トップ政治・法律・行政日本> 昭和前半期閣議決定等> 満洲国指導方針要綱

満洲国指導方針要綱

収載資料:現代史資料 7 小林竜夫・島田俊彦編 みすず書房 1964 pp.589-590 当館請求記号:210.7-G29
--------

満洲国指導方針要綱
昭和8年8月8日 閣議決定

方  針
大日本帝国の満洲国指導は日満議定書の精神に基き満洲国をして大日本帝国と不可分的関係を有する独立国家として進歩発展せしむることを以て其の根本方針と為す
要  綱
一、帝国の満洲国指導は力めて満洲国の社会的特性に順応し其の独立の体面と旧来の慣習とを尊重しつつ民族協和と安居楽業とを実現せしめ以て上下官民に光明と安心とを与へ万民喜んで建国の大業完成に邁進する如くするものとす固より此の間帝国の指導的威力の絶えざる潜在的躍動を保続するを要す
二、満洲国の国家根本組織、国防、治安及外交に関する事項、日満経済運営上特に重要なる基礎的事項並に国礎確立に関する重大内政事項に就ては積極的に之を指導するも爾余の点に就ては満洲国要路の自由活動に委するものとす
三、満洲国に対する指導は現制に於ける関東軍司令官兼在満帝国大使の内面的統轄の下に主として日系官吏を通じて実質的に之を行はしむるものとす
日系官吏は満洲国運営の中核たるべきを以て之が簡抜推挙を適正ならしめ之に本指導方針を徹底せしむるに付万遺憾なきを期すると共に特に此等日系官吏の活動の中心を得しめ其の統制に便する為総務庁中心の現制を維持せしむるものとす
四、満洲国は立憲君主制を究極の目標とするも当分は現制を維持し正式憲法は慎重熟議の上之を制定せしむるものとす
満洲国に於ける政党其他の政治的団体は当分之を存在せしめざることを期するものとす
五、満洲国の行政は極端なる中央集権を排し成し得る限り地方自治の伝統を尊重し之と中央集権との調和に努めしめ各般制度の改革は漸を以て進ましむるものとす
六、満洲国の陸海軍備は国内の治安維持上必要なる限度に之を止めしむると雖も隣接国に対し必要なる防禦的設備、艦船等は所要に応じ逐次之が整備に努めしむるものとす
七、満洲国の治安維持に就ては同国成立の特殊性と同国内外の事情とに鑑み特に査察機関を整備せしめ関東軍と連繋の上内外各種の国家破壊運動を未然に防遏することに努めしむるものとす尚治安に関しては満洲民族の特性たる自警能力の利用に遺憾なきを要す
八、満洲国の外交政策は東洋の平和を確保し大義を宇内に顕揚せんとする帝国の外交政策に依拠し之と同一歩調にあらしむるものとす
門戸開放機会均等の原則を保持せしむるも其の適用は主として国防上の要求に制約せられざる事項に之を限定せしむるものとす
九、満洲国の経済政策は帝国の対世界的経済力発展の根基を確立し併せて満洲国の経済力を強化する為日満両国経済を合理的に融合することを目標とし且国民生活の向上と衡平とを保障する如く策定するものとす
一〇、満洲国の経済開発は日満共存共栄を精神とし其の帝国国防上の要求に制約せらるるものは之を帝国の実権下に置くも其他のものは満洲国の実権下に於て適宜内外人の公正自由なる経済活動に依らしむるものとす
一一、満洲国に於ける交通及通信は国防及治安維持と特に緊密なる関係を有するを以て帝国政府の実権下に於て出来得る限り速に諸施設の統一的整備発達を期せしむるものとす
一二、満洲国の財政は国民負担の適正を考慮しつつ速に之を確立せしむると共に帝国駐満軍費を分担するの責を果さしむるものとす
帝国政府関係の対支固定借款中満洲国に関係ある部分の利用乃至回収に就ては満洲国の財政其他の事情を考慮し其の処置を講ずるものとす
一三、満洲国民の教化に就ては同国民をして同国の帝国に対する不可分的関係を自覚せしむると共に東洋平和確保の特殊使命を有することの自尊心及五族協和の理想を涵養せしむることを主眼とし且労作教育に力点を注ぎ実業教育を振興せしむるものとす
一四、満洲国の司法に関しては特に同国の国民性と習俗とを尊重し速に法制の整備及組織の充実を図り遍く遵法の美風を養成せしむると共に対外的信用の確立を期し以て治外法権の漸進的撤廃を実現することに努めしむるものとす
備考
本件満洲国指導方針要鋼に基く具体的方策決定に関しては従来通り必要に応じ対満蒙実行策案審議委員会、対満金融審議委員会又は日満産業統制委員会の議を経其の特に重要なるものに付ては閣議決定を経るものとす

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究