
      • 甲賀の山伏と里修験
      • 多賀社本願と甲賀の山伏
      • 配札の旅と旦那場
      • 伊勢朝熊と甲賀の山伏
      • 山伏と甲賀の薬業
  • 第四章変貌する近世社会
    • 章概説432
    • 第一節在町と産業の発展434
      • 深川市場村のなりたち
      • 三本柳のなりたち
      • 茶業の展開
      • 製陶業の展開
      • 前挽鋸製造の展開
    • 第二節甲賀の大工と木挽464
      • 大工・木挽のなりたち
      • さまざまな作事
      • 郡内の郷氏神社と大工組
      • 木挽の活動
    • 第三節水口藩の藩政改革490
      • 年貢米の行方
      • 近世中後期の藩財政
      • 藩財政を支えた山村家
        • <コラム(10)>水口藩日記を読む
    • 第四節天保一揆と甲賀526
      • 一揆の背景
      • 天保十三年の見分と一揆
      • 厳しい取り調べ
      • 一揆の記録と義民顕彰
    • 第五節幕末の甲賀552
      • 在村の国学
      • 水口藩の改革と草莽の志士
      • 甲賀古士と甲賀隊
      • ええじゃないか
        • <コラム(11)>ある水口藩士のたどった道
  • 巻末附録 編さん委員・編集委員
  • 協力者執筆者・執筆分担
  • 索引 写真・図・表一覧
  • 参考文献一覧
  • 口絵解説
  • 略年表
  • 付図 宿場町歴史地図
  • 図・表・写真一覧
    • <図>
      • ◆引用および参照した資料については適宜示した。
      • ◆タイトルに準を付した図は事務局、そのほか転載情報のないものは担当執筆者の作成である。
  • 第1章甲賀の幕藩体制
    • 第2節
      • 1元禄11年段階の水口城の建物配置の復元図63
    • 第3節
      • 2相給と錯綜の模式図*68
      • 3旗本堀田家の所領相続略図*76
      • 4触書の村継ぎのイメージ*94
      • 5江戸時代の三貨制度*104
      • 6多羅尾の信楽代官所から四日市間の街道*106
    • 第4節
      • 7甲賀二十一家・五十三家*116
  • 第2章町と街道
    • 第1節
      • 8五街道*138
      • 9江戸時代の近江の街道*139
        • 『角川日本地名大辞典』25<滋賀県>所収の図を元に作成。
      • 10土山宿の道筋と主要施設*146
      • 11水口宿の町割りと主要施設*147
      • 12土山・水口両宿の人馬賃銭*149
      • 13人馬継立の種類150
        • 豊橋市美術博物館編・発行『歴史の道~東海道~』2001,所収の図を転載。
      • 14享保10年段階における助郷村の分布*157
    • 第2節
      • 15水口・美濃部をめぐる歴史的空間*189
    • 第3節
      • 16水口宿の業種別町家立地復元図206
        • 大場修原図
      • 17水口宿の業種別町家立地復元図207
        • 大場修原図
      • 18業種別の町家平面規模(間口・奥行)分布図208
        • 大場修原図
      • 19業種別の町家評価と平面規模相関図209
        • 大場修原図
      • 20旅籠町の町家の平面配置(文久2年)211
        • 大場修原図
      • 21 (1)植村家住宅復原断面図・復原平面図212
        • 大場修原図
      • 22 (2)熊木家住宅復原断面図・復原平面図213
        • 大場修原図
      • 23 (3)森口家住宅復原断面図・復原平面図213
        • 大場修原図
      • 24 (4)吉村家住宅復原断面図・復原平面図214
        • 大場修原図
      • 25 (5)西村・平田家住宅復原断面図・復原平面図215
        • 大場修原図
      • 26 (6)河合家住宅復原断面図・復原平面図216
        • 大場修原図
      • 27 (7)奥村家住宅ミセ・ダイドコ部分復原断面図・復原平面図217
        • 大場修原図
      • 28 (8)別所家住宅復原断面図・復原平面図217
        • 大場修原図
      • 29 (9)今村家住宅復原断面図・復原平面図217
        • 大場修原図
      • 30調査町家の間口・奥行の平面形式別規模分布220
        • 大場修原図
      • 31市場村における民家平面の分布図230
        • 大場修原図
      • 32「書上帳」にみる幕末期の市場村集落復原図231
        • 大場修原図
      • 33土山宿・蟹坂村の表座敷型・裏座敷型間取りの分布232
        • 大場修原図
      • 34土山宿・蟹坂村の農家型間取りの分布233
        • 大場修原図
    • 第4節1項
      • 35雑俳興行の仕組み248
        • 大阪市立博物館『三都の俳諧』1982,所収の図を一部配置を変更して転載
    • 第5節
      • 36江戸時代の甲賀周辺の街道図*269
      • 37杣街道の復元ルートと沿道の村*271
      • 38信楽道のルートと沿道の村々*273
      • 39市内所在道標の主な行き先*276
  • 第3章郷村社会の様相
    • 第1節
      • 40村落間紛争年代別件数284
      • 41宇治河原村と周辺村落の争論285
    • コラム(8)
      • 42村の諸関係と文書のやりとりのイメージ*349
    • 第3節
      • 43江戸時代の寺院の関係概念図351
    • 第4節
      • 44柏木・伴谷地域における氏神社と村の関係模式図*384
    • 第5節
      • 45吉田主税の配札ルート423
  • 第4章変貌する近世社会
    • 第1節
      • 46杣街道と在町*434
      • 47信楽焼の窯跡分布と関係村名(13~19世紀)*450
    • 第2節
      • 48大工の所在状況476
      • 49荘園の範囲と郷氏神社478
    • 第3節
      • 50水口藩領変遷図*490
      • 51山村家系図521
    • 第4節
      • 52天保8年に打ち壊しを呼びかける張り紙のあった村*531
    • 第5節
