「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える

トップ政治・法律・行政日本> 昭和前半期閣議決定等> 昭和18年度交通動員実施計画ニ関スル件

昭和18年度交通動員実施計画ニ関スル件

収載資料:国家総動員史 資料編 第2 石川準吉著 国家総動員史刊行会 1975.8 pp.9-15 当館請求記号:AZ-668-5
--------

昭和18年度交通動員実施計画ニ関スル件
昭和18年4月30日 閣議決定

第一 一般方針
   一、大東亜戦争ノ進展ニ即応シ物的戦力増強ノ決定的要素タル交通力ノ飛躍的拡充ニ努メ以テ軍事上ノ要請ニ基ク輸送及通信ノ充足ヲ図ルト共ニ鉄鋼、石炭、軽金属、船舶、航空機等ノ生産増強並ニ戦時国民生活ノ維持ニ必要ナル輸送及通信ノ確保ヲ期ス
  二、 戦局ノ現段階ニ対処シ速ニ交通ノ戦時態勢ヲ強化徹底ス
之ガ為実施スベキ重要ナル事項左ノ如シ
    イ 船舶及鉄道輸送力ノ飛躍的増強
    ロ 機帆船及自動車運営体制ノ整備強化
    ハ 港湾運営力ノ強化
    ニ 海陸輸送ノ一体的運用ノ強化
    ホ 生産及配給ト輸送トノ連繋ノ強化
    ヘ 南方諸地域ニ対スル航空輸送ノ拡充
    ト 戦時通信疎通力ノ確保
    チ 戦時性格ニ基ク交通施設ノ整備
  三、 満洲及支那ニ付テハ関係ニ於テ本綱領ニ準ジ適切ナル措置ヲ講ズ
   南方諸地域ニ関シテハ軍ニ於テ措置シ関係庁ハ緊密ニ之ニ協力ス

   四、 関係各庁ハ本綱領ニ基キ具体的方策ヲ樹立シ企画院トノ緊密ナル連絡ノ下ニ速カニ之ヲ実施ス

第二 輸送及通信実施方策
    一、戦時下ニ於ケル重要物資ノ動態ヲ適確ニ把握シ其ノ適時適所ニ於ケル取得活用ヲ確保スル為船舶輸送、鉄道輸送、小運  送及港湾荷役等ノ連携協力ヲ緊密ナラシメ以テ之ガ機動的運用ヲ強化ス
右ニ即応シ戦時輸送委員会ノ運用ヲ強化スルト共ニ輸送関係各種協議機構ヲ動員シ本委員会ト密接ナル連係ヲ図ラシム
   二、輸送機能ノ強化及輸送力ノ合理的使用ヲ図ル為左ノ方策ヲ講ズ
     イ 重要物資ノ出荷及配給機構ヲ整備強化シ生産及配給ト輸送トノ密接ナル連□ヲ図リ個別的、且具体的ニ輸送確保ノ措置ヲ講ズ
     ロ 輸送距離ノ短縮及交錯輸送ノ抑制等ニ努メ極力輸送ノ合理化ヲ図ル
     ハ 曳船、艀船、自動車及荷牛馬車等ノ小運送力ヲ整備活用スルト共ニ筏輸送ノ利用強化ヲ図リ輸送ノ完遂ニ努ム
     ニ 輸送ニ必要ナル燃料及潤滑油等ノ確保ニ努ムルト共ニ其ノ重点的且合理的配分ヲ図ル
    ホ 物価政策トノ緊密ナル関連ノ下ニ戦時運賃制策ヲ確立ス
