トップ政治・法律・行政日本> 昭和前半期閣議決定等> 不戦条約対米回答

不戦条約対米回答

収載資料:日本外交文書 昭和期I 第2部第1巻 外務省 1988.3 pp.206-207 当館請求記号:A99-Z-12
--------

不戦条約対米回答
昭和3年7月20日 閣議決定

以書翰啓上致候陳者客月二十三日付貴簡ヲ以テ御申越ノ趣敬承致候右貴簡中ニ於テ貴下ハ先ニ関係公文ト共ニ条約ノ草案ヲ同封シ帝国政府ガ右草案ニ好意的考慮ヲ加フルヲ得ベキヤニ付照会シ越サレタル本年四月十三日付貴国政府ノ同文通牒ヲ指摘セラレ候右貴翰中ニ於テ四月二十日仏蘭西共和国政府ガ関係諸国政府ニ条約代案ヲ送付セル旨並ニ右仏国代案中ニ力説セラレタル事項ヲ考慮シ四月二十八日亜米利加合衆国国務長官ガ自国案ニ対スル同国政府ノ解釈ヲ詳細説明セル旨更ニ申述ベラレ候
貴下ハ尚英国、独逸国及伊太利国政府ガ四月十三日付貴国政府ノ書翰ニ対シ回答セル旨並ニ英国自治領及印度政府モ英本国政府ノ意向ニ基キ発セラレタル招請ニ対シ同様回答セル旨通報セラレ候右諸政府中前記解釈ニ異議ヲ唱ヘ又ハ本提案ノ基礎タル原則ニ不同意ヲ表明セルモノ無ク又右草案ノ案文ニ対シ特ニ修正ヲ申出デタルモノ無之旨陳述セラレ且四月二十八日ノ演説中ニ於テ国務長官ノ為シタル説明ヲ詳細ニ亘リ再説セラレ候
次デ貴下ハ英国自治領、印度及「ロカルノ」条約ノ総テノ締約国ヲ原締約国トシ且若シ一国カ本条約ニ違反シ戦争ニ訴ヘタル場合他ノ締約国ハ右国家ニ対シ本条約上ノ義務ヨリ免ルべシトノ原則ヲ認ムル趣旨ノ字句ヲ前文中ニ挿入セラレタル多数国間条約ノ修正案ヲ御伝達相成帝国政府ノ考慮ヲ求メラレ候
貴下ハ右ノ如ク修正セラレタル多数国間条約ニ貴国政府ガ直ニ署名スルノ用意アル旨訓令ニ依リ陳述セラレ帝国政府ガ制限若ハ留保無ク該条約ヲ現案文ノ儘受諾スルノ用意アル旨ヲ直ニ開示センコトヲ熱望セラレ候貴下ハ最後ニ合衆国政府ハ帝国政府ニ於テ合衆国及他ノ賛意ヲ有スル政府ト共ニ茲ニ伝達セラレタル案文ヲ確定条約トシテ署名スルノ用意アリヤヲ承知シ度キ旨申述べラレ候
帝国政府ハ本年五月二十六日付「マクヴェー」閣下宛書翰中ニ陳述セル如ク去ル四月提出セラレタル条約原案ニ対スル帝国政府ノ了解ハ亜米利加合衆国政府ノ了解ト実質上同一ナルヲ以テ今般提議セラレタル修正ニ対シ衷心賛同シ得ルコトヲ欣快トスル旨貴下ニ通報スルノ光栄ヲ有シ候仍テ帝国政府ハ右ノ了解ノ下ニ今般提示セラレタル案文ノ儘本条約ニ署名方訓令ヲ発スルノ用意有之候
最後ニ本大臣ハ貴国政府ノ提案ガ速ニ一般ノ受諾ヲ得タルニ対シ貴国政府ニ慶賀ノ意ヲ表セザルヲ得ザルモノニ候帝国政府ハ広ク一般ノ抱懐スル願望ト明白ニ合致スル企図ニ最初ニ参与スベキ一国タル今欣快トシ且簡潔ニシテ高遠ナル此ノ条約ガ必ズヤ全文明世界ノ受諾スル所タルべキヲ確信スルモノニ有之候
右回答申進旁本大臣ハ茲ニ重テ貴下ニ向テ敬意ヲ表シ候
敬具
昭和三年七月二十日
外務大臣男爵 田中 義一
亜米利加合衆国臨時代理大使
「エドウィン・エル・ネヴィル」貴下

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究