      • 53甲賀隊出陣経路略図578
        • 藤田和敏『<甲賀忍者>の実像』所収の図を一部改変のうえ転載
    • <表>
      • ◆引用および参照した資料については適宜示した。
      • ◆タイトルに*を付したものは事務局、そのほかは担当執筆者の作成になる。
  • 第1章甲賀の幕藩体制
    • 第1節
      • 1水口城番一覧21
      • 2上甲賀の豊臣蔵入地24
      • 3甲賀郡内の家康領25
      • 4甲賀郡内の幕領一覧26
      • 5多羅尾光好の支配地28
      • 6「正保郷帳」にみえる甲賀郡内の領主たち29
      • 7多羅尾光重の所領36
    • 第2節
      • 8加藤家および水口藩主歴代43
      • 9元禄8年の水口藩領の村高51
      • 10正徳2年の甲賀郡の水口藩領55
      • 11正徳2年の蒲生郡・坂田郡の水口藩領56
      • 12正徳2年の引高56
      • 13正徳2年の水口城請取人数57
      • 14慶応4年頃の水口藩家臣団の構成と格・禄・職60
      • 15水口藩の席61
    • 第3節
      • 16「元禄郷帳」にみえる甲賀の領主一覧69
      • 17元禄期の甲賀の領主の類型70
      • 18「旧高旧領取調帳」にみえる甲賀市域の領主と所領高*84
      • 19光太系多羅尾氏(代官家)歴代*88
        • 高橋伸拓「近江国信楽代官所の幕領支配」,立正大学文学部史学科卒業論文,2002,などにより作成。
      • 20信楽役所の休日101
      • 21代官多羅尾氏の支配地と年貢104
      • 22代官多羅尾氏による幕府御蔵への米・永銭・銀の納入状況105
    • 第4節
      • 23由緒書にみえる甲賀古士の軍役履歴*117
      • 24訴願参加者にみる古士の人数の変化*120
      • 25寛政の訴願で銀を拝領した者*121
        • 藤田和敏『<甲賀忍者>の実像』所収の表を参照して作成。
      • 26甲賀二十一家古士仲間の掟書の内容*124
      • 27甲賀組による嘉永2年の墓参先と参加者*128
  • 第2章町と街道
    • 第1節
      • 28土山・水口周辺の東海道宿駅の宿勢148
      • 2917世紀の土山・水口両宿への恒常的な助成*155
      • 30宿人馬と助郷人馬の比率156
      • 31休泊形態のうちわけ*164
      • 32本陣休泊者の前泊地と割合*165
      • 33休泊者の種別と割合*165
      • 34土山家本陣での諸藩大名家の利用一覧*166
    • 第2節
      • 35水口の町(チョウ)と町組177
      • 36元禄9年湯屋町の明細帳178
      • 37宝暦2年の湯屋町の年間収支182
      • 38東町の町役人名の変遷186
      • 39水口町あての触の数188
      • 40延宝7年の美濃部・水口村の土地の状況193
      • 41延宝7年「江州甲賀郡水口町地子御赦免帳」にみえる水口町の町名195
      • 42享保6年段階の小村の村高197
    • 第3節
      • 43水口宿の業種別間取りと戸数221
    • 第4節1項
      • 44寛文~延宝期の俳諧集にみえる甲賀郡の俳諧作者241
      • 45貞享~元禄期の俳諧集にみえる甲賀郡の俳諧作者243
      • 46元禄年間までの甲賀の俳諧・雑俳作者一覧251
    • 第4節2項
      • 47紀行文・地誌類などにみる街道名物*262
    • 第5節
      • 48市原村から水口宿への助郷ルートとその距離*276
      • 49正徳元年以降の土山宿周辺への継立駄賃*278
  • 第3章郷村社会の様相
    • 第1節
      • 5016~17世紀の村落間争論283
      • 51深川村慶長7年検地の内訳296
      • 52延宝検地帳にみる田畑屋敷と山野298
      • 53村高規模別にみる村々300
      • 54村の家数・人口・牛馬302
      • 55村人の職業303
      • 56農間稼ぎ303
      • 57村で用いられた肥料の種類304
      • 58村役人の種類と給米305
    • 第3節
      • 59甲賀市内の宗派別寺院数と割合(明治12年段階)363
      • 60「末山住職誌」中の甲賀市域寺院住職一覧365
      • 61高岸寺歴代住職(正徳~宝暦年間)367
    • 第4節
      • 62郷氏神社の年中行事388
      • 63郷氏神社と神宮寺の関係393
      • 64寺社「兼帯」の事例393
      • 65安政7年吉田家廻状の宛所一覧397
    • 第5節
      • 66宝永元年の坊人とその出身地419
      • 67坊人の組と配札地域420
  • 第4章変貌する近世社会
    • 第1節
      • 68深川市場の近世初期史料436
      • 69信楽野尻村の茶生産量と金額の推移450
      • 70贋銘争論の相手方商人461
      • 71福本家資金借入先462
      • 72郡内流通に関与する商人462
    • 第2節
      • 73寛永12年五畿内・近江の大工・大鋸人数465
    • 第3節
      • 74万石方の新田高・永荒高491
      • 75安永5年10月の払米状況494
      • 76慶応3年10月18日払米206石の出米状況495
      • 77文化3年における藩財政見積り505
      • 78安政6年11月の賞賜512
      • 79山村家当主の格式522
    • 第4節
      • 80取り調べの結果江戸送りとなった人々545
    • <写真>
      • ◆転載した写真については適宜示した。
      • ◆撮影者・提供者の敬称は省略した。
      • ◆タイトルに串を付したものは、撮影対象が甲賀市の所蔵であることを示す。
  • はじめに
    • 1甲賀の近世は水口岡山城の築城とともに幕を開けた3
      • 出水伯明氏撮影
    • 2傭瞰された江戸時代の甲賀「江州甲賀郡絵図」4
      • 水口図書館蔵
    • 3古文書が活写する江戸時代の甲賀5
  • 第1章甲賀の幕藩体制
    • 第1節
      • 4中村一氏画像10
        • 東京大学史料編纂所模写・原本:妙心寺大龍院蔵
      • 5水口岡山城跡と水口市街11
