世界の生涯学習 : 現状と課題

大学教育出版/2016.10.

当館請求記号:FH1-L162


目次


世界の生涯学習
-現状と課題-
目次

  • はじめに
    新海 英行
    i
  • 序論 輝いて生きる-学びこそ原動力-
    新海 英行
    1
    • 1.
      広がる「生きづらさ」-競争・格差・貧困の中で-
      2
      • (1)
        経済的効率性を最優先する新自由主義政策
        2
      • (2)
        ツケは社会的弱者に
        2
    • 2.
      「輝いて生きる」身近な人びとに学ぶ-なかまたちと共に地域の主人公として-
      4
      • (1)
        「ボランティア人生50年。学習と闘いにあけくれて」M.Yさん-福祉のまちづくりをとおして-
        5
      • (2)
        「社会教育で生きがい発見し、自己実現」N.Mさん
        6
      • (3)
        「まちづくりは人づくり」を貫くT.Nさん
        7
      • (4)
        「ふれ合いの中でなかまと共に成長」A.Sさん
        8
      • (5)
        「国籍を超えて共に生きられる社会に」M.Kさん
        9
      • (6)
        「お金儲けより人儲け-学びは生きることの証-」K.Tさん
        9
      • (7)
        「地域の遊びは子どもにとって権利」R.Oさん
        10
      • (8)
        40年のボランティア体験-「学習もだいじ、実践もだいじ」-F.Nさん
        11
      • (9)
        文化と社会教育を結ぶJ.Fさん
        12
      • (10)
        社会教育職員として実践づくりの先端を走りきったAさんとKさん
        13
      • (11)
        紡績工場から石油コンビナートまで綴るY.Sさん-生活記録と反公害にかかわって-
        14
      • (12)
        市民として市長として教育と福祉の充実に尽力したM.Mさん-研究と実践を統一-
        15
    • 3.
      「輝いて生きる」人びとに見る特色-学びこそ、実践の礎-
      16
  • 総論 生涯学習の国際的動向-ヨーロッパを中心に-
    松田 武雄
    19
    • 1.
      グローバリゼーションの中の生涯学習
      19
    • 2.
      国際機関の生涯学習に関する政策-ユネスコを中心に-
      22
    • 3.
      ヨーロッパにおける生涯学習の形態-EUの政策との関連で-
      27
    • 4.
      日本の生涯学習政策
      29
  • おわりに
    32
  • 第1部
    ヨーロッパ
    • 第1章
      ドイツ民衆大学の歴史・現状・課題
      新海 英行
      36
      • 1.
        ドイツ教育制度における民衆大学の位置と役割
        36
        • (1)
          概念的定義と原理的特色
          36
        • (2)
          社会的役割
          38
        • (3)
          民衆大学の歴史的性格-成立と転換-
          39
      • 2.
        事業構成の特色
        43
        • (1)
          事業内容(講座)、受講者、職員
          43
        • (2)
          協働、ネットワーク、市場志向
          44
        • (3)
          事業と開催時間
          44
      • 3.
        受講者
        45
        • (1)
          受講者の領域(テーマ)別の受講状況と年齢層の分布
          45
        • (2)
          参加動機
          46
        • (3)
          特定の受講者と目的グループ
          46
      • 4.
        職員と講師
        47
        • (1)
          職員
          47
        • (2)
          講師
          47
      • 5.
        管理運営と講座編成
        47
        • (1)
          管理運営
          47
        • (2)
          講座編成
          48
      • 6.
        法制度と財政
        48
      • 7.
        DVVの発展と国際化
        49
        • (1)
          DVVの発展
          49
        • (2)
          国際化のさらなる推進
          50
      • 8.
        民衆大学の将来的課題
        50
    • 第2章
      高齢化と労働の多様化に対応した英国型生涯学習再構築への試み-"Learning Through Life"(2009)の提言とその後の動向より-
      鈴木 尚子
      53
      • はじめに
        53
      • 1.
        報告書("Learning Through Life")の策定経緯と概要
        54
        • (1)
          報告書の策定経緯
          54
        • (2)
          報告書の概要
          56
      • 2.
        報告書発行以降の3Lをめぐる進捗状況-進展と課題-
        62
      • おわりに
        67
    • 第3章
      北欧における成人教育と民主主義の発展-スウェーデン学習サークルの事例を中心に-
      木見尻 哲生
      69
      • はじめに
        69
      • 1.
        スウェーデン学習サークルの実施状況
        71
      • 2.
        民衆教育への国庫補助とその理念
        74
      • 3.
        学習サークルの創設と発展
        76
      • 4.
        民衆教育の担い手としての学習連盟
        79
      • おわりに
        82
    • 第4章
      フランスにおける生涯学習関係職員(アニマトゥール)の構造と課題
      岩橋 恵子
      85
      • はじめに
        85
      • 1.
        アニマトゥールの仕事内容
        86
      • 2.
        アニマトゥールの種類と社会的地位
        89
        • (1)
          篤志的アニマトゥール
          89
        • (2)
