Records of the U.S. Strategic Bombing Survey, Entry 49: Joint Army-Navy Intelligence Studies (JANIS), 1944-1945

資料群名(日本語)
米国戦略爆撃調査団文書:空襲目標情報・陸海軍合同情報調査
請求記号
USB-1
資料形態
デジタル画像(国立国会図書館デジタルコレクション国立国会図書館デジタルコレクションへのリンク
数量
54アイテム(収集時のマイクロフィルムは20巻分) 
主な内容
シベリア東南部、朝鮮、中国東海岸・南海岸、カムチャツカ半島、サハリン(樺太を含む)、千島列島、日本本土(北部・南部・中央部)、南西諸島、台湾、マリアナ諸島、パラオ諸島、カロリン諸島、ボルネオ島、フィリピン諸島、セレベス海、オランダ領ニューギニアに関する地誌的研究の文書、報告書、攻撃目標用の地図、作戦計画等から構成されている。文書は地域ごとに、その地域の要領書、兵要地誌、海洋、海岸、気候、港湾施設、交通と通信、都市、資源と貿易、政府と国民、健康と衛生、防衛、海軍施設、空軍施設、地名索引の各章立てで整理されている。
これらの資料の多くは、陸軍省参謀本部陸軍情報部(Military Intelligence Division, War Department General Staff, MIDWDGS)、航空参謀本部情報部(AC/AS: Office of the Assistant Chief of Air Staff Intelligence)、海軍情報部(Division of Naval Intelligence)、戦略諜報局(Office of Strategic Services)から提供された情報から作成したもので、合同情報研究出版部(Joint Intelligence Study Publishing Board)が刊行した。
資料の構成
戦略爆撃調査団団長室作成の索引で、“Section 7. Japanese Target Intelligence”中の“1-c. JANIS reports (Joint Army-Navy Intelligence studies by areas)”とされている資料。詳細は以下の通り。以下のリンクをクリックすると「国立国会図書館デジタルコレクション」で資料の画像を閲覧できる。
1-c. JANIS reports (Joint Army-Navy Intelligence studies by areas)
関連資料