      • 6天正19年9月吉日「増田長盛寄進状」12
        • 伴良松氏蔵
      • 7水口岡山城跡13
      • 8水口岡山城跡本丸北側石垣14
      • 9描かれた水口岡山城跡「江州水口絵図」(『大工頭中井家関係資料』)15
        • 中井正知・中井正純氏蔵、京極寛撮影
      • 10年未詳6月14日「某書状」16
        • 東京大学史料編纂所架蔵影写本
      • 11天正20年2月19日「増田長盛寄進状」17
        • 大徳寺蔵
      • 12「聞書」18
        • 河合修一郎氏蔵
      • 13「水口古図」*19
      • 14上空から水口城跡をのぞむ20
      • 15「水口御城下之画図」22
        • 壬生常楽寺蔵
      • 16「水口城図」23
        • 国立国会図書館蔵
      • 17小堀遠州像27
        • 滋賀県立琵琶湖文化館蔵・提供
      • 18寛永5年「宇治川原村免定」28
        • 宇川区蔵
      • 19「水口宿絵図」*31
      • 20小川城跡主郭32
        • 滋賀県教育委員会撮影
      • 21京都の大仏殿33
        • 豊国神社蔵・提供
      • 22「朱印状写」34
        • 個人蔵
      • 23「多羅尾家系図」35
        • 多羅尾光明氏蔵・宇治市歴史資料館提供
      • 24「多羅尾家系図」37
        • 同上
      • 25多羅尾代官陣屋跡38
    • コラム(1)
      • 26御茶屋作事にかかわった大工が連署する史料39
    • 第2節
      • 27「天和二年日記」6月18日条40
        • 国立公文書館蔵
      • 28天和2年10月8日「老中奉書」*41
      • 29天和2年7月5日「加藤明友条々」42
        • 東京大学史料編纂所架蔵影写本
      • 30貞享元年9月21日「徳川綱吉領知朱印状写」44
        • 東京大学史料編纂所架蔵影写本
      • 31「江州甲賀郡絵図」45
        • 水口図書館蔵
      • 32貞享元年9月21日「加藤明英領知目録写」46
        • 東京大学史料編纂所架蔵影写本
      • 33鳥居忠英画像47
        • 壬生常楽寺蔵・阿美智篤撮影
      • 34亥7月日「水口御城附之覚」48
        • 同上蔵・撮影
      • 35元禄8年8月12日「徳川綱吉領知朱印状」49
        • 同上蔵・撮影
      • 36元禄8年8月12日「鳥居忠英領知目録」50
        • 同上蔵・撮影
      • 37「壬生城絵図」*52
      • 38「御系図并譜」53
        • 水口図書館蔵
      • 39正徳元年「江州甲賀郡水口領卯御取箇郷帳」*54
      • 40「御分限帳」58
        • 蜷川三知子氏蔵
      • 41「蜷川親敬悦喜之図」59
        • 同上蔵
      • 42水口城本丸復元模型62
      • 43元禄8年7月「水口御城御殿間数丼番所之帳」63
        • 壬生常楽寺蔵・阿美智篤撮影
      • 44天和3年8月23日「老中奉書」*64
      • 45「御城御修復御願一件」のうち寛政5年12月「老中奉書写」*65
      • 46「御城御修復御願一件」のうち寛政6年2月7日「老中奉書写」*66
    • コラム(2)
      • 47吉永藩陣屋跡67
    • 第3節
      • 48旗本美濃部家墓所71
      • 49旗本黒川家墓所72
      • 50「和田家家系図」73
        • 京都市歴史資料館架蔵写真版
      • 51天和4年正月「覚」*74
      • 52嘉永7年10月「御規定御切替ニ付仰被渡書覚」75
        • 八田区蔵
      • 53堀田一通墓76
      • 54大池寺仏殿77
      • 55旧三上陣屋表門79
      • 56元禄11年「稲垣安芸守知行所之覚」80
        • 葛木区蔵
      • 57覧文5年7月11日「徳川家綱領知朱印状」83
        • 国立公文書館蔵
      • 58寛政9年正月「御定御証文之事」85
        • 市原区蔵
      • 59多羅尾氏家紋*87
      • 60「古今覚書」89
        • 多羅尾光明氏蔵・宇治市歴史資料館提供
      • 61「近衛関白家基公御伝来多羅尾御系図由緒家伝記」90
        • 同上蔵・提供
      • 62「信楽御領私領高目録」*91
      • 63「多羅尾元祖語伝記」92
        • 多羅尾光明氏蔵・宇治市歴史資料館提供
      • 64多羅尾代官陣屋跡93
      • 65多羅尾家墓所95
      • 66「改革之条目]*97
      • 67馬印・旗指物*99
      • 68多羅尾氏の江戸屋敷102
      • 69文政5年「大和・近江・伊勢・美濃国当午御物成納払大積明細帳」103
        • 個人蔵
      • 70文化11~12年「手薄」の表紙107
        • 同上蔵
      • 71文化11~12年「手薄」108
        • 同上蔵
      • 72文化11~12年「手薄」109
        • 同上蔵
      • 73文化11~12年「手薄」110
        • 同上蔵
      • 74多羅尾と伊賀上野を結ぶ国境の御斎峠112
    • コラム(3)
      • 75立川家への達書113
        • 滋賀大学経済学部附属史料館蔵
    • 第4節
      • 76「甲賀ゆれ」を記す古文書114
        • 川田神社蔵
      • 77水口藩医隠岐貢の経歴を記す分限帳115
        • 蜷川美智子氏蔵
      • 78寛文7年閏2月18日「乍恐以訴状言上仕候」118
        • 滋賀大学経済学部附属史料館蔵
      • 79享和3年9月「就御尋奉申上候」119
        • 上野吉郎氏蔵
      • 80延宝4年・藤林保武著「万川集海」122
        • 国立公文書館蔵
      • 81寛文8年「敬白霊社起請文前書之事」123
        • 上野吉郎氏蔵
      • 82「甲賀組由緒書全」125
        • 国立公文書館蔵
      • 83高徳寺にある甲賀組関係者の墓所126