    ヘ 輸送ニ対スル国民ノ協力態勢ヲ確立ス
  三、大東亜戦争ノ進展ニ即応シ左ノ経路ノ輸送力増強ニ重点ヲ指向ス
    イ 北海道炭及樺太炭ノ中継輸送ニ対処シ東北及北陸諸港ノ荷役施設貯炭場等ヲ整備スルト共ニ之ニ連接スル鉄道輸送力ヲ緊急増強ス
   尚北海道炭ノ輸送ヲ確保スル為新造機帆船ヲ之ニ集中配船スル
    ロ 大陸物資ノ中継輸送ヲ確保スル為新造機帆船ヲ重点配船スルノ外南鮮諸港ノ荷役施設ヲ急速整備スルト共ニ朝鮮鉄道ノ隘路区間ヲ緊急補強ス
  四、戦時海運ノ運航体制ヲ強化スル為左ノ措置ヲ講ズ
    イ 海上輸送ノ緊急事態ニ対処シ適切ナル措置ヲ講ジ得ル如ク船舶運営会ノ機能ヲ更ニ強化ス
    ロ 機帆船ノ統制方式ヲ刷新強化シ之ガ抜本的対策ヲ講ジ以テ全面的計画輸送体制ヲ整備ス
  五、戦時海上輸送力ヲ確保スル為左ノ方策ヲ講ズ
    イ 船腹増強ノ絶対緊要ナル現下情勢ニ鑑ミ鋼船及木船ノ計画建造ヲ強力ニ促進シ、之ガ飛躍的拡充ヲ図ルト共ニ沿岸輸送ハ極力之ヲ木船ニ転移シ海上輸送ノ総力ヲ結集動員ス
    ロ 港湾荷役力ノ増強及中継輸送ノ強化等ニ依リ極力船舶稼業率ノ向上ヲ図ル
    ハ 沈船ノ引揚、損傷船ノ修理ヲ促進スルト共ニ極力独伊船ノ雇入活用ニ努ム
    ニ 軍徴用船舶ノ復航ヲ以テ努メテ一般重要物資ノ輸送ニ利用ス、尚右ニ伴ヒ一般配船ノ実施ニ当リテハ軍徴傭船トノ関係ヲ考慮シ之ガ円滑ナル調整ヲ期ス
    ホ 限定航路就航船及往復船腹ノ利用ニ依リ極力増送ニ努ムルト共ニ之ニ即応スル計画出貨ヲ促進ス
    ヘ 漁船、特殊雑船等ヲ極力貨物輸送ニ転用セシムルト共ニ海洋筏等ニ依ル輸送ヲ促進ス
尚満載吃水線ノ引上ニ依ル輸送量ノ増大ヲ図ルノ外深水槽、燃料槽等ヲ活用シ液体貨物ノ増送ニ資ス
     ト 重要物資ノ生産、在貨及移動ノ状況並ニ船舶ノ動静ヲ常ニ迅速的確ニ把握スル為必要ナル通信網ヲ整備ス
    チ 支那沿岸航路ノ配船ヲ調整シ極力中央配船ノ軽減ニ努ムルト共ニ満洲及北中支ニ於ケル戎克ヲ動員シ計画輸送体制ヲ整備セシムル如ク措置ス
  六、戦時陸上輸送力ヲ飛躍的ニ増強シ重要物資ノ海運ヨリノ転移輸送其ノ他重点輸送ヲ完遂スル為国有鉄道ヲ根幹トシテ陸運ノ戦時非常体制ヲ強化ス
    右ノ為地方鉄道、軌道、自動車、小運送等陸運諸事業ニ関スル行政ノ可及的集中ヲ図ルト共ニ行政指導ヲ強化徹底シ要スレバ之等諸事業ニ対スル国家ノ管理ヲ実施ス
  七、鉄道貨物輸送ニ関シテハ現有施設ヲ最高度ニ利用シ輸送能率ヲ向上スル為左ノ方策ヲ講ズ
    イ 貨物輸送ヲ本位トスル列車運行体制ヲ速ニ確立ス
    ロ 機関車及貨車ノ運用能率ヲ向上スル為諸般ノ措置ヲ講ズ