          民間職員アニマトゥール
          90
        • (3)
          地方公務員アニマトゥール
          92
      • 3.
        アニマトゥール国家資格免状改革
        94
      • まとめにかえて-内包する課題-
        96
  • 第2部
    北米・南米
    • 第5章
      アメリカ公立学校成人教育の歴史に見られる教育における公共性の理念
      新田 照夫
      100
      • 1.
        教育における公共性の概念とアメリカ進歩主義教育
        100
        • (1)
          「教育」における「公共性」
          101
        • (2)
          アメリカ進歩主義教育に見られる「自己決定」概念
          102
      • 2.
        アメリカ公立学校成人教育の歴史と理念
        104
        • (1)
          公立学校成人教育(Los Angeles Unified School District Adult Education)
          106
        • (2)
          コミュニティ・カレッジ(Los Angeles Community College District:LACCD)
          107
        • (3)
          ロサンゼルス地域成人教育コンソーシアム(Los Angeles Regional Adult Education Consortium:LARAEC)
          109
        • (4)
          アダルトスクール(Adult School)
          112
      • 3.
        アメリカ社会における教育の公共性と成人教育
        115
    • 第6章
      ブラジルにおける青年・成人教育の展開と特徴
      野元 弘幸
      118
      • はじめに
        118
      • 1.
        第6回国際成人教育会議への取り組み
        119
        • (1)
          民衆運動と民衆教育運動の拡大
          119
        • (2)
          参加と民主的手続き
          120
        • (3)
          ナショナルレポートの特徴
          121
      • 2.
        青年・成人教育における参加と民主主義
        122
        • (1)
          ブラジル社会における「青年」の位置
          122
        • (2)
          ブラジルの青年の権利と青年運動
          123
        • (3)
          学生・青年運動の歴史
          124
        • (4)
          参加と民主主義
          125
      • 3.
        民衆教育としての青年・成人教育
        126
        • (1)
          社会変革の実践への参加
          126
        • (2)
          民衆教育としての青年・成人教育
          127
        • (3)
          ラテンアメリカ・カリブ地域に広がる青年・成人教育
          128
    • 第7章
      ブラジルの識字教育-連邦直轄区の取り組みを中心に-
      二井 紀美子
      131
      • はじめに
        131
      • 1.
        ブラジルの識字教育をめぐる状況
        132
        • (1)
          非識字率と機能的識字率
          132
        • (2)
          ブラジルの学校教育制度
          134
        • (3)
          識字教育キャンペーンと民衆教育
          135
      • 2.
        ブラジリア連邦直轄区の識字教育
        137
        • (1)
          ブラジリア連邦直轄区の識字状況
          137
        • (2)
          連邦直轄区の青年・成人教育
          138
        • (3)
          識字連邦直轄区プログラム(PDFA)
          140
      • おわりに-PDFAが残した課題-
        146
  • 第3部
    アジア
    • 第8章
      中国における教育の普及と生涯学習の展開-学習型都市の建設に向けた改革-
      上田 孝典
      150
      • はじめに
        150
      • 1.
        「国家中長期教育の改革と発展計画綱要」に見る教育指針
        151
      • 2.
        生涯教育の地方性条例の制定と「学習型都市」の建設
        156
      • 3.
        生涯学習の普及と振興のための取り組み-「生涯学習活動ウィーク」の展開-
        161
      • おわりに
        164
    • 第9章
      韓国の教育改革20年と平生教育
      李 正連
      168
      • はじめに
        168
      • 1.
        平生教育法制の改編と平生教育推進体制の構築
        169
      • 2.
        主要な平生教育支援事業とその成果
        173
        • (1)
          平生学習都市造成事業
          173
        • (2)
          成人文解教育支援事業
          174
        • (3)
          独学学位制度と学点銀行制度
          174
        • (4)
          職業平生教育-平生学習中心大学と平生学習口座制度-
          175
        • (5)
          多文化家庭平生教育支援事業
          176
        • (6)
          平生教育士の力量と配置の強化
          177
      • 3.
        地域づくりと平生教育-学習を基盤とする地域共同体づくりへ-
        178
      • おわりに
        179
    • 第10章
      東南アジア諸国におけるノンフォーマル教育とコミュニティ学習センター(Community Learning Center:CLC)-カンボジア、ラオスの事例-
      益川 浩一
      182
      • 1.
        アジア太平洋地域諸国の現状と人びとの学習活動
        182
      • 2.
        カンボジアにおけるノンフォーマル教育とCLC
        184
        • (1)
          カンボジアの概要とCLCの設立
          184
        • (2)