      • 84百人番所126
      • 85甲賀百人組位牌127
        • 慈眼寺蔵
      • 86「由緒書之覚」129
        • 上野吉郎氏蔵
      • 87岸和田城跡130
      • 88文化11年「達シ書并願留」*132
    • コラム(4)
      • 89信州伊那谷の美濃部氏が祀る天満宮134
  • 第2章町と街道
    • 第1節
      • 90東海道土山宿140
        • 出水伯明撮影
      • 91東海道水口宿141
        • 同上撮影
      • 92文禄4年5月9日「徳川家康奉行人奉書写」*142
      • 93慶長6年正月「御伝馬之定」*143
      • 94年未詳3月11日「伝馬朱印添状]*144
      • 95正徳元年7月「御高札御文言并寸尺之図」*145
      • 96「問屋日〆帳案文」*151
      • 97「西伝馬町」を描く17世紀の宿絵図*152
      • 98寛永10年3月27日「江戸幕府勘定頭等達書」*154
      • 99寛永10年3月27日「江戸幕府勘定頭等達書」*154
      • 100享保10年「東海道水口宿助郷帳」と水口宿の助郷札*156
      • 101享保10年「東海道土山宿助郷帳」*158
      • 102明治元年10月2日「駅逓司布達写」*159
      • 103土山・水口両駅伝取締所の印*159
      • 104土山宿本陣土山家旧状160
      • 105「土山家本陣絵図」161
        • 土山基氏蔵
      • 106本陣の賑わい162
      • 107「土山家本陣宿1帳」163
        • 土山基氏蔵
      • 108関札164
        • 同上蔵
      • 109本陣料理167
      • 110明治天皇の行在所記事168
        • 土山基氏蔵
      • 111おかげまいりの柄杓*169
      • 112鈴鹿峠の常夜灯171
      • 113「田村川定橋書留」*172
      • 114「横田渡絵図」173
        • 泉区蔵
      • 115寛政13年正月「横田渡高札」174
        • 同上蔵
      • 116東海道横田渡跡175
    • 第2節
      • 117正徳2年「水口美濃部村絵図」176
        • 滋賀県蔵
      • 118元禄9年「湯屋町明細帳」*177
      • 119「湯屋町絵図」*179
      • 120延享4年「記録壱番」*179
      • 121湯屋町の「丁役」を列挙した「覚」*180
      • 122湯屋町における丁振舞いの事項を列挙した「定」*181
      • 123町の共有財産の記録の一部*183
      • 124湯屋町の曳山183
      • 125町内に借宅する際の請状*184
      • 126相続の証文185
        • 東町蔵
      • 127書きとめられた「触書」*187
      • 128慶長7年「江州甲賀郡水口村御検地帳」*190
      • 129慶長期の屋敷地の香上帳*191
      • 130元和9年「酒通帳断簡」192
        • 個人蔵
      • 131延宝7年「江州甲賀郡美濃都水口村御検地帳」*194
      • 132市街地のなかに年貢地を描く*196
      • 133元禄3年11月「江州甲賀郡水口美濃部村御物成免定之事」*197
      • 134小村の一つ天神村の年貢にかんする帳簿*198
    • コラム(5)
      • 135現在の「石橋」199
    • 第3節
      • 13617世紀前半「東海道水口宿絵図」と享保ごろ「東海道水口町絵図」*200
      • 137天保14年「東海道水口駅町絵図」*201
      • 138江戸時代末期の町構成を描く「天保絵図」*202
      • 139文久3年「宿内軒別書上帳」*204
      • 140文久3年「宿内北裏軒別書上帳」と「宿内南裏軒別書上帳」*205
      • 141文久2年「旅籠町軒別絵図」*210
      • 142水口宿の町家218
      • 143「日野屋金六宅指図」*219
      • 144水口の大正期の町並み*222
      • 145「南北土山村軒別宅地間取図」*223
      • 146「五街道其他延絵図東海道巻第十」24
        • 東京国立博物館蔵TNM Image Archives
      • 147明治元年「本陣并向三軒両隣絵図」225
        • 土山基氏蔵
      • 148上空から見た市場付近227
        • 出水伯明撮影
      • 149文久2年「村内軒別坪数書上帳」*229
    • 第4節1項
      • 150案内記のなかの「諸芸」(元禄2年刊『江戸図鑑細目』)234
        • 『石川流宣画作集』下<古典文庫>1995より転載
      • 151池本鴨眠著『和歌名所一覧』235
        • 水口図書館蔵
      • 152室町時代の「俳諧連歌」/『俳諧連歌』真如蔵本(わ0-3)236
        • 天理大学附属天理図書館蔵・『古俳諧集』<天理図書館善本叢書和書之部22>,八木書店,1974より転載。
      • 153江戸時代の俳諧の会(元禄5年刊『貞徳永代記』)237
        • 早稲田大学図書館蔵
      • 154江戸時代最初の俳諧撰集(寛政10年刊『狗禍集』)237
        • 早稲田大学図書館蔵
      • 155破笠筆芭蕉翁画像(部分)238
        • 公益財団法人芭蕉翁顕彰会蔵
      • 156『野ざらし紀行』(元禄11年刊『泊船集』)239
        • 愛知県立大学長久手キャンパス図書館蔵
      • 157蓮華寺240
      • 158実自・芥舟・而則三物(貞享3年刊『歳旦集』)/貞享三年『俳諧三ツ物揃』(わ63-15)242
        • 天理大学附属天理図書館蔵・『俳諧歳旦集一』<天理図書館綿屋文庫俳書集成7>,八木書店,1995より転載。
      • 159芥舟・信徳三物(元禄11年刊『誹諧大三物』)/『俳諧大三ツ物』(わ75-41)242
        • 天理大学附属天理図書館蔵・『俳諧歳旦集二』<天理図書館綿屋文庫俳書集成17>,八木書店,1996より転載。
      • 160甲賀の蕉風俳壇を代表する加藤蜃州と僧虚白244
      • 161幾夜庵斗酔墓碑245
      • 162三好赤帯句碑245