    ハ 貨車ノ全面的増強ト徹底的満載ヲ行フ
    ニ 車輌、人員等ノ彼之融通ヲ行ヒ輸送力ノ調整ヲ図ル
    ホ 荷造ノ規格ヲ統一シ荷造用資材ノ確保ニ努ム
  八、鉄道旅客輸送ニ関シテハ左ノ方策ヲ講ジ貨物輸送力ノ増強ニ資スルト共ニ緊要ナル旅客輸送ノ確保ヲ図ル
    イ 不急旅客ノ抑制ヲ断行スルト共ニ優秀旅客列車ノ整理及特殊客車ノ連結廃止ヲ徹底ス
    ロ 通勤及通学輸送ノ確保ヲ図ルト共ニ通勤、通学時刻ノ調整ト休日繰合ヲ実施ス
    ハ 集団輸送ヲ統制シ其ノ計画化ヲ図ル
  九、自動車輸送ニ関シテハ重要輸送ノ完遂ヲ期スル為左ノ措置ヲ講ズ
    イ 自動車運送事業ノ再編成ヲ行フト共ニ自動車及要員等ノ再配置、増積ノ実施等ニ依リ現有車ノ運用効率ヲ最高度ニ発揮セシム
    ロ 自動車運送事業組合ヲ改組シ其ノ統制力ヲ強化スルト共ニ計画輸送並ニ重点配車ヲ強力ニ実施セシム
    ハ 重要物資ノ原産地輸送並ニ近距離貨車代行輸送ニ付国営貨物自動車ノ整備ヲ図ル
    ニ 潤滑油及燃料等ノ重点的且合理的配分ヲ目途トシ配給方法ヲ是正スルト共ニ各種燃料ノ総合的配給機構ヲ整備ス
  十、陸上小運送ニ関シテハ鉄道輸送特ニ陸運転移輸送ノ増加ニ対処シ且国内重要資源ノ緊急増産ニ即応スル為左ノ方策ヲ講ズ
    イ 貨物自動車、荷牛馬車等小運送道具ノ増備ヲ図ルト共ニ貨物自動車其ノ他各種関連輸送機関トノ有機的連繋ヲ強化シ其ノ総合機能ノ最高発揮ニ努ム
    ロ 原産地ニ於テハ小運送ノ計画化並ニ集荷施設ノ整備ヲ行ヒ都市ニ於テハ積卸及集配作業ヲ極力集約合理化シ作業能率ノ向上ヲ図ル
    ハ 荷役施設ノ強化ヲ図ルト共ニ専用引込線ノ重点的整備ニ努ム
  十一、港湾ノ運営体制ヲ整備スル為左ノ措置ヲ講ズ
    イ 港湾運送運営機構ノ機能ヲ強化スルト共ニ特ニ陸運転移ニ伴フ中継港ニ於ケル港陸荷役作業ノ一体化ヲ図ル
    ロ 重要港湾ニ於ケル倉庫ノ運営ヲ統制シ輸送ニ対スル調和機能ヲ最高度ニ発揮セシム
    ハ 港湾地方行政ヲ更ニ強化シ之ガ総合的運営機構ノ確立ヲ期ス
  十二、 港湾運営力ノ画期的増強ニ依リ極力船腹ノ捻出ヲ図ルト共ニ海陸総合輸送力ヲ強化スル為左ノ方策ヲ講ズ
    イ 港湾ニ於ケル簡易ナル荷役機構ヲ動員整備スルト共ニ労務者ノ確保並ニ作業能率向上ニ必要ナル措置ヲ講ジ荷役能力ノ増強ヲ図ル
    ロ 艀ノ計画修理ヲ促進修理スルト共ニ船夫ノ確保ヲ図リ稼働艀ノ増備ニ努ム
    ハ 重油不足ニ対処シ港湾ニ於ケル石炭燃焼曳船ヲ動員シ港湾運送力ノ増備ヲ期ス
    ニ 小口物ノ整理ヲナスト共ニ物揚場ノ集約整備ヲ行ヒ艀ノ回転率ヲ向上セシム、尚必要アル場合ニ於テハ総揚ノ実施ヲ為ス如ク措置ス
