リサーチ・ナビはInternet Explorerでは動作しません。お手数ですが対応ブラウザ(Chrome, Edge, Firefox, Safari)で閲覧ください。

アジア教育情報シリーズ. 2巻

一藝社/2021.2

当館請求記号:FB51-M5


目次


東南アジア
もくじ

  • 監修のことば
    3
  • 「1」
    インドネシア
    高まる教育熱とグローバル世界を生きる人格形成の中核としての「信仰」
    13
    • はじめに
    • 第1節
      学校教育制度の構造と特徴
    • 第2節
      初等・中等教育における外国語教育
    • 第3節
      道徳教育
    • 第4節
      大学の入学者選抜と成績評価
    • 第5節
      日本語教育
    • おわりに
  • 「2」
    タイ
    伝統と革新の調和をめざす王国
    29
    • はじめに
    • 第1節
      学校教育制度の構造と特徴
    • 第2節
      初等・中等教育における外国語教育
    • 第3節
      道徳教育
    • 第4節
      大学・大学院の入学者選抜と成績評価
    • 第5節
      日本語教育
    • おわりに
  • 「3」
    マレーシア
    学力向上策と新しい初等・中等教育カリキュラム
    45
    • はじめに
    • 第1節
      学校教育制度の概要
    • 第2節
      初等・中等教育における外国語(英語)教育
    • 第3節
      道徳教育
    • 第4節
      高校から大学への入学者選抜と成績評価
    • 第5節
      日本語教育
    • おわりに
  • 「4」
    シンガポール
    成績評価から、人間性評価へと舵を切る教育改革
    61
    • はじめに
    • 第1節
      初等・中等・高等教育制度の概要
    • 第2節
      初等・中等教育段階における外国語(英語)教育
    • 第3節
      道徳教育
    • 第4節
      JCから大学への入学者選抜と成績評価
    • 第5節
      日本語教育・日本語学校の状況
    • おわりに
  • 「5」
    ベトナム
    市場化と国際化を進める社会主義国の教育事情
    77
    • はじめに
    • 第1節
      初等・中等・高等教育制度の概要
    • 第2節
      小学校における英語教育
    • 第3節
      学校教育における徳育
    • 第4節
      大学進学
    • 第5節
      日本語教育と日本語学校
    • おわりに
  • 「6」
    フィリピン
    2010年代の教育改革の成果を待つ
    93
    • はじめに
    • 第1節
      概要
    • 第2節
      公教育のなかの言語
    • 第3節
      道徳教育
    • 第4節
      成績評価
    • 第5節
      日本語教育・日本語学校
    • おわりに
  • 「7」
    カンボジア
    SGDs時代における新しい教育的取り組み
    109
    • はじめに
    • 第1節
      教育制度の概要
    • 第2節
      外国語教育
    • 第3節
      道徳教育
    • 第4節
      高校から大学への進学について
    • 第5節
      日本語教育・日本語学校
    • おわりに
  • 「8」
    ラオス
    グローバル化がもたらす地域間格差の広がり
    123
    • はじめに
    • 第1節
      教育制度の概要
    • 第2節
      英語教育
    • 第3節
      道徳教育
    • 第4節
      高校から大学への進学
    • 第5節
      日本語教育・日本語学校
    • おわりに
  • 「9」
    ミャンマー
    未来に向けた改革の教訓
    137
    • はじめに
    • 第1節
      教育制度
    • 第2節
      外国語教育
    • 第3節
      道徳教育
    • 第4節
      基礎教育から高等教育への進学にかかる教育評価
    • 第5節
      日本語教育
    • おわりに
  • あとがき
    152
  • 索引
    156
  • 監修者紹介
    159
  • 編著者紹介
    159
  • 執筆者紹介
    160