      • 163元禄5年「可休点二句付勝句一枚刷」247
        • 公益財団法人芭蕉翁顕彰会蔵
    • 第4節2項
      • 164文久2年「水口宿粗絵図」252
        • 水口図書館蔵
      • 165名所図会の水口253
        • 同上蔵
      • 166曳山の巡行254
        • 同上蔵
      • 167明治末年の水口祭*255
      • 168文化6年3月「一光三尊仏略縁起」(『水口蓮華寺文書』)256
        • 滋賀大学経済学部附属史料館蔵
      • 169貞享2年の秋葉動座257
        • 河合修一郎氏蔵
      • 170水口宿坂町芝居小屋跡258
      • 171文政8年「諸国芝居繁栄数望」259
        • 『義太夫年表近世篇別巻』補訂編より転載
      • 172若連中による作り物の記事260
        • 八幡町蔵
      • 173水口家中による煙火の記録261
        • 水口図書館蔵
      • 174検地帳にみえる「くしや」*263
      • 175土山宿名物・木櫛263
        • 大森薫氏蔵
      • 176葛飾北斎画「春興五十三駄之内土山」264
        • 東京都墨田区蔵
      • 177江戸時代の随筆『提醒紀談』に載る水口煙管と伝世品*265
      • 178シーボルト『日本動物誌』所収のトキ266
        • 京都大学生物科学専攻図書室蔵
      • 179「シーボルト肖像」266
        • 長崎市シーボルト記念館蔵
    • コラム(6)
      • 180南土山常明寺の森家墓所267
    • 第5節
      • 181御代参街道の分岐点に建つ「北国多賀道分」の道標を描く『伊勢参宮名所図会』268
        • 水口図書館蔵
      • 182杣街道上の道標と「新海道」の道標270
      • 183伊賀道と杣街道の分岐に建つ「伊賀街道」と刻む明治22年1月の道標272
      • 184伊賀道の路傍に建つ石仏272
      • 185信楽道脇に建つ灯籠型の道標274
      • 186伊賀・伊勢道と京道を示す嘉永7年の道標274
      • 187和野の宝永2年道標275
      • 188田堵野の道標277
  • 第3章郷村社会の様相
    • 第1節
      • 189天文2年7月26日「(牛飼村四ヶ村山論裁許判状)」282
        • 東京大学史料編纂所架蔵写真版
      • 190上空から見た「宇治河原村」と近傍村落286
        • 国土地理院発行の空中写真kk-63-6x c310に加筆して使用
      • 191「(井水絵図)」287
        • 宇川区蔵
      • 192(慶長15年)5月18日「乍恐申上候」288
        • 川田神社蔵
      • 193年月日未詳「乍恐申上条々」289
        • 同上蔵
      • 194慶長10年6月22日「誓文状之事」290
        • 宇川区蔵
      • 195慶長15年7月17日「甲賀郡判者中判状写」292
        • 川田神社蔵
      • 196正保3年6月14日「内貴村新井水争論済状」294
        • 宇川区蔵
      • 197慶長11年3月28日「字治河原領内下川原之儀ニ酒人村と芝ノ相論ニ付而火誓取申人躰ニ褒美相定候事」295
        • 同上蔵
      • 198慶長7年「深川村検地帳」296
        • 深川区蔵
      • 199慶長7年「深川村検地帳」297
        • 同上蔵
      • 200延宝7年7月19日「江州甲賀郡深川村御検地帳」299
        • 同上蔵
      • 201午(延宝6年)5月28日「(氏河原村・岩坂村立会山絵図)」299
        • 宇川区蔵
      • 202正徳2年「江州甲賀郡水口領泉村差出帳」301
        • 泉区蔵
      • 203元禄12年閏9月17日「定」306
        • 野尻区
      • 204寛文9年3月吉日「相定申庄屋之事」307
        • 川田神社蔵
    • コラム(7)
      • 205「江州甲賀郡酒人村粗絵図」309
        • 酒人区蔵
      • 206元禄14年「近江国絵図」309
        • 滋賀県立図書館蔵
    • 第2節
      • 207「定ノ通書とめ申覚」310
        • 川田神社蔵
      • 208寛保4年2月9日「浄土寺行執行ニ付願書」311
        • 深川区蔵
      • 209慶長20年正月15日「敬白浄土寺請頭之事」312
        • 同上蔵
      • 210寛保4年2月「江州甲賀郡深川村浄土寺行イ之会図」312
        • 同上蔵
      • 211寛保4年2月「乍恐奉願口上書」313
        • 同上蔵
      • 212文化14年2月「乍恐口上之覚」314
        • 同上蔵
      • 213文政5年5月「村方仕方改之事」315
        • 同上蔵
      • 214「年貢米取立之図」316
        • 安藤博著『徳川幕府縣治要略』より転載
      • 215寛政7年3月「乍恐奉願口上之書」317
        • 深川区蔵
      • 216寛政8年8月朔日「村中相談之上定書之事」318
        • 市原区蔵
      • 217寛政8年8月朔日「村中相談之上定書之事」320
        • 市原区蔵
      • 218文政5年2月「村中相談之上定書之事」322
        • 市原区蔵
      • 219元禄2年正月11日「異見状之事」323
        • 市原区蔵
      • 220天明9年正月「乍恐以書付奉上候」324
        • 市原区蔵
      • 221文政元年9月「定」326
        • 深川区蔵
      • 222ホウビキ327
        • 下野川日明谷組蔵
      • 223文政7年5月18日「定」330
        • 深川区蔵
      • 224慶応2年4月「取締一札之事」331
        • 泉区蔵
      • 225元文元年8月「乍恐以書付ヲ御願申上候」332
        • 野尻区蔵
      • 226(嘉永7年)7月18日「和田伝右衛門届書」(『立川家文書』)334
        • 滋賀大学経済学部附属史料館蔵
      • 227嘉永7年「万覚帳」335
        • 川田神社蔵