          カンボジアにおけるCLCの設立過程
          184
        • (3)
          CLCの学習・活動実践
          186
        • (4)
          シェムリアップ州チョンクニア村のCLC活動
          187
      • 3.
        ラオスにおけるノンフォーマル教育とCLC
        188
        • (1)
          ラオスの概要
          188
        • (2)
          CLCの設立過程
          188
        • (3)
          CLCの学習・活動実践
          189
      • 4.
        CLCの学習活動に参画した学習者の声
        191
      • 5.
        カンボジア・ラオスのCLCにおける学習・活動実践の類型化の試み
        192
    • 第11章
      中央アジアにおける生涯学習-「継承」と「創造」の観点から-
      河野 明日香
      197
      • はじめに
        197
      • 1.
        現代中央アジアにおける生涯学習
        198
        • (1)
          ソ連期における生涯学習
          198
        • (2)
          独立後の中央アジアにおける教育改革と生涯学習
          200
      • 2.
        国際成人教育の動向と中央アジア諸国
        203
        • (1)
          ユネスコによる国際成人教育の進展とウズベキスタン
          203
        • (2)
          ウズベキスタンにおけるDVVの取り組み
          205
      • 3.
        地域社会における人びとの学び
        207
      • おわりに-新たな国づくりにおける生涯学習とは-
        210
  • 第4部
    現代日本の社会教育・生涯学習の課題
    • 第12章
      現下の社会保障としての「学び」-<社会>をつくりだす生涯学習へ-
      牧野 篤
      216
      • 1.
        「われわれ」の自明性の喪失
        216
      • 2.
        「社会教育終焉論」とその論理
        217
      • 3.
        近代的自我の確立と「自由」-「平等」
        219
      • 4.
        臨教審の亡霊
        221
      • 5.
        「個人の必要」と「社会の要請」との乖離
        223
      • 6.
        現下の社会保障としての「学び」
        225
    • 第13章
      社会教育と教育福祉論
      高橋 正教
      229
      • はじめに
        229
      • 1.
        地域住民の生活課題と社会教育
        231
        • (1)
          生活課題の深刻化と社会教育
          231
        • (2)
          協同活動による生活課題への接近
          233
      • 2.
        教育福祉の視座としての社会教育
        234
        • (1)
          社会教育と教育福祉の視座
          234
        • (2)
          丁寧な人間関係に基づく協同
          235
      • 3.
        地域自治体づくりと地域生活文化運動
        236
        • (1)
          自立した地域自治体づくりとしての地域協同
          236
        • (2)
          地域生活基盤の創造に向けた地域生活文化運動
          238
      • おわりに
        239
    • 第14章
      地域社会教育の実践と課題-子どもと青年の人格形成支援-
      大村 惠
      243
      • 1.
        1990年代以降の子ども・青年の生育環境
        243
        • (1)
          貧困と経済的格差
          243
        • (2)
          学校の機能不全-「いじめ」と不登校-
          244
        • (3)
          不安定就労と「ブラック企業」
          244
        • (4)
          結婚・家族形成の危機
          245
        • (5)
          地域社会形成の担い手
          246
      • 2.
        2010年代の子ども・青年世代の生活課題
        247
        • (1)
          貧困・格差問題
          247
        • (2)
          就労問題
          248
        • (3)
          恋愛・結婚・家庭問題
          248
        • (4)
          友情・なかまづくり問題
          248
        • (5)
          情報化社会における教養問題
          248
        • (6)
          地域づくり問題
          248
      • 3.
        子ども・青年の要求実現と人格形成
        249
      • 4.
        学校教育における人格形成支援の不均衡
        250
      • 5.
        社会教育における人格形成への支援
        252
      • 6.
        生活史学習に見る子ども・青年の集団形成と人格形成
        253
      • 7.
        子ども・青年の生活領域と人格形成
        259
      • 8.
        子ども・青年の人格形成支援のために
        260
    • 第15章
      現代日本の社会教育・生涯学習をめぐる課題-社会教育の自由と自治をめぐって-
      長澤 成次
      262
      • はじめに
        262
      • 1.
        社会教育における自由と自治をめぐって
        264
      • 2.
        九条俳句不掲載事件と社会教育の自由
        266
      • 3.
        社会教育施設への指定管理者制度の導入について
        270
      • 4.
        「公的サービスの産業化」と「公共施設再生計画」
        272
      • 5.
        教育委員会に対する首長権限の拡大と自治体社会教育行政の再編
        275
      • おわりに
        277
  • おわりに
    松田 武雄
    280
  • 索引
    282
  • 執筆者紹介
    287