  十三、戦時ニ於ケル航空輸送ノ使命ヲ完カラシムル為左ノ方策ヲ講ズ
    イ 航空輸送ノ軍事的使命ニ鑑ミ常ニ軍作戦ニ即応シ得ル如ク運営体制ヲ整備充実ス
    ロ 日満支ニ於ケル航空路ノ一体的運用ヲ期シ航空輸送ノ総力ヲ戦争目的ニ結集シ得ル如ク措置ス
    ハ 広域ニ於ケル航空輸送ノ政治的使命ヲ達成スル為海上重要旅客ヲ航空機ニ転移シ得ル如ク速ニ南方航空路ノ強化拡充ヲ図ル
    ニ 航空輸送ノ保安ヲ確保スル為運航ト通信ト気象トノ一元的運用ヲ期ス、尚之ガ為要スレバ航空保安ノ業務機構ヲ整備刷新ス
  十四、戦時通信流通力ヲ確保スル為現在施設ノ最高度利用並ニ通信能力ノ向上ヲ期シ左ノ方策ヲ講ズ
    イ 重要産業等ニ対スル加入電話ノ重点的転用措置ヲ講ズルト共ニ集合加入制度ヲ実施ス
    ロ 通信流通状況ノ推移ニ即スル如ク回線及中継順路ノ変更ヲ行ヒ通信輻輳区間ノ通信疎通ヲ円滑ナラシム
    ハ 私設及官庁用施設ヲ目的外通信ニ供用セシムルノ外其ノ施設変更ヲ為サシムル等ノ措置ヲ講ズ
    ニ 緊急通信ノ優先取扱ノ徹底ヲ図ルト共ニ不急通信ノ需要ノ抑制ヲ強化ス
    ホ 生産増強ニ必要ナル市外通話ノ疎通ヲ迅速的確ナラシムル為通話制度ノ刷新ヲ行フ
  十五、非常被害時ニ於ケル各種輸送及通信施設ノ綜合利用又ハ供用ヲ適正円滑ナラシムル為其ノ総合的運用機構ヲ確立シ速ニ之ガ対策ヲ講ズ
  十六、本年度ニ於ケル基準トナスベキ輸送及通信ニ関スル需給調整計画及物資別輸送計画ハ別表第一号表乃至第十四号表ニ依ル

第三 施設整備方策
  一、交通施設ノ整備ニ当リテハ戦局ノ要請ニ鑑ミ応急措置ヲ旨トシ左ノ方策ヲ講ズ
    イ 戦時規格ノ実施ヲ強力ニ推進シ船舶、鉄道、航空機並ニ通信及気象機器等ノ急速拡充ヲ図ル
    ロ 現有施設ノ活用ヲ図ルト共ニ遊休又ハ利用度低キ施設ノ計画的転用ヲ強力ニ実施ス
    ハ 交通機器産業戦時体制ノ整備ニ必要ナル措置ヲ講ズ
    ニ 交通関係土木工事施工体制ヲ再編成シ其ノ総力ノ重点的集中ヲ期ス
    ホ 交通施設ノ防空防護ヲ強化シ其ノ滅耗ヲ最少限度ニ止ムル如ク諸般ノ施設ヲ講ズ
 二、海運施設整備ニ関シテハ船腹ノ急速拡充ヲ期シ左ノ方策ヲ講ズ
    イ 汽船船舶増強ノ為戦時標準船型ノ整理、構造及艤装ノ徹底的簡易化ニ依リ計画造船ヲ強力ニ促進シ以テ造船量ノ飛躍的増大ヲ図ル
    ロ 木造貨物船ノ急遽且大量ノ計画造船ヲ実施スル為戦時標準船型ヲ更ニ簡易化スルト共ニ造船及造機施設ノ整備拡充ニ努ム
     尚木材資源豊富ナル南方諸地域ニ於ケル造船工場ニ機関、艤装品等ヲ供給シ以テ木船計画建造ノ一環タラシム