      • 228嘉永7(安政元)年「山村日記」6月15日条336
        • 水口図書館蔵
      • 229嘉永6年7月「御請書」337
        • 北虫生野蔵
      • 230明和3年2月「乍恐奉願上候事」339
        • 野尻区蔵
      • 231天保10年6月5日「差上申一札」340
        • 泉区蔵
      • 232『人倫訓蒙図彙』343
        • 京都大学附属図書館蔵
      • 233治安維持に用いられた道具*346
    • 第3節
      • 234寺院の景観350
      • 235元和元年7月「浄土宗諸法度」352,353
        • 知恩院蔵・日野町教育委員会提供
      • 236元禄5年6月15日「寺改覚」354
        • 心光寺蔵
      • 237慶安2年8月17日「徳川家光領知朱印状写」355
        • 大徳寺蔵
      • 238領知朱印状を収めた御朱印箱355
        • 同上蔵
      • 239「江州甲賀高山村一件口上書写」356
        • 高山区蔵
      • 240「江州甲賀高山村一件口上書写」のうち「口上書申上候御事」357
        • 同上蔵
      • 241「江州飯道寺山粧之図」358
      • 242天明8年9月「口上之覚」359
        • 心光寺蔵
      • 243「江州甲賀高山村一件口上害写」のうち「御訴訟」360
        • 高山区蔵
      • 244知恩院364
      • 245浄厳院364
      • 246「末山住職誌」368
        • 浄厳院蔵・日野町教育委員会提供
      • 247宝暦4年5月26日「乍恐口上書」369
        • 宇川区蔵
      • 248「大徳寺来由開基歴代伝記」370
        • 大徳寺蔵
      • 249家松山大徳寺371
      • 250「大徳寺住職泯誉上人条々」372
        • 大徳寺蔵
      • 251「山村日記」374
        • 水口図書館蔵
      • 252葬列の役付(文政6年「山村日記」)375
        • 同上蔵
      • 253徳本上人画像376
        • 松元寺蔵
      • 254徳本上人名号碑377
        • 大福寺所在
      • 255「臨時萬歳録」379
        • 堀田良文氏蔵
    • 第4節
      • 256天保13年「畑村絵図」380
        • 滋賀県蔵
      • 257正徳2年「北内貴村差出帳」381
        • 川田神社蔵
      • 258寛永17年5月3日「山岡景以社領安堵状」382
        • 伴良松氏蔵
      • 259新城村の岩神(『伊勢参宮名所図会』)383
        • 水口図書館蔵
      • 260郷氏神社の景観385
      • 261安永7年「酒人村明細帳」386
        • 酒人区蔵
      • 262新宮神社石灯籠387
        • 新宮神社所在
      • 263寛政6年7月12日「乍恐奉献願書」387
        • 三所神社蔵
      • 264正保5年「御りうかん(立願)状之事」389
        • 宇川区蔵
      • 265立川金右衛門が敢国神社に寄進した常夜灯の図389
        • 滋賀大学経済学部附属史料館蔵
      • 266三所神社の宮座建物390
      • 267宮座建物を描く江戸時代の境内図390
        • 三所神社蔵
      • 268八坂神社の的山のオコナイ391
      • 269油日祭りの奴振の頭殿392
      • 270村氏神社と祈禱寺394
      • 271寛永13年「江州甲賀郡柏木ノ荘若宮八幡宮由来」395
        • 柏木神社蔵
      • 272「水口宿色絵図」*396
      • 273吉田家の活動の拠点となった神楽岡斎場所(『花洛名所図会』)398
      • 274貞享元年10月15日「神道裁許状」398
        • 油日神社蔵
      • 275文政12年4月28日「宗源神宣」398
        • 藤栄神社蔵
      • 276水口神社399
      • 277天文8年5月3日「口宣案」401
        • 檜尾神社蔵
      • 278天文8年8月朔日「正一位檜尾大明神種々奉納目録」401
        • 同上蔵
      • 279慶長4年4月19日「豊国社位記」402
        • 豊国神社蔵
      • 280日雲神社本殿403
      • 281天保13年「継目許状」404
        • 柏木神社蔵
      • 282年未詳4月朔日「美濃部市丞寄進状」405
        • 綾野天満宮蔵
      • 283享和4年「因州備州武家町方覚」406
        • 檜尾神社蔵
      • 284「田村建顕和歌詠草」407
        • 田村神社蔵
      • 285加藤嘉明画像408
        • 藤栄神社蔵
    • コラム(9)
      • 286西国巡礼の記録409
        • 個人蔵
    • 第5節
      • 287上空よりみた飯道山410
        • 出水伯明撮影
      • 288山伏の里下磯尾411
      • 289山伏の補任状412
        • 佐治幾太郎氏蔵
      • 290大峰山寺(奈良県)413
      • 291貞享2年8月2日「頭襟役之覚」414
        • 吉田金雄氏蔵
      • 292山伏が配ったお札415
        • 田中克巳氏蔵
      • 293山伏の旧家に伝わる尊像415
      • 294謬多賀曼茶羅*416
      • 295牛頭天王像416
        • 福野憲二氏蔵
      • 296多賀大社417
      • 297多賀参詣曼茶羅418
        • 多賀大社蔵
      • 298多賀参詣曼茶羅418
        • 同上蔵
      • 299奈枳尼天像421
        • 三好隆益氏蔵
      • 300愛染寺から出された配札許可状421
        • 吉田金雄氏蔵
      • 301元治2年「旅中日記」と慶応2年「諸日記」422
        • 同上蔵
      • 302稲荷大明神のお札424
        • 同上蔵
      • 303文久元年3月「覚」424
