トップ政治・法律・行政日本> 昭和前半期閣議決定等> 支那軍隊武装解除ノ主義方針(極秘)

支那軍隊武装解除ノ主義方針(極秘)

収載資料:日本外交文書 昭和期I 第1部第2巻 外務省編纂 外務省 1990.12 pp.84-85 当館請求記号:A99-Z-12
--------

支那軍隊武装解除ノ主義方針(極秘)
昭和3年5月18日 閣議決定

支那軍隊武装解除ノ主義方針(極秘)

一、南北両軍ニ対シテハ厳正公平ヲ表スルハ勿論ナリ
我国ノ満蒙ニ関スル諸問題ヲ解決セサルヘカラス
右ノ顧慮ヨリ已ニ戦争ヲ交ヘタル混乱状態ノモノハ武装ヲ解除ス然レトモ広地域ニ亘ルモノ全部ヲ実施スルコトハ出来サルヘシ
二、北方ノ勢力ヲ或ル程度ニ保有スルコトハ必要ナリ故ニ表面ハ南北両軍ニ対シ絶対ニ厳正公平ナルモ其実行上ニ付テハ出先軍司令官ノ手加減ト腹芸ヲ要ス
又満洲ニハ反張作霖気分相当濃厚ナルモノアリ従テ是等反張分子ニヨリ騒乱起リ治安ヲ破壊スルコトナシト限ラス之カ為ニモ奉天派ノ勢力保持ヲ必要トス夫故ニ北軍カ無難ニ引上クルコトハ望マシキコトナリ
三、張作霖ノ下野ヲ強制スルノ意図ナシ併シ又強テ作霖ヲ支援スルノ意図ナシ要ハ作霖ノ進退ハ自然ニ委シ北方勢力ハ維持セシムルニ在リ

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究