    ハ 船舶防護施設ヲ整備シ極力船舶ノ減耗防止ニ努ム
    ニ 内外地及南方ニ於ケル航路標識ヲ整備シ船舶航行ノ保安ヲ図ル
    ホ 海上輸送力増強ニ必要ナル専用通信施設ノ整備ニ努ム
  三、鉄道施設ノ整備ニ関シテハ重点輸送特ニ陸運転移物資ノ輸送ヲ完遂スル為左ノ措置ヲ講ズ
    イ 機関車及貨車特ニ大型貨車ヲ緊急増備スルト共ニ貨物輸送上必要ナル車輌改造ヲ行フ
    ロ 主要線区ノ線路容量及関係操車場ノ操車能力ヲ増強シ特ニ隘路区間ノ応急補強ヲ行フ
    ハ 九州本土間交流物資ノ輸送並ニ鉄鋼増産上緊要ナル線区ノ輸送力ヲ応急補強ス
    ニ 青函、関釜及博釜間ノ連絡航路ノ緊急補強図ルト共ニ内鮮間貨車航送其ノ他同航路強化ノ具体的計画ヲ樹立ス
    ホ 陸運転移物資ニ対スル積込及荷受施設ヲ急速ニ整備ス
    ヘ 内鮮満支各鉄道間ヲ通ズル鉄道専用通信施設ノ整備ニ努ム
  四、自動車施設ニ関シテハ重要輸送能力ノ確保増強ヲ図ル為左ノ方策ヲ講ズ
    イ 極力自動車ノ整備ニ努ムルト共ニ遊休自動車ノ回収ヲ行ヒ其ノ最大限度ノ活用ヲ図ル
    ロ 自動車修理施設ヲ速ニ整備スルト共ニ修理用部分品ノ計画生産並ニ之ガ配給機構ノ確立ヲ図ル
  五、道路ノ建設及改良ハ軍事上又ハ重要資源開発上緊要ナルモノ並ニ幹線道路ニシテ交通経路上ノ隘路ヲ為スモノニ付施行ス
  六、港湾施設ノ整備ニ関シテハ左ノ方策ヲ講ズ
    イ 軍事上又ハ重要物資輸送上緊要ナル港湾ニ付設備ノ改良増設ヲ行フト共ニ極力荷役作業ノ機械化ヲ図ル
    ロ 海運物資ノ陸運転移其ノ他輸送機関又ハ経路ノ変更ニ即応シ関係港湾就中東北、北陸及南鮮諸港ニ於ケル施設ノ緊急整備ヲ行フ
    ハ 東京、横浜、名古屋、大阪等ニ於ケル水路網ノ活用ニ依リ船舶荷役ノ能率化及小運送ノ円滑化ヲ図ル為航路ノ浚渫ヲ行フト共ニ河岸荷役設備及倉庫等ヲ整備ス
  七、航空機ノ運航ヲ確保スル為左ノ方策ヲ講ズ
    イ 航空保安施設特ニ航空通信施設ノ急速整備ヲ図リ之ガ統制アル運営ヲ期ス
    ロ 大量輸送機ノ大量生産ヲ図ル
    ハ 航空無線通信用周波数割当ノ増加及其ノ調整ヲ図ル
  八、気象施設ヲ整備スル為左ノ措置ヲ講ズ
    イ 航空気象観測施設ノ新設拡充ヲ行ヒ重要航空路ノ保安ヲ図ルト共ニ国土防御ニ遺憾ナキヲ期ス
    ロ 内外地ニ於ケル気象専用通信施設ノ整備ヲ促進シ気象通信ノ速達ヲ期ス
  九、通信施設ノ整備ハ戦時通信疎通確保ノ要請ニ関シ左ノ措置ヲ講ズ
    イ 内外地ヲ通ジ主要幹線通信路ノ無装荷ケーブル化ヲ促進シ主要区間回線ノ増強ヲ行フ、之ガ為能フ限リ既存線路設備ノ改造ヲ為ス