        • 同上蔵
      • 304望月本実家425
      • 305明王院の霊方萬金丹426
        • 版木・望月主郎氏蔵
      • 306虚空蔵菩薩像の御影426
        • 版木・同上蔵
      • 307虚空蔵菩薩と雨宝童子・明星天子427
        • 眞岡孝至氏蔵
      • 308軸装の虚空蔵菩薩像の裏書427
        • 同上蔵
      • 309卜占用具428
        • 同上蔵
      • 310小山快玄家・東雲舎428
      • 311「延齢丹伝授書」429
        • 小山晴久氏蔵
      • 312山伏の名を記した薬袋430
  • 第4章変貌する近世社会
    • 第1節
      • 313年未詳2月5日「深川市場町諸役赦免状」435
        • 滋賀県立図書館架蔵写真版
      • 314深川市場の町並み437
      • 315上空から深川市場の町並みをのぞむ438
        • 出水伯明撮影
      • 316三本柳の町並み439
      • 317延宝7年「江州甲賀郡三大寺村御検地帳」439
        • 三大寺区蔵
      • 318宝暦10年「御順見様御通り水口宿5牧村迄道法帳」440
        • 同上蔵
      • 319村絵図にみる三本柳の変遷441
        • 同上蔵
      • 320江戸時代初期の酒の注文書442
        • 個人蔵
      • 321茶摘み(朝宮と土山)443
        • 滋賀県立図書館蔵
      • 322承応4年8月25日「永代うり渡シ申茶ゑん畠ヶ之事」444
        • 大谷秀夫氏蔵
      • 323万治2年8月「敬白天罰霊社起請文前書之事」445
        • 深川区蔵
      • 324元禄15年11月2日「預り申銀子之事」447
        • 大谷秀夫氏蔵
      • 325宝永元年11月18日「口上之覚」448
        • 同上蔵
      • 326『清風瑣言』448
        • 早稲田大学図書館蔵
      • 327長野村の登り窯(『陶器集説』)452
        • 国立国会図書館蔵
      • 328厚要白茶壼453
        • 滋賀県工業技術総合センター信楽窯業技術試験場蔵
      • 329「長野村古絵図」454
        • 石野義明氏蔵
      • 330木津川舟運の古写真455
        • 笠置公民館蔵
      • 331葛飾北斎「富嶽三十六景」遠江山中*457
      • 332前挽販売の看板458
        • 河合修一郎氏蔵
      • 333『商人買物独案内』(嘉永4年版)459
      • 334(安永2年力)「一札之事」*460
      • 335幕末~明治初頭頃の玉鋼製前挽鋸*463
    • 第2節
      • 336大工・木挽『人倫訓蒙図彙』464
        • 京都大学附属図書館蔵
      • 337大工頭中井家発行の「御用役大工鑑札」465
        • 小山岩雄氏蔵
      • 338寛永12年12月20日「五畿内江州大工大鋸高御赦免之写」466
        • 同上蔵
      • 339中井正清像467
        • 京都市長香寺蔵
      • 340甲賀に残る大工関係文書468
        • 小山岩雄氏蔵
      • 341寛永12年12月20日「五畿内江州大工大鋸高御赦免之写」469
        • 同上蔵
      • 342寛永12年9月7日「老中奉書写」470
        • 同上蔵
      • 343安政2年「准后御殿作事指図」471
      • 344寅(嘉永7年)11月「乍恐御請書」472
        • 同上
      • 345内裏北側の准后御殿*473
      • 346元禄10年6月13日「塩野村諏訪大明神作事願書」474
        • 矢川神社蔵
      • 347元文5年3月5日「為取替証文之事」477
        • 小山岩雄氏蔵
      • 348寛延元年12月「乍恐奉願口上書」479
        • 矢川神社蔵
      • 349安永6年10月「奉願口上覚」480
        • 福井芳郎氏蔵
      • 350新宮神社社殿480
      • 351矢川神社本殿481
      • 352寛政4年正月「江州上甲賀郡大工仲ケ間定法附仕法之事」482
        • 小山岩雄氏蔵
      • 353宝暦3年正月「一札之事」483
        • 矢川神社蔵
      • 354宝暦5年10月矢川神社棟札483
        • 同上蔵
      • 355江戸時代の前挽鋸*484
      • 356宝永4年3月朔日「大鋸高手形之事」485
        • 宇川区蔵
      • 357甲賀の木挽が稼ぎに用いた道具*487
      • 358甲賀の木挽も活動した京都の北山488
    • 第3節
      • 359享保4年「杉谷村新田所之儀ニ付内窺書附]*492
      • 360安永5年9月「御払米直段附覚」493
        • 滋賀大学経済学部附属史料館蔵
      • 361「年貢米取立之図」493
        • 安藤博著『徳川幕府縣治要略』より転載
      • 362慶応3年「給人知行切手帳」*496
      • 363安永7年「酒人村差出帳」498
        • 酒人区蔵
      • 364津出道橋499
      • 365明和8年8月の倹約令(「達書留帳」)*500
      • 366安永4年5月吉日「御仕送勘定帳」501
        • 滋賀大学経済学部附属史料館蔵
      • 367「御用出銀仕法帳」502
        • 同上蔵
      • 368初代中井源左衛門肖像503
        • 同上提供
      • 369文化2年8月15日「覚」504
        • 同上蔵
      • 370嘉永3年「増補改正芝口南西久保愛宕下之図」506
        • 国立国会図書館蔵
      • 371「山村日記」に記された文化9年水口藩の借財返済案507
        • 水口図書館蔵
      • 372文化2年8月吉日「水城江奉指上願書拍井被仰附御得写」508
        • 滋賀大学経済学部附属史料館蔵
      • 373文政8年「日野村井町村替被仰付候一件帳」*509
      • 374大庄屋山村家の宗旨改の写510
        • 水口図書館蔵
