リサーチ・ナビはInternet Explorerでは動作しません。お手数ですが対応ブラウザ(Chrome, Edge, Firefox, Safari)で閲覧ください。

レーザー照明・ディスプレイ産業動向・市場予測レポート 2020

オプトロニクス社/2019.12.

当館請求記号:DL475-M87

分類:市場動向


目次


目次

  • 1.
    レーザー照明・ディスプレイ概要
    1
    • 1.1
      これまでの流れ
      1
    • 1.2
      要素技術
      3
      • 1.2.1
        光学系
        3
      • 1.2.2
        レーザー光源
        6
      • 1.2.3
        スペックルノイズ除去
        8
      • 1.2.4
        レーザー安全
        9
    • 1.3
      応用
      10
      • 1.3.1
        プロジェクタ(携帯型~大型)
        13
      • 1.3.2
        ヘッドマウントディスプレイ(HMD)
        14
      • 1.3.3
        レーザーTV
        14
      • 1.3.4
        車載応用
        15
      • 1.3.5
        レーザー照明とその応用
        15
    • 1.4
      課題と展望
      16
  • 2.
    レーザー照明・ディスプレイの安全に関する動向
    19
    • 2.1
      はじめに
      19
    • 2.2
      概要
      20
    • 2.3
      レーザー光源/製品の基本的な安全規格(IEC 60825/JIS C 6082)
      23
    • 2.4
      ランプおよびランプシステムの光生物的安全性(IEC 62471/JIS C 7550)
      26
    • 2.5
      オーディオ/ビデオ及び情報/通信技術機器の安全性(IEC 62368-1)
      27
    • 2.6
      JBMIAのレーザープロジェクタの安全に関するガイドライン
      28
    • 2.7
      消費生活用製品安全法(消安法)
      29
    • 2.8
      電気用品安全法(電安法)
      32
    • 2.9
      評価機関による規格、法律への適合性の確認
      33
    • 2.10
      国際規格と国内規格/国内法令との時間差の問題
      33
    • 2.11
      最新動向
      34
    • 2.12
      VLDAC安全ガイドライン
      35
    • 2.13
      まとめ
      36
  • 3.
    レーザー照明・ディスプレイの技術・産業動向 39
    • 3.1
      面発光レーザー
      39
      • 3.1.1
        はじめに
        39
      • 3.1.2
        VCSELの基本
        39
      • 3.1.3
        VCSELの構造
        40
      • 3.1.4
        VCSELの特性
        42
      • 3.1.5
        VCSELの応用領域
        43
      • 3.1.6
        まとめ
        44
    • 3.2
      サーチライトクラスの超狭角配向を実現!レーザー投光器『LAXIS』を開発
      45
    • 3.3
      照明・イルミネーションへの応用事例と将来展望
      48
      • 3.3.1
        投影
        48
      • 3.3.2
        高機能照明
        50
      • 3.3.3
        高輝度照明
        51
      • 3.3.4
        光拡散ファイバ
        51
      • 3.3.5
        おわりに
        52
    • 3.4
      レーザーディスプレイのVR 応用
      54
      • 3.4.1
        はじめに
        54
      • 3.4.2
        4K 超短焦点プロジェクタ
        54
      • 3.4.3
        Warp Square
        55
      • 3.4.4
        応用例
        56
      • 3.4.5
        これからのVR
        58
      • 3.4.6
        まとめ
        58
    • 3.5
      現場で使える 現場が変わる!進化したスマートグラス「Versatile(バーサタイル)」
      60
      • 3.5.1
        はじめに
        60
      • 3.5.2
        用途(使用が進むと予測される有望な分野)
        60
      • 3.5.3
        新スマートグラス「Versatile」製品開発の経緯
        60
      • 3.5.4
        製品特長
        62
      • 3.5.5
        製品の使用想定
        65
      • 3.5.6
        まとめ
        66
    • 3.6
      網膜走査型レーザアイウェアを中心に
      67
      • 3.6.1
        概要
        67
      • 3.6.2
        市場動向
        67
      • 3.6.3
        VISIRIUMRテクノロジー
        68
      • 3.6.4
        世界初の網膜走査型レーザアイウェア RETISSAR(R) Display
        69
      • 3.6.5
        解像感が大幅に向上した新モデル RETISSAR(R) Display II
        69
      • 3.6.6
        医療福祉応用
        70
      • 3.6.7
        レーザ安全性
        70
      • 3.6.8
        最新の光学技術の展開
        71
      • 3.6.9
        視覚の再定義に向けて
        71
    • 3.7
      2018年~2019年のニュースまとめ
      72
      • 3.7.1
        レーザー照明
        72
      • 3.7.2
        レーザーディスプレイ
        74
      • 3.7.3
        レーザーイルミネーション
        82
      • 3.7.4
        要素技術(光源)
        84
    • 3.8
      月刊 OPTRONICS 特別インタビュー
      89
      • 表現手段としてのレーザー光とは-アーティストが語るその魅力
        89
      • 光技術が可能にした迫真の星空-最新のプラネタリウムで活躍する光学技術とは
        97
  • 4.
    市場予測
    107
    • 4.1
      レーザー照明・ディスプレイの全体市場
      107
    • 4.2
      アプリケーション別市場予測と推移
      108
      • 4.2.1
        レーザー投光器
        108
      • 4.2.2
        レーザー照明全体市場(金額)
        109
      • 4.2.3
        ヘッドライト(数量)
        109
      • 4.2.4
        ヘッドライト(金額)
        110
      • 4.2.5
        プロジェクタ全体市場
        111
      • 4.2.6
        ポケットプロジェクタ
        112
      • 4.2.7
        ホームプロジェクタ
        112
      • 4.2.8
        ビジネスプロジェクタ
        113
      • 4.2.9
        ヘッドアップディスプレイ(HUD)
        114
      • 4.2.10
        ヘッドマウントディスプレイ(HMD)
        115


MOKUJI分類:市場動向