    ロ 軍及防衛専用通信網ノ急速整備ヲ行フ
    ハ 日満支ヲ連絡スル幹線通信網ヲ強化スルト共ニ南方諸地域トノ通信連絡施設ヲ拡充強化ス
    ニ 主要区間ニ於ケル超短波無線通信施設ノ整備ヲ促進ス
    ホ 大都市内通話及近郊通話ノ輻輳ニ対処シ仮分局及交換補助局等ノ応急施設ヲ行フト共ニ即時、準即時通話区間ノ施設強化ヲ行フ
  十、戦時情報宣伝ニ必要ナル電気通信施設ヲ強化スル為左ノ方策ヲ講ズ
    イ 対外放送施設ノ飛躍的増強ヲ図ル
    ロ 戦時放送確保ノ為小電力放送施設、有線放送施設及放送聴取施設ノ整備拡充ヲ図ル
  十一、防衛、船舶、航空、気象等ノ通信施設ノ整備ハ既存施設ノ綜合的活用ヲ図ルト共ニ努メテ建設保守ノ一元的施行ヲ行フ
第四 要員整備方策
  一、大東亜戦争完遂ニ対スル交通施設ノ重要性ニ鑑ミ交通要員ノ整備ニ当リテハ能率ノ向上ニ留意シ左ノ方策ヲ講ズ
    イ 戦時勤労意識ヲ昂揚シ資質ノ向上ヲ図ル
    ロ 新規要員ノ確保、現在員ノ減耗防止ニ努ムルト共ニ女子使用範囲ノ拡大ヲ図ル
    ハ 支障ナキ限リ国内他民族ノ活用及俘虜ノ使用ヲ行フ
  二、船員ノ確保ヲ図ル為左ノ方策ヲ講ズ
    イ 船員募集施設ヲ整備ス
    ロ 船員養成施設ヲ拡充ス
    ハ 船員ノ戦時勤務ニ鑑ミ配乗ノ適正、福利施設ノ整備其ノ他之ガ対処ニ付遺憾ナカラシム
    ニ 曳船船員並ニ艀船夫等ノ徴用其ノ他必要ナル措置ヲ考慮ス
  三、陸運関係要員特ニ機関車乗務員、構内従業員、自動車運転士、技工、小運送従事員及工事施工要員ノ確保及養成ニ関シ諸般ノ措置ヲ講ズ
  四、荷役労務要員ノ警備ノ為左ノ措置ヲ講ズ
    イ 海峡荷役労務者ヲ組織化シ之ガ動員体制ヲ確立ス
    ロ 労務者ノ保護指導ニ努メ且之ガ確保ノ為労務調整上適切ナル措置ヲ講ズ
  五、航空輸送要員ノ資質ヲ向上シ且之ガ多量確保ヲ図ル為左ノ方策ヲ講ズ
    イ 航空輸送要員ニ関スル制度ヲ刷新シ之ガ資質ヲ向上シ責任観念ヲ旺盛ナラシムルト共ニ機長ノ権限ヲ強化ス
    ロ 操縦士及機関士養成施設ヲ拡張シ之ガ内容ノ充実ニ努ムルト共ニ通信士及整備士ノ多量養成ヲ図ル
  六、通信、気象関係技術者及技能者ノ確保養成ヲ図ル
  七、戦力増強ノ基底ヲ培ヒ且交通要員確保ノ源泉タラシムル為航空、自動車、海洋、通信、気象等ノ分野ニ於テ青少年ノ訓練ヲ組織化シ之ニ必要ナル諸施設ヲ整備ス
    (別冊「昭和十八年度交通動員実施計画表」省略)

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究