      • 375弘化5年2月「乍恐奉願上口上之覚」511
        • 字川区蔵
      • 376安政6年「摂州大坂御城内山里丸全図」*513
      • 377安政6年の大坂加番に閲する史料*514
      • 378「山村日記」515
        • 水口図書館蔵
      • 379『湖東中郡日野八幡在々持余家見立角力』516
        • 真崎俊朗氏蔵・滋賀大学経済学部附属史料館提供
      • 380山村が薬種問屋の小西家から購入した薬のリストと竹野屋から購入した「極上紅毛阿片」の紙札517
        • 水口図書館蔵
      • 381日野商人藤村市右衛門へ山村家が150両を用立てた際の証文517
        • 同上蔵
      • 382天保8年「大坂大火之図」518
        • 同上蔵
      • 383山村家別宅の茶室「蔭涼斎」の扁額*519
      • 384山村本宅での接待の様子519
        • 水口図書館蔵
      • 385山村十郎右衛門・九郎治父子の経歴を示す水口藩の分限帳520
        • 蜷川三知子氏蔵
      • 386心光寺門前町の山村家本宅*523
      • 387山村家歴代墓地524
        • 大徳寺所在
    • コラム(10)
      • 388文化12年「日記」*525
    • 第4節
      • 389天保義民之碑526
      • 390幕府年貢増徴策の対象地となった琵琶湖周辺*527
      • 391天保8年の水口宿内での施行528
        • 水口図書館蔵
      • 392「万留帳」に記される天保8年の「張紙事件」529
        • 泉区蔵
      • 393張紙事件を記す「山村日記」と張り紙が張り出されたという矢川利1社の石灯籠530
        • 水口図書館蔵
      • 394江戸時代の検地の様子532
        • 安藤博著『徳川幕府縣治要略』より転載
      • 395御請書の写533
        • 泉区蔵
      • 396天保13年「山村日記」534
        • 水口図害館蔵
      • 397夫保13年「下池田村絵図」535
        • 池田区蔵
      • 398「絵入百足再来記」536
        • 林仲三氏蔵
      • 399万延元年「水口宿旅籠屋万屋伝兵衛宅間取図」*537
      • 400「山村日記」天保13年10月14日条538
        • 水口図得館蔵
      • 401一揆の呼び出し状538
        • 三十八社蔵
      • 402「絵入百足再来記」539
        • 林仲三氏蔵
      • 403「絵入百足再来記」540
        • 同上蔵
      • 404天保13年の「万留帳」に記された見分十万日日延べの証文541
        • 泉区蔵
      • 405天保13年「詰所日記」*542
      • 406土山宿本陣「宿帳」542
        • 土山基氏蔵
      • 407「絵入百足再来記」543
        • 林仲三氏蔵
      • 408天保14年正月16日到来の関・戸田から村々への呼び出し状の写(天保14年「万留帳」)544
        • 泉区蔵
      • 409「絵入百足再来記」546
        • 林仲三氏蔵
      • 410天保14年「川筋一件騒動言済書留置帳」547
        • 泉区蔵
      • 411「甲賀騒動訳合之事」548
        • 個人蔵
      • 412「実録百足斎(再)来記」549
        • 金田寛氏蔵
      • 413義民供養塔(大徳寺所在)550
      • 414義民供養塔(西徳寺所在)550
      • 415河邨吉三著『天保義民録』551
      • 416メモリアルパーク551
    • 第5節
      • 417石田梅岩著「都鄙問答」552
        • 滋賀大学経済学部附属史料館蔵
      • 418本居大平肖像(部分)553
        • 本居宣長記念館蔵
      • 419多羅尾氏純歌集「濱廼真砂」554
        • 個人蔵
      • 420「大平翁の許に遣しけるふみ」555
        • 同上蔵
      • 421「倭意三百首」と多羅尾氏純の蔵書印556
        • 同上蔵
      • 4225月6日「本居大平書状」557
        • 同上蔵
      • 423矢野玄道558
        • 大洲市立博物館蔵
      • 424鵜飼舎杖旧居559
      • 425中村栗園画像(部分)*561
      • 426「分限帳」細野亘の項561
        • 蜷川三知子氏蔵
      • 427大槻玄沢著『環海異聞』(細野亘筆写)562
        • 水口図書館蔵
      • 428中村栗園著『武備拾要抄』(細野亘筆写)563
        • 同上蔵
      • 429『海防私記』(細野亘筆写)564
        • 同上蔵
      • 430安政元年6月・中村栗園自筆「答古知免教練図」(部分』)*565
      • 431「旧水口藩校之図」*566
      • 432福澤諭吉著『西洋事情』567
        • 滋賀大学附属図書館教育学部分館蔵
      • 433「吐握軒日課」と「吐握軒輪講録」*568
      • 434城多耐軒569
        • 城多聡氏蔵
      • 435城多耐軒著「咋夢記」570
        • 同上蔵
      • 436「御分限帳」岡田直治郎の項571
        • 蜷川三知子氏蔵
      • 437元治元年の禁門の変を描く絵図*571
      • 438水口藩関係志士招魂碑572
      • 439慶応4年2月「奉嘆願口上之覚」574
        • 滋賀大学経済学部附属史料館蔵
      • 440文久3年3月「結義盟約之事」575
        • 同上蔵
      • 441甲賀隊隊章577
        • 個人蔵
      • 442甲賀隊士所用の陣羽織と火薬入れ579
        • 山中美代子氏蔵
      • 443水口宿に降った大神宮の札と土山宿に降った神意の書付*581
      • 444慶応3年「諸日記」11月19日条*582
      • 445慶応3年「諸日記」11月19日条*583
      • 446贈正五位城多先生之碑(拓本)585
    • コラム(11)
      • 447神谷家奉納の手水鉢587

MOKUJI分類:地方史誌